ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「Baidu(百度)」最新記事一覧

これがアジア10大美女ですかーーーッ! 百度が選ぶランキングに日本女性のランクインなし
第1位は中国の女優、ガオ・ユエンユエン(高圓圓)さん。(2016/5/11)

製品分解で探るアジアの新トレンド(5):
必要ならばデグレードも、中国メーカーの柔軟さ
今回焦点を当てるのはBaidu(百度)である。“中国のGoogle”とも呼ばれる同社の製品では、ネットワークメディアプレーヤー「影棒」が話題だ。その影棒を分解し、チップの性能を見てみると、中国メーカーの臨機応変さが浮かび上がってくる。(2016/5/11)

Simeji、売上の2倍を義援金にする「特別きせかえデザイン」販売
価格は120円。売上ごとにバイドゥがさらに120円を加え、日本赤十字社に募金する。(2016/4/19)

「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用:
中国人観光客向けインバウンド販促施策「百度クレジット」を全国展開
オプトホールディング、ソウルドアウト、バイドゥの3社は中国最大手検索エンジン「百度」の検索ランキングデータを中国人観光客向けに活用するインバウンド販促施策で業務提携すると発表した。(2016/2/5)

訪日中国人観光客の爆買いニーズに対応:
バイドゥ、ビジュアル訴求のリスティング広告「GAIA」を提供開始
中国Baidu(百度)の日本法人であるバイドゥは2015年12月18日、「百度リスティング広告サービス」において、ビジュアル訴求が可能な新機能「GAIA」の提供を開始した。(2015/12/21)

“中国のGoogle”、「Baidu」のサービスはどう使われているのか
中国の検索最大手「Baidu」(百度:バイドゥ)は単なる検索サイトという規模を超え、次から次へと新サービスを打ち出して利用者を増やしている。「中国のGoogle」ともいわれるBaiduには、どんなサービスがあるのだろうか。(2015/11/24)

チェック体制強化のため:
バイドゥ、「Simejiプライバシーロック」を一定期間後に公開停止 「Moplus」は未使用
「Moplus」未使用も別の脆弱性が発覚し、修正版をリリースしていた。社内のチェック体制を強化するため、一定期間後に公開を停止する。(2015/11/16)

海賊版XcodeやUnityでも同様の問題、SDKの信頼性確認が必要な時代に:
アプリ開発したら知らぬうちにバックドア? Baiduの公式SDKで1万以上のアプリに影響
開発者の意図しないところで、アプリにバックドア機能が組み込まれてしまうSDKの存在が相次いで発覚している。(2015/11/10)

バイドゥのSDKにバックドア機能――バイドゥは「修正を完了した」とコメント
バイドゥのAndroid用SDK「Moplus」に、ユーザーの許可なしに連絡先の追加や偽のSMS送信などを行うバックドア機能が実装されていたことが、トレンドマイクロの調査で判明した。(2015/11/9)

バイドゥのSDKにバックドアの報道 Simejiは使っていないとコメント
トレンドマイクロが「中国本社のSDKにバックドア機能が存在する」と発表し騒動になっていた。(2015/11/9)

車載情報機器:
パイオニアが百度と協業、テレマティクスサービス「CarLife」対応機器を供給
パイオニアは、中国の検索大手である百度(Baidu)のテレマティクスサービス「CarLife」に対応した車載情報機器の開発/製造受託企業第1号に認定されたと発表した。2015年11月から、自動車メーカー向けに対応機器の出荷を始めるという。(2015/9/29)

Microsoft、中国での「Windows 10」推進でBaidu(百度)と提携
MicrosoftがWindows 10の中国での普及に向けて、中国検索大手のBaidu(百度)と提携した。BaiduはWindows 10への正規アップグレードをサポートし、MicrosoftはBaiduをEdgeブラウザの中国におけるデフォルト検索エンジンとして採用した。(2015/9/24)

PR:ディープラーニングでIMEはさらに進化する!――続々「Simeji」の日本語入力システム入門
日本語入力システムの未来はどんなカタチになるのか? 話題のディープラーニングや音声認識を使った対話型エージェント(音声アシスタント)など、言語処理を軸にしたICTの可能性について、小町准教授とバイドゥ高部氏に解説してもらった。(2015/9/11)

バイドゥ、Facebook Messengerで顔文字やAAが使える“文字化けしない”アプリをリリース
文字化けしない!(2015/7/14)

バイドゥ、中国人旅行者向け“ドラえもん”SIM発売――テレビ朝日のイベントと連携、クーポンも同梱
バイドゥがテレビ朝日が主催する「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」と連携。中国人観光客を集客し、特製のドラえもんプリペイドSIMなどを実施する。(2015/7/1)

バイドゥ、東大発のベンチャー起業popInを買収 ネイティブ広告を強化
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを買収した。コンテンツの熟読率を指標化した「READ」技術を取得し、中国でのネイティブ広告事業を強化する。(2015/6/8)

