ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社外取締役」最新記事一覧

「EZwebは?」「沖縄セルラーは?」「Windows 10 Mobileスマホは?」――KDDI株主総会で出た質問と回答をまとめてみた
株主総会といえば、株主からの質問も大きな注目要素だ。そこで、KDDIの第32期(2015年度)定時株主総会で株主から寄せられた主要な質問とその回答をまとめてみた。(2016/6/22)

「格安SIMに通話定額がないのはドコモのせい?」 ドコモ株主総会でも目立ったMVNOの広がり
ドコモの株主総会で感じられた格安SIM/格安スマホの広がり。4年ぶりの増収増益を達成し、社長が交代するドコモの経営陣に、どんな質問が寄せられたのだろうか。(2016/6/22)

Pepperが次期社長になる可能性も?――孫正義氏が社長続投を決めた理由
「さらに毛が抜けた」と孫氏が言うほど悩んだ社長続投。次期社長の最有力候補だったニケシュ・アローラ氏には「申し訳ない」と話したという。当初は60歳までと考えていたソフトバンクグループ社長の続投を決めた理由とは――。(2016/6/22)

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る
ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。(2016/6/22)

株主総会は22日:
新生・東芝の次期会長に不正会計で「グレー」判定の人物が就任するのはなぜなのか?
経営再建中の東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。6月22日の株主総会で“新生東芝”をアピールしたいところだが、株主から人事に異論が噴き出る可能性も。(2016/6/22)

不正会計で「グレー」判定の人物、東芝の次期会長に なぜ?
東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。不正会計を招いた原因とされる米原発子会社WHの会長を務めた人物だからだ。(2016/6/21)

シャープ新経営陣、絶妙のバランス人事に 社長は「鴻海の徳川家康」
シャープの取締役人事で鴻海支配が鮮明になる。一方で日本の電機業界出身者も起用。求心力維持のため「外資による買収」の印象を薄める狙いがうかがえる。(2016/5/30)

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第2回:「強みを生かした」戦略で事業の構造を変える
中計で掲げたTransformの実践、そこに不可欠なのは企業の「強み」を「てこ」にした戦略だ。今回は、コニカミノルタの主力事業である情報機器事業の戦略の考察を通じて、その重要性を検討してみたい。(2016/5/25)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
トップマネジメントは委員会ではない
「委員会」とは、多数決で物事を決める制度のことで、「チーム」とは、協力して行動する一枚岩の集団のことだ。チームとしてのトップマネジメンのあるべき姿とは。(2016/5/17)

3メガ銀、持ち株会社主導に 三井住友FGも指名委等設置会社に移行へ
三井住友フィナンシャルグループは12日、来年6月に開催予定の株主総会後に、社外取締役の意見を強く経営に反映させる「指名委員会等設置会社」に移行すると発表した。(2016/5/13)

“プロ経営者”でも成果示せず ベネッセ原田社長退任、2年連続で最終赤字
ベネッセホールディングスは11日、原田泳幸会長兼社長が退任し、後任の社長に福原賢一副社長が昇格する人事を発表した。(2016/5/12)

社内報告1カ月後に社長射殺:
「餃子の王将」食い物にした男の正体は? 消えぬ「反社」の影、深まるナゾ
王将フードサービスが約10年にわたり特定の人物と不明朗な不動産取引などを繰り返し、176億円もの資金が回収不能になっていたことが、同社の第三者委員会の調査報告書で初めて明らかになった。(2016/5/12)

車載ソフトウェア:
名大発AUTOSARソフト基盤ベンチャーがスズキと共同開発へ、資本金も10億円に
名古屋大学発ベンチャーで車載ソフトウェア標準であるAUTOSAR仕様のソフトウェアプラットフォーム(SPF)の開発を手掛けるAPTJが第三者割当増資を実施。資本金と資本準備金の合計が10億円に達した。また、スズキとの間で、AUTOSAR仕様をベースとする車載制御システム向けSPFの共同研究開発契約を締結している。(2016/5/10)

インタビュー:
セブン&アイHD井阪新社長「鈴木氏は精神的な支柱。顧問で残っていただく」
セブン&アイ・ホールディングスの新社長に就任する、中核子会社のセブン−イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(58)が、産経新聞のインタビューに応じた。(2016/5/9)

買収金額は6200億円:
日本郵政の豪トール買収は高値づかみだったのか? ファミマとの提携にも疑問の声
日本郵政が約6200億円という巨費を投じた豪トールの買収から1年が経過した。国際物流を日本郵便のけん引役にできるかどうか。経営陣の覚悟と手腕が問われている。(2016/4/27)

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第1回:「あるべき姿」にTransformするための道標としての中期経営計画
環境変化に対応し続ける企業体に変革する、Transformation。多くの企業が現在行っている取組みだが、これを成し遂げるためのポイントはどこにあるのだろうか。日本企業の中でもいち早くTransformationに着手してきたコニカミノルタを事例に、6回に渡ってこれを考えてみたい。第1回は、2011年、14年に同社が策定した2回の中期経営計画が果たした役割について考察する。(2016/4/19)

グループトップに約24年君臨:
セブン&アイの鈴木会長が晩節を汚す結果を招いたワケ
7日、セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名をはせた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)が自ら辞任を表明した。(2016/4/18)

「井阪社長の発言にがっかり」「なんで息子の話が出てくるのか」セブン鈴木会長辞任会見
セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者の会見での一問一答の詳細は次の通り。(2016/4/8)

最後まで決断できなかったシャープ経営陣 リーダーシップの欠如が混迷深めた
シャープの高橋社長ら経営陣は最後まで再建に向けたビジョンを示せず、問題の先送りを続けたことで、鴻海傘下に追い込まれるかたちになったことは否定できない。(2016/4/6)

出資額1000億円引き下げにも:
最後まで決断できなかった――シャープ経営陣の“迷走”
台湾の鴻海精密工業によるシャープ買収が正式に決まり、シャープは鴻海傘下で経営再建を目指すことになった。シャープの高橋興三社長ら経営陣は最後まで再建に向けたビジョンを示せず、問題の先送りを続けたことで追い込まれるかたちになった。(2016/4/5)

クックパッド、創業者・佐野氏の執行役解任
クックパッド創業者で筆頭株主の佐野陽光氏が執行役を解任。「執行役としてふさわしくないと判断した」という。(2016/3/23)

配管点検ロボットのハイボット、元SCHAFTの加藤氏を代表取締役に
プラント配管やガス配管点検ロボットの開発を行うロボットベンチャーのハイボットがSCHAFT共同創業者の加藤崇氏を代表取締役社長とする人事を発表した。同時に12億円の資金調達も実施。(2016/3/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ一流の人は歴史を学ぶのか――名言に学ぶ「見通す力」の作り方
「先が見えない世の中」とは言われるが、パソコンもデータ分析も発達していない時代に、過去や経験に学ぶことで、時代を切り開いてきた人がいる。竹中平蔵先生が考える今学ぶべき歴史と名言とは。(2016/3/3)

シャープ、薄氷の全会一致、異例の2度決議……なおくすぶる不信感
鴻海の傘下に入ることを決めたシャープ。臨時取締役会は全会一致だったが、直前まで取締役13人の意見は割れていた。(2016/2/26)

シャープの決め手は何だったのか 巧みな“情報戦”既に負けていた革新機構
鴻海と産業革新機構の両案の間で揺れたシャープ経営陣は25日、国内電機大手として初めての外資傘下入りという歴史的な決断を下した。その決め手となったのは何だったのか。(2016/2/26)

シャープ再建いざ天王山! 鴻海vs革新機構 25日に決定か
シャープは24日に取締役会を開き、再建策を決めるための最終協議に入る。鴻海から支援を受ける案が有力だが、産業革新機構のもとでの再建を支持する声も根強い。(2016/2/24)

日本メーカーに牙をむく? シャープ・鴻海の“決裂”を期待
経営再建中のシャープが台湾の鴻海精密工業の傘下で立て直しを図る方向で本格協議に入った。鴻海とともに支援に名乗りを上げた官民ファンドの産業革新機構と、所管官庁の経済産業省はシャープの事業を“手駒”にして国内電機業界の再編に乗り出す戦略を描いていた。(2016/2/22)

シャープ・鴻海の“決裂”を期待、未練隠せぬ革新機構 “成立”なら日本勢に脅威
シャープが鴻海の傘下で立て直しを図る方向で本格協議に入った。当初は産業革新機構の支援を受ける方向だったが、シャープが土壇場で翻意。「日の丸連合」構想は実現が遠のいた。(2016/2/22)

鴻海派vs機構派、シャープ取締役間で対立激化 「利害関係人」2人排除の動きも
シャープ取締役会で、鴻海派と産業革新機構派の対立が起きている。革新機構との調整を進めてきた主力銀のみずほ銀はここにきて鴻海側に。混乱は続きそうだ。(2016/2/19)

漂流シャープ(上):
シャープ土壇場の心変わり 鴻海に傾いたワケ
当初は産業革新機構の再建策を受ける方向だったシャープが、土壇場で鴻海に心変わりしたワケは……。(2016/2/12)

100年企業:
シャープ土壇場で心変わり、鴻海に傾いたワケ
1月30日、土曜日で社員もまばらな大阪市阿倍野区のシャープ本社。その一室で高橋興三社長らと台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長が向かい合った。(2016/2/12)

シャープ、鴻海に優先交渉権 「外資傘下」強まる
シャープは鴻海に優先交渉権を与えることを決めた。シャープ解体につながる産業革新機構の再建策と違い、現在のシャープを温存する鴻海案を評価した。(2016/2/5)

