連載
» 2015年08月06日 08時00分 UPDATE

Windows 10のツボ(1):Windows 10の新しい「タッチパッドジェスチャー」を使いこなす

Windows 10で新たに追加されたタッチパッドのジェスチャー機能で、エクスプローラやウィンドウの操作がより快適になった。使い方をマスターして作業効率を上げていこう。

[山口恵祐,ITmedia]

劇的に進化したジェスチャー機能

 「Windows 10」では、主にノートPCや2in1デバイスに搭載されるタッチパッドを複数の指で操作することで、さまざまな機能を直感的に利用できる「タッチパッドジェスチャー」が大幅に強化された。

 新たにサポートされたジェスチャー機能を使えば、Windows 10で追加された仮想デスクトップや、タスクバー上の検索ボックス、アクションセンターを簡単に呼び出すことができる。

 ジェスチャー機能を利用するには、PCに「高精度タッチパッド」が搭載されている必要があり、全てのWindows PCが対応しているわけではない。使用しているPCが高精度タッチパッドを搭載しているかどうかは、「スタート」→「設定」→「デバイス」→「マウスとタッチパッド」の項目を開くことで確認できる。

高精度タッチパッド 設定で「お使いのPCには高精度タッチパッドが用意されています」と表示されていれば、Windows 10のジェスチャー機能が利用可能だ

 個人的に、このジェスチャー機能はWindows 10で1番の進化ポイントと感じている部分だ。ぜひ活用していただきたい。今回は「Surface Pro 3」で試した。

3本指でタップ

 タッチパッドを3本指でタップすると、Windows 10で新たに追加されたタスクバー上の検索ボックスが開き、Webやローカルファイルの検索、または音声アシスタント「Cortana」が使用できる(日本語版Cortanaは数カ月以内にWindows Insider Programで登場予定)。また、設定の「マウスとタッチパッド」で、アクションセンターを開くように変更することも可能だ。

検索ボックスアクションセンター 設定で3本指でタップしたときの機能を検索ボックス(画像=左)か、アクションセンター(画像=右)から選択できる

3本指で上へスワイプ

 タッチパッドを3本指で上へスワイプすると、タスクビューが開き、今起動しているソフトウェアが一覧表示される。ウィンドウが一覧表示されたら、マウスカーソルかタッチで開くウィンドウを選択する。

3本指で上へスワイプ 3本指で上へスワイプすると、ウィンドウが一覧表示される

3本指で下へスワイプ

 タッチパッドを3本指で下へスワイプすると、開いているウィンドウが最小化され、デスクトップが表示される。その状態で再度上にスワイプすると、最小化する前の状態に戻る。

3本指で下へスワイプ3本指で下へスワイプ 3本指で下にスワイプすると、開いていた全てのウィンドウが最小化し、デスクトップが表示される(画像=左)。再度上にスワイプすると元の状態に戻る(画像=右)

3本指で左または右にスワイプ

 3本の指で左または右にスワイプすると、今開いているウィンドウを切り替えることができる。従来の「Alt+Tab」による切り替えと同じ役割となる。設定の「マウスとタッチパッド」で、この機能をオフにすることも可能だ。

3本指で左または右にスワイプ タッチパッドから手を離さずにタスク切り替えができるようになった

→・Windows 10で追加された「ショートカットキー」を覚えよう

「Windows 10のツボ」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.