ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ジョブズを追い出した“レジェンド” ジョン・スカリーは「Appleの今」をどうみているのか
Appleからジョブズ氏を追い出した男として知られるジョン・スカリー氏が来日。Appleの現状に言及した。(2016/11/25)

Go AbekawaのGo Global!〜John Sculley編:
もう1つの「点をつなぐ」――ジョブズを追放した男が考える「この先、生き残るエンジニア」とは
アップルの黎明期をスティーブ・ジョブズと共に作り、今なお、若いエンジニアたちを支援するIT業界の巨人、ジョン・スカリーが考える「世界の変え方」とは――。(2016/11/7)

ジョブズのタッチスクリーンPC批判にMSとApple、6年後の回答
2010年10月、「Back To The Mac」を銘打った製品発表イベントで、スティーブ・ジョブズは「タッチスクリーンは垂直の画面には適さない」と言った。6年後、MicrosoftとAppleは製品の形でその回答を用意した。(2016/10/28)

立ちどまるよふりむくよ:
ボブ・ディランからスティーブ・ジョブズは何を学んだのか(プレイリストつき)
ジョブズのロールモデルはディラン。Appleはディランのようにやっている。How does it feel?(2016/10/15)

ホワイトペーパー:
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験に長けている。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方とは。そしてIT部門が、変化に伴う混乱を受け入れながらやり方を変えていくにはどうすればよいだろうか。(2016/10/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
勇気ある前進で“スティーブ・ジョブズ氏”のようなイノベーションを起こす方法
Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験に長けている。イノベーションの起こし方に関する同氏の考え方とは。(2016/8/26)

ジョブズ「重要なことに集中したいならノーと言え」IT企業偉人たちの名言まとめ
故スティーブ・ジョブズ氏の名言「われわれには、そんなにたくさんのことができる機会はない」。ITの偉人たちは何を考えたか。頭髪ネタへの孫正義氏の見事な切り返しもすごい。(2016/6/15)

ジョブズの「現実歪曲空間」はこうして生まれた マンガ「スティーブズ」でのチームワーク
原作者、漫画家(2人)、編集者の4人がチームとなって制作。その内情が語られた。(2016/6/1)

ガイ・カワサキ氏に聞くイノベーションの極意
元Appleエバンジェリストが伝授、“次のスティーブ・ジョブズ氏”になれる10個の方法
Appleでチーフエバンジェリストを務めたガイ・カワサキ氏は、“次の新しいもの”を売り込む経験を豊富に積んでいる。イノベーションを起こす方法に関する同氏の考え方を紹介する。(2016/5/6)

スティーブ・ジョブズ氏のメンター、ビル・キャンベル氏が死去
Appleの故スティーブ・ジョブズ氏のメンターとして知られ、米IT業界で「コーチ」と呼ばれて敬愛されていたビル・キャンベル氏が75歳で亡くなった。ティム・クック氏やエリック・シュミット氏など、多くの人々が哀悼の意をツイートした。(2016/4/19)

ウォズ、もうすぐジョブズの隣に——蝋人形になる喜びを語る(動画あり)
ウォズも蝋人形にしてやろうか。はい。(2016/3/9)

映画「スティーブ・ジョブズ」はiTunesで販売しているはずなのに
米iTunes Storeで販売しているはずなのに、店頭には並べていない、その理由は……。(2016/2/17)

日本式イノベーションの起こし方:
ジョブズがいなくても、新しい価値は創造できる
どうすれば組織の中からイノベーションを起こすことができるのか? 実は日本の組織こそが変化をつくり、イノベーションを起こすことに適しているという。(2016/1/19)

ジョブズ対ゲイツがテーマのミュージカル「nerds」、3月にブロードウェイで開演
Apple共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏とMicrosoft共同創業者のビル・ゲイツ氏の“フロッピーディスク時代からiPhone旋風まで”のライバル関係を題材にしたコメディミュージカル「nerds」が3月からブロードウェイの老舗劇場で上演される。(2016/1/15)

R25スマホ情報局:
iPhone純正ケース、ジョブズも失望?
突如として発売されたiPhone 6/6s用の純正バッテリー内蔵ケース「iPhone 6s Smart Battery Case」。背面が出っ張った独特なデザインがネット上で「ダサい」「不細工」と話題になっています。(2015/12/14)

マイクラ人気の影響大?:
未来を変える1時間――子どもがプログラミングを学ぶ「Hour of Code」開催
コンピューターサイエンス教育週間にあわせて、世界中のアップル直営店で子ども向けのワークショップが開催された。未来のジョブズがこの中にいるかも。(2015/12/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
傷だらけの「Flash」――見直されるジョブズ氏の決断
以前から指摘されてきた「Flash」の危険性。事実上の後継技術と目される「HTML5」が普及の勢いを強め始める中、Flashはこのまま消えゆく運命なのだろうか。(2015/11/27)

日本式イノベーションの起こし方:
<新連載>なぜ今、「イノベーション」が必要なのか?
スティーブ・ジョブズと日本企業の事例から紐解く組織の中からイノベーションを起こす方法。(2015/11/10)

映画「スティーブ・ジョブズ」2016年2月日本公開 伝説のプレゼン「直前40分の舞台裏」も描いた人間ドラマ
ジョブズ役を演じるのはマイケル・ファスベンダー。(2015/10/29)

動くかもしれない「Apple I」がオークションに ビッド開始額は約4400万円
Appleの共同創業者、故スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が手作りした同社の最初のコンピュータ「Apple I」がChristie'sのオークションに出品された。マニュアルやカセットテープ付きで、最後に起動したのは2005年だが、起動できそうなコンディションだという。(2015/10/16)

Apple新型プロセッサの詳細を知りたい:
A9の性能は? 「ヘイSiri、ヒントをお願い」
故スティーブ・ジョブズ氏は、端末のプロセッサの性能を明らかにすることよりも、エンドユーザー体験をアピールすることを常に念頭に置いていた。ただ、Appleのプロセッサが高性能なのは誰もが知るところである。「A9」「A9X」の性能を推測する“ヒント”は何だろうか。(2015/9/17)

映画「スティーブ・ジョブズ」、ウォズニアック氏も「本人を見ているようだった」と大絶賛
Universal Picturesの映画「Steve Jobs」が米映画祭でプレミア上映され、VarietyやHolliwood Reporterなどが好意的なレビューを掲載。Appleの共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏も「役者が演じているのではなく、本物を見ているようだった」と絶賛した。米国での封切りは10月9日。(2015/9/8)

世界トップリーダー1000人が実践する時間術:
スティーブ・ジョブズも感じた“時間の有限性”
世界トップリーダーが支配する、時間に関する3つの法則。今回は、ながら行動で時間を「伸縮」させる方法を紹介します。(2015/8/12)

子育て女性の新しい働き方を提案したい――「Growth Hack for Womenプロジェクト」
リクルートジョブズは、Kaizen Platformと共同で子育て中の主婦を「Growth Hacker(グロースハッカー)」として育成し、キャリア形成と起業を促すプロジェクトを展開している。主婦をグロースハッカーとして育成することの狙いはどこにあるのか。両社の担当者に話を聞いた。(2015/8/5)

映画「スティーブ・ジョブズ」のトレーラー第2弾公開(顔は似ていない)
故スティーブ・ジョブズ氏“公認伝記”の映画化作品「Steve Jobs」の2分40秒のトレーラーが公開された。ジョブズ氏を演じるマイケル・ファスベンダーは、容貌こそジョブズ氏にあまり似せていないものの、情熱的に演じている。(2015/7/2)

マダム・タッソー館にウォズニアック氏追加決定(ジョブズ氏、ザッカーバーグ氏に続き)
スティーブ・ウォズニアック氏本人の“選挙活動”も奏効し、サンフランシスコのマダム・タッソー館にウォズニアック氏の蝋人形が今秋から展示されることになった。「ジョブズの隣に立つ僕を見るのが楽しみ」と本人も喜んでいる。(2015/5/28)

リクルートの「タウンワーク」「はたらいく」と「ゲンバ男子川崎版」が若手採用応援プロジェクトをスタート
リクルートジョブズの求人情報メディア「タウンワーク」と「はたらいく」が、川崎市産業振興財団の特設サイト「ゲンバ男子川崎版」とタイアップし、「日本のものづくりを担う若手採用応援プロジェクト」をスタートした。(2015/5/25)

映画「スティーブ・ジョブズ」、10月9日公開へ(動画あり)
ベストセラーとなったウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」を原作とするジョブズ氏の伝記映画「Steve Jobs」の米国での封切りが10月9日に決定。Sony Picturesから版権を譲り受けたUniversal Picturesが初のトレーラーを公開した。(2015/5/18)

リクルートの「タウンワーク」がGoogleアプリ「Nowカード」に対応――新着求人情報を表示
リクルートジョブズの求人情報メディア「タウンワーク」がGoogleアプリ「Nowカード」に対応。ユーザーが探している新着の求人情報をNowカードで確認できるようになった。(2015/4/27)

“ステレオタイプな神話を壊す”:
新たなスティーブ・ジョブズの伝記「Becoming Steve Jobs」、3月24日に発売へ
故スティーブ・ジョブズ氏と個人的にも親しかったというジャーナリストとIT系メディアの編集長による新たな伝記が3月24日に発売になる。現在のAmazon.comでのKindle版予約価格は11.99ドル(その後13.33ドルに変わった)だ。(2015/3/13)

リスクまみれの「Flash」の行方は?
YouTubeのHTML5移行で再確認したスティーブ・ジョブズ氏の先見の明
YouTubeが「Adobe Flash Player」をデフォルトの動画再生プレーヤーとして使用するのをやめ、「HTML5」に移行したと発表。これは、久しく待ち望まれてきたFlashの廃止につながるのか。(2015/2/24)

App Town 写真/ビデオ:
自撮りでもキレイに証明写真が撮れる女性のためのiOS版「履歴書カメラ」
現役女子大生の声を聞いて女性のITチームにより開発されたiOS向けアプリ「履歴書カメラ」を、リクルートジョブズがリリース。誰でも簡単に自撮りで証明写真を作成可能だ。(2015/1/21)

週末アップルPickUp!:
寒い朝でもスッと起きたくなるジョブズ名言集
できることなら、一生二度寝をしていたい。そんなあなたに。(2014/12/21)

Appleのティム・クックCEO、Financial Timesの「今年の人」に
Financial Timesは、「ティム・クックCEOは今年、故スティーブ・ジョブズ氏の影から抜け出し、自分自身の価値体系と優先順位をAppleに刻んだ」として同氏を「今年の人」に選んだ。(2014/12/13)

季節要因や慢性的な人手不足で:
都市圏のアルバイト時給上昇、過去最高の961円に
2006年からリクルートジョブズが行っている調査において、大都市圏のアルバイト・パートの平均時給が過去最高を記録した。(2014/11/26)

サイボウズ式:
リーダーはメンバーに助けてもらうのが仕事
自分はリーダーに向いていないとあきらめるなかれ。スティーブ・ジョブズにはなれなくても、目的を達成するために上手にチームを動かすことはできるのだ。そのコツを伝授しよう。(2014/11/24)

伝記「スティーブ・ジョブズ」の映画化、ソニー・ピクチャーズが撤退──米報道
主役がなかなか決まらずに難航している「スティーブ・ジョブズ」の映画化からSony Pictures Entertainmentが撤退するとHolliwood Reporterが報じた。Universalが興味を示しており、主役はマイケル・ファスベンダーになりそうという。(2014/11/21)

EE Times Japan Weekly Top10:
“中国のスティーブ・ジョブズ”から目が離せない
EE Times Japanで先週(2014年11月1〜7日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/11/10)

伝記「スティーブ・ジョブズ」の映画化、主役はクリスチャン・ベールに
ウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」原作の伝記映画の主役がクリスチャン・ベールに決定したと同映画の脚本を手掛けるアーロン・ソーキン氏が語った。(2014/10/24)

AppleのクックCEO、故ジョブズ氏の命日によせて全社員にメッセージ
Appleの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなって今年で3年。ティム・クックCEOは全社員に向けて、10月5日の命日にジョブズ氏を追悼するよう呼び掛けた。(2014/10/5)

先頭には巨大iPhoneを持ったジョブズが! Apple Store 表参道でもiPhone 6/iPhone 6 Plus販売開始
すごい……。(2014/9/19)

大画面iPhoneはSamsungの後追いではない──AppleのクックCEO、TV番組で語る
Appleのティム・クックCEOが人気報道番組チャーリー・ローズショーに出演し、iPhone 6とApple Watch、故スティーブ・ジョブズ氏、Beatsの買収などについて語った。(動画あり)(2014/9/14)

1984年創刊のMacworld誌が11月号で休刊へ(Webは継続)
1984年にスティーブ・ジョブズ氏の表紙で創刊された老舗Mac雑誌「Macworld」が休刊する。編集長が自身のブログで明らかにし、IDGが編集者の多くをリストラして自身も退社すると語った。(2014/9/11)

転機をチャンスに変えた瞬間(24)〜ひとり家電メーカー 八木啓太:
ジョブズの言葉に後押しされて――「ひとり家電メーカー」ができるまで
物があふれている世界で、新しい物を作る意味を問いたい――「ひとり家電メーカー」として独創的なプロダクトを送り出す八木啓太さんの美学とは。(2014/9/1)

Apple、9月9日に初代Mac発表会場でイベント開催へ 新iPhone発表か
Appleがうわさ通り9月9日にメディアイベントを開催する。会場は故スティーブ・ジョブズ氏が1984年に初代Macを披露した、クパチーノのフリントセンターだ。(2014/8/29)

偉大であり続けるのは難しい──“ジョブズ後”のAppleは「光らなくなった」か 「沈みゆく帝国」著者語る
ジョブズ亡き後のAppleは“偉大な企業”でいられるか――200人以上に取材を重ねて“ジョブズ後”のAppleを追った「沈みゆく帝国」著者が来日し、Appleの今と今後を語った。(2014/7/24)

故ジョブズ氏の盟友、ビル・キャンベル氏がApple取締役を退任
1983年にAppleに入社し、1997年から17年間同社取締役を務めた“コーチ”ことビル・キャンベル氏が退任し、新たに大手資産運用会社BlackRockの共同創業者、スーザン・ワグナー氏が取締役に就任した。(2014/7/18)

「ニコニコ23時間テレビ」でスタジオジブリから生中継决定 降霊相談にジョブズ降臨!? クリスチャン・ラッセン生お絵かきも
いったいなんなんだよ! という謎ラインアップ。(2014/7/15)

ドリキンが斬る!(9):
無双! Fire Phone発表に見るAmazonの強さ
今回のFire Phoneの発表会見には、往年のスティーブ・ジョブズによる新製品発表並みに感動してしまいました。その感動とAmazonのすごさを少しでもお伝えできればと思います。(2014/7/4)

「技術ベースの“シーズ”を重視したアプリ企画・開発」――リクルートジョブズの若手社員に聞く
若手主導のスマホアプリ開発チームを編成するなど、新しい取り組みを積極的に推進するリクルートジョブズ。音声入力技術を用いたiOS向けアプリ「ジョブーブのこえ手帳」はどういった背景で生まれたのだろうか。(2014/7/2)

君を成長させる言葉:
ゴミを売ることだけはできない――スティーブ・ジョブズ
自分の仕事の必要性を疑え。そして誇りを持つこと。(2014/6/3)

ジョブズ氏のゲートキーパー:
Appleのベテラン広報担当者、ケイティ・コットン氏が退社
Appleに1996年に入社し、プレス窓口として、またスティーブ・ジョブズ氏のゲートキーパーとして同社を支えてきた広報担当副社長のケイティ・コットン氏が退社する。(2014/5/8)

ジョブズを美少女化した「スティーブ・ジョブ子」Tシャツが安定の日本クオリティ
そうよ、iPhoneならね。(2014/4/30)

『スティーブ・ジョブズ』終章を無料公開――PDFでのダウンロードが可能
講談社は、ウォルター・アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ』終章を無料公開。情報サイト「講談社BOOK倶楽部」で誰でもPDFのダウンロードが可能だ。(2014/4/28)

ビジネスニュース 企業動向:
特許訴訟で公開されたジョブズ氏のメール
現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。(2014/4/15)

週末アップルPickUp!:
世界に読んで欲しい、ジョブズ漫画
iPhone 6はどうなるんだろう?(2014/4/11)

新経済サミット2014:
OracleのエリソンCEO、ナイーブなプライバシー保護論に苦言 ジョブズ氏の思い出も
「新経済サミット2014」が開幕し、Oracleのラリー・エリソンCEOが基調講演に登壇。プライバシーデータに関する“過剰な反発”に疑問を呈し、「民主主義国家に生きる我々は社会をよりよくするために活用できる」と自説を展開した。(2014/4/9)

ビジネスニュース 企業動向:
ジョブズ氏のメールも公開、アップルとサムスンの特許裁判
アップルとサムスン電子は、2回目となる特許裁判を行っている。裁判では両社の社内文書/内部報告書が提出された。そこでは、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏のメールの一部も公開されている。(2014/4/8)

ザッカーバーグCEO、2013年の年俸は1ドル、報酬は65万ドル
Appleの故スティーブ・ジョブズ氏やGoogleのラリー・ペイジCEOなどと同様に「年俸1ドル」を掲げるFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOだが、年俸とは別に65万ドル以上の「報酬」を受け取っていた。(2014/4/2)

ナレッジワーキング!!:
小手先の時間管理術では、生産性を高められない
かつてジョブズは自分に問いかけていました。「今からやろうとしていることは、本当にやりたいことなのか?」と。初めに決めるべきは「自分にとって価値あるものは何か」なのです。(2014/4/2)

ティム・クックCEO、新刊「スティーブ・ジョブズ亡き後のアップル」は“ナンセンス”
元Wall Street JournalのApple担当ジャーナリスト、岩谷ゆかり氏の新著「Haunted Empire」について、Appleのティム・クックCEOが「ナンセンス」でAppleは常にこうした懸念を抱かれるが、それはAppleをさらに強くするものだという声明文を発表した。(2014/3/19)

Appleのベテラン、オッペンハイマーCFOが退社 後任は昨年入社のマエストリ氏
故スティーブ・ジョブズCEO時代から10年間CFOを務めたピーター・オッペンハイマー氏(68)が6月に退任する。後任は元XeroxのCFO、ルカ・マエストリ氏(50)。(2014/3/5)

プロ向けiPadに標準搭載か
Appleがスタイラスペン「iPen」と「iPad Pro」開発? 可能性を読み解く
最新特許によると、米Appleはスタイラスの開発を検討しているようだ。プロ向けとうわさの「iPad Pro」にはペン型装置が付属すると考えられている。ジョブズ氏はスタイラスに否定的だった。正式発表はいつになるのだろうか。(2014/2/6)

ジョブズが愛したシリコンバレーの和食店
シリコンバレーの和食店の寿司カウンターに座り、ジョブズはどんな素顔を見せたのか。スティーブ・ジョブズが毎週通い続けた和食店の経営者、寿司職人である佐久間俊雄氏の著書を紹介する。(2014/1/21)

今最もイノベーティブなのはGoogle──「スティーブ・ジョブズ」の著者
「スティーブ・ジョブズ」の著者、ウォルター・アイザックソン氏がCNBCのインタビューで、AppleとChina MobileのiPhone販売契約よりもGoogleのNest買収の方が重要な取引であり、今最もイノベーティブな製品を提供しているのはGoogleだと語った。(2014/1/17)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その9)「スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式辞を見て、生きる意味を考えた」
中学生の娘と本気で話し合うシリーズ、今回のテーマは「人間の生きる意味」。娘のリクエストでこのテーマにしたのですが、わが娘ながら、素直にすごいとほめてあげたい考えを持っていたのでした。(2014/1/17)

AllThingsDのメンバー、新ITメディア「Re/code」を立ち上げ 5月にカンファレンス開催
スティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏も登壇した「D Conference」主催メンバーが新たなITニュースサイトを立ち上げ、5月にサーゲイ・ブリン氏やIntelのブライアン・クルザニッチCEOなどを招く最初のカンファレンス「Code Conference」を開催する。(2014/1/6)

ジョブズ氏もビックリ? Apple本社のすべてを「Minecraft」で再現してみた
本物そっくりの力作です。(2013/12/19)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた! 集中できない時の最終兵器
つい、アレコレ考えて「意識のカオス」に陥りがちなあなたへ。スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた最強の集中法とは……?(2013/11/5)

スティーブ・ジョブズ氏を演じたアシュトン・カッチャー、Lenovoに“就職”
俳優のアシュトン・カッチャーがLenovoのプロダクトエンジニアとして、まずはYOGA TABLETの発表イベントでジョブズ氏のように見事なデモを披露した。(2013/10/31)

小室哲哉さん、ジョブズに捧げるミニライブ 「制作にApple製品は欠かせない」
映画「スティーブ・ジョブズ」のジャパンプレミアに小室哲哉さんが登場し、トリビュートミニライブとして生演奏を披露した。(2013/10/30)

スティーブ・ジョブズの映画と島耕作がコラボ→ジョブズに対し島耕作「友だちにはなりたくない」
そうですか。(2013/10/23)

Appleの宇宙船的本社キャンパス建設にクパチーノ市がゴーサイン
故スティーブ・ジョブズ氏の宿願だったAppleの新本社キャンパスプロジェクトにようやくゴーサインが出た。移転は2016年半ばになる見込みだ。(2013/10/17)

ジョブズ関連本を読んで映画鑑賞券を当てよう:
「いつでも書店」のスティーブ・ジョブズ映画鑑賞券プレゼント特集
ベストクリエイトの運営する電子書店「いつでも書店」が、ジョブズ関連本購入者に抽選でスティーブ・ジョブズ映画鑑賞券が当たるキャンペーンを実施している。(2013/10/11)

スティーブ・ジョブズ氏の命日によせて:
Appleの元エンジニア、綱渡りだった初代iPhoneデビューを語る
Macworld Expo 2007での初代iPhone発表。故スティーブ・ジョブズ氏による伝説的なプレゼン成功の舞台裏を、当時の関係者が語った。(2013/10/5)

日刊アップルPickUp!:
「iPhone 5s」発売前夜、アップルストア銀座の行列は300人を超え、さらに加速
アップルストア銀座前の行列で先頭に並んでいたのは、実はジョブズでした。あと、ピザ食べたい。(2013/9/20)

人が死ぬときに後悔する34のリスト:
やりたかったことができなかった
56歳で他界した米国アップル社の創業者の1人だったスティーブ・ジョブズ氏は、生前こう言っていました。「もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やる予定を本当にやりたいだろうか」 人間いつ死ぬか分かりません。だから、人生の無駄遣いはできないのです。(2013/9/18)

あのジョブズの「ロスト・インタビュー」:
映画「スティーブ・ジョブズ 1995 〜失われたインタビュー〜」完全書籍化
スティーブ・ジョブズの3回忌にあわせて公開される「スティーブ・ジョブズ 1995 〜失われたインタビュー〜」の内容すべてを書籍化した『スティーブ・ジョブズ 1995 ロスト・インタビュー』がリリースされた。(2013/9/17)

スティーブ・ジョブズ氏の生声が“着ボイス”に
スティーブ・ジョブズ氏の生前の肉声がMP3形式で配信開始。(2013/9/11)

アシュトン・カッチャー版「スティーブ・ジョブズ」が描いたもの、描かなかったもの
これから多く出るであろうジョブズの映画の決定版となるか。MacUser編集長などを務め、ジョブズを見続けてきた松尾公也氏による映画レビュー。(2013/8/29)

Macworld/iWorld Asia 2013:
主演アシュトン・カッチャーが語る、映画「スティーブ・ジョブズ」
俳優アシュトン・カッチャー氏は映画「JOBS」において“3人のジョブズ”を演じたという。「Macworld/iWorld Asia 2013」の現地リポート。(2013/8/28)

ジョブズのインタビュー映画、9月28日に公開
スティーブ・ジョブズに1995年に行われたインタビューが映画化される。当時番組内で使われた一部以外は初公開。(2013/8/23)

スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画、11月1日に公開決定
予告も公開。アシュトン・カッチャー演じるジョブズ氏がカッコイイ。(2013/8/12)

映画『スティーブ・ジョブズ』11月1日公開、日本版予告編も
スティーブ・ジョブズの半生を描いた映画『スティーブ・ジョブズ』の国内公開日が決まった。YouTubeにて予告編がチェックできる。(2013/8/12)

ねとらぼ(軽):
早く見たい! 映画「スティーブ・ジョブズ」特報映像公開
11月の劇場公開が楽しみです。(2013/7/19)

ねとらぼ(軽):
スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画、予告公開
アシュトン・カッチャー演じるジョブズ氏の再現度が高い。(2013/6/24)

スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画「Jobs」の公式トレーラー公開
サンダンス映画祭でのプレミア上映から約半年。8月16日公開予定のスティーブ・ジョブズ氏伝記映画「Jobs(旧jOBS)」の初の公式トレーラーが公開された。(2013/6/23)

iPadとは別のカタチ:
「スタイラスを捨てたのはジョブズの失敗」――紙とペンによる思考を追求したタブレット「enchantMOON」
ユビキタスエンターテインメント(UEI)が開発した手書きハイパーテキストタブレット端末「enchantMOON」の予約が2013年4月23日に開始された。同日行われた記者会見では、製品コンセプトや最新のデモなどが披露された。(2013/4/23)

80分のジョブズ映画「iSteve」、無料公開
パロディ動画配信サイトが製作したオンライン映画、「iSteve」が公開された。(2013/4/18)

次のiPhoneは「5S」ではなく「6」にすべき──iMacの名付け親がAppleのネーミングに一言
かつてAppleの故スティーブ・ジョブズ氏の製品ブランディングをサポートしたクリエイティブディレクターで「iMac」の名付け親としても知られるケン・シーガル氏が、iPhoneのネーミング方法に苦言を呈した。(2013/4/8)

「スティーブ・ジョブズ」描いたヤマザキマリの新連載がスタート 無料立ち読み版もあるぞ!
3月25日発売の「Kiss」2013年5月号に掲載中。冒頭からぐっときます。(2013/3/25)

ミニジョブスを抱えている企業は強くなれる
今すぐにスティーブ・ジョブズにはなれなくても、「ミニジョブズ」くらいならなれるかもしれない。組織の中に1人でも多くのミニジョブスを抱えている企業は強くなれるだろう。ミニジョブズとはズバリ「変えられる人」のことだ。(2013/3/22)

第三のスティーブ・ジョブズ映画、「iSteve」はコメディで4月15日公開
「MacくんとPCくん」のMacくんを演じたジャスティン・ロングがジョブズ役を演じるコメディ映画が4月15日に米コメディ映画サイトのFunny or Dieで公開される。(2013/3/19)

「テルマエ・ロマエ」の次は「スティーブ・ジョブズ」伝記を漫画化
「テルマエ・ロマエ」の作者・ヤマザキマリさんの次回作は「スティーブ・ジョブズ」。(2013/2/26)

スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画「jOBS」4月19日に全米公開 映像も一部見られるぞ
スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が登場する映画の場面が公開された。(2013/1/25)

スティーブ・ジョブズ氏伝記映画の主演俳優、Macworldに登場
ある意味5年ぶりの“ジョブズ降臨”?(2013/1/22)

「持ち運びやすさ」が新たな用途を開拓
ジョブズ氏最後の間違い? 駄作ではなかった「iPad mini」
故スティーブ・ジョブズ氏がかたくなに反対していた「iPad mini」の販売。ジョブズ氏の判断は正しかったのだろうか。ユーザーは、iPad miniにタブレットの新たな用途を見いだしつつある。(2013/1/18)

スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチを関西弁に吹き替えてみた
もういっぺん言うで? 未来を見て点と点をつなげるのは無理や――。(2013/1/7)

ジョブズそっくりフィギュアからステマ騒動まで──アクセストップ100記事で振り返る2012年
いろいろありました。(2012/12/29)

新規事業アイデアの授業:
今日の「不満リスト」は宝の地図
ビジネスの基本は、顧客に価値を提供することです。顧客が感じる価値誰もがジョブズになるための最初の一歩は、自分の感じる不満をピックアップすること。こうしてできた不満リストは、いわば宝の地図なのです。(2012/12/25)

新規事業アイデアの授業:
誰でもジョブズになれる「常識のはずしかた」 
新規事業の開発に携わってきた筆者がこれまでのノウハウをまとめたのが今回の集中連載「新規事業アイデアの授業」です。初回は「常識のはずしかた」。(2012/12/13)

AppleのクックCEO、「来年には“メイドインUSA”Mac」と発言
NBCのインタビュー番組に出演したAppleのティム・クックCEOが、製造拠点の一部を米国内に戻す計画やiOS 6のマップ、テレビ事業への関心、ジョブズ氏についてなどを語った。(2012/12/7)

スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画「jOBS」、サンダンス映画祭でプレミア上映
主演はアシュトン・カッチャー。(2012/12/4)

若き日のジョブズ描いたWeb漫画「スティーブス」 続編企画がCAMPFIREで史上最速サクセス
漫画家・うめさんによるプロジェクト、わずか2時間で50万円を調達!(2012/11/21)

若き日のジョブズとウォズを描くWeb漫画、創作費が2時間で集まる
若き日のジョブズとウォズニアックを描くWeb漫画の創作資金を漫画家のうめさんがクラウドファンディングサイトで募集し、目標額の50万円を2時間で達成した。(2012/11/21)

スティーブ・ジョブズ氏のゴージャスなヨットがお披露目
ジョブズ氏が設計した「Venus」という名のヨットが完成し、披露された。(2012/11/2)

海外モバイルニュースピックアップ:
故ジョブズ氏のヨットが完成、デザインはフィリップ・スタルク氏
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ジョブズ氏のヨットが完成、誤って犯罪行為をiPhoneで録画した泥棒、iPhoneが牛の中で壊れた!?、Xbox SmartGlassのAndroid版が公開に など。(2012/10/29)

海外モバイルニュースピックアップ:
発表直前にiPadを買った人は新iPadに無償交換――英米のショップで
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、英米の新iPad交換プログラム、ジョブズ氏のドキュメンタリー、iPadの体験記事あれこれ、iPad miniで知っておきたい10のポイント など。(2012/10/26)

