連載
» 2009年11月20日 12時00分 UPDATE

ディルバート(146):ボスがツイッターを始めたわけ

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62785.jpg

あなたにはとても興味がそそられます


r302_62785.jpg

そうか?

ええ、どんな小さなことでもあなたのやることはすべて、興味深いですよ


r303_62785.jpg

知らなかったな

そうだ、よい考えを思いつきました


r304_62785.jpg

ツイッターを使うといいですよ。日々の行動をすべて、われわれにショートメッセージで送るんです


r305_62785.jpg

そりゃ、僕らにリーダーを身近に感させるし、きっとやる気も出るね


r306_62785.jpg

へー、ほー、じゃあやってみるか


r307_62785.jpg

すでに生活が改善された気がします


r308_62785.jpg

あのアホ太郎はいまどこ?

駐車場。まだ忙しい振りをする必要なし


  


 まんまとだまされたボス。ディルバート達も、うまい方法でネコの首に鈴をつけたものです。

 「ネコの首に鈴」は“bell the cat”といいます。「問題は誰がネコの首に鈴を付けるかだ」は“The problem is, who will bell the cat.”ここでは、さしずめ“Dilbert and Wally succeeded in putting the bell on the Boss cat”(ディルバートとウォーリーはボスネコの首に鈴を着けるのに成功した)って感じでしょうか。

 TWITTERはご存じ、「いま、何している?」という問いに対して自分の「twitter=つぶやき」を投稿するコミュニケーションサイト。類似のサイトFacebookと並び、いまやネット社会ではまさに「ねこも杓子も」やっているようです。ちなみに、「ネコも杓子も」は“every Tom, Dick and Harry”(ネコは出てきませんので、あしからず)。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