ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイル調査リポート」最新記事一覧

調査リポート:
Siriを人前で使うのはわずか3%──米調査結果
米調査会社Creative Strategiesによると、iPhoneユーザーの98%はSiriに呼び掛けたことがあるが、人前で使ったことがあるのはわずか3%だった。「OK Google」を人前で使ったことがあるのは12%だった。(2016/6/7)

調査リポート:
2016年の世界スマートフォン出荷は減速し、3.1%増に──IDC予測
IDCの予測によると、2016年の世界でのスマートフォン出荷台数の成長率はついに1桁台(3.1%増)になるという。日本は6.4%増の見込み。AppleのiPhoneは前年比2%減でシェアは15.3%になる。(2016/6/3)

インダストリー4.0読者調査リポート:
PR:ドイツに先行する勢いか!? 加速する日本版インダストリー4.0実現の動き
大きな注目を集めるインダストリー4.0を中心とした製造業革新の動きだが、実際に日本の製造業はどのように捉え、どのように取り組みを進めているのだろうか――。MONOistでは、インダストリー4.0への意識や取り組みについて、読者調査を実施した。その結果見えてきたのは、日本の製造業がこの製造現場革新の動きを着実に“自分たちのもの”にしている姿だった。(2015/12/17)

調査リポート:
2015年の世界スマートフォン出荷、Windows端末不調もあり初の1桁成長に──IDC予測
調査会社IDCが発表した2015年通年の世界スマートフォン出荷台数予測によると、出荷台数の前年比伸び率が調査開始以来初めて1桁台になる。IDCはWindows Phoneは向こう数年間はシェアを伸ばせないと予測する。(2015/12/7)

プライベートクラウド関する調査リポート
プライベートクラウドを導入/検討している割合は5割超、ハイブリッドクラウドはまだ普及段階か
TechTargetジャパン会員を対象に、「プライベートクラウドの利用に関するアンケート調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/12/1)

調査リポート:
Fintechの投資が拡大、ブロックチェーン技術への注目も高まる
アクセンチュアは、Fintech投資に関する最新調査結果を発表した。アジア太平洋地域でのFintech投資は、2015年1〜9月で約35億ドルに達した。日本でのFintech投資も同期間で既に約4400万ドルに達している。(2015/11/25)

調査リポート:
国内のフラッシュストレージ市場が急成長――その要因は?
IDCジャパンは、国内のエンタープライズ向けストレージシステムの市場実績と2019年までの予測を発表した。フラッシュメモリを利用したストレージの2014年の売上高は対前年比58.1%増の137億8000万円で、2015年は同42.5%増の196億3600万円を見込む。2014〜2019年の年間平均成長率は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測する。(2015/11/25)

調査リポート:
“エンジニアの効率活用”も――進む運用管理自動化、マルチクラウド対応
IDCジャパンが国内のITインフラ運用管理サービスの動向に関する調査リポートを発表。マルチクラウドへの対応や運用自動化に注力する国内ITサービス事業者の姿が浮かび上がった。自動化後のIT人材の在り方も予測する。(2015/11/19)

調査リポート:
Apple Watchの累計出荷台数は700万台──Canalys調べ
Appleが4月に発売したApple Watchの累計出荷台数は700万台で、競合するすべてのスマートウォッチの過去5四半期の出荷台数合計より多いと、調査会社Canalysが発表した。(2015/11/6)

調査リポート 世界のCIO、CFOらの声:
多くの経営者らが“Uberization”による破壊的イノベーションや業界再編への懸念を示唆――米IBM調査
米IBMが2015年の「グローバル経営層スタディ」を発表。それによると、Uberのようなベンチャーの登場による業界再編を懸念し、より現場近くでアジリティの高い組織作りを模索する声が半数近くに上ったという。(2015/11/4)

調査リポート:
米成人の68%がスマートフォン所有 若年層では86%──Pew Research Center調べ
米国の成人の約7割がスマートフォンを所有しており、18〜29歳の年齢層の所有率は86%であることがPew Research Centerの調査で明らかになった。(2015/11/2)

中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート
重視するのは「運用のしやすさ」、中堅・中小企業ならではのバックアップ環境の悩み
TechTargetジャパンは2015年8月、従業員300人未満の中堅・中小企業の会員を対象に「バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から製品/サービスの導入・検討状況、業務利用の状況などが明らかになった。(2015/10/30)

標的型攻撃対策に関する調査リポート
「標的型攻撃対策」への投資意向が過半数、一方で依然高い“社内の壁”
TechTargetジャパン会員を対象に、「標的型攻撃対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/10/13)

調査リポート:
iOSアプリの過去5年間でのダウンロードランキング、1位、2位、4位がFacebookのアプリに
アプリ調査会社のApp Annieが、米Appleの世界のApp Storeにおける過去5年間のアプリおよびゲームのダウンロードおよび売上高ランキングを発表した。アプリではFacebookのアプリが上位10位以内に4本ランクインした。(2015/9/4)

ストレージ利用状況に関する調査リポート
「データ量の増加への対応」に不満の声も 調査で分かった企業ストレージ環境の現状
TechTargetジャパンは2015年6〜7月、「ストレージの利用状況に関する読者調査」を実施した。調査結果からストレージ製品・サービスの導入・検討状況、業務利用の状況が明らかになった。(2015/9/1)

調査リポート:
「Apple Watch」の4〜6月期の出荷台数は360万台──IDC調べ
米調査会社IDCによると、第2四半期(4〜6月)の世界ウェアラブル端末の総出荷台数は1810万台で、シェアトップはFitbit(440万台)、2位に4月に「Apple Watch」を発売したApple(360万台)が初登場した。(2015/8/28)

調査リポート:
クラウドの価値、企業間で認識にギャップ――IDC、国内クラウド市場の調査結果を発表
IDC Japanは2015年8月11日、4月に実施した「2015年国内クラウド調査」の結果を発表した。クラウド未導入の企業と導入済みの企業とで、クラウドがIT戦略に与える影響の大きさに対する認識の違いが見られた。(2015/8/11)

調査リポート:
Android端末は2万4093種類、メーカー別首位のSamsungはシェア減──OpenSignal調べ
Android端末のフラグメンテーションに関する調査を例年発表している英OpenSignalによると、2015年8月時点でAndroid端末を販売しているメーカーは1294社あり、2万4093種類の端末があるという。(2015/8/7)

調査リポート:
中国スマートフォン市場、Xiaomiが首位奪還、Huaweiが猛追でAppleは3位に──Canalys調べ
Canalysの調査によると、中国における4〜6月期のスマートフォンシェアランキングで、2期連続首位だったAppleが3位に落ち、Xiaomiが1位、Huaweiが2位になった。(2015/8/4)

調査リポート:
世界タブレット出荷、3四半期連続減、Huaweiが初ランクイン
2015年第2四半期の世界におけるタブレット出荷台数は、前年同期比7%減の4470万台と3期連続の減少になった。メーカー別の上位3社は不動だが、4位に中国Huaweiが初ランクインした。(2015/8/3)

データベースに関する調査リポート
データベース製品の利用状況は? コスト、スキル、運用管理に課題
TechTargetジャパンは2015年5〜6月、「データベースに関する読者調査」を実施した。調査結果からはデータベースの導入・検討状況、業務利用の状況が明らかになった。(2015/7/31)

調査リポート:
Apple Watch、世界スマートウォッチ市場でシェア75%に──Strategy Analytics調べ
米調査会社Strategy AnalyticsはApple Watchの4〜6月の販売台数を400万台と推測し、世界スマートウォッチ市場でのシェア75%を占めたと発表した。2位はSamsungでシェアは8%としている。(2015/7/24)

調査リポート:
世界のスマートフォン販売利益の92%はApple──Canaccord Genuity調べ
Appleは、スマートフォン出荷台数の世界におけるシェアは13.7%でSamsungに次ぐ2位だが、営業利益でみると、上位8社の合計の92%を同社が占めることがCanaccord Genuityの調査で明らかになった。(2015/7/14)

調査リポート:
テープストレージの需要に拡大の兆し――IDC、2019年までの国内市場予測を発表
2015年7月6日、IDC Japanは2019年までの国内テープストレージ市場予測を発表した。大容量バックアップ/アーカイブ領域では成長も期待できるとした。(2015/7/6)

スマートデバイスの業務利用に関する調査リポート
「スマートデバイス導入済み」は7割弱、業務変革への期待がにじむ
TechTargetジャパン会員を対象に、「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/7/1)

調査リポート:
中国Xiaomi、2015年第1四半期の世界ウェアラブル市場シェアで2位に躍進──IDC調べ
IDCが、「Apple Watch」発売前の、2015年1〜3月期の世界ウェアラブル出荷ランキングを発表した。1位は不動のFitbitで、2位には昨年7月に初のウェアラブル端末「Mi Band」を発売したXiaomiがランクインした。(2015/6/8)

ファイルサーバの利用に関する調査リポート
ファイルサーバの容量でお困りの企業は7割、その実態に迫る
TechTargetジャパン会員を対象に、「企業のファイルサーバ利用に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/6/1)

調査リポート:
企業ユーザーの一番人気はAppleのiPhone 6──Good Technology調べ
企業向けMDMを手掛けるGood Technologyの調査によると、1〜3月期に企業で最もアクティベートされた端末はAppleのiPhone 6で、OS別ではiOSが72%を占めてトップだった。(2015/5/12)

企業の情報漏えい対策に関する調査リポート
情報漏えいの“敵”は社内にあり 「内部犯行」「うっかりミス」に懸念
TechTargetジャパン会員を対象に、「企業の情報漏えい対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/4/1)

PACS市場調査リポート(2014年版)
2018年のPACS市場は465億円規模、急増するクラウド型PACS
高詳細化・大容量化する画像データの管理にはなくてはならないPACS(医用画像管理システム)。現在、PACSのクラウド対応が本格化している。市場調査による現状から今後の動向予測などを考察する。(2015/3/26)

調査リポート:
AppleのiPhone、Q4世界スマートフォン市場でSamsungから首位奪還──Gartner調べ
iPhone 6/6 Plusが好調のAppleが、2014年第4四半期(10〜12月)の世界スマートフォン販売台数ランキングでSamsungから首位を奪った。Appleが首位に立つのは2011年第4四半期以来だ。(2015/3/4)

調査リポート:
OS別世界スマートフォン市場シェア、AndroidとiOSが96.3%に──IDC調べ
IDCによると、2014年通年のOS別スマートフォンシェアランキングで、1位のAndroidと2位のiOSを合わせると96.3%と寡占状態で、Windows Phoneは2013年よりさらにシェアを減らし、2.7%だった。(2015/2/25)

調査リポート:
Xiaomi、IDCの調査でも中国市場でSamsungを抜いてトップに
“中国のApple”と呼ばれるXiaomiが、2014年第4四半期および2014年通年の中国市場における出荷台数ランキングで首位に立った。第4四半期では、iPhone 6/6 Plusを発売したAppleが2位にランクインした。(2015/2/18)

ネットワーク製品導入に関する調査リポート
SDNや無線LANに高い関心、読者調査から読むネットワーク担当者の課題
TechTargetジャパン会員を対象に、「ネットワーク製品の導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/2/16)

調査リポート:
世界タブレット出荷、2014年の4Qに初の前年比減 AppleとSamsungがシェア落とす
2014年第4四半期の世界におけるタブレット出荷台数が、IDCの調査開始以来初めて、前年同期を下回った。首位のApple、2位のSamsungともに出荷台数が減り、シェアを落とした。(2015/2/3)

調査リポート:
Androidスマートフォンの2014年の出荷台数が10億台超え
調査会社Strategy Analyticsによると、2014年の世界におけるAndroidスマートフォンの出荷台数が前年比33.5%増の10億4270万台と、10億台の大台に乗った。市場シェアは8割を超えた。(2015/2/2)

教育機関のIT製品導入に関する調査リポート
「Windowsタブレット」が「iPad」に肉薄 学校が導入したいタブレットは?
TechTargetジャパン会員を対象に、「教育機関のIT製品導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/1/29)

医療機関のIT導入に関する調査リポート
モバイル/クラウド、医療ビッグデータに関心、読者調査が示す医療IT最新トレンド
TechTargetジャパン会員を対象に医療機関のIT導入に関する調査を実施。本リポートではその概要をまとめた。(2015/1/19)

仮想化運用管理に関する調査リポート
サーバ仮想化を導入済みは半数強 運用の鍵は障害時対応とバックアップ体制
TechTargetジャパンは2014年10月、「仮想化運用管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業の仮想化環境への対応状況が明らかになった。(2015/1/16)

調査リポート:
2014年のモバイルアプリ利用、ショッピングが躍進しゲームは減速──Flurry調べ
2014年のモバイルアプリの利用率は前年より76%増加し、中でもショッピングアプリの利用率は約3倍、Microsoft Officeのようなプロダクティビティアプリは約2.2倍と大きく成長した。(2015/1/8)

Webサイトセキュリティ対策に関する調査リポート
Webサイトを攻撃された企業は16.4%、改ざんや不正ログインに懸念
TechTargetジャパン会員を対象に、「Webサイトセキュリティ対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/1/6)

調査リポート:
世界スマートフォン販売、Xiaomi躍進で上位5社中3社が中国勢に──Gartner調べ
Gartnerによる7〜9月期の世界スマートフォン販売調査によると、Xiaomiが前年同期比336%増加し、3位に躍り出た。首位Samsungはシェアを7.7ポイント落とし、iPhone 6/6 Plusが好調な2位のAppleはシェアを0.6ポイント増やした。(2014/12/16)

調査リポート:
世界タブレット出荷、2014年はiPadが初の前年比減で大きく鈍化──IDC予測
IDCによると、2014年の世界タブレット市場では、AppleのiPadの出荷台数が発売以来初めて前年を割り、タブレット全体の出荷台数の伸びが大きく鈍化した。(2014/11/26)

IoTに関する読者調査リポート
IoTを「既に活用している」は10.2% ビジネス利用に高まる期待
TechTargetジャパンとMONOistは2014年9月、「IoTに関する読者調査」を共同実施した。調査結果からは、企業におけるIoTの理解度、活用動向、課題、製品導入の状況などが明らかになった。(2014/11/17)

クラウドインフラに関する調査リポート
広がるIaaSの企業利用、2014年のユーザー企業動向調査
TechTargetジャパン会員を対象に、「クラウドインフラに関する読者調査」を実施した。本リポートではその概要をまとめた。(2014/10/30)

標的型攻撃対策に関する調査リポート
「標的型攻撃に遭遇の可能性」は13.5%、製品導入・運用の負荷が対策を阻む
TechTargetジャパン会員を対象に、「標的型攻撃対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2014/10/6)

調査リポート:
モバイルユーザーの65%は最近アプリをダウンロードしていない──米comScore調べ
comScoreによると、モバイルユーザーの約6割は毎日アプリを使っているが、使うアプリの種類は限られており、最近では1カ月に1本もアプリをダウンロードしていないユーザーが65%いるという。(2014/8/25)

調査リポート:
世界スマートフォン出荷、四半期初の3億台超
IDCの調査によると、四半期の世界でのスマートフォン出荷台数が初めて3億台を突破した。200ドル以下のAndroid端末の需要が伸びている。(2014/8/18)

調査リポート:
企業におけるOS別モバイルシェア、AndroidがiOSを侵食
Good Technologyによると、企業が採用するモバイルOSの第2四半期のシェアは、iOSが67%で圧倒的だが、前期比で5ポイントシェアが減っており、その5ポイントはAndroidが奪ったという。(2014/8/13)

調査リポート:
Xiaomi、中国スマートフォン市場でSamsungを抜いて首位に──Canalys調べ
Canalysによると、“中国のApple”とも呼ばれる中国Xiaomi(小米科技)が、4〜6月期の中国スマートフォン市場で初めて首位になり、世界市場でも5位にランクインした。(2014/8/5)

調査リポート:
メーカー別世界スマートフォンシェアでXiaomiがLGを抜いて5位に──Strategy Analytics調べ
Strategy Analyticsの調査によると、4〜6月期のメーカー別の世界スマートフォン市場シェアで、長く首位にある韓国Samsungが7ポイントもシェアを落とし、急成長中の中国Xiaomi(小米科技)が初めて5位にランクインした。(2014/8/1)

パブリッククラウドサービス利用時のセキュリティに関する調査リポート
“危険なクラウド”払拭の鍵は「可用性」「データ秘匿性」の確保にあり
TechTargetジャパン会員を対象に、「パブリッククラウドサービス利用時のセキュリティに関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2014/8/1)

企業の顧客対応に関する調査リポート
メールもソーシャルも使いこなす顧客対応担当者、ただし連係には課題が
TechTargetジャパン会員を対象に、「顧客対応に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、企業で顧客対応に携わる読者の声を基に、顧客対応の現状や課題をまとめている。(2014/6/23)

調査リポート:
国内BI業界、マーケットシェアとユーザー期待値は?
ITRが発行した調査リポートによると、BI関連製品の国内売り上げシェアはSAP、オラクルの順であった。データ分析に関わるツールの選定基準の上位では、多様な分析機能を挙げるユーザーが多いことが分かった。(2014/6/18)

ファイルサーバ管理に関する調査リポート
「容量不足」「ハードウェア障害」に悩むファイルサーバ管理者へ、解決の糸口は?
TechTargetジャパン会員を対象に、「ファイルサーバ/ファイルサーバ管理に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、読者の勤務先で導入しているファイルサーバの種類や運用管理における課題をまとめている。(2014/5/30)

調査リポート:
世界スマートフォン出荷台数、SamsungとAppleのシェア微減──IDC調べ
メーカー別トップ5の順位は変わらないが、1位のSamsungと2位のAppleのシェアをHuaweiやLenovo、その他のメーカーが奪った。(2014/5/1)

スマートデバイスの業務利用に関する調査リポート
43.4%の企業がWindowsタブレットの導入に意欲 読者調査が示す期待感
TechTargetジャパンは2014年2月、スマートデバイスの業務利用に関する読者調査を実施した。調査結果からは企業におけるスマートデバイスの導入・検討状況、業務利用の状況などが分かった。(2014/5/1)

調査リポート:
「タイヤ点検をする人」は増税対策意識も高い?──JATMA調査
4月8日はタイヤの日──。日本自動車タイヤ協会が「タイヤの空気圧点検と増税対策」に関する意識調査を実施。“増税対策”の意識が高い人は、「カーメンテの意識も高い」ことが分かった。(2014/4/7)

調査リポートが示す最新の脅威
あなたの銀行取引を監視 注意したい8つのバンキングトロイ
銀行を狙ったマルウェアが高度化・巧妙化を続けている。そうした機能を使って、サイバー攻撃者は標的の行動をより詳細に調べているという。その実態が最新の調査リポートから明らかになった。(2014/4/7)

情報漏えい対策に関する調査リポート
約9割の企業が情報漏えいに危機意識 過半数が標的型攻撃に対策
TechTargetジャパンは2014年1月、情報漏えい対策に関する読者調査を実施した。調査結果からは情報漏えい対策の課題や導入している製品/技術、今後の投資動向などが分かった。(2014/4/1)

調査リポート:
CIOの重点は“顧客満足度の向上”に――IBM調査
米IBMによるCIOへの調査の結果、企業は顧客満足度を向上するために情報分析やクラウドコンピューティングに重点を移している実態が浮かび上がった。(2014/3/17)

調査リポート:
世界タブレット出荷、2014年は減速──IDC予測
AndroidとiOSの寡占状態は続くが、2イン1端末が普及するにつれ、Windows端末は25%以上のシェアを獲得するとIDCは予測する。(2014/3/10)

調査リポート:
2013年の世界タブレット市場、Appleはシェアを落とすも依然として圧倒的首位──Gartner調べ
米Gartnerによると、OS別世界タブレット販売ランキングでAndroidが初めてiOSから首位を奪ったが、メーカー別では猛追する2位Samsungに16.9ポイントの差を付けての首位を守った。(2014/3/4)

デスクトップ仮想化に関する調査リポート
VDI中心のデスクトップ仮想化市場、ユーザーが重視する製品選択基準は?
普及期を迎えつつあるデスクトップ仮想化だが、デスクトップ仮想化方式ではVDI(仮想PC)以外の知名度はまだ低いようだ。また、インフラ構築の難しさから性能に不満を抱えるユーザーが少なくないことも明らかに。(2014/2/27)

サーバ仮想化に関する調査リポート
技術革新の進むサーバ仮想化、残る課題は運用管理
TechTargetジャパンでは2014年1月にサーバ仮想化に関する調査を実施。回答者の3分の2がサーバ仮想化を導入済み・導入予定と回答するなど、すっかり当たり前の技術となったサーバ仮想化。残る課題はやはり運用のようだ。(2014/2/27)

調査リポート:
AndroidとiOSの寡占は続くがWindows Phoneも健闘──IDCの世界スマートフォン市場調査
IDCの2013年第4四半期のOS別世界スマートフォン市場調査によると、AndroidとiOSのシェアを合わせると95.7%に上った。(2014/2/13)

調査リポート:
2013年のスマートフォン市場はAndroidがシェア8割、Windows Phoneが躍進──Canalys調べ
GoogleからMotorolaを買収するLenovoは2年以内に2桁台のシェアを獲得するとCanalysはみている。(2014/1/31)

調査リポート:
世界スマートフォン出荷台数、初の10億台超え──IDC調べ
メーカー別のトップ4の順位は前回と変わらないが、SamsungとAppleのシェアを廉価版スマートフォンが主力のHuawei、Lenovo、LGが奪った。(2014/1/29)

調査リポート:
iOSの日本スマートフォン市場でのシェアは68.7%──Kantar調べ
米国を含む英Kantarの調査対象地域のほとんどでAndroidが首位を占める中、日本ではAppleのiOSのシェアが圧倒的だった。(2014/1/28)

調査リポート:
2013年のモバイルアプリ利用率は前年から倍増──Flurry調べ
2013年に最も利用が増えたのはLINEやFacebookメッセンジャーなどのメッセージングアプリで、前年の3倍になった。(2014/1/14)

システム運用管理に関する読者調査リポート
増大するシステムに人員/スキル不足……、読者調査が示す運用管理の課題
TechTargetジャパンは2013年11、12月にシステム運用管理に関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況についてリポートする。(2014/1/9)

調査リポート:
Android端末の出荷台数は2014年に10億台を超える──Gartner予測
Gartnerの予測によると、2014年にはAndroid搭載端末の出荷台数は10億台を超え、2017年に出荷されるAndroid搭載端末の75%は新興国市場向けになる。(2014/1/8)

ネットワーク製品の導入状況に関する調査リポート
OpenFlowに関心は20%超、読者調査が示すネットワーク最新動向
ネットワーク運用やネットワーク機器の導入に関する調査リポートからは、読者が悩んでいるポイントや、今後のIT投資の方向性が見える。リポートの概要を紹介する。(2013/12/18)

医療機関のIT導入に関する調査リポート
「医療クラウド」「仮想化システム」に注目、読者調査で分かった医療ITトレンド
医療機関に勤務する会員を対象に実施したIT導入に関する調査リポート。電子カルテなどのIT導入状況、導入目的や期待する効果、関心のあるトレンドなどが明らかになった。(2013/12/17)

調査リポート:
アプリストアの売上高ランキングで日本が米国を抜いて首位に──App Annie調べ
世界のApp StoreとGoogle Playの売上高調査で、日本が米国を抜いて首位に立った。2014年には日本のスマートフォンユーザーは携帯電話ユーザー全体の62%を占め、アプリ売上高はさらに伸びるとApp Annieはみている。(2013/12/12)

調査リポート:
世界でのタブレット出荷、2014年にPCと横並びに──Canalys予測
世界でのタブレットの出荷は増加を続け、2014年中にPC(デスクトップ+ノート)と並び、2015年にはPCを抜くとCanalysは予測する。(2013/11/27)

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート
ビッグデータ活用が次第に浸透 次の期待はソーシャルデータ活用へ
TechTargetジャパンは2013年10、11月にビッグデータインフラに関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、ビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態についてリポートする。(2013/11/22)

調査リポート:
Android、世界スマートフォン総出荷で8割超──IDC調べ
IDCによる7〜9月期のOS別世界スマートフォン市場調査で、Androidの出荷台数が約40%増でスマートフォン全体の81%を占めた。(2013/11/13)

モバイルセキュリティに関する読者調査リポート
モバイルデバイスの業務利用を阻む、情報漏えいへの大いなる不安
TechTargetジャパンは2013年10月にモバイルセキュリティに関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、スマートデバイスの導入・利用状況と、付随するセキュリティ脅威についてリポートする。(2013/11/12)

教育機関のIT活用に関する読者調査リポート
授業用タブレット、一番人気はiPad? それともWindows 8端末?
教育機関への導入が最も進んでいるIT製品とは何か? IT製品を授業や校務で活用する上での課題とは? TechTargetジャパンが実施した読者調査の結果を見ていこう。(2013/11/8)

調査リポート:
メーカー別世界タブレットシェアランキング、SamsungがAppleを猛追
7〜9月期の世界タブレット市場では、2四半期にわたって新モデルを発売していない首位のAppleがシェアを減らした。同社は11月中に2モデルの新iPadを発売する。(2013/11/1)

調査リポート:
サーバ集約、低価格サーバ製品へのシフトが見える2012年ハイエンドサーバ市場動向
IDC Japanによると低価格製品へのシフトとサーバ集約の影響から2500万円以上の価格帯の「ハイエンドサーバ」市場は縮小傾向。メインフレームが安定する一方でIA64サーバによる大型案件も見られた。(2013/10/31)

調査リポート:
第3四半期の世界スマートフォン出荷台数は過去最高──IDC調べ
メーカー別ランキングでは首位のSamsungがさらにシェアを伸ばし、2位のAppleとの差を広げた。(2013/10/30)

電子カルテ市場調査リポート2013(診療所編)
診療所向け電子カルテ市場、2017年には170億円まで拡大
診療所の電子カルテ普及率は約2割だが、都市部の新規開業では9割も導入される傾向にある。電子カルテ市場の規模予測や主要ベンダーの最新動向などを踏まえて今後の診療所のIT化を占う。(2013/10/25)

調査リポート:
Apple、「iPhone 5s」発売前でも米スマートフォン市場でシェアを伸ばす──comScore調べ
comScoreによると、9月に新端末の発表をひかえていた8月の米スマートフォン市場では、Appleがメーカー別でもOS別でもシェアを伸ばし、40%の大台を超えた。(2013/10/7)

中堅・中小企業の業務アプリケーション導入・活用についての読者調査リポート
読者調査が明らかにする「消費税対応で中堅・中小企業が悩むこと」
2014年4月の消費税率アップが決まった。中堅・中小企業はシステム対応でどのようなことを懸念に思っているのか。業務アプリケーションパッケージの導入状況の調査と併せて聞いた。(2013/10/3)

Windows 8/Windows Server 2012に関する読者調査リポート
Windows XP移行先は「Windows 7」が96.5%と圧倒的な状況
2014年4月のWindows XPサポート期間終了まで半年あまり。また、2015年7月にはサーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了も予定されている。これらのOSの移行状況を読者に聞いた。(2013/10/1)

企業の海外展開とIT基盤に関する読者調査リポート
増える企業の海外展開、読者調査で分かったIT投資の優先度
中国や東南アジアを中心に増える日本企業の海外進出。海外拠点におけるITシステムの利用状況や運用管理の課題、今後のIT投資はどうなるのか。読者に聞いた。(2013/9/2)

ゲートウェイセキュリティに関する読者調査リポート
次世代ファイアウォールが一番人気、読者が選ぶ次の投資先
ファイアウォールをはじめとする「ゲートウェイセキュリティ」の導入率トップは何か。今後導入が進む製品は。TechTargetジャパンの読者調査から明らかにする。(2013/8/28)

調査リポート:
世界スマートフォン販売、Gartnerの調査で初の携帯電話超え
Gartnerの販売ベースの世界携帯電話市場調査で、スマートフォンが初めてフィーチャーフォンを超えた。スマートフォンのOS別では、Androidが全体の79%を占めた。(2013/8/15)

調査リポート:
OS別世界スマートフォン出荷、IDCの調査でもAndroidが約8割に
Androidのメーカー別ランキングでは、トップのSamsungのシェアをLG Electronics、Lenovo、Huawei、ZTEがそれぞれわずかずつ奪った。(2013/8/8)

調査リポート:
Android、世界スマートフォン総出荷の8割に──Strategy Analytics調べ
Strategy Analyticsによると、4〜6月期に世界で出荷されたスマートフォンのうち、8割がAndroid搭載端末だった。同四半期に新製品の出なかったiPhoneは前年同期比でシェアを3ポイント落とした。(2013/8/2)

バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート
仮想環境の対策に不安、読者調査が示すバックアップ環境の現状
TechTargetジャパンが実施したバックアップ/リカバリ環境に関する調査では、仮想環境が普及している中でも、物理環境のバックアップ手法に依存している企業が多いことが分かった。(2013/7/31)

調査リポート:
世界タブレット市場、Androidのシェアが67%に拡大──Strategy Analytics調べ
Strategy Analyticsによる4〜6月期の世界でのタブレット出荷調査によると、OS別シェアでAndroidが16ポイントシェアを増やし、Appleは19ポイント減らした。「Surface RT」の値下げで、Windowsのシェアは4ポイント増だった。(2013/7/30)

PACS市場調査リポート(2013年)
2016年のPACS市場は460億円規模、クラウドサービスが本格化
各種撮影装置の画像データを管理するPACS(医用画像管理システム)。高詳細化・大容量化する画像データの管理にはなくてはならないシステムだ。市場調査を基にその現状や今後の動向予測などを紹介する。(2013/7/23)

ストレージの利用状況に関する読者調査リポート
ストレージ仮想化の導入率は26.0%、読者調査が示すユーザーの期待感
TechTargetジャパンが実施したストレージ利用状況の調査では、今後導入予定または検討中の機能として「ストレージ仮想化」が最も多く挙げられ、現状の不満を解消できる方法として期待されていることが分かった。(2013/7/18)

サーバ仮想化に関する読者調査リポート
安定期に入ったサーバ仮想化、Hyper-Vへの乗り換えは増える兆し
TechTargetジャパンは2013年6月にサーバ仮想化導入に関する読者調査リポートを実施した。本稿では調査結果の一部として、2012年と比較したサーバ仮想化の導入状況や製品導入状況をリポートする。(2013/7/17)

電子カルテ市場調査リポート2013(病院編)
病院向け電子カルテ市場、2017年には約1200億円の規模に
2000年代初頭から病院で普及し始めた電子カルテ。現在はそのリプレースが着々と進んでいる。その間、電子カルテに対する病院の意識に変化が見られたという。最新の市場予測とともにその背景を考察する。(2013/6/28)

BYODに関する読者調査リポート
2割が解禁、「BYOD」は損か得か?
私物端末を業務利用する「BYOD」はどの程度浸透しているのか。BYOD解禁に当たっての課題とは何か。TechTargetジャパンの読者調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。(2013/4/30)

アプリケーションパフォーマンス管理に関する読者調査リポート
複雑なシステムのレスポンスをどう確保するか――支援製品に期待
ほとんどの業務をITシステムが支えている今、そのパフォーマンスは経営に多大な影響を与える。仮想化、クラウドで複雑化したシステムを安定運用するための新たなアプローチを多くの企業が求めているようだ。(2013/4/19)

調査リポート:
Apple、米スマートフォン市場のメーカー別シェアでトップを維持──comScore調べ
comScoreの米スマートフォン市場調査によると、メーカー別首位のAppleが2位のSamsungとの差を前回調査より2.9ポイント広げた。(2013/4/8)

IT資産管理に関する読者調査リポート
ライセンスを管理したいがスキルもリソースも足りない――IT資産管理の実態が明らかに
コスト削減とともに、コンプライアンス、セキュリティの観点でも企業の意識が高まっているIT資産管理。読者アンケート調査から、その取り組みの実態が明らかになった。(2013/4/5)

調査リポート:
モバイル動画の視聴は「Webよりアプリ」、日本のアプリユーザーの月間視聴時間は154分
Webブラウザ経由で動画を視聴するユーザーはアプリ経由より多いものの、視聴時間はアプリユーザーの方が勝っている――。こんな調査結果が出ている。(2013/3/29)

調査リポート:
米スマホユーザーのアプリダウンロードが減少――年末商戦が一段落
スマホのアクティベーション数とモバイルアプリのダウンロード数が過去最高を記録した米国の年末商戦が一段落し、落ち着きを見せ始めている。(2013/3/29)

調査リポート:
Samsung好調、1Qのスマホ予想シェアは34%――Counterpointが予想
携帯電話の売上が落ち込むサイクルにあって、Samsungの出荷台数は過去最高の7000万台に達する見込みだという。(2013/3/28)

クラウドに関する読者調査リポート
2013年は高まる気配? プライベートクラウドの導入意向
TechTargetジャパンは2013年3月にクラウドコンピューティング全般に関する読者調査リポートを実施した。本稿では調査結果の一部として、プライベートクラウドの導入状況をリポートする。(2013/3/28)

企業の災害対策に関する読者調査リポート
年々増加するBCP関連ツールの導入と運用、企業の災害対策の最新状況は
企業の災害対策に関する読者調査を実施。2011年、2012年の調査結果との比較で企業におけるBCP対策の進捗状況が分かる。企業が直面する新たなリスクとその対応とは。(2013/3/21)

調査リポート:
Windows派のスマホはAndroid、Mac派はiPhone――SophosがPCとスマホの関係を調査
モバイル端末を複数台持ち歩く人が増える中、SophosがPCとスマホの関係を調査。Macユーザーの多くがiOSを選んでいるが、Androidへの“浮気”も見られるようだ。(2013/3/18)

調査リポート:
スマホ人気が世帯のガジェット支出に影響――Gartner調べ
今後、デスクトップPCやゲーム機などの“固定された端末”は、買い替えが先送りされたり、買い替えせずに利用されなくなるだろうとGartnerは予想している。(2013/3/15)

調査リポート:
タブレットの主役交代、2013年はAndroidが首位に――IDCが予測
小型端末の人気を受け、IDCがタブレット端末の出荷台数予測を上方修正した。OSシェアにも変動があると予測し、iPadはAndroidタブレットに首位の座を譲ることになるという見方を示した。(2013/3/13)

調査リポート:
通信キャリアの収益支えるM2M、2013年には中国が最大市場に
中国市場は2013年、契約数が40%増で拡大し、米国をしのぐ世界最大の市場になるとPyramid Researchが予想している。背景には中国政府の支援もあるという。(2013/3/11)

調査リポート:
市場を席巻するLINEやKakao Talk、通信キャリアの機会損失は5年で30億ドルに
調査会社Strategy Analyticsは、OTTサービスによる通信キャリアの機会損失は2012年から5年で30億ドル以上になると予測しているが、OTT優勢が続くとは限らないとも分析している。(2013/3/8)

調査リポート:
ロシア人はデザイン、英米人は費用対効果が決め手――各国で異なる携帯電話選び
携帯電話を買う際に何が決定要因となるのか――。Nielsenが米、英、イタリア、韓国、中国、ブラジル、インド、ロシア、トルコ、オーストラリアの10カ国で、モバイル端末やサービスの利用状況について調査した。(2013/3/5)

調査リポート:
7インチ台のタブレット向けパネル出荷が好調――9.7インチは減少
Display Searchの調査によると、1月のタブレット向けディスプレイの出荷実績は、7インチ台が伸びる一方で、9.7インチは大きく減少したという。(2013/3/4)

省電力および電力管理対策に関する読者調査リポート
回答者の71.1%が「電力使用量の削減」に期待、読者調査が示す電力対策の現状
ITシステムの省電力および電力管理対策の現状調査を実施。電力使用量や運用コストなどの削減効果を期待する一方、導入に必要な予算や体制の整備などが課題になっていることが分かった。(2013/2/27)

調査リポート:
アジア太平洋地域のLTE加入者数、2013年は倍増へ――ABI Research調べ
ABI Researchの調査で、アジア太平洋地域における2012年第4四半期のLTE加入者数が前年同期比60%増となったことが分かった。2013年末には加入者数が倍になると予想している。(2013/2/25)

調査リポート:
企業ブランドのInstagram利用が6割に――Twitter共有は減少
写真共有アプリ「Instagram」を利用する企業が増えている。Simply Measuredの調査によると、世界のトップブランドにおけるInstagramの採用率は59%となった。(2013/2/21)

調査リポート:
モノのネット対応が本格化、アプリとサービスがシームレスに連携するエコシステムが重要に
モバイル端末の利用が一般的になる中、今後は時計などのウェアラブルコンピュータとパーソナルクラウドが中心になるとGartnerが予言している。(2013/2/21)

調査リポート:
政府機関で増えるBYOD導入、西欧州では6割がiPhoneを利用
欧州の政府機関に勤務する人のうち、約60%がiPhoneを利用していることがIDCの調査で分かった。私用端末を業務で利用するBYODの導入が欧州政府機関で進みつつある、とIDCは分析している。(2013/2/19)

調査リポート:
モバイルデータ通信の利用が多様化、米ユーザーの過半数がカスタマイズプランに関心
データ定額制を利用している米スマートフォンユーザーの過半数が、1契約で複数端末が通信を利用できるデータ共有プランをはじめ、速度保証などのカスタマイズプランに関心を示していることが分かった。(2013/2/18)

調査リポート:
普及期に入ったLTE、2017年には全モバイル通信サービス売上の3割に
2017年には全ての無線通信サービス売上の3割をLTEが占めるようになると調査会社のJuniper Researchは予測している。(2013/2/15)

調査リポート:
LTEの実効速度、スウェーデンがトップに――日本は9カ国中最下位
スウェーデン、香港、デンマーク、カナダ、オーストラリア、韓国、ドイツ、英国、日本で調べたところ、下りの実効速度で平均22Mbpsを記録したスウェーデンがトップに。日本は最下位だった。(2013/2/15)

調査リポート:
注目のスマートウォッチ市場、2013年に50%増の成長見込み
AppleがiOSベースの製品を開発中という噂が流れるなど、注目が集まるスマートウォッチ業界。ABI Researchによるとウェアラブル端末は2013年に大きな成長が見込まれるという。(2013/2/14)

調査リポート:
もうガラパゴスではない――Appleが首位、海外メーカー端末が半数を超えた日本の携帯市場
2012年通年のシェアでAppleがトップを獲得し、シャープが6年続いた王座を明け渡した。(2013/2/14)

調査リポート:
日本のモバイルユーザーはSNSを積極的に利用、英国は受動的――Nielsen調べ
Nielsenの調査によると、日本のスマホユーザーの92%がパケット定額制の料金プランに加入しているのに対し、英国のユーザーはデータ通信に制限のある料金プラン加入者が多いという。(2013/2/13)

調査リポート:
iPhone 5、米国と英国の端末満足度調査でトップを逃す
iPhone 5は英国と米国ではともに、Android端末に王座を譲る形となった。(2013/2/12)

調査リポート:
LTE導入でデータ料金プランが下がった国は7割以上――ABI Research調べ
ABI Researchのアナリストは「LTE導入を契機に、サービスからの売上を伸ばすべき」と、値下げ傾向にあることを懸念している。(2013/2/12)

調査リポート:
スマートデバイスユーザーの印刷ニーズ、高まる――「使いやすさ」が課題に
IDCの調査で、ビジネスでモバイル端末を利用する人のうち、「手段があればプリントアウトしたい」と考える人が多数を占めることが分かった。(2013/2/7)

調査リポート:
北米タブレット市場のWebトラフィックシェア、「Kindle Fire」が躍進――iPadはゆるやかな減少傾向
ブレット市場におけるiPadの独占に変化の兆しが見えてきた。北米のWebトラフィックシェアで「Kindle Fire」が躍進し、iPadはシェアを落とした。(2013/2/6)

企業の情報漏えい対策に関する読者調査リポート
企業のセキュリティ予算、過半数が「IT予算の5%以下」
企業はいかにして情報漏えい対策を進めているのか。情報漏えい対策を進める際の課題とは何か。TechTargetジャパンの読者調査結果から明らかにする。(2013/2/6)

調査リポート:
Google Playが急成長、第4四半期の売上成長率はApp Storeの5倍に
App Annieの調査で、Google Playが前四半期比で2倍の成長を遂げるなど急成長していることが分かった。ただし売上高はApp StoreがGoogle Playに大差をつけているという。(2013/2/5)

調査リポート:
2016年、企業向けモバイルアプリの半分がWebとネイティブのハイブリッドアプリに――米Gartner調べ
企業内では複数モバイルプラットフォームへの対応が必要となることから、企業の多くはHTML5のWebアプリとネイティブアプリを組み合わせるハイブリッドアプローチを選ぶと予想している。(2013/2/5)

調査リポート:
私用ケータイの業務利用、9割近くが「自腹」、モチベーションに影響も
アイシェア調べ。調査から、自腹負担は従業員のモチベーションを低下させるだけでなく、業務に支障をきたしかねないことも分かった。(2013/2/4)

調査リポート:
Windows PhoneとBlackBerry 10にもチャンスあり――ABI ResearchのモバイルOSシェア予測
ABI Researchが2013年のモバイルOSシェア予測を発表。後発組のWindows PhoneとBlackBerry 10も「比較的成功をおさめる」とみている。(2013/2/4)

調査リポート:
子供にスマートフォン、5割弱の親が「購入したくない」――MMD研究所調べ
スマートフォンが一般層に浸透しているが、子供にはまだ早いと考える親が多いようだ。MMD研究所の調査で、半数弱が「購入したくない」と回答している。(2013/2/1)

調査リポート:
OTTプレイヤーはトラフィックコストを負担すべきか――テレコム業界関係者の8割が同意
Informa Telecoms & Mediaの調査で、通信事業従事者の8割以上が「OTTプレイヤーは売上の一部を通信キャリアに助成金として支払うべき」と考えていることが分かった。(2013/2/1)

調査リポート:
Samsung好調、携帯出荷の4台に1台を占める――“イノベーション”が急がれるApple
2012年に世界で出荷された携帯電話のうち、4台に1台がSamsung端末――。Strategy Analyticsの調査から、Samsungが携帯市場で大きな存在感を示していることが分かった。Appleは次なるイノベーションの波を起こす必要があるという。(2013/1/28)

調査リポート:
対立から協業へ――通信キャリア、VoIP企業との連携を模索
1年前の調査ではOTT(Over The Top)プレイヤーは脅威とみられていたが、今やチャンスととらえる通信キャリアのマーケティング担当者が増えているという。(2013/1/25)

調査リポート:
地下鉄ホームでLTEを快適に使えるのはどのキャリア?――MMD研究所調べ
MMD研究所が、全国6都市34路線615駅の地下鉄ホームで、モバイル3キャリアのLTE速度調査を実施。LTEの捕捉状況はiPhone、Android端末ともにauがトップとなった。(2013/1/25)

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート
「ビッグデータで価値創出」は2.3%、課題は人材不足
企業はビッグデータをどれだけ活用できているのか。データ分析のインフラを構築する上で、企業が抱えている課題とは何か。TechTargetジャパンの読者に聞いた。(2013/1/25)

調査リポート:
ロンドン五輪のモバイルサービス、高い満足度――人気は無料のWi-Fi
スマホの普及が本格化した時代の初の五輪となった2012年夏のロンドンオリンピック。モバイル回線の混雑が予想されたが、補完役のWi-Fiが重要な役割を果たし、訪問者の満足度は高かったという。(2013/1/24)

調査リポート:
読者の6割が40・50代の男性――電子雑誌サービス「ビューン」の読者層
スマートデバイス向けに定額で電子雑誌やニュースを配信する「ビューン」。同社の調査から、読者の9割が男性で、40・50代男性が6割を占めることが分かった。(2013/1/23)

調査リポート:
モバイル時代の新たなコンシューマーは途上国の都市部から――KPMG調べ
サービス企業大手のKPMGが、世界のデジタルコンシューマー動向に関する調査リポートを発表。成長市場と途上国市場では、デジタルメディアの利用に異なる傾向がみられた。(2013/1/22)

調査リポート:
Appleのシェアは今年がピーク?――「Samsungの後を追うことになる」とABI Research
ABI Researchが、今後のスマートフォン市場の予測リポートを発表。Appleのシェアは2013年の22%をピークに横ばいで推移し、Samsungが市場のリーダーになると予測している。(2013/1/18)

調査リポート:
ウェアラブルコンピュータ市場が急成長――アプリのエコシステム競争も
ウェアラブルコンピュータ市場がいよいよ立ち上がりつつあるようだ。調査会社のJuniper Researchは、2017年の出荷台数を約7000万台規模と予測している。(2013/1/17)

モバイル調査リポート:
スマホの乗り換え気運、一段落か――フィーチャーフォンユーザーの4割超が「次も同じで」
ジャストシステムの調査で、フィーチャーフォンユーザーの4割超が「次もフィーチャーフォンを選ぶ」と回答したことが分かった。(2013/1/16)

調査リポート:
モバイル広告料金が3カ月で50%増に、eCPMはiPadがiPhoneを超える――MoPub調査
年末商戦の広告合戦でモバイル広告料金が上昇したとみられるが、それ以降もCTRを基準とした広告売上は増加しているという。(2013/1/16)

調査リポート:
ビジネス向けモバイルアプリ市場が急成長、2013年には2億人のビジネスユーザーが活用へ
調査会社のStrategy Analyticsは、ビジネスユーザーによるビジネス向けモバイルアプリの利用が増え、5年後には関連市場が倍増すると予想している。(2013/1/15)

調査リポート:
Wintel独占のPC市場に変化、タブレットは3割増ペースで成長――Canalys調べ
タブレットの台頭で、Wintel連合の独占状態に変化が起きている。Canalysは、Wintelのシェアが2013年には65%に縮小すると予測。タブレット市場は当面、3割増ペースで成長するとみる。(2013/1/11)

調査リポート:
出だし好調な「Windows Phone 8」、スマホ市場に与えるインパクトは
2012年秋にMicrosoftが最新のスマートフォンOSとして発表した「Windows Phone 8」。iOSとAndroid OSの2強が支配するスマートフォン市場で、どの程度のインパクトを与えるのか。2つの調査記事から探った。(2013/1/9)

診療所・病院のIT化に関する読者調査リポート
最も導入・更新したいのは「電子カルテ」、読者調査が示す医療ITの現状
診療所・病院に勤務する会員に実施したIT化に関する調査リポート。IT化の現状や目的、期待効果などが明らかになった。(2013/1/9)

調査リポート:
タブレット市場が急成長、2013年にノートPCの出荷台数を上回る可能性も――NPD DisplaySearch調べ
2012年後半に相次いで登場した7インチタブレットが人気を博し、タブレット市場が急成長している。NPD DisplaySearchは、2013年にタブレットの出荷台数がノートPCを上回ると予測している。(2013/1/8)

調査リポート:
電車移動中につながりやすいキャリアは? ICT総研が実測調査
ICT総研が、関東の電車内で各キャリアの通信状況を調査。「受信エリアの広さ」ではau、「切れにくさ」ではドコモに軍配が上がったほか、ソフトバンクはLTE比率で強みを見せた。(2013/1/7)

調査リポート:
Appleがアプリストア評価でトップに、Microsoftも高い評価――ABI Research調べ
ABI Researchが発表したアプリストアのランキングで、AppleのApp Storeが総合トップを獲得した。Microsoftは総合3位となり、アプリの検索と発見に対する斬新なアプローチが高い評価を得た。(2013/1/7)

調査リポート:
iPadのWebトラフィックシェアは9割弱、Kindle Fireも急成長――Chitika調べ
Chitikaの調査で、「iPad」がタブレット端末のWebトラフィックシェアで、ほぼ9割を占めていることが分かった。Amazonのタブレット「Kindle Fire」も急成長しているという。(2012/12/28)

SaaS/ASPに関する読者調査リポート
今後利用したいSaaS/ASP、「仮想デスクトップ」が2位
TechTargetジャパンが実施したSaaS/ASPに関する読者調査リポート。利用しているSaaS/ASPの種類の他、ちまたで話題の「シャドーIT」についても調査した。(2012/12/27)

調査リポート:
第3四半期のタブレットOS別出荷シェア、AndroidがiOSを追い抜く――IDC調べ
IDC Japanの調査から、第3四半期(7〜9月)のタブレットOS別出荷シェアで、Android OSが初めてiOSを上回ったことが分かった。(2012/12/26)

調査リポート:
AppleのiOS、米国スマホ市場でシェア5割突破――Kantar Worldpanel ComTech調べ
iOSの米国スマホ市場のシェアが5割を突破(9月末から12週間)。Androidのシェアは、欧州五カ国で6割の大台に乗った。(2012/12/25)

調査リポート:
企業向けモバイルサービスの顧客満足度、KDDIがトップに――日経BPコンサル調査で
企業向けモバイルサービスの総合顧客満足度で、KDDIがトップを獲得。音声端末とデータ端末の両部門で首位となり、昨年トップのドコモを逆転した。(2012/12/21)

調査リポート:
スマホの不正アプリが急増、約1年で300倍以上に――トレンドマイクロ調べ
Android端末の一般層への普及に伴い、手口も変化。電池を長持ちさせるアプリやセキュリティソフトを偽装するなど、スマホへの不満や不安につけ込む手口が増えているという。(2012/12/21)

調査リポート:
中国、Androidの最大市場に――iPhoneは苦戦も
Informa Telecoms&Mediaの調査で、Androidの最大市場が米国から中国に移りつつあることが分かった。なお、iPhoneは中国市場で苦戦するという見方もある。(2012/12/20)

調査リポート:
国内スマートフォン出荷台数、アップルが4四半期連続で首位に――2012年第3四半期
第3四半期の携帯電話の出荷台数は、2四半期ぶりに1000万台超えに。スマートフォンのベンダー別シェアトップはアップルが獲得し、シャープは3位に返り咲いた。(2012/12/19)

調査リポート:
Samsung、携帯電話の年間出荷台数でトップに――14年ぶりに首位交代
韓Samsungが、携帯電話の年間出荷台数でついにトップに立った。「GALAXY」シリーズが好調なSamsungが、スマートフォンで出遅れたNokiaを追い抜いた格好だ。(2012/12/19)

調査リポート:
モバイルもVoIPへシフト――2017年、ユーザーは10億人規模に
モバイル環境でのVoIPサービスの利用が加速しており、Juniper Researchは2017年には7人に1人の加入者がモバイルVoIPサービスを利用するようになると予想している。(2012/12/17)

調査リポート:
コンシューマー向けブランド調査、順位にモバイルが影響か――Samsungがトップに
コンシューマー向けブランドの調査で、好みのブランドのトップをSamsungが獲得した。Appleも3位に入るなど、モバイル端末の人気ブランドが上位を占めた。(2012/12/14)

調査リポート:
2013年、2人に1人がスマホユーザーに――IDC Japanが予測
IDC Japanが2013年の国内IT市場の動向予測を発表。スマートフォンの利用者は5000万人を超え、利用シーンに合わせて複数端末を使い分けるマルチデバイス化が加速するとしている。(2012/12/13)

調査リポート:
iPhone 5、世界のLTE携帯電話シェアで2位に躍進――第3四半期の実績で
Strategy Analyticsが実施したLTEスマートフォン市場の調査で、Apple初のLTE対応モデル「iPhone 5」が発売後すぐに26.7%のシェアを獲得し、一気に2位にランクインしたことが分かった。(2012/12/12)

調査リポート:
女子高生の4割が「ネットで知り合った人に会ってみたい」――未成年者の携帯・スマホ実態調査で
未成年者の携帯電話の利用実態調査から、スマホの所有率が2011年の倍以上に伸びたことや、携帯電話のネット利用が見知らぬ人との出会いのきっかけとなっていることなどが分かった。(2012/12/11)

調査リポート:
世界のスマホ出荷、2014年にフィーチャーフォンを逆転――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所が、世界の携帯電話とタブレットの出荷台数予測を発表。スマホの出荷台数は2014年にフィーチャーフォンを逆転し、タブレットの出荷台数は2015年にノートPCを逆転すると予測している。(2012/12/10)

調査リポート:
シニア層のスマホ購入、きっかけは「使ってみたい機能やアプリがあったから」――MMD研究所調べ
MMD研究所の調査で、シニアのスマホ所有率が16.8%に達したことが分かった。所有するきっかけで最多だったのは「使ってみたい機能やアプリがあったから」。気になるスマホブランドは「iPhone」が45%でトップだった。(2012/12/7)

調査リポート:
英Juniper、モバイルNFC取引高を大幅下方修正――iPhone 5のNFC搭載見送りで
当初、2017年のモバイルNFC取引高を1800億ドルとしていたが、最新の報告書で1100億ドルに下方修正した。(2012/12/6)

調査リポート:
小型の低価格モデルが市場を牽引――IDC、タブレットの出荷台数予測を上方修正
米IDCは12月5日、タブレット市場の最新の動向予測を発表した。端末の小型化と低価格化でタブレット出荷台数の増加が見込まれることから、予想値を上方修正している。(2012/12/6)

調査リポート:
2012年のスマホ出荷、前年比45%増の成長に――米IDC調べ
米IDCの調査で、スマートフォンの出荷台数が急増していることが分かった。2012年は前年比45%増の7億1750万台が出荷される見込み。2016年にはWindows Phoneのシェアが1割に達するとも予測している。(2012/12/5)

調査リポート:
米携帯電話市場のメーカー別シェア、AppleがLGを抜いて2位に――comScore調べ
米comScoreが行った米携帯電話市場調査によると、8月〜10月までのメーカー別シェアでAppleがLGを抜いて2位になったという。トップはSamsungで獲得している。(2012/12/3)

調査リポート:
モバイル位置情報サービス、市場規模拡大へ――広告、マーケティングの需要で
調査会社のBerg Insightは11月28日、位置情報サービス(LBS)市場の動向予測を発表。今後は広告、マーケティング分野での活用が進むとみられ、市場規模は拡大傾向にある。(2012/11/29)

調査リポート:
中高生の4割が「ケータイデビューはスマホから」――学生への普及が加速
ネットスターの調査で、中高生へのスマートフォンの普及が加速していることが分かった。しかし安全対策は普及の速さに追いついていないようだ。(2012/11/27)

調査リポート:
急増するモバイルデータトラフィック、2018年には12倍に――Ericsson調べ
スマートデバイスの普及に伴い、世界のモバイルデータトラフィックが急増している。Ericssonの予測では、2018年には2012年の12倍に増えると予測している。(2012/11/22)

調査リポート:
語学の学習、すきま時間にスマホで――進む学習のマルチデバイス化
スマホの普及で、すきま時間を有効利用する人が増えているようだ。セレゴ・ジャパンの調査によると、語学学習にスマートデバイスを取り入れ、すきま時間で学ぶ人が増えているという。(2012/11/21)

調査リポート:
スマートデバイスの企業導入はマルチOSがトレンド――HTML5に注目集まる
米Senchaの調査によると、Windows Phone 8に対する米国企業の関心は高く、スマートデバイス導入企業のマルチOSサポートの流れを加速させる可能性があるという。それに伴い、HTML5に対する注目も高まっている。(2012/11/21)

調査リポート:
個人のスマホ所有率が4割に、利用端末はiPhoneがトップ――インターネットメディア総研調べ
インターネットメディア総合研究所の調査で、スマートフォンの所有率がほぼ4割に達したことが分かった。企業の利用率も4割に達するなど、拡大傾向が続いている。(2012/11/20)

調査リポート:
企業のタブレット導入が加速、スマホの導入比率を追い抜く――矢野経済研究所調べ
企業のタブレット導入が加速している。矢野経済研究所の調査によると、2012年の導入比率は2011年の2倍に達し、スマートフォンの導入比率を追い抜いた。(2012/11/19)

調査リポート:
ワイヤレス充電市場が立ち上がりの兆し――モバイル端末の採用が後押し
ワイヤレス充電市場が立ち上がりの兆しを見せている。モバイル分野は端末メーカーや通信キャリアが採用し始めており、医療機器や電気自動車分野でも採用の動きがあるという。(2012/11/19)

調査リポート:
モバイルクーポンの利用者、2013年は30%増の5億人規模に――SNS連携やPassbookが後押し
携帯電話でクーポンを利用するモバイルクーポンユーザーがじわじわと増えているようだ。SNSとの連携やPassbookの普及が後押ししているという。(2012/11/15)

調査リポート:
3キャリアのLTEをAndroidで比較、平均速度もつながりやすさもauに軍配――MMD研究所調べ
MMD研究所が通信大手3キャリアのLTEネットワークについて、速度とつながりやすさを比較。Android端末を使って9都市45地域でテストした結果、auに軍配が上がった。(2012/11/13)

調査リポート:
Galaxy S III、3Qの出荷台数でiPhone 4Sを追い抜く――iPhone 5は3位に
第3四半期(7〜9月)の世界スマートフォン出荷台数調査で、Samsungの「Galaxy S III」がAppleの「iPhone 4S」を抜いたことが分かった。しかし、このトップの座は短命に終わりそうだ。(2012/11/9)

調査リポート:
モバイルアプリ市場、2017年には350億ドル規模に――ビジネスモデルに変化も
調査会社のStrategy Analyticsが、モバイルアプリの市場動向に関する調査リポートを発表。2009年には10億ドル規模だったこの市場は、2017年には約8倍にあたる350億ドル規模に拡大するという。(2012/11/9)

調査リポート:
7インチ登場でタブレット人気高まる――ジャストシステム調べ
ジャストシステムの調査で、一般消費者のタブレット人気が高まっていることが分かった。このところ相次いで登場した7インチ端末の中で最も人気が高いのは「iPad mini」だった。(2012/11/9)

調査リポート:
業務で使う端末、フィーチャーフォンからスマホへの切り替え意向は3割に
法人スマホの支給率は6.8%、フィーチャーフォンからの切り替え意向は32%――。MMD研究所の調査から、業務端末の現状が明らかになった。(2012/11/8)

調査リポート:
進む企業のタブレット導入、今後4年で3倍に
コンシューマー市場から火がついたスマートデバイスは、今後法人市場で普及が加速するようだ。Gartnerの調査によると、企業が業務用途で購入する端末は、今後4年で3倍に増加するという。(2012/11/7)

病院・診療所のクラウドサービス導入意向調査リポート
【市場動向】医療クラウドの導入意欲とサービスのギャップ
シード・プランニングは2012年3月、医療機関のクラウド活用に関するアンケート/ヒアリング調査を実施した。本稿では、調査担当者が現場の医師に聞いた、医療クラウドへの評価や導入意欲を紹介する。(2012/11/6)

調査リポート:
Web閲覧に使うデバイス、スマホやタブレットが1割に――NetApplications調べ
スマートフォンやタブレットの普及に伴って、Webの閲覧にモバイル端末を利用するユーザーが増えている。Webブラウジングに使われる端末のうち、モバイル端末の占める比率が初めて1割に達した。(2012/11/5)

調査リポート:
米国、欧州で「次もiPhoneを買う」ユーザーが減少――Strategy Analytics調べ
ブランドロイヤリティの高さで他を圧倒しているAppleだが、Strategy Analyticsが行った調査では、米国と欧州のiPhoneユーザーのうち「次もiPhoneを買う」と回答する人が、減っていることが分かった。(2012/10/31)

調査リポート:
個人向けケータイサービスの顧客満足度、auがトップに――J.D. パワー調査
J.D. パワー アジアが実施した個人向けケータイサービスの顧客満足度調査(2012年)で、auがトップを獲得した。2009年以来、3年ぶりに首位に返り咲いた。(2012/10/30)

調査リポート:
Samsungが王座を固め、Nokiaはトップ5圏外へ――スマートフォンのメーカー別シェア
IDC、Juniper Researchが、世界の携帯メーカー別出荷台数シェアを発表。Appleに倍以上の差をつけたSamsungがトップの座を守り、Nokiaはトップ5圏外に転落した。(2012/10/29)

調査リポート:
約5割が“iPad miniを買う”、iPadは“新モデルのリリース早すぎ”という声も
米Toluna QuickSurveysが行った調査によると、新登場のiPad miniは約半数が購入意向を示しており、新iPadは既存ユーザーから「新モデルのリリースが早すぎる」という憤慨の声が挙がっているという。(2012/10/26)

調査リポート:
7インチタブレット市場、iPad miniの登場で活性化――IHS iSuppliが予測
調査会社IHS iSuppliが、「iPad mini」の登場で7インチタブレットの市場が活性化すると予測。出荷台数は2年連続で倍増するとみる。(2012/10/24)

調査リポート:
増えるスマホ狙いの窃盗、ユーザーの安全対策は不十分なまま――英Sophos調べ
海外でスマートフォンやタブレット端末を狙った窃盗が急増している。しかしながら、約半数のユーザーがリモートワイプ/ロックなどの安全対策を講じていないという。(2012/10/22)

調査リポート:
スマホユーザーの7割超が「公衆無線LANを利用していない」――ICT総研調べ
モバイルネットワークのオフロード対策として注目を集める公衆無線LANサービス。しかし、ICT総研の調査によれば、スマホユーザーの7割超が公衆無線LANサービスを利用していないという。(2012/10/22)

調査リポート:
スマートフォンのユーザー比率、4割に迫る――一般層への浸透が加速
D2Cが行った調査で、スマートフォンのユーザー比率が4割に迫る勢いであることが分かった。一般層への普及が加速しており、専業主婦の利用も増加傾向にあるという。(2012/10/18)

調査リポート:
モバイルゲームで遊ぶ理由、トップは「無料だから」――収益化を模索するゲームベンダー
遊ぶ理由は「無料だから」、アプリ内課金や有料版への切り替えに支払える額は「3ドル程度」――。ゲームベンダーは、こうしたユーザー層を相手に収益化を考えていなければならないようだ。(2012/10/15)

モバイル調査リポート:
次に買うスマホ、6割超が「iPhone」――米ティーンエイジャーの支持を集めるApple
米Piper Jaffrayの調査で、iPhoneが米ティーンエイジャーの支持を集めていることが分かった。調査対象の4割がiPhoneを利用しており、次に購入したいスマートフォンについても6割超がiPhoneと回答している。(2012/10/11)

モバイル調査リポート:
BYODの浸透で法人向けモバイルサービス市場が急成長――ABI Research調べ
ABI Researchの調査によると、企業がモバイルサービスにかける支出が急増しているという。その背景にあるのは、個人端末を業務に利用するBYODの浸透だ。(2012/10/10)

モバイル調査リポート:
auとソフトバンクのiPhone 5、速度対決はauが優勢――MMD研究所調べ
au版とソフトバンクモバイル版のiPHone 5は、どちらがLTEにつながりやすく、速度が出るのか――。MMD研究所が9都市39スポットで調査した。(2012/10/5)

調査リポート:
Android OSのバージョン別シェア、過半数が「Android 2.3」
米GoogleがAndroidプラットフォームのバージョンに関する最新のデータを公開。未だ過半数をGingerbreadこと「Android 2.3」が占めていることが分かった。(2012/10/5)

中堅・中小企業のBI導入意向に関する調査リポート
Excel最大の課題は「パフォーマンス」 中堅・中小企業が導入したいBI製品は?
中堅・中小企業では分析やデータ活用業務でどのような課題を抱えているだろうか。導入検討中のBI製品や活用したいデータ、BI分野で注目しているテクノロジーなどの調査結果をリポートする。(2012/10/4)

調査リポート:
米モバイル加入者、半数超がスマホユーザーに――米comScore調べ
米comScoreが、6月から8月にかけての米モバイル加入者に関する調査結果を発表。スマホユーザーは過半数に達し、端末のメーカー別シェアはSamsungがトップとなった。(2012/10/3)

調査リポート:
iPhone 5とGalaxy S III、電力コストが低いのは――米OPowerが調査
米OPowerがiPhone 5とGalaxy S IIIの電力コストを調査。僅差でiPhone 5に軍配が上がった。(2012/10/2)

調査リポート:
モバイル市場の成長をタブレットが牽引、マルチデバイス時代へ――米IDC調べ
スマートデバイス市場は今後、タブレットの成長が牽引して2016年まで年平均成長率14%で増加する――。米IDCが、モバイル市場の予測リポートを発表した。(2012/10/1)

「タブレット端末・スマートフォンの業務活用」調査リポート
【市場調査】現場の医師に聞いた、タブレット端末の業務活用メリット、デメリット
医療現場でのiPadやAndroid搭載端末といったタブレット活用が急速に進んでいる。その普及は今後どれくらい見込まれるのか? シード・プランニングが医師に実施したアンケート調査の結果を踏まえて考察する。(2012/9/28)

調査リポート:
iOS 6、iOS史上初のユーザー満足度減少へ――米調査で
米On Deviceの調査で、iOS 6の満足度がiOS史上初めて減少したことが分かった。Google Mapsに比べて精度が低い独自の地図アプリが足を引っ張ったとみられる。(2012/9/27)

調査リポート:
企業のiPhone導入、キャリア選びはauに軍配――ICT総研調べ
ICT総研が、企業のiPhone 5の導入意向に関する調査結果を発表。auとソフトバンクモバイルのどちらを選ぶかについては、僅差でauに軍配が上がった。(2012/9/26)

調査リポート:
スマホを狙うマルウェアが急増、1年で23倍に――ABI Research
スマートフォンの普及に伴い、それを狙うマルウェアも急増している。その数は、この1年で765件から1万7439件に増加。モバイル向けセキュリティアプリ市場も急拡大している。(2012/9/26)

調査リポート:
モバイル広告収入、コンテンツ利用に追いつかず――オンライン出版協会調べ
モバイルコンテンツの利用が増える一方で、広告収入はそれに追いついていない――。オンライン出版協会の調査から、こんな現状が明らかになった。広告代理店の取り組みや広告の仕組みに課題があるという。(2012/9/25)

調査リポート:
スマホの通信料が生活費を圧迫、2割が「食費より高い」――米調査で
日々の生活を便利にするスマホだが、使い続けるとそれなりのコストがかかる。米クーポンサイトの調査によると、3割超が公共料金より高いとし、2割が食費より高いと回答している。(2012/9/24)

調査リポート:
米IDC、タブレット出荷予測を上方修正――新製品ラッシュと需要の高まりを受け
調査会社の米IDCがタブレット市場の動向予測を上方修正。さらなるニーズの高まりを受け、予想出荷台数を約1000万台上乗せした。(2012/9/24)

調査リポート:
欧州スマホユーザーのQRコード利用が倍増
日本ではおなじみのQRコードが欧州でも普及し始めているという。(2012/9/21)

調査リポート:
モバイル検索広告市場、タブレットの普及で急成長――2017年には3倍に
モバイル検索広告市場は2017年に120億ドル規模に――。英Juniper Researchが、こんな調査結果を発表した。タブレット端末の普及が広告の成長を後押しするという。(2012/9/20)

調査リポート:
携帯電話のベンダー別シェア、シャープがトップ5圏外に――第2四半期の国内携帯出荷
第2四半期の携帯電話市場に異変が起こった。スマートフォンのベンダー別シェアでトップ3の常連だったシャープが圏外に転落。出荷台数はチップセットの供給不足などから4四半期ぶりにマイナス成長となった。(2012/9/12)

スマートデバイスに関する読者調査リポート
読者の業務利用率トップはiPhone? それともiPad?
iPhoneやiPad、Andorid端末などのスマートデバイスは、企業でどう利用されているのだろうか。導入数トップの端末は。読者調査を基に、スマートデバイスの利用実態を探る。(2012/9/12)

調査リポート:
NFC搭載端末、2012年度の出荷台数は3000万台超に――海外端末が後押し
2012年度のNFC搭載端末の出荷台数が3000万台を超える見込みであることが分かった。TypeA、TypeB規格に対応する海外端末が後押しするとみられる。(2012/9/6)

無線ネットワークに関する読者調査リポート
読者が直面した無線LAN障害、その最大の原因とは?
IEEE 802.11n準拠の無線LAN製品を導入済みなのは4割未満。障害監視や性能確保、セキュリティ対策が主な課題――。読者調査を基に、無線ネットワークの利用実態を探る。(2012/9/4)

調査リポート:
「法人向けケータイ」の満足度調査、ドコモが4年連続でトップ
J.D.パワーが国内法人向け携帯電話・PHSサービスの顧客満足度調査を発表。ドコモが4年連続でトップとなった。(2012/8/30)

調査リポート:
必要性がない、料金が高い――シニアの4割が「スマホ購入したくない」
MMD研究所の調査によると、シニア層の4割超が「スマホを購入したくない」と回答しているという。「必要性がない」「端末料金が高い」「月額量が高い」というのがその理由だ。(2012/8/29)

調査リポート:
日本のケータイユーザー、いまだ7割超がフィーチャーフォンを利用――コムスコア調べ
コムスコアの調査で、日本のケータイユーザーの4人に1人がスマホ利用者になっていることが分かった。スマホユーザーは増加しているが、依然、約77%がフィーチャーフォンを使っていることになる。(2012/8/21)

企業のストレージ利用状況に関する調査リポート
87.7%がデータの増加を実感 読者調査が示すストレージ利用状況
TechTargetジャパンでは2012年7、8月に企業のストレージ利用状況を調査した。データ増加や処理性能といった課題やビッグデータ活用への関心度などが分かった。(2012/8/17)

「在宅医療・介護支援ソリューション」市場調査リポート
在宅医療ICT市場、介護との融合サービスが規模拡大をけん引
政府・民主党が掲げる2020年までの成長戦略「日本再生戦略」。重点分野に掲げられた医療・介護分野は今後どうなるのか? 近年注目されている在宅医療におけるICT市場の動向を考察する。(2012/7/31)

調査リポート:
業務用スマートデバイスのセキュリティ対策、その実態は
スマートフォンやタブレット端末の業務活用が増える中、企業の管理者はスマートデバイスのセキュリティについてどんな意識を持っており、どのような対策を施しているのか。ネットスターが調査結果を発表した。(2012/7/4)

調査リポート:
スマホもタブレットもアップルが首位に――2012年第1四半期の国内スマートデバイス出荷で
スマホとタブレットの国内出荷台数でアップルが首位に――。IDC Japanが行った2012年第1四半期の国内スマートデバイス出荷調査で、こんな結果が明らかになった。(2012/7/4)

調査リポート:
端末出荷台数で富士通が初のトップに、スマホ比率は6割超え――2012年第1四半期
2012年第1四半期(1〜3月)の国内携帯出荷台数のシェアは、富士通がトップを獲得。過去5年で同社がトップに立つのは初だという。同四半期のスマホ比率は6割を超えた。(2012/6/27)

調査リポート:
スマートデバイスの出荷台数、2015年度に4000万台突破――ICT総研調べ
ICT総研が、スマートフォンとタブレット端末の出荷台数が2015年度に4000万台を突破すると予測している。(2012/6/25)

調査リポート:
ドコモ版のiPhone、iPad、25%超が「欲しい」――ICT総研調べ
ICT総研の調査によると、ドコモ版のiPhone、iPadが登場したら購入を検討するという回答が25%超にのぼったという。(2012/6/25)

PACS(医用画像システム)市場調査リポート
【市場動向】マイナス成長が見込まれるPACS市場 今後は遠隔読影などに期待
各種撮影装置の画像データを管理するPACS(医用画像管理システム)。地域医療連携や遠隔診断などでその利用シーンの広がりが予想される。市場調査を基にその現状や今後の動向予測などを紹介する。(2012/6/22)

メールセキュリティに関する読者調査リポート
標的型攻撃メールに59.2%が不安、対策は従業員教育で――読者調査で判明
メールセキュリティの導入形態はサービスへの移行が加速、標的型攻撃メールに59.2%と過半数が懸念――。読者調査を基に、メールセキュリティの実態を示す。(2012/6/20)

調査リポート:
この夏、買いたいスマートフォンのトップ3は
スマホに求めるのは「バッテリーの持ち」「画面の大きさ、見やすさ」「タッチパネルの反応のよさ」――。MMD研究所の調査でユーザーのこんなニーズが明らかになった。買いたい夏モデルのトップ3には、注目モデルと同じ端末が挙がった。(2012/6/19)

調査リポート:
スマホに替えたらよく使うようになった機能は
スマートフォンに替えたら使うようになったのは、「インターネット」「GPS」「動画」――。MMD研究所の調査で、こんなユーザー動向が見えてきた。(2012/6/13)

調査リポート:
中国のケータイユーザー、7割超がスマホを利用――D2C子会社の調査で
中国でスマートフォンが急速に普及していることが分かった。スマホユーザーは携帯利用者の7割を占め、情報収集やネットショッピングに活用しているという。(2012/5/23)

調査リポート:
端末出荷台数、2011年度は「富士通」が初の首位――スマホのみでは「Apple」
MM総研が2011年度の国内携帯電話出荷台数を発表した。総出荷台数は4274万台で、メーカー別首位は富士通が獲得。スマートフォンは総出荷の56%を占める2417万台で、スマホ部門では米Appleが1位だった。(2012/5/10)

プライベートクラウドに関する導入・意識調査リポート
持たざるプライベートクラウドへの関心高まる
TechTargetジャパンでは、プライベートクラウドを“所有型”と“ホスティング型”の2パターンに分け、導入意向や懸念する点などを聞いた。本稿では、読者がプライベートクラウドに抱く期待に迫る。(2012/5/10)

電子カルテ市場調査リポート(診療所編)
診療所向け電子カルテ市場、2016年には139億円規模まで拡大
診療所の電子カルテの普及率は約2割だが、新規開業では9割も導入される傾向にある。電子カルテ市場の規模予測や主要ベンダーの最新動向、東日本大震災の影響などを踏まえて、今後の診療所のIT化を占う。(2012/4/27)

「マーケティング」に関する読者アンケート調査リポート:
新たなテクノロジーを売り上げに結び付けられるか?――マーケティング部門へのアンケート調査
アイティメディアは2012年2月8日から3月25日の期間で読者を対象に「マーケティング部門が抱える課題とツールの利用環境に関するアンケート調査」を実施した。本調査からは、マーケティング部門が抱えている現状の課題や、マーケティング活動のために導入を予定しているツールなどが明らかとなった。(2012/4/23)

調査リポート:
女子中高生にもiPhoneブーム、買い替えで6割が選択――ふみコミュ!調べ
買い換えで6割がiPhone、3割超がAndroidを選択――。ふみコミュ!の調査で、女子中高生の機種変更の実態が明らかになった。(2012/4/20)

調査リポート:
スマホユーザーの女性比率、4割に迫る――D2C調査
D2Cが行った調査で、スマートフォンユーザーの女性比率が4割近くに達したことが分かった。20代女性のユーザーが大幅に増加したため。(2012/4/18)

2012年度IT投資動向についての読者調査リポート
「仮想化」「タブレット」――読者調査で探るIT投資“次の本命”
ユーザー企業のIT投資についてその金額や増減、投資先を読者調査で聞いた。ユーザー部門の効率化を目的にタブレット端末やスマートフォンへの投資を新たに検討している企業が多いようだ。(2012/4/17)

調査リポート:
シニアのネット利用、広がる――都市部の60代は7割超に
電通総研の調査で、ネットを活用するシニア層が増えていることが分かった。都市部では60代の7割超がネットを活用しており、70代も2割超に達した。(2012/4/10)

調査リポート:
満足度の高いLTEスマホ、LGの「Optimus LTE L-01D」がトップに
日経BPコンサルティングが行ったLTE対応スマートフォンの満足度調査で、韓LGの「Optimus LTE L-01D」がトップを獲得。高解像度のHDディスプレイが決め手になった。(2012/4/5)

電子カルテ市場調査リポート(病院編)
病院向け電子カルテ市場、2016年に1137億円規模 中規模病院の伸びに期待
病院のIT投資は2010年以降、地域医療再生基金や診療報酬のプラス改定などで復調傾向にある。特にIT化の要となる電子カルテの今後の動向について、市場予測を踏まえて考察する。(2012/3/30)

調査リポート:
全国で最速のモバイル高速通信、UQ WiMAXに軍配――MMD研究所の調査で
MMD研究所が、携帯4キャリアのモバイル高速通信の速度調査を全国8都市で実施。実行速度はUQ WiMAXとSoftBank 4Gが拮抗したが、全国で安定した高速通信が可能だったUQ WiMAXに軍配が上がった。(2012/3/29)

調査リポート:
急成長するスマホアプリ市場、2012年は140億円規模に
矢野経済研究所の調査で、スマートフォン向け有料アプリの市場規模が急拡大していることが分かった。2012年には前年比170%の139.9億円規模に達すると見込みだという。(2012/3/27)

SMB企業のストレージ環境に関する調査リポート
84.1%がデータの増加を実感 読者調査が示すSMBのストレージ利用状況
2012年2、3月に実施した会員調査によって、SMB企業のストレージ利用実態が分かった。データ増加に対する拡張性やバックアップ処理時間などの課題が浮き彫りになった。(2012/3/19)

情報漏えい対策(出口対策・暗号化)に関する読者調査リポート
サイバー攻撃よりもうっかりミスに危機感? 読者調査が示す情報漏えい対策の現状
外部メディアの利用制限や暗号化が高い導入率、メール誤送信など従業員の不注意を強く懸念――。2012年2月に実施した読者調査からは、情報漏えい対策の実態が見えてくる。(2012/3/16)

調査リポート:
国内携帯シェア、Appleが初の首位――2011年第4四半期
IDC Japanが国内携帯電話の2011年第4四半期(10〜12月)、および2011年通年の出荷台数を発表した。10〜12月は、iPhone 4Sが好調だったAppleが初のシェア1位を獲得した。(2012/3/8)

調査リポート:
下り速度はSoftBank 4Gが「圧倒的」――ICT総研、4社高速データ通信の速度を調査
ICT総研が各社の次世代高速通信サービスの速度調査結果を発表。Xi、UQ WiMAX、SoftBank 4G、EMOBILE G4をそれぞれ調査したところ、SoftBank 4Gが下り平均速度で他を大きく引き離した。(2012/3/7)

調査リポート:
スマホ向け無料通話アプリ、6割超が「音声品質に不満」
無料で手軽に通話やメッセージのやりとりができることから人気を博している、スマホ向け通話アプリ。便利な半面、通話品質やプライバシー面には不満という声も挙がっている。(2012/3/6)

調査リポート:
アプリ利用者の財布に余裕あり?――ネットマイルが「スマホアプリの利用実態」を調査
ネットマイルがスマートフォンアプリの利用実態調査を実施。アプリに月500円以上支払っているユーザーは5%に満たない一方で、2割以上は月に500円以上“支払ってもいい”と考えていることが分かった。(2012/3/1)

調査リポート:
スマホユーザーの6割弱、グループチャットアプリを登録――MMD研究所調べ
MMD研究所がスマートフォンユーザーのグループチャットアプリの利用実態を調査。登録率や利用頻度、人気のサービス、利点や不満などをたずね、その結果を公開している。(2012/2/21)

クラウドインフラの導入に関するアンケート調査リポート
パブリッククラウド調査結果、セキュリティが不安な一方で3割は導入に前向き
TechTargetジャパンでは、クラウド(パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウド)インフラの導入状況や課題、サービス事業者選びで重視するポイントなどを聞いた。(2012/2/22)

「ビデオ会議/Web会議」に関する調査リポート
読者調査で分かった 「ビデオ会議/Web会議」に対する事業継続への期待
出張コストの削減や業務の効率化、災害対策、在宅勤務などを実現するコミュニケーションツールとして注目されている「ビデオ会議/Web会議」。実際、その普及状況はどうなっているのだろうか?(2012/2/15)

調査リポート:
固定とモバイルのセット割、そのニーズは? サーベイリサーチセンターが調査
サーベイリサーチセンターが、スマートフォン所有者がいる家庭での通信費に関する意識調査を実施。その中で、利用者が望む通信費削減施策についても調査している。(2012/2/13)

調査リポート:
日本企業の7割がモバイル端末から企業ネットワークへのアクセスを許可 チェック・ポイント調べ
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、世界5カ国のIT管理者を対象に、モバイル端末の運用などに関する調査結果を発表。(2012/2/8)

調査リポート:
MMD研究所、スマホユーザーのブランド認知やアプリ利用実態などを調査
MMD研究所がスマホユーザーを対象にしたアンケート調査を実施した。人気の端末ブランドやアプリの利用実態などの調査結果が公開されている。(2012/2/1)

「大規模データ(ビッグデータ)活用」に関する調査リポート
企業のデータ活用動向、まずは基幹システムと顧客情報から
Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアデータや各種センサーデータといった「ビッグデータ」の活用が注目されているが、実際のところ企業のデータ活用の現状はどうか。調査結果をリポートする。(2012/1/31)

調査リポート:
法人向けスマートデバイス関連市場、2016年度に1兆円突破――富士キメラ総研
スマートデバイスの大量一括導入時に、初期設定やセキュリティ設定などを代行するサービスの需要が高まっており、運用・保守、アプリケーションサービス市場が大きな伸びを見せると予想される。(2012/1/13)

調査リポート:
有料アプリの平均インストール数、iOSとAndroidで大差――「AskSmartly」調べ
フィルモア・アドバイザリーがiOS/Android端末ユーザーのアプリ利用実態を調査。iOSユーザーが平均10.1個の有料アプリをインストールしていた一方、Androidユーザーは平均0.9個にとどまった。(2012/1/11)

標的型攻撃対策に関する読者調査リポート
標的型攻撃に72.9%が危機感、出口対策に高い関心
特定の企業を狙い撃ちにした標的型攻撃が次々と明るみに出た2011年。同年12月に実施した読者調査から、標的型攻撃対策の実態や課題を探る。(2012/1/10)

調査リポート:
広がる通信モジュール需要、2020年度の契約数は2010年度の約10倍に
デジタルフォトフレームやテレマティクス、ホームヘルスケア、見守り、セキュリティなどの分野で採用が進み、市場は拡大基調にある。シード・プランニング調べ。(2012/1/5)

モバイル調査リポート:
スマホ市場順調拡大、タブレット市場は「供給過多」問題も――IDC Japan調べ
IDC Japanが7〜9月の国内モバイルデバイス市場動向を発表。スマートフォン出荷台数は前年同期比243%増と順調に拡大。タブレット端末市場は拡大するもiPad2以外のヒットがなく、供給過多による在庫問題の懸念があるとしている。(2011/12/27)

調査リポート:
2011年の世界のスマホ出荷、71.2%増の4億7465万台の見通し――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所が「携帯電話世界市場に関する調査結果 2011」を発表。2011年のスマートフォンの出荷台数は前年比71.2%増の4億7465万台と予測している。(2011/12/26)

調査リポート:
企業向けモバイルサービスの顧客満足度、ドコモがトップに――日経BPコンサル調べ
企業向けモバイルサービスの顧客満足度で、NTTドコモがトップを獲得。音声端末、データ端末、企業イメージの3分野でトップに立った。(2011/12/22)

電子帳票システムに関する読者調査リポート
66%が電子帳票システムを導入 調査結果で判明した次の課題
2011年11月に実施した読者調査では企業で利用される電子帳票システムの実態が明らかになった。期待する効果と不満点から電子帳票システムが克服すべき次の課題を探る。(2011/12/22)

調査リポート:
女性、大学生のユーザー比率が上昇――すそ野広がる2011年のスマホ市場
D2Cが1年を通じて行った調査から、スマートフォンユーザーのすそ野が広がっていることが分かった。年初に比べて女性や学生のユーザー比率が上昇している。(2011/12/21)

調査リポート:
プリインアプリ、「便利」が9割 不満点1位は「削除できない」――MMD研究所調べ
MMD研究所がスマートフォンユーザーにプリインストールアプリに関する調査を実施。約9割がプリインストールアプリは便利と回答した。(2011/12/20)

調査リポート:
“友人のチェックイン”をきっかけにした訪問、その割合は? IMJモバイル調べ
IMJモバイルの調査によると、Facebook、mixi、Foursquareで友人のチェックインを目にしたユーザーの約7割が、チェックイン場所を訪問した経験があるという。さらに、そのうちの約4割が、自らもその場所にチェックインしている。(2011/12/15)

調査リポート:
企業の14.6%がスマートフォンを導入済み IDC Japan調べ
IDC Japanの調査によると、国内企業の14.6%がすでにスマートフォンを導入しており、31.2%が導入に前向きな姿勢をみせている。(2011/12/14)

調査リポート:
未成年者の携帯利用意識、デジタルアーツが調査
未成年者のスマートフォンの所有率や携帯利用に関する家庭のルールなどをデジタルアーツが調査した。(2011/12/8)

調査リポート:
スマホのセキュリティ対策をしない理由、“何をしたらいいか分からない”が4割に
ネットマイルが行ったスマートフォンのセキュリティ対策に関する調査で、約6割が具体的な対策を講じていないことが分かった。その理由のトップは“何をしたらいいか分からない”で、4割超に達している。(2011/12/8)

「スマートデバイスでのアプリ利用」に関する調査リポート
企業が考えるスマートデバイス導入効果と使いたいアプリは?
実際のところ、ユーザー企業はスマートデバイス導入のメリットをどのように考えているのだろうか。企業が考える導入効果と、スマートデバイスで利用中、今後利用したいアプリケーションを聞いた。(2011/12/7)

調査リポート:
中小企業のIT化、スマホやクラウドに注目集まる――矢野経済研究所調べ
中小企業からのスマホソリューションの需要、8割弱のベンダーが“ある”と回答――。矢野経済研究所の調査で、中小企業もスマホ活用に注目していることが分かった。(2011/12/2)

調査リポート:
スマホで“高速通信のサクサク感”を実感できるキャリアは――MM総研調べ
au版とソフトバンク版のiPhoneはどっちが速い? LTEタブレットとWiMAXのスマホは? MM総研がスマホやタブレットを使った通信速度の計測結果を発表した。(2011/11/30)

企業ネットワークの運用・管理に関する調査リポート
60.9%が無線環境を構築 読者調査が示す企業ネットワークの今
2011年10、11月に実施した会員調査によって、企業ネットワークにおける無線環境やモバイル端末の導入状況、運用担当者が抱えている課題などが明らかになった。(2011/11/30)

調査リポート:
タブレット端末で読みたいもの、iPadとそれ以外で傾向に違い――MMD研究所調べ
MMD研究所がタブレット端末に関するユーザー調査を実施。iPadユーザーとそれ以外のタブレット端末ユーザーを比較すると、求めるコンテンツに傾向の違い出た。このほか、端末の所有率や満足度なども調査している。(2011/11/25)

調査リポート:
スマホ時代、顧客満足度を左右するのは“店頭説明力”――J.D. パワー調査で明らかに
個人ユーザーを対象とする携帯電話サービスの顧客満足度調査でドコモがトップを獲得。スマホ時代には、店頭説明力が満足度を左右するようだ。(2011/11/24)

調査リポート:
auとソフトバンクの「iPhone 4S」満足度比較、矢野経済研究所が実施
auとソフトバンクの「iPhone 4S」のユーザー満足度調査を矢野経済研究所が実施。ネットワークに関してはauの満足度が高かったが、それ以外ではソフトバンクの満足度が上回った。(2011/11/17)

調査リポート:
国内企業のAndroid導入が加速 スマホではシェア1位に――GfK Japan調べ
GfK Japanが国内企業のスマートフォン、タブレット端末の導入動向を調査した。前回調査よりも導入を前向きに考える企業が増えたほか、Android端末を導入する企業が増加する結果に。(2011/11/16)

デスクトップ仮想化(VDI)導入に関するアンケート調査リポート
約3割が導入に前向き、デスクトップ仮想化(VDI)が選ばれる理由
TechTargetジャパンでは、デスクトップ仮想化(VDI)に関する会員アンケートを実施、導入済みを含めて約3割が導入に前向きであると分かった。ユーザーがVDIに期待することとは何だろうか。(2011/11/9)

調査リポート:
国内タブレット市場、Androidも着々増加――GfKが量販店の販売動向を発表
GfK Japanが国内家電量販店におけるタブレット端末の販売動向を発表。iPadが支配的だった同市場だが、2011年度に入ってAndroid端末の割合も増加している。(2011/11/7)

調査リポート:
企業のスマホ配布率は16%、準備・検討中も合わせると35%に――MM総研調べ
MM総研が企業の携帯端末の配布意向を調査。調査に参加した企業の16%がスマートフォンを社員に配布しており、準備・検討中も合わせると35%になるなどの結果が出た。一方、導入の阻害要因としてはセキュリティ不安やコストの面が大きいことも分かった。(2011/11/2)

調査リポート:
スマートデバイス、医師にも普及――医師ならではの使い方も
情報収集やコミュニケーションにスマートデバイスを活用する医師が増えている。一方で、院内の通信環境整備などの課題も浮かび上がっている。(2011/10/28)

調査リポート:
2011年度上期のスマホ出荷、1000万台突破――Androidが8割に
2011年度上期のスマートフォンの出荷台数が1000万台を突破した。Androidは8割にあたる799万台が出荷され、188万台のiOS端末を大きく上回った。(2011/10/27)

調査リポート:
気になるスマホのスペック、フィーチャーフォンユーザーは“通信速度より防水重視”
スマートフォンユーザーは速度、フィーチャーフォンユーザーは防水重視――。MMD研究所の調査から、こんな傾向が見えてきた。(2011/10/26)

調査リポート:
国内IT市場の拡大、スマートフォンがけん引――IDC Japan
2011年の国内IT市場は震災などの影響で前年比マイナス成長となったが、2012年にはプラス成長に転じる見込み。市場をけん引するのはスマートフォンだ。(2011/10/26)

調査リポート:
昼と夜で各社スマホの「つながりやすさ」に差 ICT総研が通信状況を調査
昼間のYouTubeの接続成功率はキャリアごとの差が少ない一方、夜はドコモとKDDIが強い――。ICT総研が行ったスマートフォンの電波状況調査では、各地の通信速度計測に加え、一部エリアでYouTubeの「つながりやすさ」を調べ、実際の使い勝手を検証している。(2011/10/24)

調査リポート:
スマホユーザー、自キャリアの「電波」満足度は?――MMD研究所が調査
MMD研究所が、スマートフォンの満足度を「電波」「デザイン」「カメラ」の3点で調査。ソフトバンクの電波満足度が低かった一方、デザインでは同社が高い満足度を得ている。(2011/10/21)

調査リポート:
MM総研、タブレット端末の個人利用実態を調査 「重さ」に不満集中
MM総研がタブレット端末の個人利用実態や満足度などを調査。屋内での利用が主流で、重さが不満点といったユーザー像が浮かび上がっている。(2011/10/20)

調査リポート:
auとソフトバンク、どっちのiPhoneを選ぶ?――MMD研究所が購入意欲を調査
2キャリアから発売された「iPhone 4S」に対して、各キャリアのユーザーはどの程度の購入意欲を持っているのか――MMD研究所が調査結果を発表した。(2011/10/17)

調査リポート:
スマホアクセサリ市場、2年で10倍以上に拡大——BCN調べ
スマートフォンアクセサリ市場はこの2年で販売数量が10.8倍、金額指数は7.7倍に拡大――BCNが全国主要家電量販店の実売データを集計し、発表した。(2011/10/14)

調査リポート:
国内モバイルセキュリティの市場規模、2015年には4倍に――IDC Japan調べ
IDC Japanが国内のモバイルセキュリティ市場に関する調査結果を発表。2010年の市場は23億円規模で、2015年にはその約4倍にあたる93億円規模に拡大すると予測する。(2011/10/4)

調査リポート:
18〜19歳のスマホ所有率が急増、30代を上回る――NTTナビスペース調べ
NTTナビスペースの調査から、18〜19歳のスマホ所有率が急増していることが分かった。4月には30代の所有率を上回り、2位につけている。(2011/10/4)

調査リポート:
モバイル位置情報サービスは「2012〜13年に大幅な成長」――シード・プランニングが予測
2010年に推定430億円だったモバイル位置情報サービス市場が、2015年には3.4倍の1470億円に達すると調査会社のシード・プランニングが予測した。準天頂衛星やスマートフォンが成長を後押しすると同社はみている。(2011/9/28)

調査リポート:
4〜6月の携帯電話市場、出荷の半数近くがスマホに 一方で震災の影響も
IDC Japanが2011年4〜6月の国内携帯電話市場規模を発表。震災の影響もあり7四半期ぶりのマイナス成長となるが、スマートフォンの出荷台数は順調に伸びた。(2011/9/28)

地域医療連携システム市場調査リポート
医療再生を支援する地域医療連携システム、2020年の市場規模は240億円
シード・プランニングが2011年7月に発表した「地域医療連携システム」に関する市場規模調査によると、2010年の市場規模は約18億円。2020年には240億円まで成長するという。(2011/9/30)

調査リポート:
スマホユーザー、サービスの利用率向上が顕著に
CIAJが行った調査から、スマートフォンユーザーはフィーチャーフォンユーザーに比べて各種サービスの利用率が高いことが分かった。(2011/9/16)

調査リポート:
企業向けケータイサービス、ドコモが顧客満足度トップに――3年連続で首位
J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した法人向けケータイサービスの顧客満足度調査で、NTTドコモが3年連続でトップを獲得。窓口の対応、品質、サービス内容の3項目で他キャリアを上回った。(2011/9/15)

調査リポート:
タブレット端末市場、2016年には2億6000万台規模に
業務用途での導入が急速に進んでいるタブレット端末。シード・プランニングの調査によると、2016年には2011年の4倍超にあたる2億6000万台規模に成長する見込みだという。(2011/9/15)

調査リポート:
スマホゲーム市場は85億円規模、2015年には30倍に――シード・プランニング調べ
スマートフォンの普及に伴い急拡大しているスマホ向けゲーム市場。シード・プランニングは、この市場が2015年には30倍に成長すると予測する。(2011/9/9)

モバイル調査リポート:
グロスマとガラスマ、満足度が高いのは
グローバル仕様の「グロスマ」(グローバルスマートフォン)と日本固有のサービスに対応する「ガラスマ」(ガラパゴススマートフォン)、満足度が高いのは……。(2011/9/8)

調査リポート:
スマートフォンの満足度、「Xperia arc」がトップに――MM総研調べ
ドコモがスマートフォンのキャリア別満足度でトップを獲得。端末の満足度ではソニエリの「Xperia arc」がトップに立った。MM総研の調査から。(2011/9/6)

調査リポート:
速度で選ぶならau?――MMD研究所が携帯3社の3G通信速度を比較
MMD研究所が、全国18カ所で携帯電話3社の3G回線の通信速度を調査した。ほとんどの地域でKDDIに軍配が上がる結果に。(2011/9/5)

「ログ管理」に関する会員調査リポート
企業のログ管理、約半数は「収集データを活用しきれない」実態が浮き彫りに
TechTargetジャパンが会員向けに行った調査では、約85%の企業がログ管理を行っているが、約半数は収集したログを活用しきれていないことが分かった。(2011/9/2)

調査リポート:
ユーザーの7割超が「スマホはなくてはならないもの」
クロス・マーケティングがスマホユーザーを対象に行った調査で、74.5%が「スマホはなくてはならないもの」と回答したことが分かった。情報収集しやすい点が高く評価され、コミュニケーションの活性化にもつながっているという。(2011/8/30)

「ERPのグループ利用」に関するアンケート調査リポート
海外グループ展開に統合ERPは必須か――読者調査結果が示す新トレンド
2011年7月に実施したERP利用についてのアンケート。調査結果からはERPのグループ利用に関する新しいトレンドが見えてくる。調査結果の概要を紹介する。(2011/8/30)

調査リポート:
米タブレット市場、シニアユーザーが急増――ニールセン調べ
ニールセンの調査で、55歳以上のタブレットユーザーが急増していることが分かった。デバイス所有者の男女比率では、女性の電子書籍リーダーの所有比率が男性を上回った。(2011/8/29)

調査リポート:
高校生のスマホ普及率は15%――リクルートが高校生のWeb利用実態を調査
リクルートが高校生のインターネット利用に関する調査結果を発表。SNSの利用率やスマートフォンの利用実態などが調べられている。(2011/8/23)

調査リポート:
シニアの7%がスマートデバイス活用、平均接触時間はPCを下回る
gooリサーチが60歳以上のモニターを対象に行った調査から、7%がスマートデバイスを利用していることが分かった。平日の平均接触時間は0.5時間で、PCの3.2時間を下回っている。(2011/8/22)

調査リポート:
Androidで最も起動されるアプリは? ミログが統計データを公開
“女性は男性より頻繁にアプリを起動”“起動回数上位の多くはGoogle系アプリ”――Androidアプリ「FriendApp」の利用者から集計したAndroidアプリの利用傾向を、ミログが公開した。(2011/8/19)

「情報共有」に関する読者アンケート調査リポート
企業の情報共有、目下の課題は「ポリシー整備」と「情報の検索・再利用」
TechTargetジャパンで実施した調査から、企業における情報共有ツールの利用状況と課題を紹介。Twitter、Facebookなどの業務利用はそれほど進んでおらず、むしろ利用を禁止している企業も多いようだ。(2011/8/19)

調査リポート:
企業アプリはサービス利用のきっかけになるか
アイシェアの調査から、企業アプリがきっかけでサービスや商品を利用したという回答が4割超にのぼっていることが分かった。(2011/8/8)

調査リポート:
UQ WiMAX、Xi、ULTRA SPEED、速いのはどれ?――MMD研究所が主要都市で速度比較
MMD研究所は、全国8都市・15地域で高速モバイルデータ通信サービスの通信速度を比較した。いずれもモバイルWi-Fiルーターで調査し、ルーターの使用感も比較している。(2011/8/4)

調査リポート:
ケータイの顧客満足度、auがトップに――日経BPコンサルティング調べ
日経BPコンサルティングの調査で、auが顧客満足度総合評価のトップを獲得した。ドコモは僅差で2位となり、ソフトバンクモバイルはスマートフォンの総合満足度で首位に立った。(2011/8/3)

調査リポート:
2011年上半期のiPad出荷台数は70万台、市場シェア85%に――ICT総研調べ
ICT総研の調査で、2011年上半期のiPadの出荷台数が70万台であることが分かった。通期の出荷台数は158万台に達すると予測している。(2011/8/3)

調査リポート:
スマホ女性ユーザーの4割、「OS分からない」
スマートフォンユーザーのすそ野が急速に広がっているようだ。女性スマートフォンユーザーの4割がOSについて「分からない」と回答するなど、OSにこだわらない層が使い始めている。(2011/7/29)

調査リポート:
日本のスマホ市場、海外メーカーが5割超える――矢野経済研究所
矢野経済研究所がスマートフォン市場の調査結果を発表。2010年度の国内スマートフォンの出荷台数は850万8000台で、うち429万台が海外メーカーが占めた。2011年度の出荷台数は2131万台と予測する。(2011/7/26)

メールセキュリティに関する調査リポート
情報漏えい対策の一環で考え直すメールセキュリティ
TechTargetジャパンが実施したメールセキュリティに関する調査では、多数の企業がメール経由の情報漏えいに懸念を持っていることが分かった。(2011/7/20)

調査リポート:
ケータイコンテンツ市場に転機 伸びる一方、主役に変化
モバイル・コンテンツ・フォーラムが2010年のモバイルコンテンツ/ECの市場規模調査を実施。従来型ケータイ向けコンテンツ市場は拡大傾向を維持するも、牽引役はSNSのアイテム販売などで、減少傾向にある市場も多い。(2011/7/19)

調査リポート:
モバイルソリューションの売上、前年比139%の成長
モバイルマーケティング市場の売上が、対前年比139%と成長傾向にあることが分かった。クライアント業種の内訳では、外食・各種サービスがトップを占めている。(2011/7/13)

調査リポート:
iPhoneユーザーとAndroidユーザー、利用動向の違いは――ノボット調べ
ノボットがiPhone/Androidユーザーを対象とする利用実態調査の結果を発表。EC経験や購入した商品、利用しているソーシャルメディアに違いが見られた。(2011/7/8)

調査リポート:
2014年度末、過半数がスマートフォンの契約者に――MM総研調べ
2014年度末にはスマートフォンの契約者が過半数に達し、2015年度には総出荷台数の7割超がスマートフォンに――。MM総研がスマートフォン市場の推移を、こう予測している。(2011/7/8)

調査リポート:
スマートフォン、有料アプリ購入の実態は?――MMD研究所調べ
MMD研究所が「スマートフォンアプリのダウンロードに関する実態調査」の結果を発表。スマートフォンを所有していると回答したユーザーの、最近1カ月のアプリ利用の実態を調査している。(2011/7/5)

調査リポート:
国内スマートフォンシェア、AndroidがiOS抜く 市場は1000万人規模に
米調査会社コムスコアの日本法人が日本のスマートフォン市場の調査結果を発表。OSシェアではAndroidがiOSを抜き、スマートフォン全体のユーザー数は1000万人規模との見方を示した。(2011/7/1)

調査リポート:
震災後のキャリア変更、auとソフトバンクユーザーの約2割が検討
ICT総研の調査から、auとソフトバンクユーザーの約2割が震災後にキャリア替えを検討したことが分かった。(2011/7/1)

調査リポート:
iPadの活用で授業の理解度が向上――デジタルハリウッド、iPadの教育効果を検証
デジタルハリウッドがiPadを活用した教育効果の検証結果を発表。授業にiPadを利用したクラスは予習時間が2倍になり、理解度も大きく向上したという。(2011/6/30)

調査リポート:
スマートフォン購入の女性、9割がアクセサリーも購入
アイシェアが、女性のスマートフォン選びに関する調査結果を発表。端末購入者の9割が一緒に保護フィルムや本体カバーなどのアクセサリーを購入しているという。(2011/6/29)

調査リポート:
インターネットに使う端末、スマートフォンが急増
インターネットメディア総研の調査で、スマートフォンをインターネット用端末として使う人が急増していることが分かった。昨年の3.6%から14.0%に急拡大している。(2011/6/29)

「企業のスマートデバイス利用」に関するアンケート調査リポート
44.6%の企業はスマートデバイス導入も、「端末の紛失・盗難」に不安
2011年6月に実施した調査から、TechTargetジャパン会員のスマートデバイス利用状況を紹介する。(2011/6/29)

サーバ仮想化運用管理に関する調査リポート
読者に聞いた、仮想化の統合運用管理ツールの魅力と懸念
コスト削減では一定の効果が認められている仮想化技術だが、運用管理にはまだ課題が多い。今回TechTargetジャパンでは、統合運用管理ツールに関するユーザーの意識調査をすべく、コンセプトテストを実施した。(2011/6/28)

医療分野におけるクラウド市場調査リポート
なぜ、医療クラウド市場は急速に拡大しているのか?
シード・プランニングが2011年2月に発表した医療分野のクラウドサービス市場規模調査によると、2010年の市場規模は19億3000万円。2020年にはその100倍となる1928億円まで成長するという。急成長の要因を探ってみる。(2011/6/28)

「企業の停電対策および電源確保」に関するアンケート調査リポート
読者調査で分かった、計画停電後に企業が実施している電源対策
2011年5月に実施した会員調査によって、計画停電の範囲外でも業務継続への影響があり、多くの企業が停電・電源確保対策の見直しを進めていることなどが分かった。(2011/6/27)

調査リポート:
最高齢は98歳――60歳以上の利用者の94%が「iPadは楽しい」
インターリンクが、シルバー層向けiPad教室の様子を総括したサイトを公開。平均年齢72歳の合計204人が受講し、アンケートでは9割超が「楽しい」と回答した。(2011/6/24)

調査リポート:
スマートフォンの夏モデル、6割超が「興味アリ」
スマートフォンに関する調査で、6割が夏のモデルに興味アリと回答したことが分かった。購入時期については約3割が「今年中」と答えている。(2011/6/24)

調査リポート:
モバイルメディア、スマートフォン対応の実態は
MMD研究所がモバイルメディアのスマートフォン対応に関する実態調査の結果を発表。スマートフォン専用サイトやアプリで対応しているという回答は2割弱にとどまった。(2011/6/23)

調査リポート:
SMSのキャリア間相互接続、反対の理由は
MMD研究所が、7月からキャリア間の相互接続に対応するSMSの利用意向に関する調査結果を発表。この制度に賛成する声が圧倒的だが、迷惑メールが増えそうという理由で反対する声も。(2011/6/22)

調査リポート:
スマートフォンでアルバイト探し、不満な点は
スマートフォンを使ったバイト探しには6割が満足しているが、サイト表示の問題に起因する不満点も挙がっている。(2011/6/17)

調査リポート:
震災時に役立ったメディアは
モバイルマーケティング・ジャパンが、震災時のメディア利用に関する意識調査の結果を発表。SNSはテレビ、ラジオに次ぐ3位で、回答者の割合は5%にとどまった。(2011/6/17)

調査リポート:
タブレット端末、所有者の8割が「満足」
MMD研究所がタブレット端末に関する利用実態調査の結果を発表。所有者の8割が「満足している」と回答しており、非所有者も6割が「興味がある」と回答している。(2011/6/10)

調査リポート:
アップル、国内ベンダー別シェアで3位に OS別出荷台数はAndroidがリード――IDC調べ
第1四半期のベンダー別出荷台数で、アップルが3位に食い込んだ。出荷台数は、AndroidがiPhoneの約3倍に達している。(2011/6/9)

調査リポート:
iPhoneユーザー、アプリの利用実態は
アスキー総合研究所がiPhone利用者の実態調査の結果を発表。無料アプリの平均インストール数は月4.1点で、継続して使っているアプリは28.7点となった。(2011/6/7)

企業のITリスク管理に関するアンケート調査リポート
リスク管理に取り組む企業がツール選択でつまずくポイント
東日本大震災後に行った「企業のITリスク管理」に関する調査では、システムの可用性向上に取り組む予定の企業が多く、セキュリティ面では情報漏えいに対する不安が高いことが分かった。(2011/6/7)

調査リポート:
東日本エリアで最速のスマートフォンは
ICT総研が東日本エリアで、通信キャリア各社のスマートフォンとデータ通信端末の通信速度を測定。スマートフォンはauのHTC EVO WiMAXがトップとなった。(2011/6/6)

調査リポート:
2011年、スマートフォンの法人契約は前年比で倍に――IDC Japanが予測
IDC Japanの調査から、スマートフォンやモバイルPCの導入が加速する傾向にあることが分かった。震災を契機にビジネスモビリティの重要性を再認識する気運が高まっているという。(2011/6/2)

調査リポート:
働く女性の2人に1人が“スマートフォン志向”
トレンダーズの調査から、働く女性の2人に1人が“スマートフォン志向”であることが分かった。17%がすでに利用しており、3割超が「今後、購入する予定」と回答している。(2011/5/26)

調査リポート:
音楽はスマートフォンで――ポータブルオーディオプレーヤーからシフト傾向も
カカクコムの調査で、音楽視聴に使う機器の主流が、ポータブルオーディオプレーヤーからスマートフォンにシフトしつつあることが分かった。(2011/5/26)

調査リポート:
スマホユーザー、動画視聴時間がフィーチャーフォンユーザーの4倍に
MM総研の調査によると、スマートフォンユーザーはフィーチャーフォンユーザーに比べてWeb閲覧や動画視聴の時間が長いことが分かった。Web閲覧時間は携帯ユーザーの3倍、動画視聴時間は4倍となっている。(2011/5/20)

調査リポート:
携帯電話のメーカーシェア、海外が3割超に――2010年度の国内市場で
海外メーカー製スマートフォンが相次いで投入されたことから、2010年度は携帯電話のメーカーシェアが変動。海外メーカーのシェアが3割を超えた。(2011/5/20)

企業のBCP(事業継続計画)策定に関するアンケート調査リポート
震災後、企業のBCP(事業継続計画)はどう変わった?
BCPに関する意識調査により、半数以上の企業がBCPの策定/見直しに取り組むことが分かった。一方で、必要性は分かるが、どのリスクを優先的に対処すべきか方法が分からないといった課題も見えてきた。(2011/5/19)

調査リポート:
小中学生の携帯所持、不安な点は
ネットエイジアが小中学生の携帯所持に関する調査結果を発表。携帯を持たせることで心配な点は、「有害サイトへの関与」「迷惑メールやワンクリック詐欺」「誹謗中傷・イジメ」などが挙がっている。(2011/5/18)

調査リポート:
モバイルデータ通信の顧客満足度、NTTドコモがトップに
日経BPコンサルティングが行ったモバイルデータ通信の顧客満足度調査で、NTTドコモがトップを獲得。通信エリアに対する満足度の高さが際立っている。(2011/5/18)

調査リポート:
大学構内の電波状態、就活に影響も――説明会の予約を逃すケースも
就活に欠かせないアイテムになっている携帯電話。HRソリューションズが就活中の学生を対象に行った調査によると、大学構内の電波状態が悪いことで「説明会や面接の予約を逃した経験がある」という声が挙がっているという。(2011/5/13)

調査リポート:
2010年の国内スマートフォン出荷、Androidがトップに――iPhoneを追い抜く
MM総研が2010年度通期の携帯出荷台数に関する調査結果を発表。スマートフォンの総出荷台数は855万台で、通期のOS別出荷台数では、AndroidがiOS端末を追い抜いた。(2011/5/12)

調査リポート:
震災時の携帯性能、3キャリアの不満な点は
MMD研究所が携帯電話の満足度に関する調査結果を発表。震災時に不満に感じた点のトップは、ソフトバンクが「電波状況の悪さ」、ドコモとauが「バッテリー消耗の早さ」だった。(2011/5/11)

調査リポート:
米国のiPhoneユーザー、平均48個のアプリをダウンロード
ニールセン・カンパニーの調査によると、米国ではiPhoneユーザーが平均48個、Androidユーザーが平均35個のアプリをダウンロードしているという。(2011/5/2)

調査リポート:
スマートフォン非所有者の3割弱が「次はスマートフォンを買いたい」
ディーツー コミュニケーションズが実施したスマートフォンの普及動向調査によると、スマートフォン非所有者の3割弱が、次の買い換えでスマートフォンを購入したいと考えていることが分かった。(2011/4/28)

調査リポート:
「ネット利用、2時間以上増えた」――スマートフォンユーザーの4割超に
NHN Japanが実施した調査で、スマートフォンユーザーのネット利用時間がフィーチャーフォン時代に比べて大幅に増えていることが分かった。(2011/4/27)

調査リポート:
スマートフォンユーザーの約半数が有料アプリをダウンロード
ディーツー コミュニケーションズが実施したスマートフォンの利用実態調査から、ユーザーの8割強が3カ月以内にアプリをダウンロードしていることが分かった。うち、約半数は有料アプリをダウンロードしている。(2011/4/22)

調査リポート:
iPhoneユーザーの7割強が“次もiPhoneを選ぶ”
フィルモア・アドバイザリーの調査によると、iPhoneユーザーの76%が「次の買い替えでもiPhoneを選ぶ」と回答している。(2011/4/18)

調査リポート:
ソーシャルアプリ、“軽さ、シンプルさ”を求める傾向高まる
ドコモ・ドットコムが実施したソーシャルアプリの利用実態調査から、ユーザーがソーシャルアプリにライトでシンプルな機能を求めていることが分かった。(2011/4/13)

調査リポート:
ノボットがiPhone/Androidのユーザー調査――iPhoneの学生率が増加
ノボットがiPhoneおよびAndroidのユーザー属性調査の結果を発表した。iPhoneユーザーの学生率が、過去の調査と比較して上昇しているという。(2011/4/11)

PACS(医用画像システム)市場調査リポート
PACS市場は2011年の522億円がピーク、以降はリプレース需要へ
CRやCT、MRIなどの画像撮影装置の画像データを管理するPACS(医用画像管理システム)。シード・プランニングの市場調査を基に現状と今後の動向を予測する。(2011/4/5)

調査リポート:
スマートフォンユーザー、6割が“有料アプリはほとんどダウンロードしない”
ソフトバンク・ヒューマンキャピタルがスマートフォンユーザーを対象に行った調査によれば、6割超が“有料アプリはほとんどダウンロードしない”と回答している。(2011/4/4)

調査リポート:
世界のモバイル市場、2015年にはスマートフォンのシェアが4割強に
シード・プランニングが、世界の携帯市場動向に関する調査リポートを発表。スマートフォンのシェアが急速に拡大しており、2015年には全携帯電話の4割を占めるようになると予測する。(2011/4/1)

調査リポート:
スマホの就活利用、便利なのは「説明会の予約」「地図」「Webメール」
レジェンダ・コーポレーションが、就職活動とスマートフォンに関する調査結果を発表。調査対象の6割が就活のためにスマホを購入したといい、便利な点は「説明会・選考の予約」「地図の確認」「Webメールの活用」が挙げられた。(2011/3/24)

IP電話に関する読者アンケート調査リポート
IP電話に新たな課題? 音質・安定性を上回るユーザーの要望とは
IP電話に関する会員アンケート調査により、半数近くのユーザーが導入済み、一定のコスト削減を実現していることが分かった。しかし一方で、IP電話に対する会員の不満から、新たな課題も浮き彫りとなっている。(2011/3/16)

調査リポート:
第4四半期の携帯出荷、Android端末がiPhoneを大幅に上回る IDC Japan調べ
IDC Japanが2010年第4四半期の国内携帯電話市場の概況を発表。スマートフォンが出荷台数増に貢献し、Android端末の出荷台数がiPhoneを大きく上回った。(2011/3/15)

調査リポート:
女性の約半数が“スマートフォンを買いたい” 購入意向高まる
MMD研究所が、女性のスマートフォン利用に関する調査結果を発表。女性の購入意向が高まっており、10代から30代の45%が購入に前向きであることが分かった。(2011/3/4)

中堅・中小企業のERP導入・活用に関するアンケート調査リポート
会員調査で分かった中堅・中小企業が「ERPを導入してこなかった理由」
中堅・中小企業を対象としたERPについての会員調査からは企業のERP導入を阻む課題が浮き彫りになった。一方、ERPを既に導入している企業はERPのメリットを感じているようだ。(2011/3/4)

調査リポート:
“2台持ち”は、もう古い? “スマホのみ”が6割に
マクロミルがスマートフォンの利用動向に関する調査結果を発表。携帯電話との2台持ちが多かったスマートフォンは、キャリアメールなどの対応が進んだためか、1台をメイン端末として使うユーザーが増えている。(2011/3/2)

サーバ仮想化導入に関するアンケート調査リポート
普及期に近づくも運用管理ノウハウに課題が残るサーバ仮想化
TechTargetジャパン会員を対象に、サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関する調査を実施。試験導入を含めると6割近い回答者がサーバ仮想化を導入しているものの、運用管理では依然として課題が残る。(2011/3/1)

調査リポート:
タブレット端末の業務活用、半数超が「仕事の効率が良くなった」
仕事でiPadやタブレット端末を使っている人に、業務効率が変わったかを聞いたところ、「以前より良くなった」という回答が、「以前と変わらない」を上回った。(2011/2/28)

調査リポート:
Androidユーザー、ツール系アプリの充実に期待 メディアインタラクティブ調べ
メディアインタラクティブがAndroidアプリの利用実態調査を実施。よく使われているのはゲームやニュース系のアプリで、今後の充実が期待されるのはセキュリティなどのツール系アプリだった。(2011/2/8)

企業のモバイル端末活用とセキュリティ課題に関するアンケート調査リポート
モバイル端末用のセキュリティ製品、導入率が高いのは?
企業でのiPhoneやiPadなどのモバイル端末活用状況とそれに伴うセキュリティ課題、導入予定の製品についてTechTargetジャパン会員に聞いた。(2011/2/7)

調査リポート:
iPad、米国ユーザーの利用実態は
9割以上が毎日1回以上使っており、1日の平均利用時間は83分――。電通総研が、米国のiPadユーザーの利用実態調査の結果を発表した。(2011/2/4)

調査リポート:
韓国のスマートフォンユーザー、その利用実態は
メイン端末のブランドは? 1日の平均利用時間は? よく使う機能は? 不満な点は――。エイチ・アイ・ビジネスパートナーズが、韓国のスマートフォンユーザーの実態調査を行い、その結果を発表した。(2011/1/28)

電子カルテ市場調査リポート(診療所編)
診療所における電子カルテ導入促進の鍵は?
助成金制度によって導入促進が図られた診療所向け電子カルテ。実際の導入状況はどうなっているのだろうか? シード・プランニングの市場調査を基に、今後の動向を予測する。(2011/1/25)

調査リポート:
高速データ通信のスピード比較、WiMAXがLTEを上回る――MMD研究所調べ
MMD研究所が全国の主要都市20カ所でモバイルデータ通信のスピードテストを行った結果、ほぼすべてのスポットでWiMAXの通信速度がLTEを上回った。(2011/1/24)

調査リポート:
女性層もスマートフォンに高い関心、7割が「興味あり」
MMD研究所が、女性を対象に行ったスマートフォンに対する意識調査の結果を発表。所有率は5%超にとどまったものの関心度は高く、非所有者の7割が「興味あり」と回答した。(2011/1/20)

調査リポート:
就活生の約半数がスマートフォンを利用、端末は8割がiPhone
ダイヤモンド社の調査で、就職活動中の学生の約半数がスマートフォンを利用していることが分かった。約8割がiPhoneを使っているが、次に買いたい機種にiPhoneを挙げたユーザーは約半数にとどまり、3割がAndroid端末を挙げている。(2011/1/14)

調査リポート:
スマートフォンの契約数、2015年度末に既存携帯を逆転――MM総研
MM総研が、8月に発表したスマートフォン市場の成長予測を上方修正。出荷台数は2012年度にスマートフォンが過半数を突破すると予測し、契約数については2015年度末に既存携帯を上回るとみている。(2010/12/17)

調査リポート:
法人のモバイル活用、URLフィルタリングの利用が拡大傾向に
ネットスターが企業のインターネット管理実態調査の結果を発表。職場外に持ち出すモバイル機器のセキュリティ対策を徹底することが今後の課題だ。(2010/12/17)

調査リポート:
第3四半期の国内携帯出荷、アップルが初のトップ5入り――IDC Japan調べ
IDC Japanが2010年第3四半期の国内携帯出荷台数を発表。メーカー別シェアはシャープが18四半期連続でトップを獲得し、iPhoneが好調なアップルは5位に食い込んだ。(2010/12/14)

調査リポート:
法人のスマートフォン導入、大企業にはWindows系、中小企業にはiOSが人気
インターネットメディア総合研究所が、スマートフォンの利用動向に関する調査結果を発表。法人のスマートフォン導入で採用予定のOSはトップがWindows系となり、iOSを上回った。(2010/12/10)

調査リポート:
スマートフォンのビジネス利用、普及のカギはセキュリティ向上――IDC Japan調べ
IDC Japanの「国内ビジネスモビリティ市場ユーザー導入成功事例」によると、スマートフォンのビジネス利用は今後拡大すると予想される一方、セキュリティ脆弱性が懸念材料とされた。(2010/12/9)

調査リポート:
富裕層はスマートフォンがお好き?――「YUCASEE」で調査、半数が所有
富裕層向けプライベートクラブ「YUCASEE」の会員を対象としたスマートフォンに対する意識調査結果では、約半数がすでにスマートフォンを所有しており、まだ所有していない会員もiPhoneにかぎらず幅広い選択肢の中から機種を検討していることが分かった。(2010/12/9)

調査リポート:
教師がタブレット端末に求めるのは「生徒の理解度を可視化する機能」
eラーニング戦略研究所が、教育用途でのタブレット端末利用に関するアンケートの結果を発表。授業で使う際に必要な機能のトップには「生徒の理解度を可視化する機能」が挙がっている。(2010/12/3)

調査リポート:
大学内の電波状況、就活に影響も
HRソリューションズが、就活中の大学生を対象とした携帯電話の利用実態調査を実施。4割超が「校内の電波状況が悪くて説明会の予約を逃したことがある」と回答するなど、電波状況が就活に影響していることが分かった。(2010/11/29)

調査リポート:
モバイルソリューション導入企業、スマートフォンに高い関心――IDC Japan調べ
IDC Japanは11月25日、モバイルソリューションの導入傾向と実態に関する調査結果を発表。モバイルソリューションを導入した企業は、スマートフォンの導入にも高い関心を示す傾向があることが分かった。(2010/11/26)

クラウド利用に伴うセキュリティ意識の変化についてのアンケート調査リポート
調査から見えたクラウドの不安要素とセキュリティ強化への意欲
パブリッククラウド、プライベートクラウドそれぞれについて利用状況とそれに伴うセキュリティ意識の変化、導入予定の製品についてTechTargetジャパン会員に聞いた。(2010/11/26)

電子カルテ市場調査リポート(病院編)
中小規模病院の普及が鍵を握る“病院向け電子カルテ”導入
医療ITの導入目的が病院内のIT化だけでなく、病院・診療所間の連携を見据えた地域連携に注目が集まる中、病院の電子カルテ導入の現状はどうなっているのだろうか。市場調査を基に、今後の動向を予測する。(2010/11/25)

調査リポート:
企業サイトのスマートフォン対応、6割が「効果あり」
メタフェイズの調査によると、企業サイトをスマートフォンに対応させた企業のうち、約6割が効果を感じていることが分かった。一方、対応していない企業のうち5割は必要性を感じておらず、今後も対応しないと回答している。(2010/11/19)

調査リポート:
ドコモ、auを抜いて顧客満足度トップに――2010年のJ.D. パワー調査で
NTTドコモがJ.D. パワーの個人ユーザーを対象とした顧客満足度調査で初のトップを獲得。これまで総合トップの座を守っていたauは2位に転落した。(2010/11/19)

調査リポート:
男性は“溝やすき間”が気になる――ケータイ掃除、男女間で異なる傾向
アイシェアが携帯電話の掃除に関する意識調査の結果を発表。掃除する箇所については、男女間で異なる傾向がみられた。(2010/11/17)

調査リポート:
「端末が高い」「何ができるか分からない」――スマートフォン、主婦層への浸透はこれから
MMD研究所が、主婦のスマートフォンに対する意識調査の結果を発表。所有率は2.6%で、関心度についても「あまり興味はない」「よく分からない」が6割となるなど低いことが分かった。(2010/11/5)

BI導入に関するアンケート調査リポート
BI導入の課題は「導入効果の明確化」、中堅企業では「データ整備」も
TechTargetジャパン会員を対象に行ったBI導入に関するアンケートを基に、本稿では特に「BI導入の目的」「BI導入に関する課題」「BIで行いたいと考えている分析・管理」について、調査結果を報告したい。(2010/11/1)

ERP導入・IFRS適用に関するアンケート調査リポート
会員調査で浮かび上がるERPのコスト問題、IFRS対応への影響は
成熟市場とも言えるERPパッケージ市場。企業の関心は効率的な利用やコスト削減に向かっている。ERPの利用状況、そしてIFRSへの対応方針をTechTargetジャパン会員に聞いた。(2010/10/29)

調査リポート:
携帯会社のCM好感度、ソフトバンク「お父さん犬」がトップ――MMD研究所調べ
MMD研究所が実施したオンライン調査によると、携帯会社のCM好感度はソフトバンクの「白戸家シリーズ(お父さん犬)」がもっとも高く、キャリア別ではauが他の2キャリアに大きく水をあけられる結果となった。(2010/10/25)

調査リポート:
スマートフォンの“Flash対応”ニーズ高く――MMD研究所調べ
MMD研究所のリサーチによれば、自身が利用しているスマートフォンに欲しい機能として、6割近いユーザーがFlashへの対応を上げた。(2010/10/22)

調査リポート:
「IS03」の注目度が「iPhone 4」抜く――MMD研究所の調査で
MMD研究所が、2010年秋冬スマートフォン新機種の人気度・購買意欲調査を実施。気になる機種の第1位は「IS03」という結果になった。(2010/10/21)

調査リポート:
社用ケータイの導入、増加傾向に――料金の低価格化が後押し
MM総研が、法人の携帯電話導入に関する調査結果を発表。社用ケータイの配布は増加傾向にあり、通信料金の低価格化や割引が企業導入を後押ししている。(2010/10/15)

調査リポート:
次に買うケータイ、約半数が「スマートフォン」
サイバー・バズがスマートフォンの利用動向に関する調査結果を発表。次に購入するケータイについては、約半数が「スマートフォン」と回答した。(2010/10/14)

調査リポート:
第2四半期の国内モバイル機器市場、前年同期比23.1%増に――スマートフォンがけん引
IDC Japanが、国内モバイルデバイス市場の2010年第2四半期の実績を発表。スマートフォンやタブレット端末、モバイルWi-Fiルータが好調で、市場規模は前年同期比23.1%増の2911億円となった。(2010/9/30)

調査リポート:
法人向けケータイサービス、ドコモが顧客満足度トップに
J.D. パワー アジア・パシフィックが実施した法人向けケータイサービスの顧客満足度調査で、NTTドコモが2年連続でトップを獲得。測定要素となる「コスト」「サービス品質」「営業窓口の対応」「サービス内容」のすべてで他社を上回る評価を得た。(2010/9/24)

調査リポート:
2010年度のスマートフォン出荷台数、前年度比約2倍に――矢野経済研究所調べ
2010年度の移動体通信端末の出荷台数予測は、スマートフォンやデータ通信端末が好調なことから、前年を上回ると予想。スマートフォンの出荷台数は前年度比で約2倍となる426万5000台と予測している。(2010/9/16)

調査リポート:
3大モバイルSNSでアプリ課金率が高いのは「GREE」 MMD研究所
GREE、モバゲー、mixiの3大モバイルSNSの中では、登録率、アクティブユーザー比率、ソーシャルアプリ課金率ともにGREEに軍配――。MMD研究所がそんな調査結果を発表した。(2010/9/8)

調査リポート:
iPad、7割弱が「家で使う」――カカクコム調べ
カカクコムが、iPadの利用動向に関する調査結果を発表。iPadを利用する場所は「家にいるとき」が66.4%となり、ノートPC代わりのインターネット端末として利用するケースが多いようだ。(2010/9/3)

デスクトップ仮想化導入に関するアンケート調査リポート
まだ見えぬ「デスクトップ仮想化元年」
TechTargetジャパンでは今回、デスクトップ仮想化に関する会員アンケートを実施した。サーバ/クライアント型でデスクトップ仮想化を導入している企業は12%という結果だった。(2010/9/1)

調査リポート:
iPadアプリの利用実態は
ビルコムがPadの利用実態に関する調査結果を発表。iPadアプリを通じて商品の予約や購入を行ったとするユーザーは4割超となり、その理由には、iPadの操作性のよさや画面サイズなどが挙がっている。(2010/8/20)

ビデオ会議/Web会議に関する読者アンケート調査リポート
ビデオ会議/Web会議の製品選び、決め手は「ユーザビリティ」
TechTargetジャパンでは今回、ビデオ会議/Web会議に関する会員アンケートを実施した。双方とも5割弱のユーザーが導入済み、さらに6割近くが導入を検討している段階だという。(2010/8/20)

調査リポート:
携帯コンテンツ利用者の3割がTwitterを利用
MMD研究所がモバイルコンテンツの利用動向に関する調査結果を発表。最近1カ月間で利用したものとして、回答者の約3割がTwitterを挙げた。(2010/8/16)

調査リポート:
iPhoneの有料アプリ、3割超が「ダウンロードしない」
MMD研究所が、iPhoneアプリのダウンロード数に関する調査結果を発表。1カ月にダウンロードする有料アプリは、1〜5個という回答が最多となり、「ダウンロードしない」という回答も約3割を占めた。(2010/8/12)

調査リポート:
iPhoneではサイトとアプリ、どちらが使われてる?――IMJが利用傾向を調査
IMJモバイルがiPhoneのサイトとアプリの利用傾向を調査した。年齢によってサイトとアプリの利用割合に違いが現れたほか、コンテンツのジャンルによって両方を使い分ける傾向も見られた。(2010/8/9)

調査リポート:
iPhoneユーザー、7割超が“電波状況に不満”
MMD研究所がiPhoneユーザーを対象に実施した満足度調査の結果を発表。電波状況については7割超が“不満”と回答しており、非iPhoneユーザーが買わない理由にも挙がっている。(2010/7/23)

企業の情報漏えい対策に関するアンケート調査リポート
情報漏えいの原因は人的ミスによるものが大多数、規制は「暗号化」で
TechTargetジャパンでは、企業の情報漏えい対策に関するアンケート調査を実施。情報漏えいの実態と、各企業が行っている対策および導入製品を聞いた。(2010/7/26)

調査リポート:
iPhoneで日常的に使うサービス、トップはTwitter
オールアバウトが、iPhoneの利用実態に関する調査結果を発表。ダウンロードしたアプリのジャンルは「ゲーム」「ニュース」「天気」がトップ3となり、日常的に利用するサービスはTwitterがトップとなった。(2010/7/16)

調査リポート:
2009年のモバイルコンテンツ関連市場、1兆5000億円規模に
モバイル・コンテンツ・フォーラムが、2009年のモバイルコンテンツ関連の市場規模に関する調査結果を発表。モバイルコンテンツとモバイルコマースを合わせた市場は約1兆5000億円規模となった。(2010/7/7)

調査リポート:
教育現場でiPad活用、約7割が「興味あり」
eラーニング戦略研究所が、全国の小・中・高校教員、大学教員を対象に実施したiPadに関する調査結果を発表。教育現場への導入については約7割が導入に前向きな意向を示し、理由は「学習効率を上げるため」「授業の表現力を強化」などが挙がった。(2010/7/5)

モバイル調査リポート:
SIMロック解除で機種変更、4割超が「iPhoneに」
ネットエイジアが、SIMロック解除に関する調査結果を発表。SIMロックの賛否は、メリットとデメリットの説明後は賛成が減少。SIMロックが解除された場合、機種変更したい端末のトップに挙がったのはiPhoneだった。(2010/6/29)

調査リポート:
電子書籍、6割超が「利用したい」
楽天ブックスが電子書籍に関するインターネット調査の結果を発表。電子書籍の認知度は7割を超え、「利用したい」という回答は6割超となった。(2010/6/28)

調査リポート:
携帯電話、販売チャネル別のシェアは
シード・プランニングが携帯電話販売代理店の動向に関する調査結果を発表。販売チャネルごとのシェアは、キャリアショップが65%を占め、25%が量販店や併売/混売店、10%が直販店となっている。(2010/6/21)

調査リポート:
複数台持ちを1台にするなら「スマートフォン」――従来ケータイを上回る結果に
MMD研究所が、携帯電話の活用実態に関する調査結果を発表。複数持っている携帯を1台にする場合に選ぶ端末を聞くと、スマートフォンが僅差で従来ケータイを上回った。(2010/6/18)

調査リポート:
iPad、購入者の85%が満足――不満なのは「重さ」
MMD研究所が、iPadの購入意向と満足度に関する調査の結果を発表。購入者の85%が「満足」と回答したiPadの不満点を聞くと、「重さ」がトップに挙がった。(2010/6/17)

調査リポート:
「iPhone 4」で魅力的な機能、トップは「マルチタスキング」
ORIMOが、iPhoneユーザーを対象に実施した「iPhone 4」に関する調査の結果を発表。魅力的な機能のトップに挙がったのは「マルチタスキング」だった。(2010/6/16)

調査リポート:
首都圏のスマートフォン所有率、3割超に
MMD研究所がスマートフォンの所有率に関する調査結果を発表。首都圏を除く全国平均は12.7%となり、首都圏のみの所有率は3割を超えた。(2010/6/16)

調査リポート:
買いたいスマートフォン、「iPhone 4」がトップに
MMD研究所が、スマートフォンの購入意向に関する意識調査の結果を発表。スマートフォンの購入意向がある人に検討しているスマートフォンを尋ねると、6割がiPhone 4と回答した。(2010/6/15)

調査リポート:
スマートフォン、ビジネス市場への普及は
IDC Japanが、国内ビジネスモビリティの市場予測を発表。スマートフォン市場は2014年には約1500万人規模に拡大するとみられるが、ビジネス市場への普及は限定的になる可能性もあるという。(2010/6/3)

調査リポート:
ビジネスパーソンのiPad購入意向は
MMD研究所がビジネスパーソンのiPadの購入意向に関する調査結果を発表。約半数が購入に前向きであり、Wi-Fi版とWi-Fi+3G版のどちらを選ぶかについては両デバイスが同じ比率で並んだ。(2010/5/19)

調査リポート:
子供に持たせるケータイ、親が重視する機能は
MMD研究所が、子供に持たせる携帯電話に関する意識調査の結果を発表。子供の携帯電話で重視する機能のトップは「GPS」が最多となった。(2010/5/18)

調査リポート:
スマートフォンの魅力は「豊富なアプリ」「出先のインターネット利用」
ORIMOがスマートフォンに関する調査の結果を発表。スマートフォンの魅力は「豊富なアプリ」という回答がトップとなり、スマートフォンに求めるのは「バッテリーの耐久性」が最多となった。(2010/5/14)

調査リポート:
ケータイGPS、サービスの利用実態は
MMD研究所が、携帯電話向けGPSサービスの利用実態調査の結果を発表。GPS機能については8割強が「知っている」と回答しており、現在地の取得や付近のショップ検索、位置情報活用のゲームなどで使われていることが分かった。(2010/5/14)

調査リポート:
3キャリアのAndroid端末、注目度は――カカクコム調べ
価格.comへのアクセス動向から市場の動きを分析する「価格.comレポート」として、スマートフォンのリポートが登場。Android端末は、XperiaとX06HT(HTC Desire)に注目が集まった。(2010/5/14)

調査リポート:
国内のスマートフォン出荷、2013年には571万台規模に
矢野経済研究所が、スマートフォン市場に関する調査結果を発表。携帯電話の出荷台数が伸び悩む中で、スマートフォンの出荷は好調に推移しており、2013年には571万台規模に達する見込みだ。(2010/5/12)

調査リポート:
出先のインターネット利用、重視するのは「速度」「持ち運びやすさ」
MMD研究所が、ビジネスパーソンの外出時におけるインターネットの利用実態調査の結果を発表。出先のインターネット利用で重視する点として「速度」「持ち運びやすさ」「電波のつながりやすさ」が挙がった。(2010/5/11)

調査リポート:
携帯電話の形状、人気のトップは依然“折りたたみ型”
さまざまな形や入力方式の携帯電話が登場しているが、一番人気の座は依然、ダイヤルキー入力の折りたたみ型携帯電話が守っている。(2010/4/28)

調査リポート:
ママの3割超が“子供との遊び”にケータイ活用
MMD研究所が、子供とのコミュニケーションに関する実態調査の結果を発表。携帯電話を使って子供と遊ぶという回答は35%に達した。(2010/4/27)

調査リポート:
2009年度国内携帯出荷、シャープがシェア26.2%で5年連続1位――MM総研調べ
MM総研が4月22日、2009年度通期国内携帯電話出荷状況を調査し、その結果を発表した。総出荷台数は前年比4.0%減となる3444万台で、通期では2年連続の減少。(2010/4/23)

調査リポート:
料理に役立つケータイ機能は「防水」「画面メモ」「タイマー」
medibaとKDDIが運営する「au oneレシピ」が料理に関する意識調査の結果を発表。料理に役立つケータイの機能を聞くと、男性は「防水機能」、女性は「画面メモ機能」がトップとなった。(2010/4/19)

調査リポート:
Twitterの利用目的は「暇つぶし」「趣味の情報収集」
MMD研究所がTwitterの利用実態に関する調査結果を発表。利用目的は男女とも「暇つぶし」がトップとなり、ほかには「趣味の情報収集」「友人、知人とのコミュニケーション」「有名人、著名人のツイートを読む」などが挙がっている。(2010/4/14)

調査リポート:
女性の8割、男性の6割が「スマートフォンを購入するつもりはない」
MMD研究所が、スマートフォンの購入意向に関する意識調査の結果を発表。さまざまな端末の登場で普及が見込まれるスマートフォンだが、この調査では女性の8割、男性の6割超が「購入するつもりはない」と回答している。(2010/4/9)

調査リポート:
ドコモのXperia、初代iPhoneに匹敵する注目度
カカクコムが、ドコモのソニエリ端末「Xperia」の発売後の反響に関する調査結果を発表した。端末情報へのアクセス数は、初代iPhoneに迫るPVを記録するなど注目度の高さがうかがえる。(2010/4/7)

調査リポート:
2009年の国内携帯出荷台数、シャープがトップに――IDC調べ
IDC Japanが2009年第4四半期の携帯出荷台数を発表。前年同期比で11.1%増の864万台となり、9四半期ぶりにプラスに転じた。メーカー別シェアは15四半期連続でシャープがトップとなり、2009年のトータル出荷台数でもトップに立った。(2010/4/2)

調査リポート:
携帯向けソーシャルアプリの利用実態は
MMD研究所が、モバイル向けソーシャルアプリの利用実態に関する調査結果を発表。約半数がmixiとモバゲーの両方のアプリを利用しており、アプリ利用者の6割がGREEからアプリが登場したら「今使っているアプリと併用する」と回答した。(2010/3/26)

調査リポート:
スマートフォンのソーシャルメディア利用、不満点は「文字入力」「画面サイズ」
日本能率協会総合研究所が、ソーシャルメディアの利用実態に関する調査結果を発表。スマートフォンでの利用は19.1%にとどまり、不満点として文字入力がしづらいことや、画面サイズが小さいことなどが挙がった。(2010/3/26)

調査リポート:
小中学生、ケータイ利用の実態は
バンダイナムコゲームスとネットマイルが、小・中学生を対象とした携帯利用の実態調査の結果を発表。持つようになったきっかけは、防犯用途がトップで、携帯を使うシーンは「待ち合わせをしているとき」が最多となった。(2010/3/18)

調査リポート:
子供に不要なケータイ機能、「おサイフケータイ」が「ネット接続」を上回る
MM総研が、子供の携帯電話所有に関する親の意識調査の結果を発表。持たせる理由は“緊急時の家族との連絡用途”がトップで、子供に持たせるのに不要な機能は「おサイフケータイ」が「ネット接続機能」を上回る結果となった。(2010/3/11)

調査リポート:
スマートフォンの法人利用、求めるのは高度な情報共有機能より“快適な操作性”
IDC Japanがビジネスモビリティの利用実態に関する調査結果を発表。スマートフォンの法人利用については、高度な情報共有機能より、快適な動作や操作性を求める声が高いようだ。(2010/3/10)

調査リポート:
iPhone、iPod touch、Android携帯ユーザーのアプリ利用の実態は――AdMob調べ
モバイル広告ネットワーク大手のAdMobが、スマートフォンユーザーのアプリの利用動向に関する米国の調査結果を発表。デバイスに対する満足度はiPhoneユーザーが最も高く、スマートフォン利用者はKindleよりもiPadの購入に興味を示す人が多かった。(2010/3/10)

調査リポート:
モバイルソーシャルゲームの収益支えるのは“一部のヘビーユーザー”  スパイアらの利用調査で
スパイアとシーエー・モバイルがモバイルソーシャルゲームに関する利用調査の結果を発表した。空き時間に積極的に活用される傾向など、ユーザーの利用実態が見えてきたほか、有料でも利用したいユーザーはわずか4.2%という結果が出た。(2010/3/9)

調査リポート:
機種変更時のこだわりポイント、トップは「通話・メール以外の機能の良さ」
アイシェアが、携帯電話の機種変更に関する意識調査の結果を発表。機種変更の際にこだわりたい点については、「通話・メール以外の機能の良さ」がトップとなった。(2010/3/8)

調査リポート:
ドコモ、auユーザーの5割超「契約キャリアからiPhone出たら買う」
MMD研究所が「iPhoneの購入意向に関する意識調査」を発表。ドコモ、auユーザーの5割超が「契約キャリアからiPhoneが発売されたら購入する」と回答したことが分かった。(2010/2/26)

調査リポート:
携帯サイトを持つ自治体のイメージは
トランスコスモスとmedibaが、自治体モバイルサイトの利用動向に関する調査結果を発表。自治体モバイルサイトの利用意向は高く、携帯サイトを持つ自治体に対するイメージは「積極的」「先進的」などが挙がっている。(2010/2/23)

調査リポート:
日本メーカーの海外展開、計画どおりに進まず――エムレポート調査
クロス・マーケティングが、端末メーカーの海外進出についてエムレポートがまとめたモバイル・マーケティングリポートを発売。国内メーカーの海外展開は計画どおりに進んでいないと分析している。(2010/2/17)

調査リポート:
子供用防犯グッズに欲しい機能、トップは“親に居場所を知らせるGPS”
子どもの危険回避研究所と情報誌「あんふぁん」が、子供の防犯に関する意識調査の結果を発表。子どもの防犯用品に欲しい機能はトップが「親に居場所を知らせるGPS機能」、2位が「声で連絡をとることができる機能」となった。(2010/2/17)

調査リポート:
ケータイでワンセグ視聴、「表示スピード」と「チャンネル切替」に不満
ORIMOがケータイワンセグの視聴実態に関する調査結果を発表。ワンセグ視聴の不満点には「表示スピード」と「チャンネル切り替え」が挙がっている。(2010/2/16)

調査リポート:
「新端末を安く買える」「商品券をもらえる」――たんすケータイ、回収の切り札は
MM総研が携帯電話のリサイクル状況と中古携帯電話市場の展望に関する調査結果を発表。使わなくなったケータイをリサイクルに出すきっかけとして「新端末を安く買える」「商品券をもらえる」といった施策が望まれている。(2010/2/5)

調査リポート:
高校生のネット利用、親は実態を知らない――親子間で意識差
慶應義塾大学大学院とデジタルアーツが、高校生とその保護者を対象とするネット利用の意識調査の結果を発表。ネットの利用状況やトラブルの把握については、親子間で意識が異なることが分かった。(2010/1/27)

調査リポート:
中高生の親、安く抑えたいのは“子供のケータイ料金”
ブランド総研が、子供の携帯利用に関する意識調査の結果を発表。中高生の子供を持つ親に「なるべく安く抑えたい子供関係の費用」を聞いたところ、携帯料金がトップに挙がった。(2010/1/20)

調査リポート:
おサイフケータイを使わない理由、「必要性を感じない」「手続きが面倒」
medibaがおサイフケータイの利用実態に関する調査結果を発表。利用している人の割合は2割超にとどまり、使わない理由として「必要性を感じない」「手続きが面倒」などが挙がっている。(2010/1/14)

調査リポート:
最も進化して欲しい電化製品、トップは「携帯電話」
アイシェアが電化製品に関する意識調査の結果を発表。2010年に最も進化して欲しい電化製品はケータイがトップとなり、バッテリーの持ち時間の改善や高機能/小型化を望む声が聞かれた。(2010/1/5)

調査リポート:
第3四半期のケータイ出荷、富士通が2位に浮上
IDC Japanが、2009年第3四半期の国内における携帯出荷台数を発表。出荷台数は対前年同期比で約13%減となる732万台で、メーカー別シェアでは富士通がパナモバを抜いて2位に浮上した。(2009/12/24)

調査リポート:
2009年、最もよく使ったケータイの機能は
アイシェアが、ケータイ機能の利用頻度に関する実態調査の結果を発表。トップは昨年と同じ機能だったが、2位には異なる機能が浮上した。(2009/12/24)

調査リポート:
モバイルSNSで知り合った人と“会ったことがある”、4割に
MMD研究所が、モバイルSNSのコミュニケーションに関する実態調査の結果を発表。8割がモバイルSNSに登録していると回答し、モバイルSNSで知り合った人と“会ったことがある”という回答は4割に達した。(2009/12/21)

調査リポート:
ケータイのセキュリティロック、利用率が最も高い世代は
medibaが、携帯電話のセキュリティに関する調査の結果を発表。一般ユーザーのセキュリティの利用実態が明らかになった。4割強がセキュリティロックを利用しており、10代の利用率が高い傾向にある。(2009/12/18)

調査リポート:
スマートフォンを買う理由、トップは“PC向けサイトの閲覧”
オリコンがスマートフォンの満足度に関する調査結果を発表。購入理由は“PC向けサイトの閲覧”がトップとなり、ケータイとの2台持ちは7割近くに達した。(2009/12/15)

調査リポート:
iPhoneユーザーの平均年収、価値観は
日経BPコンサルティングとアドモブが、iPhoneの利用動向に関する調査結果を発表。iPhoneユーザーの平均年収や価値観についても調査している。(2009/12/11)

調査リポート:
都心の小学生、ケータイ利用の実態は
ピットクルーが都心の小学校6校と共同で、小学生のケータイ利用の実態調査を実施し、その結果を発表した。ケータイの所有率は半数を超え、小学6年生では7割が所有している。(2009/12/4)

調査リポート:
ワイヤレスデータ通信市場が堅調な伸び、大きな潜在需要も――矢野経済研究所調べ
厳しいといわれる携帯市場で、ワイヤレスデータ通信の契約数が堅調な伸びをみせている。2009年度のデータ通信サービスの契約数は前年度比148%の867万に達すると予想され、2014年度には契約数が3000万弱まで伸びるとみられる。(2009/11/25)

調査リポート:
携帯出荷は2009年度に底打ち、2012年度は4105万台に――矢野経済研究所
矢野経済研究所が、携帯電話市場に関する調査結果を発表。携帯出荷は2009年度に底を打ち、2012年度にはワイヤレスブロードバンド市場の伸張などを背景に4105万台まで戻すと予測している。(2009/11/24)

調査リポート:
結婚・出産を経てケータイの使い方が変わった――子育てママの7割超
マクロミルが、子供を持つ女性のケータイ利用に関する調査結果を発表。7割超が結婚と出産を経てケータイの使い方が変わったとし、家事の効率化や節約、子どもとのコミュニケーションに携帯を活用しているという。(2009/11/16)

調査リポート:
ケータイ向け検索サイト、4割超が“ほぼ毎日使う”
MMD研究所が携帯電話向け検索エンジンの利用実態に関する調査の結果を発表。4割超が“ほぼ毎日使う”と回答し、検索結果に満足しているという回答は14.5%にとどまった。(2009/11/6)

調査リポート:
主婦のケータイサイト利用の実態は
ネットエイジアが、主婦のケータイサイト利用の実態に関する調査結果を発表。半数以上が去年に比べてケータイのネット利用が増えたと回答している。(2009/10/27)

調査リポート:
ケータイキャリア選び、最も重視するのは「料金プラン」
MMD研究所が、携帯電話の料金プランと割引サービスの利用実態に関する調査結果を発表。ケータイキャリアを選ぶ際に最も重視するのは「料金プラン・割引サービス」で、端末デザインや端末価格を上回った。(2009/10/16)

調査リポート:
これからの人気端末、約半数が“スライドモデル”
オリコンDDが、携帯電話の形状に関する意識調査の結果を発表。利用しているケータイについては約8割が折りたたみと回答しているが、今後、人気が高まりそうな端末については「スライド式」がトップとなった。(2009/10/16)

調査リポート:
「眠る直前まで使っている」「30分に1回はチェック」――高校生のケータイ利用実態は
約5割がお風呂でケータイを利用し、9割弱が「眠る直前まで携帯を使っている」――。マクロミルの調査から、こんな高校生のケータイ利用の実態がうかびあがってきた。(2009/10/2)

調査リポート:
子どもに携帯電話を持たせる理由、トップは“防犯への期待”
サーベイリサーチセンターが子どもの携帯利用に関する調査結果を発表。子どもに携帯電話を持たせる理由のトップは“防犯への期待”。携帯利用のルールは小・中学生の親の約8割が設定している。(2009/10/2)

調査リポート:
4月〜6月のモバイルサイト向け広告、「書籍・コミック」の出稿が上位
ビデオリサーチインタラクティブが、2009年度第1四半期のインターネット広告出稿の動向をまとめた。モバイルサイトの推定広告費は約71億円で、携帯コンテンツ系の出稿が大きなシェアを占めた。(2009/8/26)

調査リポート:
「コラボ携帯」に最も期待することは「使い勝手の良さ」
アイシェアがアニメやデザイナーなどとコラボレートした“コラボ携帯”に対するユーザーの意識調査を実施。「ユニークさ」より「使い勝手の良さ」に期待が集まる結果に。(2009/8/26)

調査リポート:
2012年、モバイルヘルスケアサービス市場は1600億円規模に
シード・プランニングが、モバイルヘルスケアサービスに関する調査結果を発表。健康・医療・安全分野のモバイルサービスは、2012年には2007年比で20倍にあたる1600億円規模の市場になると予想される。(2009/8/6)

調査リポート:
男性からのメール、もらってビックリしたのは
ニワンゴがニコニコ動画の生放送番組内で行った、メールに関する意識調査の結果を発表。女性が“もらってビックリした”というメールは……。(2009/8/5)

調査リポート:
モバイルメルマガ、4割がデコメで配信
エイケア・システムズが、モバイルメールマガジンの傾向に関する調査結果を発表。デコメによるメールマガジンが増加傾向にあり、雑誌やテレビなどのメディア系企業は約80%がデコメのメルマガを採用している。(2009/7/30)

調査リポート:
ビジネスパーソンの4割が“スマートフォンに興味あり”
転職サイトのイーキャリアが、ビジネスパーソンのモバイルインターネット利用に関する調査結果を発表。ビジネス時のモバイルインターネット利用時間は平均20.1分となり、約4割がスマートフォンに関心があると回答している。(2009/7/29)

調査リポート:
iPhoneの操作、“ケータイではないと思った”――操作した女性の約4割
アイシェアが、iPhoneに関する意識調査の結果を発表。iPhoneの操作経験者に感想を聞くと、男女ともに「新しい感覚」がトップとなった。女性は4割弱が「ケータイではないと思った」と回答している。(2009/7/29)

調査リポート:
携帯プレーヤーで動画、見たい?
第5世代iPodによって「携帯プレーヤーで動画を見る」というニーズが再度脚光を浴びている。これまでも各社から幾度となく提案されているが、残念ながら成功例といえる事例は見受けられない。ITmedia読者にとって、出先で動画を見るという行為はどのように映っているのか、意見を聞かせて欲しい。(2005/11/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。