連載
» 2013年04月30日 14時00分 公開

改めて探す「定番Windows ストアアプリ」──暇つぶしゲーム&デスクトップツール編鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」(2/2 ページ)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

Windows 8/RTで楽しむ定番のゲームアプリ

 Windows 8/RTを新規導入して驚いたユーザーは多いかもしれないが……実は同OSには標準ゲーム類が入っていない。

 ソリティアなど、暇つぶしに遊べるミニゲームが入っているのはWindows 3.0あたりからのお約束だったのだが、(仕事効率がいい反面)ちょっと寂しい思いをしている人はいるかもしれない。

 というわけで、定番中の定番ともいえるWindowsストア対応ミニゲームアプリを探してみよう。

Microsoft Solitaire Collection

photo Microsoft Solitaire Collection(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 WindowsのOS標準のゲームといえばこれでしょう、という定番ゲーム「ソリティア」。Windows 8/RTには標準ではインストールされ内用になってしまったのだが、Microsoft提供のWindowsストアアプリとして無料で入手できるようになっている。

 「Solitaire Collection」というタイトル通り、「Klondike」「FreeCell」「Spider」「TriPeaks」「Pyramid」、計5つのタイトルを同梱している。最新版の特徴として、Xboxアカウントと接続することでスコアボードへの登録も可能だ。


Microsoft Minesweeper

photo Microsoft Minesweeper(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 同じくWindows OS標準ゲームのど定番「マインスイーパ」だ。こちらもMicrosoft提供の公式アプリである。

 内容はこれまでのクラシック版と同じだが、スクリーンサイズに合わせた横長の画面や新しいグラフィック、そしてXboxアカウントとの連携など、よりゲームっぽい雰囲気にリニューアルされている。


Cut The Rope

photo Cut The Rope(無料) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 こちらは、Windows 8発売前に何度も機能デモとして紹介されていたタッチ操作対応ゲームだ。

 タッチ操作でロープを切り、画面上のキャラクターにキャンディを食べさせるのが目的で、暇つぶしにとてもちょうどよい。もちろんタッチ非対応PCでもマウス操作で遊べる。


Fruit Ninja

photo Fruit Ninja(1.99USドル/160円) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 ストレス解消ゲームとして知られる「Fruit Ninja」のWindowsストアアプリだ。

 画面上を飛び回るフルーツをタッチ操作で次々と切り落とし、スコアを痛快に稼いでいく内容。こちらもCut The RopeとともにWindows 8のデモストレーションで使用されていたタイトルだ。Windows 8定番ゲームの1つと言える。


Angry Birds Star Wars

photo Angry Birds Star Wars(4.99USドル/400円) サポートプロセッサ:x86、x64、ARM

 「Angry Birds Star Wars」スマホ/タブレットで大人気の“Angry Birds”がルーカスフィルムとコラボレーションしたかなりスペシャルな内容である。

 キャラクターや設定がスターウォーズ仕様になっており、ゲーム中のデモや音楽も同作品のストーリーに沿ったものになっている。



「鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」」バックナンバー

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう