連載
» 2013年02月22日 18時20分 UPDATE

ディルバート(301):欲張りなフライト

広い座席に優先搭乗――。フライトオプションをすべて選択して出張に行くなんて羨ましいですね! でも総額がすごいことになってますよ……。

[スコット・アダムス,ITmedia]
r301_01.jpg

足下の広い座席がいいですか? 別途費用が掛かりますけど

うん


r301_02.jpg

通路側の席がいいですか? 別途費用が掛かりますが

うん


r301_03.jpg

赤ちゃんのいないところがいいですか? 別途費用が掛かります

うん


r301_04.jpg

荷物追加は? うん

食事は? うん

優先搭乗は? うん


r301_05.jpg

飛行中のエンターテイメントは?

Wi-Fiは?

保険は?


r301_06.jpg

もう少し。あと12問です


r301_07.jpg

(1時間後)

合計金額は……2万7689ドルです


r301_08.jpg

しかも、たった3都市を経由するだけです!

よし、では復路に取り掛かろう


  


 最近流行の格安航空会社(LCC)では、まさにこのような感じで予約するのでしょうね。しかしまあ、200万円以上も掛けて、ボスは一体どこへ出張する予定なのでしょうか?

 海外出張の多い方ならば、今回登場したような用語はよくご存じでしょうが、おさらいのつもりで。“Legroom”は足のスペースのことで、いわゆるexit rowと言われる出口横やガレー近くなど、足下の広い座席のことを指します。“seat with more legroom”と表現します。反対に、LCCで導入されているのは“slimline economy seating”。座席間のスペースが通常より少ない、まさにlegroomが少ない座席のことです。

 そういった狭い座席は、“long-haul flights”や“red-eye flights”では辛いですね。Long haulとは時間や距離が長いことで、long-haul flightとは長距離飛行のことです。またred-eyeとは、目が充血した状態。寝不足で目を赤くするところから、red-eye flightは夜行便のことを指します。ボスもぜいたくばかり言ってないでtake the red-eye!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -