ニュース
» 2013年10月11日 22時27分 UPDATE

Windows 8.1製品説明会:「Windows 8.1」は、“8”意見のフィードバックに注力──スタートボタンも、デスクトップ起動も実装

Windows 8.1は「スタートボタンの復活」「デスクトップUIで起動」など、Windows 8ユーザーより得られた声のフィードバックに注力し、機能改良を行った細かい部分が多い。

[岩城俊介,ITmedia]

「Windows 8.1」にスタートボタンが復活

photo Windows 8.1 個人向け機能の強化ポイント

 今後の計画も理解するが「今、使いにくければ、それはダメ」──Windows 8.1は、Windows 8で賛否意見が多かったいくつかの部分・機能を改良・刷新した。

 これまでのクラムシェルPC+キーボードで使用するシーン、タッチやペン、その他新しい方法で操作する新しい機器、「いずれも使いやすく」を目指す。10月11日に行われたWindowsの次期バージョン「Windows 8.1」の製品事前説明会で、日本マイクロソフト Windows本部Windows担当の溝口宗太郎氏が「個人向け機能の強化ポイント」を説明した。

 分かりやすい改善ポイントは、

  • 「スタートボタン」の追加
  • 「Boot to Desktop」(起動後デスクトップUIを表示)の実現
  • ストアアプリでのマルチタスキング
  • Internet Explorer 11の進化

 など。

 スタートボタンについては、8.1 Preview登場時に大きく話題になった復活を示す。デスクトップUIのタスクバー端にWindowsアイコンが追加され、右クリックでスタート画面(Modern UI/Winキー)に切り替わり、左クリックで「Win+Xキー」と同じショートカットメニューが表れる。

 「待っていた」、「いや、そうではない(スタート画面ではなく、スタートメニューがほしいのだ)」など賛否あり、気に入らなかったWindows 8ユーザーはスタートボタンを追加するサードパーティ製オンラインソフトなどを導入するか、いっそ慣れてしまうかで対応していた人は多いと思うが「現在はデスクトップUIを主に使うユーザーの利便性向上」のため機能が加わった。スタートボタンの右クリックメニューにはシャットダウン系の項目もあり、はじめは“どうやって再起動するのか”さえ分かりにくかったWindows 8よりは確かにユーザーフレンドリーになるはずだ。

photophotophoto タスクバーにスタートボタンが復活。スタートボタンをクリックすると「スタート画面」に切り替わる。スタート画面の壁紙はデスクトップUIと同じにできるようになったので「Modern UIとデスクトップUIの“分離感”」がグッと縮まった(写真=左、中央) マウスの右クリックで「Win+Xキー」と同じメニューが表示。このメニューで、シャットダウンや再起動なども比較的手軽に選択できる(写真=右)
photo 「タスクバーとナビゲーションの設定」メニューに、「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」のチェック項目が新設された。これをチェックすると起動完了後、そのままデスクトップUI画面が表示されるようになる

 “デスクトップUIをメインに使う人”にうれしい変更がもう1つ。「起動完了後の画面を最初からデスクトップUIに」とするよう設定できるようになった。

 例えばクラムシェル型ノートPCユーザーは、今のところあまり利用機会のないModern UI。Windows 8はそれが起動完了後に無条件で表示されるため、「Win+D」が習慣になったという人は多い。使用する機器が変わったら、そして今後どうなるかはさておき、「使うか、使わないか」の選択ができるようになったことがなにより喜ばしいといえる。


photophotophoto プリインWindowsストアアプリ「フォト」は簡易編集機能を備えた。タッチ/ジェスチャー操作で手軽に編集できるようUIを工夫している。SkyDriveは「オフライン表示機能」を実装


「鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.