ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

PCオーディオ に関する記事 PCオーディオ に関する質問

「PCオーディオ」最新記事一覧

春のヘッドフォン祭 2014:
“平面”が高級ヘッドフォン市場を変える? OPPO、FOSTEX、HiFiMANのブレークスルー
フジヤエービック主催の「春のヘッドフォン祭 2014」が5月10日に開幕した。今回も多くの新製品が登場しているが、中でも注目は“平面振動板”を採用した高級ヘッドフォンだろう。(2014/5/10)

ウォークマンと同じNC機能にハイレゾ音源♪ 「Xperia ZL2」のオーディオ機能とは?
ソニーモバイルコミュニケーションズが発表した「Xperia ZL2 SOL25」には、ウォークマン譲りのオーディオ機能が充実している。ノイズキャンセリング機能やハイレゾ音源の扱いについてチェックしていこう。(2014/5/9)

OTOTOY、FLACとApple Losslessの音源配信をスタート
音楽配信サービス「OTOTOY」は、3月30日からFLAC/ALAC(Apple Lossless Audio Codec)フォーマットによる音源販売を開始した。(2014/3/31)

zionote、USB出力のネットワークトランスポート「sMS-100」を発売
zionoteは、韓国SOtMのネットワークトランスポート「sMS-100」を発売する。DACなどは搭載せず、3つのUSB 2.0端子を備えたネットワークプレーヤーだ。(2014/3/28)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイレゾ再生の新しい潮流(前編)――NASが変わった! プレーヤーも変わる
“ハイレゾ”が新世代オーディオのキーワードとなり、対応機器の幅も広がっている。AV評論家・麻倉怜士氏による連載「デジタル閻魔帳」。今回は最新かつ注目のハイレゾ再生デバイスを紹介してもらった。(2014/3/28)

森山良子さんの初期アルバムがハイレゾで復活! クリプトン「HQM Store」の新シリーズ
クリプトンは、歌手・森山良子さんのデューアルバム「この広い野原いっぱい〜森山良子フォーク・アルバムNo.1」(1967年)を含む初期6作品を「HQM Store」で4月8日から配信する。(2014/3/19)

木目調スピーカーも:
多彩なソースをカバーする一体型、ソニーが「MAP-S1」などハイレゾ対応オーディオの第2弾を発表
ソニーは、ハイレゾ対応オーディオシステムの新製品として、「MAP-S1」およびスピーカー「SS-HW1」を発表した。ネットワーク、PC直結など、さまざまなスタイルでハイレゾ再生が可能なモデルだ。(2014/3/19)

ついに「オーディオファンの視点で開発したNAS」が登場――バッファローが新ブランド“DELA”を立ち上げ
バッファローは2月21日、ハイレゾオーディオ向けの新ブランド「DELA」(デラ)を立ち上げ、第1弾としてNASを発売した。「オーディオには、ファンの視点で作られた専用のNASが必要だ」という。(2014/2/21)

こだわり層向け:
パイオニア、記録時間を短縮する工夫を取り入れた高品位Blu-ray Discドライブ「BDR-S09J」
パイオニアが高品位志向の内蔵Blu-ray Discドライブを投入。すべてのBDXLディスクおよび各種DVD、CDメディアへの記録と再生に対応し、新たに「記録・読み出し時間を短縮」させる機能向上も果たした。音楽リッピングに適するPCオーディオユーザー向け機能なども備える。(2014/2/19)

DSD 5.6MHz再生に対応した「BDP-105DJP」、OPPO Digital Japanが発売
OPPO Digital Japanは、ユニバーサルプレーヤーの新製品「BDP-105DJP」を発売した。(2014/2/14)

野村ケンジが開発者に迫る:
PR:“音”だけで勝負する――フォステクス初の真空管ヘッドフォンアンプ「HP-V1」とカナル型イヤフォン「TE-05」に込めた思い
フォステクスから、カナル型イヤフォン「TE-05」と、ポータブル真空管ヘッドフォンアンプ「HP-V1」が登場した。BA型全盛の時代にダイナミック型1発を選んだ「TE-05」、そしてシンプルながら真空管の特性を引き出した「HP-V1」に野村ケンジが迫る。(2014/2/12)

野村ケンジのPCオーディオ活用術:
PR:プロ用モニターの系譜――フォステクス「PM0.1」でPCの音をステップアップ!
PCオーディオやDTM用のアクティブ・スピーカーとして人気の「PMシリーズ」から1万円を切る「PM0.1」がデビューした。本格派の音に加え、柔軟にステップアップできるのが大きな特長。同時発売のアクティブサブウーファー「PM-SUBmini」、そして「実はUSB-DACでした」というオプションも追加して違いをチェックしていこう。(2014/2/5)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
入門者から上級者まで――確かな駆動力が魅力のヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC、フォステクス「HP-A4」
フォステクスの「HP-A4」は、PCオーディオ入門として評価の高い「HP-A3」の上位モデルだ。最新フォーマットを幅広くカバーし、専用プレーヤーの存在もあって手軽に使い始められる。外観も洗練された。(2014/1/27)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
日本でもついに開始──「Xbox Music」ファーストインプレッション
「デバイス&サービスカンパニー」を掲げるマイクロソフトが、日本でも音楽配信サービス「Xbox Music」を開始。Window 8.1搭載Surface Proで早速サービスを利用してみた。(2013/12/24)

“痛ポタアン”から192kHz/32bit対応の真空管オーディオまで――「ポタフェス」で見つけた注目製品
「ポータブルオーディオフェスティバル 2013 in 秋葉原」(通称:ポタフェス)が開催された。黄金色のヘッドフォンがまぶしい2階フロアを中心にリポートしたい。(2013/12/24)

潮晴男の旬感オーディオ:
“ナノコンポ”で聴くオーディオのスモールワールド
大型のオーディオシステムを置くスペースはないし、ミニコンポでは満足できそうもない。そんな人に注目してほしいのが、東和電子の「NANOCOMPO」(ナノコンポ)である。(2013/12/20)

KEFが50周年記念モデル「LS50」を定番化、「LS50 Standard」新発売
KEFは、今年3月に出荷を完了した同社の50周年記念モデル「LS50 Anniversary」を定番化し、新たに「LS50 Standard」として12月中旬から販売する。(2013/12/9)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ハイレゾの夜明け、もうマニアだけのものじゃない(前編)
今年の「オーディオ&ホームシアター展」を“ハイレゾ・オトテン”と位置付けるAV評論家・麻倉怜士氏。今後のオーディオ市場はハイレゾなしでは語れないという。それを象徴するのがソニーの新製品群だ。(2013/10/31)

ハラショー:
ラブライブ!やガルパンも――「e-onkyo music」がランティスのハイレゾ音源を配信
「e-onkyo music」がランティスが提供するアニソンのハイレゾ音源配信を開始する。第1弾は「ラブライブ!」、第2弾は麻生夏子さんの楽曲だ。12月以降には「ガールズ&パンツァー」オリジナルサウンドトラックなども予定している。(2013/10/25)

フォステクスがDSD 5.6MHzまで対応する「HP-A4」を発表、専用プレーヤーソフトも
フォステクスは、USB-DAC搭載ヘッドフォンアンプ「HP-A4」を発表した。あわせてハイレゾ音源再生ソフト「FOSTEX Audio Player」を提供する。(2013/10/24)

キャンペーンも実施:
「mora」のハイレゾ音源配信サービス、約600タイトルでスタート
レーベルゲートは10月17日、音楽配信サービス「mora 〜WALKMAN公式ミュージックストア」でハイレゾリューション・オーディオ音源のダウンロード配信サービスを開始した。(2013/10/17)

「ハイレゾ再生のハードルを下げる」、ソニーがHDDプレーヤーなど6機種を発表
ソニーがハイレゾ音源対応のホームオーディオ機器6製品をリリース。“ES”型番の高級機を含むHDDプレーヤー2機種に加え、PCオーディオ用のUSB-DAC搭載アンプ、2機種のスピーカーなどをラインアップした。(2013/9/26)

ソニーが“ハイレゾ”を全面プッシュ、「mora」は配信サービスを提供
ソニーは、同社のオーディオ製品事業において、CDよりも情報量の多い「ハイレゾリューション・オーディオ」を全面的に推進する。10月からはレーベルゲートがハイレゾ音源配信サービスを開始。(2013/9/26)

ソニー、DSD 5.6MHzまで対応するポタアン「PHA-2」
ソニーは、DSDのネイティブ再生にも対応したUSB-DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-2」を10月25日に発売する。(2013/9/5)

ハイブリッドに進化した新しい“XBA”がソニーから登場
ソニーはカナル型イヤフォン「XBAシリーズ」の新製品3機種を10月に発売する。BA型ドライバーにダイナミック型ドライバーを組み合わせたハイブリッド型に進化した。(2013/9/5)

ハイレゾ対応:
「MDR-1R」の弟分? ソニーから小型軽量の密閉型ヘッドフォン「MDR-10Rシリーズ」が登場
ソニーはプレミアムヘッドフォン「MDR-1R」の技術や音、デザインコンセプトを継承しながら小型軽量化を図った新しい密閉型ヘッドフォンシリーズを発売する。(2013/9/5)

「成長する“最強”NAS」:
国内最大級のQNAP売り場が名古屋に出現――「QNAPセミナー in Nagoya」
ユニスターが九十九電機名古屋1号店でQNAPイベントを開催。8月30日、31日の2日間に渡って、QNAP「TurboNAS」シリーズの最新機能や特徴をアピールした。(2013/8/31)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
音を楽しむための本格派、アクティブスピーカー3機種を聴く
英KEFの「X300A」、クリプトン「KS-3HQM」、それに英LINN(リン)の「AKUBARIK」を一挙レビュー。値段もサイズも大きく異なる3機種だが、いずれも駆動アンプを内蔵したアクティブタイプだ。(2013/8/26)

サエクコマース、USB端子に差す音質改善化パーツ「USB-FIT」
USB DAC利用者向けのUSB端子制振パーツが登場。価格はA端子/B端子用各5個入りで2205円。(2013/8/23)

30年の集大成、デノンからハイエンドSACDプレーヤー「DCD-SX1」
デノンがSACDプレーヤーの新しいフラグシップモデル「DCD-SX1」を発表した。「デジタルオーディオの集大成」という意欲作だ。(2013/8/21)

zionote、FIDELIXと共同開発したオーディオ用ACアダプター2機種を発売
zionoteは、FIDELIXと共同開発したオーディオ用ACアダプター2機種を発売する。現行モデル「FL-AC-zn1」の上位機種となる「FL-AC-zn2」および、Styleaudio専用モデル「FL-AC-st1」をラインアップ。創業5周年を記念したセット販売も行う。(2013/8/6)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
物欲の夏、買って後悔しないアイテムとは? (オーディオ編)
AV評論家・麻倉怜士氏による個人的物欲チョイスの後編は、「これはまさにTechnics!」「価値あるブックシェルフ」「アナログ由来のPCオーディオ機器」など、注目アイテムがそろい踏み。(2013/7/29)

オーディオテクニカ、「アートリンク」シリーズにUSBケーブルと光デジタルケーブルの新製品
オーディオテクニカはアートリンクシリーズの新ラインアップとして、高音質設計のUSBデジタルケーブルと光デジタルケーブル各2種を発売する。(2013/7/25)

人柱のおさそい:
素性のいいリサイクル? ラトックのDAC&アンプ一体型ヘッドフォン「REX-UHPB1」を試す
ラトックシステムが発売した「REX-UHPB1」は、業界の常識を覆す「30周年記念モデル」だ。実機を入手したので詳しく見ていこう。(2013/6/28)

「NANOCOMPO」第3弾:
ヘッドフォンに出力インピーダンスを合わせる――東和電子からヘッドフォンアンプ内蔵DAC「NANO-D1」が登場
“Olasonic”(オラソニック)から「NANOCOMPO」の第3弾となるヘッドフォンアンプ内蔵DAC「NANO-D1」が登場した。スタイリッシュなデザインに加え、いくつかのユニークな機能を持つ。(2013/6/27)

高中正義やR.E.M.の名作も:
e-onkyo music、メジャーレーベル4社のハイレゾ音源50タイトル以上を一挙配信スタート
e-onkyo musicが久々の大型追加配信をスタート。ユニバーサル、EMIクラシックス、ワーナー、キングレコードから50タイトル以上が配信される。(2013/6/26)

かっこいい二枚貝:
ノア、DSD対応のUSB-DAC機能付きインテグレーテッドアンプ「INTUITION 01」
ノアは、米Wadia(ワディア)のDAC内蔵インテグレーテッドアンプ「INTUITION 01」(イントゥイション 01)を6月21日に発売する。(2013/6/20)

ヒビノ、iBassoのカードサイズ“ポタアン”「D zero-SE」を発売
ヒビノインターサウンドは、iBasso AudioのUSB-DAC付きヘッドフォンアンプ「D zero-SE」を6月28日に発売する。(2013/6/10)

バランスケーブルも:
フルテック、ゼンハイザーやシュア用の各種ヘッドフォンリケーブル
フルテックは、ADLブランドの新製品として、ゼンハイザー「HD800」やシュア「SRH1840/1440」向けのヘッドフォンリケーブル「iHP-35」シリーズを発表した。(2013/5/31)

エミライが新進国内ブランド「逢瀬」の取り扱いを開始、第1弾はパワーアンプ
エミライが日本に本拠を構えるオーディオブランド「逢瀬」の音響機器の取り扱いを開始する。第1弾はボリューム付きパワーアンプ「WATERFALL Compact」。(2013/5/31)

ひと味違う創立30周年記念モデル、ラトックの“バランス駆動型アンプ内蔵ヘッドフォン”「REX-UHPB1」
ハウジング内にバランス駆動型のヘッドフォンアンプを内蔵したというユニークな製品がラトックから登場した。おや、このボタンは……。(2013/5/24)

ポイント制度もスタート:
ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」がリニューアル、全曲DRMフリーに
「e-onkyo music」が全面リニューアル。24bitおよびDSDの音源に特化しつつ、販売する楽曲をすべてDRMフリーとした。初心者向けの設定サービスも新たにスタート。(2013/5/15)

コルグ、DSD対応DAC「DS-DAC-10」に新色シルバー
コルグは、USB-DAC「DS-DAC-10」のカラーバリエーションモデルとして、シルバーを追加する。(2013/5/8)

お手軽PCオーディオ:
USB直挿しのスティック型DAC「hiFaceDAC」登場、しかも384kHz/32bitまで対応
トップウィングとzionoteは、M2TECH製のスティック型USB-DAC「hiFaceDAC」を発売する。(2013/5/7)

週末アキバ特価リポート:
メモリキーホルダーにTesla M2075デュアル搭載1Uラック――マニアックな“超アキバ的アイテム”を狙え!
大型連休まっただ中のアキバは、各ショップが派手なキャンペーンを実施中だ。その中でも、アキバならではの“マニアック上等”な目玉アイテムを紹介しよう。(2013/5/3)

バランスケーブルへの変更サービスも:
ウルトラゾーンの開放型ヘッドフォン「edition12」、タイムロードが夏に発売
タイムロードは、独ULTRAZONE(ウルトラゾーン)のヘッドフォン新製品「edition12」を発表した。「edition10」に続く開放型第2弾。(2013/4/26)

“何となく”なスピーカーで聞く音楽、それは……とても悲しいこと:
NEC×ヤマハの国内タッグが追求するPC内蔵スピーカーのクオリティ、そして「ナチュラルサウンド」
NECとヤマハが開発・監修した高品位スピーカーシステム「YAMAHAサウンドシステム」を搭載するPCがある。AV機器ライターの野村ケンジ氏が「AV機器として評することが可能なレベル」というクオリティは、いかにして実現できたのか。NEC×ヤマハの開発担当者に話を聞いた。(2013/4/24)

東和電子、「NANOCOMPO」購入者に「縦置きスタンド」をプレゼントするキャンペーン
東和電子は、「NANOCOMPO」の発売記念キャンペーンとして、購入者に“縦置きスタンド”をプレゼントする。(2013/4/23)

「オーディオの常識に真っ向から挑戦する」、オラソニック「NANOCOMPO」の非常識っぷり
「オーディオ&ホームシアター展 2012」の製品発表から半年。オラソニック「NANOCOMPO」(ナノコンポ)の第一弾がいよいよ店頭に並ぶ。その出来栄えについて、東和電子の山本喜則社長に聞いた。(2013/4/23)

オラソニック、「NANOCOMPO」のCDトランスポートを5月発売
“Olasonic”(オラソニック)ブランドのオーディオ機器を展開する東和電子は、小型オーディオコンポーネント「NANOCOMPO」の新製品として、CDトランスポート「NANO-CD1」を5月下旬に発売する。(2013/4/15)

玄人さんいらっしゃい:
ラトック、バランス駆動型ポータブルヘッドフォンアンプ「REX-KEB01F」
ラトックシステムは、バランス駆動型ポータブルヘッドフォンアンプ「REX-KEB01F」を発売する。バランス出力は、2.5ミリ径のマイクロモノラルジャックが2つだ。(2013/4/11)

5月3日〜5月4日:
ツクモ名古屋1号店で「TEAM SHACHI-HOKO」主催のオーバークロックイベント開催
オーバークロックチーム「チーム鯱(しゃちほこ)」がツクモ名古屋1号店で、オーバークロックイベント「2013 G.W. Xtreme OverClock BreakThrough 4th Stage」を開催する。講座やデモのほか、PCパーツが手に入るオークションも行われる。(2013/4/11)

期間限定:
ユニバーサル、EMIクラシックスの名盤を「e-onkyo music」でハイレゾ配信
EMIクラシックスの持つ名盤の数々が96kHz/24bitのハイレゾ音源として配信スタート。「ハイレゾで鮮やかによみがえった20世紀の遺産」(同社)。(2013/4/1)

日本オーディオ協会、第2回となる“音のサロン”「PCオーディオ講座」を開催
日本オーディオ協会は、PCオーディオの基本から学べる“音のサロン”「PCオーディオ講座」の第2回を開催する。(2013/3/29)

32bit DAC搭載のUSB DAC兼ポータブルヘッドフォンアンプ、iBasso Audio「D55」
ヒビノインターサウンドは、iBasso Audio製のUSB DAC兼ポータブルヘッドフォンアンプ「D55」を発売する。旭化成エレクトロニクスの32bit DAC「AK4480」を搭載した。(2013/3/22)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
時代は変わってもノウハウは生きる、マランツ「NA-11S1」で聴くハイレゾ音源の“静寂”
マランツの設立60周年記念モデルとして企画された「NA-11S1」は、ネットワークオーディオプレーヤーとUSB DACという2つの顔を持つ高級機。注目度も高い本機をじっくりと試聴した。(2013/3/21)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第7回 USB DACを追加し、さらに高度な「オーディオPC」として活用する
VALUESTAR G タイプWは、メーカー製PCとしてはトップクラスであろうスピーカーシステムを標準搭載する以外に、そもそもPCとしても音質的な資質に優れているようだ。それならサウンド環境をもっと強化してみよう。高品位楽曲配信フォーマットであるDSDファイルを再生できる環境に仕立ててみた。(2013/3/18)

PC USER 週間ベスト10:
OSを問わず、タブレットに注目集まる(2013年3月4日〜3月10日)
先週のアクセスランキングでは、Surface RT、GeForce GTX TITAN、NECのPCオーディオ技術、iBookstore、安価なWindows 8タブレット、7型Androidタブレット15機種など、バラエティ豊かな記事が上位に並びました。(2013/3/11)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
かな〜り欲ばりなUSB DAC、「CONCERO」を試す
エミライが取り扱うResonessence Labsの「CONCERO」は、かなりユニークな製品だ。192kHz/24bit対応のUSB DACとして使えるのはもちろん、USB DDC、あるいはS/PDIF入力のDACとしても活用できる。(2013/3/8)

エルトン・ジョンや岩崎弘美、広瀬香美もハイレゾ音源に、e-onkyo musicが洋邦20タイトルを追加配信
オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは2月27日、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」において、「VICTOR STUDIO HD-Sound.」の第3弾、およびユニバーサル・ミュージックの洋楽追加タイトルの配信を開始した。(2013/2/27)

小さな本格派:
オラソニックの“ナノコンポ”第1弾「NANO-UA1」が正式デビュー
“Olasonic”(オラソニック)から、初の据え置き型オーディオとなる「NANOCOMPO」(ナノコンポ)シリーズが登場した。第1弾の「NANO-UA1」は、USB DACを内蔵した小型プリメインアンプだ。(2013/2/26)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
PCオーディオ好きにも勧めたいユニバーサルプレーヤー、OPPO「BDP-105」
米OPPO Digitalの新しいユニバーサルBDプレーヤー「BDP-105」をぼくの部屋に迎え入れた。BDP-105には従来機「BDP-95」から新しいフィーチャーが加わり、その変身ぶりがまた興味深い。(2013/2/19)

OTOTOYもDSD 5.6MHz配信をスタート、第一弾は「Cojok+徳澤青弦カルテット/QUANT」
OTOTOYが、5.6MHzのDSD音源を配信開始。第一弾は「Cojok+徳澤青弦カルテット」の配信限定セッションを収めた「QUANT」だ。(2013/2/6)

欲しい人はいそげ:
エミライ、BDプレーヤー「BDP-95」とヘッドフォンアンプ「GEM-1」の国内販売を終了
エミライは、OPPO Digital製BDプレーヤー「BDP-95」および、G Ride Audio製ヘッドフォンアンプ「GEM-1」の2製品について、国内販売の終了を発表した。(2013/1/23)

e-onkyo music、「The Doors」などワーナーミュージックの名盤19タイトルをハイレゾ配信
e-onkyo musicが、ワーナーミュージック・ジャパンのハイレゾ音源配信第4弾を開始した。「The Doors」「Talking Heads」「オーネット・コールマン」など19タイトル。(2013/1/21)

2013 International CES:
ティアック、ネットワーク機能充実のプリメインアンプ「NP-H750」を披露
ティアックは、PCオーディオ/ネットワーク機能を搭載したプリメインアンプ「NP-H750」を2月中旬に発売する。(2013/1/8)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
今年もやります! 2012年版、麻倉怜士の「デジタルトップ10」(後編)
年に一度の総決算――AV評論家・麻倉怜士氏が1年間を振り返り、とくに印象に残ったものや優れたデバイスをランキング形式で紹介する「デジタルトップ10」。後半は第6位からカウントダウン!(2012/12/28)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第2回 「VALUESTAR G タイプW」のYAMAHAサウンドシステムをチェックする
AV機器目線で見た「VALUESTAR G タイプW」は、どのくらい“AV機器”しているか。今回は23型フルHD+IPS液晶ディスプレイによる映像、そしてYAMAHAサウンドシステムによるサウンド具合をチェックする。(2012/12/26)

「ロストテクノロジーになりかけた」、OTOTOYが語るDSD復活の裏話
「OTOTOY DSD SHOP」のオープニングイベントに、いち早くDSD配信を手がけた“仕掛け人”たちが勢ぞろい。この1年半を振り返りながらDSD音源の魅力を語った。(2012/12/20)

ディープ・パープルやメガデスも:
「e-onkyo music」でワーナーミュージックのハイレゾ音源40タイトルを配信
オンキヨーエンターテイメントテクノロジーが、音楽配信サービス「e-onkyo music」にてワーナーミュージックのハイレゾ音源配信をスタートした。いずれも名盤といわれる40タイトルをラインアップ。(2012/12/17)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」特別編:
今だから知っておきたいハイレゾ音源フォーマットの基礎
このところ、人気のハイレゾ音源。「PCオーディオ」や「ネットオーディオ」など、聴く手段によって違いはあるものの、対応製品の増加とともに雑誌やWebサイトでも取り上げられる機会が増えた。(2012/12/14)

e-onkyo music、「VICTOR STUDIO HD-Sound.」のハイレゾ配信第2弾スタート
オンキヨーエンターテイメントテクノロジーが、音楽配信サービス「e-onkyo music」で「VICTOR STUDIO HD-Sound.」のハイレゾ配信第2弾をスタート。(2012/12/12)

「OTOTOY DSD SHOP」イベント第1弾が発表――DSD対応USB DACも勢ぞろい
渋谷ヒカリエで12月19日〜25日にかけて開催する「OTOTOY DSD SHOP」のイベント情報第一弾が解禁! Suaraさんの公開録音&即日配信、Rie FuさんのはじめてのDSDライヴ録音など、盛りだくさんの内容になる。(2012/12/7)

実売5万9800円:
うれしい“ニコイチ”? ソニー「STR-DN2030」の素性を探る
ソニーのAVアンプ「STR-DN2030」は、コストパフォーマンスの高いAVアンプであり、ハイレゾ音源対応のネットワークプレーヤーでもある。筐体の中を見ると、それがよく分かる。(2012/12/4)

DACもDDCも、izoから“オールインワンヘッドフォンアンプ”「iHA-21EX 2013」が登場
izoは“オールインワンヘッドフォンアンプ”「iHA-21EX 2013」を12月10日に発売する。「iHA-21」「iHA-21EX」の後継機。主要な機能は継承しつつ、主要部品を換装して大幅な音質向上を果たしたという。(2012/12/3)

zionote、300時間使えるポータブルヘッドフォンアンプ
JL Acoustic Labsのポータブルヘッドフォンアンプ「BAB1-XA」と「BAB3-JE」が登場。MCU搭載で高音質化と長時間駆動を実現した。(2012/11/30)

Mac OS用ソフトも開発:
コルグのDSD対応USB DAC「DS-DAC-10」、次回出荷は2013年2月に
KORG(コルグ)は、DSDのネイティブ再生に対応した“1bit USB DAC”「DS-DAC-10」について、次回出荷が2013年2月になると発表した。(2012/11/30)

イメージ一新! スタイリッシュなハイエンド、ヤマハ「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」
ヤマハの新しい高級ヘッドフォンを聴き比べ。クラブ系ヘッドフォンに近いスマートなデザインながら、使い勝手にもかなり気を配ったことが伺える。そして音質も……。(2012/11/30)

ラトック、DSD再生に対応したUSBヘッドフォンアンプ「RAL-DSDHA2」
ラトックシステムは、DSD音源のネイティブ再生に対応したハイエンドのUSBヘッドフォンアンプ「RAL-DSDHA2」を発売する。(2012/11/29)

ラトック、48kHz/16bit対応のUSBヘッドフォンアンプ「REX-A1648HA1」
ラトックシステムは、USB DACとしても使えるヘッドフォンアンプ「REX-A1648HA1」を12月中旬に発売する。(2012/11/29)

ES型番のハンダあります:
AVアンプでハイレゾ再生、ソニー「TA-DA5800ES」のすごいコダワリを聞く
ソニーのAVアンプ「TA-DA5800ES」は、最大192kHz/24bitの5.1ch再生まで対応するなど、ネットワークオーディオ向けの機能が充実したモデルだ。ソニー金井氏をたずね、オーディオ視点で話を聞いた。(2012/11/27)

エミライがDSDに本気、USB DACや対応ソフトを続々リリース
エミライは、PCオーディオ分野におけるDSD再生環境の取り組みを強化する。12月中に海外3ブランドのUSB DACをリリース。(2012/11/22)

zionote、ハイエンドDAC「CARAT-SAPPHIRE/LE」を発売――先行で試聴展示や限定販売も
zionoteから、Styleaudio製のDAC「CARAT-SAPPHIRE」(キャラット・サファイア)をベースとしたリミテッドエディション「CARAT-SAPPHIRE/LE」が登場。12月1日の発売に先駆け、11月22日より試聴展示および限定販売も行う。(2012/11/19)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
定番スピーカーはどう変わった? JBL「CONTROL ONE」を聴く
久々のリニューアルが行われたJBL「CONTROL ONE」。先代に当たる「Control 1Xreme」も一緒に借用し、両者を比較してみた。(2012/11/19)

リビングにも音楽を:
良くできたカジュアルPCオーディオ、ヤマハ「YSP-4300」を徹底検証(後編)
前回、ヤマハ「YS-4300」のサラウンド機能を中心に紹介したが、今年のYSPシリーズにはもう1つ見逃せない点がある。それはワイヤレスオーディオ機器としての使い方だ。(2012/11/16)

zionote、FIDELIX製のPCオーディオ機器向け高品位ACアダプタ「L-AC-zn1」
zionoteとFIDELIXがPCオーディオ機器向けの高品位ACアダプタを共同開発。JAVS X-DDCなどで使用できる。価格は1万3800円。(2012/11/16)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
聞き分けも楽しい、同じデジタルアンプでもキャラクターがまったく違う2台──上海問屋「DN-82621&DNSB-23792」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、低価格+パワフルなデジタルパワーアンプ2製品をまとめてチェックする。(2012/11/16)

デジタル入力系統も実装:
ハイインピーダンスヘッドフォン+ハイレゾ音源対応──「USB DAC機能付き ヘッドフォンアンプ」
上海問屋で、豊富な入力系統を用意し、192kHz/24ビット音源対応のUSB DAC搭載ヘッドフォンアンプが発売された。価格は1万3999円。(2012/11/13)

ポップノイズ抑制、Android Marketバンドル廃止:
ヒビノ、ハイレゾ対応プレーヤー「HDP-R10」のファームウェアアップデート
ヒビノインターサウンドは、ハイレゾ音源対応のポータブル音楽プレーヤー「HDP-R10」の新しいファームウェアを11月30日から提供する。(2012/11/12)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
LightningもOK、iPhone/iPadデジタル接続対応の高品位DAC──HRT「iStreamer」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、iPhoneとデジタル接続できる高品位志向のDAC搭載オーディオインタフェースをチェックする。(2012/11/8)

ハイレゾ音源を聴いてみよう!:
機は熟した 〜先駆者「e-onkyo music」に聞くハイレゾ音源配信の現在
“ハイレゾ音源”は、PCオーディオの大きな魅力。数年前はクラシックなどジャンルが限られていたが、最近になってロック/ポップスといったメジャー楽曲も増えてきた。その理由と現状を聞いた。(2012/11/5)

欲ばりにいきましょう:
CDとハイレゾ音源のハイブリットプレーヤー、ヤマハ「CD-N500」
ネットワークプレーヤーであり、CDプレーヤーでもあるヤマハ「CD-N500」。細かく見ていくと、CD/ネットワークのどちらにも力の入った製品であることが分かる。(2012/11/2)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
iPhone 5でも使用可能、高品位志向で多機能なソニーの初ポタアン──ソニー「PHA-1」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、iPhoneとデジタル接続でき、かつUSB DAC機能も備える注目のポータブルヘッドフォンアンプをチェックする。(2012/10/31)

秋のヘッドフォン祭2012:
「もうフォーマットは気にしない」、DSDネイティブ再生に対応したDACが続々登場
PCオーディオ関連機器の中でも性能向上が著しいUSB DAC。秋のヘッドフォン祭では、DSDネイティブ再生に対応したUSB DACがいくつも展示されていた。(2012/10/27)

特集“PCオーディオ”へのお誘い(2):
もっと便利に“いい音”を楽しむネットワークオーディオ
前回は、USB DACを活用したシステムを紹介した。今回は前回予告した通り、より利便性の高いネットワークオーディオの魅力に迫ってみよう。(2012/10/25)

ラトック、DSDダイレクト再生対応の高品位USB DAC「RAL-DSDHA1」
RATOC Audio LabブランドよりDSD音源に対応する高品位USB DACが登場。2.8224MHzのDSDおよび最大192kHz/24ビットのハイレゾ音源を再生できる。価格は7万2000円。(2012/10/23)

PCオーディオ用にも:
ロングセラーのJBL「CONTROL 1」がリニューアル、製品名は「CONTROL ONE」に
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのコンパクトスピーカー「CONTROL ONE」を11月上旬に発売する。基本設計やサイズは従来モデルを踏襲。(2012/10/23)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
真空管とトランジスタ、2つの音が楽しめるヘッドフォンアンプ──New-Tone「eDison-01」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、真空管かトランジスタ、2つのライン出力を1台で楽しめる特長を持つUSB DACをチェックする。(2012/10/23)

オーディオ&ホームシアター展 2012:
懐かしいオーディオの姿も見える「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO 2012」
展示会場には最新のオーディオ機器がずらり。一方、懐かしい機器ばかりを集めた場所もあった。(2012/10/19)

オーディオ&ホームシアター展 2012:
新しいオーディオの姿が見える「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO 2012」
東京・秋葉原でオーディオとホームシアターの専門展示会「オーディオ&ホームシアター展 2012」が開幕した。PCオーディオとネットワークオーディオ関連の新製品がそろい踏み。(2012/10/19)

オーディオ&ホームシアター展 2012:
オラソニックの新展開、アルミに身を包んだ小型オーディオ「NANOCOMPO」を公開
“Olasonic”(オラソニック)が新コンセプトの小型オーディオ「NANOCOMPO」を発表。PCオーディオを意識したコンパクトなアンプや単体DAC、CDトランスポートなどを用意した。(2012/10/19)

未知の世界かも:
「PCオーディオの最先端」、ティアックがDSD 5.6MHz対応USB DACなど「Reference 501シリーズ」3製品を発表
ティアックが「春のヘッドフォン祭 2012」で参考展示した「Reference 501シリーズ」を発表。DSDディスク再生対応のプレーヤーなど「PCオーディオの最先端と呼ぶにふさわしい」(同社)ラインアップをそろえた。(2012/10/18)

「PCオーディオに最適」、サエクコマースが「SUPRA USB 2.0」発売
導通性能や高速伝送の性能を向上させたUSBケーブル「SUPRA USB 2.0」が登場。(2012/10/16)

DSD再生の制約を改善:
フォステクス、USB DAC「HP-A8」のファームウェアバージョンアップを提供
フォステクスは、据え置き型USB DAC兼ヘッドフォンアンプ「HP-A8」のファームウェアバージョンアップを開始した。(2012/10/15)

特集“PCオーディオ”へのお誘い(1):
そもそも“PCオーディオ”って何だろう?
盛り上がりを見せている“PCオーディオ”。ITmediaでも、ついに特集ページを開設するという。そこで今回は、そもそもPCオーディオとは何か――そのメリットと楽しみ方を基本から紹介していこう。(2012/10/15)

クリエイティブ、24ビット/192kHz出力対応のハイエンドサウンドカード「Sound Blaster Z」シリーズ
クリエイティブメディアが新世代のPC用サウンドカード「Sound Blaster Z」シリーズを発表。ハイエンドPCゲーマーのほか、PCオーディオユーザーにも訴求する“スタジオグレードクオリティ”をうたう。(2012/10/12)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
エイスースの本格派USB DAC、“整数倍アップサンプリング機能”の効果は?──ASUS「Xonar Essence One」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、ASUS製の多機能・高性能志向のUSB DACをチェックする。(2012/10/10)

PCオーディオ入門に:
小さくなったタマゴ形、オラソニックからUSB接続のPCスピーカー第2弾が登場
東和電子は、“Olasonic”(オラソニック)ブランドの新製品として、USBパワードスピーカー「TW-S5」を発表した。(2012/9/26)

これでワイヤレス対応です:
ハーマン、「JBL SAS101」購入者に未発売のハーマンカードン製Bluetoothアダプターをプレゼントするキャンペーン
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのオーディオシステム「SAS101シリーズ」3モデルの購入者を対象にハーマンカードン製のBluetoothアダプターをプレゼントする。(2012/9/21)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
ツウ好みの構成、侮ってはいけない中国ブランドのUSB DAC──上海問屋「DN-82544」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、聞くと意外とびっくりする中国ブランドのUSB DACをチェックする。(2012/9/21)

オーディオ専門店でしか買えないPCスピーカー:
クリプトン、192kHz/24bit再生に対応した小型アクティブスピーカー「KS-3HQM」を発売
クリプトンは、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生に対応した小型アクティブスピーカー「KS-3HQM」を10月中旬に発売する。(2012/9/12)

“音楽制作の最先端”だからできたハイレゾ音楽配信、「VICTOR STUDIO HD-Sound.」
ビクタースタジオが独自レーベル「VICTOR STUDIO HD-Sound.」を立ち上げ、オンキヨーの「e-onkyo music」でハイレゾ音源の配信を開始した。「絶対的な音質へのこだわり」がコンセプトというサービスの秘密を探るため、スタジオ内を探検してきた(?)。(2012/9/6)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ コラム:
「あの携帯プレーヤー」にはどんな基本仕様のポタアンを選べばよいか
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はどのポータブルプレーヤーに、どんな基本仕様のポータブルアンプが向くか。第一歩の指針をチェックする。(2012/9/4)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ コラム:
なぜ「ポタアンを使うと音がよくなる」と言われているのか
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は「なぜポータブルアンプか」について改めて確認してみよう。(2012/8/30)

iPhone&96kHz/24bit対応:
ソニー、USB DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-1」
ソニーはポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-1」を10月に発売する。ポータブルプレーヤーとの組み合わせはもちろん、“PCオーディオ”の外付けDACとしても活用できる多機能機だ。(2012/8/27)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
名機復活! オーディオファンに人気のPCオーディオ“専用(?)”NAS──QNAP「TS-119 OLIOSPECモデル」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はPCオーディオファンの間で「NASならコレ」と名高い、限定復活版NASをチェックする。(2012/8/24)

デジタルオーディオの基礎から応用(5):
誤解していませんか!? クロックジッターの「真実」を解説
第5回では、デジタルオーディオのクロックジッターに焦点を当て、その定義や測定法、オーディオ特性との関係について詳しく解説する。「クロックジッター」と一言で表現しても、クロックとジッターには多くの種類がある。オーディオ特性への影響を評価する際には、「どのクロック」の「どのようなジッター」かをきちんと説明できることが大切だ。(2012/8/23)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
基板“むき出し”がソソるっ、楽しく遊べて音質も上々なUSB DACキット──ポーカロ・ライン「UDA923KIT」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は「基板むき出し」な遊べる仕様、でもオペアンプ交換も行える高音質志向なUSB DACキットをチェックする。(2012/8/18)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
演奏をていねいに心地よく再現、小型・低価格化もうれしい良作──Audinst「HUD-mini」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は小型・低価格になったAudinstのUSB DAC付きヘッドフォンアンプバリエーションモデルをチェックする。(2012/8/14)

PC USER 週間ベスト10:
ブルーライトだけじゃない、PCの疲れ目対策(2012年8月6日〜8月12日)
先週のアクセスランキングは、ナナオが発表した「PC画面と疲れ目の関係」についての調査結果が1位でした。PCでの作業における、さまざまな疲れ目対策を提案しています。(2012/8/13)

オーディオマニア必見:
音が違う? QNAPのファンレスNAS「TS-119」がオリオ限定モデルとして復活
PCオーディオ愛好家のリクエストを受け、アキバの有名ショップ、オリオスペックがQNAPのファンレスNAS「TS-119」を再販するという。同店の松田氏に話を聞いた。(2012/8/10)

日本オーディオ協会、初心者を対象とした第3回「PCオーディオ入門講座」開催
日本オーディオ協会は、PCオーディオの初心者を対象とした入門講座を開催する。自宅での導入方法や操作、楽しみ方などを講師が分かりやすく解説する。(2012/8/9)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
“ちょこん”と乗るキュートなヘッドフォンアンプ、でもそのサウンドは本格派──オーディオテクニカ「AT-HA40USB」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はUSB DAC機能を搭載するキュートなボディの小型ヘッドフォンアンプをチェックする。(2012/8/9)

トライオード、USB DACにもなる真空管バッファー搭載のCDプレーヤー「TRV-CD5SE」
トライオードは、真空管バッファー搭載のCDプレーヤー「TRV-CD5SE」を発売した。USB DACとしての機能も備えている。(2012/8/8)

トライオード、真空管バッファー搭載の据え置き型DAC「TRV-DAC1.0SE」
トライオードは、真空管バッファー搭載のD/Aコンバーター「TRV-DAC1.0SE」を9月1日に発売する。(2012/8/8)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
広がり感良好の美音系サウンド、PCにもAVにも合う2Wayスピーカー──JBL「SAS100SP」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はPCオーディオにも映像コンテンツにも合うパッシブスピーカーをチェックする。(2012/7/24)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
自作モノ的に遊べる! 低価格ながら音質良好なポータブルアンプ──上海問屋「DN-80646/DN-80647」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、ハイパワー/コンパクト、2種類のポータブルアンプをまとめて視聴する。(2012/7/19)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
ナチュラルで上質、高級モデルならではのサウンド──ラトックシステム「RAL-24192DM1」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は音質向上の工夫も、そして価格もかなりの本格的なラトックのUSB DACフラグシップモデルをチェックする。(2012/7/6)

今年はAVアンプの当たり年:
“表現の深み”が違う、ヤマハ「RX-V773」を先代と徹底比較
今年のAVアンプはまれに見る豊作。ハイレゾ音源対応など新機能もさることながら、音質面において大きな進歩が見られる。今回は、定価9万円台のヤマハ「RX-V773」を取り上げ、何が変わったのかを明かにしていこう。(2012/7/2)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
このレベルアップはすごい……デスクトップ真空管アンプのチューンド限定モデル──Carot One「ERNESTOLO La Serie Limitata」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はキュートな真空管アンプの人気モデルをより高音質化したというチューンド限定モデルをチェックする。(2012/6/28)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
音が変わった! 2012年はAVアンプの当たり年(前編)
AVアンプの新製品が相次いで登場している。今年はハイレゾ音源対応などがトレンドになっているが、一方で“音質”で昨年までとは一線を画す製品がいくつもある。その理由をAV評論家、麻倉怜士氏に解説してもらった。(2012/6/21)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ コラム:
PCオーディオ基礎知識──「USB Audio Class」とは
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回PCオーディオ機器でよく見かける単語、「USB Audio Class」とは何かを解説する。(2012/6/21)

“置く”だけで音の悩みを解決? ヤマハの調音パネル「ACP-2」に驚いた
パネルを1枚、部屋に置くだけでオーディオの音が変わる。にわかには信じがたいかもしれないが、理屈を知り、実践してみると認識が大きく変わることもある。今回はそんな事例のお話だ。(2012/6/15)

硬質スポンジ製:
PCオーディオのスピーカーセッティングに──「硬質スポンジ製インシュレーター」
上海問屋で、スピーカー向けのスポンジ製インシュレータセットが発売された。価格は1799円。(2012/6/14)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
Windowsを超手軽にハイレゾ「192kHz」音源対応にする1台──ラトックシステム「RAL-24192HA1」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はWindows PCを手軽にハイレゾ音源対応にできるUSB DAC内蔵ヘッドフォンアンプを視聴する。(2012/6/13)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
見かけ以上の良コスパ、“ポタアン”入門機に──上海問屋「DN-69230/DN-68886」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は少し趣向を変えて、携帯プレーヤー向けのポータブルアンプを2機種まとめて視聴する。(2012/6/7)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
ハイレゾ音源ウエルカム、良コスパなUSB Audio Class 2.0対応DDC──zionote「JAVS X-DDC」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はUSB Audio Class 2.0対応のUSB DDC「JAVS X-DDC」を視聴する。(2012/5/30)

PC USER 週間ベスト10:
モバイルノートPCにもデュアルディスプレイの恩恵を(2012年5月21日〜5月27日)
先週のアクセスランキングは、USBバスパワーで動作するモバイル液晶ディスプレイが注目を集めました。アキバのショップ動向やPC夏モデルのレビューも多数ランクインしています。(2012/5/28)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ コラム:
歴代iPodで特に音がよい=「第5世代iPod」? AIFFとWAVどちらが音がよい?──PCオーディオ「?」話あれこれ
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、WAVとAIFFで音が違う? キーボードを変えると音も変わる? などPCオーディオ関連の小話を。軽く受け流していただければ幸いだ。(2012/5/24)

女子にも聴いてほしい:
クリプトン、「KS-1HQM」のMAYA特別モデルを100台限定販売
クリプトンは、ジャズ&ラテンヴォーカリストのMAYAさんとコラボレーションした小型スピーカー「KS-1HQM(M)」を販売する。(2012/5/17)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
オーディオPCの“スゴイ世界”を体感できる、音楽再生徹底特化PC──em「acroama」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、内部の使用パーツも同社がオーディオ再生用に厳選したというエミライのオーディオ特化PC「acroama」を視聴する。(2012/5/17)

PC USER 週間ベスト10:
第2世代Ultrabookで国内メーカーの逆襲が始まる?(2012年5月7日〜5月13日)
先週のアクセスランキングは、第3世代Core搭載のUltrabook、新しいiPadと使いたい定番アプリ、アキバのPCショップ情報、Windows 8の考察など、さまざまなジャンルの記事が並びました。(2012/5/14)

ピアノ塗装です:
机一体型のPCオーディオシステム、レイジーワークスから
ノートPC用の小型デスクに192kHz/24ビットDACとアンプ、2.1chスピーカーを組み込んだオールインワンシステムが登場。USB接続で音が出る。(2012/5/11)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ コラム:
「音のよいPC」と「PCベースのオーディオ機器」、さて何が違うでしょう?
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、約70万円の音楽再生特化PCを視聴して感じた「音のよいPC」と「PCベースのオーディオ機器」の違い、そしてオーディオPCの近い将来を考える。(2012/5/11)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
ヘッドフォンもアナログ出力も、卓上サウンドがかなり変わる1台──Styleaudio「CARAT-PERIDOT2」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は小型ボディでヘッドフォンもRCA出力も楽しめる高品位ヘッドフォンアンプ「CARAT-PERIDOT2」を視聴する。(2012/5/1)

金銀2種類:
ちょっといいスピーカーに買い換えっ、それなら一緒に──「ロック機能付きバナナプラグ」
上海問屋で、スピーカー接続用のロック機能付きバナナプラグが発売された。価格は1599円。(2012/4/24)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ コラム:
ちょっとの工夫で「いい音」になる、デスクトップスピーカー0円セッティング術
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、購入したスピーカーの「まずはじめのセッティング術」を紹介する。(2012/4/17)

PC USER 週間ベスト10:
Intel 7シリーズチップセットで一足先に新世代へ(2012年4月9日〜4月15日)
先週のアクセスランキングは、Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードの販売が始まったアキバPCショップに注目が集まりました。新製品レビューも多数ランクインしています。(2012/4/16)

AirPlayに96kHz/24bit対応:
ヤマハ、ネット機能充実のスタンダードAVアンプ「RX-V473/V573」
ヤマハは、AVアンプの新製品「RX-V473」「RX-V573」を5月下旬に発売する。実売5〜6万円という価格帯ながら、PCオーディオ/ネットワークオーディオ機能を充実させた。(2012/4/12)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
「これで1.5万円?」と驚くクオリティ、抑揚感のある表現力が魅力──DONY AUDIO「DN-68651」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は光沢ホワイトの小型ボディを特長とする本格派志向なパッシブスピーカー「DONY AUDIO DN-68651」を視聴する。(2012/4/10)

PC USER 週間ベスト10:
知っているようで知らないiPadの色再現性(2012年4月2日〜4月8日)
先週のアクセスランキングは、新旧iPadの色を測色器で検証した記事が首位でした。デルやオンキヨーが投入したUltrabookのレビュー記事も上位にランクインしています。(2012/4/9)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
DLNA対応の新スタイル無線LANスピーカー、では“音質”面のクオリティはどう?──オンキヨー「GX-W100HV」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は無線LANを搭載した高品位志向のワイヤレススピーカー「GX-W100HV」を視聴する。(2012/4/3)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
普段より数段心地よい響き、高域の表現力が魅力のブックシェルフスピーカー──パイオニア「S-CN301-LR」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はブックシェルフスタイルのパッシブスピーカー「S-CN301-LR」を視聴する。(2012/3/28)

PC USER 週間ベスト10:
OS込みで予算10万円、どんなPCを自作すればいい?(2012年3月19日〜3月25日)
先週のアクセスランキングでは、次世代CPUのリリースを控えて盛り上がるアキバPCショップや、NVIDIAの新型GPU、そしてiPadのネタが注目を集めました。(2012/3/26)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
クオリティは価格以上、“ポータブルプレーヤーを自宅で”向けのデジタルアンプ──上海問屋「DN-68360」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はシンプル構成のデジタルパワーアンプ「DN-68360」を視聴する。(2012/3/21)

ティアック、「Reference01 シリーズ」にブラックを追加
ティアックは、PCオーディオ「Reference01 シリーズ」の「UD-H01」「A-H01」「DS-H01」に新色のブラックを追加。発売中のシルバーとあわせて2色展開とした。(2012/3/14)

USB Audio Class 2.0対応のDDコンバーター、zionote「X-DDC」登場
USBオーディオデバイスとして動作するDD(Digital to Digital)コンバーター「X-DDC」がzionoteから登場した。USB Audio Class 2.0対応。(2012/3/13)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
真空管×3+外付け電源の独特仕様、女性ヴォーカルが引き立つ絶妙サウンドに──DONY AUDIO「DN-68351」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はUSB DAC機能付きの真空管ヘッドフォン/プリアンプ「DN-68351」を視聴する。(2012/3/13)

ブロガーさん限定:
インプレス、USB DAC自作キットの先行モニターを募集
インプレスジャパンは、4月6日に発売する書籍「ハンダ付けなしで誰でもできる! USB DACキットではじめる高音質PCオーディオ」に先駆け、付属キットの先行モニターを募集する。(2012/3/6)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
iPodが“いつもより躍動的な音”になる卓上デジタルアンプ──Trends Audio「TA-10」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はiPodなど小型プレーヤーとの接続にも向く、小型サイズのデジタルパワーアンプ「TA-10」を試聴する。(2012/3/6)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ノミネートする部門で明暗が分かれる?――ブルーレイ大賞の舞台裏(後編)
2月15日に発表された「第4回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」。後編では部門別の傾向と受賞作について、審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に詳しく解説してもらおう。(2012/2/29)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
セットで手に入れたいスタイリッシュなデザイン、オーラデザイン「vivid/vita」
オーラデザイン(Aura Design)のプリメインアンプ「vita」とCDプレーヤー「vivid」を見て、驚いた人も少なからずいるはずだ。そう、この2製品は、多くのオーディオファンを魅了してきたオリジナルシリーズのデザインを踏襲しているのだ。(2012/2/27)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
お手ごろ価格で“響きが心地よい”サウンド、真空管で遊んでもヨシ──Trends Audio「PA-10」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、とんがったアタマが“にょきっとこんにちは”した愛きょうのあるデザインの真空管ヘッドフォンアンプ「PA-10」を試聴する。(2012/2/22)

白手袋付き:
3本の真空管を搭載したヘッドフォンアンプ&プリアンプ「DN-68351」
エバーグリーンから、3本の真空管を搭載した真空管ヘッドフォンアンプ&プリアンプ「DN-68351」が登場。出力インピーダンスを3段階で切り替えることができる。(2012/2/17)

山本音響工芸、高品位志向&小型ボディのUSB DAC+ヘッドフォンアンプ「YDA-02」
山本音響工芸が、PCオーディオ向けとなる小型&高音質志向のUSB DACを発売。価格は2万8000円。(2012/2/17)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
“真空管ならでは”の美音にうっとり、マルチに使えるプリメインアンプ──FOUR CHANNEL「AF-02」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は真空管の美音をマルチに活用できるオールインワンアンプ「AF-02」を試聴する。(2012/2/13)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
知る人ぞ知る? 中国Takstarのヘッドフォン「PRO 80」を聴く
エミライが取り扱いを開始した中国Takstar製ヘッドフォン。実は、一部のヘッドフォンマニアの間で「値段の割に音がいい」と評判になっていたものだ。その実力をさっそくチェックしていこう。(2012/2/10)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオコラム:
キーワードは“ミニチュア”と“セパレート”、ついでにアレ──2012年「PCオーディオのトレンド」を考察する
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は2011年の振り返りととともに「2012年のPCオーディオ」はどんな部分がトレンドになるかを考察する。(2012/2/7)

PC USER 週間ベスト10:
新製品ラッシュで盛り上がるアキバ(2012年1月30日〜2月5日)
先週のアクセスランキングは、PCパーツの新製品が多数登場したことを受け、アキバ関連の記事が上位を占めました。Ultrabookの新モデルにも注目です。(2012/2/6)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
音のリアルさがすばらしい、定番USB DACの上位モデル──HRT「Music Streamer II+」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は高品位USB DACとして利用者も多い「Music Streamer II」シリーズの上位/下位モデルをまとめて視聴する。(2012/1/31)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
意外に価値ある4999円、USB→光デジタル変換「USB DDC」を楽しむ──上海問屋「GoVibe Xvert」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はPCからデジタルのままAVアンプへ接続する用途などに利用できる、お手軽「USB DDC」製品を視聴する。(2012/1/18)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
“トップ”の名にふさわしい限定モデル──AUDIOTRAK「DR.DAC2 DX TE(トップエディション)」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はUSB DAC機能付きヘッドフォンアンプの限定モデル「DR.DAC2 DX TE」を視聴する。(2012/1/13)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
年に一度の総決算! 2011年「麻倉怜士のデジタルトップ10」(後編)
今年最後の「デジタル閻魔帳」は、麻倉怜士氏が1年間を振り返り、とくに印象に残ったものをランキング形式で紹介する恒例「デジタルトップ10」後編。第7位からカウントダウン!(2011/12/21)

OSの設定まで?:
初心者にも優しいオーディオ専用PC、エミライ「acroama」登場
エミライは、ハイレゾ音源対応の音楽再生専用PC「acroama(アクロアーマ)」シリーズを発表した。市販のPCパーツをベースに数々のチューニングを施した音質重視のPCだ。(2011/12/19)

本田雅一のTV Style:
薄型テレビ用スピーカー、1万円台で選ぶなら
ネットの口コミからブレイクした“Olasonic”(オラソニック)のスピーカー。かくいう筆者も以前はまったく知らなかったが、知人があまりにも強く「一度、聴いてほしい」というので、それならばとたずねてみた。(2011/12/12)

PC USER 週間ベスト10:
2画面タブレット開発秘話にソニーの底力を感じる(2011年12月5日〜12月11日)
先週のアクセスランキングでは、2画面Androidタブレット「Sony Tablet P」の開発者インタビュー&分解記事が人気でした。自作PC支援記事や週末アキバ特価リポートも注目を集めています。(2011/12/12)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
真空管のイメージを一新させる力強いサウンド──トライオード「TRX-HD82」
オトナなPC音楽を「真空管アンプ」とともに楽しむ人が増えている。今回はクオリティとコストパフォーマンスの高さで定評のあるUSB DAC内蔵真空管ヘッドフォンアンプ「TRX-HD82」を試聴した。(2011/12/5)

自宅で試せる:
東和電子、Olasonic製品の無料貸出キャンペーンを実施
東和電子は、Olasonicブランド商品の無料貸出キャンペーン「Olasonicを聴いてみよう!」を12月1日にスタートする。Webで応募すれば、Olasonic製品を自宅でじっくりと試聴できる。(2011/11/29)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
オイオイ、予想以上に本格派じゃないか──上海問屋のフル真空管アンプ「DN-SE84iシリーズ」
最近、“ぷち流行”の兆しがある「真空管アンプ」。レトロ感を味わうのもいいが、マジメに聴くとかなり驚かされる製品もある。今回は“ぶらんにゅ〜AV Review”番外編として上海問屋の「USB DAC機能搭載真空管アンプ」を試聴した。(2011/11/11)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
どっちも使える! OlasonicのiPod用/ウォークマン用スピーカーを比較してみた
以前、Olasonic(オラソニック)のテレビ用スピーカーを紹介さいたとき、かわいい外観に見合わぬ実力に驚かされた。そこで今回は、ウォークマン用の「TW-D7WM」および新発売のiPhone/iPodスピーカー「TW-D7IP」を聞いてみた。(2011/11/4)

ラトックシステム、ハイレゾ音源が当たるプレゼントキャンペーンを実施
ラトックシステムは、「RALブランド」対象製品の購入者を対象にハイレゾ音源が当たる「ハイレゾ音源 合計300曲プレゼントキャンペーン」を実施する。(2011/11/1)

オーラデザインのニューフェース「vivid/vita」、USB入力も搭載
オーラデザインジャパンは、CDプレーヤーの「vivid」とプリメインアンプの「vita」を年内に発売する。シンプルなデザインに、PCオーディオなどの最新トレンドを取り込んだ。(2011/11/1)

オヤイデ、同軸デジタル出力も備えたヘッドフォンアンプ「FiiO E10」
小柳出電気商会は、USB接続のヘッドフォンアンプ「FiiO E10」を発表した。USB DACに加えてDDCの機能を備えている。(2011/10/28)

オーディオ&ホームシアター展 TOKYO:
未発表の製品もチラホラ、秋葉原で「オトテン」開幕
東京・秋葉原で10月21日に開幕した「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO」。一般のAVファンを対象としたオーディオとホームシアターの専門展示会だ。ここでは各社の視聴室と参考展示品を紹介していこう。(2011/10/21)

PCの横にどうぞ:
デスクトップが似合う小型プリメインとiPodドック、ティアックから
ティアックは、ステレオプリメインアンプ「A-H01」とiPhone/iPad/iPod向けドッキングステーション「DS-H01」を11月上旬から順次発売する。PCと一緒に机の上に置くことを想定した小型オーディオシステムだ。(2011/10/20)

ラックスマン、USB入力対応のD/Aコンバーターを発売
ラックスマンからUSB入力に対応したD/Aコンバーター「DA-100」が登場。コンパクトサイズのエントリーモデルだ。(2011/10/14)

ラトック、非圧縮USBワイヤレスオーディオアダプタ「REX-Link2S」を大幅値下げ
ラトックの非圧縮USBワイヤレスオーディオアダプタが価格改定。約半額の1万400円に値下げされた。(2011/10/14)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
「ハイエンドショウトウキョウ2011」で見つけた注目の新製品
「ハイエンドショウトウキョウ2011」が開催されている。その名のとおり「高級ピュアオーディオ製品」の展示がメインだが、近年の傾向に則してか、PCオーディオやヘッドフォンなどの姿も多く見られた。(2011/10/8)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
ハイレゾ時代のオーディオアクセサリー、クリプトン「HRシリーズ」をチェック
クリプトンから、HR(High Resolution)シリーズと銘打った高級オーディオアクセサリー製品が発表された。その名の通り、ハイレゾ時代にマッチした高品位なオーディオアクセサリーを目指したものだ。さっそくチェックしていこう。(2011/9/28)

24bit/192kHz対応:
ティアック、PCオーディオ用の外付けD/Aコンバーター「UD-H01」
ティアックは、24bit/192kHzに対応するUSBオーディオデュアルモノラルD/Aコンバーター「UD-H01」を発売する。デジタル、アナログ回路ともに左右チャンネルを独立して処理するデュアルモノラル方式で高音質化を図った。(2011/9/16)

5分で分かった気になるアキバ事情:
安く広くに突き進んだ8月のアキバ
夏休みシーズンの特価キャンペーンだけでなく、OSからメモリまでさまざまなパーツが値下がりをみせた8月。その一方でニッチな需要を満たす新製品も多かった。(2011/9/7)

オラソニックの卵形スピーカーにiPod対応モデル「TW-D7IP」が登場
東和電子の卵形スピーカーにiPhone/iPod対応モデルが仲間入り。PCの外部スピーカーやヘッドフォンアンプとしても利用できる。(2011/9/1)

ラトック、名古屋でPCオーディオ実践セミナー実施──10月1日
ラトックシステム主催のPCオーディオユーザー向け実践説明会「PCオーディオセミナー2011」が10月に名古屋で行われる。参加費は無料。(2011/8/26)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
サイズと外見に騙されるな! 本格オーディオの実力を持つオラソニック「TW-D7OPT」
今回は、Olasonic(オラソニック)の薄型テレビ用小型スピーカー「TW-D7OPT」を取り上げよう。もともとPC用のUSBスピーカーとして登場した卵形スピーカーだが、実にオーディオ的な音の良さを持っている。(2011/8/25)

ラックスマン、PCオーディオ向け高級USBケーブル「JPU-150」
ラックスマンが、高品位伝送を実現するPCオーディオ向けUSBケーブルを発売する。価格は1.5メートルで1万500円。(2011/8/19)

USB-DACの専用電源に:
ラトック、PCオーディオ向けの高品位電源「RAL-PS0514」
USB-DACに良質な電源を供給できるようにする外付け5V電源ユニットが発売される価格は6万円。(2011/8/11)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
驚きのコストパフォーマンス! ELACの新エントリー「50LINE」を試す
「50LINE」は、この春に登場したELACのエントリー〜中級向けのスピーカー。お得意の「JETツイーター」などは採用されていないものの、決して手抜かりのない、充実したものだった。……購入決定。(2011/8/10)

zionote、PCオーディオ専用スパイク&インシュレーター「Spike01a」
zionoteは、PCオーディオ専用をうたうスパイク&インシュレーター「Spike01a」を発売する。(2011/8/5)

14万円超のAtom PC+40万円のUSB-DACで聴く:
脳汁どばどば──音楽“専用”PC「canarino1」をピュアオーディオ目線でチェックする
……はぁぁ。これがPCで聴くサウンドか。本体より大きい外付けの専用高品位電源を採用した音楽専用PC「canarino1」を、オーディオライターが、オーディオ目線でチェックする。(2011/8/4)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。