ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オムニチャネル」最新記事一覧

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」リポート:
石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援したネットイヤーグループ代表取締役社長 兼 CEOの石黒 不二代氏の講演から、オムニチャネル時代の企業戦略について学ぶ。(2016/5/26)

アジア全域での展開を加速:
グランドデザイン、オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」をタイでサービス開始
グランドデザインは、トラスンスコスモスのタイ法人と共同で、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」のタイでのサービスを開始したと発表した。(2016/5/23)

特集:今、市場に求められるITアーキテクトの視点(2):
今の日本における「情シスの悩みトップ5」とは、エンジニアは、どう応えられるのか
「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方を身に付けるにはどうすればいいのか。そのヒントの幾つかは、企業で業務部門のIT課題を解決すべく日々奮闘する、情報システム部門が持つさまざまな悩みにある。(2016/5/23)

SuiteWorld 2016 Report:
夢の高速移動システム「Hyperloop」構想も、クラウドERPが後押し
シリコンバレーのど真ん中、サンノゼでクラウドERPの雄、NetSuiteの年次カンファレンス「SuiteWorld 2016」が開幕した。夢の高速移動ネットワーク「Hyperloop」を開発するベンチャー企業も顧客としてステージに上がった。(2016/5/18)

「実質0円廃止」の影響? 「お客さま体験価値」提供ビジネスを加速するKDDI
2013〜2015年度の3カ年の中期経営目標を達成したKDDI。「実質0円廃止」の影響がこれから出てくることを見越して、2016〜2018年度の中期経営目標では「お客さま体験価値」をより一層重視する姿勢を強めている。(2016/5/13)

クラウド化が進むコンタクトセンターソリューション市場:
もはや導入に躊躇する企業はない? クラウド型コンタクトセンターソリューション
近年は比較的大規模なコンタクトセンターでもクラウドを利用する例が出始め、ベンダー間の競争は激化してきている。競争はオムニチャンネル、モバイルアクセス、CRM連携、音声分析などの分野に広がっているという。(2016/5/13)

「EC」「ブログ」「アプリ」をワンストップで提供:
GMOメイクショップとアパレルウェブが業務提携
GMOインターネットグループは、GMOメークショップと、アパレルウェブが、アパレルに特化したITソリューションの共同事業展開で業務提携を行うことに合意したと発表した。(2016/5/2)

実店舗を持つECサイト事業者向け:
電子スタンプとマーケティングオートメーションでオムニチャネルを簡単に実現
バリューコマースとデジミホは共同で、実店舗を持つECサイト事業者向けに「かんたんオムニパック」の提供を開始したと発表した。(2016/4/27)

製造ITニュース:
「アジアの最注力市場は日本」、JDAがSCMソリューションの国内展開を強化
JDAソフトウェア・ジャパンが国内市場における事業戦略を説明。倉庫管理、物流管理、要員管理といったSCM(サプライチェーン管理)の実行系の製品群からなるソリューション「インテリジェント・フルフィルメント」の国内展開を開始し、2018年までに15社の顧客獲得を目指す。(2016/4/26)

性能向上は当然、コストも大幅削減:
PR:エディオンが「約1200店舗の業務をリアルタイムに支える統合データベース基盤」にOracle Exadataを選んだ理由
「本当に垂直統合型でよいのか?」──大手家電量販店のエディオンは熟慮の末、全国約1200店舗の業務を支える統合データベース基盤を「Oracle Exadata」で刷新。圧倒的なパフォーマンス向上に加えて、大幅なコスト削減という果実を得た。[プライベート・クラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][Engineered System][Data Integration][Database Security](2016/5/26)

“アグレッシブな”Eコマース戦略事例
「Eコマースに出遅れた」靴メーカーが挑む店舗とオンラインの融合
「Eコマースに出遅れた」と認めている靴メーカーのECCO。後れを取り戻すため、同社は大胆なEコマース化を進めている。彼らはどのように障害を乗り越えたのか?(2016/4/15)

Computer Weekly製品ガイド
セルフサービスでIT部門&スタッフを解放する方法
セルフサービスITの導入により、IT部門は効率を向上し、管理を従業員に委ねることができる。ただしそれは適切にやった場合に限られる。(2016/4/14)

日本をテーマにした良品を提供:
ECサイト「藤巻百貨店」が初のリアル店舗を銀座に出店
caramoは、同社が運営するECサイト「藤巻百貨店」の初のリアル店舗を2016年3月31日、東急プラザ銀座にオープンする。(2016/3/29)

オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」の展開をアジア全域で加速:
グランドデザイン、トランスコスモスと創業者への第三者割当により約5億4000万円の資金調達
グランドデザインは、トランスコスモスおよびグランドデザイン代表取締役社長を務める小川和也氏を割当先とする総額5億4000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。(2016/3/14)

Weekly Memo:
Microsoft AzureとIBM Watsonが出会う日
ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが「Pepper」と「Microsoft Azure」を活用した分野での協業を発表した。Pepperは「IBM Watson」も活用できる。これを契機に新たな連携も考えられそうだ。(2016/3/14)

Fashion Tech Summit #001レポート:
オムニチャネル、AI、DMP――ファッション業界のマーケティングテクノロジー最前線
FinTechに代表される「業界×テクノロジー」というトレンドが注目される中、ファッション業界でもテクノロジーの本格導入、活用の流れが広がっている。ECサイト活用などだけではなく、先端テクノロジーを活用した“FashionTech”の現在を取材した。(2016/3/11)

今さら聞けない、IoTの基礎知識【前編】:
2016年、企業がIoTに着手しなければいけない理由
「IoT元年」と言ってもよいほど、IoTへの注目が高まった年だった2015年。市場動向や様子を見ていた企業も多いと思うが、2016年こそIoTを始めなければ、格差はどんどん開いていくという。その理由は……。(2016/3/1)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
自由な着想と先端テクノロジーの融合によるイノベーションが、デジタル時代に打ち勝つカギ
ITの発展によってこれまでの制約が無意味になり、異業種でも新たなビジネスに参入することが可能な時代が到来した。従来のビジネスモデルも通じなくなる時代だからこそ、イノベーションをいかに生み出すかが重要である。(2016/2/29)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
「シェアードメディア」戦略でパートナーと共に成長する――イオンリテール(後編)
大手企業でありながら本社集でなく個店重視の分散型情報発信に力を入れるなど、独自色の濃いデジタル戦略を採用するイオン。前編に続き、イオンのもう1つの特徴である「シェアードメディア」活用について聞いた。(2016/2/9)

SIM通:
ビッグローブ、セブン&アイ「omni7」でのSIM販売も開始
ビッグローブは、「BIGLOBE SIM」の利用状況が確認できるアプリを提供開始するほか、公衆無線LANサービスのリニューアル、通販サイト「omni7」で「BIGLOBE SIM」の取り扱い開始を発表した。(2016/2/3)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
イオンのデジタル戦略は「個店」重視、ブログ研究から着想――イオンリテール(前編)
オムニチャネル化を積極的に推進する国内最大級の小売店イオン。本社集中でなく個々の店舗による情報発信を重視するのはなぜか。イオンリテールの担当者に聞く。(2016/2/8)

マルチスクリーン対応のためのプラットフォーム:
「Mobify」が米フォレスター評価でモバイルエンゲージメント分野の「リーダー」に
スマートフォン向けWebサイト最適化プラットフォーム「Mobify」が米Forresterが実施した調査において「モバイルエンゲージメント・ソリューションプロバイダ」部門リーダーとして評価された。(2016/1/26)

LINEでメッセージの送信が可能に:
ブレインパッドのマーケティングオートメーションプラットフォームが「LINE ビジネスコネクト」と連係
ブレインパッドは2016年1月22日、マーケティングオートメーションプラットフォーム「Probance Hyper Marketing」とLINEの「LINE ビジネスコネクト」をシームレスに連係したソリューションの提供を開始した。(2016/1/25)

B2C向けも躍進:
マーケティングオートメーション市場は前年比51.9%増、ITRが予測
ITコンサルティングのITRは2016年1月21日、B2B、B2Cの国内統合型マーケティング支援市場の規模推移および予測を発表した。(2016/1/22)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニのオムニチャネルは定着するのか
セブン&アイ・ホールディングスの「omni7」がスタートした。コンビニのオムニチャネルが加速すれば、買い物環境は大きく変わるのではないだろうか――。コンビニの未来の買い物環境を予想してみた。(2016/1/13)

