ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「水曜インタビュー劇場(土肥義則)」最新記事一覧

水曜インタビュー劇場(DM公演):
驚異の67.5%! オートバックスセブンのDMヒット率が、ものすごい理由
カー用品店を展開するオートバックスセブンが、約2800万人の顧客データを分析している。なぜ、そんなことをしているのか。顧客データを分析することで、お客さんと“つながろう、つながろう”としているのだ。詳しい話を同社の担当者に聞いた。(2016/5/18)

水曜インタビュー劇場(1分1秒公演):
飛行機に“最後に乗る”のはどんな人か 羽田空港を分析
飛行機に乗るとき「できれば早く乗りたい」という人もいれば、「できれば最後に乗りたい」という人もいる。搭乗口で最後に手続きを済ませているのはどのような人なのか。羽田空港で飛行機の遅延分析をされている、JALの担当者に話を聞いたところ……。(2016/5/11)

水曜インタビュー劇場(1分1秒公演):
なぜJALの飛行機は“遅れにくい”のか 定時到着率1位の裏側
「飛行機=遅れる」といったイメージをもっている人も多いのでは。しかし、米国の企業が発表した「定時到着率ランキング」をみると、JALがトップ。JALは“遅れない”ためにどのようなことをしているのか。話を聞いたところ……。(2016/4/27)

水曜インタビュー劇場(軽く感じる公演):
重くなったのに、なぜ軽く感じるのか 売り子が背負うビールサーバー
野球場などでキャストと呼ばれている“売り子”が生ビールを販売している。彼女たちが背負っているサーバーは重いので、アサヒビールとデサントは共同で新しいモノを開発。さざかし「軽く」なったんだろうと思っていたら、実は「重く」なっていた。えっ、どうして……?(2016/4/20)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
「人工流れ星」を流すことで、どんなことが分かってくるのか
2018年、「人工流れ星」を流す計画がある。流れ星は上空60〜80キロメートルを飛ぶ予定だが、実現すればどんなことが分かってくるのか。企画をしているALEの岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/13)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
あなたの“願い”はかなう? 世界初の「人工流れ星」に驚き
2018年、人の手で流れ星が流れるかもしれない――。こんな話を聞くと「本当に?」と思われるかもしれないが、宇宙ベンチャーの「ALE(エール)」が開発しているという。「人工流れ星」とは、一体どんなモノなのか。岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/6)

水曜インタビュー劇場(333m公演):
なぜいま? 東京タワーの「3F」が絶好調な理由
東京タワーの3階に何があるかご存じだろうか。オフィシャルグッズを販売している「TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY」である。売り上げの数字をみると、急激に伸びていて、その理由を聞いたところ……。(2016/3/30)

水曜インタビュー劇場(迷宮公演):
なぜ新宿駅で「迷う」のか 1日364万人をさばけるワケ
新宿駅で迷ったことがある人も多いはず。プラットホームはたくさんあって、改札もたくさんあって……そんな駅で迷うのは当然と思っていたら「駅の構造を理解すれば、迷うことはない」と言う人がいた。詳しく話を聞いたところ……。(2016/3/23)

水曜インタビュー劇場(はずす公演):
累計260万丁! 工具「ネジザウルス」がバカ売れした理由
これまで“絶対にはずせない”と思われてきたネジを、“絶対にはずす”工具「ネジザウルス」(運営:エンジニア)をご存じだろうか。工具は年間1万丁売れれば大ヒットと言われている中、ネジザウルスは累計260万丁も販売。消費者の心を“つかんだ”理由について、同社の高崎社長に聞いた。(2016/3/16)

水曜インタビュー劇場(サクサク公演):
お客はチラホラなのに、なぜビアードパパはインドネシアで絶好調なのか
甘い香りに誘われて、ついついビアードパパのシュークリームを買ったことがある人も多いのでは。目の前でクリームを詰める“実演販売スタイル”で店舗数を拡大してきたが、海外でも売れているとか。その理由は……。(2016/3/9)

水曜インタビュー劇場(カフェ公演):
ブルーボトルコーヒーは店の裏で何をしているのか
米国発の喫茶店「ブルーボトルコーヒー」が日本に上陸して、1年が経過した。カフェといえばテクノロジーの世界とはあまり縁がないように感じるが、実は……。(2016/3/2)

ITmedia ビジネスオンライン eBookシリーズ:
水曜インタビュー劇場 〜なぜあの人は成功するのか〜(1)
人気連載をまとめて無料ダウンロードできるITmedia ビジネスオンライン eBookシリーズ。第1弾は、「水曜インタビュー劇場 〜なぜあの人は成功するのか〜(1)」。(2016/2/29)

水曜インタビュー劇場(カフェ公演):
ブルーボトルコーヒー、この1年をすべて振り返る
米国発のカフェ「ブルーボトルコーヒー」が、日本に上陸して1年が経った。オープン当初は行列ができていたが、なぜ多くの人は一杯のコーヒーを求めて何時間も並んだのか。同社の井川取締役に分析してもらったところ……。(2016/2/24)

水曜インタビュー劇場(小さい穴公演):
眼鏡がいらなくなる? 世界初の「ピンホールコンタクトレンズ」にびっくり
近視や老眼をコンタクトレンズ1枚でカバーできる「ピンホールコンタクトレンズ」をご存じだろうか。現在、臨床研究を進めていて、2017年度中の商品化を目指しているという。どのような原理でできているかというと……。(2016/2/17)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか
人工知能によって、自分の仕事が奪われるかもしれない――。そんな不安を感じたことがある人も多いと思うが、実際のところどうなのか。このテーマを調査した、野村総合研究所の担当者に話を聞いた。(2016/2/10)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
あなたは大丈夫? 10〜20年後、人工知能に奪われる仕事100
人工知能によってあなたの仕事が奪われるかもしれない――。このような不安を感じている人も多いのでは。ある調査によると「労働人口の49%が人工知能などによって奪われる」という結果がでたが、この数字をどのように受け止めればいいのか。(2016/2/3)

水曜インタビュー劇場(ヒットの秘密公演):
ミドリムシが、この5年で6倍も売れたワケ
ユーグレナが提供する「ミドリムシ」の関連商品が売れている。ここ5年で、売上高は約6倍。生産現場で働く人たちは正月休みを返上して、フル稼働で生産していたという。それにしても、なぜミドリムシの商品が売れているのか。社長の出雲氏に話を聞いた。(2016/1/27)

水曜インタビュー劇場(駐車場公演):
あれ? なぜコインパーキングで「予約」ができないのか
駐車場シェアリングが拡大している。利用者のメリットは、空き駐車場を予約できることだが、なぜ既存のコインパーキングでは予約することができないのか。駐車場シェアリング「akippa」を運営する金谷社長に話を聞いたところ……。(2016/1/20)

水曜インタビュー劇場(天候編):
新ビジネスの“成功確率”は? 「スポーツ+天気」がやって来そう
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れている。ラグビー日本代表チームのほかに、さまざまなスポーツを支援しているが、次にどんなビジネスを企画しているのか。担当者に話を聞いた。(2016/1/13)

水曜インタビュー劇場(天候編):
ウェザーニューズの「気象情報」に、ラグビー日本代表が喝采
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れていることをご存じだろうか。2015年秋に開催されたラグビーW杯で南アフリカに歴史的な勝利を果たした日本代表チームもサポートしていたという。どのような形で支援していたかというと……。(2016/1/6)

水曜インタビュー劇場(正月編):
ドローンが人間を救う! 世界初の“救援隊”出動
2016年、ドローンがさまざまな場で活躍しそうだ。可能性が広がる中で、ドローンを使って「被災地の地図を作る」動きが進んでいる。世界初のプロジェクト「ドローンバード」とは、一体どういった仕組みなのか?(2016/1/1)

水曜インタビュー劇場(データ公演):
データから見えてきた! 夫婦の愛&嫁姑の“微妙な関係”
冷蔵庫に残っている食材を使って、料理をつくりたい。そんなときに「クックパッド」を利用したことがある人も多いのでは。そのクックパッドが“数時間後の未来”を予測するサービスを提供しているそうだ。担当者に話を聞いてみると……。(2015/12/23)

水曜インタビュー劇場(データ公演):
2月中旬になぜ「カルボナーラ」が検索されるのか? クックパッドのデータを分析
クックパッドが「少し先の未来を予測する」サービスを始めている。ん? どういうこと? と思われたかもしれないが、日々蓄積される膨大なデータから生活者の食に対する行動が見えてきたという。事業担当者に話を聞いたところ……。(2015/12/16)

水曜インタビュー劇場(有料テレビ公演):
テレビは苦戦しているのに、なぜWOWOWは過去最高なのか
テレビ局の厳しい戦いが続いている。視聴率が低迷し、広告費が落ち込む……。そんな状況の中で、有料放送「WOWOW」が好調だ。加入件数は過去最高を突破し、大台の300万件も近づいてきた。その要因について、同社の担当者に聞いた。(2015/12/9)

水曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
本を読む人は何を手にするのか 日本に“階級社会”がやってくる
「これからの日本は『本を読む習慣がある人』と『そうでない人』の“階層社会”がやってくる」という人がいる。リクルートでフェローとして活躍され、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんだ。その言葉の真意はどこにあるのか。話を聞いた。(2015/12/2)

第1回 ササる会議 リポート:
モラルはシステムで作れる!? タイムズ24の「カーシェアリングIoT活用術」
ITmedia ビジネスオンライン初の読者向けトークイベント「第1回 ササる会議」が開催されました。第1弾のテーマは「カーシェアリングにおけるIoTの活用」。タイムズ24のタイムズカープラス事業部長、内津基治さんをゲストに迎え、お話いただきました。(2015/12/1)

水曜インタビュー劇場(整備士公演):
トラブル発生! 航空整備士は何を考え、どう対応しているのか
飛行機にはさまざまなトラブルが発生するが、航空会社の整備士はどのように対応しているのか。JALで整備士として活躍されている小久保吉純さんに話を聞いた。(2015/11/25)

水曜インタビュー劇場(整備士公演):
マニュアルを覚えてはいけない? 知られざる「航空整備士」のヒミツ
空港には飛行機の整備士がたくさんいるが、彼らはどんな仕事をしているのだろうか。JALの整備士に話を聞いたところ、それはそれはたくさんあって……。(2015/11/18)

水曜インタビュー劇場(カレー公演):
なぜ「ココイチ」の味は“普通”なのに、トップを独走しているのか
「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)を運営している壱番屋の業績が好調である。市場をみると、ココイチの店舗数は1000店を超えているのに、2位のゴーゴーカレーは80店ほど。なぜココイチはここまで「独走」しているのか。同社の取締役に聞いたところ……。(2015/11/11)

水曜インタビュー劇場(カレー公演):
業績好調! カレーの「ココイチ」に、人が集まるワケ
「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)を運営している壱番屋の業績が好調である。最大の理由は「既存店の売り上げ」が伸びていることだが、さらに調べていくと意外な事実が!?  それは……。(2015/11/4)

水曜インタビュー劇場(ワイン公演):
メルシャンの担当者が、何度も何度も「ブドウ畑」に足を運ぶ理由
ワイン市場が伸びているのをご存じだろうか。その謎を調べていくうちに、ワインメーカー「メルシャン」の担当者が、ブドウ畑に何度も何度も足を運んでいることが分かった。その理由を聞いてみると……。(2015/10/28)

新連載・金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
転職に成功する人、失敗する人――どこに“違い”があるのか
景気の影響を受けて、転職の求人数は右肩上がり。「自分もそろそろ……」と思っている人もいるだろうが、“転職で成功する人、失敗する人”にはどのような“違い”があるのか。リクルートでフェローを務められ、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんに聞いた。(2015/10/23)

水曜インタビュー劇場(学習帳公演):
ジャポニカ学習帳の表紙から「昆虫」が消えた、本当の理由
ジャポニカ学習帳の表紙といえば、「昆虫」の写真を思い浮かべる人も多いだろうが、数年前に昆虫が消えた。教師や保護者から「昆虫が気持ち悪いから変えてほしい」といった要望があって、発売元のショウワノートが削除したというが、本当にそうなのか?(2015/10/21)

11月11日開催決定:
『ササる戦略』著者プレゼンツ 読者向けトークイベント「ササる会議」第1弾、開催決定!
『ササる戦略』著者が斬り込む、読者向けトークイベント「ササる会議」が11月11日に開催! ぜひ、水曜インタビュー劇場の“オフライン版”にご参加ください。(2015/10/20)

水曜インタビュー劇場(学習帳公演):
累計12億冊! 知られざる「ジャポニカ学習帳」のスゴさ
小学生のころに「ジャポニカ学習帳」を使ったことがある人も多いのでは。45年前に誕生して、累計販売数はなんと12億冊以上。半世紀に近くにわたって、なぜジャポニカ学習帳は支持され続けているのか。(2015/10/14)

水曜インタビュー劇場(JAL公演):
破たん前と破たん後で何が違うのか JALの金銭感覚
2010年1月、JALが破たんした。訪日外国人客の増加などの影響を受け、直近の決算は絶好調だが、破たん前、社内はどのような状況だったのか。当時の状況を詳しく知る、同社・人財本部の野村直史部長に話を聞いた。(2015/10/7)

水曜インタビュー劇場:(JAL公演):
“ザ・縦割り”だったJALが、変貌できた理由
JALの業績が好調だ。景気が回復してきたり、訪日外国人が増えたり、原油が安くなったり、さまざまな外部要因があるが、記者は内部に注目した。破たん前の企業文化は縦割りだったのに、破たん後はかなり変化してきている。その理由は……。(2015/9/30)

水曜インタビュー劇場(LGBT公演):
「LGBTの問題」はたくさんあるのに、なぜ対応が進まないのか
LGBTを取り巻く環境をみると、さまざまな問題がある。課題を解決しなければいけないのに、なぜ取り組みがなかなか進まないのか。LGBT問題に詳しいNPO法人「虹色ダイバーシティ」の村木真紀さんに話を聞いた。(2015/9/23)

水曜インタビュー劇場(LGBT公演):
「どんな人がタイプ?」といった“恋バナ”ができなくなる(かも) 職場のLGBT問題
「彼氏いるの? どんな男性がタイプ?」――。日常的に交わされているこうした会話が、数年後NGになるかもしれない。その理由は……。(2015/9/16)

水曜インタビュー劇場(G-SHOCK公演):
この機能って必要? そう感じても「G-SHOCK」が欲しくなる理由
カシオ計算機のG-SHOCKが売れている。パンフレットをみると、さまざまな機能が搭載されているが、スーツを着ているサラリーマンには「これ必要なの?」と思えるようなものばかり。それでも、売れている理由を探っていくと……。(2015/9/9)

水曜インタビュー劇場(カーシェア公演):
カーシェア事業で、なぜ「パーク24」だけが黒字化できたのか
カーシェアリング事業の早期黒字化は難しいといわれている中で、パーク24が事業を始めてわずか5年で黒字を達成した。その理由を探っていくと、興味深い話が……。(2015/9/2)

水曜インタビュー劇場(マネー公演):
“大きな三角形”をつくった人が、圧倒的に稼ぎまくるワケ
「稼ぐ力」というフレーズが注目されているが、どうすればいいのか分からない人も多いのでは。そこで、リクルートでフェローとして活躍し、その後中学校の校長を務めた藤原和博さんに“稼ぐ方法”について聞いてきた。(2015/8/26)

水曜インタビュー劇場(マネー公演):
なぜ、あの人は「稼ぐ力」があるのか? 1万分の1の存在になる方法
「稼ぐ力」というフレーズが注目されているが、どうすればいいのかなあと感じている人も多いのでは。リクルートでフェローとして活躍し、その後中学校の校長を務めた藤原和博さんに“稼ぐ方法”について聞いてきた。(2015/8/19)

水曜インタビュー劇場(葬儀公演):
天国で喜んでいる? お葬式の「早割」チケットが売れている
事前に500円を支払えば、葬儀代が安くなる「早割」というサービスがある。「生前に死を考えるなんて不謹慎」と思われるかもしれないが、ひそかに売れているのだ。同サービスを扱うユニクエスト・オンラインにその理由を聞いたところ……。(2015/8/12)

水曜インタビュー劇場(葬儀公演):
「追加料金」を発生しないようにしたら、葬儀社が大きくなった
「葬儀費用ってよく分からない。騙されているのでは」と不安を感じたことがある人もいるのでは。不明瞭な会計を止めて、追加料金一切不要のプランを打ち出すことで、業績を伸ばしてきた会社がある。大阪府に本社を置く「ユニクエスト・オンライン」だ。(2015/8/5)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
地方の観光地を衰退させたのは誰か
海はキレい、山はキレい、でも街が汚い……。有名な観光地でも、老朽化した建物が並んでいるところが日本中にある。政府は「観光立国」を目指すというが、寂れた風景を見るために外国人観光客はやって来るのだろうか。(2015/7/29)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
訪日客が増えれば「儲かる」のに、なぜ日本はチカラを入れてこなかったのか
数年前、政府は「観光立国」を掲げ、ようやく重い腰を上げた。外国人観光客が増えれば「儲かる」のに、なぜ日本はチカラを入れてこなかったのか。その理由について、『新・観光立国論』の著者に話を聞いた。(2015/7/22)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
日本人のここがズレている! このままでは「観光立国」になれません
「訪日客が1300万人を突破」といったニュースを目にすると、「日本は観光立国になったなあ」と思われる人もいるだろうが、本当にそうなのか。文化財を修繕する小西美術工藝社のアトキンソン社長は「日本は『観光後進国』だ」と指摘する。その意味とは……。(2015/7/15)

水曜インタビュー劇場(トースター公演):
なぜ小さな会社が、“かつてないトースター”をつくることができたのか
バルミューダがこれまでになかったトースターを開発した。最大の特徴は、表面はさっくり焼けて香ばしく、内部は水分をしっかりと閉じ込めてふわふわ。そんな食感を楽しむことができるトースターを、なぜ従業員50人の会社がつくれたのか。(2015/7/8)

水曜インタビュー劇場(トースター公演):
ヒットの香りがプンプン漂う「ザ・トースター」は、どのようにして完成したのか
バルミューダの新商品「ザ・トースター」が注目されている。食パンなどが“しっとり感”を保ったまま、焦げる手前の焼き加減で仕上がるので、試食会に多くの人が殺到しているのだ。ヒットの予感が漂うこの商品は、どのようにして完成したのか。同社の寺尾社長に話を聞いた。(2015/7/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。