連載
» 2009年09月18日 12時00分 UPDATE

ディルバート(137):意味のないチームワーク賞プログラムって?

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62330.jpg

君たち3人にチームワーク賞のプログラムを作ってほしい


r302_62330.jpg

われわれも良い仕事をしたら受賞できるんですか


r303_62330.jpg

ダメだ


r304_62330.jpg

あっそう。じゃあ、こんな賞のためにいい仕事をする意欲なんてないわ


r305_62330.jpg

クビにならないってだけで、意欲がわくだろう


r306_62330.jpg

じゃあ、なんでわざわざチームワーク賞なんか作るんですか


r307_62330.jpg

なんかでっち上げて適当に人をノミネートしようぜ


r308_62330.jpg

チームワーク賞をもらったんですけど、何も変わらない気がして……

そのとおり


  


 アシュック、切ないですね、せっかくすてきな賞をもらったと思ったのに。

 “slap something together”とは、急いで、適当に、何かを作り上げることを指します。例えば、“I can slap together a sandwich if you're hungry.”は、「おなかがすいているなら、簡単にサンドイッチとか作ってあげましょうか?」となります。“slap”の本来の意味は「ひっぱたく」ですが、そこから「適当にする」「ぞんざいにする」、というイメージもわくのではないでしょうか。また、似たような表現に“throw something together”といういい方もあります。こちらは鍋に冷蔵庫のありもの具材を「投げ入れて」料理を作っている光景を想像してみてください。

 まぁ、「ひっぱたかれる」にしろ、「放り投げられる」にしろ、明らかに熟慮の末の選択や行動ではない賞ということですね。あ、アシュックがもっとかわいそうになってきた。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -