連載
» 2013年06月12日 16時38分 UPDATE

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:そういえば、なぜWindows 8は「スタートボタン」がなくなったんでしたっけ?

次のWindows 8.1は「スタートボタン(のようなもの)が復活する」と言われているが……Windows 8はなぜスタートボタンがなくなったのか、そしてそれを補う方法はあるかを改めて考察する。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

Q:なぜWindows 8では“スタートボタン”がなくなってしまったの?

photo Windows 8のスタート画面。ディスプレイの右端から左へスワイプする(あるいはWindowsキー+C)とサブメニュー「チャームメニュー」も表示される

 Windows 8は、フルスクリーンでアプリが動作する新しいスタイル「Modern UI」を採用し、タッチ+タブレットでのスタイルも今後積極的に使ってもらえるよう工夫し、デスクトップUIを経由せずとも別のスタイルでも扱えるようになった。従来のスタートボタンの機能は「スタート画面」と「チャーム(Charm)」へと集約され、この2つが実質的なスタートボタン/スタートメニューの代わりを果たしている。

 Modern UIによる新しい動作環境でのアプリは、これまでのデスクトップ画面(デスクトップUI)とは独立して動作するのが大きな違いだ。従来のように「タスクバー」や「スタートボタン」も画面上に表示されない。Windows 8/RTではこうしたWindowsストアアプリを起動する窓口的な役割として、その最新情報をかいつまんで表示できる「スタート画面」を用意し、Windows 8を起動するとまずこの画面が表示されるようにしたわけだ。全アプリ共通で呼び出せる「チャーム」というメニューにより、前述のスタート画面と組み合わせて従来のスタートボタン/スタートメニュー的な機能も補完している。

 とはいえ、多くのユーザーはWindows 8においてもデスクトップUIで動作する従来のソフトウェアを使っていると思われる。さらに、キーボードに用意される「Windowsキー」はWindows 7以前であれば「スタートボタンを表示させる」とシンプルな挙動だったが、Windows 8では「スタート画面と、現在最前面にあるデスクトップUIのアプリを切り替える」という、見た目にも少々分かりにくくいものとなった。デスクトップUIで使うにも、ちょっとしたアプリの呼び出しであってもわざわざスタート画面に移動したり、チャームを呼び出して実行する必要があるうえ、PCの設定項目がModern UIとデスクトップUIのコントロールパネルのそれぞれで分かれているのも、よく考えると?である。デスクトップUIで動作するアプリケーションを中心にWindowsを利用するユーザーにとって、慣れるしかない変更だと嘆く、というかあきらめの声は多い。

 対策としては、よく使うアプリケーションの場合はデスクトップ上にショートカットアイコンを作成したり、タスクバー上に「ピン」(タスクバー上で、ピン留めしたいソフトに対して「タスクバーにこのプログラムを表示する」を選択)することで、ソフトウェアの起動/ランチャー的な機能はこれでたいていは対応できる。

 このほか、Windows 8に従来のスタートボタンと同等の機能を追加するオンラインソフトも複数存在する。起動後、スタート画面をスキップしてデスクトップUIを表示する機能などもあるので、デスクトップUI利用が中心の人はこれらを活用するとおおむね“元通り”になるだろう。

Windows 8に「スタートメニュー(ふう機能)」を追加できるオンラインソフト

ソフト名 機能・特徴 ダウンロード先
Classic Shell(Ivo Beltchev氏作) カスタマイズ性が特徴のフリーソフト。スタートメニューだけでなく、Windows Explorerも従来風にアレンジできる特徴がある。別途、日本語表示を強化した再配布版「Classic Shell J」も存在する。 http://www.classicshell.net/ 
http://www.dnki.co.jp/content/view/145/1/
Start Menu 8(IObit) カスタマイズ性の高さは他ソフトウェアと同様。起動時にスタート画面を回避してデスクトップUI画面を表示させることも可能 http://jp.iobit.com/free/startmenu8.html
秀丸スタートメニュー(サイトー企画) 秀丸エディタ作者秀まるお氏が提供するスタートメニュー追加ツール。フリー版のほか、各種カスタマイズが可能なProfessional版(1050円)もある http://hide.maruo.co.jp/software/hmstartmenu.html



photo Windows 8.1で追加されるスタートボタン(のようなもの)が追加される。「Start Tip」と呼ぶ機能なようだ

 さて、新しいスタイルのアプリとその使い方を提案する積極的な姿勢はひとまず理解できる。また、上記のような対策で“それならば自身でなんとかする。慣れればいいし、Modern UIが必要なければ使わなければいいだけなので問題にはしていない”という姿勢のユーザーも多いはず。ただ、結果としてスタートボタン廃止に関連してかなりのユーザー不評を買ってしまったことは否めない。

 既報の通り、次期バージョンの「Windows 8.1」では「スタートボタン(のようなもの)が復活」する。また、スタートボタンを搭載してWindows 8などでの利用に最適化させたマウス製品「Sculpt Comfort Mouse」を発売するなど、MicrosoftはむしろWindows 8の動作環境を大々的にアピールする方向性を見せている。

 ともあれ、Windows 8.1でどんな改良が行われるか興味深いが、筆者の意見としては「ユーザーの選択肢を奪う」ようなことは可能な限り避けてほしいところだ。


「鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.