ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IT革命」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IT革命」に関する情報が集まったページです。

「終身雇用」「年功序列」終焉の理由に迫る:
なぜ、「日本的人事戦略」は機能しなくなったのか?
年功序列、終身雇用といった“日本的人事”戦略が崩壊し始めている。なぜ今、これまでのやり方が否定されているのか――。その理由を探った。(2019/6/11)

武闘派CIOに聞く、令和ニッポンの働き方改革【後編】:
日清食品HDのIT部門トップに聞く 「変化に強いリーダー」はどうやったら育つのか
これまでの当たり前を疑える目を持ち、社内外からさまざまな情報を集めてくるフットワークの軽さがあり、変化に対応できる柔軟なマインドを持っている――。そんな“変化の時代に必要とされるリーダー”は、どうやったら育つのか。(2019/6/4)

武闘派CIOに聞く、令和ニッポンの働き方改革【前編】:
日清食品HDの知られざる「IT革命」とは? 変革の立役者に直撃
40年間使い続けた古いシステムを撤廃、ビジネスの課題を解決できるIT部門へ――。そんな大きな変革プロジェクトでIT賞を受賞したのが日清食品ホールディングスだ。2013年、CIO(chief information officer)に就任した喜多羅滋夫氏は、どんな方法で昔ながらのIT部門を“戦う集団”に変えたのか。プロジェクトの舞台裏に迫った。(2019/5/15)

迷走する日本のデジタル改革:
「デジタルトランスフォーメーションへの挑戦」に向けて日本企業が考えたいこと
世界が大きくデジタル変革の動きを見せる中、日本と世界では大きな温度差があった。その差はどこから生まれたのだろうか。“ガラパゴス化”したデジタルトランスフォーメーションとならないためにも、いま日本企業が考えるべきことは何か。(2019/4/24)

迷走する日本のデジタル改革:
デジタルトランスフォーメーションの本質と必要性「DXをデジタル技術でなく歴史観から捉えよ」
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、一般に「ITを活用して社会や生活をより良いものにするもの」という意味である。しかし、今の日本企業が進めようとするDXはこの定義から懸け離れているようにも思える。グローバルで考えられているDXとどこが違うのか。(2019/4/10)

イノベーションのレシピ:
ガラスが舞い踊りIoT化する、AGCがオープンイノベーションを強化
AGCは、東京都内で会見を開き、同社のオープンイノベーション戦略と協創プロジェクト「SILICA」について説明した。(2018/12/13)

iPadルネサンス――文芸復興を目指した新しい「iPad Pro」
全てが新しくなった「iPad Pro」は、どこ一つをとっても新鮮な驚きに満ちた製品だ。その魅力を林信行氏が解説。「あの男の復活を感じた」(林信行)(2018/11/7)

IoTのイノベーションは問題解決から(3):
IoTやAIは魔法のつえじゃありません!
今回はIoT導入における落とし穴についてお伝えしたいと思います。(2018/10/17)

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”
定着し過ぎて、逆に思い出せない。(2018/8/27)

人文社会科学の学生も“AIを使いこなす人材”に 関西学院大、日本IBMとプログラム開講
関西学院大学と日本IBMが、AIを“使いこなす”人材を育てるプログラムを、2019年4月から同大学の生徒向けに開講する。(2018/7/10)

仮想通貨の熱烈な支持者:
Appleの共同創業者ウォズニアック氏、「ブロックチェーンと仮想通貨が広く普及するまであと10年」
米Appleの共同創業者、スティーブ・ウォズニアック氏が、オーストリアで開かれたテクノロジー関連カンファレンスで、仮想通貨とブロックチェーンが築くであろう技術の未来について語った。(2018/5/18)

自動車技術:
自動車の進化とともに100年に一度の変革期を乗り越える
自動車業界における100年に一度の変革期とは何か、電動化の時代に向けた備えとは。国内外の自動車産業を取材・分析してきた自動車調査会社 フォーインの久保鉄男社長に話を聞いた。(2018/5/8)

