連載
» 2010年06月25日 12時00分 UPDATE

ディルバート(176):ゴリ押せば、たいていのことはうまくいく

[スコット・アダムス,@IT]
r301_64349.jpg

今週はずっと認証が下りるのを待っていたので、何も達成していません


r302_64349.jpg

(聞くなよ、聞くなよ、聞くなよ)


r303_64349.jpg

認証って……何の?


r304_64349.jpg

(作戦B:誰も展開したことがない反論をアツく主張する)


r305_64349.jpg

なぜ、「認証待ちは時間の無駄だ」と言えるんですか!?


r306_64349.jpg

認証がなければ、マネジメントは無作為の混乱に陥りますぞ!


r307_64349.jpg

ある業務を行う際に「誰が適任者なのか」いちいち考える方がラクだとでも思うんですか? ええ? どうなんです?


r308_64349.jpg

おまえ、何かおかしいぞ

謝罪なら受け入れますよ。次


  


 ハチャメチャではありますが、サボりに対するボスの追及はうまくかわせたようですね。ウォーリーの作戦は実に多彩ですな。

 “Certification”は「証明(書)」「認証」「検定」などのことです。“Go through certification”とは、何らかの認証組織に「証明書などを発行してもらうための手続きを通す」「認証が下りるのを待つ」ことを指します。

 “Apology accepted”は、謝罪してきた相手を許す際によく使われる言い回しです。ただ、英語独特の表現であり、ぴったりと合う日本語はおそらくないと思います。強いて言えば、「もういいよ」「水に流してやるよ」といったニュアンスでしょうか。ここでは“Apology”つまり「わびること」の対象が、「ボスが『認証待ちは時間の無駄だ』と主張したこと」(そう主張したと言い掛かりを付けただけなのですが)と明確であり、直訳調でも違和感がなかったことから、「謝罪なら受け入れますよ」と訳しました。

 それにしても、何の認証かすらはっきりさせないままお茶を濁してしまうんですから、ウォーリーのゴリ押しぶりも決してボスに負けていませんね。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