ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Bang&Olufsen」最新記事一覧

機能美にうっとり:
モジュールで拡張できるコンパクトでスタイリッシュなPC「HP Elite Slice」を試す
「できるだけ小さく、機能は豊富なPCを」というニーズに対し、HPは「モジュール式」で拡張できるミニPCという答えを出した。デザインにこだわりつつ、性能面やセキュリティ面でも妥協していない。(2017/8/11)

BIM/CAD:
VRで“オンリーワン”の家づくり、「社長の邸宅」プロジェクト
注文住宅・デザイン住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツデザインは、会社経営者などの富裕層に向けた家づくりプロジェクト「社長の邸宅」を開始する。VRを活用した設計手法や、プラットフォームサービスを利用して世界中のデザイナーとの協業を行い、“オンリーワン”の家づくりを支援するという。(2017/7/27)

日本HP、13.3型プレミアムノートPC「HP ENVY 13」など8機種を発表
日本HPは、アルミ筐体採用の13.3型プレミアムノートPC「HP ENVY 13」など計8機種の発表を行った。(2017/7/13)

Surface対抗 美しすぎる2in1 PC「HP Spectre x2」がHPから登場
12.3型ワイド液晶(3000×2000ピクセル)にBang & Olufsenスピーカー内蔵。(2017/7/13)

Google I/O 2017:
「Google Assistant」のiPhoneアプリ登場
Googleが、Appleの「Siri」と競合するパーソナルアシスタント「Google Assistant」のiPhoneアプリを米国のApp Storeで公開した。「Google Assistant」搭載のソニーやオンキヨーの製品も開発されている。(2017/5/18)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
“壁に貼る”有機ELテレビの衝撃――LGエレ「W7P」をソニー製モニターと比較試聴した
(2017/4/16)

ノートPCの内蔵スピーカーについて調査すべきこと
ノートPC選びで迷う、「有名ブランドのスピーカー内蔵」なら高くても買うべきか?
軽さや処理性能、バッテリーの持ちだけがノートPCの評価基準ではない。意外と満足度を左右するのが、内蔵スピーカーの性能の良しあしだ。内蔵スピーカーでがっかりしないための選定ポイントを紹介する。(2017/4/1)

PR:これまでのIT管理者が女性にモテない理由
女性目線だとこんなに違うビジネスPCの選定基準。社内PCの導入担当者は必読!(提供:株式会社日本HP)(2017/3/30)

keep reinventing:
PR:その上質さが感性を刺激する――「HPプレミアムPC」が目指す新しい価値
日本HPが期間限定イベント「HP Premium PC Event ‐丸の内PCオーケストラ‐」を開催中だ。同社でプロダクトマネージャーを務める岡崎氏に、「HPプレミアムPC」のコンセプトや、同イベントの趣旨について伺った。(2017/2/20)

デュアルカメラ搭載の「V20 PRO L-01J」、2月17日発売 新規やMNPなら一括1万円台に
ドコモが「V20 PRO L-01J」を2月17日に発売する。一括8万4888円(税込)だが、新規契約だと端末購入サポートが適用され、1万5552円まで割り引かれる。(2017/2/15)

ピュアな素材で作られたB&O PLAYのワイヤレスヘッドフォン「Beoplay H4」
完実電気はB&O PLAYブランドのワイヤレスヘッドフォン「Beoplay H4」を3月2日に発売する。「ピュアな素材とピュアなデザイン、ピュアなサウンドを重視して作られた」(完実電気)という。(2017/2/14)

30台のプレミアムPCを思いのままに「指揮」できる――日本HPが「丸の内PCオーケストラ」を開催
日本HPのプレミアムPCを体験できるイベントが「オアゾ丸の内」で開催中だ。目玉は、プレミアムPCを「指揮」して奏でるオーケストラだ。(2017/2/13)

日本HP、Kaby Lake搭載の13.3型2in1「Spectre x360」を発表 新色「ナチュラルシルバー」も登場
HPのプレミアムノートPC「Spectre」の2in1タイプがモデルチェンジする。CPUは第7世代Coreプロセッサに刷新。新しいボディーカラーとして「ナチュラルシルバー」を追加する。(2017/2/10)

ユーロピアンデザインのシックなネットワークスピーカー、「Beoplay M5」
Bang&Olfsen(バング&オルフセン)のカジュアルライン「B&O Play」からファブリック素材に身を包んだインテリア性の高いワイヤレススピーカーが登場した。(2017/1/20)

PR:オンもオフも、忙しい私をサポートしてくれるのはHPのモバイルノート
サクサク動作は当たり前。これからのPCは上質さで選びたい!(提供:日本HP)(2017/1/17)

美しい2in1:
画面が360度回転する15.6型ノートPC「Spectre x360」
Kaby Lakeを搭載した2in1版Spectre登場。(2017/1/5)

PR:見た目重視のオンナも、性能重視のオトコも惚れ込む! 刺激的なHPの最新モバイルノート
高いデザイン性と持ち運びやすさを中心とするモビリティ性を誇る日本HPのノートPC「Spectre 13」および「EliteBook Folio G1」。魅力的に映る部分は男性と女性で違うみたいですが……。(提供:日本HP)(2016/12/26)

車載情報機器:
マツダやスズキからも受注を増やすハーマン、サムスンが8640億円で買収
Samsung Electronicsは、Harman International Industriesを80億米ドル(約8640億円)で買収する。Harmanの2016年9月期の通期決算は、売上高が約70億米ドル(約7560億円)で、このうち65%を自動車関連が占める。買収により、2025年までに1000億米ドル(約10兆8000億円)に成長が見込まれるコネクテッドカー市場で存在感を高める。(2016/11/15)

端末別ハイレゾ対応度もチェック:
ハイレゾ対応は当たり前!? ドコモのスマホ新製品に見る“次の一手”
NTTドコモが発表した2016−2017年冬春商戦向けのスマホ新機種。ラインアップ中、5機種がハイレゾ再生に対応し、うち3機種はPCM変換ながらもDSD再生も可能だ。そしてメーカー各社は次の一手”を打ち出している。(2016/10/25)

グローバルモデルよりコンパクト:
「V20 PRO L-01J」がドコモから登場 動画・写真・音にこだわったスマホ
「LG V20」の日本版がドコモから登場する。V20の特徴的な機能はそのままに、ディスプレイサイズの変更、ボディーの防水・防塵(じん)化、おサイフケータイやフルセグの搭載など、日本向けのカスタマイズが施されている。(2016/10/19)

LG V20ベース:
auから「isai Beat」が登場 B&O PLAYチューニング×クアッドDACで超高音質オーディオ
auの2016年冬モデルとして、LGエレクトロニクス製の「isai Beat LGV34」が登場する。グローバルモデルの「LG V20」をベースとするauオリジナルモデルで、防水・防塵(じん)、おサイフケータイやフルセグにも対応している。(2016/10/18)

HP、ホームスピーカーのようなデスクトップPC「Pavilion Wave」を550ドルで発売へ
HPが家庭のインテリアに馴染みそうな三角柱のデスクトップPC「Pavilion Wave」を9月に549.99ドル(約5万7000円)で発売する。(2016/9/1)

ファンレス設計で頑丈ボディー――13.3型画面の「HP EliteBook 1030 G1」でビジネスは快適になるか
日本HPのビジネスモバイルPCのプレミアムラインに新型が登場した。快適なビジネスの役に立つのか、検証していこう。(2016/8/30)

ワイヤレスで行こう!:
ワイヤレスイヤフォンならではの機能性を凝縮! 北欧デザインもうれしいB&O PLAY「H5」を聴く
次期iPhoneでイヤフォンジャックがなくなるという噂もあって注目を集めるBluetoothイヤフォン。今回は、デンマークのオーディオブランド、B&O PLAYから登場した「H5」をチェックしていこう。(2016/8/1)

2016年PC夏モデル:
日本HPの13.3型ラグジュアリーモバイルPC「HP Spectre 13」は中身もぜいたくか?
“ラグジュアリー”を連想させるお決まりのカラーリングに、極限までスリム設計の「HP Spectre 13」に触れてみた。(2016/7/12)

「自由であること」――外に持ち出したくなる円盤型Bluetoothスピーカー「Beoplay A1」のこだわり
「B&O PLAY」から円盤型のポータブルBluetoothスピーカー「Beoplay(ベオプレイ) A1」が登場した。デザインを手がけたのは、デンマークを代表するインダストリアルデザイナーのセシリエ・マンツ氏。そのこだわりとは?(2016/7/5)

スニーカーっぽい? B&O PLAYから初のワイヤレスイヤフォン「BEOPLAY H5」登場
「B&O PLAY」ブランドの新製品は、同社初のワイヤレスイヤフォン「Beoplay H5」。ファッショナブルかつ実用的なデザインになっている。(2016/7/5)

HP、「GTX1080」搭載のVR ReadyなゲームPC「OMEN desktop」を8月発売へ
HPが「OMEN」ブランドのゲーム用ノートPCとデスクトップPCを今夏発売する。デスクトップPCは「VR Ready」で、グラフィックスカードをNVIDIAの「GTX1080」にアップグレードできる。(2016/5/27)

2016年PC夏モデル:
世界最薄13.3型モバイルノートPC「HP Spectre 13」の“妖艶な姿”にうっとりする
日本HPのプレミアムブランド「Spectre」に新モデルが登場。ダークグレーのボディーにブロンズゴールドを組み合わせた「ラグジュアリーデザイン」な外観を写真でチェックする。(2016/5/26)

重量は約1.11キロ、薄さ10.4ミリ
徹底レビュー:“世界最薄”ノートPC「HP Spectre」、プレミアム感で「MacBook」にどう挑む?
Hewlett Packardは新型のノートPC「HP Spectre」を発表した。現時点での“世界最薄”となる13.3型ノートPCで、デザイン性も高い最新モデルだ。この極薄ノートPCは、いくら払っても惜しくない性能なのだろうか?(2016/4/17)

10.4ミリ厚、約1.11キロ:
HP、USB Type-Cを3基備えた“世界最薄”ノートPC「Spectre」
米HPが発表した「Spectre」は、USB Type-Cを3基搭載し、世界最薄をうたう13.3型ノートPC。ブラックとゴールドのツートーンカラーも目を引く。(2016/4/6)

USB Type-C、WiGig:
最新インタフェースが魅力のSurface対抗2in1タブレット「HP Elite x2 1012 G1」
日本HPの“2in1”タブレット「Elite x2 1012 G1」は、キックスタンドを備え、マグネットで着脱するキーボードカバーを利用できる、いわゆるSurface対抗のモデルとなる。当初はビジネス向けモデルのみだったが、2016年2月より個人向けモデルも販売開始され、がぜん注目を集めている。(2016/3/25)

AMD×Bang&Olufsen:
PR:ビジネスノートに高級ブランドのスピーカーは必要なの?
日本HPの「Elitebook 725G3」は、税別7万円台から購入できる高コスパを実現しつつ、老舗オーディオビジュアルメーカーのBang&Olufsenが手がけたプレミアムスピーカーを内蔵する12.5型ビジネスモバイルノートPCだ。でも実際のところ、ビジネスマシンにそのスピーカーは必要なの……?(2016/3/1)

Mobile World Congress 2016:
HP、Windows 10 Mobileスマホ「Elite x3」を発表 日本でも2016年夏頃に発売予定
HPが、同社初となるWindows 10 Mobileスマホを発表。プロセッサにSnapdragon 820を搭載するハイスペックモデルで、防じん・防水・耐衝撃性能も備える。日本でも2016年夏に発売予定だ。(2016/2/22)

コストパフォーマンスの優等生:
AMDの新世代クアッドコアAPUとM.2規格のSSDを搭載しながら8万円切りを実現する「HP EliteBook 725 G3」
AMDの新APU「A8 Pro-8600B」を搭載することで、さらにパワーアップした日本HPのビジネスノート「HP EliteBook 725 G3」を紹介しよう。(2015/11/27)

仕事から遊びまで:
パフォーマンスをギュッと凝縮した万能型ハイエンドミニタワーPC「HP ENVY 750-180jp/CT」の性能を徹底検証
ミニタワーにハイエンドの魅力を詰め込んだ「HP ENVY 750-180jp/CT」は、1台でなんでもこなしてほしい欲張りなユーザーにピッタリだ。スタイリッシュなボディからパフォーマンスまで、徹底的にチェックしよう。(2015/10/31)

2015年PC秋冬モデル:
質感と剛性を両立したプレミアム2in1ノート――「HP Spectre 13-4100 x360 Limited Edition」
アルマイト加工を施したアルミ削り出しボディに、第6世代Coreプロセッサ、SSD、長時間動作のバッテリー、広視野角な13.3型のIPS液晶ディスプレイ、デュアルスピーカーなどを備えるプレミアムモバイルが日本HPから登場する。(2015/10/20)

日本HP、法人向けPC「EliteBook」「EliteDesk」新モデルなど計17製品を投入
日本ヒューレット・パッカードは、ノートPC/デスクトップPCなど法人向け製品計17モデルの発表を行った。(2015/10/15)

IFA 2015:
ピニンファリーナのヘッドフォンも――IFAで目をひいた“おしゃれオーディオ機器”たち
日本のオーディオショーとはひと味違う。デザインへのこだわりが強い欧州ならではのオーディオ機器を“天野透セレクト”でお届けしよう。(2015/9/11)

このキーボードはいい:
11.6型ディスプレイ2in1 PC「HP Pavilion 11-k000 x360」の“7万円前後の使い勝手”を試す(前編)
価格競争力を重視した日本HPの2in1 PC。見た目鮮やかなデザインが目を引くが、その使い勝手は「お値段以上」なのかいなか? (2015/8/19)

動画編集も大量のRAW現像も:
HPの最上位級ゲーミングPC「ENVY Phoenix 850」のゲームだけじゃない性能をチェックする(後編)
ゲームユーザーだけでなくクリエイターにも注目してもらいたいHPのタワー型最上位モデル。今回は、“Haswell-E”世代CPUと内蔵水冷ユニットの実力に迫る。(2015/8/5)

自由自在なLED設定にも注目:
HPの最上位級ゲーミングPC「ENVY Phoenix 850」のゲームだけじゃない性能をチェックする(前編)
ゲーミングPCというには気品を感じさせるデザインのENVYは、ゲームユーザーだけでなく、クリエイターにも注目してもらいたいタワー型PCだった。(2015/8/4)

この価格でこの処理能力とは:
Core i5にBlu-rayで7万9800円──「HP Pavilion 23」の“費用対効果”に驚く(後編)
日本HPの2015年夏モデルで登場した23型ディスプレイ一体型PCを検証する後編では、処理能力と“騒音”をじっくりとチェックする。(2015/7/8)

2015年PC夏モデル:
日本HP、色が変わってCPU温度を合図する「HP ENVY Phoenix 850」などデスクトップPC新モデル発表
手の平サイズのコンパクトPCでは、CPUにCore i5シリーズを採用したハイパフォーマンス構成モデルも登場した。(2015/7/8)

2015年PC夏モデル:
日本HP、性能もデザインもハイエンドな「HP ENVY 17」とエコノミーな「HP 15」発表
ENVY 17は、トップカバーと底面にアルミ素材を取り入れたほか、パームレストにHP Imprintを採用。キーボードトップには3層コーティングを施した。(2015/7/8)

2015年PC夏モデル:
日本HP、USB Type-C搭載「HP Pavilion x2 10」と3枚ギア採用「HP Pavilion 11 x360」──2in1 PC 2モデル投入
Pavilion x2 10は、本体とキーボードユニットで構成する着脱式。Pavilion 11 x360はディスプレイが360度開いて変形。どちらも“4モード”の使い分けが可能だ。(2015/7/8)

そしてスピーカーはB&O PLAY:
Core i5にBlu-rayで7万9800円──「HP Pavilion 23」の“費用対効果”に驚く(前編)
日本HPの2015年夏モデルで登場した23型ディスプレイ一体型PCのコストパフォーマンス重視ながら、デザインと処理能力をじっくりとチェックする。(2015/7/7)

日本投入も計画中:
HPが“USB Type-C”搭載のWindowsモバイルPCを発表――「Pavilion x2」実機リポート
USB Type-Cコネクタ搭載のWindowsモバイルPC「Pavilion x2」がHPから登場。同社がシンガポールで開催したメディア関係者向けイベントにて公開された実機をチェックする。(2015/6/18)

2015年PC夏モデル:
新デザインボディを大幅導入した日本HP個人向けデスクトップPCが登場
多くのシリーズでボディデザインを一新。同時発表のディスプレイでは“テクニカラー認証基準”をクリアしたモデルが登場する。(2015/5/27)

5月3日オープン:
GWを満喫するための魅力がいっぱい! オープン前の「二子玉川 蔦屋家電」を見学してきた
CCCが“生活提案型”ショップ「二子玉川 蔦屋家電」を5月3日にオープンする。なぜ家電なのか? なぜ二子玉川なのか? オープン前の蔦屋家電でその理由を探ってきた。(2015/5/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。