連載
» 2014年04月11日 22時30分 UPDATE

石野純也のMobile Eye(3月31日〜4月11日):ドコモ新料金プランとソフトバンク「スマ放題」の狙いと注意点/KDDIはどう出る? (1/2)

ここ2週間は、ソフトバンクモバイルが「VoLTE時代を見据えた」新料金プランの改訂版「スマ放題」と、ドコモが発表した通話定額を含む新料金プランが大きな話題を集めた。KDDIの動向も含め、今回は3キャリアの料金プランに焦点を当てた。

[石野純也,ITmedia]

 各社の料金プランに注目が集まった3月31日から4月11日にかけての2週間。4月1日には、ソフトバンクモバイルが「VoLTE時代を見据えた」とうたった料金プランを、開始前から改定。無料通話時間を延ばすなど、ユーザーからの批判に応えた格好だ。名称も「スマ放題」として、4月21日にからスタートすることになった。

 料金プランの考え方から抜本的に変えてきたのがドコモ。料金プランを刷新して、音声通話の完全定額や、家族でデータを分け合える「パケあえる」といった新機軸も打ち出している。これに対して、KDDIはまだ正式な料金プランを発表できていない。とは言え、同社もVoLTEの開始に合わせて、音声定額プランなどの導入を考えていることが、社長の田中孝司氏のインタビューからうかがえる。

 そこで今回の連載では、3社の料金プランに焦点を絞ってそれぞれの狙いや注意点を見ていきたい。

“完全な”音声定額や家族でのデータ量共有を打ち出したドコモ

 ドコモが、料金プランに抜本から手を入れてきた。4月10日に急きょ開催された発表会では、その詳細が明らかになった。

 目玉になるのが、完全な音声通話定額の「カケホーダイ」だ。これまでの音声定額はキャリア同士に限定されていたり、1回10分までと制限があったりした。例えば、ウィルコムの「だれとでも定額」や、ソフトバンクの「スマ放題」にも、1回10分、月500回といった時間や回数が設けられている。これに対してドコモのカケホーダイは、文字通りの完全定額だ。

 さらに、原則として音声通話が可能な基本プランはこのカケホーダイだけになる。スマートフォン向けが2700円(税別、以下同)、iモードケータイ向けが2200円と、従来の「タイプXi にねん」(743円)などよりは割高になっているが、その分、通話料を気にせずに発信ができる。通話をあまり使わないユーザーにとっては値上げに感じられるところがあるものの、逆にヘビーユーザーにとってはありがたいプランといえるだろう。

基本プランは1種類
基本プラン 端末種別 料金
カケホーダイ スマートフォン 2700円
フィーチャーフォン 2200円

 例えば、タイプXiなど従来のプランで50分間通話すると、通話料はちょうど2000円になる。ここに基本使用料の743円を足すと、合計は2743円。ちょうどカケホーダイと同程度の金額になる。1日に2分程度通話をすれば50分は超える。そのくらいのほどほどに通話を使うユーザーにとっては検討の価値がある。もちろん、最終的にいくらになるのか分かりにくい通話料という足かせから開放され、電話がし放題になるのは大きなメリットだ。

月50分通話した際の料金
プラン名 料金 50分の通話料 合計
カケホーダイ 2700円 0円 2700円
タイプXi にねん 743円 2000円 2743円

 一方で、当然ながらカケホーダイの2700円という料金を割高に感じるユーザーもいるはずだ。この負担感を緩和するためにドコモが入れてきたのが、家族でデータ通信量を共有するという考え方であり、「パケあえる」という新しい仕組みだ。

 家族向けには「シェアパック」というプランを用意。10Gバイト、15Gバイト、20Gバイト、30Gバイトという4つの選択肢を用意し、このデータを家族で分け合う。「シェアパック10」は10Gバイトで9500円。家族3人でシェアすると1人あたりが約3Gバイトで、料金は3167円になる。データをシェアするために子回線は月500円の「パケあえる」を契約する必要があるため、トータルでは3167円の親回線と3667円の子回線という考え方もできる。どちらも、現在の3Gバイトプランである「Xiパケ・ホーダイ ライト」が月4700円であることを考えると、大幅な割引になることが分かるはずだ。

家族向けのパケットパック
プラン名 料金 データ量
シェアパック10 9500円 10Gバイト
シェアパック15 12500円 15Gバイト
シェアパック20 16000円 20Gバイト
シェアパック30 22500円 30Gバイト

photo 家族でデータ量を分け合うことで、今までよりも料金を安く抑えるというのが新プランの基本的な考え方となる

 家族の数が多ければ多いほど、割安感はさらに強くなる。シェアパックは最大10人まで共有できる。月30Gバイトの「シェアパック30」を家族10人で分け合うと、1人あたりのデータ量は3Gバイトで料金は2250円だ(子回線はプラス500円)。

 データを使い切った後は、従来どおり128Kbpsに速度制限されるため、青天井で料金が跳ね上がってしまう心配がない。これが従来のプランに考え方が近い「リミットモード」だ。新プランには「スピードモード」も用意されており、こちらはデータ量が超過した場合、1Gバイトあたり1000円で速度制限がかからず利用できる。1Gバイト単位で追加分を設定しておけるのも便利だ。「リミットモード」と「スピードモード」は選択式になっており、標準は前者の「リミットモード」になる。

photo データ量を使い切った後は、128Kbpsに通信速度が制限される。1Gバイト、1000円でフルスピードが出る「スピードモード」も用意。あらかじめ1Gバイト単位でデータを購入できるなど、柔軟性がある

 一方で、単身者で特に通話をあまり使わないという場合は、負担感が増すおそれもある。1人用の「データSパック」は2Gバイトで3500円、「データMパック」は5Gバイトで5000円だ。これまでの「Xiパケ・ホーダイ ライト」が3Gバイト、「Xiパケ・ホーダイ フラット」が7Gバイトであったのに対し、データ量が1〜2Gバイトほど少なく設定されている。その分、料金自体はやや安いが、従来と同じだけのデータ量を使うとそれほど合計は変わらない。一例を挙げると、「Xiパケ・ホーダイ ライト」と同じく3Gバイトを使おうとすると「データSパック」に1Gバイトを1000円で追加することになる。これで合計は4500円。「Xiパケ・ホーダイ ライト」の4700円より200円ほど安いが、シェアパックほどのインパクトはない。

1人用のパケットパック
プラン名 料金 データ量
データSパック 3500円 2Gバイト
データMパック 5000円 5Gバイト

 7Gバイトを利用する場合は、逆に値上がりになってしまう。例えば、単身者が7Gバイトのデータを使う場合の最安な組み合わせは、5Gバイトの「データMパック」に2Gバイトのデータを追加することだろう。この合計額は7000円。「Xiパケ・ホーダイ フラット」の5700円より、1300円も高い。

現行プランとの比較(3Gバイト使う場合)
プラン名 料金 データ量
Xiパケ・ホーダイ ライト 4700円 3Gバイト
データSパック+1Gバイト 3500円+1000円 2Gバイト+1Gバイト

現行プランとの比較(7Gバイト使う場合)
プラン名 料金 データ量
Xiパケ・ホーダイ フラット 5700円 7Gバイト
データMパック+2Gバイト 5000円+2000円 5Gバイト+2Gバイト

 新料金プランにはほかにも、1人で複数台の端末を持つための「2台目プラス」や、長期契約者優遇の「ずっとドコモ割」などがあり、内容は多岐に渡るため、詳細はほかの記事も参照してほしい。このように、新料金プランの全体像を見渡すと、家族でドコモを契約すると負担感が下がる一方、単身で契約している場合はそこまで大きな変化はない。むしろ、あまり通話をしないと、基本料が上がる事実上の値上げにもなる。データの使用量が多く、7Gバイトを使うといったときも同様で、特に1人で契約しているユーザーの負担感が大きいような印象を受ける。

 この料金プランからは、家族での契約を促し、解約率を低下させたいといったドコモの狙いが透けて見える。また、現時点での音声ARPUを考えると、カケホーダイの2700円という金額も絶妙な設定で、仮にドコモユーザー全員が新プランに移行すれば、音声ARPUはむしろ今より上がることになる。大幅な値下げと報じられることも多いドコモの新料金だが、当てはまらないケースがあることも念頭に置いておきたい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.