ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「仕事をしたら○○が見えてきた」最新記事一覧

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

仕事をしたら“安全”に飛べた:
飛行機は本当に「安全」なの? 現役パイロットに聞いてきた
ここ数カ月、飛行機の墜落事故が相次いでいるので、不安を感じている人も多いのでは。「飛行機は最も安全な乗り物」と言われているが、本当にそうなのか。JALの現役パイロットに聞いてきた。(2015/3/25)

仕事をしたら“宇宙”に飛んだ(後編):
人工衛星で写真が撮れるんですよ。えっ、それだけ? “営業活動”は苦労の連続
大学発のベンチャー企業「アクセルスペース」が、民間企業としては世界初となる商用の小型衛星を打ち上げた。しかし、そこに至るまでの“営業活動”は苦労の連続。どんなことがあったのか、同社の中村友哉CEOに話を聞いたところ……。(2015/3/18)

仕事をしたら“宇宙”に飛んだ(中編):
宇宙からの画像で、どんなビジネスが生まれるのか
小型の人工衛星を開発しているアクセルスペースは、2020年をめどに衛星を50機ほど打ち上げたいという。そんなにたくさん打ち上げてどんなビジネスを始めようとしているのか。同社の中村CEOに話を聞いた。(2015/3/11)

仕事をしたら“宇宙”に飛んだ(前編):
民間企業「アクセルスペース」の人工衛星が、ものすごく安い理由
2013年11月。大学発のベンチャー企業「アクセルスペース」が、民間企業としては世界初となる商用の小型衛星を打ち上げた。大型の人工衛星に比べて、価格はかなり「安い」というが、なぜそんなモノをつくることができたのか。同社の中村友哉CEOに話を聞いた。(2015/3/4)

仕事をしたら“レコード”が売れた:
中古レコードの「バイヤー」って何をしているの? 買い付け・値付けの奥深さ
中古レコードを扱う「HMV record shop 渋谷」が、2014年にオープンした。レコードを店頭に並べるために、バイヤーたちは買い付けに回ったというが、どういった苦労があったのか。店の責任者で、バイヤーとしても活躍する小松正人さんに聞いた。(2015/2/25)

仕事をしたら“海外”で自販機が増えた:
ロシアで自販機は定着するのか? ダイドードリンコの挑戦
海外に行ったとき「日本のように自販機が少なくて不便だなあ」と感じたことがある人も多いのでは。海外は治安が悪いので、自販機を置くのは難しい、と言われてきたが、そんな常識を覆す試みが始まっている。(2015/2/18)

仕事をしたら“人を助ける”ことができた:
海外で病気、どうする? 大丈夫、助けてくれる会社があるのだ
途上国で病気を患ったら、大変なことがいくつかある。そのひとつが病院のレベルの低さだ。不衛生な環境で入院することになったら、あなたはどうするか? そんな場合でも、心強い味方がいる。それは……。(2015/2/4)

仕事をしたら“銀座のママ”になった(後編):
銀座で「異変」と呼ばれている女性は、“てっぺん”を手にしたのか
最年少&最短で老舗高級クラブのママになった桃谷優希さんは「3年以内にナンバーワン、その後2年以内にママになる」という目標を掲げて、それを手にした。順風満帆とも言えるが、その裏でさまざまな苦労があったという。それは……。(2015/1/28)

仕事をしたら“銀座のママ”になった(前編):
銀座で“異変”! なぜ26歳の女性が、高級クラブのママになれたのか
バブル崩壊後、銀座のクラブで破られなかった記録がある。それは「最年少」「最短」のママ。20年以上に渡って破られなかった記録が、ある女性によって更新されたのだ。銀座界隈で“異変”と呼ばれている女性に直撃したところ……。(2015/1/21)

仕事をしたら“ドーナツの味”が見えてきた:
ミスドとセブンのドーナツ、味はどのくらい違うの? 味覚センサーで分析
セブン-イレブンがドーナツ市場に参入する。「形がミスタードーナツとそっくり」といった声がでているが、味もそっくりなのか。「味覚センサー」を使って、セブンとミスドのドーナツを分析してもらったところ……。(2015/1/14)

仕事をしたら“2015年”が始まった(後編):
コンビニの「野菜」が、なかなか売れない理由
「ホウレンソウ」「トマト」「キュウリ」――。コンビニの棚に野菜が並んでいるが、「よく売れている」という話を聞いたことがない。現役オーナーを務める川乃もりやさんに聞いたところ「売れるわけがない」ときっぱり。その理由は……。(2015/1/7)

仕事をしたら“2015年”が始まった(前編):
なぜセブン-イレブンは“王者”であり続けるのか
セブン-イレブンの快進撃が止まらない。2014年4月に消費税が増税され、他のコンビニが苦戦する中、セブンは売り上げを伸ばした。セブンカフェやセブンプレミアムなど、なぜヒット商品を生み出すことができるのか。現役コンビニオーナーの川乃もりやさんに話を聞いた。(2015/1/1)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
Business Media 誠 年間アクセスランキング〜2014年編
2014年もあと数時間で終わり。御嶽山噴火などの自然災害や、STAP細胞やゴーストライター騒動などの「ウソ」が話題になることが多かった今年、Business Media 誠でもっとも多く読まれた記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2014/12/31)

仕事をしたら“年越しそば”が売れた:
意外! 大みそかに客が殺到するローソンの店舗がユニーク
2012年7月にオープンしたローソンの「シェラトン・ワイキキ店」がスゴいことになっている。年末年始には多くの日本人観光客が来店して、あるモノを購入しているという。それは……!?(2014/12/26)

仕事をしたら“1億8000万枚”売れた:
海外に広がる小林製薬の「熱さまシート」――成功の裏に何が起きていた?
熱が出たら「水でしぼったタオル」ではなく、各社から販売されている「冷却シート」を利用する人も多いのでは。冷却シート市場トップを走る小林製薬の「熱さまシート」は日本だけでなく、海外でも広がりつつあるのだ。(2014/12/17)

仕事をしたら“緑茶”が売れた:
社長から“ダメ出し”100回以上! 別格「日本冠茶」完成までチョー大変
キリンビバレッジの飲料「別格」シリーズが売れている。価格は200円(税別)もするので、ネット上では「高い」といった声が多い。これまでの常識では考えられない商品はどのようにしてつくられたのか。別格「日本冠茶」を開発した担当者に話を聞いた。(2014/12/3)

仕事をしたら“ウイスキー”が売れた:
輸出量7年で42倍! ニッカウヰスキーが海外で売れている&売ることができるワケ
ニッカウヰスキーの商品が売れている。「NHKのドラマ『マッサン』効果があって売れているんでしょう?」と思われるかもしれないが、日本だけでなく、海外でも売れているのだ。その理由は……。(2014/11/26)

仕事をしたら“タイ”で売れた:
丸亀製麺「うどん」だけでなく、「鉄板焼き」で勝負する事情
トリドールが運営する「丸亀製麺」のうどんが、海外の人たちにウケているという。中でもタイでの売り上げが好調だというが、どんな展開をしているのだろうか。海外事業を担当する経営企画室の人に聞いた。(2014/11/19)

仕事をしたら“インドネシア”で売れた:
丸亀製麺のうどんが、インドネシアでウケた理由
日本全国で讃岐うどんが広がったのは2002年ごろと言われているが、海外でもファンが増えつつあるという。トリドールが運営する「丸亀製麺」は海外進出に積極的で、数年前にオープンしたインドネシアとタイの売り上げが好調だ。その理由は……。(2014/11/12)

仕事をしたら“缶コーヒー”ができた:
缶コーヒー市場に“2つの潮流”――ダイドードリンコの高松社長に聞く
コンビニのカウンターコーヒーがヒットして、缶コーヒーが苦戦している。そんな中、缶コーヒー市場にちょっとした異変が起きている。それは……。(2014/11/4)

仕事をしたら“世界で”売れた:
生産台数9000万台超! ホンダのスーパーカブがスゴい
世界中で販売されているスーパーカブ(ホンダ)の累計生産台数が9000万台を超え、あと数年で1億台を突破しそうだ。50年以上前に発売されたスーパーカブは、なぜ今でも売れ続けているのだろうか。ホンダの広報部に聞いた。(2014/10/29)

仕事をしたら“ファン”が増えた:
過去3年で42%増! 横浜DeNAベイスターズのファンが増えている理由
プロ野球のペナントレースが終了した。3年前に誕生した「横浜DeNAベイスターズ」の成績は6位、5位、5位と低迷しているが、観客動員数は増え続けているという。その理由について、同社の池田純社長に聞いた。(2014/10/22)

仕事をしたら“粘り腰”で売れた:
なぜ中国で“甘いマヨネーズ”が売れたのか キユーピーの地道な作戦
中国で“甘いマヨネーズ”が売れていることをご存じだろうか。キユーピーが中国で展開を始めたのは1993年。当時の家庭に「マヨネーズ」はなかったが、どのようにして普及していったのだろうか。同社の広報部に聞いた。(2014/10/15)

仕事をしたら“インドネシア”で売れた:
配って、売れて、パクられて――ポッキー海外物語
江崎グリコの「ポッキー」が、海外で広がりつつあることをご存じだろうか。インドネシアでは2012年から本格的に展開しているが、売上目標を軽く上回る勢いだ。その理由は……。(2014/10/8)

仕事をしたら“葬儀を安く”できた(後編):
どんな人が向いているの? 葬儀会社で働く人が感じる壁
数年前に映画『おくりびと』がヒットしたが、葬儀会社で働くのにはどんな人が向いているのだろうか。葬儀業界で40年近く働いているティアの冨安社長に話を聞いた。(2014/9/24)

仕事をしたら“葬儀を安く”できた(前編):
葬儀代を明朗会計にした会社――すぐに“嫌がらせ”をされた
不透明な葬儀業界において、明朗会計で料金をガラス張りにした会社がある。それは、名古屋市に本社を置く「ティア」。葬儀代金をオープンにして、価格を安くしたら、すぐに“嫌がらせ”を受けたという。同社の冨安徳久社長に話を聞いた。(2014/9/17)

仕事をしたら“ストーリー”ができた:
“納豆不毛地帯”の大阪で、なぜ小さな店の納豆がヒットしたのか
「関西人は納豆が嫌い」と言われている中で、大阪の東部にある大東市で注目されている納豆メーカーがある。その名は「小金屋食品」。従業員数が10人も満たない小さな会社が、なぜウケているのだろうか。(2014/9/10)

仕事をしたら“うどん”のことが見えてきた(後編):
次のブームは? “変わりうどん”が流行る日
うどんの本場「香川県」から大手外食チェーン店が生まれていないが、ラーメン業界はどうなのか。香川大学大学院の高木准教授に話を聞いたところ、意外な事実が。それは……。(2014/9/3)

仕事をしたら“うどん”のことが見えてきた(前編):
なぜ、“うどん県”からチェーン店が出てこないのか
「丸亀製麺」「はなまるうどん」「つるまる」――。讃岐うどんを扱っているチェーン店を調べてみると、ある共通点があった。それは、どれも本社がうどんの本場・香川県でないこと。その理由について、香川大学大学院の高木知巳准教授に聞いた。(2014/8/27)

仕事をしたら“動物”のことが分かってきた(後編):
競争せず、適応しているだけ? 彼氏・彼女ができない理由は2つ
明治安田生活福祉研究所が行った調査によると、20代独身男性「現在恋人がいる」のは22%、30代独身男性では同15%という結果に。数年前から「草食男子が増えてきた」と言われているが、その背景には何があるのか。動物行動に詳しい、竹内久美子さんに聞いた。(2014/8/15)

仕事をしたら“動物”のことが分かってきた(中編):
人類最大の罪は「農業」? 日本人の人口減少問題を考える
日本の人口減少が問題になっている。このままでは経済に与えるダメージは大きいとして、「海外から移民を受け入れるべきだ」といった声もあるが、人口減は本当に“悪いこと”なのだろうか。(2014/8/14)

仕事をしたら“動物”のことが分かってきた(前編):
なぜ世の中に悪い人は少なく、いい人が多いのか
「また騙された。正直者がバカをみる世の中はおかしい」と感じたことがある人も多いのでは。トクをするのであれば悪い人が増えそうだが、この世はいい人のほうが多い。なぜか? そこで動物の行動に詳しい、竹内久美子さんに人間の生き方を聞いた。(2014/8/13)

仕事をしたら“スイーツ”の味が分かった(後編):
おいしいスイーツには「4:2の法則」がある――それって何?
コンビニ各社に聞いたところ、スイーツの中でシュークリームとエクレアがよく売れているという。昔からあるこの2つの定番商品は、なぜ人気があるのか。味を分析することができる機械を使って測定したところ……。(2014/8/6)

仕事をしたら“スイーツ”の味が分かった(前編):
コンビニの「シュークリーム」「エクレア」ってどんな味? 科学的に分析した
「コンビニで販売されているスイーツの味はどこも同じようなもの」と思っている人も多いのでは。そこで、味を分析できる機械を使って、コンビニで販売しているシュークリームとエクレアの味を測定してもらった。(2014/7/30)

仕事をしたら“交渉”が成立した:
業務提携ってどのように進めるの? JALの達人に“交渉術”を聞いてきた
「『業務提携』を担当する人って、厳しい交渉をしなければいけない……」といったイメージがあるが、実際のところはどうなのか。JALでコードシェアを担当している人に、他社との交渉術を聞いてきた。(2014/7/23)

仕事をしたら“軽油”ができそう(後編):
体長0.05ミリの生物は次に何を動かす? ミドリムシが創る「未来」
2020年――。ミドリムシが飛行機を飛ばすのが、当たり前になっているかもしれない。体長0.05ミリの生物がどのようにして飛行機を飛ばすのか。ミドリムシの大量培養に成功した、ユーグレナの研究者に話を聞いた。(2014/7/16)

仕事をしたら“軽油”ができそう(前編):
ミドリムシがクルマを走らせる? “夢の燃料”ができる日
いすゞ自動車とユーグレナが共同で、次世代の燃料開発を始めるという。ミドリムシの油を使ってクルマを動かすということだが、どのような研究を行うのだろうか。ユーグレナでミドリムシのことを研究している鈴木健吾さんに話をうかがった。(2014/7/9)

仕事をしたら“レシート”が集まった(後編):
年末年始、どんなアイスが売れた? 膨大なデータから見えてきたこと
年末年始にどのアイスクリームが売れているのか? そんなことを気にしたことがある人はほとんどいないだろうが、レシートデータを分析したところ、ある傾向が浮かびあがった。それは……。(2014/7/2)

仕事をしたら“レシート”が集まった(前編):
王者「ガリガリ君」を倒したのは? ロッテアイスの戦略が面白い
アイスクリーム市場が活気に沸いているが、どの商品が売れているのだろうか。業界などが発表している売れ筋ランキングではなくて、消費者のレシートを分析したところ、意外な結果が! それは……。(2014/6/25)

仕事をしたら“空”を飛べた:
えっ、前の飛行機を抜いてもいいの? パイロットの知られざる世界
パイロットといえばエリート中のエリートというイメージがあるが、飛行機を操縦しているときどんなことを考えているのだろうか。JALでボーイング777の機長を務める近藤さんに話を聞いたところ、意外な答えが返ってきた。(2014/6/18)

仕事をしたら“味”を分析できるようになった:
インスタントコーヒーの味は、なぜ“飽きる”のか
コーヒーを初めて飲んだとき、ほとんどの人は「ニガイ」と感じるのに、飲んでいくうちに「おいしい」と感じる。なぜか? 飲食と人間の飽きの関係性について、AISSYの鈴木隆一社長にうかがった。(2014/6/11)

仕事をしたら“味”を分析できるようになった:
コンビニコーヒーの味に違いはあるの? 科学的に分析した
外出先で「ちょっとコーヒーを」と思って、カフェチェーンに立ち寄る人も多いのでは。ファストフードやコンビニでも気軽にコーヒーを飲むことができるようになったが、その味に違いはあるのか。味を分析できる機械を使って調べたところ、意外な事実が……。(2014/6/4)

仕事をしたら“アイス”ができた(4):
大阪の人はチョコミントが嫌い? 自販機アイスの謎が溶けてきた
「セブンティーンアイス」をご存じだろうか。ショッピングセンターや公園などで設置されている自販機アイスのことだが、商品を扱っている江崎グリコに聞いたところ、大阪では「チョコミント」が苦戦しているという。なぜ……?(2014/5/30)

仕事をしたら“アイス”ができた(3):
30年前に生まれた自販機アイスが、今も増え続けているワケ
「セブンティーンアイス」をご存じだろうか。ショッピングセンターや公園などで設置されている自販機アイスのことだが、登場してから今年で31年目。商品を扱っている江崎グリコに売れ続けている理由を聞いた。(2014/5/28)

仕事をしたら“アイス”ができた(2):
なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか
某コンビニのPB商品がヒットすれば、競合他社が同じような商品を販売する――。コンビニは“真似の歴史”を刻んで、拡大してきたわけだが、真似されないモノもある。そのひとつが、ミニストップのソフトクリーム。その理由は……。(2014/5/21)

仕事をしたら“アイス”ができた(1):
アラフォーの「pino(ピノ)」が、いまも現役でがんばっている理由
アイスが食べたくなったので、コンビニの冷蔵ケースの中をのぞいてみると、定番商品ばかり。アイス市場は新商品が生まれにくいものなのか。そんな疑問が浮かんできたので、ロングセラーを続けている「pino」(森永乳業)の担当者に話を聞いた。(2014/5/14)

仕事をしたら“ニュースアプリ”ができた(後編):
なぜニュースアプリを使うと「飽きる」のか――原因は“釣りタイトル”(たぶん)
ニュースアプリが増えてきた。SmartNews、Antenna、Gunosy、Pressoなどがあるが、使っていて「飽きた」という感覚になる人もいるのでは。その原因は……“釣りタイトル”にある!? (2014/4/30)

仕事をしたら“ニュースアプリ”ができた(前編):
Gunosyユーザーはどんな人? 膨大なデータから行動履歴が見えてきた
通勤中などに、ニュースアプリを使ってその日のニュースを読んでいる人も多いのでは。そうした人たちはどんな記事を読んでいるのだろうか。グノシーを運営している福島社長に、膨大なデータからユーザーの行動履歴をひも解いてもらった。(2014/4/23)

仕事をしたら“珍しい花”を見つけた(後編):
全く興味がなかったのに、なぜ「花の魔力」に取りつかれたのか
世界中の珍しい花を採りつづける――職業「プラントハンター」。あまり聞き慣れない仕事をしている西畠清順氏は学生時代、花には全く興味がなかったという。しかし、ある山を登って、そこで目にしたものは……。(2014/4/16)

仕事をしたら“珍しい花”を見つけた(前編):
職業「プラントハンター」――なぜこの男は命を懸けて花を採り続けるのか 
「プラントハンター」という仕事をご存じだろうか。彼らは珍しい花を求めて、ジャングルの中を駈けずり回ったり、断崖絶壁にへばりついたりしている。なぜ命を懸けてまで花を採り続けるのか。プラントハンターの西畠清順氏に、話を聞いた。(2014/4/9)

仕事をしたら“視線”を追いかけた:
「人の視線+α」で○○が分かる――近未来はとにかくスゴくなりそうだ
人の視線を追いかける「アイトラッキング」の技術に注目が集まっている。近年、マーケティング活動に使う企業が増えてきたが、どんなことが分かってきたのか。世界シェアトップのトビー・テクノロジー社に話を聞いた。(2014/4/2)

仕事をしたら“缶コーヒー”が売れた:
自販機の一等地は「左上」? 人の視線を追いかけたら“常識”が覆った
自販機で缶コーヒーを買う――。日常的な行動なので、意識していない人が多いと思うが、実は自販機には隠れたノウハウがある。マシンの前に立ったとき「人は『左上』に注目する」と言われてきたが、ダイドードリンコがアイトラッキングを使って分析したところ……。(2014/3/26)

仕事をしたら“パートワーク”が売れた:
山口百恵「赤いシリーズ」のDVDが売れている――なぜ? 講談社の人に聞く
山口百恵さんが出演している「赤いシリーズ」のDVDが売れている。ドラマが放送されたのは30年以上も前なのに、なぜヒットしているのか。DVDの販売を手掛けた講談社の担当者に話を聞いた。(2014/3/19)

仕事をしたら“ブランド”が見えてきた:
人はなぜ「コカ・コーラ」や「アップル」の商品を買うのか
日本の企業広告を見ていると、自社商品をアピールするものが多い。「目先の利益を追いかけなければいけない」といった理由があるのだろうが、本当にそれでいいのか。グローバル企業と日本企業の“違い”について、Neo@Ogilvyの山崎浩人さんに話を聞いた。(2014/3/12)

仕事をしたら“10代女子”が集まった:
なぬ? 「CocoPPa(ココッパ)」を知らない? Youは遅れているねえ
スマホアプリ「CocoPPa(ココッパ)」が大ヒットしている。リリースしてから18カ月でダウンロード数が2000万を超えたが、一体どんなアプリなのだろうか。開発したユナイテッドの担当者に話を聞いた。(2014/3/5)

仕事をしたら“客の迷い”が見えてきた(後編):
日本のスーパーは遅れている? 客のデータを分析しなければいけない
3Dセンサーを使って、お客の購買行動を可視化する動きが出てきた。こうした情報を蓄積していくことで、今後はどんなビジネスが考えられるのだろうか。ビッグデータ分析を手掛けるミディーの深谷社長に話を聞いた。(2014/2/19)

仕事をしたら“客の迷い”が見えてきた(前編):
なぜ歯ブラシを買うのに迷うのか? 客の行動を分析して、分かったこと
お店の棚の前で「これにしようかな。いや、こっちにしようかな」と迷ったことがある人も多いだろう。そんな人の“迷い”を可視化するサービスが、2013年からスタートしている。お客の購買行動を分析することで、どんなことが見えてきたのだろうか。(2014/2/12)

仕事をしたら“レトルトカレー”ができた(後編):
なぜ沖縄の人は「レトルトカレー=元祖ボンカレー」なのか
沖縄の人にとって、「レトルトカレー=元祖ボンカレー」らしい。現在本土では売っていない「元祖」のカレーが、なぜ沖縄の人に定着しているのだろうか。ボンカレーを販売している、大塚食品の担当者に話を聞いた。(2014/2/5)

仕事をしたら“レトルトカレー”ができた(前編):
ルーツは病院にあった? 今年46歳、ボンカレーの過去
1968年に発売された「ボンカレー」は、どのように開発されたのだろうか。製造元の大塚食品に聞いたところ、意外な答えが返ってきた。カレーが入っている袋を殺菌するために……。(2014/1/29)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(4):
“評論家”が増えてきた? コンビニコーヒーができるまで
ここ数年、コンビニコーヒーは急速に普及していったが、誕生前にはどのような苦労があったのか。ローソンのマチカフェを担当している吉澤明男さんに「社内調整」の話を聞いた。(2014/1/15)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(3):
「もうダメだ!」と思ったとき、誰が助けてくれた? ユーグレナの社長に聞く
体長0.1ミリ以下で、藻の一種である単細胞生物。人間の目には見えないミドリムシを増やすことに成功したユーグレナの出雲充社長は、創業当時どんなことを考えていたのだろうか。(2014/1/8)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(2):
ちょっと変わった日本人と付き合う――そのメリットは? 宋文州さんに聞く
5年後、10年後、日本企業の海外進出はますます加速しているだろう。そうした時代に対応するために、ビジネスパーソンはどのような準備をしておけばいいのだろうか。(2014/1/3)

仕事をしたら“金言”を聞くことができた(1):
藤原和博さんに聞く、大学にも“地方格差”はあるのか?
「大学でも東京一極集中化が進んでいる」といった声を聞いたことがあるが、本当にそうなのか? リクルートで働き中学校の校長を務めた藤原和博さんに、大学の現状を聞いた。(2014/1/1)

誠 Weekly Access Top10 特別編:
年収二極化、体罰問題、就職難――2013年、Business Media 誠で最も読まれた記事は?
2013年ももう終わり。東京オリンピック開催決定、半沢直樹、PC遠隔操作事件などさまざまな話題がありましたが、Business Media 誠で最も反響があった記事は何だったのか。ランキング形式で発表します。(2013/12/26)

仕事をしたら“人の移動”が見えてきた(後編):
宮城、福島を訪れた人はいずこへ? 位置情報データが教えてくれたこと
「観光旅行をした人は、どこに行っているんだろう?」。こんな疑問もゲームやスマートフォンの位置情報を使えば、“観光客の動き”が分かるという。宮城県と福島県を訪れた人の特徴を教えてもらったところ……。(2013/12/18)

仕事をしたら“人の移動”が見えてきた(前編):
観光客はどこに行ってるの? 位置情報のデータから分かったこと
「観光客がどこに行っているかって? そんなの分かるはずがない」と思っている人も多いのでは。実は、ゲームやスマートフォンの位置情報を使って、“観光客の動き”が見えてきたという。大分県の湯布院や岩手県を訪れた人は、どんな特徴があるのだろうか。(2013/12/11)

仕事をしたら“農業の今”が見えてきた:
今、農業に必要なことは? 農家は「考える」ことを止めさせられた
「農業」と聞いてどんなことを想像するだろうか。「高齢者が作業をしている。変化がほとんどない」と思うかもしれないが、今、私たちの知らないところで“新しい動き”が出始めているのだ。それは……。(2013/12/4)

仕事をしたら“面白い広告”ができた:
「面白いなあ」と思うCMが、なぜ減っているのか
その昔、会社や学校で「○○のCMって、面白いなあ」という会話があったが、最近はめっきり減ってしまった。その理由について、これまで数多くのCMを手掛けてきた、電通CDCの高崎卓馬さんに聞いた。(2013/11/22)