米Appleイベントまとめ:
ジョブズ不在を乗り越えた過去最強のラインアップ――「iPad mini」「13インチMacBook Pro Retina」「薄型iMac」に見るアップルらしさ
米国で行われたAppleのメディア向けイベントで、Retinaディスプレイを搭載した13型MacBook Proや、極薄ボディに生まれ変わったiMac、7.9型のiPad miniなど、年末を飾る新製品が一挙に公開された。林信行氏が現地からリポート。(2012/10/24)

今後の鍵を握る2人の幹部
死去から1年、Apple最大の敵は「過去のジョブズ氏」
米Appleの前CEO、スティーブ・ジョブズ氏が死去して1年。Appleはその後も成長を続け、iPhone 5などの新製品も好調だ。Appleは今後も革新的な企業であり続けることができるのか。その鍵を握るのは?(2012/10/19)

海外モバイルニュースピックアップ:
クルクル巻いた雑誌がiPhoneの簡易アンプに
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、iPhoneの簡易アンプになる雑誌、iPad miniの予想図、ジョブズ氏追悼サイト、iPhonen5を皮肉るLumiaのCM など。(2012/10/5)

Appleのサイトがスティーブ・ジョブズ追悼 死去から1年
Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏が死去から1年。同社サイトはトップページで故人をしのんでいる。(2012/10/5)

ノートアプリ「Note Anytime」で、スティーブ・ジョブズの名言を
MetaMoJiは、手書きドキュメント作成アプリ「Note Anytime」の文字テンプレートを追加した。スティーブ・ジョブズ氏の名言をカリグラフィー文字で再現し、ライブラリで無償提供している。(2012/10/4)

あれから1年 NHKスペシャル「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」が再放送
今度こそ見逃すな!(2012/10/3)

スティーブ・ジョブズ氏、1983年に未来のiPadを語る 講演音源が公開される
Appleの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏が1983年に行った講演の音源を米国のブロガーがカセットテープからデジタル化して公開した。Lisaを発売したばかりの当時、ジョブズ氏が既にiPadのような端末を目指していたことが分かる。(2012/10/3)

海外モバイルニュースピックアップ:
スティーブ・ジョブズ氏、蝋人形に
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、蝋人形になったジョブズ氏、iPhoneで録った子供の心音を音楽にしたミュージシャン、iOS 6のマップが鮮明すぎて非難、NFC搭載のビジネスカード など。(2012/10/2)

アーティストが作ったスティーブ・ジョブズ像、材料は……ジョブズ氏宅のゴミ!?
スティーブ・ジョブズ氏の像「Think Different」は、ジョブズ氏の家から出たゴミをリサイクルして使ったという。(2012/10/1)

海外モバイルニュースピックアップ:
きらめくジョブズ氏のiPhoneケース
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ジョブズ氏をスワロフスキーのクリスタルで描いたiPhoneケース、Apple製品を破壊するアート、過激な端末耐久テストトップ10、英ブランド調査でAppleがトップに など。(2012/9/26)

スワロフスキーのスティーブ・ジョブズケースも コスモウェブから300種のiPhone 5ケース
ジョブズ氏がまぶしい。(2012/9/14)

僕は、だれの真似もしない:
アップルがつまらなくなったから僕は辞めた
前刀氏は、アップルに加わったときから「日本市場を建て直して3年以内に辞める」と決めていたという。どこまでいってもアップルはジョブズの会社。「こんなことやってる場合じゃない」と。(2012/7/26)

3分LifeHacking:
結果を出すための「3つのThink」をアップルに学ぶ
『Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学』の筆者で、故スティーブ・ジョブズと長年仕事を共にしたケン・シーガル氏に、よりシンプルに働くためのヒントを聞いてみました。(2012/6/29)

WWDC 2012現地リポート:
5年目を迎えたiOSが、再び新しい未来を描き出す
スティーブ・ジョブズ氏亡き後の最初のWWDCは、過去最大となる5300人もの参加者を1時間43分で集め、過去最短でチケットは「Sold out」となった。iOS 6関連の発表を中心に林信行氏がリポートする。(2012/6/13)

ジョブズ氏のAllThingsD対談が無料公開 ゲイツ氏と出演した回も
今年はAppleのティム・クックCEOの対談でスタートした「D Conference」を主催するAllThingsDが、故スティーブ・ジョブズ氏の過去の対談動画をAppleのアプリストアで無料で公開した。(2012/6/1)

Appleのティム・クックCEO、Facebookや特許訴訟を語る
「Facebookとはもっと協力できると思う」――。米Wall Street Journalの年次カンファレンス「D10 Conference」に登場したクックCEOがジョブズ氏やFacebookなどについて語った。(2012/5/30)

海外モバイルニュースピックアップ:
飛込競技をスマホで――人気飛込選手が全面協力したiPhoneアプリ
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、飛込競技を楽しめるアプリ、次のiPhoneはジョブズ氏の置きみやげ?、性別や年齢を判定するスマホアプリ、アプリのアンケート結果から生まれたカンペキなビールなど。(2012/5/21)

スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画、創業のガレージで6月にクランクイン
アシュトン・カッチャーがスティーブ・ジョブズ氏を演じる伝記映画「jOBS」の撮影が、ジョブズ氏の生家やAppleを立ち上げたガレージでスタートする。(2012/5/21)

Facebook、社会貢献機能「臓器提供ステータス」を追加
マーク・ザッカーバーグCEOはインタビューで、肝臓移植を受けて一時的に回復した故スティーブ・ジョブズ氏との友情が、この機能追加の発端になったと答えた。(2012/5/2)

Apple、本社近くに従業員専用カフェテリアを開設へ
Appleが故スティーブ・ジョブズ氏が常連だった日本食レストラン「池の花」の跡地に従業員専用のカフェテリアを開設する計画を、クパチーノ市が承認した。(2012/4/27)

PC USER 週間ベスト10:
“新しいiPad”は発熱が気になる? 気にならない?(2012年4月16日〜4月22日)
先週のアクセスランキングでは、サーモグラフィー装置で新旧iPadの温度を比較したレビュー記事が1位でした。“ジョブズの師”こと、ジェイ・エリオット氏のインタビューも上位にランクインしています。(2012/4/23)

「ジョブズ・ウェイ」著者に聞く:
「何よりも大事なことは情熱」――ジョブズ氏の師が語る“スティーブの素顔”
スティーブ.ジョブズ氏の長年の親友であり、指導者でもあったジェイ・エリオット氏が来日した。まだ20代だったころのジョブズ氏は「30歳以上の奴らは信頼するな。ただし、ジェイは除く」というほど、エリオット氏を慕っていたという。エリオット氏に、アップル成功の秘密やジョブズ氏との関わりについて聞いた(聞き手:林信行)(2012/4/18)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
「ジョブズになれると思うな!」――成毛眞が語る、きっと変革者になれない人の人生論
「次のスタンダードを作るのは、あなたでもなければ、あなたの周りにいる誰かでもない」。ジョブズやビル・ゲイツなどを間近で見続けてきた成毛眞氏はそう断言。それよりも時代を作る人を見つけて、早く近くに行くべきだ、と主張する。(2012/4/13)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
「60歳以上は信用するな!」 ――夏野剛が若者に説くワークスタイルの新フォーム
「インターネットの普及が、人類に3つの革命を起こした」と語る夏野剛氏。ジョブズ同様、人々のライフスタイルを革新的に変えるサービスを世に投じてきた彼には、日本人のワークスタイルに関して、どうしても若者に伝えたいことがあるという。(2012/4/9)

Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report:
エリソンCEOが語ったスティーブ・ジョブズとの思い出
Oracle OpenWorld Tokyo2日目の基調講演、米Oracleのラリー・エリソンCEOは意外な場所から登場した。そして、故・スティーブ・ジョブズ氏との思い出に触れながら同社の戦略を語った。(2012/4/5)

インサイド・アップル(3):
アップルが秘密主義を徹底させている理由
アップルの元社員はこのように言った。「(アップルは)知らせない文化の究極形」だと。秘密主義を徹底させるために、オフィスの中ではどのようなシステムが構築されているのか。またジョブズはウォルト・ディズニーから何を学んだのか。(2012/3/19)

ウォズが語るジョブズの思い出――iPad3発表の日に
ブロック崩しのピンハネ事件やバチカンへのいたずら電話などジョブズとの思い出を明かした。(2012/3/9)

岡田斗司夫さんがニュース考察や人生相談 「ニコ生シンクタンク」
岡田斗司夫さんがニコニコ生放送に開設したシンクタンクの2月号。ニュースの解決策を提案する「岡田斗司夫のニュース道場」と、ユーザーがスティーブ・ジョブズ氏やローマ法王などの有名人になりきって相談する「なりすまし人生相談」をお送りする。配信は2月22日18時0分〜。(2012/2/21)

海外モバイルニュースピックアップ:
ハイテク点字をiPhoneで
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ハイテク点字アプリ、ジョブズ氏の写真撮影秘話など。(2012/2/21)

講談社、電子書籍「スティーブ・ジョブズII増補版」を配信――付録も無料配信
講談社は、原書の「主な登場人物」「参考文献」「注」「人名索引」のほか「著者インタビュー」「訳者インタビュー」を含めた電子書籍「スティーブ・ジョブズII増補版」を配信。書籍未収録の付録も無料配信する。(2012/2/21)

スティーブ・ジョブズも傾倒した東洋思想の本質とは
「スティーブ・ジョブズが禅に傾倒していた」と日本人は誇らしげに語るが、当の私たちはどれほど自国が育んだ思想・哲学を知っているだろうか。今回はその1つ、「因果倶時」「因果一如」を見つめてみる。(2012/2/15)

13万5000ドルを8年間不正受給する事件も
ジョブズ氏も関与? データ管理の不備が招いた2011年の5大事件
13万5000ドルの公金を不正に受給、犯歴なしの人物を重罪犯と誤認――。2011年に発生したこうした事件の元凶は「データ管理の不備」だ。(2012/2/13)

FBI、スティーブ・ジョブズ氏の調査記録を公開
FBIが、かつてApple創業者スティーブ・ジョブズ氏の経歴調査をしたときの記録や、同氏への脅迫事件の調査記録を公開した。(2012/2/10)

FBI、1991年作成の故スティーブ・ジョブズ氏身元調査報告書を公開
191ページに上る報告書には、ジョブズ氏本人や数十人の関係者の証言がまとめられている。(2012/2/10)

天使になったジョブズがAndroidタブレットを賞賛──台湾のCMで物議
天使の輪と羽を付けた黒いタートルネック姿が「やっとほかのタブレットを楽しめるよ」と神様に感謝──台湾メーカーによるAndroidタブレットのCMが物議を醸しているようだ。(2012/2/2)

ナニコレ:
「ジョブズ氏がいたから、私はこうして絵を描いている」――iPhoneで描く3次元の肖像画
iPhoneで描かれた若かりし日のスティーブ・ジョブズ氏の肖像画が、次第に年を取っていく。2次元に時間軸が加わったことにより、3次元の絵が誕生した。(2012/1/31)

ジョブズ氏そっくりフィギュア、“遺族への配慮”で販売を自粛
昨年10月に亡くなったAppleのジョブズ氏にそっくりなアクションフィギュアを製造販売しようとしていた中国のIn Iconsが、「違法ではないが遺族への配慮から」販売を中止した。(2012/1/17)

ジョブズ氏の“あの表紙”そっくりな写真が撮れるカメラアプリを試してみた
スティーブ・ジョブズ氏伝記の“あの表紙”とそっくりな写真が撮れるiPhone/iPod touch向けアプリを試してみた。カメラに顔を向けるだけで、ジョブズ氏のポーズを簡単に再現できる。(2012/1/16)

講談社がスティーブ・ジョブズ氏伝記の「3冊目」企画 読者の感想を本に
「3冊目は、みんなでつくりたい」――講談社がスティーブ・ジョブズ氏伝記の感想を募り、本にまとめる企画をスタートした。(2012/1/6)

iPad 3、スティーブ・ジョブズ氏の誕生日、2月24日に発売か
iPad 3は故スティーブ・ジョブズ氏の誕生日である2月24日に発売されるのだろうか。(2012/1/6)

Apple、ジョブズ氏そっくりフィギュアのメーカーに警告――Telegraph報道
中国のIn Iconsがオンラインで予約受付中のスティーブ・ジョブズ氏のアクションフィギュアに対し、Appleから待ったが掛かった。In Iconsは「ジョブズ氏はAppleの製品ではない」と主張している。(2012/1/6)

スティーブ・ジョブズ氏のブロンズ像、ハンガリーに完成
Appleと付き合いのあるハンガリーのIT企業が、スティーブ・ジョブズ氏をたたえるブロンズ像を建てた。(2011/12/26)

岡田斗司夫のニュース道場 有名人になりきる「なりすまし人生相談」も
岡田斗司夫さんがニコニコ生放送に開設したシンクタンクの12月号。2部構成で、「岡田斗司夫のニュース道場」ではニュースの解決策を岡田さんが提案する。有名人になりきる「なりすまし人生相談」では「天国のスティーブ・ジョブズさん:5年後のアップル、大丈夫か?」「ローマ法王:未来、宗教はどうなっている?」などの質問に岡田さんが答える。配信は12月26日18時0分〜。(2011/12/22)

林信行のアップルまとめ:
2011年、アップルは見かけを変えずに、すべてを変えた
2011年に発売されたアップル製品は、その外観をほとんど変えずに、内部では大きな変革を行った。MacBook AirやiPhone 4Sをはじめとする数々の新製品、OSのアップデート、新サービスのiCloud、そしてジョブズ氏の死。2011年のアップルを振り返る。(2011/12/22)

スティーブ・ジョブズ氏、グラミー賞を受賞
iPodやiTunes Storeなど、音楽の楽しみ方を変えた功績から、スティーブ・ジョブズ氏がグラミー賞特別功労賞を受賞した。(2011/12/22)

12月23日にNHKスペシャル「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」放送
ジョブズ氏の生涯と業績、その素顔に迫る特集番組「NHKスペシャル 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ」が12月23日に放送される。(2011/12/22)

オルタナブログ通信:
ジョブズならどうするか、などと考えるな
約260人のブロガーが、ITにまつわる時事情報などを日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今回は「今年の漢字」「ジョブズ」「サービス」「寄付」などを紹介しよう。(2011/12/10)

NHKスペシャルでジョブズ特集 23日に
12月23日のNHKスペシャルはジョブズ氏を特集。(2011/12/9)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
ジョブズの否定した7インチタブレットこそが、クラウドのリモコンになる
タブレット端末の大きさはどのくらいがベストなのか。10月に発売された7インチのAmazonのKindle Fireが好調だが、7インチは故スティーブ・ジョブズ氏が否定した大きさでもあるのだ。(2011/12/8)

コンピュータ歴史博物館、スティーブ・ジョブズ氏しのぶオンライン展示
コンピュータ歴史博物館が「スティーブ・ジョブズ:ガレージから時価総額世界最高企業へ」と題した展示で、ジョブズ氏の軌跡を振り返っている。(2011/12/7)

2011年を振り返る:
ジョブズはすごかった、で終わらせないための組織論
2011年のIT分野では、一時代を築いた人物が次々とこの世を去った。その中でも特に大勢に影響があったのが、言うまでもなくスティーブ・ジョブズ氏だ。その「すごさ」に学ぶ組織論とは。(2011/12/29)

