ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オムニチャネル」最新記事一覧

スマートフォンから実店舗での購買までシームレスに循環できる仕組みを実現:
「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」をコミュニケーションアプリ「LINE」と連携した。(2017/11/21)

CMSと関連製品群を刷新:
「Sitecore Experience Cloud」が実現するもの――データ統合、機械学習、マーケティングオートメーション
新たに発表された「Sitecore Experience Cloud」で何が変わるのか。「Sitecore Digital Marketing Summit 2017」の講演からポイントを探る。(2017/11/14)

コールセンターコストを削減:
メンバーズとオウケイウェイヴ、自己解決率高めるFAQ改善サービスを共同開発
メンバーズとオウケイウェイヴはFAQシステム「OKBIZ.」を活用したオムニチャネルFAQ改善サービスを共同開発し、提供を開始した。(2017/11/13)

JINSアプリが来月から本格運用
近隣店舗の在庫検索などに加え、店頭で購入した眼鏡の度数がオンラインアカウントに自動反映されるなど、店舗とオンラインを統合することによって、手軽に眼鏡を購入できるようにする。(2017/10/31)

日本から唯一の受賞:
グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」が、「2017年度DMA国際エコー賞」を受賞したと発表した。(2017/10/16)

導線に合わせて、適切なコンテンツを配信:
シスコとゆめみ、「店内体験向上ソリューション」を共同で提供
シスコシステムズとゆめみは、小売・流通・施設業界向けに「店内体験向上ソリューション」を提供する。(2017/10/13)

「Adobe Symposium 2017」レポート:
丸井×アダストリア:デジタルで再定義されるファッションビジネスを語る
デジタルで変わるファッション業界のビジネスについて、「Adobe Symposium 2017」におけるパネルディスカッションの内容をダイジェストで紹介する。(2017/10/6)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
広井王子氏が顧問のゲオネットワークス、2.6億円の黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/29)

セブン&アイ、Salesforceでオムニチャネル戦略を強化 グループ全体で顧客情報を一元管理
セブン&アイ・ホールディングスは、SalesforceのCRMプラットフォーム2製品を採用。グループ全体で顧客情報を一元管理し、リアルとネットの枠を超えたOne to Oneマーケティングを目指す。(2017/9/26)

「Solarisは分からない!」という企業も心配はご無用:
PR:PCI DSS準拠のデータ管理基盤も短期間でかんたん構築「MiniCluster S7-2」で今すぐセキュア&高性能なプライベートクラウド基盤を手に入れる
社会のさまざまな領域でデータ活用が加速する今日、「セキュアで高性能なプライベートクラウド基盤を短期間で構築したい」というニーズは高い。例えば、2018年3月までのPCI DSS準拠が迫っているEC業界などは、その一例だ。この悩みを解決するのに最適なシステム基盤としてオラクルが提供しているのが「Oracle MiniCluster S7-2」である。なぜSPARCなのか。なぜSolarisなのか。プライベートクラウド基盤アプライアンスに対するオラクルの戦略も交えながら、その理由を探ろう。(2017/9/20)

GEやキャンベルスープも実践:
PR:既存ビジネスをデジタル化するためのカギが“API”にある理由――API化を進めるための3ステップとは
企業がデジタルトランスフォーメーションを実践するためには既存システムとのデータ連携や社内外リソースを最大限に活用することが重要なポイントだ。そして、デジタルトランスフォーメーションを進めるロードマップには大きく3つのステップがあり、APIがキーになるという。アジャイルAPIインテグレーションを提唱するレッドハットに、その理由やAPIエコノミーを形成している4社の事例、API化を進めるための具体的な施策を聞いた。(2017/9/11)

購買履歴から行動履歴へ:
「スマホシフト」に挑むケンタッキー、膨大な顧客データをどう統合するのか?
日本でも有数のファストフードチェーン「ケンタッキーフライドチキン」。同社はこれまで、店頭での購買履歴を中心に顧客管理を行ってきたが、デジタルでの行動履歴を含めた顧客管理にシフトしようと、大規模なデータ統合を行っている。(2017/8/30)

Weekly Memo:
オムニチャネル時代のPOSに欠かせない3つの要素
日本HPがおしゃれな店舗にフィットするPOSの新製品を発表した。確かにおしゃれなPOSは今までなかった。実はそこに小売業の構造変化が映し出されているのではないだろうか。(2017/8/28)

6つの軸で評価:
電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サービスの提供を開始した。(2017/8/22)

「Facebook BusinessとGoogleの合わせ技」が実現する可能性も
iPhoneで使えるAppleの企業向けメッセージ「Business Chat」が大注目の訳
Appleは、企業向けチャット機能「Business Chat」を通して、あらゆる企業と消費者のコミュニケーションを加速させようとしている。(2017/8/21)

「Gotcha!mall」に成果を実装へ:
グランドデザインと北海道大学、マーケティング活用を主眼とした人工知能の共同研究を開始
グランドデザインと北海道大学は2017年8月7日、北海道大学 産学・地域協働推進機構に人工知能分野の研究部門を設置したと発表した。(2017/8/8)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
高性能なPCほど省エネになる? 業務効率化とエコを両立するPC選びのテクニック
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は「PCと省エネ」について説明します。(2017/8/1)

実店舗での購買体験をブラウザで再現:
バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現するパッケージシステム「EC-Orange VR」を共同開発すると発表した。(2017/7/25)

「SAP Hybris Commerce」で顧客エンゲージメントを強化――中古車輸出業の平和オート
海外向けに中古車輸出業を展開する平和オートは、事業基盤の統合と顧客エンゲージメントの強化を目指し、「SAP S/4HANA」と「SAP Hybris Commerce」を導入する。(2017/7/24)

製造業IoT:
PCメーカーが提案するIoTプラットフォームは「囲い込まない」
NECパーソナルコンピュータとキュレーションズは、企業がIoTデバイスを利用したサービス提供を簡単に行うためのIoTプラットフォーム「plusbenlly(プラスベンリー)」を共同開発した。既に無償のβ版を公開しており、2017年内に正式版をリリースする計画である。(2017/7/21)

成功企業の実例も紹介
今更聞けない「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の主要技術と課題
市場の変化に合わせて、柔軟に企業のビジネスをITで変革させるデジタルトランスフォーメーション。その歴史、本質、技術、実例を紹介する。(2017/7/14)

すぐ分かるオムニチャネル 後編:
B2Bや自治体でも「オムニチャネル」、業界別の展開例を知る
オムニチャネルは小売業だけのものではありません。その他の業界でも展開することができます。今回はさまざまな業界におけるオムニチャネル事例を紹介します。(2017/7/13)

店舗の役割を転換
リアル店舗強化中のトイザらス、iPad導入で販売数400%増
ネットショッピングが増大する中で、リアル店舗を強化して顧客の来店数増を目指すトイザらス。同社のさまざまな施策を紹介する。(2017/7/7)

すぐ分かるオムニチャネル 前編:
5分で分かるオムニチャネル、「マルチチャネル」「クロスチャネル」との違いは?
「オムニチャネル」は限られた狭い世界の話題ではない。業種の壁を越え、マーケターが知っておくべき基礎知識を専門家がコンパクトに解説する。(2017/7/6)

週刊「調査のチカラ」:
「ポスト真実」時代の情報収集はどうなっている?
2017年も後半に突入。時の流れの速さがウソであってほしいと思う今日このごろ。真実を知りビジネスを加速させてくれそうな調査レポートを紹介します。(2017/7/1)

IDC Japan 国内IT市場規模予測:
製造業、金融業は低い成長率で推移、2017年の国内IT支出は通信分野以外はプラス
IDC Japanは、国内IT市場における産業分野別/企業規模別の市場規模予測(2017〜2021年)を発表した。(2017/6/14)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(2):
「ハイブリッドIT」におけるアーキテクチャとその意義、変革への3ステップ
「ハイブリッドIT」が具体的に「どのような形態を持つものであり、企業にとってどういった意義があるのか」を述べるとともに、ハイブリッドITへの変革の鍵となるクラウドマイグレーション&モダナイゼーションの手法を紹介する。(2017/6/5)

IBM Watson Summit 2017:
PR:Watsonが実現した“今どきの接客”とは? 一堂に会した最新のコグニティブ活用ソリューション・現場レポート
(2017/5/22)

Computer Weekly製品ガイド
逆に難しい「非Windows」クライアント選び
デスクトップPCの全盛期以降、ITシステムにアクセスするための選択肢は急増した。組織にはバランスが取れた行動が求められる。(2017/4/25)

弱点補完×利便提供――Amazonが「Prime Now」で他店の商品を届ける理由
Amazonの「Prime Now」が、日本でも提携店舗にある商品の配達に対応する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2017/4/18)

「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」レポート:
「新しいEC(Engagement Commerce)」の時代とは――オイシックス 奥谷孝司氏が語る
新しいオムニチャネル、そして「新しいEC(Engagement Commerce)」とは。「ガートナー カスタマー 360 サミット 2017」から、オイシックスの奥谷孝司氏によるスペシャルセッションをダイジェストで紹介する。(2017/4/18)

大企業の8割が“デジタルトランスフォーメーションに本腰” その背景は
「今、まさにパラダイムシフトが起こっている。2017年が変化点になる」――。日本企業のデジタルトランスフォーメーションに対する取り組みについてこう話すのは、IDC Japanの木村聡宏氏。今、企業で何が始まっているのか。(2017/4/7)

働きやすさは「合理的な武器」に ハンズラボの長谷川流ワークスタイル改革
デジタル改革を推進する武闘派CIOとして知られるハンズラボの長谷川秀樹氏。昼夜を問わずに働くタイプだった同氏が働き方改革を意識するようになったきっかけとは。(2017/4/5)

「4YFN」登壇のベンチャー起業家に学ぶ:
「グローバルファースト」で世界に売り込む方法
世界に対して自らのビジネスを売り込むためにはどうすればいいか。ITジャーナリスト占部雅一が、スペインで開催されたベンチャー企業イベントに登壇したある日本人起業家の軌跡をたどりながら、その方法を探る。(2017/3/23)

「AIR TRACK」と「popinfo」が連動:
サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジは、位置情報を活用した行動分析とそれに伴う広告配信分野で機能連携を開始した。(2017/2/27)

ロボット開発ニュース:
ロボティクス世界市場、2020年までに起こる10のこと
2020年に向けて、高速動作が可能な協働ロボットが新規導入されるロボットの30%を占め、物流や医療などの非製造業の主要企業の35%がロボットの活用を検証し始める。一方で、人材不足や雇用維持をにらんだロボットの導入規制も導入されそうだ。(2017/2/13)

ビッグデータで“おもてなし”:
「Tableau」と「Redshift」を導入、ココカラファインの狙いとは?
「ドラッグストアなんて、どこも似たようなものじゃないの?」 差別化が難しい業界において、データ活用で活路を探るココカラファイン。プライベートDMPやセルフサービスBI導入の目的は個客単位でのおもてなしにあるという。(2017/2/8)

業界のトレンドを読む
2017年のUCは「AI」と「メッセージング」に注目せよ
2017年はどのようなトレンドが企業に影響を与えるのか。ユニファイドコミュニケーション(UC)業界のアナリストらによると、AI(人工知能)やメッセージング、クラウドインフラなどに注目する必要がありそうだ。(2017/1/18)

DMP成功まで、あと1センチ(5):
「で、それ本当にできるわけ?」 実現可能性の調査で大失敗
あれもやりたい、これもやりたい。さまざまな要件に応えようとするも「これって本当に実現できるの?」という視点を欠いたまま、導入プロジェクトが進んでしまう。そんな経験はありませんか? 特にDMPではそれで失敗してしまうケースが多いようです……。(2017/1/13)

年間記事ランキング2016 【取材レポート編】:
「Coke ON」「AbemaTV」「Pepper」他、ITmedia マーケティング読者が2016年に注目したトピックは?
「マーケ×IT」の最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に公開した全記事の中から最もよく読まれた記事をランキング形式で紹介します。今回は取材レポート編です。(2016/12/29)

年間記事ランキング2016 【連載編】:
神田昌典氏特別寄稿他、ITmedia マーケティングで2016年に最も読まれた連載は?
「テクノロジーがマーケティングを進化させる」を合言葉にマーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に読者はどんな記事に注目したのか、ランキング形式で振り返ります。まずは連載編から。(2016/12/28)

2017年には一般利用も
レジなし店舗「Amazon Go」が採用、小売業を根本から変える“すごい技術”
IoTと人工知能(AI)を活用し、レジのいらない店舗を実現した「Amazon Go」。古い仕組みに凝り固まった既存の小売業を打倒するものになるのだろうか。(2016/12/24)

【連載】オムニチャネル時代のコミュニケーションの「ツボ」 最終回:
「カスタマージャーニーを顧客コミュニケーションに落とし込む」とは結局どういうことか
顧客の数だけ「旅」があり「旅」の数だけシナリオがある。適切なタイミングで顧客にメッセージを届けるためには膨大なシナリオを実行する必要がある。言うだけなら簡単。どう実行するか。(2016/12/26)

ZoffやJINSに勝つには?:
不振続くメガネスーパーの挑戦
業績が落ち込むメガネスーパーが、立て直しに向けてさまざまな取り組みを開始する。「アイケアカンパニー」として目のサプリメントなどを販売するほか、ウェアラブルデバイスの開発も進める。(2016/12/16)

コンシューマーの「オムニチャネル」化が進行
オンライン売上高が感謝祭商戦で過去最高に、それでも「実店舗」がなくならない理由
2016年ホリデーシーズンのオンライン売上高が過去最高を更新した。その背景には何があるのか。オンラインストアの今後はどうなるのか。専門家の話を基に考える。(2016/12/13)

PR:人工知能は生命と同じく「目」を手に入れ、爆発的に進化する――AI研究の第一人者・松尾教授が語る企業と消費者のコミュニケーション変革
(2016/11/29)

最短15分でオムニチャネル対応のシステムを構築:
「Apple Pay」対応のモバイルアプリを自動生成、クラスメソッドがツールを提供
クラスメソッドは、モバイルアプリ自動生成プラットフォームの提供を開始した。「Apple Pay」を用いたクレジットカード決済に対応する。(2016/11/25)

「SAP Hybris Commerce」と連携:
ECにおける優良顧客層囲い込みへ、NRIグループ会社が企画から基盤構築・運用までワンストップで提供
野村総合研究所のグループ会社であるブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパンは、ロイヤリティープログラムの企画からその実現のためのオムニチャネル基盤の構築、運用までをワンストップで提供するサービスを開始した。(2016/11/18)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第2回:
手軽なツールの導入でマーケティングを余計に難しくしていないだろうか
企業のWebサイトにおいて、コンテンツを的確に届けるというニーズが高まっています。今回はそれを実現する上で、どういうツールを選定すればよいのかを考えます。(2016/11/23)

製造業IoT:
「つながり」が実現する超スマート社会、日立が目指す「Society 5.0」
10月7日まで開催されたCPS/IoT展「CEATEC JAPAN 2016」の基調講演で登壇した日立製作所 代表執行役 執行役社長兼CEOの東原敏昭氏は「業種を超えて超スマート社会の実現に取り組みたい」と述べた。(2016/10/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。