クックパッド創業者が現経営陣と対立か 取締役刷新を求め株主提案
クックパッドは、創業者で筆頭株主の佐野陽光氏から取締役刷新を求める株主提案を受け取ったことを明らかにした。(2016/1/19)

女性の管理職は増えているが……何%?
OECD(経済協力開発機構)に加盟してる国の女性管理職の割合をみると、軒並み30%を超えている中で、日本はどのくらいの割合なのだろうか。経済同友会調べ。(2016/1/14)

経営者と経営学者の違い、B'zとAKBの違い
ホリエモン氏が提案したコンビニ居酒屋というアイデアに、大学の教授が否定コメントをしたことで、堀江氏は反論し、経営学者は経営ができるのかという論争が起こりました。専門とは何なのか、経営学者と経営の関係を見ていこう。(2015/12/17)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
まだまだ未熟な経営者が、大切にしてきた7つのこと
20代半ばで独立してから今日まで、とにかく必死に走り続けてきた約16年間だった。経営者としてさまざまなことを経験し、そして多くを学んできた。今回はそこで得たことをいくつかお伝えしたい。(2015/12/2)

「シリコンバレーの伝説」:
元ヴイエムウェアCEOのダイアン・グリーン氏は、グーグルのクラウドをどう変えるか
米ヴイエムウェアの共同創立者兼元CEO、ダイアン・グリーン氏が、米グーグルのクラウドビジネス担当シニアバイスプレジデントになる。2015年11月19日(米国時間)にブログポストで明らかにされたこのニュースで、グーグルのクラウド事業は新たな側面から注目されることになった。(2015/11/23)

コロプラ、元陸上選手の為末さんが社外取締役に
コロプラの社外取締役候補に元陸上選手の為末大さん。(2015/10/21)

ベンチャーニュース:
「産業を革新する」ことに特化したベンチャー支援が始動
教育特化型のベンチャーキャピタルであるViling Venture Partnersは、新たに「新産業創出」に特化したベンチャー支援プログラムを開始する。(2015/9/28)

スマートデバイス向け新サービスで協業:
DAC、「Antenna」を運営するグライダーアソシエイツと資本業務提携
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは2015年8月27日、キュレーションマガジン「Antenna」を運営するグライダーアソシエイツの株式を取得、資本業務提携を行うと発表した。(2015/8/27)

東芝、取締役11人のうち7人を社外取締役に 事業の選択と集中も加速
東芝が取締役11人のうち7人を社外取締役にする新ガバナンス体制を発表。PC事業などについては「あらゆる可能性」する。(2015/8/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2%のエース思考 “The approaches of the top 2%”――あなたはいつまで「同期」の中に埋もれているのか?
多くの優秀な企業人たちと接してきた中に一定の割合で、紛いもなくエースだと唸るような人たちがいた。彼らはどのような思考、行動を取っているのか。(2015/7/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「任せ方の教科書」〜部下を動かし成果を上げる「任せ方」とは〜
任せると部下のモチベーションが一番上がると分かっていても、なかなか任せることができない上司の悩みを解決。(2015/7/2)

石野純也のMobile Eye(6月8日〜19日):
ドコモ、ソフトバンク、KDDI――三者三様の株主総会を振り返る
3キャリアの株主総会では、各社の業績や、来期以降に向けた取り組みがあらためて発表された。3社の株主総会で各社が示した方向性や、ユーザーにも関心の高そうなトピックをまとめた。(2015/6/20)

VAIO株式会社の新経営体制が公開、代表取締役に大田義実氏――関取氏は取締役副会長に
VAIO株式会社は6月8日、新経営体制を発表した。(2015/6/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
99%の人がやせると話題のライザップ、その快進撃の秘密とは?
企業の利益に影響を及ぼすのは市場以上に、内部要因でありその中で飛びぬけて重要なのがそこに働く人々の意識、マインドだ。能力を大きく超えるパワーをいかにして生みだすかを、トップやリーダーは知っておくべき。(2015/6/4)

事業拡大に向け経営体制強化:
フロムスクラッチ、元LINE 森川 亮氏の戦略顧問就任を発表
フロムスクラッチは2015年6月1日、戦略的事業拡大に向けた経営体制強化のため、元LINE代表取締役社長で現C Channelの森川 亮氏が戦略顧問に就任したことを発表した。(2015/6/1)

孫正義氏、ヤフー会長を退任 “後継者”アローラ氏に交代
孫正義氏がヤフー会長を退任。“後継者”のニケシュ・アローラ氏に交代する。(2015/5/22)

イーブックイニシアティブジャパンの筆頭株主にクックパッド 業務提携進める
クックパッドの子会社である「マグネット」が持つ制作・配信システムの共同開発なども進める考え。(2015/4/7)

クックパッドがイーブックイニシアティブの筆頭株主に 5億円出資
クックパッドがイーブックイニシアティブジャパンの第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の10%を保有する筆頭株主に。(2015/4/7)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。