ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトバンク クリエイティブ」最新記事一覧

山浦恒央の“くみこみ”な話(84):
猫でも使えるソフトウェアのテスト網羅(1):基本のC0パス・カバレッジ
ソフトウェアのバグが全て取れたか?は開発における最大の関心事でしょう。網羅的テストはもちろんですが、その前に単体テストが必要です。代表的な手法である「制御パス・テスト」の基礎を紹介していきます。(2016/4/15)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ボーイング787の導入で何が変わったのか?
日本から未就航だった都市へ、新規路線の開設ラッシュが続いている。その立役者として活躍するのが、ボーイング787だ。“ドリームライナー”の愛称を持つ787は、何を実現したのか?(2016/1/6)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
キャセイパシフィック航空が70機目のボーイング777を受領
キャセイパシフィック航空は2015年9月、70機目となるボーイング777を受領した。同社の国際線ネットワークの拡充と、その戦略における777の位置付けを考察する。(2015/11/13)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
ドバイからパナマへ、エミレーツ航空が“世界最長路線”を開設
中東アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを拠点にするエミレーツ航空が2016年2月、世界最長となるドバイから中米パナマへの直行便を開設する。これまでの世界最長はどこを結ぶ路線だったか? 新しい路線で使用する機材は?(2015/9/11)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
異国の地で奮闘するJAL社員の空港業務を見てきた
海外の空港での仕事は、成田、羽田など国内の大規模空港とはまた違った苦労や醍醐味がある。マレーシアのクアラルンプール国際空港で活躍するJALの緒方奈美さんに話を聞いた。(2015/7/23)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
エアバスの最新鋭機A350XWBに日本の技術はどう貢献している?
日本でもJALが導入予定のエアバス「A350XWB」。この最新鋭機に、日本の技術が貢献していることをご存じだろうか。製造が進む欧州各地の生産拠点のうち、南仏トゥールーズの本社工場と、独ハンブルク工場を訪問。日本の技術と、この最新鋭機とのつながりについて考察した。(2015/5/25)

ナレッジワーキング!!・最終回:
ベスト・オブ・知的生産術――5年半の連載記事を振り返る
2009年に記事執筆を始めてから実に5年半に渡って誠 Biz.IDで連載をしてきました。最終回となる今回は、これまでの約300本の記事の中から選りすぐりの5本をピックアップ。(2015/2/18)

ナレッジワーキング!!:
人気オウンドメディア企業LIGに学ぶ、自分流情報発信のコツ
自社のサービスやブランドの認知度を自前のメディアを運営することで高めていくオウンドメディアが活発です。スタート当初は懐疑的なメンバーもいたというLIGの戦略を岩上社長に聞きました。(2015/2/4)

ナレッジワーキング!!:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(後編)
SWOT分析を使って有名企業のビジネス戦略を立案してみる第2回。「機会」と「脅威」をPEST分析を使って整理してみます。(2015/1/28)

ナレッジワーキング:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(前編)
名物社長だった高田明さんが引退を表明し、息子の旭人さんが後を継ぎました。もしもあなたが後継社長だったとしたら、今後どのような事業戦略を打ち立てますか? フレームワークの使い方を学びます。(2015/1/23)

ナレッジワーキング!!:
首痛、肩こり、けんしょう炎の治療に学ぶ「根治フレームワーク」
健康上の問題もビジネス上の課題も対処療法では解決しきれないことがあります。その課題の原因は何なのか? インフルエンスダイヤグラムで追及してみましょう。(2015/1/14)

“わがまま(快適)な買い方“を実現したその裏側:
老舗メガネチェーンが挑んだ、「先攻型オムニチャネル」の考え方
オムニチャネル化のためのIT投資に、企業は何を考えるべきか。「メガネスーパー」が率先して実践したオムニチャネル戦略の好例を、オムニチャネル/デジタルマーケティングの開拓者 グランドデザインの小川和也氏に解説してもらった。今後のIT投資の考えるうえでの参考にしてほしい。(2015/1/14)

ナレッジワーキング!!:
効率的なインターネットは人間らしさを喪失させていくのか?
タイの田舎リゾートで休暇を過ごした筆者。のどかに思えるリゾートにもネットとモバイルの波は押し寄せていました。この先、どんどん効率化が進んだらどうなってしまうのでしょうか?(2015/1/16)

ナレッジワーキング!!:
見慣れた景色から「発見」を見つけ出す方法
「ラッキーカラーは赤だよ!」と言われると、いつもの通勤路でも「やたらと赤が多いな」と意識し始めてしまいます。これをカラーバス効果と呼びます。(2015/1/7)

ナレッジワーキング!!:
新幹線もならった! 解決策に行き詰ったら大自然に学ぼう
京都まで新幹線に乗っていきました。そして、超特急を支える数々の「ネイチャーテクノロジー」に見入ってしまったのです。(2014/12/3)

ナレッジワーキング!!:
整理が下手な人を助ける「LATCHの法則」
そろそろ、年末年始の大掃除の時期です。今年こそLATCHの法則をヒントに、身の回りのアイテムをスッキリ整理して、新年を過ごしてみませんか?(2014/11/26)

ITエンジニアの未来ラボ(2):
JAZUG/html5j設立者たちが語るコミュニティ参加のおいしい話
ITエンジニアは未来に向けてどのような道を歩むべきかを探る@ITの特集「ITエンジニアの未来ラボ」。第2回は、JAZUGとhtml5jという日本を代表する開発者コミュニティの設立に携わった橋本圭一氏と白石俊平氏にコミュニティ参加のメリットなどを語っていただいた。(2014/11/25)

ナレッジワーキング!!:
「すばらしいアイデア」に要注意、スタートアップを始める前に
「世界を変えるアイデアだ」――それを思いついたのは、あなた1人だけとは限りません。アイデアは温めるよりも、まずは世の中に出してみるべきです。(2014/11/19)

ナレッジワーキング!!:
100個のダンボール箱を前にひねりだしたフレームワーク
最近、引っ越しをした筆者。家財道具と100箱のダンボールを前に、効率よく荷ほどきするためのフレームワークを考え出したといいます。(2014/11/5)

ナレッジワーキング!!:
ビジネスの秘密は紙ナプキンの裏に
ノートPCの元祖、新興LCCの雄、ネット通販の巨人、この3社に共通するものといえば? 彼らは、ふとした瞬間に浮かんだアイデアが霧散してしまう前に紙ナプキンに書きとめたのです。(2014/10/29)

ナレッジワーキング!!:
ニュースな数字も「見える化」すれば怖くない
「国の借金1000兆円」「2050年には65歳以上が4割」。数字で語られるニュースは分かったような気にになりがちですが、具体的なイメージはしにくいもの。図にまとめ直すことで分かりやすくなります。(2014/10/22)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
「1カ月半で売上を倍増せよ!」
これまでに学んだ図解思考の会議術を用いて「社長から課せられたタスク」を解決してみましょう。会議は、創造的でエネルギッシュなものに変えられます。(2014/10/15)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
うまいアイデアが浮かばないときのヒント集
さまざまな制約からすぐに実行可能な解決策が思い浮かばない場合もあるでしょう。今回は、そんなときに使いたいアイデアづくりのヒントをいくつか紹介します。(2014/10/8)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ケーススタディ:イベントの段取りを決める
プロダクトリーダーとしてイベント出展に関するタスクの割り振りをします。あなたは、どのようにホワイトボードにまとめていきますか?(2014/10/1)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ケーススタディ:社内の衝突を解決する
最近、営業部と開発部の間がギクシャクしています。営業担当者が受注してきた案件が後から導入不可能なものだと発覚したり、無理なスケジュールで導入時に不具合を起こしたり……(2014/9/24)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
議論を図にまとめるための「分ける技術」
分けて、生み出し、最後にまたまとめる。この3つのプロセスに問題解決会議の成功のカギが隠されているのです。(2014/9/17)

たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
会議室が不要になる日
人間の集中力が続くのはせいぜい20分程度。会議によるアウトプットを重視するならホワイトボード前での立ち話で終わらせるのが正解です。(2014/9/10)

【新連載】たった15分で話がまとまる図解思考の会議:
ダメ会議をやる会社のココがダメ!
企業の競争力の差はどこに一番出るのでしょうか? それは「会議」です。ダメ会議を即刻とりやめ、劇的に生産性の高まる新しいミーティング技術を身に付けてみませんか?(2014/9/3)

ナレッジワーキング!!:
もしも「松田聖子のディナーショー」をプロデュースするなら?
「マーケティング」というと、とっつきにくいイメージがあるかもしれません。でも、馴染みのある分野の戦略を考えてみると、とたんに分かりやすくなるものです。(2014/8/20)

ナレッジワーキング!!:
フレームワークを使ってスタバを勝手にカイゼンしよう!
約50人に、普段使っているスターバックスの改善点を考えてもらいました。出されたアイデアに優先順位を付けるにはペイオフ・マトリクスが有効です。(2014/8/13)

ナレッジワーキング!!:
僕らは確率の世界に生きて、確率の世界で死ぬ
最近、飛行機の墜落事故が連続して発生しました。ある統計によれば飛行機に乗って事故にあい、死亡する確率は0.009%だといいます。(2014/8/6)

【最終回】マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
“あいまいな表現”はロジカルシンキングの大敵
たわいのない会話でも、深く(クリティカルに)考えると不思議に感じることが増えてきます。波風を立てる必要はありませんが、自分の中で「なぜ?」「何が?」と問い尋ねる習慣をつければ、「考えの浅い人」から卒業できます。(2014/7/31)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
そのセール品、本当に“買い”なのか――マッキンゼー流“衝動買い防止法”
耳に入ってきたニュースの裏を考えること、たまたま通りかかった店の前で購入前に考えること――深い思考(クリティカルシンキング)を鍛える場面は日常のいろんなところに潜んでいます。(2014/7/24)

ナレッジワーキング!!:
「○○放題」ビジネス全盛時代、あなたに「売り物」はありますか?
映像や書籍といったコンテンツがオンライン化すると、ユーザーの物理的な所有欲が薄れ、利用ベースのサービスが乱立します。コンテンツそのものから稼ぐことが難しくなったら、どうしますか?(2014/7/23)

新米上司にありがちな失敗 「自分のことでいっぱいいっぱいに……」
新米上司となったものの、新たな立場での悩みは尽きない……。そんな人のために、実際の声を元に新米上司の悩みに答えてくれる書籍を紹介。(2014/7/17)

ナレッジワーキング!!:
地頭の良さと頭の良さは別モノ
多くの企業が求める人材の条件として「地頭の良さ」を挙げています。「頭の良さ」との違いは何なのでしょうか?(2014/7/16)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
見極めるための考え方を身に付ける7つの習慣
普段何気なくやってしまっていることでも、「だから何?」を意識することで、浅い考え方ではなく、物事の本質を見極められる深い思考(クリティカルシンキング)ができるようになるのです。(2014/7/10)

ナレッジワーキング!!:
なぜ使いこなせない? 間違いだらけのビジネスフレームワーク
ビジネスフレームワークに関する書籍はたくさん出ています。ところで、成果に結び付くように使いこなせていますか? 大事なのは自分なりのアプローチで使いこなすことです。(2014/7/9)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
「だから何?」「それはなぜ?」
問題を解決したいのに、ただの愚痴の言い合いになっている場合、考えが浅いのかもしれません。「So What?(だから何?)」「Why So?(それはなぜ?)」と問いを挟むことで、クリティカルに考えられ、問題解決の糸口が見えてくるかもしれません。(2014/7/3)

ナレッジワーキング!!:
Web上でも一人ひとりに応じたおもてなしの心が重要
Web上での顧客との関わり方は、より“一人ひとりへのおもてなし”へと変化しています。そのために必要なのは、おもてなしのアルゴリズム化。これは日本人にしかできない作業でしょう。(2014/7/2)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
LCCの安全基準や航空機の整備手順は、大手とどう違うのか?
前回はパイロット不足で大量欠航に追い込まれているLCCの独自体質や弱点について伝えた。では、安全面についてはどうか? 効率性を重視するLCCでは、航空機の整備でも大手と違いはあるのか? 取材したジェットスター・ジャパンを例に報告する。(2014/6/27)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
重箱のおせちを正月以外に売りなさい
「おせち料理は伝統的な和食である」「長距離バスは疲れる」――それらは思い込みかもしれません。クリティカルに考える人は、思考の枠を取り払うことで、新しい発想を生み出すのです。(2014/6/26)

ナレッジワーキング!!:
グロースハッカー――急成長の「仕掛け人」になろう!
ハッカーと聞いて「怖い人?」と思うのは勘違いです。最近話題のグロースハッカーが活躍できる現場は非常に多いのですが……。(2014/6/25)

マッキンゼー流入社1年目 ロジカルシンキングの教科書:
宅配ピザは40分で届けなさい――マッキンゼー流思考術
わたしたちはつい「知ってるつもり」「分かってるつもり」で物事をとらえがちです。しかし、クリティカルに思考する人は物事を深く考えます。どのように深く考えるような人になれるのでしょうか。その3つの基本姿勢のうち、1つを紹介します。(2014/6/20)

ナレッジワーキング!!:
ムダを探せ!
ビジネスにおいて「ムダだなあ」と思うことを放置していませんか。ムダな部分にこそ新たなビジネスチャンスの種があるのです。(2014/6/18)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
パイロット不足で国内LCCが大量欠航――その背景にあるものは?
ピーチ・アビエーションやバニラエアなど国内LCCでパイロット不足が深刻化し、相次いで運航中止に追い込まれる事態が続いている。その背景では、何が起こっているのか?(2014/6/13)

ナレッジワーキング!!:
ビジネスに必要な視点はデジタルカメラが教えてくれた
物事を分析するときには、まったく異なる2つの視点から見ることが重要です。カメラ用語には「視点」「ビジョン」「フォーカス」など、モノの見方に関するキーワードがちりばめられています。(2014/6/12)

ナレッジワーキング!!:
残念なプレゼンは、なぜ眠くなるのか?
もしもあなたが不眠症で困っているならば、睡眠導入剤を服用するよりも、つまらないプレゼンを聞くことをオススメします。それくらい、残念なプレゼンは眠くなる要素が満載です。(2014/6/4)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
シートと機内食に見るファーストクラスのニュートレンド
キャビン最前方の仕切られた空間に、ごく限られた数だけ設置されているファーストクラス。閉ざされたカーテンの向こう側には、どんな世界が広がっているのか? 豪華シートと機内食から、この最上級クラスのニュートレンドを探ってみる。(2014/5/30)

ナレッジワーキング!!:
その会議には、何人の船頭が参加していますか?
「船頭多くして船山に登る」ということわざにもある通り、多人数でやる会議では物事が決まらなくなりがちです。意思決定のスピードを早めるにはどうしたら?(2014/5/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。