ニュース
» 2011年02月24日 13時03分 UPDATE

世界最薄、新型Xperia、Android 3.0――ドコモ、Androidスマートフォンとタブレットを発表

ドコモのAndroidスマートフォンとタブレット端末3機種が発表された。厚さわずか7.7ミリの「MEDIAS N-04C」と、グローバルモデルでもおなじみの「Xperia arc SO-01C」、Android 3.0搭載のタブレット「Optimus Pad L-06C」が3月から順次販売される。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが2月24日、2011年春商戦向けのAndroid新モデルを発表した。

 今回投入するのは、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製「MEDIAS N-04C」(3月15日発売)、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「Xperia arc SO-01C」(3月24日発売)、LGエレクトロニクス製「Optimus Pad L-06C」(3月下旬発売)の3機種。MEDIAS N-04CとXperia arc SO-01Cは3月4日から、Optimus Pad L-06Cは3月15日から予約を受け付ける。

photophoto 「MEDIAS N-04C」(左)と「Xperia arc SO-01C」(右)
photo 「Optimus Pad L-06C」
photo 発表会で新機種について説明するドコモの山田隆持社長。Optimus Pad L-06Cについては「ビジネスでも使い勝手がいい」とアピールし、「法人関係でソリューションを付けて提供したい」と話した

 MEDIASは、スマートフォンでは世界最薄となる7.7ミリの薄さと、約105グラムの軽量ボディを実現。OSはAndroid 2.2を搭載し、Flash 10.1にも対応する。キズがつきにくいCorning Golliraガラスや、ステンレスと樹脂のハイブリッドフレームを装備しており強度も高い。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信もサポートし、1台目としても利用しやすい。

 Xperia arcは、1月に海外で発表されたグローバルモデルのドコモ版。最薄部8.7ミリの薄型ボディに、4.2インチのフルワイドVGA液晶やExmor R for mobile搭載の810万画素CMOSカメラを装備している。液晶パネルと強化ガラスの空気層をなくす「クリアブラックパネル」や、高輝度・高コントラストな「Reality Display」、写真や動画を美しく再生する「モバイルブラビアエンジン」などを採用し、液晶の表現力にもこだわった。

 Optimus Padは、タブレット向けの最新OSであるAndroid 3.0を採用したモデル。ディスプレイサイズは8.9インチ(1280×768ピクセル)。デュアルコアプロセッサのTegra2により、タッチパネルの基本操作から3Dゲームまでを快適に楽しめる。ステレオスピーカーやHDMI接続など、AV機能にも注力した。2つのアウトカメラを使った3D撮影も可能だ。6400mAhという大容量のバッテリーを搭載しているのも特長で、別売の卓上ホルダに設置して充電できる。

photophotophoto 左からMEDIAS、Xperia arc、Optimus Padのホーム画面

 あわせて、スマートフォン向けサービス「spモード」を拡充。Android マーケットで販売されている日本円の有料アプリ代金を、ドコモの毎月の利用料と一緒に支払うことが可能になる。開始時期は3月下旬を予定。スマートフォンのアドレス帳をドコモのサーバにバックアップする「spモード電話帳バックアップ」アプリも3月中旬から提供する。基地局を利用した位置情報も3月下旬〜4月上旬に提供し、2〜3秒という短時間の測位で交通、ショップ検索などコンテンツプロバイダーが提供する情報を取得できる。

 iモード端末向けに提供されていた動画配信サービス「BeeTV」が、3月末からドコモのスマートフォンでも利用できるようになる。料金は月額315円で、ドラマや音楽など、iモードと同じコンテンツを視聴できる(一部の視聴年齢制限番組を除く)。動画はBeeTVの専用プレーヤーを用いて再生する。

photophoto spモードの決済機能をAndroid マーケットにも対応させる(写真=左)。データ端末用のプランを利用している場合でもspモードの適用が可能になる(写真=右)
photophoto 「BeeTV」がスマートフォンでも利用可能に(写真=左)。今回の新機種3モデルには取扱説明書コンテンツ「eトリセツ」をプリインストールする(写真=右)
photo 発表会には、ドコモ スマートフォンのCMに出演している石野真子さんと朝倉あきさんも駆け付けた。左から朝倉さん、山田社長、石野さん。石野さんはMEDIASについて「こんなに薄いものは初めて見た。お母さん世代の方にも安心して使ってもらいたい」、朝倉さんは「ピンクのXperia arcは鮮やかでスタイリッシュ。女性の注目を集めそう」と感想を話した

新モデルの主な特徴
機種名 特徴 詳細記事 写真記事
MEDIAS N-04C スマートフォン世界最薄の7.7ミリ、約105グラムという薄型軽量ボディを実現。素早く撮影できるクイックショット、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など、ケータイとしての使いやすさにも注力した。メールやTwitter、mixi、Facebookでのコミュニケーション履歴を見られるアドレス帳も採用。OSはAndroid 2.2。3月の発売を予定。 詳細記事
Xperia arc SO-01C Xperia SO-01Bの後継モデル。グローバルモデルとほぼ同じ仕様で、最薄部8.7ミリのスリムボディ、4.2インチのReality Display、Exmor R for mobile対応の810万画素CMOSカメラなどが特徴。日本語入力システムは「POBox Touch 4.0」に進化した。OSはAndroid 2.3。3月中旬〜下旬の発売を予定。 詳細記事 写真記事(海外版)
Optimus Pad L-06C タブレット向け最新OSであるAndroid 3.0を搭載したモデル。8.9インチの大型ディスプレイとステレオスピーカーで、映像コンテンツを存分に楽しめる。独自UIでホーム画面をより直感的に操作できるほか、Flash 10.1対応でブラウザも使いやすい。6400mAhという大容量バッテリーも装備している。3月に発売予定。 詳細記事

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.