ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「荻窪圭のiPhoneカメラ講座」最新記事一覧

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
「ハルスコープ」をカメラに貼って被写体にグイッと迫ってみよう
iPhoneには、カメラ用の外付けレンズがたくさんある。今回はコンパクトで脱着が容易なマクロレンズ「ハルスコープ」をご紹介する。(2016/7/19)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
「写真(Photos)」アプリで明るさ・色・傾きを直そう!
iPhoneで写真を撮ると「明るさ」「色」「傾き」が気になることがある。そんな時はiPhone標準の「写真(Photos)」アプリを使ってみるべし。(2016/6/29)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
「Omoidori」で昔の写真をiPhoneにガシガシ入れるべし
今、PFUの「Omoidori(おもいどり)」というiPhone専用アルバムスキャナが熱い。手持ちの写真をじゃんじゃんデジタル化してしまおう!(2016/6/15)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneカメラでガラス越しの被写体をキレイに撮るコツ
ガラスの中にある像やオブジェ、ガラスの向こう側に広がる風景がうまく撮れないこと、よくありますよね。そんな時は、ある工夫をすれば上手に撮れるのですよ。(2016/5/30)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneカメラで白っぽい写りになるのを防ぐ方法
iPhoneで写真を撮ろうとしたら、光の線が入って白っぽい写りになってしまったことはありませんか? これをなんとかしてみようという話。「レンズフード」の代わりになるものを、iPhoneのカメラレンズに付けてあげればいいのだ。(2016/5/16)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneで「夜景」「夕景」をきれいに撮る方法
「iPhoneで夜景をきれいに撮れる?」という質問を受けることがたまにあるが、普通の夜景なら撮れます。ただし、「手ブレ」にだけは注意すること。あとはタッチAF/AE&明るさ補正(露出補正)をすることが重要だ。(2016/4/30)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneカメラ使いこなしの基本は「タッチAF」と「明るさ調整」にあり
春でもあることだし、iPhone SEも出たことだし、「これさえ分かっていれば、iPhone カメラを使いこなせる」という基本中の基本技の話をしたい。そのポイントは、タッチAFと明るさの調整だ。(2016/4/19)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
写真を真上からきれいに撮るコツ
iPhoneで料理を撮るときは、真上から撮ってみるのもいいだろう。その際に気にしたいのが「レンズの位置」。サードパーティー製のカメラアプリを使うのも手だ。(2016/3/20)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
Live PhotosをSNSでも楽しむ方法――オススメは「LivePix」アプリ
「iPhone 6s」から追加された「Live Photos」。面白い機能なんだけど、どう使うといいのかが分かりにくい。SNSでLive Photosを楽しむことはできるのだろうか?(2016/3/15)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhone 6s/6s Plusで撮った4K動画から静止画を切り出す方法
長らく中断していた「iPhoneカメラ講座」が復活。今回は、iPhone 6s/6s Plusで撮影した4K動画から、静止画を切り出す方法を紹介する。標準のアプリではできないので、ほかのアプリを使用する必要がある。(2016/2/2)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第63回 iPhoneのカメラでイルミネーションをきれいに撮る方法
冬になると、街はきらびやかなイルミネーションに包まれる。でもスマホでイルミネーションをきれいに撮るのは案外難しい。ピントが合いにくかったり、思った通りの色にならなかったりするからだ。そんなときに役立つ撮り方をご紹介。(2014/12/18)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第62回 iOS 8対応カメラアプリで“マニュアル撮影”を楽しむ
iOS 8では、iPhoneのカメラ機能が強化されただけでなく、カメラアプリ向けの機能も多数提供され、高機能なカメラアプリが登場している。ホワイトバランスやシャッタースピード、ISO感度などが調整できるアプリを紹介しよう。(2014/11/13)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第61回 その写真、アップ前にちょっと一手間かけてみるべし
SNSでよく見るのが、ちょっと傾いた写真やちょっと暗い写真、あるいはちょっと色がずれている写真。でもこれ、簡単になおせるんです。投稿前にちょっと一手間かけるだけで、ずっと印象が変わるのでぜひ。(2014/10/29)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第60回 iOS 8の新機能、「タイムラプス」を撮ってみよう
