キーワードを探す
検索

「新型コロナウイルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

2020年末に大手携帯電話会社がオンライン専用プランをリリースした影響もあって、大手だけではなくMVNOでも従来よりも手頃で大容量な料金プランをリリースするようになった。この記事では、料金プランを見直すための一助として、月間容量20GBまでのプランの中でオススメを紹介する。【訂正】

()

富士通ゼネラルは2021年3月末から同社のグループ企業となったエアロシールドが展開する紫外線照射装置の技術について説明。波長280nm以下のUV-C(深紫外線)を部屋の上部で水平方向に照射する室上部水平照射式により、新型コロナウイルス感染症の感染経路として注目されているエアロゾル感染への有効な対策が可能になるという。

()

小売業界に特化したクラウドソリューション「Microsoft Cloud for Retail」を発表したMicrosoftが、世界規模で小売り向けの戦略を強化している。消費者向けのデジタル施策から在庫管理の効率化といった多様なニーズにソリューションで応える他、国内外の小売企業と個別にタッグを組んでDXを進める背景には、Microsoftが小売業だからこそ押し出したい強みがあるという。

()

新型コロナウイルスが世界を覆って2回目の夏が来た。国内では高齢者を中心にワクチン接種が徐々に進むものの、変異株拡大の不安から故郷への帰省を2年連続で断念した人もいる。そこで、PCやタブレットを使ったビデオ通話の「オンライン帰省」のついでに、リモートでも実家を片付ける方法と、親子間でモメないコツを教えてもらった。

()

文部科学省が、2020年度の文部科学白書を公表した。「『令和の日本型学校教育』の構築」を特集し、新型コロナウイルス禍で広がったオンライン教育について、教育の質の向上のため発達段階や学習場面などにより対面教育と適切に組み合わせていくべきだとした。

()

政府が新型コロナウイルスのワクチン接種履歴を示す「ワクチンパスポート」(証明書)の交付手続きを始める。各国・地域ともスムーズな海外渡航を可能にすることで経済の活性化につなげたい考えだが、海外ではふぞろいなルールや規格への対応が急務とされ、利用拡大に向けた課題は多い。

()

ヤクルトの営業マンには、悩みがあった。スーパーやコンビニの担当者に「ヤクルト商品をまとめて配置しましょう」と提案しても、「自社製品を売らんとするセールストークなのだろう」と勘繰られてしまい、なかなか説得力のある提案ができていなかった。どう説得したのか。

()

コロナ禍をきっかけにオフィスを見直す企業は多い。「従業員の声を取り入れる」ためにアンケートやヒアリングに注力したという事例も珍しくないが、なかでもオフィスリニューアルに全社員の8割以上が関与したという稀有なケースがある。

()

日本スポーツ振興センター(JSC)は前回リオデジャネイロ五輪以降、強化関連の情報を管理・共有できるシステムを充実させ、東京五輪を目指す選手たちをサポートしてきた。今、トップスポーツの現場では選手の感覚と情報技術、データなどが融合して競技力向上が図られている。

()

「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)は、「コロナ禍における金融の価値観調査」を実施した。新型コロナウィルス感染拡大前(2021年5月)と比べて、現在の金融資産商品への投資額および貯金額が「増えた」と約10%が回答したことが分かった。

()

【ワシントン=塩原永久】週明け19日のニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルス感染症の再拡大への懸念から大幅続落して始まった。ダウ工業株30種平均は、前週末終値に比べた下げ幅が一時800ドルを超え、世界経済の先行きを不安視する投資家の売りが広がっている。

()

鹿島建設とOKIは、オフィスビルで階段利用を促す専用アプリを用いた行動変容サービスの実証実験を行った。実験の結果、アプリ使用後に階段利用者が約40%増加するなど、効果が確認された。今後、新しいワークスタイルに順応した建物環境や働き方を支援するツールとして、スマートビルの提案に行動変容サービスを盛り込み、建物の付加価値向上につなげていく。

()

成田空港の国際線搭乗の際、顔データを登録すれば、旅券や搭乗券を提示しなくても”顔パス”で保安検査場や搭乗ゲートを通過できる「顔認証システム」の本格運用が始まった。各手続きに必要な時間が従来の半分程度に減らせるといい、係員や機器との接触が減ることで新型コロナウイルスなど感染症対策にもつながることが期待されている。

()

新型コロナウイルスワクチンのデマが広がる中、国や一部のメディアはファクトチェック記事を発信したり、大臣がSNSを活用したりして、誤った情報の打ち消しに取り組んでいる。これらの施策は本当にデマの打ち消しに効果があるのか、専門家が調査結果を明らかにした。

()

東京五輪・パラリンピックのボランティアに支給されたユニフォームなどがフリマアプリやオークションサイトで相次いで転売されている。このほかSNS上にはスタッフの登録証となるIDカードの細部が写った画像も投稿されているのが確認されている。こうした転売や投稿は、なりすましなどで悪用されるおそれもあり、テロ対策などセキュリティ上の懸念が生じている。

()

東京五輪・パラリンピックの大会期間中、混雑緩和などのためのテレワーク対応に企業が苦慮している。政府の調査ではテレワークによる出勤者の削減は、微増にとどまる見通し。中小企業などからは「五輪があるからといって働き方を変えられない」との声が上がっている。

()

ゲーム開発に生かされてきた人を楽しませるノウハウを生活習慣の改善などに役立てる「ゲーミフィケーション」の取り組みが本格化している。得点や記録といったゲームに不可欠な要素で継続することが難しい運動などの楽しみを向上させる仕組みで、企業の人材育成などにも活用されている。

()

船井総研コーポレートリレーションズは、働き方改革関連法の施行や新型コロナウイルス感染症拡大以降に起きた職場環境の変化に関する調査結果を発表した。業務効率化のためにツールや制度を導入しても、多くがその効果を実感していないことが分かった。

()

【パリ=三井美奈】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、地球温暖化対策の計画案を示した中で、環境規制の緩い国からの輸入品に課税する「国境炭素税」の導入を発表した。温室効果ガス排出量の多い鉄鋼、セメント、肥料、アルミニウム、電力の5品目を課税対象とした。域内の輸入業者へ2023年から報告を義務づけ、26年から徴税も含め全面実施する。

()

新型コロナウイルス禍で増えるオンライン面接は利便性の一方、対面より情報が少なく、思いが伝わりにくいなどの課題も指摘されている。そこで企業と就活生のミスマッチの不安払拭のため、選考に直結する面接の前に、素顔で話す面談の機会を設ける「カジュアル面談」という手法を取り入れる企業が出てきている。

()

Ivantiはサイバー攻撃に関する実態調査の結果を発表した。従業員がテレワークで働くことにセキュリティ上の不安を感じている日本のIT担当者の割合は92%で、IT部門の人材不足に悩まされたことがある日本のIT担当者の割合は79%だった。

()

大成建設と国際医療研究センターは「集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボット」を開発した。両社は、国際医療研究センターの病院で、非接触エリアから医療機器を遠隔操作し、集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボットの操作状況や性能を検証した結果、医療従事者の感染リスクを減らせることが分かった。

()

ここ数年、IoTの進化に伴い、ビルや施設に先端設備やデバイスを接続し、複数棟をネットワーク化することで、“スマートビル”実現に向けた遠隔制御や統合管理が大規模ビルを中心に普及しつつある。とくに、新型コロナウイルスの世界的な災禍で生まれた副産物として、あらゆる現場でリモート化/遠隔化が浸透したことが強力な追い風となっている。しかし、あらゆるデバイスが一元的につながるようになった反面、弊害としてサイバー攻撃の侵入口が増えるというリスクも高まった。脅威が迫る今、BUILTでは、ICSCoEの中核人材育成プログラムの修了生で、ビルシステムに関わる業界に属するメンバーを再び招集。前回の座談会から、コロナショックを経て2年が経過した現在、ビルの運用・維持管理を取り巻く環境がどのように変化したか、東京五輪後のニューノーマルを見据えたサイバーセキュリティ対策の方向性はどうあるべきかなどについて、再び意見を交わす場を設けた。

()

中国のIT企業は、桁外れのボーナスを奮発することがある。最近は、ファーウェイの失速で漁夫の利を得ているスマホメーカーのシャオミが、1人当たり3億円を超える特別ボーナスを支給し話題になっている。中国のメガIT企業が何かの節目に特別ボーナスを支給するのは、珍しいことではない。

()

働き方が「社外前提」に変わりつつあるいま、多くの企業が「社内で働くこと」が前提だったネットワークやセキュリティの仕組みを見直しつつある。そうした中で注目されている「ゼロトラスト」だが、まだまだ実装には至らない例が多い。その理由と現実的なゼロトラスト実装法とは。

()

 新型コロナウイルス禍で増えるオンライン面接は利便性の一方、対面より情報が少なく、思いが伝わりにくいなどの課題も指摘されている。そこで企業と就活生のミスマッチの不安払拭のため、選考に直結する面接の前に、素顔で話せる面談の機会を設ける「カジュアル面談」という手法を取り入れる企業も出てきた。この手法を呼び掛けたのが求人情報のSNS(会員制交流サイト)「Wantedly」を運営する新興企業のウォンテッドリーだ。

()

日本銀行は15、16日に金融政策決定会合を開き、気候変動問題に対応する民間金融機関の投融資を促進する新たな資金供給策の骨子案を決める。大手銀行も再生可能エネルギー事業など環境分野の融資目標を設定して取り組みを加速しており、こうした金融機関を資金面で後押しすることで、脱炭素の動きを幅広い分野に波及させる狙いがある。

()

債務超過に陥っている中国の半導体企業「Tsinghua Unigroup(清華紫光集団)」が、破産を認めた。3D NAND型フラッシュメモリベンチャーである YMTC(Yangtze Memory Technologies Corporation)や半導体設計を手掛けるUnisoc(Shanghai)Technologiesなどの半導体メーカーを傘下に持つ中国の持株会社である同社は、企業再編を進めることを明らかにした。

()

IDC Japanは、国内ITサービス市場について、2020年のベンダー売り上げランキングを発表した。トップは富士通。2位はNTTデータで、前年の3位から順位を上げた。対前年比売り上げ成長率が最も高かったのは、アクセンチュアだった。

()

西村康稔経済再生担当相が8日示し、その後撤回した新型コロナウイルス対策で金融機関から飲食店に順守を働きかけてもらうとした方針について、麻生太郎財務・金融担当相は13日の閣議後会見で「(金融庁として)事業者への迅速かつ柔軟な融資をお願いしてきた。融資を止めろというような話は普通に考えておかしい。『ほっとけ』といった」と明らかにした。

()

SCSKは、新型コロナワクチン職域接種を迅速かつ安全に実施するため、自社向けの「新型コロナウイルスワクチン職域接種予約システム」を構築。自社サービスの開発・運用環境「S-Cred+プラットフォーム」とAWSを活用し、アジャイル型開発プロセスなどを採用して、約10日間でシステムを立ち上げた。

()

新型コロナウイルスの蔓延で各地の観光地がダメージを受ける中、菓子メーカーとのコラボしたオンラインツアーで、地域を活気づけようという取り組みに注目が集まっている。記者発表会もオンラインバスツアー形式で行われると聞き、仮想空間のバスに乗り込んでみた。

()

慶應義塾大学SFC研究所は、同大学 看護医療学部 准教授の宮川祥子氏が推進するプロジェクトが、3Dプリンタ製筋肉注射練習モデルの設計データおよび作成/使用方法に関する説明書を特設Webサイトに公開したことを発表した。ワクチン接種の打ち手不足解消に向け潜在看護師の実技練習環境の整備を支援する。

()

【ベネチア=三井美奈】日米欧の先進国と新興国による20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議は10日、共同声明を採択して閉幕した。法人税の引き下げ競争に歯止めをかけるために「15%以上」とする最低税率の導入で合意。巨大IT企業の税逃れを防止する「デジタル課税」でも一致し、焦点だった国際課税の強化は10月の最終決着に向けて前進した形だ。

()

首都圏1都3県の会場が無観客となることが決まった東京五輪で、競技の生中継を大勢で観戦しながら盛り上がる「パブリックビューイング」(PV)を中止する自治体が相次いでいる。一方で、PVとは違った形のオンラインイベントで選手を応援しようとする自治体や団体でも出てきている。

()

コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年は例年よりも光熱費が増えたようだ。パナソニックはコロナ禍での夏の光熱費実態の調査とともに、真夏におけるエアコンの「つけっぱなし運転」と「こまめに消す運転」の光熱費の違いについて、独自の実験結果をもとに検証した。

()

4回目の緊急事態宣言を受けて東京五輪が1都3県で無観客開催の方向となったことで、大会に向けて準備を進めてきたスポンサー企業にも大きな影響が出る。会場周辺で予定していた催しなどもすべて中止せざるを得なくなるからだ。しかも政府が6月21日に観客数の上限を最大1万人とすることを決めてから、2週間しかたっていない。振り回される格好となった一部スポンサーからは、いらだちの声も聞こえてくる。

()

富士キメラ総研は、「2021 クラウドコンピューティングの現状と将来展望 市場編/ベンダー編」を発表した。国内パブリッククラウド市場の市場規模は、2020年度が対前年度比25.2%増の1兆7265億円の見込み。2024年度には対2019年度比2.1倍の2兆8296億円に達する。

()

日本の音声コンテンツ市場の先頭を走る、音声メディア「Voicy」。3カ月で利用者数が2.5倍になるなど、コロナ禍で驚異的に成長している。しかし、たった1年半前は離職率が67%にのぼり、組織崩壊寸前だったという。そんな中でVoicyに入社し、抜本的な人事改革を行ったという勝村氏。一体どのような改革を行ったのか──?

()

予測不能な変化が起こり続ける時代を企業が生き抜くためには、柔軟なビジネス環境の実現と変化に対応できるセキュリティモデルを考えることが重要だ。「ITmedia Security Week 2021夏」の「New Normalとは何だったのか」ゾーンでは、企業が今後目指す方向性についての講演があった。

()

金融機関で融資手続きの契約をインターネット上で行える電子契約サービスの導入が加速している。署名・押印した契約書の対面での受け渡しや郵送の手間だけでなく、紙の契約書で顧客側が支払う必要があった収入印紙代も不要になる。新型コロナウイルスの感染拡大で脱ハンコなどデジタル化を進める政府も、電子契約の導入を後押しする。

()

本連載では、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMも含めた固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第1回は、調査研究部会の全体概要と、2018年に新設した「こころとからだのウェルビーイング研究部会」について紹介する。

()

【北京=三塚聖平】日系自動車大手4社の中国市場における6月の新車販売台数が6日、出そろった。トヨタ自動車が15カ月ぶりに前年同月の実績を下回るなど、4社がマイナスとなった。世界的な半導体不足が影響しており、好調が続いた日系メーカーの中国販売に不透明感も出ている。

()

文部科学省が東京五輪の競技会場である新国立競技場での新型コロナの感染リスクについて、スーパーコンピュータ「富岳」を使ったシミュレーション結果を発表。マスクを着用した観客1万人が競技を観戦した場合の新規感染者は、最悪のケースでも1桁にとどまるという。

()

NTTドコモは2021年6月28日、「MWC Barcelona 2021」にオンライン出展していた内容を、国内で記者向けに公開。カヤックの遠隔操作や6Gに向けた「つまむアンテナ」などが含まれる。5Gの本格活用や、その次の世代となる6Gに向けて同社が開発した技術などを体感することができた。

()

IDCの調査では、新型コロナワクチン接種普及後の働き方は「週5オフィス勤務」と予測する人は日米とも7割で、「隔週以上の在宅勤務」と予測する人は日本で約3割、米国では4割弱だった。日本でも「ハイブリッドワーク」を想定したIT投資が必要になるという。

()

「部下の成長を促進させるマネジメントとは?」と聞かれたときに、明確な回答ができる人はいるだろうか。累計発行部数60万部を突破した『入社1年目の教科書』著書は「マネジメントは、精神論では機能しない」と主張する。では、部下の成長を加速させるためにはどんなマネジメントが必要なのだろうか?

()

MWC Barcelona 2021にてオンラインで実施された基調講演で、Qualcommのクリスティアーノ・アモン社長兼CEOが、5Gの現状と今後について語った。5Gの高度化を進めるべく、2021年2月に発表したSnapdragon X65 5Gモデムが世界で初めて10Gbpsの速度を達成した。ウェアラブルデバイスやIoT向けの「5G NR-Light」で、より低容量、低帯域のデバイスを効率的にサポートできるようになる。

()

パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーが共同運営する「100BANCH」(東京都渋谷区)は2021年7月2日〜8月28日にかけて、周年イベント「100BANCH ナナナナ祭2021」を開催している。今回は100BANCHが拠点を置く東京都渋谷区を含めて、全国6カ所(愛知県、大阪府、徳島県、山口県、福岡県)で実施する。

()

西村康稔経済再生担当相が、飲食店が新型コロナウイルスの感染対策を適切に講じているかを、大手グルメサイトを通じて利用者から情報収集するシステムを導入することを明らかにした。「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」の協力を得て、7月中にも開始する方針。

()

中国地方の最高峰・大山で、2度目の夏山登山シーズンの幕が開けた。鳥取県警はインターネットで登山届が提出できるようQRコードを作成。安全・安心や環境に配慮した登山新時代が到来しつつある。

()

東京国税局は1日、相続税や贈与税の算定基準となる令和3年分の都内の路線価を公表した。都内標準宅地の対前年平均変動率は1.1%マイナスで、8年ぶりの下落となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、歓楽街の飲食を中心とした需要減やインバウンド(訪日外国人客)の激減などが大きく影響したとみられる。最高路線価の下落率トップは、コロナ禍前まで観光客らでにぎわった台東区浅草1丁目の雷門通りで11.9%だった。

()

沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。

()

Slackは、新型コロナウイルス感染症発生後の従業員の意識変化に関する調査レポート「Future Forum Pulse」を発表した。柔軟性は、ナレッジワーカーにとって不可欠なものになっただけでなく、仕事に対する総合的な満足度にも大きく影響することが分かった。

()

新型コロナウイルス感染症の拡大で、現在、抗ウイルス機能などを付与した衛生対策製品に一般消費者の関心が高まっている。こういった状況を受けて、大建工業は、ウイルス感染による重症化リスクの高い高齢者への対策が最優先であると判断し、独自の抗ウイルス機能「ビオタスク」を付与した高齢者配慮床材「おもいやりフロアIV-VS」を開発した。

()

「企業の急速なテレワーク化」「企業内の弁当を取りまとめる担当者の不在」「個人による注文決済の増加」といった課題に見舞われている宅配弁当業界。そんな中、同業界の老舗ながら、DXへ率先して取り組んでいるあづま給食センターが、業界DXに向けた「弁当注文決済集計アプリのプラットフォーム」の提供を開始する。低コストで運用でき、弁当製造会社ごとにカスタマイズ可能なプラットフォームとは、どういったものなのか。

()

IDCによると、国内アナリティクス/AIプラットフォーム市場は2025年まで堅調な成長が続く見通し。デジタルシフトした消費者/ビジネスバイヤーの購買分析への対応や企業業績の分析、業務の自動化要求の増加、高精度な分析/認知のためのAI活用の進展などが促進要因となっている。

()

 群馬県邑楽町(おうらまち)は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するトラストバンク(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。

()

大阪市と市教育委員会は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言期間中に市立小中学校で実施したオンライン学習の課題を取りまとめた。機器の操作に不慣れな教員への支援充実や通信環境の改善を図ることなどを決めた。

()

中国で、果実酒など低アルコールドリンクの市場が急拡大している。新興ブランドが都市部の高収入女性のニーズを掘り起こし、伝統酒造メーカーも相次ぎ参入。アリババECサイトの6月のセールでは、果実酒の流通総額は前年比100%、梅酒は200%増えた。中国の女性に特化したマーケティングに力を入れる日本企業も出てきている。

()

工場内でデジタル技術によりデータを活用したモノづくりの競争力を高めるスマート工場の取り組みが加速している。しかし、工場でのデータ活用には、デジタル技術とモノづくりの知見の両面が必要になり、成果を出すのは簡単ではない。こうした領域を支援するのがオムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」である。「i-BELT」を活用しサイクルタイムのばらつきを28%低減したOmron Microscan Systems(オムロン マイクロスキャンシステムズ、以下OCR)の事例を紹介する。

()

Web検索やマップ、カレンダーなどさまざまなWebサービスを展開するGoogleは、同意を得た上でユーザーの情報を収集、分析し、サービスに活用している。同社はサービス設計の段階でプライバシーに配慮し、世界最高水準のセキュリティを確保することを基本方針としている。Googleがユーザー同士の会話を盗み聞きすることもないという。

()

群馬県邑楽町は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するIT企業「トラストバンク」(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。

()

富士通は2021年6月29日、同社と理化学研究所(理研)が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳」が、世界のスパコン関連ランキングにおいて、「TOP500」「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」「HPL-AI」「Graph500」の全てのベンチマークにおいて第1位を獲得したと発表した。

()

事業統合や新型コロナウイルス禍による環境の変化を機会の一つと捉え、事業を大きく変革しようとしているリクルート。その一環としてセキュリティガバナンスの強化にもチャレンジしている。

()

MONOistが2021年6月3〜4日に開催したオンラインでのライブ配信セミナー「製造業×品質、革新するモノづくりの在り方」において「品質の競争力向上から見たDXバリューチェーン構築の実践と事例」をテーマに、AVEVA ソリューション営業本部 ストラテジック アカウントマネージャー 面屋友則氏が講演を行った。

()

IT環境やサイバー攻撃の変化を受け、企業はより早いペースでセキュリティ対策を見直すことを求められている。時間も予算も限られる中で何をどこから始めるか。効果的な対策を無理なく実施するために最低限押さえるべきポイントとは。

()

日立製作所の新たな取締役 代表執行役 執行役社長兼COOに小島啓二氏が就任した。小島氏に、Lumada事業の成長を含めた2022年度から始まる次期中期計画に向けての方向性や、上場子会社である日立建機の扱い、研究所出身として経営者が技術を知っていることの重要性などについて聞いた。

()

コロナ禍で在宅勤務など多様なオンライン活用が注目される中、入院中の子供の学びにICTやロボットを活用する取り組みが広がっている。教員の病院への立ち入りが制限される中、治療と学びの両立に向けた試行錯誤が続いている。

()

マッチングアプリを通じて知り合った相手から仮想通貨などの投資を持ちかけられ、トラブルにつながるケースが相次いでいる。甘い言葉をささやかれ多額の資金を投入するも、急に相手と連絡が取れなくなり、数千万円もの損失を被った人も少なくないという。

()

社内前提からリモート前提の働き方へと変わり、セキュリティ/ネットワークの仕組みにも変革が求められている。こうした中、各種ITリソースへの全てのアクセスを信用しない「ゼロトラスト」のアプローチが注目されているが、その現実的な実装方法とはどのようなものか。

()

ライオンは今年2月、LINEで1週間の夕食作りを近所の飲食店に依頼できるテークアウトサービス「ご近所シェフトモ」をスタートした。サービスを起案したのは、子育てと仕事の両立に励む社内起業家の、廣岡茜さん。サービスが生まれた背景や、テークアウトに特化した理由などを聞いた。

()

児童生徒の自殺予防策を検討する文部科学省の有識者会議が25日開かれ、ICTを活用して子供たちからのSOSを早期に把握する仕組みづくりなどを求める提言案をまとめた。コロナ禍の影響で小中高校生の自殺者は増加傾向にあるという。

