キーワードを探す
検索

「レノボ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にThinkCentre M90n-1 nano、1名様にLenovo ThinkPad X1 Carbon 2019年モデル、10名様にAmazon ギフト券5000円分をプレゼント。

()

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は10.1型の大画面を備えた、レノボのGoogleアシスタント搭載スマートディスプレイ「Lenovo Smart Display M10」を紹介する。

()

簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にLenovo ノートPC ThinkPad X1 Carbon 2019年モデル、10名様にAmazon ギフト券5000円分をプレゼント。さらにダブルチャンスとして、お見積り作成をご希望いただいた方の中からも抽選で1名様にLenovo ノートPC ThinkPad X1 Carbon 2019年モデルをプレゼントいたします。

()

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は時計表示に特化したスマートディスプレイ「Lenovo Smart Clock」をレビューする。

()

レノボ・ジャパンのモバイルワークステーション「ThinkPad P」シリーズがラインアップを一新、性能や機能面で大きくパワーアップした。「ものづくり」の現場を支える頼もしい相棒としてだけでなく、働き方改革を支援するパワフルなPCとしてビジネスパーソンも注目の内容に仕上がっている。その魅力に迫る。

()

LenovoのGoogleアシスタント対応スマートディスプレイ2製品が、日本に上陸。コンパクトで1万円を切る価格の「Lenovo Smart Clock」と、10.1型液晶を搭載しカメラを使ったビデオ通話にも対応する「Lenovo Smart Display M10」の2機種が登場する。7月9日から販売予約を受け付け、同月19日に発売される。

()

簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にLenovo ノートPC ThinkPad X1 Carbon 2019年モデル、10名様にAmazon ギフト券5000円分をプレゼント。さらにダブルチャンスとして、お見積り作成をご希望いただいた方の中からも抽選で1名様にLenovo ノートPC ThinkPad X1 Carbon 2019年モデルをプレゼントいたします。

()

働き方改革の実現に向け、場所を問わず高い生産性を発揮できる環境が求められる昨今。テレワーク環境やコラボレーション基盤の整備、デバイスの活用はどのように進めればよいのか。レノボ・ジャパンの取り組みから、そのヒントを探る。

()

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。前回に続き、Alexa搭載のスマートディスプレイとして利用できる、レノボの「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」をお届けする。

()

スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はタブレットとドックを合体させることでAlexa搭載のスマートディスプレイとして利用できる、レノボの「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」を試してみた。

()

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、AIやHPCの運用を簡素化する「Lenovo intelligent Computing Orchestration」を発表した。オープンソースのAIフレームワークやクラスタ管理ツール、コンテナ管理ツールをパッケージ化し、専用Webインタフェースを提供する。

()

レノボ・ジャパンがWindows 10 Enterpriseを主体としたセキュリティソリューションを開始。多層セキュリティ対策機能を備えるWindows 10 Enterprise E3/E5をThinkPadなどで選択できるようにする他、Windows 10への移行を想定する顧客に向けた導入前検証サービスなども開始する。

()

インテルが新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を正式に発表。Dell EMC、QCT、富士通、レノボなどのハードウェアベンダーも、新Xeonを採用した製品群をリリースする。

()

Lenovo傘下のMotorola Mobilityが、日本でも販売している「Moto Z Play」の後継モデル「Moto Z2 Play」を発表。軽く、薄くなりカメラなどの機能も向上する。周辺機器の「Moto Mods」にもゲームパッドなど新たに4つのModが加わる。

()

Mobile World Congress 2017に合わせて、Lenovoが薄型2in1ノートPC「Yoga 520」「Yoga 720」シリーズを発表した。オプションでアクティブペンに対応しているほか、Yoga 720シリーズでは4K(3840×2160ピクセル)液晶モデルも用意した。

()

のべ4億ユニークブラウザにものぼる膨大な行動データを分析し、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや広告への反応、商品への興味関心の有無を導き出す――。次世代マーケティング基盤「UNIVERSE」を提供するマイクロアドは、安定した高信頼のサービスを実現するために、どのようなシステムを選んだのだろうか。

()

「トラブルがなければシステムインフラの乗り換えは避けたい」――こんな風に考えるIT部門が多い中、新たなテクノロジーであるハイパーコンバージド・システムを積極的に採用し、柔軟性が高く将来的にも安心できる仮想化サーバインフラを手に入れたのが、医療機器商社大手のムトウだ。

()

TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、レノボ製品の修理業務の統合を開始したNECパーソナルコンピュータ 群馬事業場の取り組みを紹介した記事が第1位となりました。工場内修理を1日で完了させる“1日修理”の実現を目指し、効率化とCS向上を追求した修理工場の様子をぜひご覧ください!

()

2002年にパーソナルコンピュータの開発生産事業から撤退し、NEC製のPCやマザーボードの保守サービスサポート事業に転換したNECパーソナルコンピュータ群馬事業所。同事業所はNECおよびLenovo製品のサポートサービスの戦略拠点として存在感を高め、グローバルマザー工場としての役割を担おうとしている。

()

レノボ・ジャパンは、NEC製PCの保守サポートサービス拠点であるNECパーソナルコンピュータ 群馬事業場(群馬県太田市)でのレノボ製PCの修理サポート業務開始を受け、プレスツアーを開催した。NEC製品とレノボ製品の修理サポートを一手に引き受ける工場内修理の取り組みとは?

()

企業がITに求めている価値とは何だろうか。さまざまなテクノロジー、ソリューションが日進月歩で市場投入され、企業はその情報収集・選定に時間を費やしている現状が否めない。一方で、先進ITによって競合優位性を格段に高められる時代になっていることも確かだ。テクノロジーやリソースの「組み合わせ」ソリューションではなく、顧客のビジネスにフィットしたITをサービスレベルで提供する、いわゆるシステム・インテグレーターからサービス・インテグレーターへの転換を目指すIBM、そして2年前IBMのx86サーバーを事業継承し、ITインフラポートフォリオをハイパーコンバージド・インフラ(HCI)やソフトウエア・ディファインド・ストレージ(SDS)へ急拡大しているLenovo。今回、同じDNAを持つ両社のトップから協業の理由とその可能性を探る。

()

真空包装機の大手メーカーである古川製作所は、財務会計システムを再構築するための基盤として、Nutanixをプリインストールした仮想化アプライアンスサーバー、インテル®Xeon®プロセッサーE5-2600 製品ファミリー搭載「Lenovo Converged HX シリーズ」を選択した。選択の決め手は何だったのか。そして、新・財務会計システム以外の活用方法とは。古川製作所のIT戦略を支えるレノボサーバーの魅力に迫る。

()

Lenovoが、Motorolaを中心とする全社員の約2%(約1100人)に影響するリストラを実施する。この件について最初に報じたDroid Lifeによると、Motorolaの現在の従業員は約1200人で、700人以上が削減されるという。

()

Lenovoが「IFA 2016」で発表した新型2in1タブレットが日本にも投入される。Android版とWindows版を用意し、モバイル通信に対応するLTEモデルも取りそろえる。タッチキーボードとスタイラスを兼ねる「Halo Keyboard」は、日本市場投入にあたり日本語化されている。

()

ビッグデータ時代のストレージとして注目を集めるSDSだが、搭載するソフトウェアによって特長が異なり、自社に最適な製品選びが難しいのが現状だ。また導入時の動作確認に手間と時間がかかる点も、情報システム部門泣かせといえるだろう。こうした課題を解決するためにレノボが提供を開始するStorSelectプログラムは、企業にどんなメリットをもたらすのか。

()

データ活用のよしあしがビジネスを左右する――。そんな時代を生き抜くためにIT部門は、日々刻々と増え続ける膨大なデータを効率よく処理しなければならない。しかし、従来のスケールアップ型ストレージは買った瞬間から陳腐化していく運命。複雑化するデータを管理するには力不足と感じていないだろうか。そんなこれまでの常識を覆し、“常に最先端の機能”を使えるストレージがあるとしたら……。

()

ITインフラの効率的な運用を目指して仮想化を進めてきたのに、なかなか管理負荷を減らすことができない――。そんな課題に頭を悩ませていないだろうか。こうした問題はサーバ、ストレージ、ネットワークを個別に構築・運用するという現状の仕組みに端を発しているが、レノボとVMwareによれば、仮想環境のハイパー・コンバージド化が課題を解決するカギだという。

()

世界でも有数の歴史と実績を誇るデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。同社はレンダリング・サーバとして高密度コンピューティング向けの最新プラットフォーム『Lenovo NeXtScale System』を導入。最近ではVR(仮想現実)などの用途でワークステーションを社外に持ち出す必要も出ていることから、モバイル・ワークステーションの導入も検討しているという。

()

Amazon.comが米国のプライム会員向けに、広告表示+オリジナルアプリプリインストールの最新Android端末2モデルを50ドル引きで発売する。かつての「Fire Phone」のようなオリジナルではなく、Lenovoの「Moto G」(第4世代)とBLUの「R1 HD」だ。R1 HDの16GBモデルは半額の49.99ドル(約5000円)で購入できる。

()

米国サンフランシスコでLenovoの製品発表イベント「Tech World 2016」が開催された。Project Tango対応スマートフォンやウルトラフレキシブルディスプレイ搭載デバイスを披露したほか、CEOヤン氏の「パーソナルコンピューティングは廃れてきている」といった発言にも注目だ。

()

Lenovoが、買収したMotorolaのAndroid端末ブランド「Moto」の最新フラッグシップ「Moto Z」および上位モデルの「Moto Z Force」を発表した。背面にマグネットで追加する「Moto Mods」モジュールが特徴だ。JBLのスピーカーや拡張バッテリーパック、プロジェクターなどのModが用意されている。

()

IDCによると、1〜3月期の世界におけるスマートフォンの出荷台数の伸び率は史上最低の0.2%だった。メーカー別スマートフォン出荷ランキングのトップ3は前期と変わらずSamsung、Apple、Huaweiだったが、4位と5位のLenovoとXiaomiが圏外に落ち、中国のOPPOとVivoが初ランクインした。

()

Lenovo傘下のMotorola Mobilityが、「Moto」ブランドの端末開発を終了するといううわさを否定し、MotoとVibe(Lenovoのスマートフォンブランド)の両方のブランドの端末を今後も開発していくと公式ブログで説明した。

()

レノボ・ジャパンの「ThinkServer」シリーズのエントリーモデル「ThinkServer TS140」は、省スペース、静音設計でありながら、エンタープライズクラスの性能と信頼性、管理性を併せ持つタワー型サーバーです。その実力を@IT編集部が独自に検証しました。

()

「全てのワークステーションユーザー、PCのパワーユーザーに史上最強のThinkPadをお届けしたい」という、開発者の熱い気持ちが込められたThinkPadのモバイルワークステーション新モデルや、ユーザーの声を多く取り入れたThinkCentreの新モデルが登場した。

()

ハイパーコンバージドシステムの主要ベンダーである米ニュータニックスは2015年11月4日(米国時間)、レノボとの提携を発表した。ニュータニックスはレノボに対してソフトウエアをOEM供給し、レノボはこれを自社のハードウエアに搭載して世界的に販売する。これは、「選択肢があることの価値」提供を目指すニュータニックスの戦略の一環ともいえる。

()

Lenovoは「よりクリーンで安全なPCの提供におけるリーダーになる」と宣言。プリインストールアプリケーションの量を大幅に削減し、全ソフトウェアについての情報を公開すると表明した。

()

PC USER的にCESの主役といったらやっぱりLenovo。2015年も日本未発表の新モデルを大量に用意していた。その機能はわれわれの想像を斜め上に超えていた。

()

レノボにx86サーバ事業を売却し、システム製品のポートフォリオを高付加価値型へとシフトする姿勢を見せているIBM。今後はクラウドやビッグデータ分析、モバイルといったビジネスの潮流に注力しつつ、基幹となるITインフラへの投資も継続するという。

()

IBMからx86サーバ事業を継承した「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」が発足。半年ほどかけて山形県・米沢事業所での製造について検討を進める。

()

デスクトップPCは、廃れたのか。法人市場では違う。医療、文教、開発、店舗といった特定業務はデスクトップ型を望む。ただ、昨今のワークスタイル環境に応じ、そのニーズは多様化している。そんな法人へ提案する新・デスクトップの新たな形とは。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る