連載
» 2009年12月25日 12時00分 UPDATE

ディルバート(151):中断する会話は続く

[スコット・アダムス,@IT]
r3title.jpg

r301_63053.jpg

そうしたら、テッドが……

ホー、ホー! その手は何万回も使ったよ


r302_63053.jpg

昔の職場では上司が近づくとコオロギの鳴き声を真似たんだ


r303_63053.jpg

だからって、質を犠牲にしてズルしていいって訳じゃない


r304_63053.jpg

ボクらの会話を奪い取るんじゃない!

付加価値を与えているんだ


r305_63053.jpg

ボクらが何の話をしていたかも知らんだろうが


r306_63053.jpg

君はどうも他人の会話に無意味な話や些細な観察を割り込ませるという社会的障害を抱えているようだ


r307_63053.jpg

その障害の1つは自分で気付いていないってことだな


r308_63053.jpg

コイツ、聞いてんのかな?

オレのキャンプ旅行の話したっけ?


  


 どうも、ディルバートたちの声は聞こえていないようですね。確かに男女問わず、こういうたぐいの人種は自分の声しか聞こえていませんから……。

 “Cut corners”とは、直訳すると「土地の角を曲がらずに横切る」、つまり近道をすることをいいますが、そこから転じて「手を抜く」という意味で使われます。例えば“Don't cut corners just because the boss is not looking”(=上司が見てないからって手を抜かないで)と使ったりします。また「節約する」「無駄を省く」という意味もあり、例えば“He cut corners to save money for college”といえば、「大学進学費用のために節約した」という意味になります。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -