ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「水曜インタビュー劇場(土肥義則)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水曜インタビュー劇場(土肥義則)」に関する情報が集まったページです。

水曜インタビュー劇場(タイニーハウス公演):
音は大丈夫? 日本初、高架下「8畳ホテル」に潜入した
欧米で「タイニーハウス」が話題になっている。「モノはできるだけ所有しない」「住まいもコンパクトに」という生活が広がっていて、移動可能な小さな家で暮らす人が増えているのだ。こうした背景もあって、日本で「タイニーハウスホステル」が登場。どんなところなのか取材したところ……。(2018/6/13)

水曜インタビュー劇場(殺到公演):
キリンの月額制ビールは大人気なのに、なぜ再開できないのか
キリンビールが展開している「キリンホームタップ」が人気を集めている。専用サイトで申し込むと、月額6900円で自宅用のビールサーバーを借りられるわけだが、現在は受け付けを中止している。なぜこのような事態になったのか、担当者に聞いたところ……。(2018/6/6)

水曜インタビュー劇場(トロ〜公演):
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」がどん底から復活した、3つの理由
クリスピー・クリーム・ドーナツがどん底にあえいでいた。業績が低迷し、地方の店舗を中心に閉店。「日本から撤退するのでは」などと言われていたなかで、ここにきて復活の兆しがでている。4期ぶりに増益を確保した理由を聞いたところ……。(2018/5/30)

水曜インタビュー劇場(脱常識公演):
“指名買い”される高速バス会社の、仕掛けが面白い
高速バスに乗る際、「会社名」で選ぶ人は少ない。「価格」や「利便性」を優先する人が多いなかで、“指名買い”される会社がある。平成エンタープライズだ。なぜこの会社が選ばれるのかというと……。(2018/5/23)

土曜インタビュー劇場(かき揚げ公演):
アタリの店はどこ? サラリーマンが愛する「立ち食いそば」事情
ランチや仕事の合い間に「立ち食いそば店」に入ったことがある人も多いのでは。「アタリ、ハズレが大きい」なかで、どこがオススメなのか。雑誌『極上 立ち食いそば』の編集者に、アタリの店を紹介してもらった。(2018/5/19)

水曜インタビュー劇場(ギネス公演):
48時間で2万7503個も売れた! 「海老名メロンパン」の集客力がスゴい
海老名サービスエリア(下り)で販売している「海老名メロンパン」が、ギネス世界記録に認定された。「48時間以内で最も多く売れた焼きたて菓子パンの数」にチャレンジしたわけだが、舞台裏でどんなことが起きていたのか。そもそもなぜギネスに挑戦したのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

水曜インタビュー劇場(交流公演):
「男女混合フロア」のあるカプセルホテルが、稼働率90%の理由
渋谷駅から徒歩5分ほどのところに、ちょっと変わったカプセルホテルが誕生した。その名は「The Millennials Shibuya」。カプセルホテルといえば安全性などを理由に、男女別フロアを設けるところが多いが、ここは違う。あえて「男女混合フロア」を取り入れているのだ。その狙いは……。(2018/5/9)

水曜インタビュー劇場(GW公演):
同じ「道の駅」なのに、なぜ売上格差が生まれるのか
クルマを運転していて「道の駅」を見ることが多くなった。観光スポットとしてどんどん増えているわけだが、気になることも。それは同じ「道の駅」という看板を掲げているのに、なぜ人気がある駅と、そうでない駅があるのか。『道の駅 旅案内全国地図』の守屋之克編集長に話を聞いたところ……。(2018/5/2)

土曜インタビュー劇場(ぼっち公演):
出世するオジサンが、孤独の迷宮に入りやすいワケ
世界的に「孤独」が問題になっている。人の心や体に影響を与えると言われているのに、なぜ日本人は無関心なのか。孤独オジサンにならないために、どうすればいいのかというと……。(2018/4/28)

水曜インタビュー劇場(初公演):
50年経っても、なぜ霞が関ビルは存在しているのか
日本で初めて高さ100メートルを超えた高層ビル「霞が関ビルディング」が、完成して半世紀を迎えた。古くなった建物は壊すケースが多いのに、なぜ霞が関ビルは一度も建て替えてこなかったのか。三井不動産の担当者にその理由を聞いたところ……。(2018/4/25)

土曜インタビュー劇場(ぼっち公演):
なぜオジサンは「孤独」の犠牲者になりやすいのか
会話をあまりしなくて、困ったときに頼れる人がいなくて、近所付き合いもしないオジサンがいる。こうした「孤独」な状況になぜ追い込まれたのか。『世界一孤独な日本のオジサン』の著者、岡本純子さんに話を聞いた。(2018/4/21)

水曜インタビュー劇場(最後まで公演):
それでもTEACが、カセットデッキをつくり続ける理由
オーディオメーカーのTEACがダブルカセットデッキを発売した。カセットテープ市場は20年以上前から縮小しているのに、なぜこのタイミングで新製品を投入したのか。同社の担当者に理由を聞いたところ……。(2018/4/18)

水曜インタビュー劇場(痛みなし公演):
なぜ駅ナカで鼻毛を抜こうと思ったのか 「3分 1000円」の世界
駅ナカで鼻毛脱毛を行っている店が、ちょっと話題になっている。店名は「ekibana(エキバナ)」。3分1000円で鼻毛を抜いてくれるこの店は、どのような特徴があるのか。話を聞いた。(2018/4/11)

水曜インタビュー劇場(ゴロッと公演):
街中で食べることができない、知られざる「JALカレー」の話
空港のラウンジでしか食べることができない「JALカレー」をご存じだろうか。SNSでJALカレーをアップしている写真をよく見かけるが、一体どのような味をしているのか。試食をしながら、JALの担当者に裏話を聞いてきた。(2018/4/4)

水曜インタビュー劇場(集めた公演):
急増中の「久世福商店」は、こうして生まれ、こうして稼いだ
目利きバイヤーが日本中から“うまいモノ”を集めたセレクトショップ「久世福商店」が、ショッピングセンターなどで急増している。ありそうでなかった店は、なぜ好調に推移しているのか。店舗運営を手掛けている担当者に話を聞いたところ……。(2018/3/28)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

水曜インタビュー劇場(5位以内公演):
30年も売れ続けている「成城石井のシュウマイ」、舞台裏に迫る
成城石井の「国産豚のジューシー焼売(小)」が売れている。30年ほど前から販売していて、売り上げランキングは常に5位以内にランクインしているのだ。1パック12個入っていて、価格は599円(税別)。決して安くはないのに、なぜ売れているのか。製造担当者に聞いたところ……。(2018/3/7)

水曜インタビュー劇場(瞬時公演):
会話が見える! 世界最速の「リアルタイム字幕」にびっくり
「UDトーク」というアプリをご存じだろうか。目の前の会話が次々に字幕になるサービスだが、その仕組みはどうなっているのか? アプリを開発した青木秀仁さんに聞いたところ……。(2018/2/28)

水曜インタビュー劇場(7万人公演):
データから分かってきた。有料会員は、パ・リーグの試合をこのように見ている
「パ・リーグTV」の会員数が伸びている。パ・リーグの試合をネット(有料)で見ることができるサービスだが、なぜ好調なのか。運営をしているパシフィックリーグマーケティングの担当者に話を聞いた。(2018/2/21)

水曜インタビュー劇場(99.7%公演):
6畳弱の狭い物件に、住みたい人が殺到している理由
床面積たった9平方メートルしかない狭い部屋が注目されている。東京の中心部に70棟以上建てたところ、居住率は99.7%に。「部屋はできれば広いところがいい」という人が多いと思うのに、なぜ狭い物件に人気が集まっているのか。(2018/2/14)

水曜インタビュー劇場(開発公演):
プリンターがあるのに、なぜ「活版印刷機」が人気なのか
学研プラスの科学系ムック『大人の科学マガジン』が売れている。最新刊の付録は「小さな活版印刷機」。活版印刷の技術は15世紀に発明されたと言われているのに、なぜいま人気を集めているのか。その背景に迫ってみると……。(2018/2/7)

水曜インタビュー劇場(メダル公演):
子どもの数が減っているのに、イオンの「モーリーファンタジー」が好調の秘密
イオンモールなどにあるアミューズメント施設「モーリーファンタジー」の売り上げが伸びている。売上高は過去最高を更新したほか、既存店売上も27カ月連続で伸びている。子どもをターゲットにしている施設なのに、なぜ好調なのか。(2018/1/31)

水曜インタビュー劇場(謎キット公演):
プラモデル風の「伊勢えび」が、注目を浴びたワケ
イセエビの姿造りを“組み立てる”ことができるキットをご存じだろうか。商品名は「対ひとり晩酌用イセエビ」。水産仲卸業の海商が12月に発売したところ、SNS上などで話題になり、売れに売れた。その秘密を探ってみると……。(2018/1/24)

水曜インタビュー劇場(分析公演):
紙のカタログ通販市場は苦戦しているのに、なぜ「ラナン」は好調なのか
EC市場が拡大しているなかで、紙のカタログ通販が面白いことになっている。大手2社が苦戦している一方で、埼玉県に本社を構えるベルーナの売り上げが伸びているのだ。なかでも好調なのは、30〜40代の女性をターゲットにした「ラナン」。その背景を取材してみると……。(2018/1/17)

水曜インタビュー劇場(ユニーク公演):
「アイロンいら〜ず」ヒットの裏に、サンコーの“まずは売ってみる”戦略
ユニークな商品を次々に販売しているサンコーが、家電にチカラを入れている。弁当箱サイズの炊飯器やハンガーにかけるだけでシャツを乾かすことができるアイテムを販売したところ、いずれも売れた。ヒットの裏側で、同社はどのような手を打っていたのか。話を聞いたところ……。(2018/1/10)

水曜インタビュー劇場(4年連続トップ3入り公演):
アドラーの岸見一郎さんに聞く、職場で嫌われる勇気
2013年に発売された書籍『嫌われる勇気』が、いまも売れている。ビジネス書のランキングでみると、4年連続でトップ3入りしていて、この数字は史上初の快挙だという。本書は対人関係の接し方などを深く掘り下げているが、職場での嫌な上司にどのように対応すればいいのか。著者の岸見一郎さんに聞いた。(2017/12/20)

水曜インタビュー劇場(隙間公演):
えっ、CDプレーヤーが売れている? エスキュービズムの戦略が面白い
ポータブルタイプのCDプレーヤー市場が面白いことになっている。市場が縮小していくなかで、新興メーカーのエスキュービズムが発売したところ、ある層を中心に売れているのだ。「CDプレーヤーなんてオワコンでしょ」と言われているなかで、どういった人たちが購入しているのか。(2017/12/13)

水曜インタビュー劇場(英国風劇場):
清算された「ハブ」が、過去最高を更新している秘密
「英国風パブ HUB」を運営しているハブの業績が好調である。2017年2月期の売上高は過去最高、18期連続で増収だ。かつて売上低迷で事業清算されたハブが、なぜ復活したのか。その理由について、同社の太田社長に話を聞いた。(2017/12/6)

水曜インタビュー劇場(ジワジワ公演):
大ヒット! 翻訳本『せつない動物図鑑』完成までの舞台裏
翻訳本『せつない動物図鑑』が売れている。「翻訳本って日本語に訳すだけ。簡単にできるでしょ」と思われているかもしれないが、担当編集者によって出来栄えはかなり違う。『せつない動物図鑑』の場合、編集者はどのようなところに手を加えたのか。本人に聞いた。(2017/11/29)

水曜インタビュー劇場(もじ鉄公演):
同じ駅なのに、なぜ「駅名標」の書体が違っているのか
駅名が書かれている「駅名標」をじっくり見たことがあるだろうか。よーく見ると、鉄道会社によって書体が違っていたり、同じ駅でもデザインが違っていたり。また、全国的に新しいモノを設置する動きが広がっている。なぜ、このようなことが起きているのかというと……。(2017/11/22)

水曜インタビュー劇場(案内人公演):
横須賀「軍港めぐり」の乗客が、どんどん増えている理由
横須賀湾に停泊する米海軍の艦船――。潜水艦、護衛艦、空母などを見ることができるツアー「軍港めぐり」の乗客数が伸びている。なぜ人気を集めているのかというと……。(2017/11/15)

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

水曜インタビュー劇場(稼働率90%公演):
カプセルホテルに似たホテルが、地方を再生させるかもしれない
カプセルホテルのようで、カプセルホテルでない。そんな宿泊施設が全国で増えているのをご存じだろうか。その名は「ファーストキャビン」。全店の平均稼働率が90%を超えているホテルは、どのような特徴があるのか。(2017/11/1)

水曜インタビュー劇場(ポキン公演):
石けんを販売している会社の傘が、なぜ郵便局で売れているのか
郵便局で「傘」が売れていることをご存じだろうか。その名は「ポキッと折れるんです」。なんだかゆるーいネーミングだが、どのような特徴があるのか。(2017/10/25)

水曜インタビュー劇場(手錠公演):
バスルームに「3つのトイレ」があるホテルに潜入した
オランダのアムステルダムにちょっと変わったホテルを取材することに。なにが変わっているのかというと、バスルームに間仕切りのないトイレが3つもあることだ。なぜ3つもあるのかというと……。(2017/10/18)

水曜インタビュー劇場(オランダ公演):
なぜ「ブッキング・ドットコム」の売り上げが伸びているのか、秘密を聞いてきた
オンライン宿泊サイトを運営するBooking.com(ブッキング・ドットコム)を利用する人が増えている。サイトを見ると、シンプルなデザインなのに、なぜユーザーが増えているのか。本社があるアムステルダムで話を聞いたところ……。(2017/10/11)

水曜インタビュー劇場(スター・ウォーズ公演):
見えないところも再現! バンダイの「ミレニアム・ファルコン」がスゴい
映画『スター・ウォーズ』に登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」を再現したプラモデルが話題を呼んでいる。実物を徹底的に分析して再現しているわけだが、どのようにしてつくったのか。バンダイの担当者に話を聞いた。(2017/10/4)

水曜インタビュー劇場(改良公演):
UFOキャッチャーが人の心を“つかみ”続けている理由
アミューズメント施設などでUFOキャッチャーをプレイしたことがある人も多いのでは。UFOキャッチャーは1985年に登場したのに、なぜいまでも多くの人に愛されているのか。セガ・インタラクティブの担当者に話を聞いたところ、意外なことが分かってきた。それは……。(2017/9/20)

水曜インタビュー劇場(小腹空いた公演):
ファミマの「自販機コンビニ」がどんどん増えている理由
「自販機コンビニ」が増えている。ファミリーマートが運営しているモノで、オフィスなどを中心に設置している。自販機でパンやおむすびなどを購入することができるが、どういった商品が売れているのか。担当者に聞いた。(2017/9/13)

水曜インタビュー劇場(過去最高公演):
6月4日に、ダイソンの掃除機が4万5000台も売れたワケ
2017年6月4日、ダイソンの掃除機(フラフィ DC74)がたった1日で4万5000台も売れた。これだけの数をさばいたのは、家電量販店でもECサイトでもない。ショップチャンネルを運営しているジュピターショップチャンネルである。どのように売ったのかというと……。(2017/8/23)

水曜インタビュー劇場(VRデバイス公演):
ダンボール製の「ハコスコ」が、60万個以上も売れたワケ
ダンボール製のVRデバイス「ハコスコ」が売れている。VR関連のビジネスはたくさん出ているが、マネタイズは難しいと言われている。そんな状況の中で、なぜハコスコは売れているのか。ハコスコ社の藤井直敬社長に話を聞いたところ……。(2017/8/16)

水曜インタビュー劇場(カリカリ公演):
たこ焼き器はたくさんあるのに、なぜイワタニの「炎たこ」が売れているのか
岩谷産業のたこ焼き器「スーパー炎たこ」が売れている。自宅でたこ焼きをつくろうとしても「上手に焼くことができない」「うまくひっくり返すことができない」といった不満の声が多いのに、なぜ炎たこは支持されているのか。その理由は……。(2017/8/9)

水曜インタビュー劇場(じゅーじゅー公演):
焼肉専用コンロ「やきまる」が、目標の5倍も売れているワケ
岩谷産業の焼肉専用コンロ「やきまる」が売れている。2016年に発売したところ、いきなり品薄状態に。年間目標の5倍ペースで出荷している理由を、開発担当者に聞いたところ……。(2017/8/2)

水曜インタビュー劇場(国産公演):
大人気の湖池屋プライドポテト、販売休止の裏で何があったのか
国産じゃがいもを100%使用した「KOIKEYA PRIDE POTATO」が売れている。2017年2月に発売したところ、一部商品が販売休止に。復活後も順調に売れていて、半年足らずで初年度の目標を達成した。なぜ湖池屋のポテトチップスがこれほど売れているのか。その理由を取材したところ……。(2017/7/26)

水曜インタビュー劇場(酉年公演):
ずーっと苦戦したローソンの焼鳥が、今年になって売れ始めた理由
ローソンが1月に発売した「でか焼鳥」が売れている。これまで何度も焼鳥に挑戦したものの、なかなかヒットしなかったのに、なぜこの商品は売れたのか。担当者に話を聞いたところ……。(2017/7/19)

水曜インタビュー劇場(運動公演):
大手は成功していないのに、なぜ「カーブス」は大きくなったのか
女性専用のフィットネスクラブ「Curves(カーブス)」が、拡大している。2017年6月末現在で、店舗数は1801店、会員数は80万人ほど。施設の中は簡素なマシンしかないのに、なぜ多くの人が通っているのか。その秘密について、カーブスジャパンの坂本社長に聞いた。(2017/7/12)

水曜インタビュー(算数公演):
大人になったら使わないのに、なぜ私たちは「分数」を学ぶのか
社会人になって「微分・積分や二次関数」を使ったことがある人は少ないはず。いや、ひょっとしたら、小学校の低学年で学ぶ「分数の足し算」も使ったことがないのでは。大人になっても使わないのに、なぜ私たちは「分数」を学んできたのか。その理由は……。(2017/7/5)

水曜インタビュー劇場(うんこ・ちんちん公演):
出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ
出版不況と言われているのに、『コロコロコミック』が好調だ。なぜ子どもたちに支持されているのか。取材を進めていくと「うんこ・ちんちん原理主義」にたどり着いた。聞き慣れないこの言葉、どういう意味かというと……。(2017/6/28)

水曜インタビュー劇場(シャリシャリ公演):
だからミニストップの「ハロハロ」は売れている、知られざる“実験力”
ミニストップの「ハロハロ」が売れている。1995年に発売したロングセラー商品で、今年は7種類も投入する。同社は過去最高の売り上げを狙っているが、どのような人が購入しているのか。また、どのようにして開発しているのか。その舞台裏に迫った。(2017/6/21)

水曜インタビュー劇場(変えない公演):
「明治 エッセルスーパーカップ」が売れている、控え目な理由
アイス市場で「明治 エッセルスーパーカップ」がよく売れている。ある調査によると、同商品はシェアトップを快走しているが、なぜ消費者に支持されているのか。その理由を、明治の担当者に聞いたところ、控え目な答えが返ってきた。(2017/6/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。