2017年のAppleと、これからのApple――林信行が2017年を総括
2017年はどんな年だったか? そこから2018年はどんな年になりそうか。林信行が読み解く。(2017/12/31)

CEATEC 2017:
「Society 5.0」のショールーム目指すCEATEC、ITとエレは産業のつなぎ手に
「CPS/IoTの展示会」として生まれ変わって2年目を迎える「CEATEC JAPAN 2017」がいよいよ開幕する。日本政府が成長戦略の中核として推進する「Society 5.0」のショールームとしての位置付けを強くしている。開催概要と開幕前夜のレセプションの様子をお伝えする。(2017/10/3)

東京五輪へ連れてって:
体操界に遅れて来た“IT革命”――採点の常識覆す、富士通の挑戦
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、富士通が体操競技の「自動採点支援システム」の開発を進めている。体操界に“IT革命”は起きるのか。(2017/9/14)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンが「流行らなくていい」理由 マストドン会議3レポート その2
マストドン会議3、UEI清水亮社長のパートだ。(2017/6/11)

CADニュース:
IoT時代の設計へ、実機データと3D CADをつなぐ「Creo Product Insight」を発表
PTCは3D設計ツール新製品「Creo 4.0」の最新アップデートとして、「コネクティビティ設計」ツール、3Dプリント連携システムに関する追加情報、ARデータ出力ツールについて明かした。(2017/4/14)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(終):
銀行員も知っておきたいブロックチェーンの仕組み、業務への応用事例と留意点
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。今回は、ブロックチェーンの仕組みを概説し、その特徴を踏まえて、FinTechや銀行業務での活用形態、システム化に向けた留意点について解説します。(2017/2/15)

0.5歩先の未来を作る医療IT
IT化が進まない理由――紙が残ってしまうことで、電子カルテの導入効果がダウンする
紙カルテのワークフローを残したまま電子カルテを利用しようとすると、結果的には二度手間が生まれがちだ。電子カルテの「ITならではのメリット」を正しく理解する必要がある。(2016/12/28)

BIMで変わる建設業の未来(3):
米国の最新現場に見る、テクノロジーで変革する建設業の今
BIMを筆頭に、建設業界に関連する最新技術の活用状況の現在と、今後の展望について解説していく本連載。第3回ではBIMやICTの登場で変化しつつある米国の最新現場の様子を紹介しながら、今後の建設プロセスの展望を探る。(2016/12/19)

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
「ハイパーコンバージドインフラ」って何ですか?
仮想化業界で注目を集めている「ハイパーコンバージドインフラ」の特徴を整理します。あわせて、要素技術である「Software-Defined Storage」も紹介します。(2016/11/25)

フルスクラッチからパッケージ活用へ 人事ローテーションも断行したサッポログループマネジメントのIT改革
サッポログループマネジメント 取締役 グループIT統括部長 石原 睦氏が、国際的なM&Aを進めるなかでのIT組織の改革やシステム統合について、サッポログループの取り組みを解説した。(2016/10/26)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:不正侵入対策編【前編】
学校システムへの不正侵入が招く「最悪のシナリオ」とは?
システムやネットワークへの不正侵入事件は企業だけではなく、IT化が急速に進む教育機関でも起きている。不正侵入をどう防ぐべきか。侵入判明時にはどう対処すべきなのか。(2016/10/25)

Weekly Access Top10:
メイクにも“IT革命”?
夢が広がる技術(2016/10/11)

日本型セキュリティの現実と理想:
第31回 「ポケモンGO」まで来たITの進化とその先にあるIoTの衝撃
各種メディアをにぎわしているIoTは、日本も国を挙げて推進しようとしているほどの大きな潮流となりだした。今回から何度かにわたって、セキュリティはもちろん、このIoTの本質や課題、その将来性などを記す。まずはIoTの本質から考察したい。(2016/9/15)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
スティック掃除機の“当たり年”に飛び出した注目製品――パナソニック「イット」の秘密
スティック掃除機の“iT革命”は、三洋電機の技術がベースだった? そして“銃”にもみえるデザインに込められた思いとは。 パナソニック“iT”(イット)の商品企画とデザイン担当者に詳しい話を聞いた。(2016/8/17)

ITmedia エグゼクティブ オープンセミナーリポート:
「○○」を「××」することが明日への第1歩――ドラッカーの答えは「昨日」を「廃棄」すること
ピーター・ドラッカーは、企業経営に最も影響を与えたひとりいわれている。ドラッカーの理論から最強の経営チームのつくり方を学ぶ。(2016/5/31)

デスクトップ管理者が知っておきたい
わずか35ドル、「Raspberry Pi」に学ぶ「ナノコンピュータ」の基本
企業にナノコンピュータが進出している。その一例は、英Raspberry Pi Foundationの「Raspberry Pi」だ。管理者は、この小さなシステムで行われる処理について知っておくべきだ。(2016/1/18)

iPadを再定義するフラッグシップモデル:
林信行が「iPad Pro」に見る新たな可能性
iPad Proは、とにかく巨大だ。本体も巨大なら、画面も巨大。AppleはiPad Proで何を目指したのか。林信行氏が読み解く。(2015/11/11)

日本型セキュリティの現実と理想:
第4回 常時接続から始まったセキュリティ対策の“無間地獄”
連日のようにセキュリティの事故や事件が取り上げられ、守る側と攻める側との“いたちごっこ”の状態が続いている。なぜ、このような事態になったのか。今回はインターネットの歴史からひも解いてみたい。(2015/8/13)

自動運転技術:
アウディとBMWとダイムラーが3社連合でHEREを買収した理由
アウディ、BMW、ダイムラーのドイツ自動車メーカー3社連合が、ノキアの100%子会社で地図情報サービス大手のHEREを買収した。HEREを詳しく取材してきた桃田健史氏がその理由をひも解く。そして今回のHERE買収は、今後数年間で起こるであろう、自動車産業の構造大転換のプロローグにすぎないという。(2015/8/7)

「Googleに負けているとは思わない」――DeNAが“自動運転タクシー”参入、その背景と勝算
DeNAがZMPと合弁会社を設立し、自動運転タクシー事業を展開へ。自動運転カーはGoogleなども開発を進めているが、「Googleに負けているとは思わない」とDeNA。その根拠は。(2015/5/28)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
マイケル・ポーターが示すIoT時代に製造業が新設すべき4つの部門
IoTは製造業を組織から、変えるかもしれない。(2015/5/12)

LiveWorx 2015:
マイケル・ポーターが語る“つながるスマート製品”による第3次IT革命
米国PTCおよび同社傘下のThingWorxは2015年5月4〜7日(現地時間)、米国マサチューセッツ州ボストンにおいてユーザーカンファレンス「LiveWorx 2015」を開催。IoTに関する新たな論文を公開した経済学者マイケル・ポーター氏が、IoTのもたらす変化について講演を行った。(2015/5/7)

マイケル・ポーターの「IoT時代の競争戦略」(後編):
IoTで勝ち残るために選ばないといけない“10のポイント”
経済学者マイケル・ポーター氏と米国PTCの社長兼CEOであるジェームズ・ヘプルマン氏の共著であるIoTに関する論文「IoT時代の競争戦略」が公開。その内容を解説する本稿だが後編では、製造業が勝ち残るのに必要な“考えるべき10のポイント”について解説する。(2015/4/24)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
第3次IT革命やら第4次産業革命やら
どちらにしても大事なのは“変化”をピンチにするか、チャンスにするか。(2015/4/21)

マイケル・ポーターの「IoT時代の競争戦略」(中編):
IoTで“5つの競争要因”はどう変わるのか
経済学者マイケル・ポーター氏と米国PTCの社長兼CEOであるジェームズ・ヘプルマン氏の共著であるIoTに関する論文「IoT時代の競争戦略」が公開。その内容を解説する本稿だが中編では、IoTとスマートコネクテッドプロダクトにより業界構造がどう変わるかを紹介する。(2015/4/16)

マイケル・ポーターの「IoT時代の競争戦略」(前編):
製造業に襲い掛かる第3次IT革命の波
経済学者マイケル・ポーター氏と米国PTCの社長兼CEOであるジェームズ・ヘプルマン氏の共著でるIoTに関する論文「IoT時代の競争戦略」が公開された。PTCジャパンでは、同論文の内容を解説する説明会を開催した。(2015/4/9)

NTT DATA Innovation Conference 2015リポート:
「自由な着想」と「最先端テクノロジー」の融合でイノベーションが生まれる
どうすれば既成概念を打ち破り、イノベーションを起こすことができるのか。十分にコモディティ化されたと思われている市場にこそイノベーションの機会が潜んでいる。(2015/2/25)

視点:
VUCAワールドを勝ち抜くために経営者は何をするべきか?
企業を取り巻く環境は大きく変わっている。2000年代前半ですら、インターネットの急速な普及や情報技術の進展により、その前とは大きく変わっている。この10年間の変化は更にスピードを速めている。(2014/12/15)

次世代のお金の主役になるかも? ポスト“ビットコイン”
昨年大きな話題となった暗号通貨であるビットコイン。その地位を狙う、ポスト“ビットコイン”4種類を紹介します。(2014/7/8)

3Dプリンタ銃逮捕事件:
3Dプリンタ業界はPC業界の過ちを繰り返してはいけない
無意味な批判や規制ではなく、将来に向けた建設的な話し合いへ――ジャーナリストの林信行氏が“3Dプリンタ銃”事件で浮き上がった、3Dプリンタに関するさまざまな問題や解決案を整理した。3Dプリンタは、かつてPC業界が歩んだ同じ道を歩んでいる!?(2014/5/15)

Wearable Tech EXPO in TOKYO 2014:
「ギークとアニメ好きが近いのは日本の強み」「攻殻機動隊の中に全てはある」──SFアニメに見るウェアラブルの未来
「攻殻機動隊」の中に全てはある――日本のSFアニメを参照し、ウェアラブル端末の未来を語るトークセッション「日本のアニメに見るウェアラブルの未来」が行われた。(2014/3/25)

夏野剛氏が語る企業ITの近未来:
PR:IT部門と経営者よ、今こそITの考え方を見直す転換期だ!
「今の企業システムは、せっかくITを武装してレベルアップした社員個人の能力を抑制している」――。企業の現状に対してこう警鐘を鳴らすのは、慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛氏だ。果たして、その原因とは何か。また、そうした状況を打破し、将来に向かって持続的に成長し続けられる企業になるにはどうすればいいのだろうか。(2014/2/24)

NTT DATA Innovation Conference 2014リポート:
ITは壁を扉に変えるカギ――近未来のITを知り予見する力が必要
日本企業の強みと従来の常識にとらわれない先見性を生かし、グローバルに、そして未来に挑戦する日本流グローバル戦略の可能性とは。(2014/2/18)

PR:CIOは自覚しているか──同時進行する4つのテクノロジーがもたらすITとビジネスの劇的な変化
日本アイ・ビー・エムは「変化するビジネス、進化するテクノロジー、CIOのチャレンジ」をテーマに「IT Leaders' Vision 2013」を開催。ビジネス環境の変化とテクノロジーの進化により、CIOが直面するチャレンジとその解決策を探った。(2013/10/22)

ディルバート(325):
社内を奔走した先に待ち受けていたものは…
怪しいサイトを見るわけではなく、ただ業務上で必要なWebページを閲覧したかっただけなのに……。(2013/9/19)

ヤフー、楽天、ネット成功企業がリアルに進出する理由
近年目立つようになったネット企業のリアルへの進出。この変化はどこに向かうのか、またこのような時期に消費者はどのように買い物をすべきなのか、O2Oに関する書籍の著者、岩田昭男さんに聞いた。(2013/8/23)

声優・下田麻美さんがオーディオブックに挑戦! 独占インタビュー
映画化もし、直木賞受賞作家の朝井リョウの著作『桐島、部活やめるってよ』がオーディオブック化。メインキャラを演じた人気声優の下田麻美さんにインタビューを行いました。(2013/7/23)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。