ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「本橋ゆうこ」最新記事一覧

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
「落ちたぁぁぁ!」は夢か現実か? PMP試験、結果はいかに
ついにこの日がやってきた。そう、今日はPMP試験の日。ちゃんと勉強してきたから大丈夫! と思いきや、あれ? そんなところに落とし穴!? わたし、もしかして大ピンチ? これって現実じゃないよね、夢だよね……。 (2015/12/4)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
試験直前の大ピンチ! 「4500時間のプロマネ経験」をどうするか問題
えぇぇぇぇぇ〜、4500時間のプロマネ経験? そんなの聞いてないよ! 試験、受けられないかも!! PMP試験が目前に迫る中、大ピンチに見舞われたわたし。過去にタイムスリップして経験を積むしかない!?(2015/11/13)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
やばっ、アレの調達で情シスとのバトル、勃発か?
いよいよPMBOKの勉強も最後の章に突入! 今度は調達マネジメント? でも、在宅ヘルプデスクは調達するようなものってないような……。いやいや、とっても大事なモノを忘れてた。これって情シスの反発、必至かも……。(2015/10/30)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
通勤ラッシュで事件発生、リスク管理の重さを思い知る朝……
なんだか頭にすっと入ってこないなぁ〜、プロジェクト・リスク・マネジメントの項……朝の通勤ラッシュの中、そんなことを考えていたら大事件発生!! リスク管理の大切さを思い知るハメに……。(2015/10/9)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
ドMなヘルプデスクには天職? プロマネは利害調整の苦労人
そろそろPMBOKの勉強も終盤にさしかかってきた今回のテーマはステークホルダーの管理。利害関係者を整理してみると反対勢力も……。そこをなだめるのって、めちゃくちゃ難しくないか?(2015/9/18)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
ネットスラングで学ぶ? プロマネ流コミュニケーション管理術
2人なら1つ、3人なら3つ、4人なら6つ、9人なら36あるものってなーんだ? 答えはコミュニケーションチャネルの数。ということは、9人のプロジェクトを回すとき、プロマネはこんなに多くのコミュニケーションを意識しなきゃならないの!?(2015/9/4)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
え、あの人にこんなスキルが!? プロマネ修行でお宝発見!
プロジェクトを進めるうえでは、誰にどんな役割を割り当てるかが重要だよね。さっそく在宅ヘルプデスクプロジェクトの役割分担をしてみたら……意外な人の意外な能力に気がついちゃったかも……。(2015/8/21)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
卵サンドで開眼? プロマネ流「品質管理」コトハジメ
品質管理って謎が多い。参考書を見てみると、実行や監視に比べて“計画”のプロセスのページがやたらに多いのも謎めいている。いったいどういうこと? って思いながら卵サンドをパクついていたら……開眼したかも……。(2015/8/7)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
めちゃ高いプロマネ試験のハードルはアタマの中身より財布の中身!?
知れば知るほど奥深いPMP試験の世界。受験のハードルたるや、想像を絶する高さであることが分かってきた。受験料555ドル、失敗して再受験したら375ドル、おまけに受験するには4500時間のプロジェクト経験と35時間の学習が必要って……。(2015/7/24)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
プロマネは“コストのギャップを埋める”錬金術師?
次なる難関はお金の話、“コスト・マネジメント”。ついつい「予算の範囲内でまかなうために、どこにいくら使えるか」って考えてしまいがちだけど、それではダメみたい。だとすると、どう考えればいいのか……。(2015/7/10)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
じかんのほうそくがみだれる!? プロジェクト管理はSFのセカイ?
やっとのことで在宅ヘルプデスク業務開設プロジェクトの「プロジェクト・スコープ記述書」が完成したと思ったら、早くも次なる難関が……。4種類の論理的順序関係って何だ? 先行の作業の開始によって後続の作業が終わる「開始−終了(SF)」関係ってどういうこと?(2015/6/26)

『あまちゃん』最終回記念:
来てよその“日”を飛び越えて――今こそ、震災復興ツーリズムのススメ
9月28日、半年続いたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が最終回を迎えました。岩手県久慈を舞台に、東日本大震災の前後を描いたこのドラマ。ドラマを楽しんだ方にはぜひ、東北へ足を運んでほしい。被災地の「今」を、写真多めで紹介します。(2013/9/30)

この@ITマンガ・ラノベ・キャラ解説記事がすごい!〜@IT冬コミ的まとめ44選
10年以上の歴史がある@ITには、楽しくてバラエティに富んだコンテンツがあります。マンガや小説、そして愉快なキャラクターやイラストが登場する解説記事やコラムなど、仕事中の一服の清涼剤になれば幸いです(2013/1/7)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(29):
GitHubはリアルRPG? そして、ソーシャルコーディングへ
単なるリポジトリ管理ツールを超えて情報共有やチケット管理など本格的なプロジェクト管理も可能になったGitHubの5つの特徴を徹底解説します。これから始めてみたい人は必見の入門記事です(2012/10/19)

かんばん!〜もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(6):
Redmine×Gitのハーモニーは涙のチケット駆動開発!?
本連載は、ちょっととぼけた女子高生の姉妹が今注目のアジャイル開発手法であるスクラムとプロジェクト管理ソフトの「Redmine」を使って、システム開発をするというフィクションです。(2012/9/19)

かんばん!〜もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(5):
「うわっ…私のバージョン管理、ダメ過ぎ…?」を解決するGitの使い方“超”入門
本連載は、ちょっととぼけた女子高生の姉妹が今注目のアジャイル開発手法であるスクラムとプロジェクト管理ソフトの「Redmine」を使って、システム開発をするというフィクションです。(2012/7/11)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
タンスの肥やしか、たなぼたか――わたしを巻き込むiPad狂想曲
新しいiPadが登場した今になって白状します……。去年iPad 2を購入し「たんすの肥やし」にしてしまったことを。でも大丈夫、会社のモバイル導入で、この子にも活躍の場が巡ってきたんだから!(2012/4/17)

かんばん!〜もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(4):
「Redmineでスクラム実践!」〜アジャイル開発始めました〜
本連載は、ちょっととぼけた女子高生の姉妹が今注目のアジャイル開発手法であるスクラムとプロジェクト管理ソフトの「Redmine」を使って、システム開発をするというフィクションです。(2012/3/28)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
スマホの操作はカラダで覚えて?
ついにスマホを手に入れたわたし。あ、あれ、でもうまく文字入力できない……。えーい、外付けキーボードは使えるのかしら?(2012/2/29)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
資格なんて机上の空論? いえいえ危険人物の取り扱いには有効です
FEに合格して喜ぶ新卒女子。うちの会社にはMOS取得者もおおいんですって。あれ? でもなぜMS Office関連のヘルプコールが多いのかしら?(2012/2/24)

かんばん!〜もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(3):
「スクラムやるならRedmineとALMinium!」〜新キャラ登場! 無表情なあの人が笑う日は来るのか?
本連載は、ちょっととぼけた女子高生の姉妹が今注目のアジャイル開発手法であるスクラムとプロジェクト管理ソフトの「Redmine」を使って、システム開発をするというフィクションです。(2011/12/26)

かんばん!〜もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(2):
「スプリントと“かんばん”でチームのビートを刻め!!」〜スクラム開発で使う手法とツール
本連載は、ちょっととぼけた女子高生の姉妹が今注目のアジャイル開発手法であるスクラムとプロジェクト管理ソフトの「Redmine」を使って、システム開発をするというフィクションです。(2011/12/1)

かんばん!〜もし女子高生がRedmineでスクラム開発をしたら(1):
「高校生になって初めてスクラムを始めました」〜「ストーリー」で何を作るかまとめよう
本連載は、ちょっととぼけた女子高生の姉妹が今注目のアジャイル開発手法であるスクラムとプロジェクト管理ソフトの「Redmine」を使って、システム開発をするというフィクションです。(2011/11/14)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その40):
ガンバレ日本! GDC2011@サンフランシスコに行ってきた!
ITmedia ガジェットに引っ越して参りましたくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の40回目は、GDC2011サンフランシスコをまとめてみました。ハニィも「日本の力を、信じてる」!(2011/4/8)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その38):
日本のゲーム開発の不透明性とは何か?
半年以上の沈黙を破ってくねくねハニィが帰ってきたっ! サボってる間に(やっぱりサボってたんかいっ!)欧米関係者から見た日本開発のハテナ? な部分を聞き出してきたらしい。知ってる人もなーんだそれって人も読んでみてくださーい。(2010/10/26)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
ヒトの代替はきかないのよ……
恒例行事の新人研修。いつもはプロの講師が来てくれるけど、緊急時にはわたしにも出番が……。やめて、ヘルプデスクだからって人前で話すのが得意なわけじゃないんだから!(2010/7/16)

祝、書籍化!:
リーダーは、明るく楽しくあきらめず〜ドジっ娘リーダー奮闘記制作者座談会
リーダーはどうあるべきか、幸せな組織はどうやって作るのか。新米リーダーの成長をつづった『ドジっ娘リーダー奮闘記』の制作者たちが、本連載に託したリーダーへの思いや、制作秘話を話し合った。(2010/6/24)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
最終回 さよなら輩田さん――リーダーの真の仕事
リーダーの仕事は、チームを成功に向かって導くこと、そして……。いつか来る別れの日のために、リーダーがすべき仕事とは何なのか、しんこちゃんたちとともに学びましょう。(2010/5/27)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
家に帰るまでが遠足、引継ぎが完了するまでが仕事
お客さんや案件を後輩に引き継ぐ場合に押さえるべきポイントは何なのか、新米リーダーしんこちゃんとともに学びましょう。(2010/5/20)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
トラ・トラ・トラで攻めていけ?
組織の発展には攻めの姿勢が必要です。では攻めとはどういう行動を指すのかを、しんこちゃん&春美ちゃんの新米リーダーとともに考えましょう。(2010/5/13)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
“どこでも一緒”でいいのかな?
飲み会など業務外のイベントを上手く活用すると、チームの団結力が高まります。イベント開催のコツとポイントを、しんこちゃんとともに学びましょう。(2010/4/29)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
その“教えない”には訳がある
教育には、スクール形式のセミナー受講や、業務を通じて学ぶOJTなどさまざまな方法があります。新入社員の教育に適しているのはどれなのか、しんこちゃんと一緒に考えましょう。(2010/4/22)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
“標準化”って、ムズかしい。
同じWordのファイルを扱うにしても、Tabの使い方を知ってる人とそうでない人では、使いこなしに大きな差がでる。でも使用機能を標準化しようとすると、基準についてのトレーニングも必要になるし……。ああ、悩ましい。(2010/4/21)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
資格でメシが食えるか?
IT業界の仕事に資格は必要でしょうか? 資格の有無が報酬に与える影響や資格が生きるタイミングを、しんこちゃんたちとともに学びましょう。(2010/4/15)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
本気(マジ)で仕事する5秒前
リーダーの下にはメンバーからいろいろな提案が上がってきます。その提案が単なる願望や思いつきか、熟慮した上のものかを確認する方法を、しんこちゃんとともに学びましょう。(2010/4/8)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
育てばラクチン、後継者
事業を拡大・発展させるためには、人材の育成が大切です。メンバーを育てるコツとポイントを、新米リーダーペアのしんこちゃん&春美ちゃんとともに学びましょう。(2010/4/1)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
食らうど、もといクラウド化するとヘルプデスクも変わる?
会社のITが「クラウド」になると、わたしたちヘルプデスクの仕事のスタイルも変わるのかな? そんなギモンをぶつけてみるため、クラウドサービスの現役ヘルプデスク担当者に話を聞いてみました!(2010/3/26)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
任せる品格
仕事を「やらせる」のと「任せる」のには大きな違いがあります。「やらせる」は指示してその通りに作業させること、「任せる」は結果を求め工夫させることです。ではリーダーはどのようにメンバーに仕事を任せたら良いのか、しんこちゃんとともに学びましょう。(2010/3/25)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
年上の男の子
年功序列型の組織ではあまり存在しなかった立場と年齢の逆転が実力主義の現在では当たり前になり、若いリーダーが年上のメンバーとの関係に戸惑うことが多いようです。今日は年上のメンバーへの接し方を、しんこちゃん&春美ちゃんの新米リーダーペアとともに学びましょう。(2010/3/18)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
賛成? 反対? チャレンジ新境地
安定して仕事できるということは、その仕事が成長期を過ぎて衰退期に入っているのかもしれません。では衰退を防ぐためにはどうすれば良いのか、しんこちゃんと一緒に考えましょう。(2010/3/11)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
大切なことは、お“見通し”
仕事には納期という大切な約束があります。約束を守るために必要な時間感覚の身に付け方をしんこちゃんに教えてもらいましょう。(2010/3/4)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
『?』5回は、愛のサイン
組織が活躍するためには、メンバーおのおのが自発的に考えて行動しなければなりません。メンバーに考える習慣を与えるのはリーダーの愛情とも言えます。では具体的に何をしたら良いのか、新米リーダーしんこちゃんとともに考えましょう。(2010/2/25)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
しかり上手は褒め上手
メンバーの悪い点を指導し、良い点を伸ばしていくことは、リーダーの大切な仕事です。叱咤激励のコツと注意点を、しんこちゃん&春美ちゃんの新米リーダーペアとともに学びましょう。(2010/2/18)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
恋は焦らず、コミュも焦らず
コミュニケーションは組織で仕事をするときに欠かせないものです。では良いコミュニケーションとはどのようなものなのか、しんこちゃんと一緒に考えてみましょう。(2010/2/11)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
ワクワクさせてよ――目標設定の極意
目標は、組織全体からチームに与えられるものと、チームが自発的に考えて決めるものがあります。自分たちで決める目標はどのようなものが良いのか、しんこちゃんと一緒に学びましょう。(2010/2/4)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
問題を憎んで人を憎まず
組織にはときに問題行動を起こす人がいます。今回はしんこちゃんと一緒に、問題児の対処方法を学びましょう。(2010/1/28)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
あれ? このマウス“線”がないんですけど。
わたしがもらっちゃったエアマウスに興味を示しまくりの同僚がいると同時に、イマドキのマウスには電池が必要なことを知らないワカモノだっている。入力装置へのこだわりは人それぞれです。(2010/1/27)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
やりがいは、七難(7K)隠す
IT業界は最もストレスが高い仕事ではないかと言われています。ストレスとの戦い方を、しんこちゃんと一緒に学びましょう。(2010/1/21)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
守ってあげたい!
上層部の勘違いや思い込みからメンバーを守るのは、リーダーの大切な役割です。では、どうやったらリーダーはメンバーを上手に守れるのでしょう。(2010/1/14)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
華麗なる信頼関係
仕事で大切なのは「信頼されること」。では、お客さんや上司に信頼してもらうためにはどうすればよいのでしょう。(2010/1/7)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
モニタにまつわるエトセトラ
ブラウン管式が主流だったPC用のモニタも、すっかり液晶ディスプレイに様変わり。時は移ろい、我が家の風物詩も1つ消えた。(2009/12/11)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
あれもこれも任せちゃえ――リーダーの本当の仕事
リーダーは忙しい。個人の仕事に管理業務……でもそれは、本当にリーダーがやるべきことでしょうか。しんこちゃんと一緒に、リーダーの仕事とは何なのかを学んでいきましょう。(2009/11/25)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その34):
外から見ると違う! 日本だけ、ちと違う!!
アメリカに立て続けに出張したため日本に帰ってきて頭がくねくね、じゃなくてクラクラ、じゃなくて、くるくるしてるくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」の第34回目なのだぁ。今回は「ココが変だよ、日本人」!! 海外から見ると、日本って不思議な国らしいのよん!(2009/11/18)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
情報もカロリーも、積極的に出して行こう!
リーダーは、自分の考えが正しいかどうか常に自問自答しています。さらに、専門分野以外のことにも取り組まなければならない場合もあります。そんなとき、頼れる人がいるかいないかは、リーダーにとって重要なポイントです。(2009/10/1)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
探せばあるある、キワモノマウスの今昔物語
マウスはPCワークの必需品だけに、こだわるポイントも人によってさまざま。それだけに、探せば多いのよね。キワモノマウスたち……!(2009/9/28)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
新型のウイルスに、人もPCも大わらわ
最近のわたしは、どこにいっても「ウイルス」への心配にさらされている。どっちのウイルスかって? 両方に決まっているじゃない。(2009/9/24)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
どんぐりじゃないよ、ドングルだよ
夏バテするのは、人間だけじゃない。PCだって猛暑にやられちゃうことがあると、わたしは経験的に知っているのだ。(2009/8/24)

「脱KY」を図る情報コントロール術:
チームワークは7人が限界?――場のデザインの初歩を学ぶ
「場のデザイン」スキルを身に付けるためには、まず7人以下のチームを仕切ってみよう。できればその際、発言のハードルを下げ問題意識を共有しやすくするため、近い位階の人間同士だと、なおいい。(2009/8/13)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
目指せ、ゴリさん! 本物のリーダーになろう
社長、部長、課長といった役職の「長」は、英語では「マネジャー」と呼ばれます。「マネジャー」は日本語にすると管理者です。では、リーダーとマネジャーは何が違うのでしょうか。(2009/7/30)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
美女でもビギンでもなく、大切なビジョン
ビジョンとは「未来像」「将来展望」「見通し」のこと。リーダーの仕事はチームを成功に導くためにビジョンを示すこと――といえるぐらい大切なものです。今回はしんこちゃんと一緒に、リーダーが示すべきビジョンについて考えてみましょう。(2009/7/23)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
業務情報は風前の灯!――出張帰路の安らぎを奪う謎の白い液体
わたしにとって出張の楽しみといえば、新幹線内でいただく駅弁。でも時には“思わず目を離せない乗客”に出くわして、駅弁に集中できないこともある。それも仕方ないじゃない。ヘルプデスクという職業柄、気になる出来事もあるんだから――。(2009/7/7)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
握っちゃダメ! マシンはか弱くデリケート
潰される液晶に、止まってしまうサーバのファン……。けなげに働くIT機器は、同時にとってもデリケート。優しく使ってあげなくちゃ。(2009/6/25)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
お菓子じゃなくて、メリットが欲しいのね……
リーダーに対しては経営層からと現場からの要求がありますが、それらはかなり異なるものです。しんこちゃんと一緒に、リーダーに求められるものは何か? を考えてみましょう。(2009/6/24)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
キー配列にこだわる怪光線の主?
IT機器オタクが多いわたしの職場。なかでもキーボードは頻繁に触れるアイテムだけに、並々ならぬコダワリを持つ人も多いのだ――。(2009/6/17)

ドジっ娘リーダー奮闘記:
カラオケ特訓で、脱しんみり会議!
組織を生かすもコロすもリーダー次第。部下を管理するのではなく、生かすリーダーになるために、新米リーダー米倉新子ちゃんとともに、リーダーのイロハを学んでいきましょう。(2009/6/15)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
IT用語はウチュウ語?――新人研修に思う
4月からの数カ月は、企業にとって新人研修シーズンです。今回はそこで起こる「コトバの行き違いあれこれ」のお話――。(2009/6/9)

「脱KY」を図る情報コントロール術:
場の管理をマスターし、目指せオフィス潤滑油!
会社の業績がかんばしくないと、オフィスの雰囲気も沈みがち。ややもすると、指示がうまく伝わらないだけでなく、関係部署と険悪になってしまうことすらある。それを防ぐためには「場のデザインのスキル」が重要になってくる。なぜなら人はコンピュータと違って「命令を忠実に実行しない」ものだから――。(2009/5/7)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
Officeに少ない「出会い」のチャンス?
今回もトリセツの話題。わたしが「いいな」と思って使う機能が、ほかの人にとってはまったく必要ない機能だったりする。全く知らない機能だって多いはず。トリセツって、ユーザーと隠された機能とを出会わせてくれる、仲人のようなものかしら?(2009/4/23)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
トリセツ読まなきゃ……。
いくら面倒だからって、ちゃんとトリセツを読まないと、一生知らないままの機能だってあるのよね。わたしも立場上、ヒトに教えなきゃいけないこともあるし。ああ、説明書から逃れたい……。(2009/4/17)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
身勝手な「メール信者」ボクメツ大作戦!
メールを送れば「すぐに見てくれる」なんて勝手に思われても、受け取る側の都合だってある。隣の席からわざわざメールをしてくる内気な人もちょっと困る。今回は、そんな身勝手な「メール信者」に振り回されたお話。(2009/3/30)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
ウイルスもワームもさようなら――歳末、PCの大掃除だ!
仕事納めの日には、1年間お世話になったオフィスをキレイに掃除する社員が目立つ。わたしたちヘルプデスク部門だって、サーバルームに初詣でしちゃうことがないよう、しっかりと情報システムを「大掃除」しなくちゃね。(2008/12/29)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
悲惨なUSBメモリ、名付けて「ユメちゃん」!?
破壊され、そして(ヘンな)修理をされた結果、哀れな姿になってしまったUSBメモリを手にわたしは思う。日常使う周辺機器に「ニックネーム」を付けてあげれば、優しく扱う気になると思うんだけど、どうかしら?(2008/12/24)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
内線電話という名のナースコールに呼び出され……
人のトラブルを助けるのがわたしの仕事。それは分かっているけれど、一方的に呼び出されて、解決したら“はいさようなら”じゃ少し寂しい。仲間とは電話やネットだけじゃなく、気持ちでもつながっていたいものです。(2008/12/10)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その28):
くねくねハニィの「世界不況がもたらす影」
前回の原稿をあげてからアメリカに取材に行ってた様子のくねくねハニィ。零下の北東部から30度越えのカリフォルニアまで横断。温度差で大風邪をひいたらしいが、不況を肌で感じてきたかは不明なので、記事を読んでみてはいかが? (2008/12/8)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
静電気の季節到来!――帯電体質はツラいよね
乾燥しがちな冬の空気。しかもオフィスでは空調によってさらに湿度が下がりがち。そうなると恐いのは――そう静電気です。PCでばちっ。プリンタでばちっ。もちろん、ドアノブでも。ああ、春よ来い。(2008/11/19)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
レディーファーストは白? それとも黒?――運用のグレーゾーンって難しい
女性が訪ねてきたら、ドアを開けてあげる。男性諸氏にとっては当たり前ともいえる「レディーファースト」だけど、システム運用のルールに照らすと問題がある場合もある。そんな運用のグレーゾーンの判断って、ホントウに難しいのよね……。(2008/11/13)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
ITギョーカイに付きまとう「コトバ」の問題
わたしが働くITギョーカイの言葉は、なんて分かりにくいんだろう。というより、なんて「日本語じゃない」んだろう。まあ、モトが英語だから、当たり前といえば当たり前なんだけど……。(2008/10/22)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
早けりゃいいってものじゃない――新しモノに潜むワナ
社内システムの移行はケータイの機種変のようにはいかない。“新しいもの”と“昔からあるもの”が仲良くできるとは限らないから。それ、わたしのアンテナと同じかも……。(2008/9/25)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その26):
25回も続いてよかったね(実は26回目だけど)記念――くねくねハニィのつれづれなるくねくね話 Part2
またオフィス前の平坦な場所ですっ転んで足を引きずるくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」第26回目です。小ネタを並べただけって話もありますが、「いろんな話題に触れているので読んでみて、よろしこ」とのこと。(2008/9/16)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
データが勝手にどこかへ行った……わけないでしょ!
デジカメファイルを保存したハードディスクが壊れたら、もちろん写真は見られない。当然、印刷もできない。これを分かってもらうのに要した説明、約30分。……時は戻らないのだから、あれほどバックアップしてって言ったでしょ。(2008/9/17)

科学なニュースとニュースの科学:
量子コンピュータって何? その4
NTTと大阪大学の量子計算に関する発表の意味を解説するために、量子コンピュータの仕組みを“簡単に”説明する、という難題に(無謀にも?)挑んだこのシリーズ。4回目の今回ついに完結です。(2008/9/12)

科学なニュースとニュースの科学:
量子コンピュータって何? その3
量子コンピュータの仕組みをできる限り簡単に説明するシリーズ3回目。今回は「瞬間的に量子情報を伝達できる」という「量子テレポーテーション」の解説に挑戦します。(2008/8/22)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
真夏の夜にはトラブルが憑きもの、いや付きもの
「夜、PCが勝手に起動する」とか「だれもいないはずのオフィスからピアノの音が聞こえてくる」とか、わたしの会社にも七不思議がある。でもやめて。その手の話は苦手なんだからっ!(2008/8/22)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
教えて貴絵先生! 夏休み直前 PC&サーバのセキュリティチェック
サマーバケーション到来。でも管理者のわたしたちには、システムトラブルという心配のタネが付きまとう……。旅行の予約を入れる前に、社内システムのセキュリティ対策を最終チェックだ!(2008/8/12)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その25):
遅ればせながらくねくねハニィの「E3に行って参りました!」
暑い、暑すぎです。この暑さで溶けてしまいそうなくねくねハニィがお送りする「E3に行って参りました!」です。ちょっと時間が経ってしまって申し訳ないっすが、総評で「しょぼかった〜」と言われる7月中旬に行われたE3を、くねくねハニィ的にまとめてみたのでご一読をよろしこ。長いよ。(2008/8/8)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
買ったのはCDじゃなくてソフトでしょ!
どんなにわたしを頼られても、魔法のステッキですべて解決してあげられるワケじゃない。時には「ムリなものはムリ」と伝えることも大切なはず。ああ、こうして人は大人になっていくのね。(2008/7/30)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
体のつらさは心に原因があるのかも!?──うつと向き合うことも大切です
全10回の連載の最後は、ストレスについて考えてみる。心の問題は体にも大きな影響を持っているので、きちんと向き合って直していくことが大切。ストレスのない、健康的な生活のためにも自己点検は大事だし、時には医療の力も必要なのだ。(2008/7/10)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
キーボードにエサをあげちゃダメ
いつも触るものだけに、キーボードやマウスのトラブルは結構多い。キートップを外したあげく戻せなくなったり、盛大に飲み物をこぼしたり……。そういう事件を解決するのも、わたしの仕事なのよね。(2008/7/4)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第9回 胃痛の原因はそう単純じゃありません──内臓は複雑に絡まっているのだ!
仕事で追い込まれて、胃が痛くなるのはビジネスマンによくあること。でも、胃痛とひと口に言っても、それが引き起こされる理由はいろいろとあります。今回は胃の痛みから見えてくる人体についてお話します。(2008/7/2)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第8回 やたらと気にされている「メタボ」の基礎知識、教えます
「メタボリック」はいつの間にやら時代のキーワード。でも、そもそも「メタボリック」は何が体に悪くて、それに対してどのように対処すればいいのだろうか。今回はお腹まわりが気になる方は必読の、メタボ対策についてレクチャーする。(2008/6/25)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
オフィスで宝探し――備品チェックという冒険に出発だ!
会社に持ち込まれている「私物」をチェックしなければ! とコブシを握り締めるわたし。決して興味本位で会社を探検するわけではありません。あくまでもおシゴトですよ。(2008/6/19)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第7回 血圧が高いのはなぜ危険なの?──健康な生活を模索する
血圧の高い/低いに一喜一憂している人はたくさんいる。でも、そもそも高血圧って体にどう影響するのだろうか? そして、それへの対策はどのようにとればいいのだろうか? 今回は血圧についてのあれこれを解説する。(2008/6/18)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
シゴトとアソビの境界線――持ち込みオモチャをどこまで許すの?
フィギュアにマンガ、携帯ゲーム機など、オフィスワーカーは職場にいろんなグッズを持ち込みがち。でもどこからがNGなのか、その線引きは人それぞれ。日本でもiPhoneが発売されると、仕事グッズと遊びグッズの境界がさらにあいまいになりそうです。(2008/6/11)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第6回 クラッときたら、そのめまいの理由を探れ!!
恋に落ちたわけでもないのに、急にめまいがしたならば要注意。体の不調からきている可能性もあるからだ。しかも、めまいが起きる原因はさまざま。今回はそんなめまいの理由を探り当てるためのアドバイスを中心にお届けする。(2008/6/11)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
殿中でござる!――送ったメールは止められない
「メールを止めて!」と訴える、受話器の向こうの悲痛な声。残念なことにメールって、いったん送信が完了してしまえば、もう止めることはできないのです。(2008/5/30)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第5回 PCやケータイによる目の疲れには要注意――それは仕事にも恋にもダメージ大である
PCやケータイが日常のツールとなったことで便利にはなったものの、現代人の目の疲れはひどくなるばかり。酷使するばかりではなく、上手に目の疲れを取っておかねばならない。今回は疲れ目の対策についてレクチャーする。(2008/5/28)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
彼女とわたし――伝わらない想い
ユーザーが発するIT用語が正しい意味で使われているとは限らない。往々にして伝えたい思いがすれ違ってしまうのだ。難しいものですね。(2008/5/22)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
やっぱりネコがうらやましい
ある寒い休日の朝、後輩からのヘルプコールでたたき起こされるわたし。ああ、我が家のネコは、まだぬくぬくと布団の中だというのに……。(2008/5/14)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
戻り過ぎは困るけど――わたしの心をリカバリして!
作業ファイルを消してしまっことで負った心のダメージは、もうリカバリできない。脳を再起動して、最初から作り直すしかないのだ。(2008/5/1)

悲しき女子ヘルプデスク物語:
キータッチの快感にハマるわたし
茶軸と黒軸の違い。入力に使用しないキートップは外しちゃう。こんな会話に反応するアナタは、立派なキーボードマニアである。(2008/4/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。