ニュース
» 2014年08月07日 08時30分 UPDATE

ディルバート(362):直感は正しい!?

……みんな好き勝手なことばかり言って。でも、直感を信じろと言ったのはボスだからなぁ。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r362_01.jpg

成功の鍵は、「できない」という人を無視することだ


r362_02.jpg

もし彼らが正しかったら?


r362_03.jpg

あいつらは正しくない!


r362_04.jpg

ホントに? 他人は正しいわけがない、と?

直感を信じるんだ!


r362_05.jpg

ボクの直感は、ボスが口にすること全てがバカバカしいと言っています


r362_06.jpg

あと、今すぐサンドイッチを食べたいとも言っています


r362_07.jpg

ボクだったら居残りますが、自分の判断を直感に委ねようと思います


r362_08.jpg

俺の直感はモールス信号で届くものでして。ほれ、やっと一通届いた


  


 ふむ。私も直感を信じて、ビールを飲みながら仕事をしましょうか……。

 直感と直観、似たような単語ですが、意味が微妙に違います。直観は、日々の積み重ねや経験によって下す無意識の判断、つまり「即時的な認識」のことを指し、英語ではintuitionと書く場合が多いです。それに対して、直感は、特に根拠はない本能的なひらめき、いわゆる第六感のことで、英語ではhunch、sixth sense、gut feelingといいます。

 また後者の意味で、“I feel it in my bones”という表現があります。直訳すると「骨が感じる」、つまり「直感で分かる」ということです。“I think that new secretary is wicked. I can feel it in my bones.”(あの新しい秘書さんあくどいわ。直感で分かるの)などといった使い方をします。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -