ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「第10世代液晶」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「第10世代液晶」に関する情報が集まったページです。

富士通、ペン入力も可能な軽量13.3型コンバーティブルノート「LIFEBOOK UH95/E2」
富士通クライアントコンピューティングは、第10世代Coreプロセッサを採用した13.3型コンバーティブルノートPC「LIFEBOOK UH95/E2」を発表した。(2020/7/14)

ASUS、GTX 1650を搭載したスタンダード15.6型ノートPC
ASUS JAPANは、第10世代Core i7を採用するスタンダード15.6型ノートPC「ASUS X571LH」を発表した。(2020/7/9)

マウス、第10世代Core i7+RTX 2060搭載のクリエイター向け15.6型ノート
マウスコンピューターは、クリエイター向けPCブランド「DAIV」から第10世代Coreプロセッサ搭載15.6型ノートPCを発売する。(2020/7/9)

G-Tune、第10世代Core i7+RTX 2060を搭載した144Hz駆動ディスプレイ内蔵15.6型ゲーミングノート
マウスコンピューターは、第10世代Coreプロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune E5-144」を発売する。(2020/7/8)

エイサー、144Hz駆動ディスプレイを搭載した15.6型/17.3型ゲーミングノート
日本エイサーは、第10世代Core i7と144Hz駆動ディスプレイを標準装備した15.6型/17.3型ゲーミングノートPC計3モデルを発表した。(2020/7/7)

超小型PCへの道:
「OneMix3 Proプラチナエディション」は、何が“プラチナ”なのか 「OneMix3S+」もチェックした
人気の超小型PC「OneMix」シリーズに、新しく「OneMix3 Proプラチナエディション」と「OneMix3S+」が登場した。CPUがグレードアップした上位版と、求めやすい廉価版の2モデルとなるが、その使い勝手はどうなのかを見ていこう。(2020/7/7)

実は意外とお買い得 「ThinkPad T14s Gen 1」を念入りにチェックしてみた
ThinkPadのパフォーマンスモデルである「ThinkPad Tシリーズ」の中で、スリムさを重視した「s」の付くモデルは似たフォームファクターを持つフラグシップモデル「ThinkPad X1 Carbon」の陰に隠れがちだ。この記事では、その最新モデルである「ThinkPad T14s Gen 1」の魅力を探っていく。【】(2020/7/2)

日本HP、Quadro RTXを搭載したモバイルWSなどクリエイター向けPC新モデルを一挙投入
日本HPが、薄型軽量設計のモバイルワークステーション「HP ZBook」新モデルなど計11シリーズを発表した。新製品は、8月上旬から順次発売される。【更新】(2020/6/29)

PR:高性能と薄型軽量を両立! MSIのクリエイター向けノートPC「Prestige 14」エディオン限定モデルの魅力に迫る
MSIのクリエイター向けノートPC「Prestige 14」は、高い処理性能と薄型軽量ボディーが特徴だ。家電量販店のエディオンで販売されている限定モデルは、3年の長期保証やMicrosoft Officeが付属しており、より安心して使える。その魅力をチェックしていこう。(2020/6/22)

短期連載「X1 Carbon(Gen 8)と私」第2回:
「ThinkPad X1 Carbon」は3年間でどれだけ進化した? 2020年モデルと2017年モデルを比較する
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」に第8世代モデルが登場。その“ほぼ最上位”構成を数回に分けてレビューしていく。今回は、3世代前の“ほぼ最上位”構成とベンチマークテストで性能を比べていく。(2020/6/26)

2画面ZenBook Duoは「真に使えるPC」になったのか?
2画面を利用できるノートPC「ZenBook Duo UX481FL」が登場した。以前の2画面モデルよりもスペックを落として、求めやすい価格になったのがポイントだ。複数のディスプレイを使えるメリットは大きいが、実際に使えるPCになっているのかを検証した。(2020/6/25)

PR:「新しい生活様式」「働き方の新しいスタイル」時代を乗り切るなら、新型レッツノートは外せない!
パナソニックのノートPC「レッツノート」が、独自技術「Maxperformer」の採用で新境地を迎える。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック ロゴマーク入り パナソニックオリジナル天板搭載モデルが、店頭モデルとしても登場する。注目の新モデルを見ていこう。(2020/6/25)

新PCは「グーチョキパー」 Acerが気になる新モデルを一挙に発表
Acerがオンライン発表会で複数の新型PCを発表した。外部GPUを搭載しながらも1kgを切るSwift 5の他、新しいタフネスブランド「ENDURO(エンデュロ)」などが投入される。(2020/6/24)

デル、第10世代Coreを採用した17型ゲーミングノート「ALIENWARE AREA-51m」新モデルを販売開始
デルは、同社製17型ゲーミングノートPC「ALIENWARE AREA-51m」に第10世代Core採用の新構成モデルを追加した。(2020/6/23)

PR:ボーナスも10万円も出た! テレワークもプライベートも快適に過ごせるワンランク上のPCを手に入れよう!
全国的な自粛期間を経て、改めて自宅で使っているPCが旧式でテレワークで四苦八苦し、ストリーミング配信の映像も満足に楽しめなかったという人が多いのではないだろうか。そこで、公私ともども快適なPC環境に生まれ変わるべく、お勧めモデルをピックアップした。ぜひ、ワンランク上のPC体験を獲得してほしい。(2020/6/19)

Razer、第10世代Coreを採用した13.3型ゲーミングノート「Razer Blade Stealth 13」など11製品を投入
Razerは、第10世代Coreを採用した13.3型/15.6型ゲーミングノートPC計11製品の発表を行った。(2020/6/17)

デル、個人向け14型スタンダードノート「Inspiron 14 5000」新モデルなど2製品 AMDモデルも用意
デルは、個人向け14型/15.6型スタンダードノートPC「Inspiron 14 5000」「Inspiron 15 5000」新モデルの販売を開始した。(2020/6/16)

“10万円”の余裕がある今だからこそ手に入れたいハイスペックPC「AORUS 15G」を試す
ゲーミングノートPCも、CPUをIntelの第10世代Coreに改めた新モデルが続々と登場している。GIGABYTE Technologyの「AORUS」シリーズも国内モデルが生まれ変わって最新世代となった。その最上位モデルをチェックした。(2020/6/16)

5G対応モデルも10月以降に追加:
使い勝手を強化したモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」登場 USB Type-C端子から映像出力も可能に
NECの軽量モバイルPC「LAVIE Pro Mobile」に2020年夏モデルが登場。先代のコンセプトをキープしつつも、第10世代CoreプロセッサやWi-Fi 6対応無線LANモジュールを搭載し、キーボードやタッチパッドのサイズを拡大するなど使い勝手を向上している。(2020/6/16)

ASUS、堅牢設計の第10世代Core採用15.6型エントリーゲーミングノートPC
ASUS JAPANは、MIL規格に準拠した堅牢設計を実現する15.6型エントリーゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming F15 FX506LH」を発売する。(2020/6/15)

サードウェーブ、第10世代Core+RTX 2070を搭載する15.6型ゲーミングノート
サードウェーブは、第10世代Core i7プロセッサを標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「GALLERIA GCL2070RGF」を発売した。(2020/6/15)

デル、第10世代Coreを搭載したスリム17型ノート「XPS 17」新モデル
デルは、第10世代Coreプロセッサを標準搭載したを搭載した薄型スリム設計の17型ノートPC「XPS 17」新モデルを発表した。(2020/6/12)

PR:“レッズ愛”を全力で主張! マウスコンピューター「浦和レッズオフィシャルパソコン」の魅力に迫る
マウスコンピューターは、J1リーグの浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)のオフィシャルPCサプライヤーである。そのパートナーシップを深めるべく企画、開発されたのが「浦和レッズオフィシャルパソコン」だ。この記事では、その14型モデルの魅力をチェックしていく。(2020/6/12)

ユニットコム、RTX 2060を搭載した15.6型ゲーミングノート
ユニットコムは、第10世代CoreプロセッサとGeForce RTXを搭載した15.6型ゲーミングノートPC「LEVEL-15FXR21-i7-ROSX」を発売した。(2020/6/9)

短期連載「X1 Carbon(Gen 8)と私」第1回:
待ちに待った「ThinkPad X1 Carbon(Gen 8)」 どこが違う? 進化点をチェック!
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」に第8世代モデルが登場。その“ほぼ最上位”構成を数回に分けてレビューしていく。今回は、基本的なチェックポイントを、外観と共にチェックしていく。(2020/6/9)

サードウェーブ、RTX 2060を搭載した15.6型ゲーミングノート
サードウェーブは、第10世代Coreプロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC「GALLERIA GCL2060RGF-T」を発売した。(2020/6/5)

TSUKUMO、Wi-Fi 6にも対応した第10世代Core i7搭載14型モバイルノート
Project Whiteは、最新の第10世代Core i7プロセッサを採用した14型モバイルノートPC「N1430J-720/T」を発売する。(2020/6/4)

ファーウェイ、第10世代Coreを採用したスリム13.9型ノート「MateBook X Pro」新モデル
華為技術日本は、狭額縁デザインのスリム筐体を採用した13.9型ノートPC「MateBook X Pro」の新モデルを発表した。(2020/6/2)

デル、第10世代Coreを採用した中小企業向けPC「Vostro」新モデルを投入
デルは、中小企業向けノート/デスクトップPC「Vostro」の新構成モデル計6シリーズを6月2日に発売する。OptiPlexシリーズのデスクトップPCの新モデルも発売した。【更新】(2020/5/29)

ASUS、“ScreenPad 2.0”を搭載した15.6型ノート「ZenBook 15」新モデルなど2製品
ASUS JAPANは、第10世代Coreプロセッサを搭載した15.6型ノートPC「ASUS ZenBook 15 UX534FTC」「ASUS VivoBook 15 X512JA」を発売する。(2020/5/28)

パナソニック、第10世代Coreを採用した「Let's note」2020年夏モデル 東京五輪ロゴマーク入りモデルも
パナソニックは、同社製モバイルノートPC「Let's note LV9」「同 SV9」「同 QV9」「同 RZ8」の2020年夏モデルの発表を行った。(2020/5/28)

8コア16スレッドの新星:
Ryzen Mobile 4000シリーズ搭載PC「ROG Zephyrus G14」でゲームをやりこんで分かったこと
ASUS JAPANの14型ゲーミングノートPCに、AMDの新モバイルプロセッサ「AMD Ryzen 4000」シリーズを搭載した「ROG Zephyrus G14」が登場した。ユニークな機能を備えた本シリーズの最上位モデルをチェックする。(2020/5/27)

モバイル「ThinkPad X」に2020年モデル登場 Wi-Fi 6対応無線LANを搭載
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、モバイルの「Xシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

ハイパフォーマンス「ThinkPad T」に2020年モデル 第10世代CoreモデルはThunderbolt 3対応
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、ハイパフォーマンスの「Tシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

メインストリーム向け「ThinkPad L」「ThinkPad E」に新モデル 第10世代Coreまたは第3世代Ryzen Mobileを搭載
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、メインストリームの「Lシリーズ」と「Eシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

デル、第10世代Core i9の搭載も可能なゲーミングノート「ALIENWARE M15/M17」新モデル
デルは、第10世代Coreプロセッサを標準搭載したゲーミングノートPC「ALIENWARE M15」「同 M17」新モデルを発表した。(2020/5/25)

デル、30時間駆動を実現した15型ノート「Latitude 9510」などビジネスノート13製品を一挙投入
デルは、同社製ビジネスノートPC「Latitude」シリーズの新モデル計13製品の販売を開始する。(2020/5/20)

14型で約870gのビジネスPC:
ASUS本気の新世代軽量モバイルPC「ASUS ExpertBook B9450」の実力を検証!
ASUSTeKからビジネスユーザー向けの「ASUS ExpertBook B9450」が登場した。14型と大きめの画面と最軽量時870gという超軽量ボディーを両立している点が特徴だ。その実力を早速検証しよう。(2020/5/18)

サードウェーブ、第10世代Core i5を採用したエントリーゲーミングノートPCを発売
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズに第10世代Core i5プロセッサ搭載のノートPCモデル2製品を追加した。(2020/5/15)

デル、第10世代Core採用の個人向けノート「XPS 15」など2製品
デルは、個人向けノートPC「XPS 15」「Inspiron 15 7000」の新モデルを発表した。(2020/5/15)

GIGABYTE、15.6型/17.3ゲーミングノート「AORUS 5/7」に第10世代Core i7搭載の新構成モデル
台湾GIGABYTE Technologyは、第10世代Core i7プロセッサを採用した15.6型/17.3ゲーミングノートPC「AORUS 5」「AORUS 7」新モデルを発表した。(2020/5/15)

デル、第10世代Coreを搭載したエントリー15.6型ゲーミングノート 税別10万円台から
デルは、同社製の15.6型ゲーミングノートPC「Dell G3 15」の新モデルを発表した。(2020/5/14)

林信行が最新MacBookシリーズを比較検証:
Appleが最新の13インチMacBookシリーズに描くグラデーション
Appleが新たに投入した新型の13インチMacBook Proだが、上位モデルと下位モデルで思わぬ違いがある。さらに同クラスの液晶ディスプレイを搭載したMacBook Airを加え、見えてくるものを林信行氏がレビューする。(2020/5/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
第10世代Coreの新「13インチMacBook Pro」は予想以上に高性能だった 下位モデルやMacBook Airと比較した結果
第10世代Coreになった新しい「13インチMacBook Pro」の上位モデルは、第8世代Coreの下位モデルや旧モデル、第10世代Coreの「MacBook Air」と比較して、どれくらい高い性能を発揮できるのか。横並びでテストしてみた。(2020/5/12)

ビューティーピンクも予約開始:
テックワン、Core i7を搭載した超小型PC「OneMix3 Pro プラチナエディション」を量販店で販売開始
3月から予約が行われたONE-NETBOOK製ミニノートPC「OneMix3 Pro プラチナエディション」と「OneMix3S+」が、量販店での販売がスタートした。また、エントリーモデルの「OneMix 3S+ ビューティーピンク」の予約も始まった。(2020/5/2)

MSIが「フルスペックなエントリー」ゲーミングノートPCを発売 第10世代Core i7とGeForce GTX 1650 Max-Q搭載
MSIが、エントリーゲーミングノートPCの新製品を発表した。256GB SSDと1TB HDDのハイブリッドストレージ構成で、標準構成でもさまざまな作業を快適にこなせることが特徴だ。(2020/4/30)

Dynabook、第10世代Core i7を搭載した15.6型ノート
Dynabookは、第10世代Core i7を標準搭載したスタンダード15.6型ノートPC「dynabook C7」を発表した。(2020/4/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
Intel NUCにMSIノートPC……第10世代Core搭載モデルが続々登場
テレワーク需要が急伸する中で、Intelの第10世代Core iシリーズを搭載したPCやベアボーンキッとが次々に登場している。一方で、電源タップやキーボードの入荷もみられた。(2020/4/20)

MSI、第10世代Core i7+GeForce搭載のエントリーゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代Core i7を搭載したエントリーゲーミングノートPC「GF63-10SCXR-050JP」を発売する。(2020/4/16)

GIGABYTE、高リフレッシュレート表示対応でメカニカルキーも装備した15.6型/17.3型ゲーミングノート
GIGABYTE Technologyは、第10世代Coreプロセッサを搭載した15.6型/17.3型ゲーミングノートPC「AORUS 15G」「AORUS 17G」シリーズを発表した。(2020/4/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。