時間をかけて連続撮影した写真を、動画のように高速再生すると、とても面白くなる「タイムラプス」。これがiOS 8のカメラアプリには標準搭載されている。どういう仕組みになっているのかの検証も含めて、その楽しみ方を紹介しよう。(2014/10/15)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第59回 iOS 8のカメラと写真機能はこんなに変わった!――写真アプリ編
iOS 8では、実はカメラ機能の変化よりも、写真アプリの変化が大きい。特に、今までと「カメラロール」の扱いが変わっていたり、「iPhoto」の機能が一部取り込まれたりしていて、一部ユーザーの間では混乱も起きているようだ。(2014/9/24)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第58回 iOS 8のカメラと写真機能はこんなに変わった!――カメラ編
iOSのバージョンアップにともなって、カメラ周りの機能もけっこう変わっている。今回はカメラ編と写真アプリ編に分けて、それぞれの進化点を解説しよう。(2014/9/22)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第57回 「Hyperlapse from Instagram」でハイパーラプス動画を楽しもう
Instagramがリリースした「Hyperlapse」というアプリが面白い。簡単にきれいな“早送り動画”が撮れるのだ。(2014/9/9)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第56回 iPhoneで花火をきれいに撮るには
花火大会に行くと、iPhoneで写真を撮っている人もよく見かけますが、なかなかうまく撮れませんよね。花火は苦手な被写体の1つなのですが、なんとかきれいに撮る方法を紹介します。(2014/8/27)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第55回 “HDR風”写真で夏の風景を超ハデハデに
iPhoneのHDR機能を使えば、明暗差が大きなシーンでもきれいに撮れる。今回はHDR風に写真を仕上げてくれるアプリの遊び方を紹介しよう。(2014/8/15)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第54回 iPhoneでなかなかうまく撮れない、夕焼けと月を撮る
きれいだな、と感じ、写真を撮りたくなっても、iPhoneではなかなかうまく撮れないものがある。「夕焼け」と「月」もその“うまく撮れないもの”の1つ。では早速その撮り方を伝授しましょう。(2014/7/23)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第53回 たまには油絵風もどうでしょう 写真加工アプリ「Brushstroke」で遊ぶ
ただ写真を共有しただけでは、ちょっと印象に残らないかもしれないな、というときに、フィルターで効果をかけると効果的。今回は油絵風に加工できる「Brushstroke」を紹介しよう。ただし使いすぎると飽きられてしまうのでご注意を。(2014/7/8)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第52回 “激きゅん”な顔に変身?――百花繚乱の美肌系アプリを試す
今回は「美肌系アプリ」特集なのである。出てくるアプリは6つ。プリクラ的な機能が満載で、なかなかすごい。(2014/6/27)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第51回 “何を撮ったか”自動で分類してくれる「Impala」で写真を整理するのだ
写真を見返すときは「いつ」「どこで」「何を」で思い出すでしょ? でもiPhoneの写真アプリは「何を」までは考慮してくれない。そこで「何を撮ったか」を自動分類してくれるアプリ「Impala」を試してみるのだ。(2014/6/10)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第50回 「SnapLite」でiPhoneカメラをスキャナにする
iPhoneカメラでメモを撮るというひと、多いんじゃないかと思います、ただ、大きな地図なんかをキレイに撮るのは難しい。なんでもiPhoneで撮って記録しちゃいたい人にオススメなのが、PFUの「SnapLite」なのである。(2014/5/27)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第49回 河原でiPhone逆さ撮り
知っている人は知っている、知らない人は知らない(当たり前です)のが、iPhoneカメラは逆さで撮ってもOKということ。迫力のローアングルだってお手の物なのだ。(2014/5/21)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第48回 ほわーんとした写真をお財布に入っているカード1枚でキリっとさせる
外出して天気が良ければiPhoneでばしばし写真を撮りますな。でも、思ったより写真がほわーんとしてる……なんてことも。そんなとき、1枚のカードで写真が見違えるのである。(2014/4/25)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第47回 「Scanner Pro」でiPhoneカメラをメモ代わりに使う