「日本の技術を世界に」──中国ネット大手を買収に走らせた、東大発ベンチャーが持つ有望技術とは
バイドゥがネイティブ広告関連サービスのpopInを経営統合した。今後popInは中国Baiduに技術支援などを行っていくという。(2015/6/8)

成長するネイティブ広告市場に先手:
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを経営統合
中国Baidu(百度)の日本法人であるバイドゥは2015年6月8日、東大発のベンチャー企業でネイティブ広告技術を提供するpopInを買収すると発表した。(2015/6/8)

バイドゥ、東大発ベンチャーpopIn買収 ネイティブ広告配信技術を中国百度に導入
バイドゥがネイティブ広告配信技術を開発するpopInを買収した。中国百度への導入、その後の世界展開を目指す。(2015/6/8)

バイドゥ、「Simeji」注力で国内向け検索サービス終了 “日本撤退”は否定
バイドゥの日本向け検索サービス「Baidu.jp検索」が3月16日に終了した。日本語入力システム「Simeji」にリソースを集中させるためで、日本からの撤退は否定した。(2015/5/8)

Android版「Simeji」に月額240円のプレミアムサービスが登場――変換機能向上ほか
バイドゥの日本語文字入力&顔文字キーボードアプリ「Simeji」に、変換機能の向上などを含んだプレミアムサービスが登場。まずはAndroid版でスタートする。(2015/4/28)

「Simeji」にプレミアムサービス登場――専門辞書やマルチデバイスに対応
バイドゥの「Simeji」に、変換機能を向上させマルチデバイス利用に対応する「プレミアムサービス」が追加されることが分かった。(2015/4/2)

積極的な情報公開で信頼を回復したい――バイドゥが事業戦略を説明、「Simeji」新製品も明らかに
スマホ向け日本語入力アプリ「Simeji」を提供しているバイドゥが事業説明会を開催。中国のネットビジネスでシェアナンバーワンを誇る同社が、日本市場を重視する理由を説明した。(2015/2/3)

車載情報機器:
中国では「CarPlay」も「Android Auto」も不要、百度が「CarLife」で両端末対応
中国の検索大手である百度(Baidu)は、スマートフォンと連携してカーナビゲーションなどを行う新サービス「CarLife」を中国国内で展開する方針だ。同様のサービスには、Appleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」があるが、中国ではCarLifeが先行することになる。またCarLifeはiOSとAndroidの両端末に対応することも特徴となる。(2015/2/2)

ISO27001も取得:
「Simeji」などの技術情報を首都大准教授が解説 バイドゥが来春から取り組み
バイドゥは、首都大で言語処理を研究する小町准教授らとともに、来春からSimejiなど日本語入力サービスの技術情報を分かりやすく解説する取り組みを開始する。(2014/12/19)

App Town ユーティリティ:
バイドゥのiOS版「Simeji」がバージョンアップ――キーボード着せ替え機能やテキストスタンプを追加
iPhone/iPod touch向け日本語入力キーボードアプリ「Simeji」が、キーボード着せ替え機能やテキストスタンプ、カーソル移動機能などを追加するバージョンアップを行った。(2014/11/12)

バイドゥのiOS版「Simeji」が100万ダウンロード達成
9月18日にリリースとなった日本語入力アプリ「Simeji」のiOS版が、100万ダウンロードを達成した。(2014/10/14)

App Town ユーティリティ:
バイドゥ、日本語入力アプリ「Simeji」のiOS版を提供開始
1000万ダウンロードを記録したAndroid向け日本語入力アプリ「Simeji」にiOS版が登場。(2014/9/19)

日本語入力キーボードアプリ「Simeji」が累計1000万ダウンロードを突破――Twitterキャンペーンもスタート
バイドゥの日本語入力キーボードアプリ「Simeji」が累計1000万ダウンロードを突破。Twitterアカウントのフォローとリツイートで参加できるプレゼントキャンペーンも実施する。(2014/9/17)

バイドゥの日本語入力アプリ「Simeji」がiOS 8に対応
Android用の日本語入力アプリとして人気の「Simeji」が、この秋リリースされる予定の「iOS」に対応することが分かった。(2014/8/8)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」【最終回】
“Baiduショック”の再来を防ぐ「アプリ識別」の仕組みとは
正規なアプリケーションが突如脅威に変わる事件が相次ぐ今、重要性が高まりつつあるのが次世代ファイアウォールの「アプリケーション識別機能」だ。その仕組みを解説する。(2014/7/22)

Baidu IMEアップデートシステムに障害 インストールしていないソフトがインストールされる不具合
自動アップデートの条件設定を誤っていたことが原因。(2014/7/7)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」【第4回】
「Baidu IME」「GOM Player」だけじゃない、まだある正規アプリ悪用事件
正規のアプリケーションを舞台とした脅威の広がりは、とどまるところを知らない。主に海外を中心に発生した2種の攻撃と、その対処法を解説する。(2014/6/16)

