ニュース
» 2013年06月27日 08時00分 UPDATE

ディルバート(315):同僚は我慢するもの?

さあ、ボクを信頼して、後ろ向きに倒れてきてごらんよ。ってウォーリー……。

[スコット・アダムス,ITmedia]

r315_01.jpg

ウォーリー、どうすれば同僚のことが我慢できるようになるの?


r315_02.jpg

信頼について学ぶときが来たな、アシュックよ


r315_03.jpg

見せてやろう。後ろ向いて


r315_04.jpg

これは「信頼の落下」というものだ。後ろ方向に倒れてもオレが君を受け止めると信じるんだ……。よーい、ドン


r315_05.jpg

r315_06.jpg

r315_07.jpg

なんで受け止めてくれないんですか?!!!

いつもうまくいったら信頼にはならないだろう


r315_08.jpg

一体どういう学びなんですか?

こうやって同僚のことを我慢するんだよ


  


 是非ともウォーリーを受け止めるという奇特な人物に会ってみたいものです。あ、その前にウォーリーが後ろ向きに倒れるわけないか。

 「我慢する」はendure、tolerate(耐える)が直訳としてよく使われますが、それ以外にもさまざまな表現があります。例えば、be patient(根気よくいる)、control oneself(自分をコントロールする)、put up with((我慢して)相手にする)、sweat out(汗を出すほどに(我慢する))、live with it((我慢して)一緒に生きる)などがあります。それぞれニュアンスが少しずつ違うので、状況によって使い分けられればあなたも上級者!

 それでも耐えられない、我慢できないという表現は、“Can’t stand it!”“Can’t bear it!”“He is insufferable!”“He is intolerable!”などがあります。さあ、皆さんの職場にいるウォーリーに向かって使ってみてください!

[翻訳・解説:Yvonne Chang]


「ディルバート」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