レビュー
» 2010年12月09日 10時01分 UPDATE

ところでどうやって買うの?:シャープの「GALAPAGOS」を実際に買ってみた (1/2)

シャープのeBookリーダー「GALAPAGOS」が、ついに予約を開始した。店頭では販売されず、直販でのみ購入可能な本製品を購入したところ……。

[田中宏昌,ITmedia]

ついに予約販売が開始

ht_1012ga01.jpg シャープの5.5型「GALAPAGOS」(レッド)

 シャープのeBookリーダー「GALAPAGOS」が、予定通り2010年12月3日から予約開始された。ヨドバシカメラマルチメディアAkibaとビックカメラ 有楽町本店では3日の開店前にセレモニーが開催され、店頭には多数の実機を並べ、展示コーナーが設けられた。店舗は限定されているとはいえ、ついにエンドユーザーがGALAPAGOSの実機に触れる機会ができたわけだ。

ただ、すでに下記の記事で触れている通り、GALAPAGOSは量販店で購入できず、販売店店頭にある「メディアタブレット購入申込書」に必要事項を記入して郵送するか、同社直販の「シャープメディアタブレットストア」で必要事項を入力することで購入できる直販モデル扱いとなる。販売価格は5.5型のモバイルモデルが3万9800円、10.8型のホームモデルが5万4800円だ。

ここでは、12月3日に予約購入した模様をお届けする。なお、GALAPAGOSに関する過去記事は下にまとめたので参照してほしい。


どちらのGALAPAGOSを買うのか

ht_1012ga02.jpg 5.5型はシルバーとレッド(左)、10.8型はブラックが用意される

 現在、eBookリーダーのGALAPAGOSは10.8型と5.5型の2モデルがラインアップされ、後者はシルバーとレッドのカラーバリエーションも用意されている。大画面でバッテリー駆動時間が長い10.8型ホームモデルは、縦置きにすれば3段組で小説が読めたり(コンテンツにより異なるが)、雑誌やグラビアなどを見たりするのに最適と思われる。ただ、すでにiPadを所有している身としては、もっと小型で取り回しのよいタブレット端末を試してみたい。そこで、今回は5.5型のシルバーを選択した。

 本当はレッドかブラックを選びたかったのだが、発表会で見たレッドは好みとずれていたこと、そしてブラックは10.8型モデルしか設定されていないため、やむなくシルバーにしたのが正直なところだ。今後はケータイ並みとはいわないまでも、身近なデバイスとしてカラーバリエーションの充実にも期待したい。

 さて、購入するものが決まれば、あとは注文をするだけだ。この手のデバイスは、店頭などで直接手にとって製品を確かめた上で、すぐその場で購入して持ち帰るというのが王道かもしれないが、このGALAPAGOSの場合は残念ながら不可能だ。店頭には展示機とともに「メディアタブレット購入申込書」が置いてあり、ここに必要事項を記入してシャープに郵送するというのが手順となる(郵送料は無料)。

 この申込書には各店ごとにユニークなキャンペーンコードが割り振られており、シャープはどのお店の申込書かを判別できるようになっている。キャンペーンコードと聞くと、何かお得なイメージがわくかもしれないが、現状は特典や割引など一切発表されていない。

ht_1012ga03.jpg 量販店などで配られている「メディアタブレット購入申込書」
ht_1012ga04.jpg 購入する本体や支払い方法を選び、購入者の情報を記入してから郵送する
ht_1012ga05.jpg 今回はビックカメラ 有楽町店で入手したので、キャンペーンコードは同店のものが記入済みだ

直販サイトのメディアタブレットストアにアクセス

 というわけで、12月3日9時30分にスタートした直販サイト「シャープメディアタブレットストア」にアクセスして、購入を試みた。

 何はともあれ、まずはアカウント登録が必要になる。もちろん登録は無料で行え、規約に同意したあとでメールアドレスやパスワード、住所、氏名、生年月日、電話番号などを入力していく。煩わしいユーザーIDを決める必要がない(メールアドレスが代用)のは好ましい。

すべての情報を記入して送信すると、入力したメールアドレスに「アカウント登録手続きのお願い」という本人確認用のメールが届く。このメールには認証URLが書かれており、アカウントの確認が終わると「アカウント登録完了のお知らせ」というメールが送られ、購入前の準備がすべて整う。

 アカウントサービスでは、注文状況や配送状況の確認、パスワードや個人情報の変更、メールアドレスの変更などが行える。ただ注意したいのは、1つのアカウントで購入できるメディアタブレットは1台までに限定される。これはアカウントとGALAPAGOS本体をひもづけているためだ。

ht_1012ga06.jpg 直販ストアの「メディアタブレットストア」
ht_1012ga07.jpg まずはメディアタブレットストア用のアカウント登録が必要だ。1アカウントに付き、購入できる製品は1台のみとなる
ht_1012ga08.jpg 必要事項を記入すると、登録したメールアドレスに本人確認用のメールが届き、アカウントの登録が完了する

ht_1012ga09.jpght_1012ga10.jpg 登録したアカウントでログインしているところ(画面=左)。アカウントサービスの画面(画面=右)。注文状況や配送状況を確認できる

ついに購入へ

 ようやく下準備が終わったので、「購入する」ボタンを押してみた。すると「メディアタブレットのご購入・電子ブックストアサービスのご利用について」というページに移動し、購入までの流れと必要要件が説明される。GALAPAGOSを利用するには無線LANによるインターネット接続環境が必要なこと、複数台購入するには台数分のメールアドレスが必要なこと、コンテンツの購入にはクレジットカードが必要なこと(GALAPAGOS本体は代引きも選択可能)が書かれている。

ht_1012ga11.jpght_1012ga12.jpg GALAPAGOSの購入申し込みから利用開始までの流れが解説されている

 実際の購入には、シャープメディアタブレットストアのトップページ下部にある「製品購入」ボタンを押せばいい。10.8型と5.5型、そしてACアダプタ(1台は製品に付属)のそれぞれに製品購入ボタンがあり、飛んだページにある「カートに入れる」をクリックすると「購入商品のご確認」ページに移動する。ここでは数量を選択できるようになっているが、前述したように1つのアカウントで購入できるのは1台までになっているので、現状はあまり意味がない。

ht_1012ga13.jpg 購入はメディアタブレットストア下部にある「製品購入」ボタンから行う
ht_1012ga14.jpg 10.8型モデルの購入ページ。「カートに入れる」ボタンを押すと次に進める
ht_1012ga15.jpg こちらは5.5型モデルの購入ページ。モバイルモデルは2機種ラインアップされる

ht_1012ga16.jpg メディアタブレットストアでは購入できないが、周辺機器の情報がまとめられている。こちらはカバーケースだ
ht_1012ga17.jpg エレコムやミヤビックスの液晶保護フィルム情報が並ぶ。後者は光沢タイプと非光沢タイプを用意する
ht_1012ga18.jpg アルミ製のスタンドもラインアップしているが、iPadとの兼用が多いようだ

 次のページでは、注文完了まで最後の道のりを見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう