ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MediaPad」最新記事一覧

本田翼さんをHUAWEI P10 Plusで撮影した「翼と本と珈琲と」写真展が開催 
ファーウェイは、9月21日から渋谷MODI 1Fイベントスペースで「ファーウェイ×non-no『翼と本と珈琲と』写真展」を開催。本田翼さんをHUAWEI P10 Plusで撮影した写真をはじめ、HUAWEIの新製品を気軽に試せるスペースも用意している。(2017/9/20)

Huawei、「MediaPad M3 Lite」「MediaPad T3」を発売 1〜2万円台の8型タブレット
Huaweiは、8月25日に8型のAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite」「HUAWEI MediaPad T3」を発売する。それぞれLTE対応モデルとWi-Fiモデルで展開し、価格は1万6980円〜2万9800円(税別)。(2017/8/22)

ファーウェイ、8型WUXGA液晶を備えたエンタメ向けタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite」
華為技術日本は、エンターテインメント向けタブレット“M”シリーズの最新モデル「HUAWEI MediaPad M3 Lite」を発表した。(2017/8/22)

ゼロから分かる格安SIM:
PR:格安SIM初心者も安心! 「エキサイトモバイル」に乗り換えるべき理由
MVNOが提供する格安SIMに乗り換えたいけど、まだ不安に感じている人は多い。でも、「エキサイトモバイル」なら心配無用。オンラインでサクッと申し込めるし、使った分だけ支払えるお得なプランもある。セットで購入できる端末も充実している。(2017/7/31)

SNSやゲームだけなら何でもいいけれど
購入前に知りたいタブレットの最適画面サイズ、各サイズのお薦め製品は
タブレットを選ぶときには、適切な画面サイズを決めることが重要になる。「Fire」や「iPad mini」「Surface Pro」など各サイズの代表的なデバイスを紹介し、画面サイズによる使用感の違いを解説しよう。(2017/7/30)

愛用スマホとは違うOSを選ぶのもあり
iPadの「iOS」か、Surfaceの「Windows 10」か OSで選ぶ最高のタブレット対決
タブレット端末を選ぶには、まずOSを選ばなければならない。iOS、Windows、Androidといった3つのOSそれぞれの長所と短所を比べてみよう。(2017/7/16)

製品分解で探るアジアの新トレンド(18):
「無名」「ローエンド」だからと見下すな、中国チップセットベンダーの実力
スマートフォン向けのチップセットで、日米欧メーカーの背中を追いかけてきた中国メーカー。デジタルだけでなくアナログ設計においても、その実力は確かだ。“追う者”の成長は速い。無名だから、ローエンドだからと高をくくっていると、あっという間に追い越され、引き離させてしまうだろう。(2017/7/7)

ファーウェイ、1万円台のエントリー7型タブレット「MediaPad T3 7」
華為技術日本は、エントリークラスモデルとなる7型Androidタブレット端末「HUAWEI MediaPad T3 7」を発表した。(2017/6/29)

PR:ここまで芸術的に人物を撮れる! HUAWEI P10/P10 Plusで一歩進んだカメラライフを
ライカ品質のカメラが好評だったファーウェイの「HUAWEI P9」の後継モデルが登場。6月6日に発表された「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」は、人物をよりキレイに撮影できるようになった。その実力を徹底チェックする。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/6/12)

PR:エンタメ向けタブレットの決定版「MediaPad M3 Lite 10」 大画面にクアッドスピーカー内蔵の魅力
エンターテインメントからビジネスまで、デジタルライフを豊かに彩るラグジュアリーな大画面タブレット。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/6/9)

ファーウェイ、10型タブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」先行予約開始
ファーウェイは、6月9日に10型タブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」を発売。Wi-FiモデルとLTEモデルを用意し、5月30日から先行予約を開始した。(2017/5/30)

ファーウェイ、9.6型WXGA液晶を備えたエントリーAndroidタブレット「MediaPad T3 10」
華為技術日本は、9.6型ワイド液晶を備えたAndroidタブレット端末「MediaPad T3 10」を発表した。(2017/5/30)

8.4型WQXGAディスプレイ+指紋センサー搭載 「dtab Compact d-01J」
ドコモがタブレット「dtab Compact d-01J」を5月下旬に発売する。8.4型WQXGA(1600×2560ピクセル)液晶や指紋センサーを搭載。Microsoft Officeをプリインストールしている。(2017/5/24)

ドコモが2017年夏モデルを発表 「Galaxy S8/S8+」「Xperia XZ Premium」「AQUOS R」など8機種が新登場【画像追加】
ドコモが2017年夏商戦向けの新モデルを発表した。スマートフォン7機種、タブレット1機種が新たに登場するほか、既存の1機種に新色を追加する。(2017/5/24)

週末アキバPickUp!:
GeForce GTX 1080 Tiカードが税込み9万円切り!
3月に登場したGTX 1080 Tiカード。税込み10万円を切るモデルもいくつか登場しているが、今週末ならFounders Editionが税込み8万9910円で買えるかもしれない。(2017/4/15)

ソフトバンクとY!mobile、10型タブレット「MediaPad T2 Pro」を3月10日発売 一括価格は4万円台半ば
ソフトバンクの「MediaPad T2 Pro」とY!mobileの「MediaPad T2 Pro 606HW」の発売日が3月10日に決まった。両ブランドともに、販売価格は4万円台半ばを想定している。(2017/3/8)

「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova lite」を安く買えるのは?――MVNOの価格まとめ
Huaweiの新機種「HUAWEI nova」と「HUAWEI nova lite」は、多くのMVNOが販売する。各社の価格をまとめた。最も安く買えるのは?(2017/2/21)

ファーウェイ、ケイ・オプティコム向け7型タブレット「MediaPad T1K 7.0 LTE」発売
ファーウェイは、2月1日にケイ・オプティコム向けの7型タブレット「MediaPad T1K 7.0 LTE」を「eoスマートリンク」で発売。軽くて持ち運びしやすいコンパクト設計で、mineoにも対応している。(2017/1/26)

「気持ちのインフラ」を「新しいフツー」に――50万契約を突破した「mineo」の取り組み
ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」の契約数が、1月13日付けで50万件を突破した。2017年度末(2018年3月末)までに100万件突破を目指すmineoは、独自の「気持ちのインフラ」を武器に、厳しさを増すMVNO市場で戦っていく。(2017/1/20)

mineoでZenFone 3/3 Laserなどを発売、訪問サポートも提供
ケイ・オプティコムが、mineo向けの新機種を2月1日に発売する。3月からは「訪問サポート」も提供。新規契約者と既存ユーザーに向けたキャンペーンも実施する。(2017/1/19)

Y!mobile、大画面タブレット「MediaPad T2 Pro 606HW」を3月上旬に発売
Y!mobileが、ファーウェイ製Androidタブレット「MediaPad T2 Pro 606HW」を3月上旬以降に発売する。迫力のある映像を楽しめる約10型の大画面を搭載し、独自の音響技術も備えている。(2017/1/18)

ファーウェイ、8コアCPU搭載の10.1型Androidタブレット「MediaPad T2 Pro 606HW」
華為技術日本は、10.1型フルHD液晶を内蔵したAndroidタブレット端末「MediaPad T2 Pro 606HW」の発表を行った。(2017/1/18)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「ベゼルレス」「ライカカメラ」「最強セルフィー」――2016年の中国スマホを振り返る
2016年も各社からさまざまなスマートフォンが登場した中国市場。各メーカーの最新モデルはどれが最強なのか。各社の動向を探ってみた。(2016/12/23)

石野純也のMobile Eye(12月5日〜16日):
日本のスマホシェア4位に――2016年にHuaweiが躍進した理由
2014年にSIMフリー市場への本格参入を果たし、徐々に存在感を高めてきたHuawei。スマートフォンメーカー全体の中で4位につけるなど、シェアも急上昇している。Huaweiはなぜここまで躍進できたのだろうか?(2016/12/17)

「90日以内の液晶割れは無料修理」──ファーウェイ、新製品とサポートで「日本市場で生き残る」
ファーウェイ・ジャパンが、スマートフォン・タブレット・ウェアラブルデバイスの新製品3つを発表。(2016/12/13)

ファーウェイ、エンタメ重視のタブレット「MediaPad M3」を12月16日発売 3万1980円から
ファーウェイのエンターテインメント機能を重視したタブレット「MediaPad M」シリーズの最新モデルが登場する。Wi-Fi専用モデル1機種と、LTE通信対応モデル2機種の計3機種展開で、参考販売価格は3万1980円(税別)からとなる。(2016/12/13)

ファーウェイ、高品位スピーカーを内蔵した8型Androidタブレット「MediaPad M3」
華為技術日本は、エンターテイメント性を重視した8型Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M3」シリーズを発表した。(2016/12/13)

PR:データ容量が気になる人も、家族でまとめて使いたい人も「エキサイトモバイル」におまかせ!
エキサイトモバイルは、使った分だけデータ通信の料金が選択される「最適料金プラン」と、SIMカードを3枚持てるコースを用意しているのが大きな特徴。具体的な利用シーンを見ながら、どんな使い方がお得なのかを紹介しよう。(2016/11/28)

ファーウェイ、「MediaPad T2 Pro」に8型モデルを追加 LTEモデル(通話対応)とWi-Fiモデルを用意
ファーウェイの「HUAWEI MediaPad T2 Pro」に、8型モデルが追加される。すでに発売済みの7型モデル、10型モデルと合わせて3つの画面サイズから選べるようになる。(2016/11/25)

ファーウェイ、8型WUXGAを備えたAndroidタブレット「MediaPad T2 8 Pro」
華為技術日本は、同社製タブレット端末「HUAWEI MediaPad T2 Pro」シリーズのラインアップに8型WUXGA液晶搭載モデルを追加した。(2016/11/25)

エキサイトモバイルがSIMフリー端末のセット販売を開始 端末補償サービスも提供
エキサイトのMVNOサービス「エキサイトモバイル」が、端末とのセット販売を開始。購入した端末に対する端末補償サービスも合わせて提供する。(2016/11/24)

ファーウェイ、SIMフリータブレット「MediaPad M2 8.0」Android 6.0へアップデート
ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリータブレット「MediaPad M2 8.0」(Wi-Fiモデル)を11月7日から順次Android 6.0へアップデートする。(2016/11/4)

大容量プラン+データシェアで差別化を――“脱格安スマホ”を目指す楽天モバイル
サービス開始から2周年を迎えた楽天モバイルが、大容量プラン、データシェア、新機種を発表。楽天の平井氏は、他社との差別化を図り、“脱格安スマホ”を目指すと宣言した。(2016/10/28)

楽天モバイルの冬春モデル――「AQUOS SH-M04」「AQUOSケータイ SH-N01」「MediaPad T1 7.0 LTE」発表
楽天が、楽天モバイル向けの冬春モデルを発表。スマートフォンは「AQUOS SH-M01」、ケータイが「AQUOSケータイ SH-N01」、タブレットが「MediaPad T1 7.0 LTE」。端末代+通信料+5分かけ放題をセットにした「コミコミプラン」の対象機種も拡大する。(2016/10/27)

ファーウェイ、1万円台のLTE対応7型Androidタブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」
華為技術日本は、7型Androidタブレット新モデル「MediaPad T1 7.0 LTE」の発表を行った。(2016/10/14)

ソフトバンク、2016−2017年冬春モデルを発表 「Xperia XZ」やスター・ウォーズコラボモデルなど
ソフトバンクが、2016冬−2017春の商戦向けモデルを発表。スマートフォン、フィーチャーフォン、タブレットをラインアップ。10月下旬以降、順次発売する。(2016/10/12)

ソフトバンク、8型「Lenovo TAB3」と10型「MediaPad T2 Pro」を投入
ソフトバンクがタブレット2機種を発表。ラインアップは片手で持てるサイズを目指した8型「Lenovo TAB3」と、ステレオスピーカーを搭載した10型の「MediaPad T2 Pro」。(2016/10/12)

IFA 2016:
写真で解説する Huaweiの新製品「nova」「nova plus」「MediaPad M3」
HuaweiがIFA 2016で発表したスマートフォン「nova」「nova plus」とタブレット「MediaPad M3」の見どころは? 販売中の「HUAWEI P9」新色(2色)と合わせて、実機を写真でレポートする。(2016/9/5)

IFA 2016:
Huawei、新スマホ「nova」「nova plus」発表 タブレット「MediaPad M3」も登場
Huaweiが、ドイツで開催されているIFA 2016で、ミッドレンジのAndroidスマートフォン「nova」と「nova plus」を発表。8.4型タブレット「MediaPad M3」や「HUAWEI P9」の新色も登場した。(2016/9/1)

PR:コスパの高さが魅力――手軽に導入できるタブレット「MediaPad T2 7 Pro/T2 10.0 Pro」
ファーウェイから、2万円台半ばのコストパフォーマンスに優れたタブレットが登場した。通話も利用できるLTE対応の「MediaPad T2 7.0 Pro」と、エンタメ機能を堪能できるWi-Fiタブレット「MediaPad T2 10.0 Pro」の魅力を紹介しよう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/7/8)

ファーウェイ、「MediaPad T2 7.0 Pro/10.0 Pro」を6〜7月に発売――価格は2万4980円
ファーウェイ・ジャパンが、ミッドレンジのタブレットを発表。ラインアップは「MediaPad T2 7.0 Pro」と「MediaPad T2 10.0 Pro」。価格は2モデルとも2万4980円(税別)で、コストパフォーマンスの高さを重視した。(2016/6/16)

ケイ・オプティコム、Huaweiの「MediaPad T1K 10.0 LTE」を4月1日に発売
ファーウェイ・ジャパンは、ケイ・オプティコムへ薄型タブレット「MediaPad T1K 10.0 LTE」を提供。4月1日に「eoスマートリンク」で発売する。(2016/3/29)

「MediaPad M2 8.0」5000円引きのチャンスも――ファーウェイが表参道でタッチ&トライイベントを開催
ファーウェイ・ジャパンが、「HUAWEI GR5」と「MediaPad M2 8.0」を試せるベントを表参道の「Antenna<>WIRED CAFE」にて開催している。自撮りをするとカフェの100円割引クーポンが手に入るほか、M2が5000円引きになるチャンスも。(2016/3/24)

Mobile World Congress 2016:
HuaweiがPC市場に参入する狙い/SIMフリー市場で生き残るための秘策
MWCではWindows 10を搭載したタブレット「HUAWEI MateBook」を発表したHuawei。同社がPC市場に参入する狙いは? 日本のSIMフリー市場で生き残るための策とは? ファーウェイ・ジャパンのデバイス事業トップの呉波氏に聞いた。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
注目の「MateBook」をメインに、最新モデルを一挙展示したHuawei
コンシューマー向けブースでは発表直後のWindow 10搭載の「HUAWEI MateBook」をメインに、スマートフォンやタブレット、ウェアラブルを多数展示していた。(2016/2/26)

都内のローソン18店舗で「楽天モバイル コンビニ受け取り」がスタート
SIMカードや端末をローソン・ナチュラルローソンの一部店舗で受け取れる「楽天モバイル コンビニ受け取り」サービスが3月3日からスタート。(2016/2/26)

「お客さま視点」で解約金ナシ継続 格安スマホシェアNo1を目指す新生イオンモバイル
いち早く格安SIM、格安スマホを販売してきた流通大手のイオン。2016年は自らがMVNOとなり、解約金ナシなどの顧客視点、そして店舗網を生かして業界シェアNo1を目指す。(2016/2/19)

Huawei、SIMフリースマホ3機種&SIMカードセットの割賦販売を開始
Huaweiは、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI GR5」「HUAWEI Mate S」「HUAWEI P8lite」を割賦購入できる端末とSIMカードのセット販売を2月12日に開始した。(2016/2/12)

日米展開の今後は?:
スマホ1億台出荷の中Huawei 海の向こうで華開いたニッポン的物作り
2015年に1億台以上のスマホを出荷したHuawei。数から品質への戦略転換を果たし、世界的なブランドイメージの向上に努めている。躍進の原動力とはなにか? グローバルの担当者に聞いた。(2016/1/18)

CES 2016:
日米攻略が鍵を握る、Huaweiのスマートフォン事業トップが語るグローバル戦略
世界市場でシェア拡大を続けるHuaweiだが、スマホ市場はすでに飽和し、大きな成長は望めないという声もある。日米市場をどう攻略するかなど、今後の端末戦略を聞いた。(2016/1/8)

CES 2016:
“クール”なスマートフォン「Mate 8」、日本でも発売予定の「MediaPad M2」発表――Huawei
HuaweiがCES 2016でスマートフォン「Huawei Mate 8」とタブレット「MediaPad M2」、女性向けのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH Jewel/Elegant」を発表。MediaPad M2は日本でも発売予定だ。(2016/1/7)

石野純也のMobile Eye(2015年総括編):
光コラボ、格安SIMの料金競争、ミッドレンジ端末の台頭――2015年のモバイル業界を振り返る
ドッグイヤーともいわれるモバイル業界では、2015年もさまざまな動きがあった。3キャリアが固定回線とのセット割を始め、格安SIMの料金競争が激化。ハイスペック端末は例年と傾向が変わらなかったが、SIMフリーをはじめとしたミッドレンジ端末が増加した。(2015/12/31)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(編集部せう編):
2015年のARROWS→arrowsを振り返る メインにできないAndroidケータイ
段々“スマート”ではなくなっていくスマートフォン。フィーチャーフォン(ケータイ)こそ、スマートだと思っていたが、Androidケータイはそんなでもない気がする2015年。(2015/12/30)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したタブレット
今年発売された製品の中からジャンル別に注目モデルを選出するアワード企画。タブレット部門のベストチョイスは?(2015/12/29)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター村元編):
スマートフォンの用途が広がった2015年/SIMフリースマホは性能を競う時代に
スマートフォンそのものに目立った進化はなかったものの、スマートフォンと連携するデバイスが注目を集め、定額制コンテンツが続々登場。SIMロックフリーという新たな選択肢の裾野も広がった2015年。スマートフォンの用途が広がった年ともいえそうだ。(2015/12/22)

ポケットに入る本格派:
PR:オンもオフもこれ1台でOK!――「MediaPad M2 8.0」で極上のタブレットライフを送ろう
「持ち運んで使うのにちょうどいいタブレット」として評価されてきた8型タブレット。しかしファーウェイの「MediaPad M2 8.0」は音質にもこだわり、リビングなどでも楽しめる“本格派”に仕上がっているという。(提供:HUAWEI JAPAN)(2015/12/11)

ソフトバンクとY!mobile、Androidベースの「AQUOSケータイ」を12月4日発売 LINEと迷惑電話ブロック対応
ソフトバンク初のAndroidフィーチャーフォン「AQUOSケータイ」がいよいよ発売。ソフトバンクとY!mobileの2ブランドで取り扱う。(2015/11/27)

楽天ならいきなり1万5000円引きに:
ファーウェイ、フラッグシップモデル「Mate S」を国内販売 価格は7万9800円
日本では32Gバイトストレージ+3Gバイトメモリの1モデルを展開。楽天モバイルは期間限定&台数限定ながら1万5000円引きで販売する。(2015/11/26)

Huawei、「CEATEC JAPAN 2015」へ出展――日本未発売の海外最新モデル展示
Huaweiは10月7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」に出展する。日本未発売の海外最新モデルを展示するほか、5G技術に関する研究成果も紹介する。(2015/9/29)

ファーウェイ、「P8max」と「MediaPad M2 8.0」を9月25日に発売
価格は「HUAWEI P8max」が5万9980円。「MediaPad M2 8.0」が3万9800円と4万4800円。(2015/9/4)

調査リポート:
世界タブレット出荷、3四半期連続減、Huaweiが初ランクイン
2015年第2四半期の世界におけるタブレット出荷台数は、前年同期比7%減の4470万台と3期連続の減少になった。メーカー別の上位3社は不動だが、4位に中国Huaweiが初ランクインした。(2015/8/3)

SIM通:
ファーウェイ最新スマートバンドとタブレットの実力
ファーウェイから発売されたスマートバンド「TalkBand B2」と、8月上旬以降に発売予定のSIMロックフリータブレット「MediaPad M2 8.0」。おさらいと予習を兼ねてポイントを紹介します。(2015/7/31)

SIM通:
ファーウェイのSIMフリースマホ、新たに2機種登場
SIMロックフリーでオクタコアCPUを搭載しながら、価格も抑えられたモデルとして注目を集めている『HUAWEI P8lite』と『HUAWEI P8max』を紹介します。(2015/7/22)

Huawei、9980円(税別)のWi-Fiタブレット「MediaPad T1 7.0」発売
Huaweiの軽量・コンパクトなWi-Fiタブレット「MediaPad T1 7.0」が発売。価格は9980円(税別)で、公式オンラインストアのみの限定販売となっている。(2015/7/6)

自撮り機能も充実:
ファーウェイの夏モデルは“熱くならない”SIMフリースマホ しかも8コアで3万円以下の“価格性能怪獣”
ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P8lite」「HUAWEI P8max」の国内販売を発表した。価格は3万円以下からと手頃だが、8コアプロセッサと1300万画素カメラを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れるのが特徴だ。(2015/6/17)

「Talk Band B2」も:
Huawei、SIMフリー端末「HUAWEI P8lite」「HUAWEI P8max」「MediaPad M2 8.0」を日本で発売
ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリースマートフォンとタブレット、スマートバンドを6月中旬から順次発売する。(2015/6/17)

格安SIMをもっとおトクに:
MVNO各社のおトクなキャンペーン情報を総チェック!(2015年6月編)
大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。早速、チェックしてみましょう。(2015/6/13)

Huawei、デュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「honor6 Plus」を国内展開
Huaweiは、SIMフリーのグローバルスマホ「honor6 Plus」を国内展開する。直販サイト「Vモール」をオープンし、7型タブレットの「Media Pad T1 7.0」、スマホで使えるNAS「honor cube」も販売する。【画像追加】(2015/5/20)

Mobile World Congress 2015:
35秒で見る8コア搭載の7型タブレット「MediaPad X2」
Huaweiの7型タブレット「MediaPad X2」は、8コアプロセッサを搭載し、下り最大300MbpsのLTEをサポートするハイスペックモデル。その外観と操作性を35秒でチェックしよう。(2015/4/8)

イオン、小中学生向け「学研がんばるタブレット」発売
学校の授業進度に合わせて毎月配信される学習コンテンツ「学研ビクトリー」をはじめ、「まんがひみつ文庫」「学研電子図書館」「ニューワイド学習百科事典」といった学習をサポートする機能も利用可能。(2015/3/23)

「格安スマホ」から「こだわりスマホ」へ――イオンスマホが進む次のステップ
こだわりは価格だけでない――。イオンが新たに投入する3機種のスマートフォンは、ユーザーの多様なニーズに応えたモデルだ。価格と中身のバランスの取れたラインアップで攻勢をかける。(2015/3/19)

Mobile World Congress 2015:
話題沸騰の「Huawei Watch」を写真でチェック!!――新型ウェアラブルにゴールドを採用した理由を聞いてみた
Huaweiは「MWC 2015」でAndroid Wear搭載の腕時計型デバイス「Huawei Watch」ほか、2機種のウェアラブル端末を展示。いずれも中国で大人気だというゴールドカラーをラインアップする。(2015/3/4)

Huawei、8コア+下り最大300Mbpsの7型タブレット「MediaPad X2」を発表
Huaweiが、7型(1200×1920ピクセル)のIPS液晶を搭載したハイスペックなタブレット「MediaPad X2」を発表した。LTEにも対応しており、デュアルSIMを利用できる。【3/3 0:40画像追加】(2015/3/2)

UQ mobileの取り扱いも開始:
九州通信ネットワークが格安SIMを提供――データSIMは月2Gバイトで900円から
九州通信ネットワーク(QTNet)がMVNO事業に参入し、ドコモのネットワークを利用した格安SIMサービスを提供する。データSIMと音声SIMの両方を扱う。(2015/2/13)

