STOP!名ばかり働き方改革

残業規制が厳しくなったことを受け、ただ「早く帰れ」というだけの“名ばかり働き方改革”が横行しています。その理由は簡単、同じ仕事量のまま残業をなくすには、業務を効率化するためのツールやルール作りが必要になりますが、その手間やコストを惜しむ企業が少なくないからです。しかし一方で、こうした“本質を見誤った改革には意味がない”と、本気の改革を進めている企業も増えています。仕事の生産性を高め、社員のモチベーションを上げ、右肩上がりの成長を遂げている企業は、どんな取り組みをしているのでしょうか。本企画では、ツール、ルール、風土の3つの視点から先進企業の働き方改革に迫ります。

TOP Stories

プロジェクトを始める前に課題を集める「課題リスト」は、プロジェクトの方向性や成否を決める重要なツール。正しく的を射た課題リストを書くためのポイントを解説する。

(2017年11月17日)
データのじかん:

働き方改革を正しく評価するには、削減した残業時間やテレワークの回数をはかるだけでなく、「会社や社員にとって良い結果をもたらす行動につながったかどうか」を見極めることがカギになる。その成果をはかる方法とは?

(2017年11月10日)
ナレッジ!? 情報共有…永遠の課題への挑戦:

働きづらい会社が行っている働き方改革と、社員が望んでいる改革とはどう違うのか。

(2017年9月6日)
コンサルタントが語る組織活性化のポイント:

若手社員(とくに入社3年未満)が会社に求めているものとは?

(2017年9月18日)
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。

(2017年8月8日)

今でこそ、爆速で次々と新サービスを生み出しているヤフーだが、過去には大企業病に陥り、スピード感が停滞してしまったこともある。そんな窮状から脱し、再び成長軌道に乗せるために、ヤフーはどんな改革を行ったのか。

(2017年8月15日)

ただ「早く帰れ」というだけの“名ばかり働き方改革”が横行する中、“本質を見誤った改革には意味がない”と、本気の改革を進めているのがNSSOLとサーバーワークスだ。社員のモチベーションを高め、利益に貢献する働き方改革はどうすれば実現できるのか。

(2017年8月23日)

ツールを使った改革

データのじかん:

働き方改革を正しく評価するには、削減した残業時間やテレワークの回数をはかるだけでなく、「会社や社員にとって良い結果をもたらす行動につながったかどうか」を見極めることがカギになる。その成果をはかる方法とは?

(2017年11月10日)

ソフトウェアロボット「BizRobo!」を活用したRPAを導入し、働き方改革や経営管理の高度化を図りながら、基幹システムに関わる業務を自動化した。

(2017年7月21日)

トラブルにも発展しがちな不動産投資の営業電話。読者の皆さんも受けたことがあるのでは。約9割が断られる状況の中、ならばと新規顧客向けの電話営業を全廃した不動産会社がある。

(2017年7月27日)
九州大学と富士通などが開発:

自治体職員の業務負荷が改善されるだけではなく、入所申請者への決定通知を早期に発信できるようになるという。

(2017年8月31日)

野村総合研究所(NRI)は、AIでスケジュールを分析して社員の働き方を可視化し、業務改善や働き方改革を支援するコンサルティングサービスを開始した。

(2017年8月7日)

防音機能付き個室「テレキューブ」を、オフィスや店舗に――。テレキューブコンソーシアムが仕掛ける「働き方改革」とは!?

(2017年8月2日)
コンサルタントが語る組織活性化のポイント:

働き方改革によって働き方や雇用の在り方が変化する中、これからの人財管理に求められるものとは? 経営や人事の目線から考察します。

(2017年7月14日)

サッポログループが、対話型AIに社内の問い合わせ対応業務を代行させる実証実験を行った。対応業務の45%を削減でき、年内には実業務で利用を始める予定という。

(2017年7月7日)

NECが、勤務実態を可視化するクラウドサービス「働き方見える化サービス」の販売を開始した。初期費用0円、1IDあたり月額500円からという低価格で利用でき、企業の働き方改革推進をサポートする。

(2017年7月6日)
社内実験で作業時間を7割削減:

日立ソリューションズ(日立SOL)は、RPAやAIなどを活用して働き方改革の推進を支援するソリューションを発表。海外で大規模RPAの実績を持つ、米Automation Anywhereのエンタープライズ向けRPAも活用する。

(2017年7月4日)

三井住友フィナンシャルグループは、「Office 365」と「Microsoft MyAnalytics」を導入して生産性向上と働き方改革を推進する。三井住友銀行が先行導入し、グループ全体へ展開するという。

(2017年7月3日)

AIを活用して、働く人の幸福感(組織活性度)向上に有効な働き方のアドバイスを提示する技術を検証した結果、AIの働き方アドバイスが職場の幸福感を引き上げ、業績向上にも有効であることが分かった。

(2017年6月27日)

コンサルティング業のジェネラル・サービシーズと、RPAによる業務支援システムを手がけるRPAテクノロジーズが、RPAを効果的に導入し、活用するための体制づくりを支援するサービスを開始した。

(2017年6月9日)
AWS Summit Tokyo 2017:

AIが記事を生成して配信するという「決算サマリー」を、2017年1月に開始した日経新聞社。その目的と背景、仕組み、今後の方向性を「AWS Summit Tokyo 2017」で聞いた。

(2017年6月5日)

アクセンチュアが日本の働き方改革を提案する。グローバルでの労働者意識調査から見えてきたものとは。

(2017年5月26日)

ソフトバンク・テクノロジーが、営業担当者向けにチャットボットを利用した活動報告ツールを開発。7月から提供を開始する。

(2017年5月23日)
Watson Summit 2017:

閉ざされた環境で孤独に、大忙しで作業する――。そんな航空整備士たちの働き方を変えたiPhoneアプリがある。IT部門は、整備士たちの課題をどのような形で解決したのか。JALエンジニアリング IT企画部 部長 西山一郎氏が語った。

(2017年5月17日)
Microsoft Focus:

働き方改革担当を務める現役大臣の訪問を受けたマイクロソフトは、あらためて働き方改革への意気込みを語った。自らの取り組みに確かな手応えを得てきた同社が次に目指す“働き方改革2.0”とは?

(2017年5月13日)

ITを活用した働き方改革は、企業だけでなく、医療の現場にも変化をもたらしている。約3200台ものiPhoneを導入し、医療、そして病院内のIT活用を進める東京慈恵会医科大学の取り組みを取材した。

(2017年5月12日)

Watsonを積極的に活用しているソフトバンクが、「Watson Summit 2017」の基調講演で、自社内でのWatson活用事例を紹介した。特定の業務量が半分になったり、所要時間が10分の1になったりするケースも出ているという。

(2017年5月11日)
IT苦手な“現場のプロ”が豹変:

現場の仕事はプロ級だが、ITは苦手――。そんな現場の職人たちが、毛嫌いしていたSalesforceへの入力を行うようになった。現場で何が起こったのか。

(2016年7月5日)

トークノートが、企業向けSNS「Talknote」に、定型業務を自動化する「Taskbot」を追加。日々の業務依頼やリマインドを自動化し、バックオフィス系部門の生産性向上に貢献する。

(2017年4月25日)

デジタル時代にビジネスを成功に導くにはテクノロジーの活用が欠かせない。そのトレンドを調査した「Accenture Technology Vision 2017」の日本版が発表された。取り上げられたのは、「ひと」のためのテクノロジーだ。

(2017年4月13日)

「RPA」、いわゆるデジタルレイバーの導入が、生産性向上や働き方改革など、さまざまなビジネス変革の第一歩として脚光を浴びつつある。

(2017年4月5日)

みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行は、日立製作所の協創の下、AIを活用した営業部門のセールス力向上と企画部門の業務効率化に向けた実証実験を行う。業務プロセスを見直し、オペレーションの効率化と高度化による顧客価値創出の実現を目指す。

(2017年3月29日)

アシストが、意思決定の自動化プラットフォーム「AEDAN(えいだん)」を発表。「企業のビジネスプロセスのデジタル化」と「人による判断の自動化」の実現をコンセプトに、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援していく。

(2017年3月16日)

まばたきや目の動き、頭の動きなどを検出できるスマートアイウェア「JINS MEME」で可視化できる“集中度”を活用するソリューションが登場した。業務効率の改善や、働き方改革のためのさまざまな施策が実際に有効なのかどうかを検証するのに役立ちそうだ。

(2017年1月19日)

ソフトバンクが、「Watson」日本語版を活用したソリューションパッケージの第3弾、社内問い合わせ対応システム「AI-Q」の販売を開始した。AIが質問を理解し、最適な回答をチャットで提示する。

(2017年1月11日)
男性でも使える:

オンライン会議中の画面に表示される顔に自動でメークするアプリを資生堂が開発。女性ならではの悩みを解決することで、テレワークを支援するのが狙い。一方、男性が使っても一定の効果があるようだ。

(2016年10月7日)
運用管理コストも削減:

官公庁の中でも積極的にワークスタイル改革に取り組む文部科学省は、2017年1月に向けてITインフラを刷新している。“レガシー”な現行システムを変えることで、一体何ができるのか。情報システムと人事それぞれの担当者に聞いた。

(2016年8月26日)
石破大臣も感心:

東京から京都へ移転することが決定している文化庁が、テレワークの実証実験を行っている。臨場感の高さがウリのテレビ会議システムで、東京と京都のオフィスを“つなげて”いるのだ。省庁の移転は地方創生につながる可能性もあり、注目が集まる。

(2016年7月15日)

テレワークでも、“周囲の雰囲気を常に感じて、気になることがあれば同僚の様子を伺い、近付いて話しかける”という、オフィスと同じ感覚で働ける――。OKIが提案するのは、そんなシステムだ。

(2015年7月16日)

BYODといえば、セキュリティの確保や端末の管理コストが負担となって期待した効果が得られないというケースも多い。ところが「管理面でもコスト面でも身軽になれる」と全社BYODに舵を切った会社がある。

(2015年6月29日)

社内のコミュニケーションロスが仕事に影響している――。改善に乗り出したコニカミノルタビジネスソリューションズが導入したソリューションは、社内外の交流をスムーズにしただけでなく、百万単位のコスト削減にもつながった。

(2015年6月25日)

領収書を“のりで貼って提出する”手間や、原本保管のコストがなくなれば、日本全体で6000億円のコスト削減になる――。こう話すのはコンカー取締役の三村真宗氏。e文書法のさらなる改正で、それが実現する日も遠くないようだ。

(2015年6月22日)

紙から転記の苦行をやめたらデータ連係が爆速に――。高島屋日本橋店が「タカシマヤポイントカード」の入会申し込み手続きを、紙からタブレットに移行した。

(2015年6月19日)

営業本部を中心にプロジェクトメンバーや店舗責任者ら約200人が社内SNSに移行。社内でやりとりしていたメールのほとんどをなくしたという。

(2015年4月30日)

人手不足でテレワークの導入を検討する企業が増える中、最大のハードルといわれるのが“コミュニケーション”の問題だ。この課題を高価な機材を使うことなく、工夫と知恵で乗り越えたのがダンクソフト。手を伸ばせば届くような臨場感を、どうやって実現したのか。

(2015年3月24日)

人手不足でテレワークやワークシェアリングが注目を集める中、“離れた場所にいるワーカー同士のコミュニケーション”という課題が浮上している。10年前からこの問題に取り組んできたYPPの解決法は。

(2015年2月20日)

必要なときにかぎって空きがないのに、ダメもとで行くと案外、空いていたりする――。こんな非効率な会議室の運用を見直したのがKDDI。社内スタッフも来客も喜ぶ“タブレットを使った”改善策とは。

(2014年12月5日)

ルール・風土の改革

プロジェクトを始める前に課題を集める「課題リスト」は、プロジェクトの方向性や成否を決める重要なツール。正しく的を射た課題リストを書くためのポイントを解説する。

(2017年11月17日)
ナレッジ!? 情報共有…永遠の課題への挑戦:

働きづらい会社が行っている働き方改革と、社員が望んでいる改革とはどう違うのか。

(2017年9月6日)
コンサルタントが語る組織活性化のポイント:

若手社員(とくに入社3年未満)が会社に求めているものとは?

(2017年9月18日)
榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:

社員がいきいきと働ける職場職場をつくるには、何が必要なのか? そのヒントは、学生時代のファストフードのバイトの経験の中にあった。いったい、バイトの現場で何が起こっていたのだろうか。

(2017年8月8日)

今でこそ、爆速で次々と新サービスを生み出しているヤフーだが、過去には大企業病に陥り、スピード感が停滞してしまったこともある。そんな窮状から脱し、再び成長軌道に乗せるために、ヤフーはどんな改革を行ったのか。

(2017年8月15日)

ただ「早く帰れ」というだけの“名ばかり働き方改革”が横行する中、“本質を見誤った改革には意味がない”と、本気の改革を進めているのがNSSOLとサーバーワークスだ。社員のモチベーションを高め、利益に貢献する働き方改革はどうすれば実現できるのか。

(2017年8月23日)

経済産業省などが、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「働き方改革」の一環で「テレワーク・デイ」を展開する。テレワークのポイントとは!?

(2017年7月5日)

V字回復を果たしたミクシィは、“社員のやる気を引き出し、コミュニケーションを創出し続けるため”にどんなオフィス環境を構築しているのか。

(2017年7月28日)
Weekly Memo:

ビジネスの課題をITで解決する時代になった今、CEOにはこれまでとは異なる考え方や発想を求められることも増えてくる。そこですべきこと、やってはいけないことは何なのか。

(2017年9月19日)
プロジェクトマジック:

職場の意見調整では、「なんとなく一致した」というようなふわっとしたコンセンサスではなく、「相違点を検討した上で合意する」という確かなコンセンサスを導き出すことが重要。そのために必要となる、“人から意見を引き出す秘訣”を紹介します。

(2017年8月4日)
VMware Conference 2017 Summer:

SCSKとサイボウズで「働き方改革」に取り組んできた担当者に、そのきっかけや道のり、苦悩などを聞いた。

(2017年7月19日)
即席!3分で分かるITトレンド:

工数に応じた費用で売上や利益を確保するビジネスモデルは、今や、限界を迎えているといえます。限界をもたらしたビジネス環境の変化を整理し、これからのSIerが進むべき道を探る必要があります。

(2017年6月27日)
ITソリューション塾:

「自分がもし、顧客企業の社長だったら」――と想像しながら営業できているだろうか? 「生き残れない営業」の特徴と、その克服策となる「生き残れる営業」の条件を解説します。

(2017年6月14日)
ITエンジニアのための開発現場で役立つ心理学:

言葉以外の「非言語メッセージ」は、二者間の対話で65%を占めるとの実験結果も。意図せず誤解を与えてしまわないためのコミュニケーション法とは?

(2017年6月9日)
けんじろうとコラボろう!:

新入社員として、または転職や異動で新しい職場のメンバーになったとき、嫌われないためのコツを伝授します。

(2017年5月30日)
Dr.本荘のThought & Share:

“上司も管理職もいない会社”でイノベーションが起こる理由とは。

(2017年5月27日)
世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:

「働き方改革」で企業と働き手に求められることは何か――日本の労働環境が抱える本質的な問題を考察しつつ、その核心を探ります。

(2017年5月1日)

デジタル改革を推進する武闘派CIOとして知られるハンズラボの長谷川秀樹氏。昼夜を問わずに働くタイプだった同氏が働き方改革を意識するようになったきっかけとは。

(2017年4月5日)
テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:

最近のIT系セミナーなどでもよく取り上げられるテーマの1つが「ワークスタイル変革」です。なんだかIT部門がやるべき仕事のように思いがちですが、やはり“ココヘン”が存在します。それは――。

(2016年9月9日)
Weekly Memo:

富士通と日本マイクロソフトが「グローバルコミュニケーション基盤」の普及促進に向けて連携強化を図った。その内容には、企業におけるデジタルトランスフォーメーションの進め方のヒントがあった。

(2016年9月5日)
新しい働き方、新しいオフィス:

経費精算のクラウドサービスとして急成長中のコンカー。東京・有楽町に構えた新オフィスを訪ねた。

(2015年6月26日)

出産や育児で長期間、会社を離れていると、社会から取り残された気分になり、自分のスキルが通用するのか不安になる――。そんな産休・育休中の女性社員が、自宅にいながらにして会社と接点を持ち続けられる仕組み作りに取り組んでいるのがベネッセだ。

(2015年5月19日)

競争の激化で厳しさが増す航空業界で、ITを使ってコスト削減をしようとする会社は多い。そんな中、デスクトップ仮想化で「Windows XP」の移行を低コストで済ませ、さらには飛行機のパイロットにiPadを支給した会社がある。

(2015年5月19日)
新しい働き方、新しいオフィス:

どんなプロジェクトであってもチームで行う限り「会議」はなくならない。でも、それは「会議室」に集まらなきゃいけないものだろうか? 思い切って社内から会議室をなくした会社がある。

(2015年2月5日)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -