ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PTS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PTS」に関する情報が集まったページです。

新たなNUCの道:
まさかのXeon搭載NUC「Intel NUC 9 Pro」はGPUを選べる頼れるヤツだった
Intelが、超小型PC「NUC」(Next Unit of Computing)の次なる道を提示したGhost Canyonの開発コード名で知られる「Intel NUC 9 Pro Kit」を発表したのはCES 2020だった。今回はその評価機をチェックした。(2020/6/18)

バッファロー、「シン・エヴァ」コラボデザインのポータブルHDDなど3製品を発表
バッファローは、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」コラボレーションデザインを採用した外付けポータブルHDDなど計3製品を発表した。(2020/5/13)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第11回):
動体検知で撮影した画像をLINEに自動送信する
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。ラズパイに接続したカメラで動体検知したときに、撮影した画像をLINEに送る方法を紹介します。(2019/12/27)

楽天証券、SBIも投信買付無料化 信用、現物は部分的に無料化
証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。ネット証券トップ2社も、auカブコム証券やマネックス証券などの動きによって、無料化を早めた。(2019/12/4)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
証券会社が取引所のシェアを奪う? 実は超競争業界の「証券取引所」
日本の株式取引では、日本取引所グループ傘下の東証一強といっても差し支えない。しかし決して安定しているとはいえない。それは、証券会社との競争と取引所間の競争が激化しているためだ。PTS、そしてダークプールのシェアはすでに1割にも達し、さらに海外ではデリバティブの得意な取引所が勢力を強めている。(2019/11/15)

LINEで株を売買できる投資サービス「LINE証券」スタート 野村HDと提携
LINE証券が、LINEから直接利用できる証券サービス「LINE証券」を提供開始すると発表。Android版LINE上で先行公開する。投資を身近に感じてもらうことで、若者の資産形成を促す狙い。(2019/8/20)

「LINE証券」スタート LINE上から数百円〜で取引可能なスマホ向け新投資サービス
未経験者・初心者向けに設計されたスマホ投資サービス。(2019/8/20)

クリエイター向けPCの新たなスタンダード!?:
ASUSの2画面4KノートPC「ZenBook Pro Duo」に感じた大きな可能性
ASUSTeKがCOMPUTEX TAIPEI 2019で発表した「ZenBook Pro Duo」(UX581)が、いよいよ日本でもリリースされる。キーボードの奥に4K表示のメインディスプレイと同じ幅、同じ横解像度のパネルを配置した本格的デュアルディスプレイノートは、どのような使い方を可能にしてくれるのだろうか。(2019/8/20)

SBI証券、売買システムでトラブル 残高表示に不具合、取引制限も
SBI証券が、夜間PTSで12日に国内株式を約定したユーザーの預かりや資金額が正しく表示されない障害が発生していると発表した。(2019/7/17)

観光地としての日本:
いまなぜ増える海外客船の日本発着クルーズ
2017年から急激に数を増やしている日本人のクルーズ利用者数。その大きな要因となっているのが海外船会社による日本発着クルーズの増加だ。日本クルーズ市場になぜ注力するのか。キュナード・ラインとコスタクルーズ、そしてクルーズプラネットに聞く。(2019/7/12)

マネックス証券がダークプール活用 SOR注文で有利な価格に
マネックス証券がダークプールを使うSOR注文サービスを開始した。複数の取引所の中から最も有利な条件で注文を出す。東証で取引した場合よりも有利になった場合、改善効果を約定画面で確認できる。ネット証券を中心にダークプールの利用が進みつつある。(2019/6/18)

OSS脆弱性ウォッチ(14):
QEMU脆弱性を利用したVMエスケープ攻撃の検証:ヒープベースのオーバーフロー脆弱性編
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、「QEMU」の脆弱性を悪用したVMエスケープ攻撃に関する事例のうち、ヒープベースのオーバーフロー脆弱性(CVE-2015-7504)を紹介する。(2019/6/10)

よくわかる「標準時間」のはなし(10):
ストップウォッチがいらない「PTS法」は標準時間による作業改善の原点
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第10回は、標準時間の測定結果が主観によって左右されず、ストップウォッチもいらない「既定時間標準法(PTS法)」について説明する。(2019/5/28)

株式取引、手数料無料がトレンド:
ダークプールを活用 STREAMが株取引手数料ゼロを実現できる理由
ネット証券の登場から約20年がたち、スマホファーストを打ち出す証券会社が続々登場。スマホをメインとするSTREAMは、株式売買および信用取引の手数料無料をうたう。従来のネット証券と、新しいスマホ中心の証券会社はどこが違うのか?(2019/4/23)

Linux基本コマンドTips(289):
【 clear 】コマンド――端末をクリアする
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、端末をクリアする「clear」コマンドです。(2019/3/14)

最大2000mの長距離測定を実現した地上型3Dレーザースキャナーを発売へ、TIアサヒ
TIアサヒは、災害調査やインフラメンテナンスに最適化した地上型3Dレーザースキャナー「PENTAX S-3200V/S-3075V」を発売。S-3200Vの最大測定範囲は2000mと、地表面からでも1回のスキャンで広範囲にわたる計測を実現した。その精度にも優れ、1回のレーザー照射で4つのリターン信号を記録でき、植生と地表面のデータも分離可能とした。同社では今回を皮切りに、新製品を連続でリリースしていく。(2019/2/18)

よくわかる「標準時間」のはなし(8):
作業時間の実測値を標準時間に変える「レイティング」とは
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第8回は、ストップウォッチ法などで実測した作業時間を標準時間として扱うのに必要な「レイティング」について説明する。(2018/12/4)

よくわかる「標準時間」のはなし(6):
標準時間の設定手順
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第6回は、少し複雑な標準時間の設定を理解するのに役立つ“標準時間の設定手順”について説明する。(2018/6/12)

SBI、仮想通貨取引サービス開始 「万全の体制で」
SBIホールディングスの子会社SBIバーチャル・カレンシーズが、仮想通貨の取引サービス「VCTRADE」を始めた。(2018/6/4)

PR:NASとして使うだけではもったいない!? ASUSTOR NASを導入したら入れるべきアプリ10選
ブログ、マイクラサーバ、ゲームエミュ……NASでこんなことまでできるの?(2018/5/18)

VRニュース:
VRは見るだけでは終わらない、触覚デバイスや視線追尾で生まれる価値
NECはVRソリューションへの取り組みを紹介するとともに、新たな技術提案を行った。(2018/3/22)

企業のトレーニング向けに、VRで視線追跡や触覚を再現――NECがVRソリューションを開発
NECは、「視線追跡」や「触覚フィードバック」といった次世代ヒューマンインタラクション技術とVR技術を組み合わせた法人向けソリューションを2種類開発した。買い物客の視線を可視化した店舗棚割りシミュレーションと、「感触」の共有による臨場感の高いトレーニングを可能にする。(2018/3/22)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(6):
続・バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報を読み解く
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報の読み解き方」について、前回に引き続き解説します。(2017/11/16)

Linux基本コマンドTips(131):
【 pgrep 】コマンド――プロセス名や属性からプロセスIDを探す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、プロセス名やユーザー名などの属性からプロセスIDを探す「pgrep」コマンドです。(2017/7/28)

OSS脆弱性ウォッチ(1):
「sudoコマンドの脆弱性はSELinuxが有効になっていたため」が誤解であるワケ
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を定期的に取り上げ、解説していく。2017年5月30日、Linuxのsudoコマンドに全特権取得の脆弱性が報告された。連載初回は、こちらの詳しい説明と情報をまとめる。(2017/6/29)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(13):
Linuxの「プロセス」って何だろう?
コンピュータでは「プロセス」と呼ばれる多くの処理が行われています。Linuxの「システムモニター」やWindowsの「タスクマネージャー」、macOSの「アクティビティモニタ」では、さまざまなプロセスが動作している様子を確認できます。今回は「ps」コマンドを通じて、Linuxのプロセスの様子を見ていきましょう。(2017/6/23)

データベースサポート最前線の現場から(10):
【PostgreSQL】本番稼働中のPostgreSQLシステムで押さえておくべき「3つ」の監視項目
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は、監視ツールを活用してPostgreSQLを監視する際に最低限押さえておくべき「監視項目」を紹介します。(2017/4/5)

電力供給サービス:
再エネ投資を活性化、楽天が“環境価値”の取引市場を創設
楽天とグローバルエンジニアリングは「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォームを創設すると発表した。環境価値の取り引きの活性化を促し、再生可能エネルギーや省エネ分野への投資拡大への貢献を目指す。(2017/3/31)

2016 TRON Symposium:
動き始めた「IoT-Engine」、「Smart Analog」との連携も
「2016 TRON Symposium−TRONSHOW−」の展示会場に特設された「IoT-Engineパビリオン」では、実際に動作する「IoT-Engine」を使ったデモンストレーションが披露された。(2016/12/16)

1チップセキュアコントローラーも:
セキュリティIC事業、Maximが新たな市場開拓へ
Maxim Integrated Products(マキシム・インテグレーテッド・プロダクツ)は、エンベデッドセキュリティ製品について、新たな応用市場の開拓に注力する。特に日本市場ではFAシステムや車載機器向けの事業を強化していく。(2016/12/9)

Windows→Linuxクロスレファレンス:
Bashのジョブコントロール機能
現在実行中のプログラムをいったん停止して裏で続行させたり、停止していたプログラムを今度は前面で使ったりする。Bashのジョブコントロール機能を使えば簡単だ。(2016/11/2)

Core M搭載:
ビジネスの現場でも“狭額縁”で差をつける! デルの新「Latitude 13 7000」を検証する
ディスプレイのベゼルがほとんどない“狭額縁”デザインが高い評価を受けているデルのNew XPSシリーズだが、そのコンセプトを受け継いだマシンがビジネス向けモデルの「Latitude」にも追加された。(2016/6/3)

質感高し:
本格ゲーミングから普段使いまで お手頃価格が魅力の「ideacentre Y700」
レノボ・ジャパンの「ideacentre Y700」は、Skylake世代のCore iプロセッサやSSD+SSHD、ミドルレンジのGeForce GTX960を備えるゲーミングPCだ。コストパフォーマンスにも優れており、無線LANやBluetoothも搭載するなど、オールラウンダーなPCといえる。(2016/4/15)

LTE対応SIMスロット搭載:
一度手にすればきっと驚く――約798gで世界最軽量2in1の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に迫る
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズは、とことん軽量を追究したノートPCだ。2016年春モデルとしてラインアップに加わった11.6型モデルの実力をチェックしてみよう。(2016/4/8)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第19回 Dockerで植物が育つ様子を自動録画してみよう――その3
Dockerコンテナを使って動画の撮影や活用のための環境を構築する方法をご紹介します。今回はこれまでに準備したDocker環境で実際に撮影、活用するまでの流れを取り上げます。(2016/3/30)

バッテリー駆動9時間以上の実力派:
11.6型モバイルノートPCが“3万円台”から買える! 優しいデザインと質感が魅力の「New Inspiron 11 3000」に迫る
デルの11.6型モバイルノートPC「New Inspiron 11 3000」は、9時間以上のバッテリー駆動やeMMC/SSDのストレージの採用など、低価格でありながら快適に使えるバランスの取れたマシンに仕上がっており、ライトユーザーやサブノートPCを探しているユーザーにオススメだ。(2016/3/15)

12型で世界最薄最軽量:
紙のノート代替を提案する2in1「dynaPad N72」のパフォーマンスを検証する
東芝から2in1の新製品「dynaPad N72」が登場する。高性能なデジタイザペンやオリジナルアプリによって「創造的思考のためのインテリジェント・ツール」をうたう同製品だが、肝心のパフォーマンスをチェックした。(2015/12/10)

コストパフォーマンスの優等生:
AMDの新世代クアッドコアAPUとM.2規格のSSDを搭載しながら8万円切りを実現する「HP EliteBook 725 G3」
AMDの新APU「A8 Pro-8600B」を搭載することで、さらにパワーアップした日本HPのビジネスノート「HP EliteBook 725 G3」を紹介しよう。(2015/11/27)

動画編集も大量のRAW現像も:
HPの最上位級ゲーミングPC「ENVY Phoenix 850」のゲームだけじゃない性能をチェックする(後編)
ゲームユーザーだけでなくクリエイターにも注目してもらいたいHPのタワー型最上位モデル。今回は、“Haswell-E”世代CPUと内蔵水冷ユニットの実力に迫る。(2015/8/5)

デザインよし、使い勝手よし、性能はどう?:
これが13.3型“世界最小”モバイルノートの実力だ――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(後編)
アルミとカーボンをぜいたくに使い、狭額縁設計で13.3型ノート“世界最小”ボディを実現した「XPS 13 Graphic Pro」。今回はさまざまなテストを実施し、その実力に迫る。(2015/7/15)

GTX 960でFF14がサクサク:
イシュガルドはこれで遊びたい! 上質なFF14推奨モデル「G-Master Spear Z97-FFXIV2」を試す
「G-Master Spear Z97-FFXIV2」は、単なるFF14推奨認定PCにとどまらない“サイコムらしいこだわり”が魅力。これはいいものだー。(2015/7/10)

この価格でこの処理能力とは:
Core i5にBlu-rayで7万9800円──「HP Pavilion 23」の“費用対効果”に驚く(後編)
日本HPの2015年夏モデルで登場した23型ディスプレイ一体型PCを検証する後編では、処理能力と“騒音”をじっくりとチェックする。(2015/7/8)

13.3型ボディにGTX 960を搭載:
“FF14がぬるぬる動く”モバイルゲーミングPC「NEXTGEAR-NOTE i3500」で遊ぶ
13.3型ゲーミングノートの傑作機がGeForce GTX 960Mを採用してモデルチェンジ。ノートで「蒼天のイシュガルド」はどこまで遊べる?(2015/7/8)

13インチモデルと比較:
新しい15インチMacBook Proはどのくらい速い? Windows編
後編ではWindows 8.1環境下で各種ベンチマークテストを実行し、新型15インチMacBook Pro上位モデルの性能を見ていく。(2015/7/1)

薄型軽量金属ボディで気になる表面温度は?:
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(後編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な使い心地と処理能力に迫る。(2015/6/22)

「de:code 2015」展示ブースまとめ:
PR:ビジネスに即したクラウド、セキュリティソリューション、未来を感じるアプリ19選
日本マイクロソフトが2015年5月26、27日に開催したエンジニア向けカンファレンス「de:code」では、「モバイルファースト・クラウドファースト」がキーワードに。併設の展示会場では、Microsoft Azureやマルチプラットフォーム対応のアプリなど、多彩なソリューションが紹介された。(2015/6/15)

実売価格2万円を切って買いやすい:
2基のUSBでいろいろ使えるスティック型PC「Diginnos Stick DG-STK1」を試す
スティック型PCにサードウェーブデジノスも参戦。ファンレスながら金属ボディで放熱効率も高いというその処理性能を検証する。(2015/5/29)

実売3万円台から:
ポップでキュートな格安モバイルノート――「LuvBook C」を試す
マウスコンピューターの11.6型ノートPC「LuvBook C」シリーズは、税別3万4800円から購入できる手軽さがウリ。ピンクのカラバリが映える!(2015/5/21)

Core Mの実力をチェック:
「新しいMacBook」のWindowsマシンとしての性能をPro/Airと比較した
Boot Camp環境下で新しいMacBookの性能をチェックした。最新MacBook Pro/Airとの比較も。(2015/5/19)

3つのデバイスを1台に集約:
LTE SIMフリー×Core Mで攻めるWindowsタブレット――「Venue 11 Pro 7000」徹底検証
Core M搭載のファンレスボディ、しかもLTE SIMロックフリーに対応。「実はこんなWindowsタブレットが欲しかった」という人も少なくないのでは?(2015/5/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。