ファーウェイ、法人向けの8型Androidタブレット「MediaPad T1 8.0」
ファーウェイ・ジャパンは、軽量薄型デザインの法人向けAndroidタブレット端末「MediaPad T1 8.0」を発表した。(2015/1/22)

2015 CES:
Huawei、ツインカメラ搭載スマホ「Honor 6 Plus」や低価格モデル「Honor 4X」など幅広いラインアップを展示
Huaweiブースには、中国やアジア向けのスマートフォン「Honor」シリーズの最新モデルなどが展示されていた。(2015/1/9)

Mobile Weekly Top10 特別編:
2014年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
iPhone 6/6 Plus登場に格安スマホや格安SIMの普及、そしてLINEの乗っ取り問題など、さまざまなニュースが話題になった2014年。ITmedia Mobileで最も読まれた記事とは?(2015/1/6)

ソフトバンク、Androidタブレット「MediaPad 10 Link+ 402HW」の法人向けを12月5日に発売
ソフトバンクモバイル初のAndroidタブレット「MediaPad 10 Link+ 402HW」が、12月5日から法人向けに販売開始となる。(2014/12/1)

寺尾COOに聞く――ワイモバイルがSIMを単体販売する狙い、通信の世界で目指す世界
ワイモバイルは、大手3キャリアに並ぶMNO(キャリア)だが、ソフトバンクのMVNOとしてSIMカード単体の販売も行っている。そこには、ワイモバイルが12月4日から提供する「シェアプラン」と大きなつながりがあった。詳細を寺尾洋幸氏に聞いた。(2014/11/28)

ワイモバイルのAndroidタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」を2万4000円で発売
Androidタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」の端末価格が2万4000円(税別)と発表。「スマホプランL」とのシェアプラン割を利用すると、端末代の支払いが月々1000円(税別)になる。(2014/11/27)

石野純也のMobile Eye(11月10日〜21日):
端末と通信を分離するワイモバイル、統合するフリービット――その理由は?
この2週間では、ワイモバイルとフリービットが新サービスなどを発表して話題を集めた。ワイモバイルはNexus 6やシェアプランを、フリービットは新プランやフランチャイズ制の導入を発表した。2社の戦略から見えてきたキャリア事情の今とは?(2014/11/21)

石川温のスマホ業界新聞:
「iPhoneは競合ではなく選択肢。Androidファンを増やしたい」 ━━「Nexus6」でメガキャリアとLCCに対抗するワイモバイル
SIMロックフリースマホ「Nexus 6」を発表したワイモバイル。低価格な料金プランや「Yahoo!」との連携などで、独自色をどこまで出していけるのか。(2014/11/20)

ワイモバイルが「Nexus 6」を投入する理由、「シェアプラン」で目指す世界とは
GoogleのAndroid 5.0搭載スマホ「Nexus 6」を、国内キャリアではワイモバイルが唯一取り扱う。ハイスペックだが価格は7〜8万円台と高額だが、なぜこのモデルを選んだのだろうか。また「シェアプラン」を投入する狙いとは。(2014/11/13)

SoftBank SELECTION、ワイモバイルの「Nexus 6」「MediaPad M1 8.0 403HW」向けアクセサリーを発売
ソフトバンクはワイモバイルの新機種「Nexus 6」と「MediaPad M1 8.0 403HW」向けスタンド機能付きケースや液晶保護フィルムのほか、車載用アクセサリーなどを発売する。(2014/11/13)

ワイモバイルが8型タブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」を12月4日に発売
ワイモバイルが8型Androidタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」を12月4日に発売する。スマホとセットで契約してお得に利用できる「シェアプラン」が利用可能。(2014/11/13)

ソフトバンクモバイル、初のAndroidタブレットを法人向けに投入
ソフトバンクモバイルは、同社初となるAndroidタブレット「MediaPad 10 Link+ SoftBank 402HW」(Huawei製)を法人向けに12月上旬に発売する。(2014/10/30)

ソフトバンク初のAndroidタブレット「MediaPad 10 Link+ 402HW」、法人向けに提供
ソフトバンクモバイルが、10.1型のAndroidタブレット「MediaPad 10 Link+ 402HW」を12月下旬以降に法人向けに発売する。(2014/10/30)

CEATEC JAPAN 2014:
大きいけど軽くて薄い――「Ascend Mate7」をHuaweiブースで触ってきた
Huaweiの最新スマートフォン「Ascend Mate7」は、スペックの高さや画面サイズの大きさも際立っているが、思いのほか軽くて薄かった。CEATEC JAPAN 2014のHuaweiブースで実機を展示しているので、ぜひチェックしてほしい。(2014/10/8)

MVNOに聞く:
“月額2980円で3MbpsのLTEが使い放題”の衝撃――NTTぷららに聞く「定額無制限プラン」の狙い
大手キャリアはもちろん、MVNOもLTE通信で使い放題のプランを提供しているところはなかったが、そこに風穴をあけたのがNTTぷららだ。月額2980円で3MbpsのLTE通信を使い放題とするプランを提供し、話題を集めている。同社にその狙いを聞いた。(2014/10/3)

Huawei、「MediaPad」3機種と「TalkBand B1」の発売日を変更
ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリータブレット3機種と、ウェアラブル端末1機種の発売日を9月3日に変更した。(2014/8/28)

ファーウェイ、フラッグシップ機「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を公表
ファーウェイ・ジャパンが、日本市場向けに発売するフラッグシップの「Ascend P7」など7製品の価格と発売日を明らかにした。(2014/8/22)

LTE対応端末は?:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――ネットワーク編
計25機種のSIMロックフリー端末について、気になるネットワーク関連のスペック一覧をまとめた。(2014/8/8)

デュアルSIM端末も:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――SIMサイズ、メインメモリ、外部メモリ編
SIMロックフリー端末のスペックについて、SIMサイズ、ストレージ、メインメモリ、外部メモリの観点から一覧でまとめた。(2014/8/6)

安くてハイスペックな機種は?:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――バッテリー容量、OS、プロセッサ、カメラ編
計25機種あるSIMロックフリー端末の気になるスペックを、バッテリー容量、OS、プロセッサ、カメラといった観点からまとめてみた。(2014/8/4)

スマホからタブレットまで:
価格別に見るSIMロックフリー端末まとめ――本体サイズ、重さ、ディスプレイ編
MVNOの“格安SIM”サービスが増えたことで、SIMロックフリー端末にも注目が集まっている。1万円以下で買えるものから8万円台の高価な端末までを網羅し、スペック別に一覧表でまとめた。(2014/7/28)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:
Huawei、LG、ASUS、freetel――注目メーカーの最新SIMロックフリースマホ
2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。(2014/7/25)

「グローバルでの競争力」と「日本での経験」が強み――SIMフリー市場を攻めるHuaweiの勝算
Huaweiが6月下旬に発売を予定しているSIMロックフリースマホの「Ascend G6」の価格は2万9800円(税別)で、キャリアが販売する端末よりもはるかに安い。ファーウェイ・ジャパンの担当者が、SIMフリー市場参入の背景を説明した。(2014/6/18)

石野純也のMobile Eye(5月26日〜6月6日):
SIMフリー端末を投入するHuaweiの狙い/“規制緩和”進むiOS 8/ドコモ版iPadへの期待
今回はファーウェイ・ジャパンのSIMロックフリー端末投入、AppleのWWDCで発表された「iOS 8」、ドコモからの発売が決まったiPadを取り上げ、ユーザーや業界に与える影響を考察していきたい。(2014/6/6)

ファーウェイ、日本でSIMフリー端末販売 キャリア通さず「新たな選択肢」
ドコモなどに端末を提供していいる中国Huaweiの日本法人が、SIMロックフリー端末を国内で発売する。(2014/5/30)

IIJやU-NEXTも取扱開始:
Huawei、SIMロックフリー端末を日本に投入 第1弾「Ascend G6」は6月下旬以降に発売
ファーウェイ・ジャパンが、海外で発売されているSIMロックフリーのスマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末を日本に導入する。第1弾として、スリムなLTEスマートフォン「Ascend G6」をMVNOに供給する。(2014/5/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。