連載
» 2012年02月24日 12時00分 UPDATE

ディルバート(256):“言いっ放し”は勝ち組の特権

[スコット・アダムス,@IT]
r301_67525.jpg

ディルバート、よく聞け


r302_67525.jpg

今すぐ……ベンダ……ハードウェア……してくれ


r303_67525.jpg

もしもし? 電波状況が悪いみたいですが


r304_67525.jpg

フィールド……GREP……ポニー……予算……


r305_67525.jpg

はっ? はっ?


r306_67525.jpg

別の電話が入った。あとはアリスに聞け


r307_67525.jpg

あの人の望んでることなんか、私に分かるわけないじゃん。あっち行ってよ


r308_67525.jpg

勝ち組の感じってどんなんだろうね

知らないね。触ったことないから


  


 ボスもひどいですが、実は社内で一番立場が強いのはアリスなのかもしれませんね。いつも振り回されてばかりのディルバートに、勝ち組の気持ちなんて分かるわけがありません。

 さて、最近はどんな用件でも電子メールで済ませようとする人が多いですが、正しい電話応対はビジネスの基本。今回はちょっと復習してみましょう。まず誰かを呼び出すときは“May I speak to ○○”=「◯◯さんはいらっしゃいますか?」。その電話に出る場合は“This is ○○ speaking”とか“This is he/she”=「私が本人です」と言います。電話を保留するときは“Please hold on”とか“One moment please”=「少々お待ちください」と言います。これらはまぁ基本でしょうか。

@IT情報マネジメント編集部からのお知らせ

大量・多種類のデータから、どうすれば“ビジネスの価値”を引き出せるのか? ビジネス/テクノロジサイドが同じ目的を見据え、収益向上、ブランディングにつなげる“現実的なポイント”を伝授!第16回@IT情報マネジメントカンファレンス『ROI最大化、収益向上に寄与するビッグデータの真意と活用の鍵』を3月8日(木)に開催します! 詳しくはカンファレンス紹介ページ


 また、相手の要望に答えられないときなどに「申し訳ございませんが……」というニュアンスを伝えたい場合があります。そんなときには“I'm afraid”を使うと、ぐっと丁寧な言い方になります。例えば、5コマ目のように相手の声が良く聞こえない場合に“I'm afraid we have a bad connection”=「すみません、電波状況が悪いようです」といったように使います。他にも“I'm afraid he’s gone for the day”=「申し訳ありませんが、本日は退社致しました」、“I'm afraid he’s on another line”=「申し訳ありませんが、ただいま別の電話に出ています」などと使います。さらにその後、“Can I take a message?”=「何か伝言がございましたら承ります」と付け加えればもう完璧です。

 ちなみに、相手の言葉が聞き取れず、繰り返してほしいときには、ディルバートのように“What?”とは言わず、せめて“Pardon me?”とか“Excuse me?”を使いましょう。


[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