ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  4

  • 関連の記事

「450Mbps通信対応無線LAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

デル、スリムデザインの法人向け14型ノート「Latitude 14 3400」など2製品
デルは、同社製の法人向けノートPC「Latitude 14 3400」「Latitude 15 3500」の新構成モデルを発表した。(2019/3/15)

PR:働き方改革のために生まれたビジネス2in1 PC「HP EliteBook x360 1030 G3」
12型クラスのボディーに13型ディスプレイを搭載したビジネス2in1 PC「HP EliteBook x360 1030 G3」は、自ら働き方改革に取り組み、早くから働き方改革を強く意識したビジネスPCを展開してきた日本HPならではのノウハウが詰め込まれた製品だ。(2019/1/31)

体当たりッ!スマート家電事始め:
生活支援サービスとの連携を考えたスマートホーム「MANOMA」
ソニーネットワークコミュニケーションズのスマートホームサービス「MANOMA」を開始した。ホームオートメーションに加え、スマートロックなどを活用して家事代行や介護支援など、外部サービスとの連携も念頭に置いたサービスだ。詳しい話を聞いた。(2018/12/6)

PR:理想のビジネス2in1がついに登場 「VAIO Pro PA」徹底解説
「VAIO Pro PA」は、重量約600gの軽量なタブレットでありながら、キーボード接続時はクラムシェル型ノートPCと全く変わらない使い勝手を実現した待望の2in1 PCだ。(2018/11/28)

新世代2in1ノート「VAIO A12 ALL BLACK EDITION」徹底レビュー
3枚プレート構造を採用する新世代2in1ノート「VAIO A12」。直販限定の「ALL BLACK EDITION」を入手したので詳しく見ていこう。(2018/11/14)

「VAIO A12」登場 “100%クラムシェル”の使い心地を実現したデタッチャブル式2in1
「オールラウンダーPC」を掲げる2in1 PCがVAIOから登場。タブレット部分が着脱するデタッチャブル式でクラムシェルノートPCの使い勝手を実現するために、独自の「スタビライザーフラップ構造」を採用した。(2018/11/13)

無線LANで実測1Gbpsオーバーは可能なのか? G-Tuneで検証
1.73Gbpsの高速無線LANモデルは実際にどのくらいの速度が出るのだろうか。試してみた。(2018/10/16)

ドコモ、富士山頂をLTEエリア化 下り最大988Mbpsの通信が可能に
ドコモが、富士山の山頂で3GとLTEの通信サービスを提供する。7月6日から富士山の山開き期間中。山小屋ではdocomo Wi-Fiを提供する。(2018/7/5)

モバイルユーザー待望! ファンレス&LTEの「Surface Pro LTE Advanced」を試す
Cat.9対応モデムを内蔵し最大450Mbpsのモバイル通信が行える「Surface Pro LTE Advanced」はデタッチャブル2in1の決定版か?(2018/5/31)

Surface Pro LTE Advancedの個人向けモデル販売開始
税別10万円切りのSurface Laptop Core m3搭載モデルも限定販売。(2018/5/1)

VAIO S11・S13の「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底検証する
第8世代Coreに独自チューニングを施し、さらなる性能向上を図った新しい「VAIO S11」と「VAIO S13」。その特別な新色モデルの「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底レビューする。(2018/3/8)

これからの業界標準!?:
日本HP、サイバー攻撃対策にこだわったモバイルPCとワークステーションを発売
日本HPが法人向けにセキュリティ機能を強化したモバイルPC2モデルとモバイルワークステーション1モデルを発表、4月より順次発売する。(2018/3/2)

「Surface Pro LTE Advanced」個人向けに販売 i5/8GB/256GBモデルのみ
マイクロソフトは2月22日、2 in 1タイプのモバイルノートPC「Surface Pro LTE Advanced」を個人向けに販売すると発表した。同日から予約を開始し、4月6日から販売を開始する。(2018/2/22)

ドコモ、タブレット「dtab d-01K」「arrows Tab F-02K」を2月23日に発売
NTTドコモは、タブレット2機種を2月23日に発売する。ドコモオンラインショップの価格(税込)は、「dtab d-01K」が5万4432円、「arrows Tab F-02K」が8万2944円。(2018/2/19)

ドコモ、「arrows Tab」「dtab」と「らくらくスマートフォン me」を2月下旬に発売
NTTドコモは、タブレット「arrows Tab F-02K」「dtab d-01K」と「らくらくスマートフォン me」を2月下旬に発売する。ドコモオンラインショップでの販売価格(税込)は、実質5184円〜3万8880円。(2018/1/31)

VAIO、独自チューニングで高速化した第8世代Coreノート 特別仕様の「ALL BLACK EDITION」も
VAIO初の第8世代Coreプロセッサ搭載モデルが登場。独自のチューニング「VAIO TruePerformance」により、プロセッサのパフォーマンスを高めているのが特徴だ。(2018/1/18)

法人向けVAIOが早くもリフレッシュ、第8世代Core+TruePerfomanceで高い性能を獲得
VAIOが法人向けモデル「VAIO Proシリーズ」のうち、11.6型の「PF」と13.3型の「PG」にIntelの第8世代Coreプロセッサを追加した。(2018/1/18)

製品担当者インタビュー:
PR:Surface Pro に待望のLTEモデルが登場! 大手3キャリアの主要バンドをサポートし、ワークスタイル変革をさらに加速させる Surface Pro LTE Advanced
日本マイクロソフトのデタッチャブル2 in 1デバイス「 Surface Pro 」に待望のLTE対応モデルが登場した。同シリーズとしては第5世代にして初のLTE搭載となる。新モデルの魅力を製品担当者に聞いた。(2017/12/8)

