連載
» 2013年04月16日 17時00分 公開

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──クラウドサービス系アプリ編 (3/3)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

あると便利なユーティリティ群

 クラウドストレージやメモアプリのほか、業務シーンにも使えそうなその他ユーティリティツールもかなり数が増えている。特にリモートデスクトップクライアントアプリは、x86ソフトウェアが動作しないWindows RTマシンを、“あたかもWindows 8マシン”のように活用できる便利アプリである。

Google Search

photo Google Search(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 おなじみGoogleの検索窓をModern UI版に移植したWindowsストアアプリだ。キー入力でのWeb検索はもちろん、内蔵マイクを使い、音声での検索も行える。Googleのアプリケーション群(Google Apps)のランチャーにもなっているので、GoogleのWebサービスを利用する機会の多い人はインストールしておいて損はないだろう。


Unpacker

photo Unpacker(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 アーカイブファイルの解凍アプリだ。Windows 8は、zip形式など全世界で比較的普及しているファイルの圧縮/解凍はOS標準機能でカバーできるが、「lzh」や「rar」などは別途圧縮/解凍ソフトが必要。こういったファイルを取り扱う場合に備え、Unpackerを導入しておきたい。サポートするアーカイブファイルは7z、cab、img、gz、iso、lhz、lha、rar、tar、zipなどかなり多い。

WinZip

photo WinZip(15日間無料、年間7.99ドル) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 こちらも既存Windows PCも利用者は多いであろうzip形式アーカイブファイルの圧縮/解凍が可能な公式アプリだ。Windowsストア版はDropboxやGoogle Driveを介したファイル連携も可能となっている。

 利用開始から15日間が無料の有料アプリで、継続してするなら年間7.99ドルのサブスクリプション費用が必要となる。


リモートデスクトップ

photo リモートデスクトップ(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 ネットワーク上の他のWindows PCにアクセスする、リモートデスクトップ機能を利用するためのMicrosoft標準リモートデスクトップクライアントアプリだ。別のリモートデスクトップサーバ機能のあるWindows 8 Pro/7 Professional搭載PCにアクセスし、そのデスクトップ画面を操作できるので、既存Windows PC用ソフトウェア(デスクトップUI向けアプリ、x86/64対応ソフトウェア)を利用できないWindows RTマシンも機能をある程度補完できる特長を持つ。

 複数セッションの同時管理も可能で、スナップビューモードに移行することにより、個々のセッションの状況をリアルタイムで把握し、指定したセッションに素早くアクセスできるのが使いやすい。


TeamViewer Touch

photo TeamViewer Touch(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 こちらもリモートデスクトップ接続と画面共有が行えるWindowsストアアプリだ。サーバソフトをほかのWindows PCへ別途インストールし、クライアントである本アプリをインストールした機器からアクセスすることで、そのデスクトップ画面を表示・操作できる

 オフィスのネットワーク環境では外部からのアクセス制限がある場合がほとんどである点には注意が必要だが、NAT越えやポート空けといったやや難しい設定なしに、比較的容易に外出先からでも自宅のWindowsマシンへアクセスできる。



 (続く)

 次回は“タブレット利用で便利”な定番Windowsストアアプリを紹介する予定です。


「鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」」バックナンバー

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう