格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる | SIM LABO バックナンバー

SIM 記事 バックナンバー

news073.jpg

IIJ(インターネットイニシアティブ)のコンシューマー向けMVNOサービス「IIJmio」が、新しい料金プランの発表を予告している。「新たなIIJmioが始まる」としていることから、従来のプランから大きく変わる可能性もありそうだ。

(2021年02月04日)
news109.jpg

日本通信とNTTドコモとの「音声通話卸役務」の料金に関する交渉が、総務大臣裁定の期限から約1カ月遅れで合意に至った。値下げされた料金設定を生かした音声通話サービスの充実が期待される。

(2021年02月02日)
news076.jpg

LINEモバイルが、MVNOサービス「LINEモバイル」のオンラインでの新規申し込みを2021年3月31日11時に終了する。店舗では3月1日から順次終了する。サービスは継続するが、ドコモ回線とau回線への変更はできなくなる。

(2021年01月29日)
news069.jpg
MVNOに聞く:

NTTドコモがahamoを発表した翌日に、対抗策の「合理的20GBプラン」を打ち出した日本通信。現時点でのデータ容量は16GBだが、ahamoの導入に合わせて20GBに増量する予定だ。大手3キャリアが大幅な値下げに踏み切る中、日本通信がいち早く対抗策を打ち出せたのはなぜか。

(2021年01月29日)
news067.jpg

KDDIが、電気通信事業法第27条の3などに基づく「特定関係法人」としてジュピターテレコム(J:COM)の子会社と京セラコミュニケーションシステム(KCCS)を届け出ていなかったとして行政指導を受けた。KDDIの法令解釈ミスが原因ではあるが、総務省はより早くツッコめなかったのだろうか……?

(2021年01月29日)
news056.jpg

J:COM MOBILEの新料金プランは、5GBで1480円、10GBで1980円、20GBで2480円の4タイプ。新プラン導入の背景には、9割のユーザーが20GB以下のデータ通信を利用しているトレンドがある。採算が取れるギリギリでプランを設定したという。

(2021年01月29日)
news158.jpg

総務省が、MNPの円滑化に向けたタスクフォースの第4回会合を開催した。会合では、eSIMカードに関して構成員(有識者)に説明するヒアリングが行われた他、同省による論点の整理案が示された。この記事では、同省が提示した論点整理案を中心に解説する。

(2021年01月28日)
news083.jpg

ジュピターテレコムが、MVNOサービス「J:COM MOBILE」向けの新料金プランを2月18日から提供する。1GBプランは月額980円で据え置きだが、5GBプランは月額2980円から1480円に、10GBプランは月額3980円から1980円に、20GBプランは月額4980円から2480円に値下げする。対応スマホとして、au認定の中古iPhoneや、Galaxy A21の販売も開始する。

(2021年01月28日)
news161.jpg

オプテージが「mineo」の料金プランを刷新し、2月1日から「マイピタ」を提供する。小容量と中容量を中心に磨きをかけ、20GBコースも月額1980円に値下げ。音声卸料金の低廉化を見込んでいるため、収支への影響もないという。

(2021年01月27日)
news101.jpg

オプテージが、MVNOサービス「mineo」で新料金プラン「マイピタ」を2月1日から提供する。1GB、5GB、10GB、20GBの4種類のみとし、Aプラン、Dプラン、Sプラン全て同額にする。音声SIMは月額1180円/1GB〜月額1980円/20GBまで。

(2021年01月27日)
news053.jpg

見守り機能を備えた子ども向けのケータイやスマホは、SIMロックフリースマホやMVNOではまだ珍しい。そんな中、「iFace」などのスマートフォン向けケースでおなじみのHameeが、小学生をターゲットにしたスマートフォンを開発。OSにAndroid 9 Go Editionを採用していたり、組み込み型のチップSIMを採用していたりと、技術的にもチャレンジングな取り組みが多い。

(2021年01月26日)
news024.jpg
石野純也のMobile Eye:

大手3キャリアの料金値下げは、MVNOの経営に大きな打撃を与える可能性がある。20GB前後の中容量ではahamoやpovo、SoftBank on LINEより料金水準が高くなっている上に、MVNOが得意とする小容量プランも、UQ mobileやY!mobileの値下げにより、価格優位性がなくなりつつある。これに対し、MVNO側は速やかな解決策を求めている。

(2021年01月23日)
news155.jpg

総務大臣(総務省)が、電気通信事業法第27条の3に基づく「特定関係法人」として、NTTドコモの関連会社1社とKDDIの関連会社12社を追加する告示案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問した。本件に関連して、総務省はKDDIに対して特定関係法人に該当すべき12社を届け出なかったことに対する行政指導を行った。

(2021年01月22日)
news136.jpg

1月22日の定例会見で、武田総務大臣がMVNOの接続料の低廉化について言及した。18日にMVNO委員会が、総務省に要望書を提出していた。武田氏は、接続料の低廉化はスピード感をもって進めていきたいとした。

(2021年01月22日)
news120.jpg

ゲオは、1月22日から「OCN モバイル ONE」音声SIMとの同時購入で中古端末が特別価格になるキャンペーンを実施。iPhone 7(128GB)が1円、iPhone 8(64GB)が2200円(税込み)になる。

(2021年01月22日)
news158.jpg

テレコムサービス協会のMVNO委員会が、総務省で行われた研究会の会合に合わせて「要望書」を提出した。昨今の競争環境の変化に合わせて、MNOとMVNOとのイコールフッティングを求めている。

(2021年01月20日)
news090.jpg

Y.U-mobileは、MVNOサービス「y.u mobile」の月額基本料の値下げとシングルプランの増量を実施。シェアプラン(20GB)は3980円(税別、以下同)、シングルプランは1490円へ値下げし、シングルプランのデータ容量を5GBへ増量する。

(2021年01月19日)
news008.jpg
荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:

3万円台で買えるミドルクラススマホ「OPPO A73」「AQUOS sense4」「moto g PRO」のカメラ性能を徹底比較してみた。すると面白い結果が。

(2021年01月19日)
news119.jpg

ソニーネットワークコミュニケーションズが1月18日、「nuroモバイル」のソフトバンク回線で「データ無制限プラン(S)」の提供を開始した。月間のデータ容量に制限は設けていないが、直近に3日間の累計データ通信量が10GBを超えると、通信速度を制限する場合がある。モバイルWi-Fiルーター「+F FS030W」をセットで契約すると、24カ月間、月額2855円で利用できる。

(2021年01月18日)
news082.jpg

イオンモバイルは、25歳以下のユーザーが通常の料金プランより1GB増量で3年間利用できる「3年学割」を提供開始。申込受付は1月15日〜5月31日。

(2021年01月14日)
news172.jpg

KDDIと沖縄セルラー電話が、新たな料金ブランド「povo(ポヴォ)」を発表した。まだ決定していないことを含めて、現時点で分かっていることを簡単にまとめた。

(2021年01月13日)
news103.jpg

プレシャスログは、クラウドSIMを採用したWi-Fiサービス「ぷらすWiFi」の先行申込受付を開始。最低契約期間や解約金がなく使う分だけデータ容量をチャージし、最短で即日発送する。

(2021年01月12日)
news038.jpg

6月30日付で日本通信とNTTドコモに行われた総務大臣裁定について、両社による「音声通話卸役務」の料金協議が裁定に定めた期日までに終わらなかった。年明けに、何らかの動きがあるかもしれない。

(2020年12月30日)
news088.jpg

2019年12月17日から2020年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」。2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。今回は審査員の配点とコメントを紹介。栄冠を手にしたモデルは?

(2020年12月28日)
news141.jpg

NTT持株が、NTTドコモの完全子会社化に伴うグループ再編の詳細を公表した。テップ1として、2021年夏頃をめどに、NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアをドコモの子会社とする。ステップ2として、2022年春〜夏頃をめどに、ドコモとNTTコムらが担う役割を整理する。

(2020年12月25日)
news072.jpg
MVNOに聞く:

オプテージの運営するmineoが5Gのサービスを開始した。しかも、ドコモ、au、ソフトバンクの3回線がまとめて5Gのサービスに対応する。MVNOはMNOとの接続点にボトルネックがあり、5Gの実力を発揮しづらい状況は変わっていない。なぜ、mineoは思い切って3キャリア対応の5Gサービスを開始したのか。

(2020年12月25日)
news105.jpg

ファーウェイ・ジャパンは、12月24日にSIMフリースマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」のソフトウェアアップデートを実施。独自OS「EMUI11」へのアップデートを行う。

(2020年12月24日)
news156.jpg

ソフトバンクとY!mobileはプラン内容を改定し、Y!mobileは5Gにも対応させる。LINEモバイルは新ブランドの「SoftBank on LINE(仮称)」に変更し、LINEモバイルの新規受付は終了する見通し。3ブランドの変更内容を改めて整理したい。

(2020年12月22日)
news148.jpg

ソフトバンクは、既存の料金体系を見直すのと同時に、LINEを生かしたオンライン専用の新ブランドを追加する。新ブランドのコンセプトは「SoftBank on LINE」。「オンライン」と「LINEで」を意味する「on LINE」のダブルミーニングの通り、契約やサポートはLINE上で提供する。新料金を一挙に発表した狙いを榛葉淳副社長に聞いた。

(2020年12月22日)
news105.jpg

シャープは、SIMロックフリー「AQUOS」向けに「モバイル補償パック」を提供開始。故障や水没などの各種トラブル発生時には同機種と交換し、加入期間中の自然故障はメーカー保証期間(1年間)を超えても無償修理する。

(2020年12月22日)
news092.jpg

ソフトバンクは、「SoftBank on LINE」の提供に合わせて「LINEモバイル」の新規受付を停止する。具体的な停止時期は未定だが、今後、LINEを軸にした通信サービスは「SoftBank on LINE」に一本化していく。

(2020年12月22日)
news077.jpg

ソフトバンクが12月22日、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を立ち上げた。月額2980円(税別、以下同)で20GBのデータ通信を利用でき、LINEアプリがデータ容量を消費せずに使い放題となる。

(2020年12月22日)
news130.jpg

リンクスインターナショナルは、スライド式の物理キーボードを搭載したAndroidスマホ「F(x)tec Pro1 X」のクラウドファンディングをMakuakeで実施。通常価格から3000円〜9000円オフのリターンを用意している。

(2020年12月17日)
news112.jpg

LINEモバイルは、ソフトバンクへ回線変更するとLINEポイント3300ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施。「iPhone SE(第2世代)」64GB/128GBモデルの1万円引きセールや、新たに「AQUOS sense4」の販売も開始する。

(2020年12月16日)
news039.jpg
MVNOに聞く:

MVNOの老舗といえるIIJが、法人向けのIIJモバイルに5Gのサービスを加えた。au回線を使う「タイプK」のみだが、料金も変わらず、5Gを利用できるようになる。11月2日には、SA(スタンドアロン)方式の5Gに対応したeSIMを開発。試験用の基地局やコアネットワークでの動作を確認している。

(2020年12月16日)
news114.jpg

テレコムスクエアは、12月14日にeSIMサービス「Wi-Ho!eSIM」を提供開始。初期費用や月額料金は不要で、用途に合わせて「ヨーロッパパス」「グローバルパス」や日本専用プランを選べる。

(2020年12月15日)
news073.jpg

シャープは、12月25日から「AQUOS sense4 plus」を順次発売。スマートフォンAQUOSとして過去最大の約6.7型フルHD+ディスプレイを搭載している。価格(税別)は4万円台後半。

(2020年12月15日)
news096.jpg

フリービットが、MVNO事業者を対象にIP電話番号を利用できる音声通話サービスを提供することが決まった。通信回線が混雑してもIP電話の安定を確保する独自の制御技術の導入予定している。

(2020年12月14日)
news091.jpg

総務省が12月8日、第2回の「スイッチング円滑化タスクフォース」を開催した。第2回では、eSIMの促進について、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルに対してヒアリングを行った。eSIMを提供する上での課題として「セキュリティ上の懸念」「ユーザーの利便性を損なう恐れ」が挙がっている。

(2020年12月11日)
news075.jpg

en serviceは、Wi-Fiルーターレンタルサービス「ぴたっとWi-Fi」で月間100GBの新プランを提供開始。利用料金は通常3300円(税別)のところ、2021年1月31日までに申し込むと契約中は2900円(税別)で利用できる。

(2020年12月11日)
news101.jpg

KDDIは、UQ mobile向けとして12月11日に「Galaxy A21」を2万2000円(税込み)で発売。12月12日には「Xperia 8 Lite」を3万5640円(税込み)で発売する。

(2020年12月10日)
news082.jpg

Xiaomiが12月9日、2021年の日本市場における展望を発表した。2021年も5Gスマートフォンを投入し、機能や価格面でも、バラエティに富んだラインアップを予定している。日本市場のニーズも取り込み、FeliCa搭載のスマートフォンの発売を予定しているという。

(2020年12月09日)
news148.jpg

武田良太総務大臣が、12月8日の記者会見で、携帯料金値下げやMVNOを取り巻く動きについて言及した。ドコモのahamoとY!mobile、UQ mobileの違いは「手間と手数料」とコメント。MVNOの接続料低廉化については「しっかりサポートしていきたい」とした。

(2020年12月08日)
news088.jpg

楽天モバイルは、4G/eSIM対応のオリジナルスマホ「Rakuten Hand」を発売。約5.1型の有機ELディスプレイを搭載しつつ重量は約129gと片手でも操作しやすいモデルで、モバイルFeliCaも利用できる。

(2020年12月08日)
news054.jpg

世界各国のIoTガジェットや、自社ブランドのスマート家電など、ネットにつながる家電製品を取り扱う+Styleが、SIMロックフリースマートフォンのコーナーを新設した。ラインアップも大幅に拡充し、TCLの5Gスマートフォン「TCL 10 5G」を独占的に先行販売。同社の主力はIoTガジェットやスマート家電だが、なぜSIMロックフリースマホの販売を強化するのか。

(2020年12月08日)
news111.jpg

日本通信が、NTTドコモが2021年3月に開始する新プラン「ahamo(アハモ)」に対抗する。月間16GBのデータ量と70分の通話料金込みで1980円(税別)の「SSDプラン」を新設し、ahamoのサービスインに合わせて月間データ量を20GBに自動増量するという。

(2020年12月04日)
news064.jpg
石川温のスマホ業界新聞:

日本経済新聞に掲載されたKDDIの高橋誠社長のインタビュー記事に対して、武田良太総務大臣が怒りをあらわにした。UQ mobileの新料金プランを評価していたにもかかわらず、メインブランドの値下げを要求し始めたのだ。これで割を食うのは、楽天モバイルとMVNO各社だろう。

(2020年12月04日)
news148.jpg

NTTドコモが“新プラン”として打ち出した「ahamo(アハモ)」。従来のドコモのプランと異なる注意点がいくつかあるので、簡単にまとめる。

(2020年12月03日)
news098.jpg

oricon MEは、格安SIM/スマホ満足度調査の結果を発表。格安SIMの総合1位はBIGLOBEモバイル、格安スマホの総合1位はイオンモバイルとなった。

(2020年12月02日)
news100.jpg

ビッグローブが、BIGLOBEモバイルの「音声通話スタートプラン」を「1ギガプラン」にリニューアルする。データ量の繰り越しに対応しなくなる代わりに、月額料金をより抑えたことが特徴だ。

(2020年12月01日)
news079.jpg

IIJは、ビックカメラグループとヨドバシカメラの店頭で1GB/月額480円(税別)から利用できる従量制プランを販売開始。専用カウンターで新規契約が可能となり、その場で発行したSIMカードを持ち帰ることができる。

(2020年12月01日)
news072.jpg

武田総務大臣が、12月1日の記者会見で携帯料金の値下げや、それに伴うMVNOへの影響について言及した。メインブランドからサブブランドへ乗り換える際、旧プランだと解約金は発生することから「国民を欺いている」と一蹴。MVNOへの影響については「一番の恩恵を受けるのはMVNOの皆さん」とした。

(2020年12月01日)
news066.jpg

MVNOサービス「Y.U-mobile」は、初めて利用するユーザーを対象としたキャッシュバックキャンペーンを開催。シングルプラン/音声通話SIMの1年間の月額基本料に相当する2万2500円(不課税)をキャッシュバックする。

(2020年12月01日)
news099.jpg

NTTレゾナントは、Amazon サイバーマンデーに合わせて「goo Simseller」で取り扱うスマートフォンを最大64%オフで販売。「moto g PRO」や「OPPO Reno3 A」なども対象となり、期間は12月1日23時59分まで。

(2020年11月30日)
news093.jpg
3キャリア対応:

オプテージが提供するMVNOサービス「mineo(マイネオ)」において、個人ユーザー向けに5G通信オプションの提供が始まる。通常の月額料金に200円をプラスするオプションサービスとして提供され、一部の例外を除き、既存ユーザーはSIMカードを交換せずに利用できる。

(2020年11月30日)
news154.jpg

UQ mobileを販売しているゲオストアが、MNPでUQ mobileに申し込むと、格安で中古iPhoneを販売する施策を実施している。iPhone 8(中古)は1円、iPhone XR(中古)は550円(×36回)とする。オンライン限定の施策となる。

(2020年11月27日)
news128.jpg

総務省が第1回「スイッチング円滑化タスクフォース」を11月26日に開催した。主な検討事項は、eSIMの促進、SIMロック解除の一層の推進、キャリアメールの持ち運びに向けた検討、MNP手続きのさらなる円滑化に向けた検討など。eSIMの提供は、セキュリティ上の懸念があるとキャリアから意見が挙がっている。

(2020年11月27日)
news072.jpg

ドリーム・トレイン・インターネットが、MVNOサービス「トーンモバイル」で提供しているスマートフォン「TONE e20」を無料で配布する。期間は2020年11月27日から2021年1月31日まで。TONE e20は、カメラで撮影した不適切画像の保存を防ぐ機能を搭載している。

(2020年11月27日)
news102.jpg

LINEモバイルは、11月25日に「Aグレード(美品)」の中古iPhone 8/iPhone Xを販売開始。一括価格はiPhone 8(64GB)が2万9800円(税別)、iPhone X(64GB)が5万2800円(税別)から。

(2020年11月25日)
news067.jpg

KDDIが、UQ mobile向けに「Galaxy A21」と「Xperia 8 Lite」を12月中旬以降に発売する。Galaxy A21は、エントリーモデルながらおサイフケータイやIP68の防水・防塵(じん)にも対応する。Xperia 8 Liteは、アスペクト比が21:9の縦長ディスプレイが特徴。

(2020年11月24日)
news129.jpg

ジーエーピーは、クラウドSIMを利用したモバイルWi-Fiルーターサービス「20ギガ使い放題WiFi」を販売開始。初月月額料は無料で、2年経過後に月単位の更新となり端末本体は返却不要。

(2020年11月20日)
news119.jpg

NTTレゾナントは、11月27日にECサイト「goo Simseller」で「AQUOS sense4」を販売開始。本店では12月23日までセール価格で販売し、MNPやオプション加入の条件を満たすと1万2000円(税別)で購入できる。

(2020年11月20日)
news098.jpg

武田良太総務大臣が、11月20日の会見で携帯料金値下げについて言及した。ソフトバンクとKDDIがサブブランドで新プランを発表したが、メインブランドで値下げをしないことを問題視。「形だけが割安なプランはまったく意味がない」と批判した。

(2020年11月20日)
news074.jpg

シャープは、SIMロックフリースマートフォン「AQUOS sense4(SH-M15)」を11月27日に発売する。SIMロックフリーならではの特徴として、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応している。実売想定価格は税別で3万円台後半。

(2020年11月19日)
news146.jpg

ビッグローブが「BIGLOBEモバイル」にNECの仮想化基盤を採用。専用ハードウェアを使わず、汎用サーバ上にソフトウェアを構築するため、障害発生時にリモートで対応できる。工期の短縮やコスト抑制も可能になり、5G時代に向けたサービスを迅速に提供していく。

(2020年11月18日)
news090.jpg

NTTレゾナントが、goo Simsellerが販売する端末と「OCN モバイル ONE」のトライアルキャンペーンを実施する。申し込みに事務手数料と1カ月分の月額基本料金のキャッシュバックと、端末の30日間返品保証を組み合わせることで実質30日間サービスを試せる格好だ。

(2020年11月18日)
news157.jpg

「J:COM TV」向けに、Netflixと提携した新プラン「J:COM TV フレックス」が登場。料金は月額5160円(税別)。J:COMの専門チャンネル(27チャンネル)とNetflixのベーシックパック(月額800円)をセットにしたプラン。ネット動画と親和性の高い40代以下やファミリー層を中心に訴求していく。

(2020年11月17日)
news132.jpg

ジュピターテレコムが、J:COM MOBILEで60分かけ放題のサービスを提供する。同社によると、99%のユーザーが60分以内の通話で済んでいるという。刷新した料金プランは、月額980円の1GBプランが特に好調だという。

(2020年11月17日)
news096.jpg

LINEモバイルは、データ容量512MBを最大12カ月間プレゼントする「データSIM限定約2倍増量キャンペーン」開催。対象はデータSIM(SMS付き)/500MBの「ベーシックプラン」を新規またはプラン変更で契約し、課金開始日を迎えたユーザー。

(2020年11月13日)
news085.jpg

MMD研究所は、11月13日に「2020年11月MVNOの満足度調査」の結果を発表した。7ブランドのうち総合満足度1位は「イオンモバイル」、NPS1位は「mineo」となった。

(2020年11月13日)
news129.jpg

ファイナルブルーは、11月12日にクラウドWi-Fiサービス「Hey!WiFi」を提供開始。データ通信容量が50GBで月額2780円(税別)の「コスパプラン50」をはじめ、選べる4プランを用意している。

(2020年11月12日)
news091.jpg

MMD研究所は、11月11日に「2020年11月キャリアサブブランドの満足度調査」の結果を発表した。利用する際の最重視点は「月額料金の安さ」「料金プランの分かりやすさ」など。総合満足度は1000点満点で「UQ mobile」が714点、「Y!mobile」が684点となった。

(2020年11月11日)
news121.jpg

プラススタイルが、SIMロックフリースマートフォンを販売する「+Stye SIMフリースマホコーナー」をオープンした。ラインアップは「TCL 10 5G」「HUAWEI P40 Pro 5G」「ROG Phone 3」など7機種。LINEモバイルのエントリーパッケージも販売する。

(2020年11月10日)
news096.jpg

楽天モバイルは、楽天モバイル限定モデルの「AQUOS sense4 lite」を11月12日から発売。購入者の中から抽選で3000人「楽天ポイント」を2000ポイント還元する。また、11月下旬以降に「AQUOS sense4 plus」、12月1日に「OPPO A73」を発売する。

(2020年11月10日)
news076.jpg

オウガ・ジャパンが11月10日、OPPO製のSIMロックフリースマートフォン「OPPO A73」を11月20日から順次発売する。レザー超に仕上げた背面やスリムなボディーが特徴的で、カラーはネービーブルーとダイナミックオレンジの2色で展開する。

(2020年11月10日)
news063.jpg

FOXが11月10日、TCLの5Gスマートフォン「TCL 10 5G」の取り扱いを発表した。価格は3万9800円(税込み)。6.53型のフルHD+ディスプレイや4眼カメラを搭載する。

(2020年11月10日)
news134.jpg

IIJ(インターネットイニシアティブ)が11月9日、2020年度上半期の業績を説明した。モバイルサービスは法人向けが好調だが、個人向けは苦戦。Y!mobileとUQ mobileが発表した20GBプランの影響は少ないとみるが、楽天モバイルの影響はあるようだ。

(2020年11月09日)
news079.jpg

楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃した。これにより、契約に伴う各種手数料は原則として廃止されることになる。合わせて、eKYC(電子的方法による本人確認)による新規契約にも対応することになった。

(2020年11月04日)
news065.jpg
MVNOに聞く:

ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が料金プランを刷新した。J:COM MOBILEでは高年齢層のユーザーが集中していたが、若年層にも広げるのが狙いだ。iPhoneの取り扱いからオンライン強化、政府の値下げ要請の影響まで、石川雄三社長に幅広く聞いた。

(2020年11月02日)
news013.jpg

ASUS JAPANから3眼フリップ式カメラと最新ハイエンドCPUのクアルコム製Snapdragon 865 Plusを搭載した5G対応スマートフォン「ASUS ZenFone 7 Pro」、「ASUS ZenFone 7」が発売された。ZenFone 7 Proの実機を見つつ、実際の性能や使い勝手を紹介していく。

(2020年11月01日)
news018.jpg
石野純也のMobile Eye:

KDDIとソフトバンクがサブブランドの20GBプランを発表した。実は20GBプランへの対応の仕方は2社で異なる。サブブランドの役割や新料金プランの狙いをあらためて解説する。

(2020年10月31日)
news127.jpg

KDDIが、新たに設立するMVNOを通じてeSIMサービスを提供する。オンラインに特化した通信サービスを提供する子会社「KDDI Digital Life」を11月2日に設立する。手続きは完全オンライン型とし、ユーザーが料金プランをカスタマイズできる機能も用意するという。

(2020年10月30日)
news056.jpg

Y!mobileとUQ mobileが20GBの新料金プランを発表した。実際どれだけお得なのか。自社の既存プランに加え、3キャリアや主要MVNOも交えて比較してみた。20GBで十分という人にとっては非常に魅力的。MVNOのプランと比べても競争力がある。

(2020年10月30日)
news097.jpg

IIJは、10月30日からKDDI回線を利用した法人向けモバイルデータ通信サービス「IIJモバイルサービス/タイプK」へau 5Gに対応した新たな回線種別「5G」を追加。4G LTEと同価格で提供する。

(2020年10月29日)
news152.jpg

楽天モバイルがSIM単体の新規契約で最大1万2300円相当のポイントを還元するキャンペーンの対象端末に、iPhone 12とiPhone 12 Proが加わった。厳密には3つのキャンペーンを束ねたものなので、それぞれについて適用条件をしっかり確認しよう。

(2020年10月28日)
news143.jpg

LINEモバイルが10月28日、「iPhone SE(第2世代)」の取り扱いを開始した。価格(税別)は64GBが4万6800円、128GBが5万1800円。ソフトバンク回線でのみ購入できる。

(2020年10月28日)
news066.jpg
政府方針を受けた動きか:

KDDIと沖縄セルラー電話の「UQ mobile」ブランドのスマホプランに、月間20GBで3980円の新しいプランが追加される。菅義偉内閣が打ち出した「携帯電話料金の値下げ」を受けた動きであると思われる。

(2020年10月28日)
news087.jpg
SIMロックフリースマホメーカーに聞く:

ミドルレンジモデルの販売が上向いていることを好機と捉え、モトローラは日本での事業をさらに拡大しようとしている。その一環として、7月1日には松原丈太氏が社長に就任。松原氏は、ハイエンドモデルも含め、モトローラ端末のバリエーションを広げていきたいと語る。

(2020年10月26日)
news068.jpg

モトローラ・モビリティ・ジャパンが、スマートフォンの新モデル「moto g9 play」と「moto g PRO」を10月30日に発売する。moto g9 playは、6.5型の大きなディスプレイやトリプルカメラを搭載しながら2万円台の価格を実現。ビジネス向けのmoto g PROは、本体に収納できるスタイラスペンが付属する。

(2020年10月26日)
news101.jpg

iPhoneとしては初めて5Gに対応した「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」が発売された。LTE(4G)でサービスを提供するMVNOサービス(格安SIM)で通信できるのだろうか。各社が行った検証結果をまとめた。

(2020年10月23日)
news105.jpg

クラウドWi-Fiサービスを提供するグローカルネットは、データ容量の日次制限なし、端末代・基本料込みの新プラン「シンプルデイフリープラン」を提供開始。ギガ100(データ容量100GB/月)は3250円(税別)、ギガ30(データ容量30GB/月)は2480円(税別)。

(2020年10月23日)
news103.jpg

「iPhone 12」シリーズは5Gに対応したが、SIMの挙動が気になるところ。これまで使っていた4GのSIMは利用できるのだろうか。各社のSIMを実際に挿して通信できるか確認してみた。

(2020年10月23日)
news117.jpg

NTTレゾナントは、10月23日11時からASUSの5G対応スマホ「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を発売。11月4日まで特価販売を行い、各種割引の適用で5万8800円(税別)から購入できる。

(2020年10月21日)
news082.jpg

ASUS JAPANが、「ZenFone 7」と「ZenFone 7 Pro」を10月23日に発売する。180度回転するフリップカメラは広角、超広角に加えて望遠のカメラも搭載。新たに5Gにも対応する。

(2020年10月21日)
news108.jpg

Black Sharkは、5G対応ゲーミングスマホ「Black Shark」を10月20日に発売。取り扱いはGlimpse、Glimpseヤフー店、Glimpse楽天市場店、Glimpseアマゾン店で行う。価格は6万9800円(税込み)。

(2020年10月20日)
news080.jpg

サムスン電子は、11月4日にファッションブランド「Thom Browne」とのコラボレーション第2弾「Galaxy Z Fold2 Thom Browne Edition」を数量限定で発売する。価格は41万4700円(税込み)。

(2020年10月20日)
news120.jpg

ASUS JAPANが10月19日、新製品についてのティーザーサイトをオープンした。キービジュアルには「7」と3つの○が描かれており、「ZenFone 7」の発表が濃厚だ。10月21日14時からオンライン発表会を開催する。

(2020年10月19日)
news098.jpg

「IIJmioモバイルサービス」において、10月20日から64GBモデルの未使用品「iPhone SE(第2世代)」の販売が始まる。一括払いは4万4800円、24回払いは月1880円(税別)で、カラーはブラック/ホワイト/レッドの3つを用意する。

(2020年10月15日)
news036.jpg
MVNOに聞く:

DoRACOONは、クラウドSIM内蔵端末、回線、ソリューションがセットになったサービス。オフィスや店舗に必要な回線や、中小規模の会社の内線子機、テレワークや出張時のネット回線として利用できる。固定回線のバックアップや、内線子機としての利用を想定している。

(2020年10月13日)
news126.jpg

オッポジャパンが、10月8日から社名を「オウガ・ジャパン」に変更した。OPPOのブランド名に変更はない。2021年以降、より事業規模を拡大することから社名を変更したという。

(2020年10月09日)
news101.jpg

日本通信とFiNC、健康アプリサービスをセットにした月額1580円(税別)の「Wスマートプラン」提供開始。70分の音声通話、データ通信容量3GB、月額480円(税込)の「FiNC Plus」がセットになっている。

(2020年10月09日)
news028.jpg

ASUS JAPANから5G対応ゲーミングスマートフォンの新モデル「ROG Phone 3」が発売された。そこでROG Phone 3の各機能からゲーミングスマホの便利さ、購入時のチェックポイントを見ていこう。

(2020年10月09日)
news083.jpg
MVNOに聞く:

日本通信とHISの合弁会社、HIS Mobileが「格安かけ放題プラン」を提供。これは日本通信が投入した音声定額の「合理的かけほプラン」がベースになっている。HISで同プランを提供する勝算はどこにあるのか。日本通信の福田社長に聞いた。

(2020年10月07日)
news018.jpg
MVNOにも影響:

NTTドコモの顧客システム(通称「ALADIN」)にシステム障害が発生し、各種手続きが行えない状況が発生したが14時30分頃に回復した。

(2020年10月04日)
news149.jpg

Hameeは、18歳以下を対象とした「こどもスマホ保険」を販売開始。端末の故障や破損などに加え、SNSでのトラブル発生時に弁護士へ相談できる法律相談サービスがセットになっている。対象端末は格安SIM利用のスマホで、月額料金は470円。

(2020年10月01日)
news062.jpg

Googleが10月1日、Pixelシリーズの最新スマートフォン「Pixel 4a(5G)」と「Pixel 5」を発表。いずれも10月15日に日本で発売する。2機種ともカメラを搭載しており、超広角カメラやポートレートモードで夜景モードが利用可能になった。

(2020年10月01日)
news150.jpg

UQ mobileの割賦契約で、信用情報機関に誤った情報を登録していたことが判明した。原因はUQ側システムの不具合。与信判断に影響が出た可能性がある。影響があった可能性のあるユーザーには書面で案内を送付する。

(2020年09月28日)
news125.jpg

IIJmio、goo Simseller、mineo、nuroモバイルが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia 10 II」を10月1日に発売する。

(2020年09月25日)
news074.jpg

ASUS JAPANが、最新ゲーミングスマートフォン「ROG Phone 3」を9月26日に発売する。16GBメモリ搭載と12GBメモリ搭載の2種類を用意。Snapdragon 865+や6000mAhバッテリーを搭載し、5Gにも対応する。

(2020年09月23日)
news016.jpg

月額2980円で自社エリアのデータ通信が使い放題の楽天モバイル。そこに「スマホプランR」で対抗したのがUQ mobile。Y!mobileもその動きに追随した。そこで、3社の料金プランと取り扱い端末、iPhoneの対応状況などを比較してまとめた。

(2020年09月22日)
news122.jpg

NTTPCコミュニケーションズは、9月16日に1枚で複数キャリアを利用できる「マルチキャリアSIM」のトライアルサービスを開始。端末検証やサービス検証を行うトライアルパートナーを募集している。

(2020年09月18日)
news160.jpg

ジュピターテレコム(J:COM)が9月15日、MVNOサービス「J:COM MOBILE」のサービス強化を発表。月額料金は据え置きで、0.5GBのデータ容量を1GBに、3GBプランのデータ容量を5GBに増量する。セット端末の「iPhone SE(第2世代)」は、新規契約で10GBか20GBプランを選べば64GBモデルは実質0円となる。

(2020年09月15日)
news120.jpg

Black Sharkは、ゲーミングスマホ「Black Shark」の日本向けモデルを順次販売。第1弾として9月15日に「Black Shark 3(8GB+128GB)」モデルの予約販売を開始し、事前予約では先着で専用アクセサリーを提供する。

(2020年09月15日)
news113.jpg

ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」において、9月17日からiPhone SE(第2世代)の販売が始まる。価格は9月15日に行う新生「J:COM MOBILE」のオンライン発表会で告知される予定だ。

(2020年09月11日)
news100.jpg

BIGLOBEモバイルが9月18日、iPhone SE(第2世代)を発売する。オンラインショップでは、64GBモデルが1925円×24回、128GBモデルが2140円×24回で販売される。

(2020年09月11日)
news058.jpg
MVNOに聞く:

IIJが、モバイル通信サービス「IIJmio」で「従量制プラン」の提供を開始した。あらかじめ、3GBや6GBの容量を決めて契約する定額プランとは違い、毎月の料金が変動するのが特徴だ。モバイル業界全体を見ると、自社で設備を持つMNOは、大容量プランや無制限プランを相次いで導入している。そんな中でなぜ従量制プランの提供に踏み切ったのか。

(2020年09月11日)
news143.jpg

総務省が9月4日、2019年度に発生した通信サービスの障害について、検証結果を発表した。2019年度に発生した「重大な事故」は3件で、2003年以降では最小となった。新たな技術を用いたサービスや新規参入事業者に関連した障害が目立った。

(2020年09月08日)
news026.jpg

2020年の秋商戦では4〜7万円あたりで購入できる5G対応のミドル〜ミドルハイクラスのスマホが中心となりつつある。これは総務省の販売規制の影響だが、各社はどのようなラインアップで商戦に臨もうとしているのか解説する。

(2020年09月08日)
news082.jpg

Nubia Technologyは、9月3日にゲーミングスマホ「RedMagic 5S」を発売。リフレッシュレート144Hzの6.65型アクティブマトリクス式有機ELパネルを搭載し、外付け冷却アタッチメント「Ice Dock」などで本体表面温度-7.3度の冷却効果を観測したという。

(2020年09月04日)
news085.jpg
クレカ払い時のみ利用可:

楽天モバイルがキャリア決済サービスを開始した。ただし、クレジットカードで利用代金を支払っているユーザーが対象となる。

(2020年09月01日)
news116.jpg
元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:

携帯電話の契約(購入)で手続き上のミスがあった――その場合、原則として買った店舗に行かないとミスの訂正を行えない。筆者が遭遇した実例を見つつ、その理由を解説していく。

(2020年08月31日)
news017.jpg
携帯料金 A to Z:

2020年夏のSIMロックフリースマートフォンは、多くの端末が税込み2万〜4万円台に収まる。中でも中国メーカーの端末が多くを占める。販路の広さでは、「OPPO Reno3 A」や、「HUAWEI nova lite 3+」、モトローラ「moto g8/g8 Power」あたりが目立つ。

(2020年08月30日)
news004.jpg

スマホマニア注目のゲーミングスマホ「RedMagic 5」が発売に。冷却ファンやLRトリガーを内蔵するなど、ゲーム向けに特化した機能を持つ本機をテストしてみた。

(2020年08月30日)
news138.jpg

イオンモバイルは、9月1日から12GB以上の料金プランの月額利用料を最大2000円値下げする。また、新たに「音声/シェア音声/データ14GBプラン」の3プランを新設する。

(2020年08月27日)
news122.jpg
ドコモ回線での稼働を確認:

京セラが、米国で販売中のタフネススマホ「DuraForce PRO 2」を日本でも発売することになった。SIMロックフリーで、国内ではNTTドコモ回線での動作を確認しているという。

(2020年08月27日)
news073.jpg

MVNOサービス「IIJmio」「mineo」「nuroモバイル」がSIMロックフリースマートフォン「Xperia 8 Lite」を9月1日に発売する。価格は3万円前後だが、各種キャンペーンも実施。nuroモバイルでは「プレミアム帯域オプション」も利用できる。

(2020年08月27日)
news136.jpg

ASUSがフラグシップスマートフォンの新モデルを発表。5Gに対応し、アウトカメラにもインカメラにもなる独自の「フリップカメラ」も強化した。日本での発売は未定だ。

(2020年08月26日)
news131.jpg

テレコムスクエアは、8月26日に通信容量無制限のSIMカードがセットになった中古モバイルWi-Fiルーター「GlocalMe G3」をAmazonで販売開始。価格は7029円(税込み)からで、購入日から1カ月以内に初期不良があった場合は交換を保証する。

(2020年08月26日)
news092.jpg

LINEモバイルは「ベーシックプラン(音声通話SIM・3GB)」と「LINEデータフリー」の申し込みで利用料金が3カ月間月額500円(税別)になるキャンペーンを開催。「LINEスタンプ プレミアム」での実質2カ月無料や格安スマホSALEも開催する。

(2020年08月26日)
news053.jpg

ソニーモバイルのミッドレンジスマホ「Xperia 8」のSIMロックフリー版となる「Xperia 8 Lite」が登場。一部のMVNOが取り扱い、9月1日以降に発売する。スペックはキャリアモデルとほぼ変わらず、防水やおサイフケータイにも対応している。

(2020年08月26日)
news106.jpg

ニフティは、9月1日からMVNOサービス「NifMo」でデータ通信量30GB/50GBプランを提供開始。データ通信容量を追加する「データおかわり」は0.5GB/350円(税別、以下同)、1.0GB/500円に料金体系を刷新する。

(2020年08月25日)
news120.jpg

10月31日をもって、容量無制限プランの提供を終了するグッド・ラックの「どんなときもWiFi」。同社は、既存契約者に対して5つの代替プランを提案している。

(2020年08月25日)
news092.jpg

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマホ「moto g8」シリーズへ「moto g8 power lite」を追加。「moto e6s」と合わせて9月4日に発売する。

(2020年08月25日)
news092.jpg
対象者には順次連絡:

2月と3月に発生した「どんなときもWiFi」における通信障害を受けて、総務省から行政指導を受けたグッド・ラックが、通信障害の原因となった同サービスの「無制限プラン」の提供を終了することになった。代替プランの詳細については、対象契約者に順次連絡するという。【更新】

(2020年08月24日)
news018.jpg
石野純也のMobile Eye:

ソニーモバイルが、SIMロックフリースマートフォンのラインアップを大幅に拡充する。発売されるのは、「Xperia 1」「Xperia 5」「Xperia 1 II」の3機種。Xperiaにとって大きな転換点になる可能性もある。そのインパクトを読み解いていきたい。

(2020年08月22日)
news097.jpg

UQコミュニケーションズが、UQ mobile向けに「iPhone SE(第2世代)」を8月27日に発売する。価格(税込み)は64GBが3万5640円、128GBが4万7520円。カラーはブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3色。

(2020年08月21日)
news144.jpg
ドコモ端末もSIMロック解除が必要:

NTTコミュニケーションズのMVNOサービス「OCN モバイル ONE」のデータ通信専用SIMにおいて、同社独自のSIMカードを使ったサービスが開始されることになった。NTTドコモ回線を利用することを含めサービス内容に変更はないが、ドコモ端末でも利用時にSIMロック解除が必要となる。

(2020年08月20日)
news061.jpg

IIJが、au回線向けに「従量制プラン」を提供開始した。料金はデータ+SMSの場合、1GBまでが月額480円。3GB以降は1GBあたり200円が加算される。毎月のデータ容量が少ない人や、月によってムラがある人をターゲットとしている。

(2020年08月20日)
news127.jpg

NTTドコモが、端末購入時にSIMロック解除条件を満たしている購入者に対して、SIMロック解除手続きを自動で行う取り組みを開始した。ただし、あくまでも手続きが自動化されるだけであり、端末によっては解除操作をする必要がある。

(2020年08月19日)
news099.jpg

「Xperia 1 II」「Xperia 1」「Xperia 5」がSIMロックフリーで発売される。3機種とも既にキャリアが扱っているが、スペック面での違いをあらためて確認した。デュアルSIM、対応バンド、ストレージ容量などが主な違い。

(2020年08月19日)
news085.jpg

ソニーモバイルが、「Xperia 1 II」「Xperia 1」「Xperia 5」のSIMロックフリーモデルを発売する。発売日はXperia 1 IIが2020年10月30日、Xperia 1とXperia 5が2020年8月28日を予定している。3機種ともデュアルSIMに対応しており、キャリアモデルからスペックの向上も図られている。

(2020年08月18日)
news045.jpg

サブブランドやMVNOを含めた格安スマホ市場の中でトップシェアを誇るY!mobile。一方で、楽天モバイルの本格サービス開始によって、サブブランド同士の競争も激化している。Android OneとiPhoneの2軸で攻めていた端末戦略にも、徐々に変化が出てきている。

(2020年08月18日)
news079.jpg

NTTレゾナントは、8月17日から同社運営「goo Simseller」でXiaomi製スマートフォン「Redmi Note 9S」の限定カラーを発売。特価販売を実施し、割引を併用すると4GB/64GBモデルを1800円(税別)で購入できる。

(2020年08月14日)
news011.jpg

「F(x)tec Pro1」は、スレートスタイルとクラムシェルスタイルとを使い分けることができる、ハードウェアQWERTYキーボード搭載のAndroidスマートフォンだ。本記事ではそのサイズ感やキーボード入力について検証していこう。

(2020年08月10日)
news026.jpg
石野純也のMobile Eye:

8月20日に「Pixel 4」シリーズの廉価版となる「Pixel 4a」が発売される。Pixel 4の64GB版と比べて半額以下となる4万2900円(税込み)。カメラ性能や処理能力を中心にチェックした。

(2020年08月08日)
news146.jpg

IIJ(インターネットイニシアティブ)が8月7日、2020年度第1四半期の決算を発表した。モバイルサービスは法人向けが好調の一方、個人向け純減に。外出自粛による店舗休業の影響が大きかった。

(2020年08月07日)
news080.jpg

UQ mobileが、10月1日付でKDDIと沖縄セルラー電話に移管される。それに伴い、移管元のUQコミュニケーションズとUQモバイル沖縄がユーザーへの案内をWebサイトに掲載している。

(2020年08月07日)
news070.jpg

オプテージは、MVNOサービス「mineo」で国内版SIMフリー「iPhone SE(第2世代)」を販売開始。64GBモデル、128GBモデル、256GBモデルを用意しており、Webのみで販売する。

(2020年08月06日)
news035.jpg

Googleが2020年後半にスマートフォンを2機種発売する計画を明らかにした。直販価格が「6万500円(税込み)から」であること以外の詳細は、後日発表される予定だ。

(2020年08月04日)
news124.jpg

Googleのスマートフォン「Pixel」に新モデルが登場する。Pixel 3a/3a XLの後継モデルで、今回はワンサイズ提供となる。国内ではGoogle直販の他、ソフトバンクでも取り扱う。

(2020年08月04日)
news094.jpg

NTTメディアサプライが法人向けのクラウドSIMサービス「DoRACOON」を7月30日に開始。テレワーク用の回線、ビジネスフォンと連携したスマートフォンの内線子機、監視カメラやサイネージなどの回線といった用途を想定している。3種類のデバイスや、無制限・月間5GBまでのプランを用意。

(2020年07月30日)
news017.jpg

英国のPlanet Computersが開発した「Cosmo Communicator with HDMI」は、本体にQWERTYキーボードを搭載する、日本語対応のAndroidスマートフォンだ。そこで今回はキーの入力方法や日本語入力の仕方について解説していこう。

(2020年07月30日)
news117.jpg

NTTレゾナントは、同社運営の「goo Simseller」でTCL製スマートフォン「TCL 10 Lite」を発売。販売開始を記念し、8月17日まで通常2万100円を1万3100円(税別)で提供する。

(2020年07月28日)
news104.jpg

アメグミは、月額1200円(税別)から利用できるレンタル社用スマホ事業を開始。かけ放題がセットの2年契約で、データ容量は2GB〜50GBを用意している。

(2020年07月28日)
news060.jpg

FOXが、TCL製のスマートフォン「TCL 10 Lite」を2万6800円(税込み)で7月31日に発売する。2万円台という低価格を実現しながら、6.53型液晶や4眼カメラを搭載した。プロセッサはSnapdragon 665、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB。

(2020年07月28日)
news014.jpg
石野純也のMobile Eye:

OPPOの5Gスマートフォンがauとソフトバンクから発売される。SIMフリー市場では、コストパフォーマンスに優れたRenoシリーズでシェア拡大を目指す。今後はスマートフォンの周辺機器も拡張して満足度向上に努める。そんなOPPOの日本での戦略を解説する。

(2020年07月24日)
news139.jpg

オッポジャパンが7月21日に新製品発表会を開催。発表済みのスマートフォンや、新たに投入する周辺機器を紹介した。同社は「キャリアでの5G端末販売開始」と「SIMフリー市場での支持獲得」という2つの目標を達成。今後の戦略について河野謙三取締役が語った。

(2020年07月21日)
news099.jpg
5分で知るモバイルデータ通信活用術:

楽天モバイル、UQ mobile、Y!mobileの3者が相次いで「制限時最大1Mbps」に対応する料金プランを打ち出しました。文字だけ見ると横並びに見えますが、細かい仕様を見ていくと違いもあります。

(2020年07月17日)
news063.jpg
直前告知:

楽天モバイルが、7月17日に断続的な「システムメンテナンス」を実施すると告知した。しかし、それは「誤掲載」であると判明した。

(2020年07月17日)
news143.jpg

日本通信が、通話定額サービスの「合理的かけほプラン」を7月15日から提供する。月額2480円(税別)で音声通話が使い放題になり、3GBのデータ容量も付いてくる。プレフィックス番号を付けない音声定額サービスは、ドコモ系MVNOでは初となるが、実際のところどれだけお得なのか?

(2020年07月14日)
news083.jpg

日本通信が7月14日、新ブランドのMVNOサービス「日本通信SIM」向けの音声定額プラン「合理的かけほプラン」を発表した。月額2480円(税別、以下同)で国内の音声通話がかけ放題となる。データ容量は3GBが含まれており、3GB以降は1GBあたり250円で利用できる。

(2020年07月14日)
news023.jpg
石野純也のMobile Eye:

MVNOの日本通信が、来週、音声定額サービスを投入する。背景には、不調に終わっていた日本通信とドコモの協議に、総務大臣裁定が下されたことがある。一方で、現時点ではまだ協議が完全に合意に達したわけではなく、日本通信とドコモの間には、認識の相違も存在する。

(2020年07月11日)
news115.jpg

ユーザーに告知のない仕様変更を2度実施した「Rakuten Mini」。その問題に関して、総務省が発売元である楽天モバイルに行政指導を行った。「再発防止策」に関して12月末まで月次の報告も求めている。【追記】

(2020年07月10日)
news155.jpg

en serviceは、利用用途に合わせて3つのデータ容量プランを選べる国内・海外兼用Wi-Fiルーター「ぴたっとWi-Fi」を提供開始。送料無料をはじめ、月額基本料金や補償オプションが初月無料になるキャンペーンも実施する。

(2020年07月08日)
news151.jpg

富士ソフトは、7月7日にモバイルルーター「+F FS040W」を発売。専用ホームキット(別売)に接続すればホームルーターとしても利用でき、最大32台まで同時接続が可能だ。

(2020年07月08日)
news152.jpg

ジェネシスホールディングスが、7月9日にAndroid 10(Go edition)を搭載した5型スマートフォン「ADP-503G」を発売。価格は9800円(税別)で、デュアルSIMに対応する。

(2020年07月07日)
news056.jpg
MVNOに聞く:

UQ mobileが、“楽天モバイル対抗”を強く打ち出した「スマホプランR」を導入した。データ通信の容量は月10GBと制限はあるものの、金額は楽天モバイルの「UN-LIMIT」と同額の月額2980円。同じサブブランドであるY!mobileの後追いが多かったUQ mobileだが、徐々に先手を取るようになってきた。

(2020年07月07日)
news020.jpg
荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:

税込2万9800円という低価格ながらもカメラ機能が充実している「Xiaomi Redmi Note 9S」。4眼レンズの実力はどのようなものなのか、いつものように作例とともに紹介しよう。

(2020年07月06日)
news134.jpg

シャープは、SIMフリー版スマートフォン「AQUOS zero2(SH-M13)」向けにAndroid 11の「Developer Preview Program」を提供開始。OS更新時のアプリの動作検証や、アプリや端末との互換性の確認などを行えるようになる。

(2020年07月02日)
news130.jpg

Nubia Technologyは、7月1日に5G対応ゲーミングスマホ「RedMagic 5」を約7万円で発売。最新の水冷却システムや、世界初をうたう144Hzの高速なリフレッシュレートを持つ6.65型ディスプレイを備えている。

(2020年07月02日)