連載
» 2009年10月23日 12時00分 UPDATE

ディルバート(142):地球がぺちゃんこになっても答えない交渉術

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62564.jpg

この変更、承認してもらえますか?


r302_62564.jpg

会社に戻って確認しなきゃ


r303_62564.jpg

いま、合併交渉中だから、未来のオーナーたちの承認をもらわなきゃね


r304_62564.jpg

誰が判断するべきで、何が正しい判断なのか、誰も分からないわ


r305_62564.jpg

いつ返答をいただけますか?


r306_62564.jpg

来週以降、地球が重力の特異点により消滅するまでには


r307_62564.jpg

その間、私はあなたからの電話やメールを避けて蒸気になるわ


r308_62564.jpg

承認書類お忘れですよ


  


 いつまでも返事をくれない取引先にやきもきしていたら、実は先方が合併交渉中で何も決められなかったって弁明してくるケースはままあるようですね。

 ここで、よく聞く企業合併関連用語のおさらい。M&A(merger and acquisition)はご存じの通り「合併吸収」ですが、mergerは「合併」に対してacquisitionは「取得する」の意味から「企業の買い取り」を指し、ほかにもtakeoverとかbuyoutともいいます。また、友好的買取friendly buyoutに対して敵対的買収はhostile takeover。なお「合弁」はjoint ventureやjoint enterprise、と両社が同等の立場になるので、使い分けに気を付けてください。

 ところでgravitational singularityとは、宇宙物理学の概念で、ウィキペディアによると「ブラックホールの中心は(中略)特異性が存在する」そうです……って訳者はさっぱり意味が分からないので、ご説明いただける賢明な読者の方がいらしたら教えてください!?

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -