連載
» 2009年10月09日 12時00分 UPDATE

ディルバート(140):楽しいプレゼンの極意

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_62467.jpg

次のプレゼンターはディルバートです


r302_62467.jpg

スライドショーとビデオを準備しました


r303_62467.jpg

それが流れている間、われわれの商品の特長を面白く説明したラップを僕が歌います


r304_62467.jpg

その後、おもしろ帽子を配りますので皆さんで寸劇をしましょう


r305_62467.jpg

終わったらビーバーに扮した腹話術師が自分の身代わりを食ってしまうと脅す芸を鑑賞します


r306_62467.jpg

最後に雑学クイズをやって商品を配り、ホールで花火をして締めくくり


r307_62467.jpg

あと2分で何ができる? 飛行機の時間があるんでね


r308_62467.jpg

スライドショーでやめておけばよかった

(ムフゥ)


  


 これはやり過ぎですが、中にはプレゼンと接待をゴッチャにしている営業担当者は確かにいますね。

 さて、前回に引き続き、ことわざシリーズ第2弾。今回のディルバートに対して「過ぎたるは及ばざるがごとし」といいたければ、less is more(少ないことが多いことがある)とかtoo much water drowns the miller(水が多すぎると粉屋が溺れる=水車で製粉していたのです)といってあげましょう。

 もしも悔いているディルバートに「後悔先に立たず」といいたければhindsight is 20/20(過去を振り返る目はよく見える)、また「覆水盆に返らず」ならthere's no point crying over spilled milk(こぼれたミルクを嘆いてもしょうがない)とか、it's water under the bridge(水はすでに橋の下を流れている)と声を掛けてあげて。プレゼンはくれぐれも簡潔に!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