連載
» 2013年03月29日 18時45分 UPDATE

ディルバート(304):あなたのせいよ!

会社でアリスが怒りと不満に満ちあふれているのはボスのせい!? 幸か不幸か本人は気付いていないようで……

[スコット・アダムス,ITmedia]
r304_01.jpg

君はワシが昔雇った別の若者を思い出させる


r304_02.jpg

彼女は前向きで希望に満ちていて、いつも微笑んでいた!


r304_03.jpg

彼女の名はアリス


r304_04.jpg

時が経ち、彼女は怒りと不満に満ちた生き物に変わってしまった


r304_05.jpg

誰もその理由は分からない


r304_06.jpg

どれくらいの期間で変わってしまったのですか?

一週間くらいかな


r304_07.jpg

つまり、あなたは有害な職場を作り出す怪物のくせに、その事実に気付いていないってことね!


r304_08.jpg

君の記録を破ったやつがいる

黙れ


  


 前向きでニコニコしていたアリスなんて…想像できません。

  “Shut up”(黙れ!)は強い表現なので、通常は上司相手に使いませんし、親しい間柄でも本気で怒っている時、または明らかに冗談だと分かる時など、使い方に注意が必要です。また“shut up already”と言ったら、「黙れったら、黙れ!」とさらに強い表現になり、もちろん上司などに使ってはいけません。アリス以外は。

 ところで、アリスつながりということで。「不思議の国のアリス」でアリスがうさぎの穴から不思議の国をさまよっているとき、“Oh I wish I could shut up like a telescope”と言う台詞があります。これは「望遠鏡のように黙る」という意味ではなく、「閉じる」という意味のshutから「望遠鏡のように縮む」、つまり昔の海賊が持っていたような折りたたみ式の望遠鏡のように小さくなれればいいのに、という意味で使われています。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