iPhoneのカメラをメモ代わりに使うというひともいるかと思うが、ラフに撮るとちゃんと撮れてなかったりメモとしては使いにくかったりする。そこでiPhoneカメラをスキャナーのようにするアプリを使うのだ。(2014/4/15)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第46回 iPhoneで桜の花びらをピシッと撮る方法
桜の花びらをiPhoneで撮った写真が日本中にあふれかえる時機の到来である。そこで、iPhoneで桜の花びらをピシッと撮る方法をご紹介。あと、iOS7.1で強化されたカメラ機能についても解説するのである。(2014/3/25)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第45回 iPhoneだけでここまでできる「写真合成」にチャレンジ
iPhoneアプリで写真合成というとフォトコラージュ的なものを作るアプリが多いけれど、本格的な写真合成ができるアプリもある。ちょっと手間になるけれど、楽しいのでぜひ。(2014/3/11)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第44回 「KLYP+」とレンズでiPhoneカメラを大拡張
「KLPY+」は、イタリアのカメラ用品ブランド「マンフロット」が発売したiPhoneカメラ拡張キット兼ケース、みたいな製品。これが合体ロボみたいな過剰感ありまくりで楽しいのだ。(2014/2/25)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第43回 iPhoneで街中の雪景色を楽しむためのコツ
都内とかあまり雪の降らない地域に住んでいると、大雪は珍しい。珍しいとiPhoneで撮りたくなる。街中の雪景色をより印象深く撮るためのコツをいくつか。(2014/2/10)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第42回 写真編集アプリとしても高機能なカメラアプリ「Camera+」
写真系アプリで単機能って実は少なくて、大抵は写真が撮れて編集できて、フィルタも備えていたりする。「Camera+」は撮影する「カメラアプリ」なのだけれど、編集機能も充実しているのだ。(2014/1/28)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第41回 一瞬にして盛り上がった水彩画アプリ「Waterlogue」
2014年の正月、盛り上がったフィルタアプリといえば「waterlogue」。水彩画のように加工するアプリなのだけど、有料にも関わらずぐあーっと盛り上がったのだ。遅まきながら、ご紹介したい。(2014/1/21)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第40回 レトロ系や銀河系、フィルタ系アプリで遊ぼう(1)
撮った写真をレタッチするのはさほど難しいことじゃないのだけど、手の込んだ効果が欲しいならフィルタ系アプリを使う方が簡単だ。そこで今回はそんなアプリのご紹介。(2014/1/14)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第39回 新幹線の車窓からiPhoneで富士山を撮る
東海道新幹線に乗っていると富士山が見える。見えるとなればiPhoneで撮りたいのが人情。ただ、そのままパシャリではイマイチになることが多い。そんなときのコツを。(2014/1/7)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第38回 iPhoneで全天球パノラマに挑戦するのだ
iPhoneでパノラマ写真と言えば、240度ぐらいの写真。だけれども、パノラマ=横長(縦長)写真とは限らない。360度ぐるりと全周の「全天球写真」を撮れるアプリがあるのでそれで遊んでみようではないか。(2013/12/24)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第37回 クリスマス仕様の写真アプリでリア充になる
街でクリスマスイルミネーションがきらめくなか、下を向いてiPhoneばかりイジっていないだろうか。クリスマス仕様の写真アプリでリア充になろうではないか。(2013/12/17)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第36回 iPhoneでイルミネーションをキレイに撮るコツ
年末も近づきイルミネーションを見かける機会も増えた。そこでiPhoneを使ってイルミネーションをキレイに撮る、ちょっとしたコツのお話しをひとつ。(2013/12/10)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第35回 「メシマズ写真」にならぬiPhoneテクニック
iPhoneで料理を撮る機会は多いと思う。しかし、ただ撮っただけではいわゆる「メシマズ写真」になりかねない。もちろん撮るコツもあるんだけど、一手間かけるだけで見違えるのだ。今日はそんなお話し。(2013/12/3)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第34回 紅葉を鮮やかにするiPhoto実践テクニック
都内も冷え込んできて、きれいな紅葉を手軽に楽しめるようになってきた。そこで、紅葉を脳内イメージのように鮮やかにするのである。iPhotoで。(2013/11/26)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第33回 iPhotoで写真を仕上げる
