連載
» 2009年05月22日 12時00分 UPDATE

ディルバート(120):見えない敵、ステークホルダーのプロジェクト妨害

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301.jpg

このプロジェクトを2週間以内に終わらせろ


r302.jpg

ちゃんと経営幹部全員の意見を反映するように


r303.jpg

それは不可能です

なぜだ?


r304.jpg

10人の幹部の1人に電話してみれば分かります


r305.jpg

エド・ビグストンの留守電です。留守です……ずっと


r306.jpg

休暇中か、病欠か、出張中か会議中だ


r307.jpg

メールチェックはしないし、電話も折り返しはしない。地平線のように、私は有形の物体というよりは概念みたいなものだ


r308.jpg

あなたの選択は悲観しかない

FAXを送ってみろ


  

 ボスも負けていませんね。まぁ、FAXも読まないと思いますが……。

 ご存じの方も多いと思いますが、厳密にいうと、“voice mail”は電子メールと留守番電話の機能を複合したシステムであり、通常の留守電のほかに、メールのように一斉に多くの人に送ったり、時間指定で送信したりすることができるオフィスなどで用いられる仕組みを指しますが、いまはだいぶ一般化して、単純な留守電機能のことも“voice mail”といいます。

 しかし、通常の会話で“voice mail”というと、いわゆる留守電の音声メッセージ自体を指しており、留守電機能のある電話機のことは“answering machine”(米国式)とか“answerphone”(英国式)という方が一般的です。よって「留守電を残す」、つまり伝言を機械に入れること自体は、“Leave a message/Leave a voice mail on the answering machine.”(「伝言を残してください」)といいます。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -