ニュース
» 2013年06月13日 08時00分 UPDATE

ディルバート(313):全部ファイアウォールのせいなんだ

ここまで徹底的に抵抗するほどファイアウォールに手を触れたくないなんて……。過去のトラウマ?

[スコット・アダムス,ITmedia]

r313_01.jpg

ディルバート、新しいファイアウォールをインストールしてくれ


r313_02.jpg

イヤだ!!!! なんでボク? なんでボク?


r313_03.jpg

ファイアウォールを入れたら何でもかんでもそいつのせいにされる


r313_04.jpg

皆が「お前がファイアウォールを変えるまでは問題なかった」って言うんだ


r313_05.jpg

ボクには休みが無くなる。常に浴びせされる非難攻撃から身を守らなければいけない


r313_06.jpg

いつもファイアウォールなんだよ。みんなあのクサレファイアウォールのせいにするんだ!


r313_07.jpg

もう免れない! 降参だ! 村人よ、鍬と松明を掲げろ!


r313_08.jpg

あいつどうしてああなったんだ?

ファイアウォールのせいでしょう


  


 ファイアウォールのせいかどうか分かりませんが、確かに新しいOSやプログラムをインストールすると我が家のパソコンも以前はできていたことができなくなったりします……。それって私のせい? 誰のせい?

 “Barrage”とは、そもそも軍事用語で「集中砲火」を指します。同じイメージで多量の言葉や非難を表現する時に、“barrage of acusations”(非難)とか“barrage of questions”(質問)などと使います。例えば、“The eager children bombarded the teacher with a barrage of questions”(積極的な子供達は先生に質問の酋長砲火を浴びせた)など。

 また、barrageは全く違う意味で使うこともあります。敵の攻撃から防御するために砲火を浴びせることを指す、barrageの語源でもある「bar:妨げる」から、川などのダムや用水路のことを言うときに使います。例えば、可動堰のことを“movable barrage”、河口堰を“estuary barrage”と言います。

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -