連載
» 2010年06月18日 12時00分 UPDATE

ディルバート(175):部下をキレさせてでも、IT予算を削減するボス

[スコット・アダムス,@IT]
r301_64288.jpg

ビジネスケースが完成しました


r302_64288.jpg

「数字が良ければ、私が予算を付けよう」って言ってましたよね


r303_64288.jpg

そんなこと言ってないよ


r304_64288.jpg

ボクはハッキリ覚えてます。われわれの会話を一言一句、再現することだってできますよ


r305_64288.jpg

たぶん、私が「I will get funding(私が予算を付けよう)」のように聞こえる何かを言ったんだろうよ。それをおまえが聞き間違えたんだ


r306_64288.jpg

「I will get funding」のように聞こえる言葉って、いったい何ですか?


r307_64288.jpg

「LANDFILL WET HUNTING」(最終処分場、濡れてる、狩猟)


r308_64288.jpg

シャレにもなってないじゃないか!!!

まぁ、いいじゃないか


  


 都合の悪いことをごまかすためには、ダジャレにもなってない意味不明の言葉でも平気で使っちゃうんですから、ボスのゴリ押しぶりも相当なものですね。まぁ、こんな言葉にだまされるディルバートもディルバートですが……。

 “Business Case”とは「投資対効果の検討書」のことです。企業が何かに投資をする際、それが適切かどうかを判断するために、そのプロジェクトの“ROI (Return On Investment”=「投資対効果」を調べたレポートのことを指します。

 “good try”は「結果としては駄目だったけど、その努力は買うよ」というニュアンスを表現したいときによく使う言葉です。そのときの状況に応じて「よくやった」「惜しい」「いい線いってたよ」などと訳します。“that’s not even a good try”は、直訳すると「“よくやって”すらいない」というわけなので、これを今回の状況に当てはめて、また、「苦労してビジネスケースを作ったのに、期待した予算が下りないなんてシャレになんないよ」というディルバートの気持ちも込めて、「シャレにもなってないじゃないか」と意訳してみました。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -