レビュー
» 2010年04月13日 11時11分 UPDATE

フルHDにデュアルディスプレイ:“圧倒的な破壊力”を備えたハイエンドノートPC「FMV-BIBLO NW/G90T」を満喫する (1/3)

富士通のコンシューマー向けノートPCで最高峰に位置する「FMV-BIBLO NW/G90T」。AVもゲームも仕事もOKな万能ぶりをさまざまな角度からチェックした。

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

ゴージャスにスケールアップしたワイドボディ

ht_1004nw01.jpg FMV-BIBLOシリーズの最上位モデル「FMV-BIBLO NW/G90T」

 「FMV-BIBLO NW」は、富士通のコンシューマー向けノートPC「FMV-BIBLO」シリーズの頂点に立つAV機能重視のハイエンドモデルだ。2010年1月の春モデルでフルモデルチェンジを果たし、液晶ディスプレイを大型化してフルHD表示に対応するなど、外観も中身もゴージャスに生まれ変わった。特に最上位モデルの「FMV-BIBLO NW/G90T」は、豪華な装備で注目度が高い。今回はそのパフォーマンスや使用感をレビューしよう。

 まず目を引くのは、ゴージャスという形容がピッタリとハマる大型のボディだ。液晶ディスプレイを前モデルの16型ワイドから18.4型ワイドへ拡大したことにともない、ボディも大型化した。具体的なサイズは452(幅)×315(奥行き)×43.3〜51.5(厚さ)ミリで、重量は約4.5キロと、従来モデルの385(幅)×276.5(奥行き)×36.9〜49.4(厚さ)ミリ/約3.4キロから大幅にスケールアップしている。

ht_1004nw02.jpg キーボードの上部にツイーターを備える

 さらに、この大型ボディを利用した新たな付加価値として、キーボード奥に高音域の出力を受け持つツイーターを備えた大型スピーカー、ボディ底面には低音域を担うサブウーファーを内蔵し、3ウェイ5スピーカーシステムをノートPCで実現している。この5スピーカーシステムが奏でるサウンドはやはり一般のノートPCとは別次元の奥行き感があるうえにクリアで、映画や音楽を観賞する楽しみを倍増してくれる。

 キーボードの左右奥に大胆な傾斜を付け、ツイーター付きのスピーカーをフィーチャーしたデザインのインパクトも強烈だ。大型の液晶ディスプレイ、テンキー付きのフルサイズキーボード、広大なメタリックブルーのパームレストととともに、フラッグシップを名乗るにふさわしい雰囲気を演出している。


フルHD表示の18.4型メイン液晶+4型のサブ液晶ディスプレイも装備

ht_1004nw03.jpg 18.4型ワイドのフルHD液晶ディスプレイを搭載する。明るさは12段階の変更が可能だ

 前述した通り、液晶ディスプレイは従来の16型ワイドから18.4型ワイドへ大型化し、新たにLEDバックライトを採用した。画面解像度も1366×768ドットからフルHDの1920×1080ドットになり、迫力がグッと増している。

 Blu-ray Discの映画タイトルなどフルHDで収録されているコンテンツを本来の画質で視聴できるほか、1024×768ドットの2.6倍以上という広大な表示面積はWebページなら横に2つ並べて無理なく閲覧可能だし、ワープロやPDFならA4見開きも実寸表示より小さいが、文字が読める程度に表示できる。クリエイティブ系アプリケーションのパレットなどを置くのにも都合がよい。

 表示品質も良好で、光沢仕上げされたパネルは明るく鮮やかな発色だ。低反射処理により、照明などの映り込みも比較的抑えられている。上下の視野角は狭いが、左右の視野角はノートPCの液晶としては広めで見やすい。

 キーボードの奥には、先代モデルから引き継ぐ「タッチスクエア」と呼ぶ4型ワイドのタッチセンサー付きサブ液晶ディスプレイも搭載している。こちらの画面解像度は480×272ドットのままで、Windows上からはメイン画面の下に置かれたセカンダリのディスプレイとして認識されているのも同様だ。

 デフォルトの「ホームモード」ではショートカットアイコンが並べて表示されており、アイコンに触れるとアプリケーションが起動する。並べるアイコンはカスタマイズ可能で、最大15個まで登録できる。このほか、写真のスライドショーを表示する「フォトビューワモード」、地上デジタル放送を表示する「コンパクトテレビモード」、音楽再生用の操作パネルを表示する「ミュージックモード」、電子辞書をサブ画面内で使える「電子辞書モード」などが用意され、「Menu」ボタンで切り替えられる。また、DVDやBlu-ray Discなどのメディア再生時には自動的に各モードの操作パネルに切り替わる。

 基本的な機能は前モデルとほぼ同じだが、サブ液晶ディスプレイの左右にホームモードに戻るボタンや音量調整ボタンをタッチセンサーボタンとして独立させたことで、使い勝手がグッとよくなった。いつでもすぐにホームモードに戻れるようになったほか、操作パネル画面に音量調整ボタンを表示させる必要がなくなり、画面がスッキリして操作がしやすい。

 ただし、メイン液晶が低反射処理されているのに対し、このサブ液晶は表面に光沢仕上げのクリアパネルがあるため照明などが強く映り込み、指紋なども目立つ点は少し気になった。

ht_1004nw04.jpg キーボード奥に搭載するサブ液晶「タッチスクエア」は、Windows上からはメイン画面の下に置かれたセカンダリのディスプレイとして認識されている
ht_1004nw05.jpg タッチスクエアは4型のタッチパネル液晶で、両脇に音量調節ボタンやホームボタンのタッチセンサーが並んでいる
ht_1004nw06.jpg それぞれの専用モードが用意され、タッチスクエアに表示される内容も変化する

ht_1004nw07.jpg テレビ機能はWindows Media Centerを利用する。コンパクトテレビモードではタッチスクエアで地デジ放送が見られ、メイン画面で別の作業をしながらの視聴に最適だ
ht_1004nw08.jpg サブ画面で電子辞書が利用できる「電子辞書モード」も便利だ。広辞苑第六版や現代用語の基礎知識2009年版、学研パーソナル統合辞典(4種)など種類も豊富だ
ht_1004nw09.jpg メイン画面で意味を調べたいテキストを選択して「Ctrl+C」を2回(右クリックメニューからのコピー操作2回でもOK)押すと、単語が自動的に検索される

関連キーワード

FMV | BIBLO | LOOX | Windows 7 | Windows | ノートPC | ディスプレイ | 富士通 | キーボード | テスト | ベンチマーク | フルHD | サブディスプレイ | 辞書 | 写真 | スピーカー | テンキー | Blu-ray | デザイン | 地上デジタル放送 | モデルチェンジ | Core iシリーズ | CPU | 電子辞書 | GPU | GPUコンピューティング | ハードディスク | ハイエンド | 次世代 | タッチパッド | 32ビット | 64ビット | Core i5 | CUDA | 指紋認証 | IEEE | OS | タッチ操作 | Windows Media Center | 3D | 3Dゲーム | AVノートPC | バッテリー | Blu-rayドライブ | Blu-ray内蔵 | デザインリニューアル | エンコード | eSATA | ExpressCard | ファイナルファンタジー | GeForce | HDMI | Intel Hyper-Threading Technology | Intel Turbo Boost | レーザーマウス | LED | マウス | 多機能 | NVIDIA | 視野角 | リモコン | リニューアル | Synaptics | USB 3.0 | ユーティリティ | WEB MART | 無線LAN | 付加価値 | B-CASカード | バイオハザード5 | カスタマイズ | 直販限定モデル | エンコーダー | フラッグシップ | ギガビットイーサネット | 現代用語の基礎知識 | GPGPU | ヘッドフォン | LEDバックライト | マニア | メモリカード | メモリースティック | マイク | 動画編集 | マルチディスプレイ | マルチタッチ | Office | オフィススイート | SDHC | SDXC | ストリートファイター | タッチパネル | ウーファー


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう