ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「J.D.パワー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造マネジメントニュース:
2018年の自動車初期品質調査、品質トップはダイハツ、最下位はアウディ
J.D.パワージャパンは2018年8月22日、2018年の自動車初期品質調査(Initial Quality Study)の結果を発表した。ブランドごとの不具合指摘件数が最も少なかったのはダイハツ工業だった。次いでホンダ、Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)が上位にランクインした。15ブランド中、最も不具合指摘件数が多かったのはAudi(アウディ)だった。(2018/8/23)

J.D.パワーの格安SIM満足度調査 2018年はUQ mobileとmineoが1位
J.D.パワーが「2018年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査」の結果を発表。格安スマホはUQ mobile、格安SIMはmineoが1位となった。(2018/5/30)

組み立て後、9割以上に欠陥:
EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ
Tesla(テスラ)の「モデルS」と「モデルX」は、組み立て後の品質検査で9割以上に欠陥が見つかることが当たり前という。(2017/12/12)

J.D.パワーの満足度調査 auが2年連続で総合1位に
J.D.パワーが「2017年日本携帯電話 サービス顧客満足度調査」の結果を発表。auが2年連続で総合満足度1位を獲得し、「電話機」「提供サービス」「各種費用」「電話機購入経験」でトップ評価を得ていた。(2017/9/27)

法人市場では格安SIMの普及は進まず
J.D.パワーが「2017年日本法人向け携帯電話サービス顧客満足度調査」の結果を発表。大企業・中堅企業市場ではKDDI、中小企業市場ではNTTドコモが2年連続で1位を獲得し、法人市場でもスマートフォンが主流となっている。(2017/8/23)

J.D.パワーの格安スマホ満足度調査 6割以上がキャリアからの切り替えに「満足」
J.D.パワーが「2017年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査」を発表。6割以上が大手3キャリアサービスからの切り替えに満足し、mineoとDMM mobileが満足度1位を獲得した。(2017/5/24)

Wi-Fiルーターのデータ通信満足度、auが2年連続1位に J.D.パワーの調査
J.D.パワーが「2017年日本モバイルデータ通信サービス顧客満足度調査」を発表。auが2年連続で総合満足度1位を獲得し、総合満足度への影響力は「通信品質・エリア」が最も大きいことが分かった。(2017/5/19)

自動車ブランドに影響与えるBluetooth、音声コマンド レクサスとポルシェが信頼性首位に
電子制御系の不具合が目立つ中、レクサスとポルシェは信頼性でトップを勝ち得た。トヨタは18部門中10部門で首位に。(2017/2/23)

週刊「調査のチカラ」:
「スマホ世代」ってどの世代? スマートフォン利用者5500万人時代のリアル
国内のスマートフォン利用人口増をけん引しているのはどの世代? 10代はスマートフォンをどう使っている? スマートフォンにまつわる調査にもさまざまな切り口がありました。(2016/10/1)

Apple Watch、J.D.Powerの米顧客満足度調査で1位に(2位はSamsung)
米コンサルティング企業のJ.D.Power and Associatesのスマートウォッチに関する顧客満足度調査の結果、Appleが1位を獲得した。装着感、スタイル、使いやすさの評価が特に高かった。2位はSamsungだった。(2016/7/13)

コンパクト、省エネ、高速は当たり前:
PR:顧客満足度1位の理由は意外にもココ!? ビジネスプリンタの決定版「DocuPrint C3450 d」
ビジネスで使うプリンタをカタログスペックと○×表だけで選んでいませんか? スペックだけではなく、こんな隠れた「こだわり」がうれしいんです。6年連続顧客満足度1位はダテじゃない!(2016/1/25)

2016年は“継続”と“変革”の年?――通信4社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループ、UQコミュニケーションズの社長が、2016年の年頭所感を発表した。競争が厳しさを増す中で、各社は2016年にどう臨むのか。(2016/1/5)

J.D.パワーの2015年携帯電話サービス満足度調査――ドコモが2年連続1位も、2位auと拮抗
J.D.パワーが「2015年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<顧客満足度編>」を発表。NTTドコモが2年連続で総合満足度1位となるが、2位のauとほとんど差はみられなかった。(2015/9/30)

