ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「割賦販売」最新記事一覧

ドコモ、6月1日から「ネットワーク利用制限」の対象を拡大
6月1日から、分割払いの期間中は、ネットワーク利用制限が「△」の表示になる。分割払いで購入した端末も△の表記になる。転売などを目的とした不正契約を防止するため。(2016/5/17)

週末アップルPickUp!:
iPhone SEを買う方法まとめ
分割払いは? 下取り価格は? 他社製スマホも下取りに出せる? お得なキャンペーンをチェック(2016/3/27)

端末代金は24回払い:
FREETEL、「スマートフォン0円スタートプラン」を3月23日開始 初期費用なしでスマホ購入可能に
FREETELスマホとFREETEL SIMのセットを初期費用なしで購入できるプランが、FREETEL eSHOP限定で登場する。端末代金は24回の分割払いで、通信費と一緒に請求される。(2016/3/9)

Huawei、SIMフリースマホ3機種&SIMカードセットの割賦販売を開始
Huaweiは、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI GR5」「HUAWEI Mate S」「HUAWEI P8lite」を割賦購入できる端末とSIMカードのセット販売を2月12日に開始した。(2016/2/12)

SIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の割賦販売開始――月額2780円から&3つの特典も
フランス生まれのSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を割賦販売がスタート。料金は月額2780円からで、HuluやKKBOXの無料プランなどの特典も提供する。(2015/12/14)

期間限定:
ソフトバンク、「Apple Watch」の分割払いを金利ゼロに
銀座と表参道の2店舗で「Apple Watch」を販売するソフトバンクモバイルは、分割払いの金利を0%にする期間限定キャンペーンを開始した。(2015/4/24)

楽天モバイルの新機種に「Ascend Mate7」と「AQUOS SH-M01」が選ばれた理由
10月29日にサービスを開始してから「想定以上に契約が増えている」という「楽天モバイル」。12月には2つの新機種を発表し、分割払いや楽天カフェでの契約も可能になった。バランスのよい3モデルがそろい、年末商戦に向けて攻勢をかける。(2014/12/5)

石川温のスマホ業界新聞:
AQUOS CRYSTALがアメリカでは縛り無しで149ドルで販売━━安価なはずの端末を安く買えない割賦販売は「制度疲労」か
ソフトバンクと米Sprintとの共同開発モデル「AQUOS CRYSTAL」が発売された。日米で端末価格が大きく異なることの意味を考えてみたい。(2014/8/29)

マイルストーン、MSI製ゲーミングノートが無利子で分割払い購入できるキャンペーン――8月31日まで
マイルストーンは、同社運営のオンラインショップ「ゲーミングショップGenkibuy」にて金利負担なしの分割払いでゲーミングノートPCを購入できる「ゲーミングノート無金利キャンペーン」を開始する。(2014/8/22)

自然エネルギー:
初期費用0の戸建て太陽光、売電収益で無利子の分割払い
LIXIL住宅研究所と日立キャピタル、ハンファQセルズジャパンが新築住宅と太陽光発電システムを同時に購入した場合に、太陽光部分の分割手数料を負担するサービスを開始した。売電収益で太陽光部分の分割払いを賄うことが可能だという。(2014/6/30)

ソフトバンク、衛星電話サービスを2月28日に開始
ソフトバンクが衛星電話サービスを2月28日に開始する。端末「201TH」の価格は、新スーパーボーナスでの契約で実質負担額0円から。(2013/2/26)

キャンペーン対象を拡大:
iPhone「実質無償機種変更キャンペーン」、全iPhone 3G/3GS契約者に6000円〜キャッシュバック
iPhone 4/4Sの「実質無償機種変更キャンペーン」の対象が変更された。iPhone 3G/3GSを一括払いで購入したユーザーや分割払いが終了したユーザーも対象となり、少なくとも6000円がキャッシュバックされる。(2011/10/10)

携帯販売、分離プラン導入から最高の成長率――量販店ではスマホが6割
GfKが7月の携帯電話市場動向を発表。2008年の分離プラン導入後、最も高い成長率を記録した。牽引役はスマートフォンで、家電量販店ではすでに販売の6割がスマートフォンとなっている。(2011/8/26)

ボーナスは出ないが大丈夫か?:
アップル、直販ストアで金利0%キャンペーンを実施
Apple Storeでホリデーシーズン恒例の「ローン分割金利0%キャンペーン」が始まった。実施期間は12月2日から12月12日まで。(2010/12/2)

アップル、期間限定のローン分割金利0%キャンペーン
アップルは、直販ストア「AppleStore」でのローン分割金利を0%とするキャンペーンを開始した。(2010/9/8)

3分LifeHacking:
【iPhone 4対応版】旧iPhone分割払いユーザー向け――どう買えば新iPhoneはお安くなるの?
先日発表されたiPhone 4は非常に魅力的だ。もう買うことは決まっているのだが、iPhone 3GSの購入時とは異なり、今回はSIMカードを取り替える塩漬け運用ができないなどの問題もある。どうしたらお得に買えるのだろうか。(2010/6/15)

アップル、「分割金利1%」「Windows PC下取り20%アップ」キャンペーンを開始
アップルは、同社直販「Apple Online Store」利用者向けのキャンペーン計2種類を開始した。(2010/3/16)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年上半期
2009年に+D Mobileをにぎわせたニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、料金プランや新販売方式に関する記事もランクインした。(2009/12/28)

アップルストア、ローン分割金利1%キャンペーンを実施――12月24日まで
アップルは、同社直営店「Apple Store」にてローン分割金利を1%とするキャンペーンを開始した。(2009/12/1)

“2年縛り解け”ユーザーの獲得で明暗――9月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2009年9月の携帯電話とPHS契約数を発表。9月に新販売方式の“2年縛り”が解けるユーザーを多数抱えたドコモが苦戦を強いられた。また、WiMAXを手がけるUQの契約数が明らかになった。(2009/10/7)

「新スーパーボーナス」の12回払いを終了――ソフトバンクモバイル
ソフトバンクモバイルの「新スーパーボーナス」の分割払い(12回払い)が9月30日で終了する。(2009/9/28)

ワイヤレスジャパン2009 キーパーソンインタビュー:
デバイス開発力を武器に、感動を与える端末を開発したい――シャープの大畠氏
新販売方式の浸透による買い替えサイクルの長期化や買い替えニーズの減退、世界同時不況などの要因が重なり、携帯電話の販売台数が急激に落ち込んでいる。こうした市場の変化に国内携帯販売シェアトップのシャープは、どのような戦略で対応し、新たな需要を喚起しようとしているのか。通信システム事業本部長の大畠昌巳氏に聞いた。(2009/7/1)

3分LifeHacking:
【改訂版】旧iPhone分割払いユーザー向け――どう買えば新iPhoneはお安くなるの?
iPhone 3G Sの予約が始まったので、早速予約しに行ってきた。新規価格のほか機種変更価格なども分かったので、前回記事を改訂したいと思う。(2009/6/19)

アップル、ローン分割金利“0%”キャンペーンを実施
アップルは、直販ストア「AppleStore」でAppleローンの分割払い金利を0%とするキャンペーンを開始した。期間は6月21日まで。(2009/6/12)

3分LifeHacking:
旧iPhone分割払いユーザー向け――いったいどう買えば新iPhoneはお安くなるの?
先日発表されたiPhone 3G Sは非常に魅力的だ。iPhone 3Gユーザーでもある筆者はあの発表以来ずーっとiPhone 3G Sのことを考え続けている。もう買うことは決まっているのだが、前のiPhone 3Gの分割支払金をまだ支払い終えていないことが問題。どうしたらお得に買えるのだろうか。(2009/6/11)

16Gバイト版は月々480円:
「iPhone 3G S」新規価格、キャンペーン利用で実質負担1万1520円から
ソフトバンクモバイルは「iPhone 3G S」を6月26日に発売すると発表した。iPhone for everybodyキャンペーンを利用し、新規契約で新スーパーボーナスを利用した場合の実質負担額は1万1520円から。(2009/6/9)

「AQUOS SHOT 933SH」、量販店での実質負担額は4万7000円台
ソフトバンクモバイルの夏モデル「AQUOS SHOT 933SH」が店頭に並んだ。都内量販店での価格は新スーパーボーナスの加入で新規・機種変ともに4万7000円台となっていた。(2009/5/29)

2008年携帯販売ランキング:
2008年、最も売れたケータイは?――キャリア総合編
割賦販売制度の導入で買い換えサイクルが長期化したといわれる昨今のモバイル端末。その中でシェア争いを繰り広げる各キャリアの勢力図が、ランキングの結果から見えてくる。2008年、最も売れたケータイは? 各キャリアのランキング獲得数は?(2009/5/4)

ソフトバンク、端末販売に伴う割賦債権の保証委託を終了
ソフトバンクモバイルとソフトバンク・ペイメント・サービスは、携帯電話を割賦方式で販売した場合に発生する債権の保証契約を終了すると発表した。(2009/4/1)

アップルがローン分割金利1%キャンペーンを展開
アップルが、オンラインのApple Storeで4万円以上購入した場合にAppleローンの分割払いが金利1%になるキャンペーンを展開中だ。(2009/3/16)

新旧スーパーボーナスの契約数、1500万件を突破
ソフトバンクモバイルは2月23日、月々の基本料や通話料、通信料などから端末代金の一部に相当する金額を割り引く料金プラン、「スーパーボーナス」と「新スーパーボーナス」の契約数が1500万件を突破したことを明らかにした。(2009/2/23)

高機能スタンダードモデル「831SH」発売――新規の実質価格は1万円台前半から
ソフトバンクモバイルの「831SH」が店頭に並んだ。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の価格は新規が月々480円、機種変更が480円〜1480円と案内されていた。(2009/2/20)

ソフトバンク版“EXILIMケータイ”930CA発売――新規の実質価格は4万円台後半から
ソフトバンクモバイルの「930CA」が発売。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の価格は新規が月々1980円、機種変更が1980円〜2980円と案内されていた。(2009/2/20)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第6回 自分に合う料金プランは何か──ドコモとauの場合
前回までは「分離プラン」導入後の携帯電話の販売方式と価格を考察した。今回は端末購入方法と同様に、キャリア選択時に重要となる料金プランや通話料金の違いを改めて考えてみよう。(2009/2/17)

2WAYキー+“逆襲のシャア”アプリ付属の「930P」、実質1780円/月から
ソフトバンクの2009年春モデル第1弾、「930P」が発売されている。価格は新スーパーボーナスの利用で分割実質1780円/月(実質合計4万2720円)から。(2009/2/6)

“ダブル・ワンセグ”搭載の「AQUOSケータイ 932SH」、新規の実質負担額は4万円台後半
ソフトバンクモバイルのシャープ製「AQUOSケータイ 932SH」が2月6日に発売される。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格が月々1980円と案内されていた。(2009/2/5)

ケータイの買い替えサイクル、半数が「2年以上」
ネプロジャパンとネプロアイティが、携帯電話の割賦販売制度に関する意識調査の結果を発表。携帯電話の買い替えサイクルは半数が“2年以上”と回答し、割賦販売制度のメリットについては“分からない”が半数を占めた。(2009/2/2)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第4回 “ベーシックとバリュー”、結局何が違う?
前回は「分離プラン」と合わせて導入された分割払いにおける端末購入について触れた。今回は従来モデルに近い形で残されたNTTドコモのベーシックコースとバリューコース、KDDIのフルサポートコースとシンプルコースの違いを比較するとともに、イー・モバイルの分離プランの仕組みを考察する。(2009/1/20)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第3回 “分離プラン”端末の機種変更、いつがお得?
ケータイの「分離プラン」は、ユーザーが端末購入に至るまで、そして実際にどのくらいの期間で使うことを想定するのかという意識もかなり変えた。また、“分離プランによる年数縛り”がそろそろ終わる人もいるだろう。今回は分離プラン端末における機種変更のタイミングを考察し、その方式別に見る“お得度”を探る。(2009/1/19)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第2回 かなり違う、“2種類”の分離プラン
2007年から2008年にかけて順次導入されたケータイの「分離プラン」は、通信キャリアにより大きく2つの方式に分かれる。何に差があるのか、そして実際に支払う端末価格がどう変化するのかを比べてみる。(2009/1/16)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第1回 なぜケータイが“高くなった”のか
2007年から2008年にかけて導入されたいわゆる「分離プラン」により、携帯電話の購入方法や料金プランが大きく変わった。そこにはどんなメリットとデメリットがあるのか、各社が導入した分離プランの仕組みの違いから、現状を改めて考えてみよう。(2009/1/15)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター坪山編):
「さよなら」があまりに惜しいNokia
国内外を問わず、メーカーが携帯事業の再編や撤退を決断した2008年。インセンティブモデルの問題を解決する割賦販売は根付いたものの、買い変えサイクルが伸びて端末販売は鈍化。コストダウンを目指した端末は没個性化が進んでしまった。(2008/12/31)

2008年の通信業界を振り返る(3):
端末総販売数、2割減──新販売方式の影響は、そして国内端末メーカーの未来は
スマートフォンを中心に、海外メーカー端末の躍進が目立った2008年。その裏で、新販売方式などの影響により、端末の総販売数は2割程度落ち込むという、国内端末メーカーには苦しい1年だった。第3回は国内メーカーと海外メーカーの動向や、総務省の施策の影響などを振り返る。(2008/12/30)

ドコモのバリュープラン、1500万契約突破
ドコモの「バリュープラン」契約数が開始約12カ月で1500万契約を超えた。割賦販売対象のバリューコース選択時に適用でき、現在9割以上の購入者が同コースを選択する。(2008/12/2)

Apple Store限定:
アップルが期間限定のキャンペーンを展開
アップルがオンラインのApple Store限定でキャンペーンを開始した。分割金利ゼロ%キャンペーンと、1日限定の送料無料キャンペーンだ。(2008/12/2)

WVGA有機ELの「Woooケータイ W63H」発売──一括4万円前後、分割2250円/月から
auのVisual WVGA対応3.1インチ有機ELディスプレイを搭載する「Woooケータイ W63H」が発売された。価格はシンプルコースの24回分割払いで頭金8400円、月々2250円から。フルサポートコースは一括4万1400円から。(2008/12/1)

「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」発売――新規の実質負担額は5万円台前半
ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」と「Nokia N82」が発売された。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格がAQUOSケータイ FULLTOUCH 931SHは月々2180円、Nokia N82は月々680円と案内されていた。(2008/11/28)

ソフトバンク「930SH」、新規の実質負担額は3万円台半ば――「830CA」は2万円台前半
ソフトバンクモバイルの「930SH」と「830CA」が11月21日に発売される。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格が930SHは月々1480円、830CAは980円と案内されていた。(2008/11/20)

ソフトバンクモバイルの「X04HT」、新規の実質負担額は2万円代後半
ソフトバンクモバイルの冬モデル「Touch Diamond X04HT」が発売された。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格が月々1180円と案内されており、24回払いの実質負担額は2万8320円となる。(2008/11/17)

15色展開の「NEW PANTONE 830SH」発売――実質負担金0円から
ソフトバンクモバイルの「PANTONEケータイ 812SH」のリニューアルモデル「NEW PANTONE 830SH」が店頭に並んだ。新スーパーボーナス加入時の新規契約と2年以上の機種変更は、実質負担金は0円で購入できる。(2008/10/10)

“KIRA-KIRAパネル”搭載の「W64T」、分割1710円/月から
東芝の女性向けau端末「W64T」が発売された。価格は、シンプルコースコースの分割払い(25回)で頭金1万4670円/月額1720円、フルサポートコースが3万5710円だった。(2008/9/26)

キラキラボディの“癒し”ケータイ「824T」発売、価格は実質780円/月から
ソフトバンクモバイルの東芝製端末「824」が発売された。新スーパーボーナスを利用した新規価格は実質780円/月、総額1万8720円から。(2008/9/9)

ケータイの割賦購入、約4割が「抵抗がある」
アイシェアがケータイの割賦販売に関する意識調査の結果を発表。ケータイを割賦で購入したことがあるという回答は3割強にとどまり、約4割が「割賦購入に抵抗がある」としている。(2008/9/5)

ウェルネスケータイ「SH706iw」、新規バリュー一括は4万8510円──分割は月々1890円から
9月1日、歩数・脈拍の計測や体重・消費カロリーなどのデータを管理できるウェルネスケータイ「SH706iw」が都内量販店に並んだ。バリューコースの端末価格は、新規の一括払いが4万8510円。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは1890円(24回分割の場合)から。(2008/9/1)

有効期限は3年:
サーバ証明書が年次分割で購入可能に サイバートラスト
有効期限が3年で、毎年の分割払いで購入できるサーバ証明書をサイバートラストが発売した。(2008/8/21)

手のひらサイズの世界ケータイ「NM706i」、新規バリュー一括は2万7300円──分割は月々1050円から
8月8日、3G/GSMの国際ローミングに対応したストレート型ケータイ「NM706i」が都内量販店に並んだ。バリューコースの端末価格は、新規の一括払いが2万7300円。分割払いは頭金2100円、月々の支払いは1050円(24回分割の場合)から。(2008/8/8)

世界で使える“カンタン操作”携帯「L706ie」発売──価格は頭金2100円、1190円/月から
シンプルな操作性と柔和なデザインが特徴のLG電子製端末「L706ie」が発売された。バリューコースの分割払いで頭金2100円・1190円/月から、ベーシックコースの一括払いで1万4910円から。(2008/8/4)

「らくらくホンV」発売──価格は頭金2625円、1645円/月から
“しんせつ、かんたん、見やすい、あんしん、健康”が特徴のユニバーサル携帯「らくらくホンV」が発売された。バリューコースの分割払いで頭金2625円・1645円/月から、ベーシックコースの一括払いで2万6355円から。(2008/8/4)

VIERAケータイ「921P」発売、価格は実質1680円/月から
ソフトバンクモバイルのハイエンド機種「921P」が発売された。新スーパーボーナスを利用した新規価格は実質1680円/月、総額4万320円から。(2008/8/4)

ドコモ営業益45%増 販売奨励金削減で
ドコモの1Qは営業利益が前年同期比45.4%増。新販売方式の導入で販売奨励金を大幅に削減したことが利益に貢献した。(2008/7/30)

ドコモの「バリュープラン」、1000万契約を突破
NTTドコモは、新販売方式のバリューコースで選択できる料金プラン「バリュープラン」の契約数が、7月26日に1000万件を突破したと発表した。(2008/7/29)

極薄ワンセグ「P706iμ」発売、価格は1645円/月から
厚さ9.8ミリの極薄ステンレスボディにワンセグも搭載する706iシリーズのハイスペックモデル「P706iμ」が発売された。バリューコースの分割払いで1645円/月から、ベーシックコース一括払いで2万6880円から。(2008/7/28)

ワイヤレスジャパン2008 キーパーソンインタビュー:
携帯ビジネスの転換期、シャープは“ここ”を攻める――シャープ 長谷川祥典氏
コンシューマー市場の飽和、割賦・分離プランの導入、海外メーカー端末の上陸、多様化するユーザーニーズ――。ここ1年で、携帯メーカーを取り巻く環境は劇的に変化した。こうした状況下、シャープはどのような戦略で勝ち抜こうとしているのか。常務執行役員 通信システム事業本部長の長谷川祥典氏に聞いた。(2008/7/17)

フルスライドの「SH706i」、新規バリュー一括は4万2630円──分割は月々1645円から
7月11日、ワンセグ、フルワイドVGA液晶、ドルビーモバイル搭載のフルスライドケータイ「SH706i」が都内量販店に並んだ。バリューコースの端末価格は、新規の一括払いが4万3470円。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは1645円(24回分割の場合)から。(2008/7/11)

「SO706i」発売、価格はバリュー分割1610円/月から
ドコモの夏モデル、「N706i」と「SO706i」が発売された。価格はバリューコースの分割払いで1610円/月から、ベーシックコース一括払いで2万6880円から。(2008/7/4)

「フルチェンケータイ re」「W63SA」発売、分割2000円台前半/月から
auの夏モデル「フルチェンケータイ re」「W63SA」が発売された。価格はフルサポートコースで3万6390円から、シンプルコース分割払いで頭金3150円/月々2260円から。(2008/7/4)

「PANTONE Slide 825SH」発売、スパボ新規で実質1080円/月から
ソフトバンクモバイルの夏モデル、「PANTONE Slide 825SH」「820N」「821N」が発売された。新スーパーボーナスを利用した825SHの新規契約価格は頭金0円、実質1080円/月(24回払い)から。(2008/7/4)