現代中国インターネットの覇者たち:
「年内にモバイルがPCを抜く」 百度CFOが語るビジネス戦略の全貌
百度のナンバー2であり、最高財務責任者として経営を指揮するLi Xin氏をインタビュー。今後の成長戦略などを聞いた。(2014/6/5)

現代中国インターネットの覇者たち:
米国スタイルで“チャイニーズ・ドリーム”をつかんだ百度
今や6億1700万人を超える中国のインターネット人口。その巨大市場を作り上げたといっても過言でないのが、検索サービス大手の百度だ。北京本社への取材などから同社の成長をひも解く。(2014/5/28)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」【第2回】
「Baidu IME」「Simeji」の勝手利用と情報流出を防ぐには?
中国Baidu製の「Baidu IME」経由の情報漏えいを懸念し、Baidu IMEのインストールを禁止したり、Baiduへの情報送信を制限したいと考える企業は少なくない。セキュリティ製品でどこまで制御できるのか?(2014/4/21)

使いやすさと安全性を重視したAndroid向け日本語入力システム「Simeji 7」がリリース
バイドゥは、Android向け日本語入力システム「Simeji 7」をリリースした。使いやすさと安全性をより向上させたほか、おなじみのロゴマークも一新した。(2014/4/8)

バイドゥ、「Simeji6.8.3」の安全性をIntertekで検証
バイドゥは、Android向け日本語入力システム「Simeji6.8.3」の安全性検証をインターテック ジャパンによる検査で実施。その安全性が認証された。(2014/4/2)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」【第1回】
“正規アプリ”が情報漏えいの根源に? 「Baidu IME/GOM Player事件」の衝撃
「入力した文字情報を無断で外部へ送信」「アップデートプログラムだと思ったら実はマルウェア」――。こうした事件が“正規アプリ”で発覚した。詳細をひも解く。(2014/3/17)

“Baiduショック”で見直す「アプリ管理」
“正規”のアプリが情報漏えいの原因に変わる――。「Baidu IME」や「GOM Player」を舞台に発生した“事件”の詳細を整理しつつ、具体的な対策を示していく。(2014/7/22)

「Baudu IME」バージョンアップ 「クラウド変換」デフォルトでオフに
「Baidu IME」がバージョンアップ。入力した文字列をクラウド上のサーバに送信して変換精度を高める「クラウド入力」機能について、デフォルトでオフにした。(2014/1/6)

中国国内でのシェア争いに向け:
中国検索大手Baiduが電子書籍販売サイトZong Hengを買収
Amazon.comやAppleなどの本格参入で今後さらなる激化が予想される中国市場シェア争いに参戦する考え。(2014/1/6)

バイドゥ、「Baidu IME」をバージョンアップ クラウド変換をデフォルトで「オフ」に
バージョンアップの際に、クラウド変換の使用についてあらためて事前了承を取る。(2013/12/29)

Baidu IME / Simejiのログ送信問題にバイドゥがコメント 「無断送信はしておりません」
「ユーザーの入力情報を無断で中国のサーバーに送信している」は「誤解を生じる報道」と説明。(2013/12/27)

PC DEPOT、バイドゥのIMEに関するPC、タブレットの無料点検を開始
バイドゥのIMEが入力内容を外部に送信しているという報道を受け、PC DEPOTがPCやタブレットの無料点検サービスをスタート。(2013/12/27)

バイドゥ、Simeji新版リリース 入力内容が送信されるバグを修正
バグの修正に加えて、クラウド変換機能をデフォルトでオフにした。(2013/12/27)

「Simeji」が入力ログ無断送信バグを修正 「クラウド変換」は初期設定でオフに
バイドゥはAndroid用IME「Simeji」をアップデートし、一部バージョンでユーザーが入力した内容(ログ)を無断でサーバに送信していたバグを修正した。(2013/12/27)

「バグ」も一因と説明:
まとめ:「Baidu IME」と「Simeji」で入力データを外部送信
ネットエージェントは2013年12月26日、バイドゥが提供するPC用のIME「Baidu IME」とAndroid用の日本語入力ソフト「Simeji」の送信データを解析したところ、日本語入力の文字列が外部に送信されているとの結果を公表。これを受けてバイドゥも同日、見解を公表した。(2013/12/26)

「Simeji」の入力ログ無断送信は「実装バグ」 バイドゥ、IMEログ収集の意図を説明
バイドゥは、Android用日本語入力システム「Simeji」について、「バージョンアップ時の実装バグ」で、ユーザーに無断でログを送信する仕様になっていたと説明。26日中のアップデートで改善する。(2013/12/26)

百度「Simejiのバグでログ情報が送信」 修正版をリリースへ
実装バグにより、Simejiのログ情報の送信機能がオフになっていても、一部のデータが送信されていたと百度は認めている。(2013/12/26)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。