キーワードを探す
検索

「スティーブ・ジョブズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード
最新記事一覧

店舗の「シフト管理」は、意外と負荷の高い業務だ。リクルートジョブズの調査によると、シフト管理の作業に平均で月15時間もの時間を費やしているという結果も出ている。こうした負担を軽減するサービスが、リクルートライフスタイルが提供する、やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス「Airシフト」だ。実際に導入した店舗の声を聞いた。

()

リクルートジョブズが機械学習/AIをサービスに活用するプロジェクトで得た知見を紹介する連載。初回は、リクルートジョブズでデータサイエンス部隊が立ち上がった頃に起こった問題について。

()

スティーブ・ジョブズが初代マッキントッシュのマウスのデザインを依頼した企業が前身で、「世界でもっともイノベーティブな企業」にも選ばれた「デザイン」コンサルティングファームIDEO(アイディオ)――。そのIDEOが生み出した「デザイン思考」とは一体どんなもので、いかなる「革新」をもたらすのだろうか?

()

Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験に長けている。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方とは。そしてIT部門が、変化に伴う混乱を受け入れながらやり方を変えていくにはどうすればよいだろうか。

()

Appleの共同創業者、故スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が手作りした同社の最初のコンピュータ「Apple I」がChristie'sのオークションに出品された。マニュアルやカセットテープ付きで、最後に起動したのは2005年だが、起動できそうなコンディションだという。

()

Universal Picturesの映画「Steve Jobs」が米映画祭でプレミア上映され、VarietyやHolliwood Reporterなどが好意的なレビューを掲載。Appleの共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏も「役者が演じているのではなく、本物を見ているようだった」と絶賛した。米国での封切りは10月9日。

()

ベストセラーとなったウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」を原作とするジョブズ氏の伝記映画「Steve Jobs」の米国での封切りが10月9日に決定。Sony Picturesから版権を譲り受けたUniversal Picturesが初のトレーラーを公開した。

()

シリコンバレーの和食店の寿司カウンターに座り、ジョブズはどんな素顔を見せたのか。スティーブ・ジョブズが毎週通い続けた和食店の経営者、寿司職人である佐久間俊雄氏の著書を紹介する。

()

今すぐにスティーブ・ジョブズにはなれなくても、「ミニジョブズ」くらいならなれるかもしれない。組織の中に1人でも多くのミニジョブスを抱えている企業は強くなれるだろう。ミニジョブズとはズバリ「変えられる人」のことだ。

()

米国で行われたAppleのメディア向けイベントで、Retinaディスプレイを搭載した13型MacBook Proや、極薄ボディに生まれ変わったiMac、7.9型のiPad miniなど、年末を飾る新製品が一挙に公開された。林信行氏が現地からリポート。

()

スティーブ.ジョブズ氏の長年の親友であり、指導者でもあったジェイ・エリオット氏が来日した。まだ20代だったころのジョブズ氏は「30歳以上の奴らは信頼するな。ただし、ジェイは除く」というほど、エリオット氏を慕っていたという。エリオット氏に、アップル成功の秘密やジョブズ氏との関わりについて聞いた(聞き手:林信行)

()

「次のスタンダードを作るのは、あなたでもなければ、あなたの周りにいる誰かでもない」。ジョブズやビル・ゲイツなどを間近で見続けてきた成毛眞氏はそう断言。それよりも時代を作る人を見つけて、早く近くに行くべきだ、と主張する。

()

「インターネットの普及が、人類に3つの革命を起こした」と語る夏野剛氏。ジョブズ同様、人々のライフスタイルを革新的に変えるサービスを世に投じてきた彼には、日本人のワークスタイルに関して、どうしても若者に伝えたいことがあるという。

()

岡田斗司夫さんがニコニコ生放送に開設したシンクタンクの2月号。ニュースの解決策を提案する「岡田斗司夫のニュース道場」と、ユーザーがスティーブ・ジョブズ氏やローマ法王などの有名人になりきって相談する「なりすまし人生相談」をお送りする。配信は2月22日18時0分〜。

()

「スティーブ・ジョブズが禅に傾倒していた」と日本人は誇らしげに語るが、当の私たちはどれほど自国が育んだ思想・哲学を知っているだろうか。今回はその1つ、「因果倶時」「因果一如」を見つめてみる。

()

岡田斗司夫さんがニコニコ生放送に開設したシンクタンクの12月号。2部構成で、「岡田斗司夫のニュース道場」ではニュースの解決策を岡田さんが提案する。有名人になりきる「なりすまし人生相談」では「天国のスティーブ・ジョブズさん:5年後のアップル、大丈夫か?」「ローマ法王:未来、宗教はどうなっている?」などの質問に岡田さんが答える。配信は12月26日18時0分〜。

()

岡田斗司夫さんがニコニコ生放送に開設したシンクタンクの番組第2回。2部構成で、1つめのコーナー「岡田斗司夫のニュース道場」では「TPP」「オリンパス損失隠し」「銀魂放送中止」などのニュースの解決策を岡田さんが提案する。有名人になりきる「なりすまし人生相談」では「天国のスティーブ・ジョブズさん:5年後のアップル、大丈夫か?」「ローマ法王:未来、宗教はどうなっている?」などの質問に岡田さんが答える。配信は11月23日18時0分〜。

()

すでに読了した方も多いだろうが、故スティーブ・ジョブズ氏が全面協力した最初で最後の公式伝記『スティーブ・ジョブズ』がようやくApp Storeにも登場した。

()

「ニコニコニュース」に掲載された記事をジャーナリストや記者らが「イジリ倒す」番組「号外! ニコニコニュース」の10月号。小沢一郎氏の初公判、各地で起こるデモ問題、スティーブ・ジョブズ氏の死去まで、タブー無しで語る。出演者は茂木健一郎さん、ジャーナリストの江川紹子さん、上杉隆さん、ニコニコニュースの亀松太郎編集長など。司会は津田大介さん。配信は10月28日22時0分〜。

()

ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では約250人のブロガーが、ITにまつわる時事情報などを、日々発信している。今回はその中から「iPhone」「スティーブ・ジョブズ」「ソーシャルメディア」「Twitter」を紹介しよう。

()

GoogleとSamsungがメディアに向けて、「世界がジョブズ氏の死を悼んでいる中で新製品を発表するのは適切ではない」として10月11日に予定していた発表イベントを延期すると伝えた。このイベントでは「Android 4.0」と「GALAXY Prime」が発表されるとみられていた。

()

スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記「スティーブ・ジョブズ」(講談社)が、当初予定を前倒しして10月24日に1巻が発売されることになった。

()

Appleの創設者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことを受け、ニコニコ生放送で特別番組を配信する。出演者は西村博之さん、茂木健一郎さん、アスキー創始者で、マイクロソフト元副社長の西和彦さん、「MacPeople」の吉田博英編集長、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん。司会はジャーナリストの井上トシユキさん。配信は10月7日0時30分〜。

()

スティーブ・ジョブズ氏が死去した。米Apple本社前には半旗が掲げられている。

()

スティーブ・ジョブズCEOの辞任が発表された米Appleの今後を議論する番組「どうなる? これからのアップル」をライブ配信する。ジョブズ氏の功績を振り返りながら、同社の行く末を徹底分析し、販売間近とうわさされるiPhone5も「大胆予測」する。出演者は、ギズモード・ジャパンのいちる編集長、ITジャーナリストの柴田文彦さん、林信行さん、森健さん。配信は9月9日22時30分〜。

()

アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏がついにCEOを退任する。一度は潰れかかった“アメリカンドリーム”の象徴でもある会社を、その後わずか15年で世界の頂点まで導いたジョブズCEOの退任後、アップルは今日の勢いを保てるのか。林信行氏が分析する。

()

米Appleの開発者イベント「WorldWide Developers Conference」(WWDC)に合わせた非公式の番組。Appleが発表会を公式にライブ配信する場合は、基調講演の音声を日本語に同時通訳し、Ustream配信する。公式ライブ配信がない場合は、Apple関連情報サイトのテキストを翻訳し、Ust&Twitterに流す予定だ。Apple関連のイベントを同時通訳して流しているmacwebcaster.comの番組。今回のWWDCはスティーブ・ジョブズCEOが登場し、「iOS 5」や「iCloud」を発表する予定になっている。配信は6月7日2時0分〜。

()

Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「iPhone 4」を「われわれの最も精密で最も美しい製品の1つ」と語るが、流出した試作機のニュースを知っている人には驚くべき発表はなかった。

()

米Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「全体の力は、部分としての個人力を集めたよりもはるかに大きい」と話す。個人技の本場ともいえる米国においても、チームワークの重要性は多くのリーダーの言葉を通して語られているのだ。

()

iPhone SDKの新たな規約では、FlashなどのアプリをiPhone向けに変換するツールが禁じられる。スティーブ・ジョブズ氏は、アプリの水準を維持するためと説明しているが、「Flashつぶしではないか」との見方も。

()

Appleが新Mac発表イベントを開くといううわさがあるが、この不況の中、しかもスティーブ・ジョブズ抜きで、なぜそんなことをするのだろうか。

()

Appleのスティーブ・ジョブズCEOが、夏まで治療に専念することを明らかにした。2008年11月の携帯出荷台数は、4カ月ぶりに300万台ベースに回復。TCAとケータイキャリアは、振り込め詐欺の被害が増加傾向にあることを受け、不正契約を防ぐ取り組みの強化策を発表した。

()

そろそろAppleの取締役会もでたらめを言うのはやめて、ジョブズ氏復帰の現実的な可能性や、不測の事態に備えての新経営陣への移行プランなどについてきちんと説明すべきだ。

()

「この世でもう会えないなら来世で会おう」――偽ジョブズことダン・ライアンズ氏が、本名で新たなサイトを立ち上げる。

()

Mac OS X Leopardの機能がいまだはっきりしない今、6月に開催予定のWWDCはうわさの中心だ。今回のWWDCは10年前のように、独立系ソフトウェアベンダー(とMacの未来)にとって重要なイベントとなるだろうか。

()

Appleからスティーブ・ジョブズ氏やギル・アメリオ氏が追い出されたのはOSに原因があった。OSには呪いがかかっている。そしてビル・ゲイツ氏にはVistaの……。

()

iPodにアナログICを供給しているNational Semiconductorが史上最高の業績を記念して社員全員にビデオiPodを配布した。同社の前CEOは、Appleでスティーブ・ジョブズCEOの前にCEOを務めたこともあるギル・アメリオ氏。

()

Appleの1〜3月期決算は売上高が34%の増収、純利益は41%の増益。「Intelプロセッサへの移行は非常にうまくいっている」とジョブズCEO。

()

販売開始された「iPod Hi-Fi」。スティーブ・ジョブズ氏は「ホームユースにもっと目を向けなければならない」と狙いを説明しているが、具体的にどのような“ホームユース”を主眼に製品化されたのか。来日した米Apple Computer幹部にたずねた。

()

2月下旬に報道関係者の元に送られた「謎の招待状」が話題となった、米Apple Computerの新製品がいよいよ発表された。米カリフォルニア州クパチーノにある本社で2月28日(現地時間)に開催された発表会には、多くのプレス関係者が詰めかけ、同社CEOのスティーブ・ジョブズ氏の講演に耳を傾けた。

()

Apple Computerのスティーブ・ジョブズ氏がDisneyの取締役に就任することが決まった。Pixar/Disneyアニメーション製作部門として、Pixarの拠点はそのまま維持される。

()

スティーブ・ジョブズ氏の基調講演でその存在が明らかにされた、「MacBook Pro」。MacWorld Expoの会場では、この新型機へ実際に触れることができる。注目の新型を写真で紹介。

()

ビデオ発売から20日足らずで100万本をダウンロード販売。もっと多くのビデオをiPodで見てもらえるようにしたい、とジョブズ氏は言う。

()

シリーズ製品として初めて、動画の再生に対応した新型iPod。「HDDタイプのiPodはそろそろ交換だろう?」とジョブズ氏も自信満々だ。大型液晶を搭載しつつ薄くなった“新世代iPod”を早速購入してみた。

()

アップルコンピュータは都内で関係者向けのイベントを開催、スティーブ・ジョブズ氏による新iPodなどの発表プレゼンテーションがビデオで紹介された。新iPodは動画再生も可能だが、ジョブズ氏は「あくまでも大切なのは音楽だ」という。

()

Appleの4〜6月期決算は、iPodの好調に支えられ、売上高、利益とも過去最高を記録した。「目を見張るような新製品も準備中」とジョブズCEO。

()

「PowerPCの消費電力問題がIntel乗り換えの理由」とするAppleのジョブズCEOに対し、「むしろAppleとIBMとの関係の性質が、Appleが採用できるIBMプロセッサのロードマップを制限していた」とIBM幹部は反論している。

()

「次の10年はIntel技術に託す」とスティーブ・ジョブズ氏は宣言した。PowerPCからIntel Architectureへの大転換は、開発キット配布を始める今日からスタートし、2007年末までには全ラインの移行を完了するという。

()

米Appleの1〜3月期決算はiPodの爆発的な売れ行きに支えられ、大幅な増収増益となった。ジョブズCEOによれば「今年は目を見張るような新製品が控えている」という。

()

Macintoshを最初に考えついたのはスティーブ・ジョブズ氏でもなければ、ウォズでもない。自他ともに認める「Macintoshの父」は、ユーザーインタフェースの大家、ジェフ・ラスキン氏だ。

()

米AppleのジョブズCEOがソニーの出井会長に、iTunesへの参加を持ちかけていたという。あるアナリストは、不安定な状況にある音楽サービス市場では「いずれ提携が欠かせなくなる」と指摘している。(IDG)

()

Macworld Conference & Expoが7月13日開幕した。Macintoshの20周年を記念するAppleの元社員4人によるパネルディスカッションでは、Macintoshプロジェクトの始まりと、4人がデザインに果たした役割が紹介された。(IDG)

()

「世界ナンバーワンのオンライン音楽ストアがついに英国、フランス、ドイツにやってきた」――スティーブ・ジョブズCEOはこう宣言。発表会のステージで、iTunesの新機能や海賊行為との戦いについて語った。(IDG)

()

Apple Computerのスティーブ・ジョブズCEOは6月28日のWWDCで、Mac OS Xの次期メジャーリリース「Tiger」のプレビューを行う予定。Appleは、Tigerに関するそれ以上の詳細は明らかにしていない。

()

スティーブ・ジョブズCEOはApple Computer年次株主総会で質問を受け、市場シェアについて「当社には2500万人の忠実なMacの顧客がいる。当社の関心事は、第一にこの人たちがハッピーかどうか、第二に顧客が増えているかどうか、第三が市場シェアだ」と述べた。

()

RealNetworksのロブ・グレイザーCEOは、Appleのスティーブ・ジョブズCEOあての電子メールで、デジタル音楽の分野で「戦術的な提携」を持ちかけたという。実現できなければ、Microsoftと手を組まざるを得ないとする姿勢を強くにおわせたとされる。

()

1〜3月期のiPod出荷台数は80万7000台。スティーブ・ジョブズCEOは談話の中で「事業の大部分が成長を示し、特にiPodは過去最高の80万7000台を販売、前年から900%以上も伸びた」と述べている。

()

Appleが提出した特許申請書によると、Appleは「グラフィカルユーザーインタフェースとマルチメディアプレーヤーにおけるその利用法」について特許を申請。発明者名にはスティーブ・ジョブズCEOなどの名前が記されている。

()
関連キーワード
キーワードを探す
ページトップに戻る