連載
» 2009年05月15日 12時00分 UPDATE

ディルバート(119):はみ出し者テッドの行く末は?

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301.jpg

テッド、この布にまとわれた箱(パーティション)の中での14年間の忠実な仕事ぶりに感謝する


r302.jpg

それに関連して、会社は事業規模の適正化を決めたが、君ははみ出した


r303.jpg

1時間以内に君のガラクタを片付けてくれ。ここに私の古いバインダーを保管したいんだ


r304.jpg

誰が私の仕事をするんですか?

誰もしない


r305.jpg

つまり……私は事実上古いバインダーの束と入れ替えられる、ってことですか


r306.jpg

気分が良くなるかどうか分からんが、バインダーは役立たずなんだ。いまは全部オンラインにあるからな


r307.jpg

つまり……私は古いバインダーよりは良い?


r308.jpg

そろそろ話題を変えようじゃないか


  

 テッドもここは気になるところでしょうが、不毛な追及かと思うので、ここはボスに従った方が良いのでは?

 事業規模を縮小するときに「ダウンサイジング」といいますが、同じような意味合いで、「適正」「ちょうどよい」という意味の“right”を使って事業規模の適正を図る際に使われるようになった表現が“right-sizing”です。ここではそれを“right-size”として動詞として使用しています。

 そもそも「ダウンサイジング」という言葉がマイナスのイメージだということで使われるようになった単語なので、適正化とはいっても、人を増やすなどの拡大を意味して使われることはまずない言葉です。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