「格安SIM」乗り換えの課題は認知率、料金プラン、端末――J.D. パワーの調査
J.D.パワーが「2015年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<MVNOに関する意識・利用実態編>」の結果を発表。今後携帯電話会社を変更したいというユーザーのうち、16%がMVNOに変更したいと答えた。(2015/9/15)

J.D.パワー、法人向け携帯電話サービスの満足度調査を発表――ドコモが7年連続1位
J.D.パワーが発表した「2015年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査」によると、NTTドコモが7年連続で総合満足度1位を獲得。業者選定理由で最も多いのは「コスト」となった。(2015/8/28)

法人向けMVNOサービスの利用率は3%、NTTコムがトップシェア
J.D.パワーが「日本法人市場MVNO利用実態・意識調査」の結果を発表。総合満足度第1位は3年連続でUQ WiMAXとなった。MVNOの利用率は3%に留まり、事業者別ではNTTコミュニケーションズが6割以上でシェアトップとなった。(2015/8/5)

2年前から改善も:
モバイルWi-Fiルーターの不満は「バッテリー持ち」 J.D.パワーが実態調査
J.D.パワーがモバイルデータ通信の顧客満足度調査を実施。「バッテリー持ち」と「起動してからネットへ接続するまでの待ち時間」への不満が高いという利用実態が分かった。(2015/6/26)

J.D.パワー、モバイルデータ通信サービスの顧客満足度調査を実施――UQ WiMAXが3年連続1位に
J.D.パワーが「2015年日本モバイルデータ通信サービス顧客満足度調査」の結果を発表。総合満足度第1位は3年連続でUQ WiMAXとなった。(2015/5/26)

UQ WiMAXの累計契約数が1000万を突破
UQ WiMAXの累計契約数が、4月30日で1000万を突破した。2014年9月には500万契約を達成している。(2015/5/7)

石川温のスマホ業界新聞:
各キャリア2015年「年頭所感・挨拶」にツッコミ ━━4人の社長は新年に何を語ったのか
(2015/1/16)

サーバー移行を機にオフィス全体の最適化を:
PR:課題把握から移行後の保守運用までサーバー移行をワンストップで提供、更に業務改善を含めたオフィスの“見える化”を支援
富士ゼロックスでは、課題把握から設計・導入、移行後の保守運用も含めたワンストップのサーバー移行サービスを提供している。同社の強みは、複写機・複合機の販売で培ったノウハウと体制に基づくオフィス全体を見通した提案と運用サポートを、全国のエンジニアが均一のサービス品質で提供できることにある。(2014/11/26)

【連載】CCOが日本のCRMを変える:
第3回 自動車業界にCCOが生まれる瞬間
依然として認知度は低く、人数も少ないCCO(Chief Customer Officer)。一方で企業の中には、役職名に関係なく、CCO相当の業務を担当する人も増えてきています。今回はある企業のキーマンに注目し、その生の声からCCOについて考察したいと思います。(2014/11/19)

NTTドコモが3年ぶりに1位――J.D.パワーの2014年携帯電話サービス顧客満足度調査
J.D.パワーが「2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査査<顧客満足度編>」の結果を発表。NTTドコモが3年ぶりに総合満足度1位を獲得した。(2014/10/30)

J.D.パワー、携帯電話のサービス顧客満足度調査を実施――アップルの高シェアが続く
J.D.パワーが「2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<利用実態編>」の結果を発表。最も利用率の高いメーカーは「アップル」で、フィーチャーフォン利用者のスマートフォン乗り換え意向は40%となった。(2014/10/22)

法人向け携帯電話サービスの顧客満足度調査、ドコモが5年連続1位
J.D.パワーが2013年日本法人向け携帯電話・PHSサービス顧客満足度調査を発表。満足度第1位は5年連続でドコモだった。またスマホ導入企業が34%と増加した。(2013/9/2)

ITアウトソーシングサービス提供企業のリコージャパンが選んだ製品:
PR:中堅・中小企業 仮想環境のバックアップ、専門家に聞く「ファースト提案」の中身
複合機やプリンターなどのオフィス向け画像機器やITサービス、コミュニケーションの領域まで、オフィスのトータルソリューションを提供するリコージャパン。同社では昨年から本格的にスタートさせた「マネージドITサービス」が好評だ。このサービスは、中堅・中小企業で高まるITアウトソーシングニーズに応え、IT環境の状況や要望に併せて、対象機器ごとや、導入や運用・保守などの活用フェイズごとにサービスをモジュール化、必要なサービスを組み合わせて提供するという新しいサービス提供のスタイルとなっている。最近では、CA ARCserveシリーズで仮想化バックアップソリューションを大幅に強化している。この分野でのユーザーニーズがどのようであり、その解決策にはどのようなものがあるのか。リコージャパンの「マネージドITサービス」担当者に話を聞いた。(2013/7/1)

J.D.パワーのモバイルデータ通信サービス顧客満足度、2013年はUQ WiMAXがトップに
J.D.パワーが、2013年のモバイルデータ通信サービスにおける顧客満足度調査を発表。第1位はUQ WiMAXで、以下au、NTTドコモと続く。(2013/6/13)

情シスの横顔:
世界に飛び出せ日本のIT AIU損害保険・古庄さん
外資系保険会社のIT部門というユニークな環境で日本発のプロジェクトを数多く指揮してきた古庄達郎さん。「お客さまと会社のビジネスにITで貢献する」という、その活躍を追った。(2013/5/21)

全米キャリア満足度トップはVerizon データ共有プランユーザーが高い満足度示す
J.D. Power and Associatesが、米国で実施したキャリアの顧客満足度調査の結果を公表した。総じて“データ共有プラン”の利用者の満足度が高い。(2013/2/8)

新春インタビュー:
2013年は、MNP好調の先を見据える――KDDI 田中孝司社長に聞く
ゲームチェンジによる「auモメンタムの回復」を実現し、2012年に最も勢いを付けたのがKDDIだった。同社はこの好調をどう見ており、2013年にどうつなげていくのか。新春インタビュー第2弾は、KDDIの田中孝司社長に、2013年の展望を聞いた。(2013/1/3)

新春インタビュー:
スマートフォン普及後をめざし、総合サービス企業化を加速する――NTTドコモ 加藤薫社長に聞く
スマートフォンの急速な普及は、日本の携帯電話市場に大きな変化をもたらした。今後はその“後”の市場に対しどう取り組んでいくかが重要になる2013年。新春インタビュー第1弾は、NTTドコモの加藤薫社長に、2013年のドコモの取り組みを聞いた。(2013/1/1)

石野純也のMobile Eye(12月3日〜12月14日):
iPhone版「Google マップ」の使い勝手/「203SH」IGZO搭載の理由/ドコモ純減の背景
iPhoneユーザーにとっては待望とも言える「Google マップ」が13日にApp Storeで公開された。使い勝手はどうか。急きょディスプレイに「IGZO」搭載が決まった「AQUOS PHONE Xx 203SH」と、2012年11月にドコモの契約数が純減した背景についても解説したい。(2012/12/14)

ドコモのMNP転出超過止まらず、契約数も純減に――2012年11月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が、2012年11月度の携帯電話・PHS、BWA各社の契約者数を発表した。今月もドコモのMNP転出超過は止まらず、その数は過去最大だった10月を上回った。(2012/12/7)

調査リポート:
個人向けケータイサービスの顧客満足度、auがトップに――J.D. パワー調査
J.D. パワー アジアが実施した個人向けケータイサービスの顧客満足度調査(2012年)で、auがトップを獲得した。2009年以来、3年ぶりに首位に返り咲いた。(2012/10/30)

調査リポート:
「法人向けケータイ」の満足度調査、ドコモが4年連続でトップ
J.D.パワーが国内法人向け携帯電話・PHSサービスの顧客満足度調査を発表。ドコモが4年連続でトップとなった。(2012/8/30)

俺の話を聞け!:
米新車品質調査で車載情報機器の不具合報告が急増、音声認識の浸透が原因
J.D.パワー・アンド・アソシエイツによる2012年の「米国自動車初期品質調査」によれば、車載情報機器に関する不具合指摘件数が急増しているという。不具合指摘の主な要因となっているのが、米国市場で浸透が進む音声認識システムをはじめとするハンズフリー技術である。(2012/6/25)

スマートフォンとネットワークの質が問われる――通信事業者5社の年頭所感
ドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセス、UQのトップが年頭所感を発表した。スマートフォンへの本格的な移行や通信の高速化が進む中、各社はどのような戦略で2012年の事業を展開していくのだろうか。(2012/1/5)

調査リポート:
スマホ時代、顧客満足度を左右するのは“店頭説明力”――J.D. パワー調査で明らかに
個人ユーザーを対象とする携帯電話サービスの顧客満足度調査でドコモがトップを獲得。スマホ時代には、店頭説明力が満足度を左右するようだ。(2011/11/24)

調査リポート:
企業向けケータイサービス、ドコモが顧客満足度トップに――3年連続で首位
J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した法人向けケータイサービスの顧客満足度調査で、NTTドコモが3年連続でトップを獲得。窓口の対応、品質、サービス内容の3項目で他キャリアを上回った。(2011/9/15)

スマートフォンの米顧客満足度調査、Appleが6期連続で首位、2位はHTC
J.D.Powerの定例顧客満足度調査で、6期連続で首位に立ったAppleに次ぐ2位は前回3位だったHTC。前回6位だったSamsungはNokia、Palmを抜いて3位になった。(2011/9/12)

富士ゼロックスの“環境配慮”は一味違う:
PR:省エネも速度も使い勝手も妥協なし!――A3カラーレーザープリンタ「DocuPrint C3350」実力診断
ビジネスで使うカラーレーザープリンタは高性能に加えて、環境への配慮も重視したい。しかし、環境にこだわってプリンタの性能がおろそかになってしまっては本末転倒だ。性能と省エネの両立が理想だが、矛盾する2つの要素を満たすのは難しい。それでは、どのような商品を選べばいいのか? そのヒントは富士ゼロックスにあるかもしれない。(2011/2/21)

調査リポート:
ドコモ、auを抜いて顧客満足度トップに――2010年のJ.D. パワー調査で
NTTドコモがJ.D. パワーの個人ユーザーを対象とした顧客満足度調査で初のトップを獲得。これまで総合トップの座を守っていたauは2位に転落した。(2010/11/19)

調査リポート:
法人向けケータイサービス、ドコモが顧客満足度トップに
J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した法人向けケータイサービスの顧客満足度調査で、NTTドコモが2年連続でトップを獲得。測定要素となる「コスト」「サービス品質」「営業窓口の対応」「サービス内容」のすべてで他社を上回る評価を得た。(2010/9/24)

富士ゼロックスがトップ――レーザープリンタの満足度
J.D. パワー アジア・パシフィックによると、カラープリンタの顧客満足度において富士ゼロックスがトップになった。(2010/9/16)

個人向けケータイサービスの顧客満足度、2009年もauがトップに――――J.D. パワー調査
J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した個人向けケータイサービスの顧客満足度調査で、auがトップを獲得した。、「電話機」「通信品質・エリア」「各種費用」の満足度で他キャリアより高いポイントを獲得した。(2009/11/12)

上位はNTT勢、ソフトバンクテレコムは8位に――法人向けIP電話満足度調査
J.D. パワー アジア・パシフィックは、全国の従業員数100人以上の企業を対象に、IP電話、直収電話サービスの顧客満足度について調査した。「営業対応」「障害・トラブル対応」「サービス内容/品質」「コスト」の全項目でNTT東日本がトップになった。(2009/11/9)

薄型テレビとBDレコ、顧客満足度1位はソニー
顧客満足度に関する調査・コンサルティングを手がけるJ.D.パワー アジアパシフィックが、薄型テレビとBlu-ray Discレコーダーの顧客満足度調査結果を発表した。(2009/11/5)

中期ビジョンの実現に向け「何としてもパケットARPUを上げたい」――ドコモの山田社長
量的成長から質的成長への転換を目指す「中期ビジョン」の発表から、ちょうど1年後にあたる今回の決算会見。NTTドコモの山田社長は中期ビジョンの実現に向け、「何としてもパケットARPUを上げ、2011年に音声ARPUとパケットARPUの逆転を目指す」と意気込んだ。(2009/10/30)

独占販売があだに:
ユーザーはiPhoneに満足、だがAT&Tには不満――米調査
調査によると、iPhoneを使うためにキャリアを変更したAT&Tの顧客の間で不満が強いことが分かった。(2009/10/1)

法人向けケータイサービスの顧客満足度、ドコモがトップに
J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した法人向けケータイサービスの顧客満足度調査で、NTTドコモがトップを獲得した。「営業窓口の対応」「サービス品質」「サービス内容」の満足度で他キャリアより高いポイントを獲得した。(2009/9/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。