仕事をしたら“コーヒー”ができた(後編):
なぜコーヒーを“手渡す”のか? ローソンがセルフ式を捨てた理由
いれたてのコーヒーをコンビニで買う、そういう人が増えてきた。多くのコンビニがセルフ式で展開する中、ローソンはスタッフによる“手渡し”。その理由は……。(2013/11/20)

仕事をしたら“コーヒー”ができた(前編):
ローソンのコーヒーは誰が飲んでいる? データから見えてきたコト
「コーヒーはコンビニで買う」という人が増えてきているが、一体どんな人が購入しているのだろうか。ローソンのPontaカードを分析すれば「どういった人が何を買ったのか」が分かるので、担当者に直撃。男性20〜40代がよく飲んでいるのは……。(2013/11/12)

仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(後編):
日本企業の広告が、世界で評価されない理由
世界最大級の広告祭「カンヌライオンズ2013」のグランプリ受賞作をみると、ほとんどが欧米企業だった。なぜ日本企業の広告は評価されなかったのか。元『広告批評』編集長の河尻亨一さんに聞いた。(2013/10/23)

仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(中編):
ダヴとオレオはなぜ“ファンづくり”がうまいのか――2社に共通する巧妙な仕掛け
キャンペーンなどをうまく活用して、ファンを増やしている企業がある。それはDoveを扱うユニリーバと、Oreoを扱うナビスコ。なぜこの2つの会社は、自社商品のファンを増やすことができたのか。元『広告批評』編集長の河尻亨一さんに解説してもらった。(2013/10/16)

仕事をしたら“広告のツボ”が見えてきた(前編):
注目されている「広告」にはワケがある――それは
いま、世界ではどんな広告が注目されているのだろうか。広告事情に詳しい、河尻亨一さんは「世界最大級の広告祭『カンヌ』で受賞した作品をみると、ある傾向が見えてきた」という。その傾向とは……。(2013/10/9)

仕事をしたら“人のウソ”が見えてきた:
なぜ人はウソをつくのか? 男女が別れる前に読む話
「彼女にウソをつかれた。それが嫌で、別れてしまった」という男性もいるだろう。なぜ人はウソをつくのか。そのメカニズムが分かれば、彼女のウソも我慢できたかもしれない。そこで心理カウンセラーの晴香葉子さんに、ウソにまつわる話を聞いてきた。(2013/10/2)

仕事をしたら“人の動き”が見えてきた:
なぜ人間は買い物をするのか? 人を動かすツボは18パターンある
人ってなぜ買い物をするのか?――そんなことを疑問に感じたことがある人は少ないだろう。何も考えずに買い物をしている……と思っているかもしれないが、実はあるツボを押され“動かされている”かもしれないのだ。(2013/9/25)

仕事をしたら“やっぱりヘンな日本人”がいた(後編):
宋文州氏は何度も言う。日本人のココがヘンだ
ソフトブレーン創業者の宋文州さんは、これまで「日本のおかしいところ」をバッサリ切ってきた。今年で来日28年目を迎えるが、「日本人って変わらないなあ。昔のままだ」という点があるという。それは……。(2013/9/18)

仕事をしたら“やっぱりヘンな日本人”がいた(前編):
宋文州氏が語る、日本人が「多様性」を受け入れられないワケ
日本に多様性は必要だと思いますか? こう聞かれると、ほとんどの日本人は「必要だ」と答えるはずだ。にも関わらず、なぜ日本では多様性を受け入れる考え方が広がらないのか。その疑問を、ソフトブレーン創業者の宋文州氏にぶつけてみた。(2013/9/11)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(6):
日本で起きている皮肉な現象とは――留学生と採用の関係
日本人の留学者数が、ここ数年減少している。このまま留学生の数が減っていけば、「海外の企業に勝つことが難しくなるのでは」と危惧する人物がいる。その名は、人材紹介などを手がけるディスコの夏井丈俊社長だ。早速、夏井社長に話を聞いてきた。(2013/8/21)

仕事をしたら“会社に足りないモノ”が見えてきた:
コカ・コーラのようなマーケティングが、日本でできない理由
とあるコンサルティング会社が発表した「企業のブランド価値」ランキングによると、「コカ・コーラ」が13年連続でトップ。日本企業を見ると、トップは「トヨタ」で10位どまりだ。Neo@Ogilvyの山崎浩人さんは、コカ・コーラはある特徴的なマーケティングをしているという。それは……(2013/8/8)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(5):
“最高の授業”は世界に届けられるのか? 課題はマネタイズ
教師不足に悩む途上国に、DVDなどを使って“最高の授業”を届ける――。そんなプロジェクトが進んでいるが、課題はマネタイズ。安定的に続けていくためには、どのような工夫が必要なのだろうか。(2013/8/7)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(4):
大学7年生の学生が、途上国に“最高の授業”を届けられた理由
教師不足に悩む途上国に、DVDなどを使って“最高の授業”を届け続ける男がいる。早稲田大学の7年生、税所篤快さんだ。20代半ばの税所さんは、どのようにして世界各地の教育危機を救ってきたのだろうか。(2013/7/31)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(3):
「世界で戦う」ために、どんな準備をすればいいのか――そんなに難しくない方法
グローバル化が進む中で「自分は世界を相手に戦うんだ」と決めたとき、どのような準備をすればいいのだろうか。「英語力」をアップさせることは言うまでもないが、このほかに必要なことは……。元参議院議員の田村耕太郎氏に聞いた。(2013/7/24)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(2):
なぜ「グローバル」と聞いて、不安を感じるのか
「グローバル」という言葉をメディアで目にしない日はない。変化のスピードが速い時代に、私たちはどのように対応すればいいのだろうか。海外で活躍してきた、田村耕太郎氏に話を聞いた。(2013/7/17)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(1):
英語だけではダメ? 海外で活躍するために必要なこと――田村耕太郎さんの話
「グロバール化に対応するために、英語を勉強しなくては」と考えている人も多いだろう。ビジネスパーソンにとって英語力アップは大きな武器になると思うが、本当にそれだけでいいのだろうか。海外事情に詳しい識者に、グローバル人材になるための方法を聞いた。(2013/7/10)

仕事をしたら“みんなの夢”をかなえることができた:
撮影現場では何が起きていたの? キリン、話題のCM「カンフースター篇」
キリンビールのCM「カンフースター篇」が話題になっている。ネット上では「泣けた」「素晴らしい」といった声が続出しているが、撮影現場ではどのようなことが起きていたのか。撮影に携わった同社の担当者に話を聞いた。(2013/6/26)

仕事をしたら“選挙の勝ち方”が見えてきた(後編):
選挙は「3勝3敗」で、勝てる理由
選挙の裏ではさまざまな人間が動いているが、なかでも重要な位置を占めるのが「選挙プランナー」だ。あまり聞きなれない言葉だが、一体どんなことをしているのだろうか。選挙プランナーとして活躍されている株式会社アノンの野沢高一氏に話を聞いた。(2013/6/19)

仕事をしたら“選挙の勝ち方”が見えてきた(前編):
誰が当選するのか? それは「エリア分析」が教えてくれる
「選挙プランナー」と聞いて、どんなイメージがあるだろうか。多くの人は「候補者を当選させるプロ」などを想像するかもしれないが、仕事内容を詳しく知る人は少ないのでは。そこで選挙プランナーとして活躍している、株式会社アノンの野沢高一氏に話を聞いた。(2013/6/12)

仕事をしたら“最年少上場”だった(後編):
なぜ2位はダメなのか? 社長が1位にこだわるワケ
東証一部上場企業の最年少記録を塗り替えたリブセンスの村上社長は、「イマドキの若者は……」という若者論についてどのように感じているのだろうか。また自分よりも年下のスゴい経営者の名前を挙げてもらった。その人の名は……。(2013/6/5)

仕事をしたら“最年少上場”だった(前編):
なぜリブセンスにできて、リクルートでできなかったのか――成果報酬型のビジネス
ネット上にアルバイト情報はたくさんあるが、ここ数年「ジョブセンス」に注目が集まっている。なぜ企業はこのサイトに広告を出し、ユーザーは応募するのか。サイトを運営している最年少上場社長・村上氏に、ビジネスモデルなどを聞いた。(2013/5/29)

仕事をしたら“知見”が蓄積された(後編):
ホット飲料は○○度で売れる! 自販機と気温の相関関係
「○○度になったらアイスクリームがよく売れる」といった話を聞くことがあるが、自販機にもそのようなデータがあるのだろうか。エキナカ自販機を展開している、JR東日本ウォータービジネスの担当者に話を聞いた。(2013/5/22)

仕事をしたら“知見”が蓄積された(前編):
売上を伸ばしているのにはワケがある――エキナカ自販機の裏側
エキナカ自販機の売り上げが、右肩上がりで伸びている。自販機はなにげなく置かれているように感じるが、実はその裏側でさまざまな工夫がされているのだ。ヒットの秘密について、JR東日本ウォータービジネスの担当者に話を聞いた。(2013/5/15)

仕事をしたら“けしからん奴”を見つけた:
アフィリエイト市場が拡大している――その要因は意外にもあの業界のお客さん
アフィリエイト市場が拡大している。ある調査会社によると、今後も拡大が見込まれるという。「アフィリエイト」と聞いても、なんだか古い印象があるのだが、なぜ好調が続いているのか。日本で初めてサービスを提供した「バリューコマース」の担当者に話を聞いた。(2013/5/8)

仕事をしたら“世界の名刺”が見えてきた(後編):
なぜ名刺の情報を共有化すると、売り上げがアップするのか
「社員が持っている名刺を共有化すると、売り上げがアップする」――。このように言われても「本当に?」と思う人も多いのでは。そこでクラウド名刺管理などを手がけているSansan株式会社の担当者に、成功事例を聞いた。(2013/5/1)

仕事をしたら“世界の名刺”が見えてきた(中編):
名刺はどこで生まれたの? そして日本にやって来た日
普段、何気なく使っている名刺は、いつ・どの国で誕生したのか。そして、日本にはいつ・どういった形で使われ始めたのか。名刺の達人・Sansan株式会社の富岡さんに話を聞いた。(2013/4/24)

仕事をしたら“世界の名刺”が見えてきた(前編):
達人に聞いた――どう違う? 日本と海外の名刺事情
頭をペコペコ下げて「どーも、どーも」と言いながら、名刺交換をする。日本では当たり前のシーンだが、外国ではどのように名刺を使っているのだろうか。そんな疑問を感じたので、“達人”に世界の名刺事情をうかがった。(2013/4/17)

仕事をしたら“新薬”ができそうだ(後編):
日本で起業するのはなぜ難しいのか――アメリカのほうが優れている点
「会社を立ち上げる際、日本よりも米国のほうがやりやすい」――。こういった声をよく聞くが、なぜ米国のほうが起業しやすいのか。研究者という安定を捨て、米国で製薬ベンチャーを立ち上げた窪田良さんに、話を聞いた。(2013/4/10)

仕事をしたら“新薬”ができそうだ(前編):
1億2000万人の目を救う? まだ誰もつくっていない新薬の話を聞いてきた
眼科医として一流の腕を持ちながら、米国で製薬ベンチャーを立ち上げた男がいる。現在、まだ誰もつくり出せていない治療薬を開発中だが、新薬はどのようにしてできるのか。アキュセラ社の創業者・窪田良さんに話を聞いた。(2013/4/3)

仕事をしたら“人の夢”を実現できた:
なぜ「のどごし〈生〉」のプロレスCMにグッとくるのか? 担当者に“裏話”を聞いた
会社員の男性が、プロレスラーの長州力さんと対決するCMをご存じだろうか。このCMについて、ネット上では「感動した」といったコメントが数多く寄せられたが、制作現場ではどのようなことが起きていたのか。担当者に“裏話”を聞いた。(2013/3/27)

仕事をしたら“10年後のサラリーマン”が見えてきた(後編):
会社員の最大のリスクは「上司」――なぜ?
サラリーマンにとって、最大のリスクは何だろうか。リクルートを辞めて、中学校の校長を務めた藤原和博さんは「上司」だという。なぜ上司が最大のリスクなのか。話を聞いた。(2013/3/20)

仕事をしたら“10年後のサラリーマン”が見えてきた(中編):
時給800円と8万円――仕事をしていて、なぜ100倍もの差がつくのか
マクドナルドの時給は800円、マッキンゼーのシニアコンサルタントは時給8万円――仕事をしていて、なぜ100倍もの差がついてしまうのか。リクルートで働き、中学校の校長を務めた藤原和博さんに、その謎を解説してもらった。(2013/3/13)

仕事をしたら“10年後のサラリーマン”が見えてきた(前編):
なぜ給料が二極化するのか? 年収200万円と800万円の人
景気低迷の影響を受け、給料は下がり続けている――。そんなビジネスパーソンも少なくないだろう。では、今後10年間はどうなのか。リクルートで働き、中学校の校長を務めた藤原和博さんに「10年後の給料」を予測してもらった。(2013/3/6)

仕事をしたら“就活生の動き”が見えてきた(後編):
女子はどんな就職先を探しているのか? 男子の知らない世界に迫る
学生の就職活動が本格化している。リクルートキャリアはビッグデータを活用したことで、これまで分からなかった就活生の動きが見えてきたという。中でも女子学生の行動パターンにはある特徴があった。それは……。(2013/2/27)

仕事をしたら“就活生の動き”が見えてきた(前編):
なぜ内定をもらえない学生が出てくるのか――彼らの行動を分析した
学生の就活が本格化しているが、内定をもらえる人ともらえない人でどのような違いがあるのか。これまでよく分からなかったことが、ビッグデータで明らかになってきたという。就活生の行動を分析している、リクルートキャリアの担当者に話を聞いた。(2013/2/20)

仕事をしたら“生保”ができた(後編):
社長の私が、20代の社員に「アホ!」と言われた――なぜ?
「ハトが選んだ生命保険に入る」――。ライフネット生命のこの広告を見たことがあるだろうか。堅いイメージが強い保険会社の広告とは思えないが、この企画を巡って社内でちょっとしたトラブルがあった。それは……。(2013/2/13)

仕事をしたら“生保”ができた(前編):
「ライフネットが本当にあってよかったね」――お客からそう言われ、“気づいた”こと
保険会社というのは歴史のある会社が多く、「ライフネット生命」のような独立系の生保が誕生したのは、実に74年ぶり。いまから7年前に設立したが、実際にビジネスを始めてみてどんなことが“分かった”のか。社長の出口治明さんに話を聞いた。(2013/2/6)

仕事をしたら“ミドリムシ”が増えた(後編):
本当に? ミドリムシで飛行機が飛ぶ日
「ミドリムシを使って飛行機を飛ばす」――。そう聞いても「信じられない」と思う人も多いのでは。ミドリムシの大量生産に成功したユーグレナと大企業が共同研究を始めていて、数年以内にミドリムシの油を使って飛行機が飛ぶ日がやって来るかもしれないのだ。(2013/1/30)

仕事をしたら“ミドリムシ”が増えた(前編):
ミドリムシが世界を救う? そんな時代がやって来るかもしれない
「ミドリムシ」と聞いて、どんなことを想像するだろうか。「青虫」「ミトコンドリア」などを思い浮かべる人も多いのでは。ミドリムシを増やして、地球そして人類を救おうとしている会社がある。その名は「ユーグレナ」。社長の出雲充氏に話を聞いた。(2013/1/23)

仕事をしたら“モテ”が見えてきた:
働く女性が、「仕事を楽しむ人」を彼氏にしたいワケ
「仕事を楽しんでいる男性はモテる」――。JTBモチベーションズが行った調査で、こんな結果が出た。働く女性の3人に1人は「仕事を楽しむタイプ」を恋人にしたいそうだが、なぜこうした男性がモテるのか。同社の担当者に話を聞いた。(2013/1/16)

仕事をしたら“スネ”が見えてきた:
なぜ医薬品に「におわない」と書けるのか
寒い日が続くので、乾燥肌に悩まされている人も多いのでは。薬局には乾燥肌用の医薬品が並んでいるが、こうした商品はどのようにして開発されているのか。商品開発の裏側に迫った。(2013/1/9)

仕事をしたら“移動者”が見えてきた(後編):
電車に乗ると「ジャイアントコーン」を食べたくなる理由
移動をしているときに「これ食べたいな」と感じたことがある人も多いのでは。なぜ人は移動中にモノを買いたくなるのか。人の移動に注目し、分析をしているジェイアール東日本企画 駅消費研究センターの担当者に話を聞いた。(2012/12/26)

仕事をしたら“黒ビール”が売れた:
“不毛地帯”の日本で、なぜ黒ビールが売れたのか
「ビールは好きだけど、黒ビールは苦手」という人も多いのでは。しかし2012年は「黒ビール元年」と言っていいほど、売れに売れた。黒ビールの“不毛地帯”とも言える日本で、なぜ消費者に支持されたのか。アサヒビールのマーケティング担当者に話を聞いた。(2012/12/21)

仕事をしたら“移動者”が見えてきた(前編):
なぜ人は駅で買い物をするのか? 潜在意識を分析した
何気なく歩いていて、ついつい買い物をしてしまった。こんな経験をしたことがある人も多いのでは。なぜ人は移動中に買い物をしてしまうのか。生活者の購買行動などを分析している「ジェイアール東日本企画 駅消費研究センター」の担当者に話を聞いた。(2012/12/19)

仕事をしたら“お客の顔”が見えてきた(3):
Pontaカードのデータを使って、どんな商品が生まれたのか
Pontaカードのデータを使って、ローソンではさまざまなことを行っている。その1つが、商品開発だ。カードデータからお客の嗜好を分析して、どんな商品が誕生したのだろうか。(2012/12/12)

仕事をしたら“お客の顔”が見えてきた(2):
なぜコンビニは人気のない「エッグタルト」を売り続けるのか
ローソンでスイーツの販売データを見せてもらった。それによると「エッグタルト」はあまり売れていないのに、店頭に並び続けている。人気のない商品は消えていくはずなのに、なぜ「エッグタルト」を売り続けるのか。(2012/12/5)

仕事をしたら“お客の顔”が見えてきた(1):
なぜ発売初日で分かるの? ヒット商品を見分けることができる理由
「ローソンでは発売初日の数字を見ただけで、その商品がヒットするかどうかが分かるらしいよ」――。ある人から聞いた話だが、本当にそんなことができるのだろうか。膨大なデータを分析する担当者に、話を聞いてきた。(2012/11/28)

仕事をしたら“緑茶”が売れた:
なぜ「綾鷹」が売れているのか? ヒットの秘密を探る
日本コカ・コーラが販売している「綾鷹」が売れている。緑茶市場におけるシェアは32カ月連続で増加、販売数も39カ月連続で成長している。なぜ「綾鷹」がこれほどまでに売れているのか。その理由を、同社のマーケティング担当者に聞いた。(2012/10/31)

仕事をしたら“若者”が見えてきた(後編):
なぜ恋人ができないのか? 若者の間で広がる面倒な関係
若者の間で「彼女ができない」人が急増している。昔に比べ、「異性の人と話すのは苦手」といった人は減ってきているように思うが、なぜ恋人ができないのか。その原因について、若者事情に詳しい博報堂の原田曜平氏に聞いた。(2012/9/15)

仕事をしたら“若者”が見えてきた(前編):
「近ごろの若いヤツは……」というが、本当にダメなのか
「若い人のことがよく分からない。不安だ」という人も多いのでは。中学生、高校生のころから携帯電話を使い始めた彼らは、いつも何を考えているのだろうか。若者の現状に詳しい博報堂若者生活研究室の原田曜平氏に、話を聞いた。(2012/9/12)

仕事をしたら“30代男性”が見えてきた(後編):
30代男性が注目しているモノは? 『MonoMax』の編集長に聞く
「不景気の影響でモノがなかなか売れない」と言われるなかで、モノ系の雑誌『MonoMax』が売れている。コアな読者層は30代男性だが、彼らはどういったモノに注目しているのか。柚木編集長に話を聞いた。(2012/8/17)

仕事をしたら“30代男性”が見えてきた(前編):
不景気は関係ない? モノを扱う雑誌『MonoMax』が売れている理由
「不況でモノがなかなか売れない」と言われているなかで、モノを扱っている雑誌が売れている。その雑誌名は『MonoMax』だ。販売部数を34カ月連続で伸ばし続けているが、その秘けつはどこにあるのか。柚木編集長に話を聞いた。(2012/8/16)

仕事をしたら“静電気とゴミ”がなくなった:
タフなG-SHOCKの“大敵”は? 山形カシオに潜入した
カシオの時計はどこでつくられているのかご存じだろうか。答えは山形、タイ、中国。中でも山形カシオは、高級モデルを製造する“マザー工場”だ。7月に発売されたG-SHOCKの「GW-A1000」はどのように生産されているのか。その秘密を探るために、山形カシオに潜入した。(2012/7/27)

仕事をしたら“未来”が見えてきた(後編):
未来に追いついた? 映画や漫画に出てきそうなカーナビ
パイオニアが開発したカーナビ「HUD」は大きな反響を呼んだ。「ドラゴンボールに出てくるスカウターのようだ」「宇宙兄弟に出てくる宇宙ナビのようだ」と。漫画やSFに出てきそうなこのカーナビ、開発者はどのような苦労があったのか。話を聞いた。(2012/7/7)

仕事をしたら“未来”が見えてきた(前編):
なぜ映像が浮かび上がるの? 近未来のカーナビが登場した
近未来のカーナビが登場した。それはパイオニアが開発した「サイバーナビ」。ルート情報が走行風景と重なって見えるモノだが、本当に安全なのだろうか。実証実験を行った北里大学の教授とパイオニアの開発担当者に話を聞いた。(2012/7/4)

仕事をしたら“男女の関係”が見えてきた(後編):
心理分析でここまで分かる、男と女の相性
「自分と相性のいい人をどのように探せばいいのか」と感じたことがある人もいるのでは。そこで、ある心理分析を使っての「性格タイプ別・恋愛相関図」を紹介しよう。あなたにピッタリな女性のタイプは……?(2012/5/7)

仕事をしたら“男女の関係”が見えてきた(前編):
イマドキのモテる人とモテない人――どこが違うの?
彼女がいない、彼氏がいない人が増えている。もちろんモテない人が急増しているわけではないので、なにか社会的要因があるのだろう。そこでマーケティングと精神分析などの切り口から、モテる人の共通点を探してみた。(2012/5/2)

仕事をしたら“恋愛のナゾ”が解けてきた(3):
独身の人に“ムチ”を打たなければいけない
未婚率が上昇している。このままでは人口減に歯止めがかからない状況だが、どのような手を打てばいいのか。結婚事情に詳しい西口敦さんによると、独身者に“ムチ”を打たなければいけないという。そのムチとは……。(2012/4/28)

仕事をしたら“恋愛のナゾ”が解けてきた(2):
女性が男性に求めていること……それは信じられない数字だった
「なかなか彼女ができない」と悩んでいる男性も少なくないだろう。では、どのようにすれば彼女ができるのか。そこで女性が求める男性像を調べたところ、信じられない数字が浮かびあがった。(2012/4/27)

仕事をしたら“恋愛のナゾ”が解けてきた(1):
なぜ“普通のオトコ”は、なかなか見つからないのか?
「彼女がほしいのに、なかなかできない」と悩んでいる男性も少なくないはず。会社の女性には声をかけにくいし、飲み会に参加してもなかなか結果がでない。そうした悩みに対し、恋愛マーケティングの専門家に話を聞いた。全3回でお送りする。(2012/4/26)

仕事をしたら“消費者”が見えてきた:
エキナカ自販機の売上が、伸びている理由(後編)
エキナカ自販機を展開し、順調に売り上げを伸ばしているJR東日本ウォータービジネス。その要因のひとつに、POSデータを分析して“お客の顔”が見えたことにある。後編ではミネラルウオーターがどのような人に買われているのか、といった点に迫ってみた。(2012/2/17)

仕事をしたら“消費者”が見えてきた:
エキナカ自販機の売上が、伸びている理由(前編)
自販機市場が低迷する中、売り上げを伸ばしている会社がある。そのひとつが「東日本ウォータービジネス」社だ。同社はエキナカに自販機を展開しているが、どのようにして売り上げを増やしていったのか。そのナゾに迫った。(2012/2/15)

仕事をしたら“若者はナゾ”だった:
なぜ男性ファッション誌『smart』は売れているのか(後編)
男性ファッション誌の『smart』が売れている。販売部数はここ3年で1.5倍に拡大した。読者は15〜25歳の人が多いというが、どのようにして若い男性の心をつかんだのだろうか。編集の裏側を、太田智之編集長に聞いた。(2011/10/18)

仕事をしたら“若者はナゾ”だった:
なぜ男性ファッション誌『smart』は売れているのか(前編)
男性向けの雑誌が苦戦している。しかし逆風が吹き荒れる中でも、売れている雑誌がある。それが男性ファッション誌の『smart』だ。販売部数を伸ばしている理由、そして若い男性の心をつかむ秘けつなどを、太田智之編集長に聞いた。(2011/10/14)

仕事をしたら“グラッ”ときた:
転職を考える前に、私たちがしなければいけないこと(後編)
企業業績の低迷を受け「転職しようかなあ」と考えている人もいるだろう。ビジネスパーソンにとって転職は大きなイベントだが、安易な理由で実行に移してもいいのだろうか。そこで失敗しないための転職活動について、リクナビNEXTの黒田真行編集長に話を聞いた。(2011/10/4)

仕事をしたら“グラッ”ときた:
アフター3.11、ビジネスパーソンはどう変わった? (前編)
震災後、多くのビジネスパーソンが自らの働き方を見直し始めた。約4割の人が「仕事に対する価値観が変わった」としているが、具体的にどのように変化したのか。アンケート結果を基に、リクナビNEXTの黒田真行編集長に解説してもらった。(2011/9/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。