今回は9月のバージョンアップで大きく変化した「iPhoto」の話をしようと思う。旧版はイマイチだったけれど、かなり良くなった。iPhotoで写真を加工補正する手順を追いながら、説明してみる。(2013/11/19)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第32回 iPhoneカメラといえばInstagramなのである
iOS7でカメラに「正方形」モードが入ったのは、Instagramの影響だと思う。そこで改めてInstagramの話を。(2013/11/12)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第31回 iPhone 5sのカメラ、ここがスゴイ(スローモーション動画編)
iPhone 5sのカメラが全体的に良くなったって話はしたので、今回はスローモーション動画のいじり方。データをパソコンへ渡したいというかたもどうぞ。(2013/11/5)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第30回 iPhone 5sのカメラ、ここがスゴイ(高速連写編)
何回かiPhone 5sのカメラについて話をしたい。まずはここがスゴイ!というポイントの紹介と、「高速連写」の楽しみ方から。(2013/10/22)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第29回 iOS7で便利になった写真のシェア
写真は撮ったら見たいし見せたい。iOS7ではAirDropをはじめ、この「見せる」(シェアする)部分も強化されているのだ。(2013/10/15)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第28回 iOS7の「写真」アプリを理解して使いこなそう
iOS7で変化した「写真」アプリはその変化が大きなせいもあって、ちょっとiOS6と違う部分も見受けられる。「写真」アプリに対しての理解を深めながら、使いこなしていこう。(2013/10/8)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第27回 iOS7で大きく進化した「写真」アプリ
シンプルさが特徴のiOSだけれど、「写真」アプリだけはシンプルすぎてちょっと素っ気なかった。それがiOS7では大きく変化したのである。(2013/10/1)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第26回 iOS7でカメラ機能のどこが変わったか
iOS7の配布が始まった。新しいiOSではカメラ機能についても結構な変化が見られる。まずはiPhone5で検証した。(2013/9/19)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第25回 動画から静止画を切り出すハナシ
iPhoneのカメラって良くできているけれど、どうしても撮りにくいモノというのがあって、雷なんかはその代表例。そんなときは動画で撮って静止画を切り出してみるという手がある。今回はそんな話。(2013/9/3)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第24回 写り込みなしに車内から撮るときのコツ
電車や車で移動している最中、景色を撮りたいときってあると思う。でも、ささっと撮るとたいてい車内の明かりなんかが写り込んでいる。それを解消する方法をご紹介。(2013/8/20)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第23回 Snapseedで写真を派手に!
iPhoneで撮った写真にフィルタをかけるのは珍しいことじゃないけど、「Snapseed」にはこれはっていう特徴的なフィルタがたくさんある。「ドラマ」やレトロ系など、代表的なモノを紹介してみるのだ。(2013/8/6)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第22回 SnapSeedで学ぶ、iPhone写真レタッチの基本
撮った写真がそのままベストならよいが、ちょいとひと手間加えるだけで見違えることも多い。そこでレタッチの出番である。今回は「Snapseed」でレタッチの基本を確認しよう。(2013/7/23)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第21回 HDRをアプリでもっと楽しむ
そもそも純正カメラに搭載されている「HDR」だが、アプリで実現しているものは標準のモノとかなり毛色が異なる。絵画的な、印象的な写真を撮りたいなら使ってみるのも面白い。(2013/7/16)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第20回 iPhoneでデジタルズームを上手に使う
デジタルズームといえばあまり積極的に使わないようにという風潮だけれど、ズームする、つまり焦点距離が変われば写真の写りも変わる。「近くのモノをカタチ良く撮る」時にも有効なのだ。(2013/7/9)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第19回 本格派カメラアプリを使ってみよう お勧めアプリ4選
App Storeで見ると分かるけれど、iPhone用カメラアプリって数がとても多い。今回はその中で「本格派カメラアプリ」といえるものに注目、独断と偏見で4つを選んでみた。(2013/7/2)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第18回 グリッド線はなんのためにある?
簡単にオンオフできる割に使われていない感じのする「グリッド線」。水平と構図の決定には便利なので是非とも使ってみよう。(2013/6/26)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第17回 LEDライトを使ってライティングを楽しんでみる
マンフロットのiPhoneケース「KLYP(クリップ)」には、LEDライトの付属するパッケージがある。せっかくなので、LEDライトを使ってiPhoneでの撮影でもライティングに一工夫してみよう。(2013/6/18)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第16回 iPhone 5ケース「KLYP」+三脚を使って夜景を撮る
マンフロット社の「KLYP(クリップ)」はけっこう気に入っていて常用している。せっかくなので、夜景も撮りたい。というわけで、いろんな場所で試してみた。あと、KLYPにはLEDライトが同梱されているので、これも使ってみた。(2013/6/12)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第15回 iPhoneを三脚につけるのは意外に簡単で効果的
失敗写真の大半は手ブレで起こる。その対処法のひとつとして挙げられられるのが三脚の利用だ。三脚というと大げさなイメージだけれど、軽くて小さい、ポケットサイズのものもあるのだ。(2013/6/4)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第14回 デジカメユーザー的視点によるiPhoneカメラQ&A 15連発
この連載ではここまでiPhoneカメラの活用の話を中心にしてきたのだけど、今回はちょっと趣向を変えて、カメラ性能・機能そのものの話。15のQ&Aでお送りします。(2013/5/28)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第13回 上手な自分撮りをするために
さすがにやらんわーという声もあるであろうインカメラでの自分撮りだけど、ちょっとしたコツで自分の顔が見違える。ひとに教えてあげる機会があるかもしれないしね。(2013/5/21)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第12回 写真に位置情報をつけるリスクとその回避
iPhoneはGPSを内蔵してるので、撮った写真に位置情報をつけられる。あとから見直したり写真を探すのに便利な位置情報だけど、不用意に出さない方がいい情報でもある。そこで今回は位置情報とのつきあい方を考える。(2013/5/14)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第11回 iPhoneでパノラマ写真を撮ろう! 応用編
結構アバウトに撮っても上手にとれて、非常にいい感じなiPhoneのパノラマ写真。だけれど、きれいに仕上げるため、知っておいた方がいいポイントもある。今回はそのあたりのお話を。(2013/5/7)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第10回 iPhoneでパノラマ写真を撮ろう! ベーシック編
デジカメではおなじみのパノラマ撮影機能はiPhoneにも用意されている。結構アバウトに撮っても上手にとれて、非常にいい感じなのだ。(2013/4/23)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第9回 iPhone動画で気をつけるべきアレコレ
カメラ講座ってことで写真の話をしてきたが、iPhoneのカメラを使えばフルハイビジョン動画も撮れる。動画と静止画(写真)では気をつけるところが違うので、ちょっとそのあたりの話を。(2013/4/16)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第8回 内蔵ライトのカシコイ使い方
iPhoneカメラのレンズ横にはLEDライトがついてる。標準ではオンオフが自動なので、あまり意識しないかもしれないが、オンオフを意識的に使い分ければよりいい感じの写真が撮れるのだ。(2013/4/9)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第7回 デジタルズームはどこまで使えるか
デジカメにあってiPhoneにないものは「ズームレンズ」。困ることは少ないけど、時として、もっとでかく撮りたいって思うことがある。そんなときのために「デジタルズーム」機能があるのだ。(2013/4/2)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第6回 電車を撮ると歪んで写る理由とその対策
電車の中から景色を撮ったり、外から電車を撮ったりすると、景色や電車が歪んでしまうことがある。これはCMOSセンサー特有の現象で、スマホのカメラでは原理的に避けられないのだ。これ、本当に避けられないのか。いや実は、ひとつ手があるのだ。(2013/3/26)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第5回 iPhoneで撮った写真を見る/送る/消す
iPhoneカメラの起動〜撮影の基本的な話は一通りやったかなと思うので、今回は少し気分を変えて、主に「写真を見る」ための話をしておこうかと思う。(2013/3/19)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第4回 “連写+合成”ができるHDR撮影を活用する
iPhoneに限らず、スマホやデジカメの撮像素子はとても小さいので、一度に取り込める光の量が少なく、ちょっと光が多いと明るいところが真っ白になり、暗いところがつぶれてしまう。そこで活用したいのが「HDR」なのだ。(2013/3/12)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第3回 “露出補正”を活用して最適な明るさで撮る
手ブレ→ピンボケときたら、次は明るさ。iPhoneで撮影してみたものの、イメージよりも暗すぎる、またあ明るすぎることはよくある。でも、これはiPhoneカメラが備えている“露出補正”を活用することで解消できるのだ。(2013/3/5)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第2回 これでピンボケ写真とおさらば――AFをうまく活用する
iPhoneでうまく写真が撮れない人の多くは手ブレが原因だけど、ほかに「ピンボケ」もあると思う。じゃあどうすればピンボケを防げるのかというと、被写体が画面に収まる位置や、被写体との距離などが重要になってくるのだ。(2013/2/26)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第1回 カメラの起動方法/手ブレを抑える構え方
今最もよく使われているデジカメは「iPhone」ではないだろうか。というわけでiPhoneカメラ講座、始めます。まずは超基本だけどカメラの起動方法と、手ブレを抑える構え方から。撮影に役立つ小技もあります。(2013/2/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。