ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オムニチャネル」最新記事一覧

PR:人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革
(2016/11/29)

最短15分でオムニチャネル対応のシステムを構築:
「Apple Pay」対応のモバイルアプリを自動生成、クラスメソッドがツールを提供
クラスメソッドは、モバイルアプリ自動生成プラットフォームの提供を開始した。「Apple Pay」を用いたクレジットカード決済に対応する。(2016/11/25)

「SAP Hybris Commerce」と連携:
ECにおける優良顧客層囲い込みへ、NRIグループ会社が企画から基盤構築・運用までワンストップで提供
野村総合研究所のグループ会社であるブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパンは、ロイヤリティープログラムの企画からその実現のためのオムニチャネル基盤の構築、運用までをワンストップで提供するサービスを開始した。(2016/11/18)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第2回:
手軽なツールの導入でマーケティングを余計に難しくしていないだろうか
企業のWebサイトにおいて、コンテンツを的確に届けるというニーズが高まっています。今回はそれを実現する上で、どういうツールを選定すればよいのかを考えます。(2016/11/23)

製造業IoT:
「つながり」が実現する超スマート社会、日立が目指す「Society 5.0」
10月7日まで開催されたCPS/IoT展「CEATEC JAPAN 2016」の基調講演で登壇した日立製作所 代表執行役 執行役社長兼CEOの東原敏昭氏は「業種を超えて超スマート社会の実現に取り組みたい」と述べた。(2016/10/12)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第1回:
“Webマーケティング”はなぜ終わるのか?
Webサイトはなぜ進化し続けなくてはいけないのか。第1回は、デジタルマーケティングが普及した背景と企業におけるインターネットの活用の変化について解説します。(2016/10/12)

スペシャリストが語る、大規模導入プロジェクトの裏側:
PR:Oracle Exadataの導入価値を最大化するNTTデータの取り組み
「Oracle Exadata」の高い性能や可用性といった利点は、システムの要件に応じた的確な作り込みによって最大化される。導入を手掛けるシステムインテグレーターらは、どのような工夫によってそれを実現しているのか。NTTデータが手掛けた大規模プロジェクトのケースを紹介しよう。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/10/20)

店頭起点でスマホへ誘導:
イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販促施策をイオンリテールが実施した。リアル「ガチャ」を使って店舗に足を運ぶ来店客をオンラインユーザー化し、継続的な店頭購買を促進する。(2016/9/26)

LINEプラットフォームを効果的に活用:
トランスコスモス、LINEの「Official Web App」に対応した新サービスを提供
トランスコスモスは、フィードフォースと協業し、Webサイト事業者向けにLINEの「Official Web App」に対応した新しいサービスを提供する。(2016/9/21)

南関東の70店舗が対象:
オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」に「イオン」が出店
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」に「イオン」「イオンスタイル」が出店する。(2016/9/16)

顧客を待たせないコールセンター、東京スター銀行のシステム担当者がこだわる仕組み
東京スター銀行は、オムニチャネル化の一環としてコールセンターシステムと顧客情報管理システムを一元化するリニューアルを実施した。システム刷新の先にどんな未来を描こうとしているのだろうか。(2016/8/16)

トレンドキーワード:
オムニチャネル――全てのチャネルを融合し顧客情報を一元化、顧客ロイヤリティを高めて“囲い込み”を狙う
オンライン/オフラインを問わず、販売/マーケティングのチャネルをシームレスに融合する小売戦略を「オムニチャネル」という。単なる顧客誘導にとどまらず、顧客情報の一元化により、あらゆる接点で顧客との関係を維持する施策として注目されている。(2016/8/1)

キャリアニュース:
2016下半期の転職市場、求人数の伸びは鈍化――全体では活況続く
転職サービス「DODA(デューダ)」が「転職市場予測2016下半期」を発表。下半期の転職市場は、求人数の伸びは鈍化するものの、全体では活況が続くと予測されている。(2016/7/19)

“愛のムチ”で打たれたい情シス、集まれ:
「俺情」で“スーパー情シス”に日頃の悩みを相談してみませんか?
8月4日(木)、ITmedia エンタープライズ編集部主催の情シス交流会、「俺たちの情シス」第7弾を開催します! 今回は、スーパー情シス、ハンズラボの長谷川秀樹氏とアイレットの齊藤愼仁氏を招いた「情シスお悩み相談室」を開催。日頃の悩みをぶつけてみませんか?(2016/7/12)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ネットワーク市場を激変させるNFV
特集は、ルーターやファイアウォールを仮想マシン化してx86サーバで稼働させるNFVの解説。ネットワーク機器は不要になる? 他に、IPv6のセキュリティリスクや銀行業界が直面しているハイテク対応の現状を紹介。また、紳士服ブランドCIOに聞くオムニチャネル戦略と人材登用論などをお届けする。(2016/7/11)

【連載】オムニチャネル時代のコミュニケーションの「ツボ」 第2回:
「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にとってアドテクを駆使した広告運用は欠かせませんが、実際、ユーザーの立場からすると……。(2016/9/26)

スピン経済の歩き方:
セブンのドミナント戦略が、沖縄では通用しない理由
セブン-イレブンが2〜3年以内に沖縄へ出店するという。沖縄は“空白の地”なので、地元住民にとっては待ちに待った出店だろう。しかし、である。筆者の窪田氏によると、セブンにはイバラの道が待っているという。なぜなら……。(2016/7/5)

きっかけは「オムニチャネル」と「IoT」
今まで使っていたのは「ERPもどき」? クラウドで実現する本当のERPとは
IoTやビッグデータなどをビジネスに生かす「デジタル産業革命」が日本でも叫ばれる中、ERPシステムを見直す動きが広がっているという。その理由を探る。(2016/6/30)

アパレルブランドCIOインタビュー
「こんな人物は採用しない」──CIOが開発者に求める不可欠のスキルとは?
「当社は真のオムニチャネル展開を果たしている」と豪語するCIOの人材登用・教育論、そしてオムニチャネル戦略を聞いた。(2016/6/29)

「EZwebは?」「沖縄セルラーは?」「Windows 10 Mobileスマホは?」――KDDI株主総会で出た質問と回答をまとめてみた
株主総会といえば、株主からの質問も大きな注目要素だ。そこで、KDDIの第32期(2015年度)定時株主総会で株主から寄せられた主要な質問とその回答をまとめてみた。(2016/6/22)

購買促進の他、コーディネート履歴のマーケティング利用も:
スマホでバーチャル試着、凸版印刷が新しいファッション流通支援サービスを開始
凸版印刷は、スマートフォン向けアプリ「DressMe!?」を用いたファッション業界向け販促サービスを6月中旬より提供開始すると発表した。(2016/6/13)

【連載】オムニチャネル時代のコミュニケーションの「ツボ」 第1回:
売り手の常識、実は買い手の非常識? オムニチャネルの「便利さ」と「うっとうしさ」について
「いつでも接客」「どこでも接客」のオムニチャネル。しかし、過剰接触で「ウザい」と思われてはせっかくの取り組みも台無し。適切なコミュニケーションの実現に必要なこととは?(2016/6/3)

メガネスーパー、オムニチャネル推進でECサイトの売上増
メガネスーパーは、実店舗と自社ECサイト「メガネスーパー公式通販サイト」の顧客データを統合した。(2016/6/7)

高井尚之が探るヒットの裏側:
業界首位を守り続けるマツキヨの“強み”とは
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は市場規模6兆円超のドラッグストア業界で首位を守り続ける「マツモトキヨシ」を読み解く。(2016/6/6)

特集:「人工知能」入門(1):
Deep Learningが人工知能の裾野を拡大。ビジネス、社会、エンジニアはどう変わるのか?
「アクションを起こすスピード」「イノベーティブな製品・サービス」が企業競争力の源泉になりつつある中で、人工知能が今あらためて大きな注目を集めている。では、人工知能とはどのようなもので、どのようなインパクトをもたらすのか? 事例やインタビューを通じて明らかにする。(2016/6/1)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」リポート:
石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援したネットイヤーグループ代表取締役社長 兼 CEOの石黒 不二代氏の講演から、オムニチャネル時代の企業戦略について学ぶ。(2016/5/26)

アジア全域での展開を加速:
グランドデザイン、オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」をタイでサービス開始
グランドデザインは、トラスンスコスモスのタイ法人と共同で、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」のタイでのサービスを開始したと発表した。(2016/5/23)

特集:今、市場に求められるITアーキテクトの視点(2):
今の日本における「情シスの悩みトップ5」とは、エンジニアは、どう応えられるのか
「市場に求められる」「本当の価値を持つ」エンジニアであるために必要な考え方を身に付けるにはどうすればいいのか。そのヒントの幾つかは、企業で業務部門のIT課題を解決すべく日々奮闘する、情報システム部門が持つさまざまな悩みにある。(2016/5/23)

SuiteWorld 2016 Report:
夢の高速移動システム「Hyperloop」構想も、クラウドERPが後押し
シリコンバレーのど真ん中、サンノゼでクラウドERPの雄、NetSuiteの年次カンファレンス「SuiteWorld 2016」が開幕した。夢の高速移動ネットワーク「Hyperloop」を開発するベンチャー企業も顧客としてステージに上がった。(2016/5/18)

「実質0円廃止」の影響? 「お客さま体験価値」提供ビジネスを加速するKDDI
2013〜2015年度の3カ年の中期経営目標を達成したKDDI。「実質0円廃止」の影響がこれから出てくることを見越して、2016〜2018年度の中期経営目標では「お客さま体験価値」をより一層重視する姿勢を強めている。(2016/5/13)

クラウド化が進むコンタクトセンターソリューション市場:
もはや導入に躊躇する企業はない? クラウド型コンタクトセンターソリューション
近年は比較的大規模なコンタクトセンターでもクラウドを利用する例が出始め、ベンダー間の競争は激化してきている。競争はオムニチャンネル、モバイルアクセス、CRM連携、音声分析などの分野に広がっているという。(2016/5/13)

「EC」「ブログ」「アプリ」をワンストップで提供:
GMOメイクショップとアパレルウェブが業務提携
GMOインターネットグループは、GMOメークショップと、アパレルウェブが、アパレルに特化したITソリューションの共同事業展開で業務提携を行うことに合意したと発表した。(2016/5/2)

実店舗を持つECサイト事業者向け:
電子スタンプとマーケティングオートメーションでオムニチャネルを簡単に実現
バリューコマースとデジミホは共同で、実店舗を持つECサイト事業者向けに「かんたんオムニパック」の提供を開始したと発表した。(2016/4/27)

製造ITニュース:
「アジアの最注力市場は日本」、JDAがSCMソリューションの国内展開を強化
JDAソフトウェア・ジャパンが国内市場における事業戦略を説明。倉庫管理、物流管理、要員管理といったSCM(サプライチェーン管理)の実行系の製品群からなるソリューション「インテリジェント・フルフィルメント」の国内展開を開始し、2018年までに15社の顧客獲得を目指す。(2016/4/26)

性能向上は当然、コストも大幅削減:
PR:エディオンが「約1200店舗の業務をリアルタイムに支える統合データベース基盤」にOracle Exadataを選んだ理由
「本当に垂直統合型でよいのか?」──大手家電量販店のエディオンは熟慮の末、全国約1200店舗の業務を支える統合データベース基盤を「Oracle Exadata」で刷新。圧倒的なパフォーマンス向上に加えて、大幅なコスト削減という果実を得た。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System][Data Integration][Database Security](2016/5/26)

“アグレッシブな”Eコマース戦略事例
「Eコマースに出遅れた」靴メーカーが挑む店舗とオンラインの融合
「Eコマースに出遅れた」と認めている靴メーカーのECCO。後れを取り戻すため、同社は大胆なEコマース化を進めている。彼らはどのように障害を乗り越えたのか?(2016/4/15)

Computer Weekly製品ガイド
セルフサービスでIT部門&スタッフを解放する方法
セルフサービスITの導入により、IT部門は効率を向上し、管理を従業員に委ねることができる。ただしそれは適切にやった場合に限られる。(2016/4/14)

日本をテーマにした良品を提供:
ECサイト「藤巻百貨店」が初のリアル店舗を銀座に出店
caramoは、同社が運営するECサイト「藤巻百貨店」の初のリアル店舗を2016年3月31日、東急プラザ銀座にオープンする。(2016/3/29)

オムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」の展開をアジア全域で加速:
グランドデザイン、トランスコスモスと創業者への第三者割当により約5億4000万円の資金調達
グランドデザインは、トランスコスモスおよびグランドデザイン代表取締役社長を務める小川和也氏を割当先とする総額5億4000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。(2016/3/14)

Weekly Memo:
Microsoft AzureとIBM Watsonが出会う日
ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが「Pepper」と「Microsoft Azure」を活用した分野での協業を発表した。Pepperは「IBM Watson」も活用できる。これを契機に新たな連携も考えられそうだ。(2016/3/14)

Fashion Tech Summit #001レポート:
オムニチャネル、AI、DMP――ファッション業界のマーケティングテクノロジー最前線
FinTechに代表される「業界×テクノロジー」というトレンドが注目される中、ファッション業界でもテクノロジーの本格導入、活用の流れが広がっている。ECサイト活用などだけではなく、先端テクノロジーを活用した“FashionTech”の現在を取材した。(2016/3/11)

今さら聞けない、IoTの基礎知識【前編】:
2016年、企業がIoTに着手しなければいけない理由
「IoT元年」と言ってもよいほど、IoTへの注目が高まった年だった2015年。市場動向や様子を見ていた企業も多いと思うが、2016年こそIoTを始めなければ、格差はどんどん開いていくという。その理由は……。(2016/3/1)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
自由な着想と先端テクノロジーの融合によるイノベーションが、デジタル時代に打ち勝つカギ
ITの発展によってこれまでの制約が無意味になり、異業種でも新たなビジネスに参入することが可能な時代が到来した。従来のビジネスモデルも通じなくなる時代だからこそ、イノベーションをいかに生み出すかが重要である。(2016/2/29)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
「シェアードメディア」戦略でパートナーと共に成長する――イオンリテール(後編)
大手企業でありながら本社集でなく個店重視の分散型情報発信に力を入れるなど、独自色の濃いデジタル戦略を採用するイオン。前編に続き、イオンのもう1つの特徴である「シェアードメディア」活用について聞いた。(2016/2/9)

SIM通:
ビッグローブ、セブン&アイ「omni7」でのSIM販売も開始
ビッグローブは、「BIGLOBE SIM」の利用状況が確認できるアプリを提供開始するほか、公衆無線LANサービスのリニューアル、通販サイト「omni7」で「BIGLOBE SIM」の取り扱い開始を発表した。(2016/2/3)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
イオンのデジタル戦略は「個店」重視、ブログ研究から着想――イオンリテール(前編)
オムニチャネル化を積極的に推進する国内最大級の小売店イオン。本社集中でなく個々の店舗による情報発信を重視するのはなぜか。イオンリテールの担当者に聞く。(2016/2/8)

マルチスクリーン対応のためのプラットフォーム:
「Mobify」が米フォレスター評価でモバイルエンゲージメント分野の「リーダー」に
スマートフォン向けWebサイト最適化プラットフォーム「Mobify」が米Forresterが実施した調査において「モバイルエンゲージメント・ソリューションプロバイダ」部門リーダーとして評価された。(2016/1/26)

LINEでメッセージの送信が可能に:
ブレインパッドのマーケティングオートメーションプラットフォームが「LINE ビジネスコネクト」と連係
ブレインパッドは2016年1月22日、マーケティングオートメーションプラットフォーム「Probance Hyper Marketing」とLINEの「LINE ビジネスコネクト」をシームレスに連係したソリューションの提供を開始した。(2016/1/25)

B2C向けも躍進:
マーケティングオートメーション市場は前年比51.9%増、ITRが予測
ITコンサルティングのITRは2016年1月21日、B2B、B2Cの国内統合型マーケティング支援市場の規模推移および予測を発表した。(2016/1/22)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニのオムニチャネルは定着するのか
セブン&アイ・ホールディングスの「omni7」がスタートした。コンビニのオムニチャネルが加速すれば、買い物環境は大きく変わるのではないだろうか――。コンビニの未来の買い物環境を予想してみた。(2016/1/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。