日本HP、実質10万円を切るLTE内蔵PCからセラミックカラーのプレミアムノートPCまで一斉投入
日本HPが、ビジネス向けと個人向けのプレミアムPCを発表、11月17日から順次発売する。(2017/11/18)

Microsoft Focus:
アジアでも遅れが目立つ日本の働き方改革、ITでどう解決できるのか
アジア全体からみても遅れが目立つ、日本の働き方改革。自らを「働き方改革推進会社」と名乗る日本マイクロソフトは、この状況をどうやって変えようとしているのか。(2017/11/8)

中小企業の情シスを助ける「Microsoft 365 Business」、マイクロソフトの勝算は?
日本マイクロソフトが、中小企業向けの統合ソリューション「Microsoft 365 Business」の提供を11月1日から開始する。(2017/11/2)

LTE対応「Surface Pro」、日本で12月に発売 価格は12万9800円から
LTE対応のSIMフリー版「Surface Pro」が12月8日に発売される。(2017/11/1)

日本マイクロソフト、「Surface Pro」LTEモデルを法人向けに発売 12月8日
日本マイクロソフトは、2in1モバイルPC「Microsoft Surface Pro」にLTE-Advanced対応モデルを追加、12月8日より法人向けに販売を開始する。(2017/11/1)

「Surface Pro」のLTE Cat 9モデム搭載モデル、12月に発売へ
MicrosoftがSurfaceシリーズのハイエンドモデル「Surface Pro」のLTE搭載モデル「Surface Pro with LTE Advanced」を12月に発売する。Cat 9サポートで通信速度は下り450Mbps。(2017/11/1)

4096段階筆圧検知の「arrows Tab」と防水防塵に対応した「dtab」
NTTドコモは、2017年冬モデルのタブレットを発表した。(2017/10/18)

側面の指紋センサーで簡単操作 気品あふれる大人スマホ「arrows NX F-01K」
12月上旬に発売予定の「arrows NX F-01K」は、画面操作にも使える指紋認証センサー「Exlider(エクスライダー)」を新たに搭載。画面割れに強いタフネスボディーやIris Passport(虹彩認証)といった先代でも好評だった要素も引き継いでより使いやすいスマホに仕上がっている。(2017/10/18)

新型VAIO Sは「VAIO回復の証」――製品発表会レポート
VAIOが個人向け「S Line」を刷新。新たに法人向けの「VAIO Pro」も発表した。(2017/9/21)

「VAIO S11/S13/S15」が刷新 LTE拡充、カーボン復活、法人シリーズも
VAIOが主力の「S Line」をリニューアル。11.6型の「S11」、13.3型の「S13」、15.5型の「S15」をモデルチェンジした。法人向け新シリーズの「VAIO Pro」も展開する。(2017/9/21)

洗練の「VAIO S13」か、新生の「VAIO S11」か 2017年モデル徹底検証
VAIO主力の「S」シリーズがモデルチェンジ。ユーザーのフィードバックを反映し、より洗練されたビジネス向けPCに生まれ変わった。「S13」と「S11」の実機テストを通して、その実力を検証する。(2017/9/21)

VAIOが法人向けモバイルPC「VAIO Pro PF」と「VAIO Pro PG」を投入
VAIOが法人向けPCとして、11.6型のモバイルPC「VAIO Pro PF」と13.3型のスタンダードノートPC「VAIO Pro PG」を投入する。(2017/9/21)

「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone X」は何が違う? 7/7 Plusからの進化点は?
ついに発表された新iPhone。iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの3機種だが、それぞれの違いは? またiPhone 7/7 Plusから何が進化したのか?(2017/9/13)

ドコモ、富士山頂で「PREMIUM 4G」を提供 外国人登山者の急病時対応も
NTTドコモは、7月10日から富士山頂での「PREMIUM 4G」のエリア化を実施。外国人登山者の急病時対応としてリアルタイム映像サービス「みえる通訳forビジネスプラス(医療通訳プラン)」のトライアルも行う。(2017/6/26)

SNSなど利用しやすく:
携帯各社、17年も富士山頂をLTEエリアに
7月1日に予定されている富士山の山開きを前に、携帯電話事業者(キャリア)が山頂や登山道でデータ通信サービスを提供することを発表した。(2017/6/26)

Telit LE940A9:
DL速度450MbpsのLTE-Advanced対応モジュール
Telit Wireless Solutionsは、LTE-Advancedカテゴリー9(Cat9)ネットワークに対応した車載用モジュール「LE940A9」を発表した。450Mビット/秒のダウンロード速度と50Mビット/秒のアップロード速度を提供する。(2017/6/23)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
高速化するモバイルルーターへの「不安」/Y!mobileの「3日10GB」追随が寂しい件
NTTドコモとソフトバンクが「下り最大600Mbps超」のサービスを開始しました。より高速な通信を提供してくれること自体は歓迎すべきことなのですが……。一方、Y!mobileはモバイルルーターの短期間容量制限を「3日10GB」に緩和しました。UQ WiMAXに追随した形ではありますが……。(2017/4/6)

ネットギア、PoE給電動作に対応した11ac無線LANアクセスポイント「WAC730」
ネットギアジャパンは、法人向けとなるIEEE802.11ac接続対応の無線LANアクセスポイント「WAC730」を発表した。(2017/3/15)

SIM通:
絶好調!「Y!mobile」「UQ mobile」のiPhone 5sとは
Y!mobileとUQ mobileにおいて、人気の屋台骨となっている機種がiPhone 5sです。しかし、iPhone 5sは2013年9月発売と約3年半も前の機種。そこで、他のiOS機種と比較しながらiPhone 5sを分析してゆきます。(2017/3/15)

国際カーエレクトロニクス技術展:
車載通信の高速化を実現、LTE Cat 6/9対応モジュール
Telit Wireless Solutionsは、「第9回国際カーエレクトロニクス技術展」で、LTE Cat 6やLTEC Cat 9に対応する、車載テレマティクス向け無線モジュールを展示した。コネクテッドカーの開発が進む中、高速通信へのニーズはますます高まっている。(2017/1/19)

「iPhone 7」にも負けない操作性
徹底レビュー: Zの名を継ぐソニー「Xperia XZ」に“フラグシップ機”の新定義を見た
Xperiaシリーズのフラグシップモデルだった「Xperia Zシリーズ」。その“Z”の文字を名に持つ新たなモデル「Xperia XZ」の実力を検証する。(2016/11/27)

無線LAN最強メーカー、本格上陸:
PR:「Archer C9」に見る、TP-Linkが世界一売れている5つの理由
無線LAN機器の最大手、TP-Linkがティーピーリンクジャパンを立ち上げ、日本市場に本格参入した。同社の製品が世界的に売れている理由は何か?(2016/11/25)

TP-LINK、ac接続対応のコンセント直挿し型無線LAN中継器「RE450」
ティーピーリンクジャパンは、IEEE802.11ac接続にも対応した無線LAN中継器「RE450」の販売を開始した。(2016/11/15)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(9):
中身が大変身した「iPhone 7」とその背景
2016年9月に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 7」。一部では、あまり目新しい新機能が搭載されておらず「新鮮味に欠ける」との評価を受けているが、分解して中身をみると、これまでのiPhoneから“大変身”を果たしているのだ。今回は、これまでのiPhoneとiPhone 7の中身を比較しつつ、どうして“大変身”が成されたのかを考察していこう。(2016/10/27)

イヤフォンジャック廃止の影響は?
徹底レビュー:最強スマホに進化した「iPhone 7 Plus」、ライバルは未来の“iPhone 10周年モデル”?
Appleの「iPhone 7 Plus」は、パフォーマンスやバッテリー持続時間を向上させたり、背面カメラを2つ搭載したりしている。一方でイヤフォンジャックを廃止したが、その影響はどうなのだろうか。(2016/10/15)

SIM通:
【vs ドコモ】 iPhone 7は格安SIM運用だと2年総額いくら?
iPhone 7とiPhone 7 Plusをこれから購入しようと考えている方に向けて、ドコモで購入した場合と、格安SIM+SIMフリーiPhoneで購入した場合で、端末代+通信費の総額がいくらになるのかを調査してみました。(2016/9/28)

耐久性を高めた防水・防塵仕様もうれしい
「iPhone 7/7 Plus」の、ビジネススマートフォンとして見逃せない進化
Appleの新型iPhone「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は前世代と比較して、より優れた企業向け端末となっている。ストレージやプロセッサ性能など、どの程度向上したのか詳しく見ていこう。(2016/9/13)

「iPhone 7/7 Plus」はココが進化した――iPhone 6s/6s Plusと比較する
いよいよ発表されたAppleの「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」。前モデルのiPhone 6s/6s Plusから何が変わったのか? 外観や主要なスペックを比較した。(2016/9/8)

Apple、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表 日本発売は9月16日
Appleが新型iPhoneを発表。4.7型ディスプレイの「iPhone 7」と5.5型ディスプレイの「iPhone 7 Plus」の2機種を、日本では9月16日に発売する。(2016/9/8)

本体+Sペンが防水仕様、虹彩認証にも対応した「Galaxy Note7」登場
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」を8月19日に世界で発売する(日本での発売は未定)。左右の端が曲がったエッジディスプレイ(5.7型Super AMOLED)を採用。Sペンも防水・防塵対応となったほか、ペン先がさらに細く、筆圧感知も向上した。(2016/8/3)

開発陣に聞く:
Galaxy S7/S7 edgeは何が変わったのか? 防水/microSDスロット復活の経緯は?
Samsungの「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」は、同社の最新技術を詰め込んだフラッグシップスマホ。S6シリーズから正統進化した2モデルだが、何が変わったのか? 韓国のSamsung本社で企画担当者に疑問をぶつけた。(2016/5/6)

SIM通:
日本発売して欲しい! 注目のSIMフリースマホベスト5
世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress」。そこで注目を集めたSIMフリースマホの中から、日本での発売も期待したい5モデル紹介します。(2016/3/31)

大容量データを今すぐ送れ!! NURO 光 vs, 自転車 vs, 電車【PR】
光回線インターネットサービスの中でも、速さで定評のある「NURO 光」。そのスピードが本物かどうかを確かめるべく、大容量のデータをソネットからねとらぼ編集部まで送ってみました。(2016/3/28)

iPhone 7はIntel製LTEモデムチップで高速化? 
iPhone 7に搭載されるLTEモデムチップの30〜40%を、Intelが供給することになるかもしれない。(2016/3/8)

製品分解で探るアジアの新トレンド(3):
中国製Wi-Fiルーターから見えるLTEモデム事情
今回は、中国で売り出されたばかりの最新Wi-Fiルーターを分解していく。搭載する主要半導体は、Qualcommをはじめとした米国メーカー製品ばかり。なぜ、手ごろな中国製Wi-Fiルーターが、中国や台湾ではなく米国メーカー製を採用する理由についても紹介しよう。(2016/3/8)

Mobile World Congress 2016:
「Xperia X Performance」は買いなのか?――Zシリーズと比較しながら考える
MWCで発表されたソニーモバイルのスマートフォンの中で、唯一日本での発売が決まっている「Xperia X Performance」。Xシリーズでの違いは? Zシリーズとの違いは? いろいろ比較をしながら、X Performanceの特徴を確認していきたい。(2016/2/25)

Mobile World Congress 2016:
今分かっている範囲で「Galaxy S7/S7 edge」と過去モデルを比較する
念願の防水ボディーと外部メモリ対応となった「Galaxy S7/S7 edge」。現行の「S6/S6 edge」、そして防水で外部メモリも使えた「S5」とのスペックを比べた。(2016/2/22)

「Samsung Gear S2」の予告も:
大画面と小型のジレンマを解消?――「Galaxy S6 edge+」「GALAXY Note 5」はココが進化した
ニューヨークで発表されたSamsung Electronicsのフラッグシップ製品2つ。「Galaxy S6 edge+」と「GALAXY Note 5」は何が進化したのか? 発表内容と実機を中心にリポートする。(2015/8/14)

Samsung、5.7型の「Galaxy S6 edge+」「GALAXY Note 5」を発表――「Samsung Pay」も開始
Galaxy S6 edgeがさらにサイズアップした「Galaxy S6 edge+」と、Galaxy S6をベースにしたNoteシリーズの最新モデル「GALAXY Note 5」が登場。NCFとMSTによる決済サービス「Samsung Pay」も韓国と米国で開始する。(2015/8/14)

ネットギア、2.4GHz/5GHz帯を同時利用できる11n対応アクセスポイント「WNDAP660」
ネットギアジャパンは、ビジネス向け無線アクセスポイント「WNDAP660」を6月30日に発売する。(2015/6/23)

デュアルバンド中継の実力に驚け:
最新ルータ「AtermWG1200HP」の“グッと進化した”中継機能に注目する
前回は「WG1200HP」の基本スペックや新機能をチェックした。今回は注目の「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」の使い勝手とパフォーマンスを探っていく。(2015/3/18)

買い換えにも買い増しにもこれがいい:
グッと進化した802.11ac対応の最新ルータ「AtermWG1200HP」
無線LANルータのAtermシリーズに「WG1200HP」が加わった。クラス最小のボディに快適な無線LAN環境を実現する多彩な新機能を用意。その使い勝手を検証した。(2015/3/6)

Mobile World Congress 2015:
「Atom x3/x5/x7」「XMM 7360」「セキュリティ」でIntelが挑む2つのモバイルトレンド
ようやく登場した“SoFIA”世代Atomで、IntelはARMの牙城たる「低価格モバイルデバイス向けプロセッサ」市場に挑戦する。(2015/3/3)

Mobile World Congress 2015:
Intel、LTEモデムも統合した“SoFIA”世代と14ナノ“Cherry Trail”世代の「Atom x3/x5/x7」を正式発表
「x3」「x5」「x7」と3系統に分かれたAtomの新世代ラインアップが登場。その処理性能は最大で従来モデルの2倍に達する。(2015/3/2)

64ビット「Snapdragon 810」搭載端末が続々登場──Qualcomm
Qualcommが昨年4月に発表した64ビットプロセッサ「Snapdragon 810」を搭載する端末は現在60以上開発中で、向こう数週間〜数カ月で多数の端末が発表される。(2015/2/4)

バッファロー、ペアレンタルコントロール機能付きの11n対応無線LANルータ
バッファローは、ペアレンタルコントロール機能を標準搭載したIEEE802.11a/b/g/n対応無線LANルータ「WZR-S600DHP」「WZR-S900DHP」を発売する。(2014/7/9)

SOHO/中小企業に効く「無線LANアクセスポイント」の選び方(後編):
仕事に即戦力の「無線LANアクセスポイント」を選んでみた――利用規模別のおすすめは?
オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LANアクセスポイントの選び方を紹介する本連載の後編は、利用規模別のおすすめ製品例を紹介しよう。(2014/7/3)

ネットギア、コンセントに直挿しできる11ac対応の無線LAN中継器「EX6100」
ネットギアは、IEEE802.11a/b/g/n/ac接続をサポートした無線LAN中継器「EX6100」を発表。コンセントに直接刺して使える小型デザイン筐体モデルだ。(2014/4/16)

「日本のキャリアからも引き合いがあります」:
エリクソン・ジャパン、MWC 2014の成果を日本でアピール
ネットワークの仮想化からLED街灯に組み込んだ基地局まで、EricssonがMWC 2014で展示した最新情報から日本市場における可能性までを説明した。(2014/3/18)

ワタシはどのモデル/構成を選べば幸せ?:
自宅Wi-Fiを高速な「802.11ac」にしましょう──事例別「802.11acホームルータ」導入ガイド(前編)
“より高速・快適”になる無線LANの最新規格「802.11ac」対応機器がいよいよ普及しはじめてきた。今回は仕様/導入シーン別に802.11acルータのラインアップを拡充するNECのAtermシリーズを例に、「自宅ではどんなルータを、どんな構成で選ぶとよいか」を考察しよう。(2014/3/14)

ホワイトペーパー:
超高速無線LANの時代がやってくる! 今こそ導入すべき「IEEE 802.11ac」
モバイル端末の普及が著しい昨今、企業での高速無線LAN導入が不可欠となっている。そのニーズに応える次世代規格「IEEE 802.11ac」は理論上、1Gbps以上のデータ伝送が可能という。2015年にはWi-Fi機能を搭載した携帯端末の7割で採用される見込みだ。802.11acを企業導入するためのポイントを解説する。(2014/3/7)

Mobile World Congress 2014:
VoLTE、LTE-Advanced、仮想化、そして、5G──無線インフラの進化は続く(前編)
MWC 2014では、無線通信インフラでも次世代への取り組みを訴求している。ここではEricssonやHuawei、NSNのブースからLTEとスモールセルの最新動向を紹介する。(2014/3/5)

バッファロー、ペアレンタルコントロール機能も備えた11ac対応無線LANルータ
バッファローは、IEEE802.11ac(Draft)接続に対応する無線LANルータ「WZR-1750DHP2」など計4モデルを発表した。(2013/11/28)

ノックスが提供するMeru Networks社の無線LANソリューション
失敗しない「802.11ac」の企業導入 ギガビット無線LANを最大限に活用するには
モバイルPCやスマートデバイスの普及に伴い、企業での無線LAN導入も加速している。ギガビット無線LAN「IEEE 802.11ac」が注目を集めているが、企業導入では幾つかのハードルがある。802.11acの課題とともに、その解決策を紹介する。(2013/11/12)

ビジネスタブレットのお供に:
悪いことは言わん、泊まりなら持ってけ――タブレット出張族のお供に「小型Wi-Fiルータ」
出張先のホテルが有線LANのみで、タブレットやノートPCが使えない! こんな危機を救ってくれるのが「小型Wi-Fiルータ」だ。今回は出張用小型ルータ4種をピックアップし、機能の違いと選び方のポイントをご紹介する。(2013/10/11)

特集「ついにやってくるギガビット無線LAN」:
第3回 802.11acは実際にどれだけ速いか──バッファロー「WZR-1750DHP」パフォーマンスチェック
無線LANの新規格「802.11ac」は、実際にどれだけ高速になるのか。第1弾として、理論値最大1300Mbpsのスペックを持つバッファロー「WZR-1750DHP」の機能と実通信速度をじっくりチェックする。(2013/5/10)

バッファロー、無線LANルータ「WZR-450HP」に“ツメの折れないLANケーブル”付きモデルを追加
バッファローは、IEEE11b/g/n対応無線LANルータ「WZR-450HP-C」を発売する。(2013/5/9)

下り最大2Gbpsの光サービス、So-netが開始 新ブランド「NURO」
下り最大2GbpsのFTTHサービス「NURO 光」をソネットエンタテインメントが発表。個人向けFTTHとしては世界最速という。(2013/4/15)

802.11acへの移行は慌てずじっくりと
最大1.3Gbps 、ギガビットWi-Fiの多大なメリットといまだに残る疑問
近く標準として承認されるIEEE 802.11ac。そのスループット速度は企業のシステム活用に多大なメリットもたらすが、セキュリティリスクにはどのように対応すればよいのだろう?(2013/4/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
「2013年GPUの本流になるかも」―― GeForce GTX 650 Ti BOOSTカードが登場
GTX 650 TiとGTX 660の中間に入る新GPU「GeForce GTX 650 Ti BOOST」を搭載したグラフィックスカードが各ショップの店頭に並んだ。じわじわ注目度を高めており、一部ショップでは今後の売れ筋の大本命に挙げる声も聞かれた。(2013/4/1)

ついに正式発表、最大1.3Gbps:
802.11ac国内解禁──NEC、「802.11ac」対応のギガビット無線LANルータ「AtermWG1800HP」を発表
無線LANの新規格IEEE802.11ac(Draft)対応の高速無線LANルータがついに登場。新規格とともにNEC独自の先端技術を採用し「802.11acの中でも、より小型・高速・安定」を訴求する。最上位モデルは最大1.3Gbpsで通信可能、さらに無線LAN電波を中継する「Wi-Fi高速中継機能」も搭載した。(2013/3/27)

バッファロー、デュアルバンド450Mbpsに対応した無線LANルータ「WZR-900DHP」
バッファローは、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LANルータ「WZR-900DHP」を発表。11a/nと11b/g/nのいずれも450Mbps接続をサポートしている。(2013/2/20)

ロジテック、スマホでの利用にも向く11b/g/n対応無線LANルータ「LAN-W451NGR」
ロジテックは、450Mbps接続に対応した11b/g/n対応無線LANルータ「LAN-W451NGR」を発売する。(2013/1/24)

「第5世代Wi-Fi」製品がもたらす価値
企業がギガビット無線LAN「IEEE 802.11ac」に移行すべき4つの理由
標準化が進められている「IEEE 802.11ac」規格は、煩わしいイーサネット接続が不要な無線LANの通信速度を大幅に向上させる見通しだ。企業規模にかかわらず、802.11acに移行したいと思わせる4つの理由を紹介する。(2013/1/7)

ネットワーク製品ベンダーの意図は?
“ギガビット無線LAN”802.11ac製品、標準化待たずに続々発売される理由
“ギガビット無線LAN”とも呼ばれるIEEE 802.11acに対応する製品が、次々に発表されている。標準化終了前に本格展開するネットワーク製品ベンダーの意図はどこにあるのか。(2012/12/4)

対応スマホ登場:
AXGPって速い? 「SoftBank 4G」の実力を探ってみた
AXGPを採用したソフトバンクの高速データ通信サービス「SoftBank 4G」。これまでのデータ端末に加え、この冬モデルからは対応スマートフォンも登場した。その通信速度を調査した。(2012/11/7)

nasne使うなら一緒に導入せよっ:
最大600Mbps、国内最速スペックの無線LANルータ「WZR-D1100H」をチェック
802.11acの“技術の一部”を取り入れたという、現時点国内最速スペックの無線LAN機器が「WZR-D1100H/E」だ。どんな利用シーンに向くか──ずばり、リビングルームにあるAV機器の無線化である。(2012/11/7)

ネットギア、450Mbps通信をサポートした11a/b/g/n対応無線LANコンバータ
ネットギアジャパンは、IEEE802.11a/b/g/n接続をサポートした無線LANコンバータ「WNCE4004-100JPS」を発売する。(2012/10/17)

アイ・オー、3ストリーム通信にも対応したUSB外付け無線LANアダプタ
アイ・オー・データ機器は、IEEE802.11a/b/g/n接続に対応するUSB外付け無線LANアダプタ「WN-AG450U」を発表した。(2012/9/19)

モバイルワーク温故知新:
無線LANに託された壮大な夢と未来
今では欠かせない通信インフラとなった無線LAN。その歴史は長く、本格的な普及までには時間を要したが、インターネット接続や公衆無線、列車内無線LANなど、新しいブロードバンドサービスをリードしてきた。今回はそんな歴史をひもといてみよう。(2012/8/21)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第1回 口うるさいモバイラーが、「dynabook R632/W1」を選んだ理由
「仕事でも、自宅でも、出先でも、1台のノートPCを常用する」いわゆるモバイラーが選んだUltrabookの条件とは。まずは、いろいろとうるさいと思う筆者が、“Webモデルだけ”の「dynabook R632」を選択した経緯を紹介する。(2012/8/16)

802.11acをちょっと先取り:
“11ac技術“を採用──バッファロー、最大600Mbpsの高速無線LANルータを発表
バッファローが、最大600Mbpsの高速無線LANルータを発表。新世代無線LAN規格として採用が見込まれる「802.11ac」の技術の一部を取り入れ、通信速度の高速化を実現した。(2012/6/15)

2012年PC夏モデル:
最上位モバイルが待望のIvy Bridge世代に、15周年特別カラーも──「VAIO Z」
フルHDディスプレイも選択できる13.1型サイズの最上位モバイル「VAIO Z」シリーズは、デザインそのままにCPUを第3世代Core iシリーズに刷新し、PMDは別売りとなった。(2012/6/4)

ほほう、これは楽しい:
新しいiPadとの相性はどう? 地デジ内蔵無線LANルータ「Wi-Fi TV」検証
iPadなどを手軽に地デジ化できる、実売1万円台の地デジチューナー内蔵無線LANルータが登場。無線接続で家中どこでも、お風呂テレビ・寝ながらテレビも自由自在な「Wi-Fi TV」の使い勝手をチェックした。(2012/4/19)

NEC、最大450Mbps通信対応の無線LAN子機「AtermWL450NU-AG」──親機セットモデルも追加
NECアクセステクニカが、450Mbps通信対応のUSBスティック型無線LAN子機を投入。あわせて、450Mbps通信対応親機とのセットパッケージも発売する。(2012/4/3)

同時利用も可能:
ネットギア、2.4GHz/5GHz帯両方で450Mbps通信が可能な無線LANルータ
ネットギアジャパンは、2.4GHz/5GHz帯を同時に利用でき、それぞれ450Mbps通信が可能な無線LANルータを発売する。(2012/3/8)

ロジテック、11a/b/g/n対応無線LANルータ「LAN-WH450AN/GR」にUSB無線LANアダプタセットモデル
ロジテックは、同社製無線LANルータ「LAN-WH450AN/GR」とUSB無線LANアダプタをセットにしたパッケージ「LAN-WH450AN/RU」を発売する。(2012/3/1)

バッファロー、バックアップソフト付属の無線LANルータ5製品
バッファローは無線LANルータとバックアップソフト「Acronis TrueImage HD」のセットモデル5製品を発売する。(2012/2/29)

2012年PC春モデル:
店頭モデルも「爆速SSD RAID」に強化、13.1型のハイエンドモバイル──「VAIO Z」
最上位モバイル「VAIO Z」が小リニューアル。店頭モデルはより高速な「第3世代SSD RAID」を標準搭載、カスタマイズモデルも新色「シルバー」が追加され、より高速なCPU+フルHDディスプレイなど幅広い構成でオーダーできる。(2012/1/25)

最強の座、揺るぎなしか:
「VAIO Z」の最新ハイエンド構成をテストする
ひっそりと秋冬モデルで一部仕様をグレードアップした「VAIO Z」の直販モデル。その性能はどこまで達したのか、ハイエンドな構成で各種テストを実施した。(2012/1/17)

つながらなければ返金:
アイ・オー、家電向け無線LANセット「WN-AG450DGR-E」を発売
アイ・オー・データ機器は、デジタル家電用の無線LANアダプターと無線LANルータをセットにしたパッケージ製品を2月上旬に発売する。設定済みのため、箱から出したら即利用可能。手厚いサポートも用意する。(2012/1/12)

リースナブルなマルチバンドモデルも:
NEC、Atermルータ新モデル──2.4GHz帯450Mbps通信対応「AtermWR9300N」
ブロードバンドルータAtermシリーズに2つの新モデルが登場。1つは2.4GHz帯で450Mbps通信対応、もう1つは5GHz/2.4GHz帯同時利用可能でギガビットLAN対応ながらリーズナブルな価格帯を実現する。(2012/1/11)

PC USER 週間ベスト10:
2画面タブレット開発秘話にソニーの底力を感じる(2011年12月5日〜12月11日)
先週のアクセスランキングでは、2画面Androidタブレット「Sony Tablet P」の開発者インタビュー&分解記事が人気でした。自作PC支援記事や週末アキバ特価リポートも注目を集めています。(2011/12/12)

アイ・オー、450Mbps通信対応の11n無線LANルータ「WN-AG450DGR」
アイ・オー・データ機器は、5GHz帯通信にも対応した無線LANルータ「WN-AG450DGR」を発売する。(2011/12/7)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第7回 テレビ・レコーダーで使うと“さらに”効果的──「450Mbps」の安定度を再確認
「最大450Mbps」対応ルータのメリットがより効果的に表れるシーン、それは「家庭用AV機器+ホームネットワーク」だ。AV機器のネットワーク連携機能で、最大450Mbpsの無線LANがどう有効かを検証する。(2011/12/7)

450Mbpsモデルも対象:
バッファロー、無線LAN対応機器を最大11%値下げ
バッファローが無線LANルータ、無線LAN機器を最大11%値下げ。廉価モデルは3700円から。(2011/12/1)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第6回 「450Mbps対応ルータ」に速度差はあるか──実速度ベンチマークテスト
親機、子機ともに対応製品が増えてきた「450Mbps対応無線LAN」機器。では450Mbps対応でどれだけ高速になるだろうか。それぞれの機器の実速度を検証する。(2011/12/1)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第5回 「450Mbps」対応ルータ購入前に復習──IEEE802.11nはなぜ高速か
PC以外にスマートフォン、AV機器などにも利用シーンが広がっている「無線LAN(Wi-Fi)」。個人向け製品にこれまでより高速な「最大450Mbps通信」対応モデルが増えてきたが、改めて「なぜ高速になるのか」を技術面から解説する。(2011/11/24)

ロジテック、高速転送をサポートした11a/n対応USB無線LANアダプタ「LAN-W450AN/U2」
ロジテックは、理論値450Mbpsの高速転送をサポートするUSB無線LANアダプタ「LAN-W450AN/U2」を発売する。(2011/10/14)

デザイン一新、約17%小型化:
高速450Mbps通信に対応──NEC、個人向けハイエンドルータ「AtermWR9500N」
NECアクセステクニカが、個人向け無線LANルータのハイエンドモデル「AtermWR9500N」を投入。最大450Mbpsの無線LAN通信に対応し、2台セットのイーサネットコンバータモデルでそのままテレビやレコーダーを450Mbps無線LAN対応に強化できる。(2011/10/6)

バッファロー、転送速度を高めたUSB無線LANアダプタ「WLI-UC-G450」
バッファローは、USB接続に対応する無線LANアダプタ「WLI-UC-G450」を発表。3ストリーム接続による高速転送をサポートする。(2011/9/28)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第2回 「5GHz帯」の速度チェック+「テレビを無線LAN対応」にする方法
無線LANには、もう1つの周波数帯「5GHz帯」も存在する。今回は、5GHz帯対応無線LANルータの通信速度チェックに加え、自宅のテレビを“無線LAN対応”にする方法を考察する。(2011/9/2)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第1回 無線LANのもう1つのスペック──「5GHz帯」のメリットを改めて考察
昨今のデジタルモノ好きであればたいてい1つは持っている「無線LAN搭載デバイス」。ただ、その中で「5GHz帯」のユーザーはどれだけいるだろうか。今回は同じ無線LANでも「5GHz帯」に注目し、メリットや利用シーンを改めて考察する。(2011/8/29)

5GHz帯無線LAN+下り最大450Mbps通信対応:
テレビを無線LAN化──アイ・オー、AV機器向けの高速無線LANアダプタ「WN-AG300EA」シリーズ
アイ・オー・データ機器は、家庭用AV機器向け「5GHz帯対応無線LANアダプタ」と「高信頼HDD」を発売する。無線LANアダプタの導入で、テレビを手軽に「高速無線LAN対応」に強化できる。(2011/8/10)

日本HP、高速・低遅延のワイヤレスネットワークを構築する新製品
日本HPは、高解像度のビデオを高速でやりとりできる環境を実現するというネットワーク機器の新製品群を発表した。(2011/7/27)

このノートPCは事件だ:
“光”がもたらすハイエンドモバイル革命――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(前編)
こんな“Z”を誰が予測できただろうか? 斬新すぎる“ドック”スタイルに驚きつつも、とにかく新しいVAIOのハイエンドモバイルノートをこってり実力診断していこう。(2011/7/7)

2011年PC夏モデル:
1.15キロ/16.65ミリ厚の本体+ドック構成で復活した最上位モバイルノート――「VAIO Z」
ソニーのハイエンドモバイルノートPC「VAIO Z」が復活を遂げた。外部GPUや光学ドライブを外付けのドックとして分離し、ノートPC本体の薄型化・軽量化を追求している。(2011/7/5)

最大450Mbpsを実現――バッファロー、IEEE802.11n 3ストリーム対応の無線LANルーター「WZR-HP-G450H」を6月上旬に発売
マルチストリーミングによる高速化に対応した無線LAN規格・IEEE802.11nで、3ストリーミングを使い最大450Mbpsを実現したルーターが、バッファローから6月上旬に発売される。(2011/4/20)

バッファロー、最大450Mbps通信対応の無線LANルータ
バッファローは、IEEE802.11b/g/n接続をサポートした無線LANルータ「WZR-HP-G450H」を発売する。(2011/4/20)

2010年、真の「モバイルPC元年」到来:
PR:「2010 インテル® Core™ プロセッサー」がもたらす、モバイルノートPCの劇的な進化
高速、長時間動作、モバイル通信環境……モバイルノートPC環境は、新世代の「2010インテルCoreプロセッサー」で大きく進化を遂げた。今までとは何が違うか、何がすごいのか、インテルの技術とモバイルノートPCの“今”を「10のポイント」に分けて解説する。(2010/7/26)

古田雄介のアキバPickUp! 番外編:
「いろんな人に深く自作を楽しんでほしい」――2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣
自作PCの祭典「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」が開催され、コアな自作ユーザーから声優ファン、女性やカップルまで、幅広い客層がベルサール秋葉原に集まった。(2010/6/14)

衣替えしてオシャレに:
デル×ネイルで魅せる「Studio 15×OPI」を試す
デルのスタンダードノートPC「Studio 15」がフルモデルチェンジしてインテルの最新CPUを搭載した。ネイルブランド「OPI」のコラボも特徴だ。(2010/2/25)

向かうところ敵なし!?:
“豪華すぎる”モバイルノート「VAIO Z」を徹底検証する(前編)
ボディも内部構造も一新したソニーのハイエンドモバイルノート「VAIO Z」は、評価が高かった従来機からどれだけ進化したのか? 前モデルと比較しながら実体に迫る。(2010/2/17)

普及のカギは“PC内蔵”:
レノボ・大和事業所エンジニアが説く、WiMAX内蔵ThinkPadの可能性
レノボ・ジャパンは「ThinkPad T400s WiMAX内蔵モデル」とモバイルWiMAXに関する技術説明会を実施。「WiMAX普及は、“内蔵”がカギ」と、モジュールを内蔵することによるメリットを説明した。(2009/7/29)

高速SSD RAIDで突き抜けろ:
ソニーの最高峰モバイルノートPC――「VAIO type Z '09年夏モデル」を駆る
高性能を凝縮したハイエンドモバイルノートPCとして、2008年の真夏に華々しくデビューした「VAIO type Z」。登場から1年がたち、性能と価格はどうなったのか?(2009/7/29)

2009年PC夏モデル:
256GB×2のSSD RAIDなど、さらにハイスペック構成を選択可能に──「VAIO type Z」
“中身はモンスター級”のハイエンドノートPC「VAIO type Z」の2009年夏モデルは、VAIOオーナーメードモデルで“モンスター度”をより高めるハイエンド構成を選択できるメニューを用意した。(2009/5/26)

2009年PC夏モデル:
type PのXPモデルや新色、地デジ対応type Tが登場――ソニー「VAIO」夏モデル第2弾
ソニーの2009年PC夏モデル第2弾は、Atom搭載ミニノートPC「VAIO type P」に待望のWindows XPモデルを追加。モバイルとハイスペックのノートPCも仕様が強化された。(2009/5/26)

薄くて軽く、しかも安い:
デル、魂の1キロ切りモバイルノート――「Latitude E4200」を駆る
豊富なラインアップを擁するデルのモバイルノートPCにおいて、日本市場からの要望で軽量化を追求したというのが「Latitude E4200」だ。コイツはただ者ではない。(2009/3/27)

家の中に“メッシュ”ネットワークを――QuantennaがIEEE802.11nチップを発表
PCやテレビをはじめ、ゲーム機、携帯電話など家の中で無線を使う機器が増え続けている。これらがハイビジョン映像のリアルタイム伝送などに影響を与えないよう、メッシュネットワークを構築できる無線LANチップが登場した。(2008/11/20)

元麻布春男のWatchTower:
IEEE802.11nドラフト2.0のゆくえ――今買うべきアクセスポイント/ルータを考える
ドラフト状態が長く続く無線LANのIEEE802.11nだが、正式規格の策定時期およびWi-Fi Allianceロゴが持つ意味を考える。(2008/10/31)

ビデオ、音声、データを1本で:
NBCがCiscoのビデオバックボーンを利用してオリンピック競技を放送
このネットワークは、Cisco SystemsのIPビデオネットワークインフラとビデオエンコーディングソフトウェアを利用して中国からのオリンピック映像を(同一の仮想パイプを通じて)全世界のテレビ、PC、スマートフォンに配信する。(2008/8/11)

元麻布春男のWatchTower:
Nehalemに向けてCentrino 2で足場を固めるインテル
日本で7月16日に発表された「Centrino 2」では何が変わり、何が変わらなかったのか。ポイントを改めて整理しよう。(2008/7/17)

次世代オフィスのキーテクノロジー「IEEE 802.11n」
ドラフト段階でも実用期――IEEE 802.11nの最新動向
理論上最大600Mbpsを実現する次世代無線LANの本命「802.11n」は、ドラフト段階から業界団体の認定プログラムがスタート、本格的な普及に向けて動き出している。その動向や対応製品を見ていく。(2008/7/17)

ネットワーク/セキュリティアプライアンス導入計画:
中規模向けはこの中から選べ――統合型セキュリティアプライアンス製品カタログ 中規模向け その1
前回に続き、製品を紹介するが、今回は少し規模を大きくし、中規模ネットワーク向けの製品を紹介する。ネットワークの規模が大きくなると、搭載された機能に加え、パフォーマンスも選択ポイントになる。その辺りにも注意しながら見ていこう。(2006/8/22)

AdvancedTCA対応の新モデルでサービスプロバイダー市場を狙うFortinet
米Fortinetは、AdvancedTCAに準拠したキャリアやサービスプロバイダー向けのセキュリティアプライアンス「FortiGate 5000シリーズ」を発表した。(2004/9/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。