Apple設立時の契約書がオークションに 推定落札額は1000万円以上
Appleが1976年に設立されたときのパートナー契約書がSotheby'sのオークションにかけられます。ジョブズ氏、ウォズニアック氏とともにAppleを設立した人物が持っていたものです。(2011/11/29)

銀魂の放送休止騒動でパロディ文化は萎縮?――岡田斗司夫さんがニュース考察
岡田斗司夫さんがニコニコ生放送に開設したシンクタンクの番組第2回。2部構成で、1つめのコーナー「岡田斗司夫のニュース道場」では「TPP」「オリンパス損失隠し」「銀魂放送中止」などのニュースの解決策を岡田さんが提案する。有名人になりきる「なりすまし人生相談」では「天国のスティーブ・ジョブズさん:5年後のアップル、大丈夫か?」「ローマ法王:未来、宗教はどうなっている?」などの質問に岡田さんが答える。配信は11月23日18時0分〜。(2011/11/22)

「iPhoneは楽器です」――iPhoneとGarageBandで「僕はビートルズ」になってみよう
iPhoneだけを使って「僕はビートルズ」になる――。恐ろしく使いやすい音楽制作アプリ「GarageBand」で、ジョブズが愛した曲「Let It Be」を演奏してみた。ピアノもギターもドラムもすべてiPhoneで奏でるのだ。(2011/11/21)

Apple、新会長にアーサー・レビンソン氏を任命 DisneyのアイガーCEOが取締役に
Appleが、スティーブ・ジョブズ氏の後任として、2000年から同社取締役を務めるGenentech会長のアーサー・レビンソン氏を任命した。また、ジョブズ氏が取締役を務めていたDisneyのロバート・アイガー社長兼CEOを取締役に加えた。(2011/11/16)

Adobe、モバイル向けFlash Playerの提供中止を発表
Appleの故スティーブ・ジョブズ氏がiOSでのサポートを拒否し続けたモバイル版Flash Playerは、他の主要プラットフォームでは利用できたが、次期版で提供が終わる。(2011/11/10)

実装技術:
「ジョブズの思想を電気CADへ」、図研が設計プラットフォームを刷新
プリント基板設計ツールを中核とする電子機器設計用CADプラットフォームを17年ぶりに刷新した。ソフトウェアアーキテクチャを一新することで処理速度を大幅に高めた他、CADツールとしての操作性を追及し、マウスとは異なる入力デバイスも新たに提案する。(2011/11/4)

新CEOはiPadを進化させることができるか
ジョブズ氏亡き後のApple:アフター・ジョブズを占う
Appleは、同社復活の象徴であるジョブズ氏を失った。これはApple興隆の終わりを意味するのか、それともさらなる躍進の始まりなのか。(2011/11/4)

ジョブズ伝記、ようやくApp Storeにも登場
すでに読了した方も多いだろうが、故スティーブ・ジョブズ氏が全面協力した最初で最後の公式伝記『スティーブ・ジョブズ』がようやくApp Storeにも登場した。(2011/11/1)

伝記「スティーブ・ジョブズ」のiPhone/iPadアプリ登場
講談社は伝記「スティーブ・ジョブズ」のiPhone/iPadアプリを公開した。(2011/11/1)

ジョブズ氏の妹が追悼文 最期の言葉語る
ジョブズ氏の妹で作家のモナ・シンプソンさんがNew York Timesに追悼文を寄稿。同氏との思い出を語っている。(2011/10/31)

タイムアウト東京つぶ子のオススメ:
スティーブ・ジョブズ追悼イベント「NeXT」開催です!
お仕事ばかりではいけません。エグゼクティブならば、若者の最新スポットも知っておきたいものです。(2011/10/28)

CSSだけで描いた有名企業ロゴを展示しているサイト
ecsspertというサイトは、JavaScriptも画像も使わずに、CSSだけで描いたTwitterなどの企業ロゴやスティーブ・ジョブズ氏追悼ロゴを展示している。(2011/10/28)

期間限定で900円:
元アップル上級副社長が語る「ジョブズ・ウェイ」の電子書籍版が登場
故スティーブ・ジョブズ氏のリーダーシップについて、身近な立場から豊富な事例を交えてまとめた「ジョブズ・ウェイ」の電子書籍版が登場した。(2011/10/28)

電子版「スティーブ・ジョブズ」の販売好調 紀伊国屋書店
紀伊国屋書店で伝記「スティーブ・ジョブズ」の電子版販売が好調という。配信2日の実績では紙版の半分に迫っており、「新刊書籍としては異例の出来事」という。(2011/10/27)

日本は高い?:
ジョブズ伝記本の価値は――各国の値段などを調べた
Appleの創業者、スティーブ・ジョブズ氏の最初にして最後の公式伝記本。各国で販売されて好調に売り上げているが、各国での販売価格や装丁などを調べた。(2011/10/27)

「もしもスティーブ・ジョブズが美魔女だったら?」 女性誌「美ST」の特集が気になる
「もしもスティーブ・ジョブズが美魔女だったら?」――女性誌「美ST」の次号に掲載される特集が気になる。ということで、内容を少しだけ教えてもらった。ジョブズが魔女ってどういうこと!?(2011/10/26)

スティーブ・ジョブズ氏の追悼式典が開催
アップルは10月19日、本社で開催された社員向けのスティーブ・ジョブズ氏追悼式典「Celebration of Steve Jobs' Life」の写真を公開した。(2011/10/25)

期間限定価格で提供:
「1分間スティーブ・ジョブズ」の電子書籍版が登場
故スティーブ・ジョブズ氏の「成功哲学」を簡潔に学ぶことができる「1分間スティーブ・ジョブズ」の電子書籍版が配信された。(2011/10/25)

ジョブズ氏やポケモンを彫り込んだ秀逸なかぼちゃランタンたち
ハロウィンの定番のかぼちゃランタン。ゲームやスター・ウォーズのキャラ、故ジョブズ氏などを彫り込んだ職人芸の逸品をご紹介。(2011/10/24)

小沢初公判からジョブズ死去まで 茂木健一郎さん、江川紹子さん、上杉隆さんらが話題のニュースを語る
「ニコニコニュース」に掲載された記事をジャーナリストや記者らが「イジリ倒す」番組「号外! ニコニコニュース」の10月号。小沢一郎氏の初公判、各地で起こるデモ問題、スティーブ・ジョブズ氏の死去まで、タブー無しで語る。出演者は茂木健一郎さん、ジャーナリストの江川紹子さん、上杉隆さん、ニコニコニュースの亀松太郎編集長など。司会は津田大介さん。配信は10月28日22時0分〜。(2011/10/24)

教科書市場の大改革も考えていた?:
故スティーブ・ジョブズ氏の公式伝記「スティーブ・ジョブズ」、電子書籍版も本日午後から発売
世界中の出版界で話題となっているAppleの故スティーブ・ジョブズ氏の公式伝記本。日本語の電子書籍版も本日午後から発売された。(2011/10/24)

ジョブズ氏、Mac OSのライセンス供与考えていた――元Compaq幹部語る
Compaqの元会長ベン・ローゼン氏が故スティーブ・ジョブズ氏との思い出を振り返り、ジョブズ氏がMac OSのライセンス供与を持ちかけたことを明らかにした。(2011/10/24)

Apple、ジョブズ氏追悼式の動画を公式サイトに掲載
Appleが、19日に本社キャンパスで開催したスティーブ・ジョブズ氏追悼式の動画を公式サイトで公開した。(2011/10/24)

オルタナブログ通信:
そして、ジョブズは伝説になった
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では約250人のブロガーが、ITにまつわる時事情報などを、日々発信している。今回はその中から「iPhone」「スティーブ・ジョブズ」「ソーシャルメディア」「Twitter」を紹介しよう。(2011/10/22)

ジョブズ追悼メニュー「刺身そば」あります 日本橋の立ち食いそば屋で
日本橋駅近くの立ち食いそば屋がスティーブ・ジョブズ氏を偲び、ジョブズ氏がお気に入りだったという「刺身そば」を期間限定で提供している。(2011/10/20)

Apple、ジョブズ氏追悼ページに世界からのメッセージを掲載
Appleが、スティーブ・ジョブズ氏の死を悼んで世界中から寄せられたメッセージを、公式サイトの「Remembering Steve.」ページで紹介している。(2011/10/20)

Appleストア外壁に、付箋紙4001枚で描いた故ジョブズ氏の肖像画
故スティーブ・ジョブズ氏をしのんで、独ミュンヘンのAppleストアには付箋紙を使った肖像画が描かれました。(2011/10/18)

Apple、ジョブズ氏の追悼式を16日と19日に開催
スタンフォード大学での追悼式には、Appleと世界で係争中のSamsungの社長も招待された。(2011/10/17)

発売直前レビュー:
「iPhone 4S」は進化した“意志の自転車”
かつてジョブズ氏はMacを「Wheels for the Mind」と呼んだが、iCloud時代の幕開けを飾る「iPhone 4S」は、進化した“意志の自転車”という表現がぴったりだ。林信行氏がiPhone 4Sの使用感をリポートする。(2011/10/13)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
本は電子書籍か、印刷か――その答えは「Think Different」で
先週亡くなった、Apple前CEOのスティーブ・ジョブズ。彼が生み出したiPadやライバルのAmazonのKindleが届けてくれた電子書籍体験は、私たちに衝撃を与えた。今後、電子書籍はどのように私たちの生活に入り込んでくるのか。神保町を歩きながら考えてみた。(2011/10/13)

まさに「リンゴの魔術師」 リンゴの皮を切り抜いて作ったジョブズや踊るタマがすごい
リンゴの皮を切り抜いて模様を描いた作品の数々がpixivに投稿されています。リンゴの表面にスティーブ・ジョブズ氏の顔が浮かび上がったり、サザエさんのタマが踊っていたり。これはすごい!(2011/10/12)

「スティーブ・ジョブズは生きている」――訃報に便乗の迷惑メールに注意
件名につられてリンクをクリックすると、ソフトウェアの脆弱性悪用コードを仕掛けたWebページにリダイレクトされる。(2011/10/12)

初日100万台突破:
「iPhone 4S」に見るスティーブ・ジョブズのDNA
iPhone 4Sの初日の予約件数が100万台を突破した。見た目はiPhone 4とほとんど変わらないが、そのデザインにはモノ作りの本質を目指したスティーブ・ジョブズ氏のDNAが刻まれている。(2011/10/12)

NHK「クローズアップ現代」でジョブズ氏特集 10年前のインタビュー映像も公開中
10月12日放送のNHK「クローズアップ現代」はスティーブ・ジョブズ氏を特集する。番組サイトでは10年前のインタビュー映像も公開中。(2011/10/11)

「故スティーブ・ジョブズ氏の伝記、Sony Picturesが映画化権獲得」の報道
Sony Picturesが、スティーブ・ジョブズ氏の公認伝記を映画化する権利を獲得したという。(2011/10/10)

GoogleとSamsung、ジョブズ氏を悼み次期Androidの発表を延期
GoogleとSamsungがメディアに向けて、「世界がジョブズ氏の死を悼んでいる中で新製品を発表するのは適切ではない」として10月11日に予定していた発表イベントを延期すると伝えた。このイベントでは「Android 4.0」と「GALAXY Prime」が発表されるとみられていた。(2011/10/8)

ねっと知ったかぶりβ版(10/3〜10/7)巨星墜つ
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はスティーブ・ジョブズ氏死去のニュースが全世界を駆け巡りました。(2011/10/7)

「地球が少し退屈になった」 ミサワ風ジョブズ追悼イラストがTwitterで人気
ミサワ風ジョブズ追悼イラストがTwitterで人気。「地球が少し退屈になった」というせりふもなかなかにくいっ。(2011/10/7)

とぴトピ!:
わんとぴちゃんとスティーブ・ジョブズ(ONETOPIピックアップ10/1〜10/7分)
わんとぴちゃんと愉快な仲間が、今週ONETOPI(わんとぴ)でつぶやかれたえりすぐりのトピックをピックアップし、紹介してまいります。iPhoneアプリもできたよ!(2011/10/7)

藤田正美の時事日想:
今の日本に必要なことは何か? スティーブ・ジョブズの死を考える
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。アップル製品は私たちの生活を大きく変えたが、なぜ日本企業にはそれができなかったのだろうか? 何度かインタビューしたときのことを思い出しながら、類まれな経営者のこれまでと、今の日本に必要なことを考えてみる。(2011/10/7)

「1人でも多くの人々にスティーブの作品を届けたい」 iPhone 4Sへの思いを語った孫正義社長
「予定通り10月7日16時からiPhone 4Sの予約を受け付ける」。スティーブ・ジョブズ氏の訃報にショックを受けたという孫正義社長だったが、iPhone 4Sの価格、料金体系を発表し、あわせてジョブズ氏との思い出を語った。(2011/10/7)

「TIME」次号はスティーブ・ジョブズ特集 伝記作者のエッセイを掲載
10月24日発売予定の「スティーブ・ジョブズ」の著者はカバーストーリーで、ジョブズ氏から伝記執筆を依頼された経緯などに触れている。(2011/10/7)

「t_hero.png」――ジョブズ氏の画像ファイル名の謎で盛り上がるネットユーザーたち
「t_hero.png」――Apple.comのトップページに掲載されたスティーブ・ジョブズ氏の画像ファイル名は何を意味するのだろう。「t」は「the」「to」「think」? それとも……。(2011/10/7)

ジョブズ氏死去に便乗する詐欺の手口、FacebookやGoogleで横行
Facebookでは「ジョブズ氏をしのんで1000台のiPadを無料提供します」というリンクが出回り、Google検索にも別の詐欺サイトへのリンクが表示されていたという。(2011/10/7)

スティーブ・ジョブズ氏が見せた技術革新への情熱
哀悼の意を込めて、コンピュータ技術革新への情熱を物語るジョブズ氏のエピソードを2つ紹介したい。(2011/10/7)

ジョブズ氏公認の伝記、発売を約1カ月前倒し
スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記が発売を予定より1カ月近く前倒しする。講談社から出る日本語版は、上巻が10月24日、下巻が11月1日発売だ。(2011/10/6)

ジョブズ氏公認伝記、発売前倒し
スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記「スティーブ・ジョブズ」(講談社)が、当初予定を前倒しして10月24日に1巻が発売されることになった。(2011/10/6)

ロックスター、スティーブ・ジョブズの偽歴史
ジョブズとAppleの歴史は、ロックだった。MacUser編集長などを務め、長くMacとApple、ジョブズを見続けてきた松尾公也氏に追悼文を寄せてもらった。(2011/10/6)

中国のネットユーザーもジョブズ(喬布斯)氏追悼
国慶節まっただ中でお祝いムードの中国でも、「史蒂夫・喬布斯」氏の訃報を受け、ニュースサイトなどが特集を組んだり、ユーザーによる追悼のつぶやきが相次いでいる。(2011/10/6)

花束、そしてかじりかけのリンゴがそこにはありました アップルストア渋谷
ジョブズ氏の死去を受け、献花が集まっているアップルストア。渋谷店には花束に混じってかじりかけのリンゴが置かれていた。(2011/10/6)

現地リポート:
嘆きのサンフランシスコ ジョブズ氏の訃報を受けて
Appleの共同創設者であるスティーブ・ジョブズ氏の死は、地元とも呼べるサンフランシスコにも深い悲しみをもたらした。(2011/10/6)

ジョブズ氏を偲んで――アップルストアに献花集まる
スティーブ・ジョブズ氏の訃報を受け、世界各国のアップルストアに献花が集まっている。(2011/10/6)

孫社長「正に現代の天才だった」 ジョブズ氏追悼コメント
スティーブ・ジョブズ氏の死去を受け、ソフトバンクモバイルの孫社長がコメントを発表。「彼の偉業は、永遠に輝き続ける」と述べている。(2011/10/6)

ジョブズ氏公認の伝記に注目集まる Amazon.co.jpで書籍ランキング1位に
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことを受け、11月に発売される本人公認の伝記に注目が集まっている。Amazon.co.jpの本のベストセラーランキングでも1位になっている。(2011/10/6)

ついにその日が来てしまった:
スティーブ・ジョブズ氏の“航跡”を振り返る
スティーブ・ジョブズ氏が、2011年10月5日(現地時間)に亡くなった。同氏が21歳でAppleを創業してからの波乱に満ちた航海をもう一度たどってみたい。(2011/10/6)

ジョブズ氏追悼、緊急特番 マイクロソフト元副社長西和彦さんら出演
Appleの創設者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことを受け、ニコニコ生放送で特別番組を配信する。出演者は西村博之さん、茂木健一郎さん、アスキー創始者で、マイクロソフト元副社長の西和彦さん、「MacPeople」の吉田博英編集長、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん。司会はジャーナリストの井上トシユキさん。配信は10月7日0時30分〜。(2011/10/6)

「彼はわれわれの世界の見方を変えた」 米オバマ大統領もジョブズ氏死去にコメント
「彼は、われわれ1人1人の世界の見方を変えた」――オバマ大統領がジョブズ氏追悼コメントを発表した。(2011/10/6)

Googleトップページも追悼モード ジョブズ氏死去で
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなったことを受け、Googleのトップページも追悼モードに。「Steve Jobs, 1955 - 2011」と書かれ、Apple.comへリンクが張られている。(2011/10/6)

Googleはトップページでジョブズ氏を哀悼
 米Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏の死去を受け、Googleはトップページにジョブズ氏の名を掲載し、悼んでいる。(2011/10/6)

半旗が揺れるApple本社
スティーブ・ジョブズ氏が死去した。米Apple本社前には半旗が掲げられている。(2011/10/6)

ビル・ゲイツ氏、ラリー・ペイジ氏、マーク・ザッカーバーグ氏などがジョブズ氏に哀悼の辞
ジョブズ氏の訃報を受け、多くの業界関係者が哀悼の辞を表明している。(2011/10/6)

Appleのスティーブ・ジョブズ氏が死去
病気療養のために8月にCEOを退いていたAppleのスティーブ・ジョブズ会長が10月5日、亡くなった。(2011/10/6)

世界は偉大な人間を失った:
スティーブ・ジョブズ氏、死去
アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。追悼。(2011/10/6)

スティーブ・ジョブズ氏、死去 ネットに追悼の声
Appleの創設者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった。ネットには驚きと悲しみの声があふれ、ビル・ゲイツ氏らもコメントしている。(2011/10/6)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
(続)スティーブ・ジョブズはどこにでもいる
アップルの創業者スティーブ・ジョブズが、CEOを辞任すると発表した。ジョブズといえば数々のヒット商品を生み出してきたが、彼になるためのキーワードは何だろうか。またジョブズ引退によって、日本が学ぶべきことがあるのかもしれない。それは……。(2011/9/15)

神尾寿のMobile+Views:
スティーブ・ジョブズ氏引退で、Appleは変わるのか
8月24日に突如発表された、AppleのカリスマCEO、スティーブ・ジョブズ氏の引退。すでに闘病中の身でもあり、業界として同氏の引退はいずれ起こることと受け止められていたが、それでも影響は少なくないという見方も多い。Appleの未来はどうなるのか。(2011/9/13)

CBSの番組が「スティーブ・ジョブズ氏死亡」の誤報をツイート
CBSの番組「What's Trending」がApple会長スティーブ・ジョブズ氏が死亡したとTwitterで伝えたが、すぐに取り消した。(2011/9/10)

オルタナブログ通信:
ジョブズCEO辞任に見るリーダーの去り方
約250人のブロガーによってITにまつわる時事情報などが、日々、発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今回は、「Windows Phone」「ジョブズ」「スマートフォン」などを紹介しよう。(2011/9/10)

スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記、日本語版も11月21日発売へ
AppleのCEOを退任したスティーブ・ジョブズ氏の伝記「スティーブ・ジョブズ」は11月21日に世界同時刊行になる。日本では講談社から上下巻で出版される。(2011/9/9)

ジョブズCEO辞任でどうなるApple 林信行さんらが今後を徹底分析
スティーブ・ジョブズCEOの辞任が発表された米Appleの今後を議論する番組「どうなる? これからのアップル」をライブ配信する。ジョブズ氏の功績を振り返りながら、同社の行く末を徹底分析し、販売間近とうわさされるiPhone5も「大胆予測」する。出演者は、ギズモード・ジャパンのいちる編集長、ITジャーナリストの柴田文彦さん、林信行さん、森健さん。配信は9月9日22時30分〜。(2011/9/8)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
スティーブ・ジョブズはどこにでもいる
AppleのCEOを辞任するスティーブ・ジョブズ。ジョブズは天才だ、魔法のように素晴らしいデバイスを作る、とあがめる人は多いが、わたしの考えは少し違う。(2011/9/2)

Appleファンのランナー、ランニングで東京にAppleロゴ描く ジョブズ氏退任に捧ぐ
「スティーブのビジョン、リーダーシップに個人的に感謝を表したい」――AppleのジョブズCEO退任に寄せて、東京マラソンでUst実況したランナー、テイムさんがAppleロゴを描きながら走った。(2011/8/29)

Apple、ティム・クック新CEOに100万株を授与 10年続投が条件
スティーブ・ジョブズ氏からAppleのCEO職を引き継いだティム・クック氏に対し、5年後にAppleの50万株が、10年後にさらに50万株が提供される。(2011/8/29)

せかにゅ:
Google幹部が、元「リンゴ刈り少年」がスティーブ・ジョブズ氏語る
あちこちで語られているスティーブ・ジョブズ氏の退任。そんな中で、「スティーブのロールモデルはソニー」と語る元社員や後頭部を「リンゴ刈り」にしていたAppleファンなどのコメントを紹介します。(2011/8/26)

ねっと知ったかぶりβ版(8/22〜8/26)ジョブズ氏退任で世界中がざわざわ
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はスティーブ・ジョブズ氏退任のニュースが話題になりました。(2011/8/26)

Appleの新CEO、ティム・クック氏が「Appleは変わらない」と強調
Appleのティム・クック新CEOが全従業員に宛てたメールで「スティーブが築いたものはわれわれのDNAの中にある」とジョブズ氏の路線を継承することをあらためて確認した。(2011/8/26)

スティーブ・ジョブスは“役者”でもあった:
プレゼンテーションで振り返る“Apple=ジョブズ”
その場にいるすべてのアップルファンを心酔させるジョブズ氏の講演は、アップル文化の源といってもいい。ここでは“役者"としてのジョブズ氏の姿をまとめてみた。(2011/8/26)

“本当のチャレンジ”が始まる:
ジョブズ氏退任に思うこと――アップルは2013年をどう乗り切るか
アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏がついにCEOを退任する。一度は潰れかかった“アメリカンドリーム”の象徴でもある会社を、その後わずか15年で世界の頂点まで導いたジョブズCEOの退任後、アップルは今日の勢いを保てるのか。林信行氏が分析する。(2011/8/25)

Apple、スティーブ・ジョブズ氏からの退任の書簡を公開
Appleが退任するジョブズ氏の「Appleの取締役とAppleコミュニティーへ」とする書簡を公開。「前途に最も輝かしく、最も革新的な日々があると信じている」と同氏は語っている。(2011/8/25)

スティーブ・ジョブズ氏、AppleのCEOを辞任
病気療養中のAppleのスティーブ・ジョブズ氏がCEOを辞任する。後継にはCOOのティム・クック氏が就任する見込みだ。(2011/8/25)

スティーブ・ジョブズ氏の“公認”伝記、Barnes & Nobleが11月21日発売へ
Amazonでは来年3月発売予定になっているAppleのジョブズ氏の伝記を、Barnes & Nobleは今年11月に発売するようだ。電子書籍NOOK版も提供する予定。(2011/8/16)

「麦茶つくりゲーム」も:
麦茶を水出しで作る人は初期費用無料! ペパボが割引キャンペーン
ペパボのレンタルサーバ「heteml」で、麦茶を水出しで作る人は初期費用が無料になる割引キャンペーンが登場。スティーブ・ジョブズ風おじさんが登場する「麦茶つくりゲーム」も公開している。(2011/8/2)

“シースルーiPhone”に一歩近づく? 米大学が透明なバッテリー開発
米スタンフォード大学の研究者が、透明に見えるバッテリーを開発した。「スティーブ・ジョブズ氏にこのことを話したい。透明なiPhoneが欲しい!」とコメントしている。(2011/7/28)

若き日のApple創設者描いたWebコミック、漫画家のうめさんが公開
漫画家のうめさんが、若いころのスティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏を描いたコミックを公開。「リアルさは、Appleのお墨付き!!」な作品という。(2011/6/16)

WWDC 2011基調講演リポート(4):
デジタルライフの中心は「クラウド」へ――アップルが目指すデジタルハブ戦略の第2章
WWDC 2011の基調講演で発表された内容のうち、これまで紹介した「OS X Lion」「iOS 5」に続いて、最も注目される「iCloud」について見ていく。プレゼンはジョブズCEO自身が行った。(2011/6/14)

AppleのジョブズCEO、伝記コミックが登場
スティーブ・ジョブズ氏の伝記がコミックになって発売される。(2011/6/14)

Mobile Weekly Top10:
iOS 5、iCloud発表 新型iPhoneの登場はいつ?(6月6日〜6月12日)
米Appleの開発者向けイベントWWDC 2011が開催。スティーブ・ジョブズ氏が登壇した基調講演では、新しいiOSとクラウドサービスのiCloudが発表された。先週のアクセスランキングにもその注目度合が現れている。(2011/6/13)

iSpaceship?:
Apple、宇宙船っぽい新オフィスを計画
スティーブ・ジョブズ氏が、Appleの新オフィス計画を披露した。「着陸した宇宙船のようだ」という。(2011/6/8)

iOS 5は2011年秋リリース:
iOS 5+iCloudで大きな変貌を遂げるiPad、iPhone、iPod touch
米Appleの開発者向けイベント「World Wide Developer Conference 2011(WDC2011)」が6月6日(現地時間)に開幕。スティーブ・ジョブズ氏も登壇した基調講演では、iOSの新たな展開が垣間見えた。(2011/6/7)

Apple、クラウドサービス「iCloud」を発表 文書や音楽をクラウドに
Appleのクラウドサービス「iCloud」は、アドレス帳やカレンダー、文書や写真、音楽をクラウドに保存できる。スティーブ・ジョブズ氏は「デジタルハブをクラウドに移す」としている。(2011/6/7)

Lion+5+Cloud=WWDC:
アップル開発者会議、間もなく開幕!
WWDC 2011の会場に掲げられた巨大横断幕に「OS X Lion+iOS 5+iCloud=WWDC」の文字。ジョブズCEOがオープニングを飾る基調講演の内容を予想してみよう。(2011/6/6)

ジョブズ氏の伝記「iSteve」、Amazonで予約受付開始
Appleのスティーブ・ジョブズCEOの伝記の出版日と価格がAmazonの予約ページで明らかになった。早くもベストセラーランキング入りしている。(2011/6/6)

ジョブズCEOは何を語る? WWDC基調講演を日本語通訳
米Appleの開発者イベント「WorldWide Developers Conference」(WWDC)に合わせた非公式の番組。Appleが発表会を公式にライブ配信する場合は、基調講演の音声を日本語に同時通訳し、Ustream配信する。公式ライブ配信がない場合は、Apple関連情報サイトのテキストを翻訳し、Ust&Twitterに流す予定だ。Apple関連のイベントを同時通訳して流しているmacwebcaster.comの番組。今回のWWDCはスティーブ・ジョブズCEOが登場し、「iOS 5」や「iCloud」を発表する予定になっている。配信は6月7日2時0分〜。(2011/6/3)

AppleのWWDCにスティーブ・ジョブズ氏が登場――iCloudも発表
6月6日のWWDCでは、Lion、iOS 5のほか、うわさ通りクラウドベースの音楽サービスも披露されるようだ。(2011/5/31)

6月のApple開発者会議にジョブズCEO登場 「iCloud」も発表
Appleは6月6日からの開発者イベントで、クラウド音楽サービスとうわさされる「iCloud」を発表する。休職中のジョブズ氏も登場。(2011/5/31)

6月6日に開幕:
ジョブズCEOの基調講演で幕を開けるWWDC2011――「Lion」「iOS5」「iCloud」を披露
Apple世界開発者会議(Worldwide Developers Conference 2011)では、次期Mac OS Xの「Lion」をはじめ、「iOS5」や「iCloud」が披露される予定だ。(2011/5/31)

スティーブ・ジョブズCEOは「早く復帰したがっている」とApple幹部
療養休暇中のスティーブ・ジョブズ氏と定期的に会っていると、Apple幹部が語った。(2011/4/21)

スティーブ・ジョブズ氏の伝記「iSteve」出版へ
米Appleのスティーブ・ジョブズ氏の公認伝記が来年出版される。(2011/4/12)

せかにゅ:
「2010年はiPadの年」「タブレットPCは大失敗」ジョブズ氏語る
iPad 2に登場したスティーブ・ジョブズ氏は、ライバルたちは「タブレットを次のPC市場のように見ている。それは正しいアプローチではない」と鋭く批判した。(2011/3/3)

ねとらぼ:
foursquare日本語サイトがおかしい件 なぜスティーブ・ジョブズが!?
foursquareの日本語サイトがオープン。が、よくよく見てみると日本語が微妙におかしい。お問い合わせのページにはなぜかあの人が。どうしてこうなった……。(2011/2/23)

スティーブ・ジョブズ氏、元気な姿 オバマ大統領との会合で
ホワイトハウスが公開したオバマ大統領とIT企業リーダーの会合の写真には、療養休暇中のスティーブ・ジョブズ氏の姿も写っている。(2011/2/21)

林信行はどう見る?:
過去最高益とジョブズ氏の不在――Appleのこれから
米Appleのスティーブ・ジョブズCEOが病気療養に入る。このニュースにより2011年第1四半期(10〜12月期)で過去最高益を達成した同社の株価は一時下落した。ジョブズ氏不在の影響は?(2011/1/21)

ジョブズCEOがいなくても、Appleの未来はバラ色――アナリストの見解
Appleはスティーブ・ジョブズCEOの休職を発表した直後、好決算を報告。「ジョブズ氏がトップに立っていようといまいと」好調は続くとアナリストはみている。(2011/1/21)

「ジョブズ氏休職」でAppleの株価が一時急落
Appleの株価は一時6%以上下落したが、好業績を受けて時間外取引で上昇している。(2011/1/19)

Apple、MacやiPhone、iPadが好調で過去最高の四半期業績
前日にスティーブ・ジョブズ氏の療養休暇入りを発表したAppleの10〜12月期の決算は、売上高が71%増、純利益が78%増と絶好調だった。(2011/1/19)

Appleのスティーブ・ジョブズCEOが療養休暇入り
ジョブズ氏は療養休暇中も、CEOとして大きな戦略的決定に携わるとしている。(2011/1/17)

Timeの「今年の人」、読者投票はWikiLeaks創設者が1位
機密文書の暴露で世を騒がせたWikiLeaksの創設者ジュリアン・アサンジ氏が、Timeの「Person of the Year 2010」読者投票で首位になった。トップ102はAppleのジョブズCEOも入っている。(2010/12/14)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
プレゼンがうまいって、どんな人?
オバマ、ジョブズ、池上彰――。残念なプレゼンとは逆に、これまであなたが見たプレゼンテーションで、「思わず話に引き込まれた」という人を思い出してみてください。(2010/12/10)

フィル・シラー氏に聞く:
アップル流イノベーションが大きく花開いた2010年(前編)
年末商戦を前に、スティーブ・ジョブズCEOと並ぶアップルの顔、ワールドワイドマーケティング担当の上級副社長であるフィル・シラー氏が来日。注目の新製品に加え、iPadが目指す世界観やアップルという企業の考え方などについて“深い話”をしてくれた。(2010/12/9)

スティーブ・ジョブズ氏のアクションフィギュアが販売停止に
売り切れになるほど人気を集めたジョブズ氏のフィギュアが販売停止になった。販売元がAppleから許可を取っていなかったためだ。(2010/11/25)

せかにゅ:
ジョブズ氏が語る、タッチスクリーンMacBookを出さない理由
タッチスクリーンはタブレットのような水平の画面には向いているが、垂直の画面には適さず、腕が疲れてしまうとAppleのスティーブ・ジョブズCEOは語る。(2010/10/21)

せかにゅ:
Androidの父、スティーブ・ジョブズ氏の批判に140文字で応える
「Androidはオープン」というGoogleの主張を否定したAppleのスティーブ・ジョブズ氏に、Android開発者のアンディ・ルービン氏はTwitterで応えた。(2010/10/20)

RIMのCEO、Appleの「現実歪曲空間」に反論
「7インチタブレットは即死」というAppleのジョブズCEOの批判に、「Appleの現実歪曲空間の外で生きている」RIMのCEOが反撃している。(2010/10/20)

AppleのジョブズCEO「年内にまだサプライズ」 7インチiPadはなし?
Appleは年内にさらに新製品を発表する予定で、MacBook Air新型などが予想されている。しかし7インチのiPadは期待できないようだ。(2010/10/19)

Apple、史上最高の増収増益 ジョブズCEOも会見に参加
Appleの7〜9月期決算は、Mac、iPhone、iPadが好調で、売上高が66%増の203億4000万ドル、純利益が70%増の43億1000万ドルと史上最高の業績だった。(2010/10/19)

米国長者番付、Facebookの創設者がスティーブ・ジョブズ氏超える
2010年の米国長者番付で、Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が35位に。26歳と、今年のランキングでは最年少だ。(2010/9/24)

せかにゅ:
「iPhone 4ホワイトはクリスマスまでに」のジョブズ氏メール、実は偽物
Appleのスティーブ・ジョブズCEOが、iPhone 4ホワイトモデルの発売時期に言及したメールを送ったと話題になったが、実は偽メールだったことが分かった。(2010/9/21)

ねとらぼ:
“手裏剣ジョブズ氏”がアニメに
「Appleのスティーブ・ジョブズCEOが来日時、プライベートジェットへの手裏剣持ち込みを禁止を告げられ激怒した」と報じたSPA!の記事が脚色されて3Dアニメに。(2010/9/16)

ねとらぼ:
ジョブズ氏、お忍び来日で激怒!?
Appleのスティーブ・ジョブズCEOがお忍びで来日し、大激怒して帰っていった!?――こんな仰天記事が「SPA!」に載っている。(2010/9/13)

iTunes 10に音楽SNS「Ping」 アーティストやユーザーをフォロー可能に
iTunesの新バージョン「10」には音楽ソーシャルネットワーク「Ping」が組み込まれている。ジョブズCEOは「FacebookとTwitterがiTunesと出合ったようなもの」と説明する。(2010/9/2)

iPhone幹部の退職、アンテナ問題でなくジョブズCEOとの不和が原因?
iPhone 4のアンテナ問題が原因でiPhoneハードウェア担当幹部が退職したと報じられていたが、原因はスティーブ・ジョブズ氏とのあつれきだったとの報道もある。(2010/8/10)

「元素図鑑」作者インタビュー(後編):
「Kindle」は何も新しくない、「iPad」ならではの表現を目指す
「元素図鑑」の作者であるセオドア・グレイ氏が、今後目指すべき電子出版ビジネスやアップルCEOであるスティーブ・ジョブズ氏の人柄などについて語った。(2010/7/27)

iPhone 4アンテナ問題、ジョブズ氏発言がさらに議論呼ぶ
Appleのスティーブ・ジョブズCEOはiPhone 4のアンテナ問題を抑えるために記者会見を開いたが、それどころか同氏の発言はさらに議論を呼び、競合他社やアナリストから批判されている。(2010/7/22)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(3):
なぜ、ジョブズは聴衆を魅了できるのか?
基調講演を聴くために徹夜の列ができるほど、聴衆を魅了するスティーブ・ジョブズのプレゼンテーション。なぜジョブズのプレゼンテーションはこれほどまでに人々を熱狂させるのか。その秘密に迫る。(2010/7/20)

Fortuneの「技術分野で最も聡明な50人」にAppleジョブズ氏
Appleのスティーブ・ジョブズ氏のほか、任天堂の宮本茂氏や「アバター」のジェームズ・キャメロン監督も「テクノロジー分野で最も聡明な50人」に選ばれている。(2010/7/12)

iPhone 4、3日で170万台突破 ジョブズ氏「Appleの歴史で最も成功」
米Appleは、iPhone 4の世界販売台数が、発売から3日間で170万台を超えたと発表した。(2010/6/28)

AppleのジョブズCEO、基調講演で新型iPhoneを語る
Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「iPhone 4」を「われわれの最も精密で最も美しい製品の1つ」と語るが、流出した試作機のニュースを知っている人には驚くべき発表はなかった。(2010/6/8)

WWDC10で発表された数字まとめ:
iOS搭載機は6月中に1億台を突破、アプリは22万5000タイトルに
Appleのスティーブ・ジョブズCEOが、WWDC10の基調講演でiOS搭載機の出荷台数などを明らかにした。iOS搭載機は6月中に1億台を突破する見通しだ。(2010/6/8)

「iPhoneからGoogle検索は外さない」とAppleのジョブズCEO
「Appleが独自の検索機能を開発する」「iPhoneのデフォルト検索エンジンがGoogleからBingに変わる」といううわさを、スティーブ・ジョブズCEOは否定した。(2010/6/7)

Apple、WWDCでのスティーブ・ジョブズCEO登壇を正式発表
次期iPhone披露がうわさされている開発者会議は、スティーブ・ジョブズCEOの基調講演で幕を開けることが決定した。(2010/5/25)

ベストチームとは何か:
今、あらためてチームワークを問う
米Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「全体の力は、部分としての個人力を集めたよりもはるかに大きい」と話す。個人技の本場ともいえる米国においても、チームワークの重要性は多くのリーダーの言葉を通して語られているのだ。(2010/5/13)

「Flashの方こそクローズドだ」――AppleのジョブズCEOが反論
AppleのジョブズCEOが、「AppleはクローズドでFlashはオープン」というAdobeの主張に「実際は逆だ」と反論。iPhoneやiPadでFlashをサポートしない理由を語った。(2010/4/30)

ジョブズCEO、iPhoneでのFlash非対応について説明
Appleのスティーブ・ジョブズCEOが「クローズドなのはFlashの方だ」として、Flashを使ってのiPhoneアプリ開発禁止を含むFlashの締め出しの理由を説明した。(2010/4/30)

せかにゅ:
Apple、初代iPhoneのサポート終了へ?
「今後、初代iPhoneのサポートやアップデートはある?」というユーザーのメールに、スティーブ・ジョブズ氏は「申し訳ないがノーだ」と答えたという。(2010/4/13)

せかにゅ:
Apple、iPhone SDKの規約変更 Flash締め出しか
iPhone SDKの新たな規約では、FlashなどのアプリをiPhone向けに変換するツールが禁じられる。スティーブ・ジョブズ氏は、アプリの水準を維持するためと説明しているが、「Flashつぶしではないか」との見方も。(2010/4/12)

「スティーブ・ジョブズに訴えると脅された」 Sunの元CEOが語る
Sunの元CEO、ジョナサン・シュワルツ氏は、Appleのスティーブ・ジョブズCEOから訴訟を起こすと脅された経験を語り、ライバルを特許侵害で訴えるのは逆効果だと指摘している。(2010/3/11)

せかにゅ:
iPadのテザリングは「ノー」 ジョブズ氏が明言
「iPhoneを使ってWi-Fi版iPadをテザリングできますか」というファンの質問に対し、スティーブ・ジョブズ氏は一言「ノー」と答えた。(2010/3/9)

せかにゅ:
Flashは「死にかけ」 スティーブ・ジョブズ氏が批判
Appleのスティーブ・ジョブズ氏が、メディア企業訪問でFlashをこき下ろし、「われわれは古い技術に多くのエネルギーを注がない」と語った。(2010/2/22)

スティーブ・ジョブズ氏がきっと伝記に残したい11のストーリー
スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記が出版されるとうわさされている。もし本当なら、彼はきっとAppleへの華々しい復帰やiPod、iPhoneといった重要製品の話を盛り込みたいだろう。(2010/2/19)

Apple、iPhone販売台数2倍で過去最高の業績
MacとiPhoneの販売台数は過去最高記録を更新した。ジョブズCEOは「今週非常に重要な新製品を発表する」と語った。(2010/1/26)

最強フレームワーカーへの道:
「ジョブズのプレゼン」を目指すアナタの最終兵器、Ustreamで「自分撮り」
あなたのプレゼン、何か大事な点が抜けてはいないだろうか。「プレゼンをもっと効果的に行いたい」――。究極のプレゼン改善方法は「自分撮り」である。(2010/1/18)

Apple、iPhoneアプリのダウンロード数が30億を超えたと発表
Googleの「Nexus One」発表直前、AppleがApp Storeでのアプリダウンロード数を発表した。「競合は当面App Storeに追いつけそうにない」とジョブズCEO。(2010/1/6)

AppleのジョブズCEO、Harvard Business Reviewの“ベストCEO”に
Fortune誌に続き、Harvard Business Reviewもジョブズ氏を最高のCEOに選出した。MicrosoftのバルマーCEOは圏外だった。(2009/12/22)

アップル上級副社長に聞く:
「デジタルライフスタイルの未来はiPhoneにある」――フィル・シラー
スティーブ・ジョブズCEOに続くアップルの顔、最近ではMacworldやWWDCといったイベントで基調講演も行っているフィル・シラー氏が来日し、MacやiPod、iPhoneの最新状況について語った。(2009/11/26)

せかにゅ:
AppleのジョブズCEO、初め「iMac」に反対だった
Appleのスティーブ・ジョブズCEOは初代iMacの名前を決めるときに、最初は「iMac」の案を却下したという。(2009/11/9)

Appleのスティーブ・ジョブズ氏、「過去10年で最高のCEO」に
Fortune誌は、ジョブズ氏の「音楽、映画、携帯電話という3つの市場を徹底的に作り変えた」功績をたたえている。(2009/11/6)

iPodの進化に見る「単機能デバイスの終わり」の可能性
音楽プレーヤーから多機能デバイスへと進化したiPod。「汎用デバイスは専用デバイスに勝つ」というジョブズ氏の言葉通り、1つの機能しかないデバイスは敗北するかもしれない。(2009/9/21)

お帰り!:
ジョブズCEOによる「One more thing...」――目玉はiPod nano!
米Appleのスペシャルイベントに待ちに待ったジョブズCEOが登場。その姿を聴衆は総立ちで迎えた。現地から速報をお届けしよう。(2009/9/10)

何が出るかな:
Appleスペシャルイベントの目玉は?――“気になるウワサ”をひとまとめ
スティーブ・ジョブズCEOの登場に期待が高まるAppleスペシャルイベントがいよいよ開催される(日本時間9月10日2時)。サンフランシスコの会場には3日前にして巨大広告が出現しているが、いったい何が発表される?(2009/9/9)

せかにゅ:
Apple株めぐりインサイダー取引疑惑
製品の売り上げやスティーブ・ジョブズCEOの健康状態に関する内部情報を知った人間が、Apple株を売買した疑惑が持ち上がっている。(2009/9/3)

せかにゅ:
Appleのスティーブ・ジョブズCEO、Macタブレットにコメント
スティーブ・ジョブズ氏は療養休暇からの復帰以来、タブレットに集中していると伝えられているが、同氏はタブレット情報の大半は間違っていると話している。(2009/8/26)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
『出現する未来』――スティーブ・ジョブズのように内なる声を聞くには
ピーター・センゲらが、150人強の科学者・起業家にインタビューした『出現する未来』。自らの意識変化を整理していて、これを読めばスティーブ・ジョブズのように内なる声を聞けるようになるかもしれない。(2009/8/14)

「コアビジネスで競合」とジョブズ氏:
GoogleのシュミットCEO、Appleの取締役を辞任
ジョブズ氏は、GoogleがAndroidやChrome OSを投入し、Appleのコアビジネスに参入してきたことを理由としている。(2009/8/4)

偽スティーブ・ジョブズ、復活
昨年7月に引退を宣言した「偽スティーブ・ジョブズ」が、偽ジョブズブログの更新を再開した。(2009/6/25)

スティーブ・ジョブズ氏、術後の経過は「非常に良好」 病院が発表
ジョブズ氏は「移植の順番待ちリストの中で最も症状が重かった」が、今は順調に回復しているという。(2009/6/24)

iPhone 3GS、3日で販売数100万台超える 「これまでにない勢い」とジョブズCEO
新OS「iPhone 3.0」はリリースから5日間で600万ダウンロードに達した。(2009/6/23)

半年ぶりの登場:
ジョブズ氏、「iPhone 3G S、100万台突破」でコメント
1月から療養休暇を取っていたAppleのスティーブ・ジョブズCEOが、半年ぶりに公的な発表文にコメントを寄せた。(2009/6/23)

Appleのスティーブ・ジョブズCEO、肝臓移植手術受ける
スティーブ・ジョブズ氏が約2カ月前に肝臓の移植手術を受けていたことが分かった。(2009/6/22)

iPhone新モデル? ジョブズ引退? 今年のWWDCには何がある
Appleは次期版iPhoneを6月のWWDCで発表するだろう。だがそれよりも重要なのはSnow Leopardなのだ。(2009/3/31)

Appleが新Macを発表? このご時世に?
Appleが新Mac発表イベントを開くといううわさがあるが、この不況の中、しかもスティーブ・ジョブズ抜きで、なぜそんなことをするのだろうか。(2009/3/3)

1月10日〜1月16日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
Appleのスティーブ・ジョブズCEOが、夏まで治療に専念することを明らかにした。2008年11月の携帯出荷台数は、4カ月ぶりに300万台ベースに回復。TCAとケータイキャリアは、振り込め詐欺の被害が増加傾向にあることを受け、不正契約を防ぐ取り組みの強化策を発表した。(2009/1/19)

スティーブ・ジョブズ氏の時代は終わった
そろそろAppleの取締役会もでたらめを言うのはやめて、ジョブズ氏復帰の現実的な可能性や、不測の事態に備えての新経営陣への移行プランなどについてきちんと説明すべきだ。(2009/1/15)

AppleジョブズCEO、「6月末まで治療に専念」を明らかに
健康問題が取りざたされているスティーブ・ジョブズCEOは、夏には復帰するとしている。(2009/1/15)

Macworld Conference & Expo 2009:
アップル最後のMacworld、ジョブズ不在で開幕――基調講演速報
フィル・シラー氏の基調講演により、アップル最後のMacworld Expo 2009が幕を開けた。Mac関連の発表は全部で3つ。スティーブ・ジョブズCEOは会場に姿を見せなかったが……。(2009/1/7)

Macworld Conference & Expo 2009:
ジョブズじゃなくても15時間前から列――開幕直前リポート(2)
いよいよMacworld Expoが開幕する。基調講演で発表されるのはMac mini? 17インチMacBook Pro? それとも……。現地では開場15時間ほど前から行列ができはじめている。(2009/1/6)

ジョブズCEO、「体重減少はホルモン異常のため」と説明――重病、辞任説を否定
Appleのスティーブ・ジョブズCEOが自らの健康状態を説明し、うわさされている重病説や辞任説を否定した。(2009/1/6)

AppleのNetbookが出ない、これだけの理由
ジョブズCEO不在の1月のMacworld ExpoでApple製Netbookが発表されるというまことしやかな説が流れているが、その可能性は低い。(2008/12/17)

AppleがMacworldから撤退――基調講演はジョブズ抜きに
しかも、最後のMacworld基調講演はフィル・シラー副社長が務めることに。(2008/12/17)

部下をやる気にさせて育てる指導術:
スティーブ・ジョブズに見る、部下育成に必要な「人間力」
結論めいたことを言ってしまえば、人を育てるのは技術だけでどうなるものではありません。それ以上に重要な、「人を育てる人間力」というものが必要になるのです。ではこの「人間力」とはどのように磨いていけばいいのでしょうか――。(2008/10/20)

Appleスペシャルイベント詳報 中編:
MacBook発表のスペシャルイベントに隠されたテーマとは?
米AppleがMacBook新製品を紹介するスペシャルイベントの現地リポート。前編に続き、ジョブズ氏らエグゼクティブが説明するMacとPCにまつわる最新事情にスポットをあてる。ん、110/70って何のこと?(2008/10/15)

「ジョブズ氏が心臓発作」報道で考える匿名情報の信頼性
「ジョブズ氏が心臓発作で病院に運ばれた」というiReportの匿名報道をAppleは否定した。問題は、本当のことを言っているのは誰か、その動機は何かだ。(2008/10/6)

「Webで最も影響力のある25人」にジョブズ氏や伊藤穰一氏
大手IT企業の幹部や新興Webサービス設立者のほか、コメディアンのジョン・スチュワート氏の名前も挙がっている。(2008/10/1)

Greenpeace、新iPodでのグリーン化努力を評価
ジョブズCEOがiPod新製品発表イベント「Let's Rock」で明らかにした新iPodでの有害物質不採用の取り組みを評価した。(2008/9/12)

劇的な改善多数──iPhone 3Gファームウェア「2.1」は米国時間12日に配布開始
米AppleのCEO、スティーブ・ジョブズ氏は、9月9日に開催したイベント「Let's Rock」で、iPhone向けの新ファームウェア2.1を「金曜日から配布を開始する」と話した。(2008/9/10)

今日から使えるITトリビア:
カリスマ経営者の変人ぶりと日本のヘンジン会
「変人」と言えば、田中眞紀子代議士が小泉純一郎元首相を称した言葉だが、ビッグネームには多かれ少なかれ、変人ぶりや奇行のウワサがあるもの。今日のIT時代を築き上げたスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツにも数々の逸話が。もちろん日本にだって!?(2008/8/31)

「スティーブ・ジョブズは天才」と孫社長、上戸彩さんにちょっとしたハプニングも
iPhone 3Gがついに発売。東京・有楽町のビックカメラ有楽町店本館で発売記念セレモニーが催された。ソフトバンクの孫社長やソフトバンクモバイル宮内副社長兼COO、そして白戸(ホワイト)家の長女・上戸彩さんが来店し、iPhone 3Gのデビューに花を添えた。(2008/7/11)

上戸彩さんも「iPhone欲しい」 孫社長「ジョブズは天才」
ビックカメラで開かれたiPhone発売イベントに、ソフトバンクモバイルの孫正義社長と上戸彩さんが登場。孫社長は「やっぱりスティーブ・ジョブスは天才だ」と興奮気味に話した。(2008/7/11)

偽スティーブ・ジョブズが引退
「この世でもう会えないなら来世で会おう」――偽ジョブズことダン・ライアンズ氏が、本名で新たなサイトを立ち上げる。(2008/7/10)

iPhone 3G講演詳報――ジョブズと仲間たちが伝えた「iPhoneプラットフォーム」
アプリを作りやすいiPhone SDKと、その配信インフラとしてのApp Store。サードパーティーによる多彩なデモで、PCの次代を担うプラットフォームとして強力にプッシュした。(2008/6/10)

WWDC'08基調講演速報:
携帯電話からコンテンツプレーヤーへ脱皮した「iPhone」
スティーブ・ジョブズ氏らによるWWDC基調講演は、全編iPhoneにフォーカスした内容となった。ライバルはニンテンドーDS? PSP!?(2008/6/10)

iKnow!でユーザーが作成できる学習コンテンツ――ジョブズのスピーチも題材に
SNS型英語学習サイト「iKnow!」は5月21日、ユーザー自身が学習コンテンツを作成できる「マイリスト」を正式に開始した。βテストでの活用事例。スティーブ・ジョブズのスピーチを題材にしたリストもあった。(2008/5/22)

Adobe FlashのiPhone進出計画、阻むのはジョブズ氏?
AdobeはiPhone SDKを使ってiPhone向けFlashを開発できると主張しているが、それだけでは不十分なようだ。(2008/3/21)

iPhoneでVoIP、「Wi-Fi経由なら制限せず」とジョブズCEO
携帯ネットワークを使ったVoIPアプリケーションは制限するが、Wi-Fi経由であればサードパーティーによるツールの開発を妨げるつもりはないとAppleのジョブズCEOは述べている。(2008/3/11)

ジョブズ氏が語る「iPhoneがFlashをサポートしない理由」
「フル機能版FlashはiPhoneには重過ぎる」とAppleのジョブズCEOが株主総会で語った。(2008/3/6)

その薄さにため息が出る:
Macworld Expoのアップルブースで気づいたこと、聞いたこと
Macworld Expoの展示で最も人気が高いのは、やはりアップルブース。ジョブズ氏の基調講演後に人の波をかき分けて、「MacBook Air」ほか注目の新製品をチェックした。(2008/1/16)

“Something in the air.”の正体は:
「MacBook Air」から「Time Capsule」まで、4つのテーマで語られたスティーブ・ジョブズ氏基調講演
「世界で最も薄いノートPC」が登場したMacworld Expo 2008。iTunesの新サービスやiPhone/iPod touchのアップデート、Time Machineを活用する新デバイスなど話題は多い。(2008/1/16)

Expo出展数は488へ増加:
“生ジョブズ”への遠い道のり――「Macworld Expo 2008」開幕直前リポート
いよいよスティーブ・ジョブズ氏の基調講演でMacworld Expoが幕を開ける。その24時間前には、すでにモスコーニ・ウェストの周囲に長い行列ができていた。一足先に、IDG幹部へのインタビューやOffice 2008 for Macのイベントをリポートしよう。(2008/1/15)

「世界最強ビジネスパーソン」はAppleのジョブズCEO
Fortuneの「最も有力なビジネスパーソン25人」ランキングで、Appleのスティーブ・ジョブズCEOが1位になった。(2007/11/28)

1位ゲイツ氏、2位ジョブズ氏――IT業界に影響を及ぼした人物ランキング
米国のIT業界団体が、発足25周年を記念して行った投票結果を発表。3位にはマイケル・デル氏がランクインした。(2007/11/10)

Symantec、iPhoneめぐるAppleの姿勢を評価
「モバイルセキュリティの重要性と難しさを認めたジョブズ氏とiPhone開発チームに賛辞を送りたい」とSymantec研究者。(2007/10/25)

温故知新コラム:
ジョブズ氏、タキシードで登場――カリスマが幻の次世代PCをアピール
世の中に登場して半世紀しか経たないコンピュータにも、歴史が動いた「瞬間」はいくつも挙げることができる。ここに紹介する「ビジュアル」もまさしくそのひとコマ――。(2007/10/24)

スティーブ・ジョブズ氏基調講演:
iPod touchの薄さは「世界の七不思議」だ
米Appleのスティーブ・ジョブズ氏がイベントで新しくなったiPodファミリーを紹介。8ミリというiPod touchの薄さは「世界の七不思議」だとコメント。(2007/9/6)

限定版の「LEGOっぽい」ジョブズとウォズ、時はApple創生期
Apple創立者の2人がガレージでApple IIに取り組んでいるころを再現したセットが発売された。(2007/8/30)

ジョブズ氏が語る新たな「i」プロダクト
ジョブズ氏は本社キャンパスで開催したプレスイベントで、Appleはいかにして製品をより環境に優しいものにするかに知恵を絞っていると強調した。(2007/8/8)

WWDC'07 基調講演「解説」編:
期待はずれ? 「One more thing」の真相を読み解く
新しい製品の登場はなく、iPhoneの発表も開発者の期待を下回る内容――これまでジョブズ氏が行ってきた基調講演に比べると、やや盛り上がりに欠けたWWDC'07。しかしそこには、アップルの次なる一手が隠されている。(2007/6/14)

Leopard新機能、Windows版Safariを発表した基調講演をオンデマンドで配信
AppleはジョブズCEOによるWWDC基調講演をビデオオンデマンド方式で公開した。(2007/6/12)

Apple IIの「ジョブズ的視点」がPC革命の始まりだった
ウォズはApple IIを「プログラミングで問題を解決するツール」とみなしていたが、スティーブ・ジョブズ氏はこのマシンを家電のようにしたいと考えた。(2007/6/8)

「ジョブズ=ゲイツ対談」がビデオポッドキャストで登場
Apple、MSの巨頭対談をフルに収録したビデオポッドキャストが、iTunesでダウンロードできる。(2007/6/4)

ジョブズ氏、環境保護推進計画を発表
ジョブズ氏は、2010年には、DellやHPなどの競合他社をリサイクル量で上回ることになるだろうと明言している。(2007/5/4)

Apple、「ジョブズ氏は不正に関与せず」との見解を再表明
ストックオプション関連の会計問題について、Appleの元CFOがジョブズ氏に不利となる発言をしたことを受け、同社取締役会がコメントを発表した。(2007/4/26)

世界長者番付、ビル・ゲイツ氏が13年連続トップ
日本人ではソフトバンクの孫正義氏が最高位で、Appleのスティーブ・ジョブズ氏を上回った。(2007/3/9)

スティーブ・ジョブズがAppleを葬った日
Mac OS X Leopardの機能がいまだはっきりしない今、6月に開催予定のWWDCはうわさの中心だ。今回のWWDCは10年前のように、独立系ソフトウェアベンダー(とMacの未来)にとって重要なイベントとなるだろうか。(2007/2/16)

ハッカー「DVDヨン」、スティーブ・ジョブズ氏に反論
「行動は言葉よりも雄弁だ、スティーブ」――FairPlayをクラックしたこともあるハッカーが、ジョブズ氏の「FairPlayを開放しない理由」に異を唱えた。(2007/2/7)

「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言
ジョブズ氏はFairPlayを開放しない理由を「レコード会社が求める楽曲の保護を保証できなくなる」と説明し、レコード会社がDRMを捨てるのが最善だと主張する。(2007/2/7)

Macworldサイトのハッキングでジョブズ氏講演の優待席を無料ゲット
米国のハッカーがMacworldサイトの弱点を突いて、1695ドル相当の優待パスをただで入手することに成功したという。(2007/1/13)

Macworld Conference & Expo2007:
Appleの新たな始まり――スティーブ・ジョブズ氏基調講演(後編)
歴史を作ることになる――そんな言葉で始まったジョブズ氏の基調講演を振り返ってみる。後編の目玉はもちろんiPhone、そして今回のアップデートには“Apple”自体も含まれていた。(2007/1/11)

Macworld Conference & Expo2007:
Appleの新たな始まり――スティーブ・ジョブズ氏基調講演(前編)
ジョブズ氏の基調講演で幕を開けた新生Appleの“歴史的な”一日を振り返る。(2007/1/11)

Macworld Conference & Expo2007:
Apple TV、そしてiPhone――米アップル幹部インタビュー
ジョブズ氏の基調講演で披露されたAppleの目玉製品はApple TVとiPhoneの2つ。その詳細に関してApple幹部の各製品担当者によるブリーフィングの機会が設けられた。(2007/1/10)

Appleが調査報告書を提出、ジョブズCEOへの疑惑を払拭
ストックオプション付与に関連した疑惑で株価が乱高下していたが、「潔白である」とする調査報告書を米証券取引委員会に提出した。(2006/12/31)

ジョブズCEOも認識――Apple、ストックオプションの違反事実が判明
過去のストックオプション付与に関連する内部調査で、会計上の記載に実際に違反があったことが判明。当時からジョブズCEOが事実を認識していたことも明らかになった。(2006/10/5)

WWDC 2006レポート:
最後のIntel Mac製品「Mac Pro」「Xserve」がついに登場――次期Mac OS X “Leopard”のプレビューも公開
8月7日(現地時間)に開催されたWWDC 2006において、スティーブ・ジョブズCEOはXeon 5100番台搭載のクワッドコアMac ProやXserve、次期Mac OS XのLeopardを発表した。(2006/8/8)

Apple、iPodとIntel Mac好調で増収増益
「今後登場予定のiPod製品に大きな期待を持っている」とジョブズCEO。(2006/7/20)

Appleでストックオプション問題発覚
Appleの内部調査でストックオプション付与に関する問題が見つかった。ジョブズCEOへのオプションにも問題があったという。(2006/7/1)

ビル・ゲイツに見る、リーダーの条件
大学は中退、MBAもない。だが、ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏、マイケル・デル氏には成功に必要な何かがあった。(2006/6/27)

WWDCでMac OS X “Leopard”のプレビュー披露
Appleのスティーブ・ジョブズCEOは8月7日に開幕するWorldwide Developers Conference(WWDC)のキーノートで、Mac OS X “Leopard”をプレビューする。(2006/6/27)

バルマー氏、久夛良木氏、「重要でない10人」に選ばれる
BUSINESS 2.0誌が選んだ「重要な50人」にはGoogle創設者やジョブズ氏が、「重要でない10人」にはバルマー氏、久夛良木氏、Slashdot創設者などが選ばれた。(2006/6/26)

ゲイツ氏に降りかかる「Vistaの呪い」
Appleからスティーブ・ジョブズ氏やギル・アメリオ氏が追い出されたのはOSに原因があった。OSには呪いがかかっている。そしてビル・ゲイツ氏にはVistaの……。(2006/6/20)

National Semiconductor、全社員にビデオiPod配布
iPodにアナログICを供給しているNational Semiconductorが史上最高の業績を記念して社員全員にビデオiPodを配布した。同社の前CEOは、Appleでスティーブ・ジョブズCEOの前にCEOを務めたこともあるギル・アメリオ氏。(2006/6/13)

Apple決算、引き続き好調
Appleの1〜3月期決算は売上高が34%の増収、純利益は41%の増益。「Intelプロセッサへの移行は非常にうまくいっている」とジョブズCEO。(2006/4/20)

インタビュー:
「iPod Hi-Fiには3つの特徴がある」
販売開始された「iPod Hi-Fi」。スティーブ・ジョブズ氏は「ホームユースにもっと目を向けなければならない」と狙いを説明しているが、具体的にどのような“ホームユース”を主眼に製品化されたのか。来日した米Apple Computer幹部にたずねた。(2006/3/7)

Apple新製品発表会レポート――ジョブズ氏が「Apple流ホームエンターテイメント」をデモ
2月下旬に報道関係者の元に送られた「謎の招待状」が話題となった、米Apple Computerの新製品がいよいよ発表された。米カリフォルニア州クパチーノにある本社で2月28日(現地時間)に開催された発表会には、多くのプレス関係者が詰めかけ、同社CEOのスティーブ・ジョブズ氏の講演に耳を傾けた。(2006/3/2)

さっそく「Disney取締役効果」――iTMSにディズニーの短編登場
PixarのCEOからDisney取締役へと「転身」した、Appleのスティーブ・ジョブズCEOは、さっそくその成果をiTunes Music Storeに取り入れた。(2006/1/25)

Disney、Pixarの買収で合意
Apple Computerのスティーブ・ジョブズ氏がDisneyの取締役に就任することが決まった。Pixar/Disneyアニメーション製作部門として、Pixarの拠点はそのまま維持される。(2006/1/25)

MacWorld Expo 2006:
写真で見る「MacBook Pro」
スティーブ・ジョブズ氏の基調講演でその存在が明らかにされた、「MacBook Pro」。MacWorld Expoの会場では、この新型機へ実際に触れることができる。注目の新型を写真で紹介。(2006/1/11)

MacWorld Expo 2006:
スティーブ・ジョブズ氏基調講演:Pentium Macの衝撃、30年目のサプライズ?
MacWorldが開幕し、Apple ComputerのCEO スティーブ・ジョブズ氏による基調講演が行われた。今年の目玉はなんといっても、Intelプロセッサを搭載した“Pentium Mac”だが、間もなく創業30年を迎えるにあたり、サブライズも予感させた。(2006/1/11)

iTMSのビデオ販売が100万本突破
ビデオ発売から20日足らずで100万本をダウンロード販売。もっと多くのビデオをiPodで見てもらえるようにしたい、とジョブズ氏は言う。(2005/11/1)

レビュー:
新世代iPodを買ってみた
シリーズ製品として初めて、動画の再生に対応した新型iPod。「HDDタイプのiPodはそろそろ交換だろう?」とジョブズ氏も自信満々だ。大型液晶を搭載しつつ薄くなった“新世代iPod”を早速購入してみた。(2005/10/21)

ジョブズ氏、「HDDタイプのiPodはそろそろ交換だろう?」
アップルコンピュータは都内で関係者向けのイベントを開催、スティーブ・ジョブズ氏による新iPodなどの発表プレゼンテーションがビデオで紹介された。新iPodは動画再生も可能だが、ジョブズ氏は「あくまでも大切なのは音楽だ」という。(2005/10/13)

モバイルミュージックの世界を変革する――iTunes携帯「ROKR」
米Apple Computerのスペシャルイベントで、ついにiTunes携帯「ROKR」が姿を現した。Apple CEOのスティーブ・ジョブズ氏は「モバイルミュージックの世界を変革する」と自信を見せた。(2005/9/8)

「大胆な発表をしよう」――ジョブズ氏、iPod nanoを語る
アップルコンピュータは都内で関係者向けのイベントを開催、米サンフランシスコで行われたスティーブ・ジョブズ氏によるiPod nano発表のプレゼンテーションがビデオで紹介された。(2005/9/8)

Apple Expo Paris、ジョブズ氏の基調講演は「なし」
昨年に続き、今年もパリのApple Expoではジョブズ氏の基調講演がない。ただし、Q&Aセッションには参加するという。(IDG)(2005/9/6)

LifeStyle Weekly Access Top10
ジョブズ氏は“ロックスター”
突如来日して、iTMS-Jの開始を宣言したスティーブ・ジョブズ氏。彼のスピーチを聴く度に、大企業のCEOとは思えぬエンターティナー性を感じずにいられません。(2005/8/5)

ジョブズ氏来日――「iTMS-Jは日本のためにつくられた」
既報の通り、アップルコンピュータは「iTunes Music Store」を開始した。その開始を告げるイベントにはスティーブ・ジョブズ氏が登場、さながらMac World基調講演のような盛り上がりを見せた。(2005/8/4)

Motorola、「66日以内にiTunes携帯出荷」と発表
MotorolaのザンダーCEOはメディアイベントの冒頭で、「今四半期中にiTunes携帯を出荷する」というスティーブ・ジョブズ氏からの手紙を読み上げた。(2005/7/26)

Apple決算、売上・利益とも過去最高
Appleの4〜6月期決算は、iPodの好調に支えられ、売上高、利益とも過去最高を記録した。「目を見張るような新製品も準備中」とジョブズCEO。(2005/7/14)

Pixar、「Mr.インクレディブル」不振で利益予想下方修正
スティーブ・ジョブズCEO率いるPixarは、4〜6月期の利益予想を下方修正した。大ヒット映画「Mr.インクレディブル」のビデオ販売不振が原因。(2005/7/2)

IBMがAppleに反論――「PowerPCの消費電力に問題なし」
「PowerPCの消費電力問題がIntel乗り換えの理由」とするAppleのジョブズCEOに対し、「むしろAppleとIBMとの関係の性質が、Appleが採用できるIBMプロセッサのロードマップを制限していた」とIBM幹部は反論している。(2005/7/1)

ジョブズ氏はなぜ「Intel Inside」を選択したのか?
WWDCでの基調講演の後、ジョブズCEOはインタビューに応じ、IBMとの関係やIntelとの製品開発の可能性について語った。(2005/6/7)

Intel乗り換えの動機はPowerPCの消費電力問題――ジョブズ氏が基調講演で説明
「Intelはずば抜けて最強のプロセッサロードマップを持っている」――IntelのオッテリーニCEOを前にジョブズCEOが乗り換えの理由を語った。(IDG)(2005/6/7)

現実となった「Intelスイッチ」、一部アナリストは疑問視
ジョブズ氏が実機でIntel版Tigerをデモしてみせたにもかかわらず、PowerPCからIntelへの移行をリスキーだとするアナリストもいる。(IDG)(2005/6/7)

Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表
「次の10年はIntel技術に託す」とスティーブ・ジョブズ氏は宣言した。PowerPCからIntel Architectureへの大転換は、開発キット配布を始める今日からスタートし、2007年末までには全ラインの移行を完了するという。(2005/6/7)

WWDCのジョブズ氏の基調講演を日本語生中継
macwebcaster.comは、WWDCのスティーブジョブズ氏の基調講演などの情報を日本語で音声配信する。6月7日午前2時(日本時間)から。(2005/6/6)

「スティーブ、私の音楽を自由にして」――元RIAA会長がジョブズ氏を批判
Napster裁判などで違法音楽ファイル交換を激しく攻撃していた元RIAA会長のヒラリー・ローゼン氏が、iPodをiTMS以外の音楽サービスに開放せよと著名Blogサイトに書いている。(2005/5/10)

米CEO給与ランキング、トップはYahoo!のセメル氏
米国の大手企業のCEOで最も高額の給与を得ているのは、Yahoo!のテリー・セメル氏。Appleのジョブズ氏は「コストパフォーマンスの高さ」でランクインした。(2005/4/22)

AppleのジョブズCEO、環境保護主義者と応酬
Appleの株主総会では、コンピュータ回収プログラムやiPodのバッテリーをめぐり、環境保護団体がスティーブ・ジョブズCEOに批判をぶつけた。(IDG)(2005/4/22)

Appleエンジン全開、iPod好調で530%増益
米Appleの1〜3月期決算はiPodの爆発的な売れ行きに支えられ、大幅な増収増益となった。ジョブズCEOによれば「今年は目を見張るような新製品が控えている」という。(2005/4/14)

「Macintoshの父」ジェフ・ラスキン氏が亡くなる
Macintoshを最初に考えついたのはスティーブ・ジョブズ氏でもなければ、ウォズでもない。自他ともに認める「Macintoshの父」は、ユーザーインタフェースの大家、ジェフ・ラスキン氏だ。(2005/2/28)

HPからAppleへ、広報宣伝副社長が移籍
HPのマーケティング担当副社長が辞任し、AppleでジョブズCEO直属の副社長に就任することが明らかになった。(IDG)(2005/2/15)

Macworld Expo/SF
スティーブ・ジョブズCEO基調講演詳報――Mac mini、iPod shuffleからiLife '05、iWorkまで
Macworld Expoでのスティーブ・ジョブズCEOによる基調講演の詳細を、写真とともにお届けする。(2005/1/12)

レビュー:
話題のフラッシュメモリiPod「iPod shuffle」をさっそくさわってみた
Macworld Expoで発表されたフラッシュメモリ版iPod「iPod shuffle」。スティーブ・ジョブズ氏の基調講演後に出かけたアップルストアで入手することができたので、さっそく同社初のシリコンオーディオプレーヤーとなる本製品のレビューをお届けしたい。(2005/1/12)

ジョブズ氏、基調講演でMac miniとiPod shuffle披露
スティーブ・ジョブズCEOによるMacworld Expo基調講演では、噂どおりのローエンド向けMacとフラッシュ版iPod、オフィススイートのiWorkなどが披露された。(2005/1/12)

ビートルズ特別版は花柄iPod?――iPodイベントのまとめ
ジョブズ氏と、U2のボノとエッジという豪華キャストで行われたiPod新製品発表会の様子を再現してみよう。(2004/10/29)

AppleジョブズCEO、「Apple Store mini」内覧で復帰後初の顔見せ
Apple Store「mini」版の内覧で、ジョブズ氏が復帰後初めて元気な姿を見せた。この新店舗は、iPod mini同様、単に小さくしただけではない。(IDG)(2004/10/15)

パートナーの重要性物語る「Appleとソニーの提携」話
米AppleのジョブズCEOがソニーの出井会長に、iTunesへの参加を持ちかけていたという。あるアナリストは、不安定な状況にある音楽サービス市場では「いずれ提携が欠かせなくなる」と指摘している。(IDG)(2004/9/4)

スティーブ・ジョブズ氏ががんの手術。術後は良好
スティーブ・ジョブズ氏は8月いっぱいは休養して、9月にAppleの業務に復帰の予定。(IDG)(2004/8/2)

Apple不在のMacworld、ジョブズ“精神”は健在?
Macworld Conference & Expoが7月13日開幕した。Macintoshの20周年を記念するAppleの元社員4人によるパネルディスカッションでは、Macintoshプロジェクトの始まりと、4人がデザインに果たした役割が紹介された。(IDG)(2004/7/14)

「Tiger」「Cinema Display」も披露――進歩をうたうジョブズ氏基調講演
WWDC 2004基調講演のステージに上がったAppleのジョブズCEOはiTunes Music Storeや直営店の成功に触れ、次期版OS「Tiger」や新しいディスプレイなど数々の新製品を披露した。(IDG)(2004/6/29)

iTunes Music Store、ついに欧州上陸
「世界ナンバーワンのオンライン音楽ストアがついに英国、フランス、ドイツにやってきた」――スティーブ・ジョブズCEOはこう宣言。発表会のステージで、iTunesの新機能や海賊行為との戦いについて語った。(IDG)(2004/6/16)

Appleの新Power Mac G5、3GHz目標は未達。G5ノートは来年以降に
Appleは最高速2.5GHzのプロフェッショナル向けG5システムを発表した。なぜ(ジョブズCEOが公約した)3GHzではないのか、PowerBook G5はまだなのか、という疑問に、Power Mac担当者が答える。(IDG)(2004/6/10)

次期Mac OS X「Tiger」プレビューへ
Apple Computerのスティーブ・ジョブズCEOは6月28日のWWDCで、Mac OS Xの次期メジャーリリース「Tiger」のプレビューを行う予定。Appleは、Tigerに関するそれ以上の詳細は明らかにしていない。(2004/5/6)

Appleのジョブズ氏、市場シェア対策やRealNetworksとの一件を語る
スティーブ・ジョブズCEOはApple Computer年次株主総会で質問を受け、市場シェアについて「当社には2500万人の忠実なMacの顧客がいる。当社の関心事は、第一にこの人たちがハッピーかどうか、第二に顧客が増えているかどうか、第三が市場シェアだ」と述べた。(2004/4/23)

「RealNetworksがAppleに提携持ちかけ」と米紙報道
RealNetworksのロブ・グレイザーCEOは、Appleのスティーブ・ジョブズCEOあての電子メールで、デジタル音楽の分野で「戦術的な提携」を持ちかけたという。実現できなければ、Microsoftと手を組まざるを得ないとする姿勢を強くにおわせたとされる。(2004/4/16)

Apple増収増益、iPodが急成長
1〜3月期のiPod出荷台数は80万7000台。スティーブ・ジョブズCEOは談話の中で「事業の大部分が成長を示し、特にiPodは過去最高の80万7000台を販売、前年から900%以上も伸びた」と述べている。(2004/4/15)

Apple、iPodインタフェースの特許申請
Appleが提出した特許申請書によると、Appleは「グラフィカルユーザーインタフェースとマルチメディアプレーヤーにおけるその利用法」について特許を申請。発明者名にはスティーブ・ジョブズCEOなどの名前が記されている。(2004/3/30)

「ニモ」効果でPixarの利益4倍に、ジョブズ氏曰く「Disneyの創造性は弱体化」
四半期業績で前年同期比で4倍もの利益を上げたPixar。CEOのスティーブ・ジョブズ氏は「縁切り」となるDisneyに辛辣なコメントを述べた。(IDG)(2004/2/6)

Mac生誕20周年:スティーブ・ジョブズ氏が語る、Macの「誕生」と「現在」
Macworld誌のMacintosh誕生20周年記念号に掲載された、Apple CEO、スティーブ・ジョブズ氏へのインタビュー。Macworld誌創刊号掲載の、ジョブズ氏からのメッセージも同時掲載。(2004/1/27)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。