()

塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルスワクチンを生産・供給できる人数が、来年1月から年間最大6千万人分へ倍増することが26日、分かった。これまで「3千万人」としていた。手代木功社長が産経新聞のインタビューで明らかにし、「国産ワクチンを安定的に供給したい」と述べた。

()

コロナ禍で地方移住のニーズや二拠点生活に対する需要が高まっている。「地方暮らしに関するアンケート」の中で、地方暮らしで住みたい地域が発表された。都内へのアクセスの良さや働く環境などさまざまな要素があると思うが、どこが1位になったのだろうか。

()

長引くコロナ禍によって多くの人が疲弊するなか、一筋の希望の光ともいえるような変化があったことを共有したい。経済産業省が「経済産業政策の新機軸」という資料を発表した。これまでは経産省といえば、グローバル化や構造改革を推進してきた印象を持つが、今回の提唱内容は今までの戦略とは一線を画す内容となっている。

()

企業システムを守る境界防御には限界がある。拠点オフィスやリモートユーザー、パートナーがさまざまな場所からクラウドにアクセスする使い方が一般化したからだ。そこで脚光を浴びているのがSASEやゼロトラストセキュリティだ。自社の従業員、さらには顧客がセキュアにアクセスできる仕組みを実現できるという。IT部門が現在のセキュリティを改善する際、まずはどこから着手して、何を目指せばよいのだろうか。ガートナーのアナリストに聞いた。

()

中国による禁輸措置のため窮地に陥った台湾のパイナップル産業を支援しようとする取り組みが広まる日本。日本人が台湾のパイナップル産業を築いた歴史もある。その伝統の製法を今も誇りに生産を続ける畑からパイナップルケーキを日本に届けようという動きもある。新たな日台交流の象徴となるか。

()

旧来型のWANアーキテクチャをクラウド中心に再構築する。老舗メーカーのライオンで同プロジェクトの準備を始めた矢先、世界中を襲ったのが新型コロナウイルス感染症のまん延だ。感染対策の一環で社員の多くが在宅勤務に移行する中、新しい働き方と現行のWANアーキテクチャの間でますます広がる“ズレ”。急きょリモートワーク環境を整えながら、前倒しで次期ネットワーク構築を進めることとなったライオン。その一部始終を、「@IT NetworkWeek 2021」の特別講演「SASEをネットワークの柱にした目的と効果」で、統合システム部 主任部員の木場迫栄一氏が語った。

()

KDDIが6月23日、第37回定時株主総会を開催した。2021年度はKDDIにとって、中期経営計画の最終年度に位置付けられる。高橋誠社長は、「マルチブランドによる5G利用の積極促進」「au経済圏拡大の取り組み」「社会のデジタル化推進に向けた取り組み」という3つの柱を改めて説明した。

()

図書館が蔵書や資料をデジタル化し、利用者にメールなどで送信できるようにする改正著作権法が成立した。しかし新サービスが拡大すれば、著者や出版社の利益が損なわれる恐れもある。図書館の利便性を向上させつつ、出版文化も保護するための課題は山積している。

()

Q: 子育て中の女性従業員から、保育園の送迎のためにフレックスタイムを導入してほしいという要望がありました。しかし、フレックスとなると、皆がバラバラの時間に出勤してくるので、会議などの調整がむずかしいのでは?と懸念しています。上手く運用するにはどうしたらよいでしょうか?

()

ダイソン初の全方向駆動コードレスクリーナー「Dyson Omni-glide(オムニグライド)」が発売された。開発する上で、どんな困難があったのか。日本市場で品質部門を統括するジェームズ・シェール氏に、オムニグライド開発の舞台裏と、今後の展開を聞く。

()

コロナ以前から新卒の離職率3割は問題となっていて、リモートワークの普及によりさらにマネジメントが難しい時代となった。創業5年目ながら業界にインパクトを与えている広告・事業会社がThe Breakthrough Company GOだ。同社の代表取締役で PR・クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんに若者のモチベートやマネジメント方法について聞いた。

()

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下で生まれた革新的な製品、アイデア、戦略を紹介する「コロナ禍でも生まれる“イノベーションのレシピ”」をお送りします。

()

サブスクサービスを展開する企業が増えているが、日本ではプロダクト販売モデルからの脱却ができず、顧客の獲得・維持に苦戦している例が大半を占める。何が成功企業と苦戦する企業を隔てるのか。成功させるために最低限必要なことは何か。2回に分けて解説する。

()

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした「withコロナ」のニューノーマル時代において、製造業にどのような変革が必要となるのかを考える本連載。第4回となる今回は、「ニューノーマル」において必要な姿勢として定着する「スモールスタート」について解説します。

()

最近、ゲーミングキーボードにおいてシステムキーを大胆に削減して省スペース化を図った「60%キーボード」がブームとなっている。その1つであるCorsairの「K65 RGB MINI」は、日本語配列モデルも用意しており、より多くのユーザーにピッタリそうに見える。その実態を使ってみてレビューする。【加筆/修正】

()

道路交通量の推移をリアルタイムに把握するOKIの「交通量観測システム」が三重県に採用され、本格運用を開始した。システムは、AIエッジコンピュータを搭載し、現場で画像を解析して道路交通状況を計測することで、県担当者がモニタリングするだけでなく、一般市民からのデータアクセスも可能にすることで、新型コロナウイルス感染症の防止につなげることが目的。

()

シミズ・ビルライフケアは、withコロナ/afterコロナ時代のニューノーマルを見据えた働き方改革へのニーズに応えるべく、マンションでデッドスペースとなっていることが多い“共用部”をコワーキングスペース化する新規事業に乗り出した。今後は、大規模マンションを中心に、改修工事の計画時に、共用部のコワーキングスペース化を提案していく。

()

今回から「STEM教育」を取り上げます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり、デジタルやITの存在はますます大きくなっています。これからの時代、「デジタル=インフラ」として捉えることができなければ、生き抜くことができないと言っても過言ではありません。それを考えると、確かにSTEM教育は必須なのですが……。プログラミングの“酸いも甘いもかみ分けた”エンジニアとしての視点で、STEM教育を斬っていきます。

()

バブル崩壊直後の1991年に崎陽軒の経営トップとなった野並直文社長は、いきなり倒産の危機に直面する。下降を続ける売り上げや、大規模な設備投資などによって借金は100億円を超えた。そこからどのように立て直しを図ったのだろうか。

()

身に覚えのない荷物の配達や、銀行を装った不審なSMS(ショートメッセージサービス)が携帯電話に届いた経験のある人も少なくないはずだ。最近では新型コロナワクチンの予約を偽るSMSもばらまかれているという。個人情報を流出させるフィッシング詐欺の手口も多く、2020年の半年間だけで5億円超の被害が出ている。

()

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによるグラフィックチップ市場の需要急増は、季節的な要因、サプライチェーンの不安定、はびこる臆測によって、ジェットコースターのごとく落下して突如終結する可能性がある。

()

 トヨタ自動車は16日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。世界的な半導体不足の影響が自動車業界に広がる中、強固な調達網を生かして影響を最小限にとどめたトヨタ。豊田章男社長は「意志と情熱を持って行動する」と株主に宣言した。

()

元の表を加工せず、値を加えたり、順番を並べ替えたりした表をグラフ化したいようなことはないだろうか。こうした場合、元の表のシートをコピーして、コピーした表を加工するのが一般的だ。しかし、この方法では元の表の値を変更した場合、コピーした表に手動で反映しなければならない。実は、このような場合、「データの取得と変換」機能を使うとよい。その使い方を紹介しよう。

()

「テレワーク」という言葉が日本にも少しずつ定着してきた。一方、実際にテレワークで働く人の生産性は出社時よりも全体平均で低下していることが分かった。テレワークの生産性向上は実施頻度と職種別にも左右されるようだ。テレワークの生産性に影響を与えるとビジネスパーソンが感じる要素とは?調査の結果を見ていきたい。

()

機器メーカー各社はパンデミックのさなかに、半導体チップが不足するという問題に直面しながらも、「やがて全てが落ち着けば回復するだろう」と楽観視していた。しかし、材料不足が原因でサプライヤーからの出荷が低迷したために、何とか製品を市場に投入すべく、自社の古い在庫を消費した。だが今になっても、新たに半導体チップが追加される兆しは見えない。

()

新型コロナウイルスの感染防止策として推奨され、1年以上が経過したテレワークを巡り、意外な調査結果が出た。テレワークを実施した人の「幸福度」が総じて高い傾向を示す中、20代だけが幸福度が低下、「不幸度」が高くなったことが分かった。未来を担う若年層の心理に何が生じているのか。

()

ジョブ型雇用と、メンバーシップ型雇用は、対立構造で語られることが多い。しかし、これらを併用している企業がある。「くらしのマーケット」を運営する、みんなのマーケット(東京都渋谷区)だ。その理由とは?

()

養命酒製造が「コロナ疲れ」調査を発表した。若者世代、リタイア世代ともに長期化するコロナ禍に疲弊していることが分かった。またコロナ慣れを感じている人も両世代ともに5割を超えた。コロナが日本で蔓延してから1年以上が経過しているが現在のコロナ疲れの要因は?コロナ慣れと疲れの関係性は?コロナ禍でのストレス発散に若者、リタイア世代はいくら使っているのか?データをもとに見ていこう。

()

三菱地所レジデンスが水回りの省スペース化を狙い、キッチンと洗面台が合体した住設機器を開発した。新型コロナウイルス長期化によるテレワークの影響で居室スペースの広さを意識する人が増加したことが開発のきっかけとなった。キッチンと洗面台が合体した姿は?実際に居室スペースはどれくらい広くなる?

()

エレクトロニクスサプライチェーンは、さまざまな弱点を抱えているため、調達のエキスパートでさえ、その複雑な問題に悩まされることが多い。自動車業界は2021年初頭から、車載用マイコンをはじめさまざまな半導体チップが不足するという、半導体ライフサイクルの非常事態に直面している。

()

新型コロナウイルス感染再拡大により、各国での入国制限の継続など旅行事業が大きな影響を受けた。さらに、ワクチン接種の遅れなどによるレジャー需要の回復が後倒しになったことも要因となった。エネルギー事業では、需要が逼迫(ひっぱく)し、卸売市場では冬に100円/kWhを超える日が続出。仕入環境の悪化により、売上高は176億円と前年比25.7%増となったものの、営業損失77億円(86億円の減益)となった。

()

2020年度、LITALICO(東京都目黒区)が運営する障害者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」を利用した就職者数は1302人と、コロナ禍であるにもかかわらず前年度を上回っていた。また就職後6カ月間の定着率も90%と前年度を上回っていたことが分かった。

()

イベントの顧客分析は難しい。例えばライブに参加する際、A社でチケットを買い、B社で配信映像を視聴し、グッズはC社のサイトで購入する──というように、複数の企業がかかわり、データをばらばらに持っているからだ。この現状を変えようと取り組む、バルス(東京都千代田区)のCEO、林範和氏に話を聞いた。

()

ランクルというクルマは、それを使う地域と使わない地域でとんでもなく評価が違うクルマだ。「池田なぁ、村もオアシスもない巨大な沙漠をクルマで命懸けの横断をするとして、レンジローバーとランドクルーザーがあったらどっちを選ぶ?」。そう聞かれてハタと思ったのだ。

()

政府が掲げる「出社7割減」達成にはほど遠い調査結果が出てしまった。週3日以上が在宅勤務とテレワーク中心の働き方ができている人はたったの14%にとどまる。日本企業でテレワークが定着しない理由とは?テレワーク率を高めるためにはどうすればいいのか、見ていきたい。

()

県立学校におけるICT化を進めるべく、岐阜県教育委員会が慶應義塾大学SFC研究所、日本マイクロソフトと連携協定を締結した。岐阜県立学校では既に1人1台の学習用端末の配備が完了しているが、その利活用を通して児童/生徒の個別最適化された学習を実現すると同時に教員の業務負担の軽減も推進する。

()

比較サイトComparitech.comは、顔認識技術利用状況を調査した結果を発表した。日本を含む世界99の国と地域を対象とした調査だ。政府機関や学校など用途別に得点を付けた結果、侵害的に広く利用している国のトップ3は中国、ロシア、UAEだった。ただし、これに続いて日本、チリ、インドが同点で並んだ。

()

スマートフォンで買いたい商品のバーコードを読み取り、かごの中へ。支払いは専用の無人レジで行う――全国イオンリテールは2020年3月からこんなシステムを導入している。実際に記者が体験し、疑問点や導入後の状況についてイオンリテールに聞いた。

()

4月から料金プランを「さいてきプラン」に改定し、1GBから10GBまでは1GB刻みの細かな設計をしているイオンモバイル。音声プラン、シェア音声プラン、データプランを合わせると合計で55プランにも及ぶ。分かりにくそうだが、ユーザーからは「シンプルだと評価された」という。

()

カメラを通して約6千種類以上の商品を見分け、商品の一部が隠れても識別が可能。労働現場での省人化や非接触技術の需要が高まるなか、自動運転を支える物体認識技術を応用した。

()

携帯大手3社が、携帯電話ショップを利用した携帯電話ショップでのスマホ講習会を本格化させている。総務省の事業の一環で、マイナンバーカードの申請といったスマートフォンを使った行政手続きが学べる。携帯各社には、コロナ禍で来客数が落ち込む携帯ショップを地域のデジタル化の拠点に転換して再構築する狙いもある。

()

京セラが、AIを活用した画像認識型の「スマート無人レジシステム」を開発したと発表。カメラを通して約6000種類以上の商品を見分け、商品の一部が隠れても識別が可能。労働現場での省人化や非接触技術の需要が高まる中、自動運転を支える物体認識技術を応用した。

()

SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。

()

ヤフーが「Yahoo!検索」の検索結果で、新型コロナウイルスワクチンの接種会場を表示する取り組みを始めた。ユーザーが「地名や施設名+ワクチン」などで検索すると、その地域や施設の近辺にある接種会場を表示する。

()

新型コロナウイルスの感染爆発が収束していないインドなど世界に向けて、感染のメカニズムや3密回避といった予防策を分かりやすく伝えようと、日本の人気漫画をインターネットで配信する試みが始まる。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る