連載
» 2009年12月18日 12時00分 UPDATE

ディルバート(150):その仕事ができない4つの理由

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_63006.jpg

データベースにこの変更を入力してくれる? 5分とかからないから


r302_63006.jpg

あぁ、でも……

待った!


r303_63006.jpg

なぜこの仕事をするための5分程度の時間がないかを10分かけて説明しようとしてる?


r304_63006.jpg

それとも君はあまりにも無能で5分の作業が1時間かかる?


r305_63006.jpg

それとも君が究極の役立たずのため、会社の方針で仕事を制限させられている?


r306_63006.jpg

それとも君は、人当たりはいいけど要領が悪いタイプで、「はい」というけどメモをなくしてしまって誰に頼まれたか忘れてしまうタイプ?


r307_63006.jpg

この作業は必要ないってお伝えしようと思っていまして。この見解はあなたがどれほど素晴らしい理由を並べ立てようとも変わりません


r308_63006.jpg

経験とは、希望を失うことなり


  


 いやいや、今回はディルバートが悪いですよ。みんながみんなボスみたいな無能人間じゃないんだから!?

 しかし、この同僚もこれだけ罵倒されてよく我慢していましたね。そんな彼を“feckless waste of carbon”と呼んだディルバートですが、この表現、直訳すると「炭素の無駄」。fecklessとは「努力をしても無駄になる」「無益な」という意味で、carbonは炭素のこと。人間は呼吸を通じて二酸化炭素を作り出しているので、つまりは「無駄に二酸化炭素を吐いている」人間というディルバートの皮肉です。ここではどうしようもなく無能という意味を汲んで「究極の役立たず」と意訳しました。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -