連載
» 2009年12月04日 12時00分 UPDATE

ディルバート(148):非生産的な時間をめぐる非生産的な議論

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62886.jpg

業界団体向けにホワイトペーパーを書いてほしい


r302_62886.jpg

分かりました。でも、自分の担当するプロジェクトをやる時間は減りますよ


r303_62886.jpg

君の“非生産的な時間”に業界団体のやつをやれ


r304_62886.jpg

“非生産的”とは、具体的にはどんな時間ですか?


r305_62886.jpg

いろんな呼び方があるな。睡眠、ひま、健康なライフスタイル


r306_62886.jpg

それらの時間を減らしたら、私の生活の質はどんなに優れた健康法でも効果が期待できないほどに低下します


r307_62886.jpg

君に理解してもらうつもりはない。金を払わずにもっと仕事をさせたいだけだ


r308_62886.jpg

(明白な事実を説明するのにいちいち時間がかかる)


  


 まぁ、経営者はみな究極的にはボスと同じ考えなのかもしれませんが、それにしても、ねぇ。

 Make outは、実はいろいろな使い方がされる表現です。例えば、書式などに「記入する」「書き入れる」というときに、“Who do I make out the check to ?”(=小切手は誰宛にするの?)。また「判読する」「理解する」という意味で使う時は、“I can't make out what he's saying”(=彼が何をいおうとしているのか分からない)と使います。

 またスラングで使う場合は、男女がイチャイチャする、セックスするという意味もあり、“They made it out in the back of the car”(=あいつら、車のバックシートでヤッた)は、米国の青春映画などでよく聞く表現です。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