オムニチャネルも実現
小売業界で生き残るためのシステム開発、鍵はクラウド活用にあり
ただ「モノを仕入れれば売れる」時代は、既に過ぎ去ってしまった現在、小売流通業界で生き残るため、ITへのますますのシフトが不可欠だ。今するべきこととは?(2016/1/13)

メガバンクを中心にIT投資は拡大:
国内の金融IT市場は堅調、IDCジャパンが最新市場予測を発表
IDCジャパンが、国内金融IT市場について最新予測を発表。前年比成長率は0.6%と堅調で、特にメガバンクは3.0%と強めを予想した。金融機関は積極的なIT活用を模索しており、FinTech企業との連携を強化する大手金融機関が増加するとした。(2016/1/8)

2016年のトップメッセージ:
デジタルを駆使し、“攻めのIT”で変革と成長を達成しよう
ITベンダー各社のトップのメッセージではデジタル技術を駆使し、従来のビジネスモデルを“破壊”してビジネス変革の推進すべしとの呼びかけが目立っている。(2016/1/5)

Weekly Memo:
2016年のIT市場はどうなるか
2015年もあと僅か。そこで今回は、IDCの調査を踏まえながら、2016年のIT市場はどうなるかを考察してみたい。(2015/12/21)

オムニチャネル推進の取り組みをワンストップで支援:
ゆめみ、「CX Design Innovation」の提供を開始
アプリ開発/デザイン制作のゆめみは、デザインコンサルティングのU'eyes Designと業務提携し、オムニチャネル推進を支援する新サービス「CX Design Innovation」の提供を開始した。(2015/12/11)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(3):
知らないと大損する、Apache Sparkの基礎知識と3つのメリット
社会一般から大きな注目を集めているIoT(Internet of Things)。だが、その具体像はまだ浸透しているとはいえない。今回は、IoTやビッグデータのキーテクノロジとして注目されている「Apache Spark」について、Sparkを製品に取り込んでいる日本IBMの土屋敦氏と、数多くの企業のデータ分析を担うブレインパッドの下田倫大氏に話をうかがった。(2015/11/30)

脱チラシへ、店舗のスマートフォン活用を促進:
月額1万3000円でO2Oアプリを簡単に作れる小売業向けクラウドサービス、ネットイヤーグループが開始
ネットイヤーグループは、小売業向けに月額1万3000円でスマートフォンアプリを簡単に作成できるクラウドサービス「ぽぷろう」の販売を開始した。(2015/11/13)

ショッピング中に気になる服のボタンを押すと――「ボタン型ビーコン」でスマホに情報配信 スタートトゥデイとLINEが提携
スタートトゥデイとLINEが商品に取り付けた「ボタン型ビーコン」を押すと、商品情報をLINEで送信するサービスを発表。アパレル店舗に来春から提供する。(2015/11/11)

Gartner Column:
デジタルビジネスに欠かせない3つの技術的要素
刷新されたエンタプライズ・アプリケーションは、デジタル・コアを構成する主要な技術的要素である。新しいデジタル・ビジネスモデルがデジタル経済に積極的に関与できるようになる。(2015/11/5)

グループ全店で取り扱いのある商品をセブン‐イレブンで受け取り:
セブン&アイ・ホールディングスのオムニチャネル「omni7」がスタート
2015年11月1日、セブン&アイ・ホールディングスは、リアルとネットを融合したオムニチャネルプロジェクト「omni7」を開始した。(2015/11/2)

基盤刷新でさらに加速:
データ分析で変わる、みずほ銀行の“オムニチャネル”戦略
コールセンターでのWatson導入や店舗へのPepper設置など、業界の中でも先進的なIT活用で注目される「みずほ銀行」。同社は増え続けるデータへの対策やオムニチャネル施策の重要性も認識しており、5年以上の歳月をかけてデータ分析基盤の刷新を続けている。(2015/10/29)

Gartner Column:
デジタル・ビジネスの担い手は、CIOであるべきか?
デジタル経済は、企業が製品やサービスにおいて新たなデジタル化の機会を追求する必要がある。しかし、デジタル・ビジネスをいつでもサポートできる「デジタル・コア」がなければ、こうした機会を完全に生かすことはできない。(2015/10/28)

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第2回:
EXILEとフォルクスワーゲンの現在に「マスターブランド」を学ぶ
オムニチャネル時代に自社のブランド価値を向上させることは最重要課題の1つになってきている。その鍵となる「マスターブランド」について解説する。(2015/10/27)

企業の本質的なブランド力を明らかにする:
力強さはセブン-イレブン、潜在成長力は伊勢丹、コミュニケーションの一貫性はトヨタ――マスターブランドパワー調査2015
トライベック・ストラテジーとハバス・ワールドワイド・ジャパンは2015年10月5日、主要企業の「マスターブランドパワー調査2015」を共同で実施し、その結果を発表した。(2015/10/6)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
オムニチャネルが部署間、社内外、日本と世界の壁をなくす――高島屋(後編)
「オムニチャネル=Web化」と捉えられてしまえば、実店舗のモチベーションは上がらない。経営の意志を現場に浸透させるために高島屋はどのようなことに取り組んできたのか。待望の後編をお届けする。(2015/10/1)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
「オンラインと店舗は家族」、“経営の意志”で伝統の壁を乗り越える――高島屋(前編)
デジタル化の波はあらゆる業種業態に押し寄せている。老舗百貨店とて例外ではない。歴史と伝統を背負うブランドならではの苦悩とそれを克服するために必要だったこととは何か。高島屋のキーパーソンに話を聞いた。(2015/9/30)

ヨドバシ全店で無料Wi-Fi 店内でスマホによる撮影・SNSアップもOKに
ヨドバシ全22店舗で無料Wi-Fiが利用可能に。店内の商品を撮影してSNSにアップするといったことも可能にした。(2015/9/16)

プッシュ配信の最適化や個別のオムニチャネル施策を実現:
電通ダイレクトフォースとブレインパッド、「DMP for O2O」の提供を開始
電通ダイレクトフォースのO2Oソリューション「App Scale Manager」とブレインパッドのレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」が連係した新サービス「DMP for O2O」の提供開始を両社が発表した。(2015/9/2)

配送の便数は倍以上に:
セブン&アイのネットスーパー専用店舗、裏側の仕組みは?
「ネットスーパー」と呼ばれるECサービスを手掛けるスーパーマーケットは多いが、今年3月にセブン&アイHDが開業した「ネットスーパー西日暮里店」は、物流倉庫さながらの専用店舗だった。(2015/8/28)

オムニチャネル化を加速:
ルミネがECサイトで「ASTERIA WARP」を採用、実店舗と在庫データを同期
インフォテリアは2015年8月24日、同社の「ASTERIA WARP」がルミネのECサイト「i LUMINE」で採用されたことを発表した。(2015/8/25)

小売・流通専門家に聞く:
オムニチャネルに躍起になるスーパー各社、成功のポイントは?
今スーパーマーケット業界で旬なキーワードが、すべての販売チャネルを統合する「オムニチャネル」であろう。大手を中心に各社がその推進を急いでいる。日本におけるオムニチャネルの現状や成功のポイントを小売・流通業界に詳しいアクセンチュアの山口邦成シニア・マネジャーが解説した。(2015/8/7)

GMS凋落、地方再編:
今、スーパーマーケットが大転換期を迎えた
流通大手の総合スーパー(GMS)事業の不振や、地方を中心とした業界再編など、日本のスーパーマーケット業界を取り巻く動きが目まぐるしく変化している。特集「スーパーマーケットが生き残る道」では、そうした状況下での各社の取り組みなどを見ていく。(2015/8/4)

情シス“ニュータイプ“の時代:
ハンズラボ情シス、長谷川さんの「“情シス”不要論」 その真意は?
「一般論としては“情シスは衰退していくのがいい”と思ってるんです」――。そんな刺激的な言葉を口にしたのがハンズラボの情シス、長谷川さんだ。情シス自らが“情シス不要論”を唱える真意とは。(2015/8/3)

多様なセグメントで国内外130社へ広告配信が可能に:
インティメート・マージャーのDMPが米Acxiomの「LiveRamp Connect」と連係
インティメート・マージャーは2015年7月28日、米Acxiomの「LiveRamp Connect」と連係を開始したと発表した。(2015/7/28)

企業のオムニチャネル戦略を支援:
フリークアウト、プライベートDMP「MOTHER」にスマートフォンのGPS位置情報管理機能を追加
フリークアウトは、プライベートDMP「MOTHER」にスマートフォンのGPS位置情報を管理する機能を追加した。(2015/7/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。