“全部入り”「AQUOSケータイ 923SH」、スパボ新規で実質1780円/月から
ソフトバンクモバイル夏モデルのハイエンド機種「AQUOSケータイ 923SH」が5日に発売される。新スーパーボーナスを利用した新規価格は実質1780円/月(24回払い)から。(2008/7/4)

防水ワンセグ「TROPICAL 823P」発売、価格は実質1080円/月から
ソフトバンクモバイルの“お風呂+ビーチ”ワンセグ「TROPICAL 823P」が発売された。新スーパーボーナスを利用した新規価格は頭金0円、実質1080円/月(24回払い)から。(2008/6/30)

ウィルコム、割賦債権の流動化で100億円を調達
ウィルコムは、端末割賦販売の債券を流動化し、国内ABS市場と国内ABL市場から100億円を調達した。資金は運転資金にあてる。(2008/6/25)

携帯販売ランキング(6月9日〜6月15日):
先行逃げ切り「906i」、割賦販売効果期待のau、iPhone+新機種待ちのソフトバンク
「そろそろ夏のボーナス」という人も多くなってきたこの時期、いよいよ2008年の携帯夏商戦が本格化してくる。携帯3キャリアはすでに夏商戦向けモデルを発表済みだが、発売までの動きに各社それぞれ違いがあるようだ。この状況で人気の機種は何か、早速今回の販売ランキングをチェックしていこう。(2008/6/20)

小型軽量ストレート「Sportio」発売──一括3万円半ば、分割2100円/月から
auの“カジュアルスポーツ”対応端末「Sportio」が発売された。価格はシンプルコースの24回分割払いで、頭金3150円、月々2100円から。フルサポートコースは一括3万2550円から。(2008/6/16)

「HT1100」発売――新規一括は約5万円、分割払いが2065円から
NTTドコモのHTC製スマートフォン「HT1100」が発売された。販売価格は、バリューコースの新規一括払いが5万610円、24回払いの場合は頭金1050円、月額2065円だった。(2008/6/12)

au、割賦販売導入 月額980円の“ホワイトプラン対抗”コースも
auの携帯電話端末に割賦販売制が導入される。月額基本料金980円のコースも新たに導入。割賦販売と月額980円の「ホワイトプラン」の好調で快走するソフトバンクモバイルに追随する。(2008/6/3)

KDDI、“auの新モデルから割賦販売導入”報道にコメント
KDDIが、「新規投入の端末から割賦販売を導入する」と一部メディアが報じた件についてコメントした。(2008/5/20)

2007年度 年間携帯販売ランキング:
2007年度、最も売れたケータイは?──ソフトバンクモバイル編
AQUOSケータイ、多色展開、ほぼ全部入り、ホワイトプラン、新スーパーボーナス、“キャラケー”や“シャア専用”。さまざまな特徴を持つ機種や料金プラン、購入方法で話題を呼んだ2007年度のソフトバンクモバイル端末で最も人気だった端末は何だろうか。(2008/5/1)

「X03HT」販売開始、店頭頭金は約5万円から
ソフトバンクモバイルのHTC製「X03HT」が発売された。4月から“Xシリーズ”は新スーパーボーナス利用時の分割払いができなくなり、販売価格(頭金)は約5万円との設定された。(2008/4/25)

「X02NK」発売、価格は新スパボ一括で5万円台半ば
ソフトバンクモバイルのNokia製「X02NK」が発売された。ソフトバンクのスマートフォンは新スーパーボーナス利用時の支払いが一括のみとなり、販売価格は5万円台半ばとなっている。(2008/4/25)

「らくらくホンIVS」新規バリュー一括価格は4万1265円──分割は月々1610円から
新販売方式「バリューコース」が利用できるらくらくホンIVのマイナーチェンジモデル「らくらくホンIVS」が4月22日に発売された。端末の一括払い価格は新規と12カ月以上の利用で4万1265円、12カ月未満は5万6595円となっている。(2008/4/22)

コンパクトなワンセグモデル「821SC」、新規スパボの実質負担は月580円
4月13日、コンパクトサイズのワンセグケータイ「821SC」が発売された。新スーパーボーナス利用時の新規契約価格は6万1920円となっている。(2008/4/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。